「殲滅 対 消耗」~軍事的文脈におけるこれらの用語の起源と誤用~ Maneuverist #11

0

機動戦論者論文として紹介してきた11番目の論文を紹介する。

米海兵隊が戦いのコンセプトとして受容している機動戦(maneuver warfare)について、1番目が「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-」、2番目が「動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解」、3番目が「機動戦の背景にある動的な非線形科学」と、順次、視点を変えながら機動戦の特徴を論じている。米海兵隊の機動戦に大きく影響を与えたといわれるドイツ軍に関する文献について、4番目の「ドイツからの学び」と5番目の「ドイツ人からの学び その2:将来」の記事で論じた。6番目の論文「三つ巴の闘い(Dreikampf)の紹介」は、FMFM / MCDP 1「用兵(warfighting)」で流れる戦争を「決闘(Zweikampf)」として理解することについて論じている。7番目の論文「重要度と脆弱性について」と8番目の論文「機動戦と戦争の原則」は、クラウゼヴィッツが影響を受けたとされるニュートン力学についての受け止めたかなどについて論じたものであった。新たな戦いのドメイン(domains of warfare)とされるサイバー空間における機動戦(maneuver warfare)のコンセプトについて、9番目の論文「サイバー空間での機動戦」で論じている。10番目の論文「撃破(敗北)メカニズムについて」では、機動戦(maneuver warfare)と消耗戦(attrition warfare)の議論を展開しながら、戦いにおいて敵を撃破する(敗北させる)ことの解釈を試みている。

軍事の分野に限らず、言葉の持つ意味をどのように解釈するかは、極めて重要な課題である。自国になかった概念を、他国から持ち込むときの苦労は、想像を絶するものであろう。11番目の論文「Annihilation vs. Attrition」は、それぞれの用語が持つ意味とその誤解がもたらす影響について論じている。(軍治)

「殲滅 対 消耗」~軍事的文脈におけるこれらの用語の起源と誤用~ Annihilation vs. Attrition ~Origin and misuse of these terms in a military context~

Maneuverist Paper No. 11

機動戦論者論文 #11

by Marinus

Marine Corps Gazette • August 2021

今日の海兵隊員は、現代のドクトリンを完全に理解するために、用兵コンセプト(Warfighting concepts)の歴史的背景を有している必要がある。(写真:ジョン・ニンモ・シニア米海兵隊曹長)

機動戦論者論文第1「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-」(米海兵隊ガゼット、9月20日号)と機動戦論者論文第10「撃破(敗北)メカニズムについて」(米海兵隊ガゼット、7月21日号)はどちらも、機動戦の支持者と懐疑論者がどのように消耗(attrition)と殲滅(annihilation)という用語を使用したかについて論じている。1970年代と1980年代に、彼らの用兵(Warfighting)に対する見方の違いを説明している。論文はまた、当時の用語の意味の一般的な誤解と、初期の理論家や歴史家がそれらを使用または誤用した方法を要約している。「言葉が重要」ということをよく思い出す。これは確かに1989年版と1997年版の「用兵(Warfighting)」の開発中に当てはまり、今日でも当てはまるのである。言葉は重要である。

この論文の目的は、殲滅(annihilation)と消耗(attrition)に関連するいくつかの重要な用語の支持者を特定し、現在のドクトリンと現代の専門用語集に対する用語の影響を説明し、米海兵隊員へ機動戦(maneuver warfare)を教える教員とインストラクターの参照として機能することである。

現代の作戦コンセプトではよくあることであるが、特定の基本的なアイデアの複数の始まりを追跡するには、歴史に目を向ける必要がある。この例では、最初にクラウゼヴィッツに目を向け、1820年代後半の戦争の現象について彼が蒸留したと考えた。

クラウゼヴィッツの起源:The Clausewitzian Origin

クラウゼヴィッツは、戦争を理解しようと努力して、知的フィクション、つまり、彼が「絶対戦争(absolute war)」(absoluter Krieg)と名付けた理想的または純粋な形態の戦争を生み出した[1]。絶対戦争(absolute war)は、完全な美しさや絶対的な平和などの他の抽象的な構造と同じように、我々の世界には存在しない。それらは理想であり、我々が研究したい主題をよりよく理解できるようにするために我々が作成する我々の想像力の断片である。絶対戦争(absolute war)を抽象的な考えとして考える際に、クラウゼヴィッツは、そのような現象には限界がなく、したがって範囲と規模に制約がないと主張した。彼の歴史の調査は、ナポレオン戦争が新たな暴力の高みに達し、これまで知られていなかった規模の軍隊を巻き込んだにもかかわらず、そのような戦争は一度もなかったことを明らかにした。

クラウゼヴィッツは、3つの理由から、国家が純粋な戦争状態(pure state of war)または絶対的な戦争状態(absolute state of war)に到達することは決してできないと結論付けた。第一に、人間は完璧に欠けているので、国家がそのような戦争を行うことは不可能である。第二に、固有の摩擦は常に戦争を行う力を制約する。最後に、政策の到達目標はすべての戦争を修正するであろう。彼が完全な形、つまり絶対戦争(absolute war)が存在し得ないことを認識したとき、彼はそれが本当の戦争である可能性があることを特定した[2]。これで問題が解決した場合、軍事理論と派生するコンセプトを分析して評価する方が簡単かもしれないが、そうではない。クラウゼヴィッツは戦争を理解するためにさらに一歩進んだからである。

クラウゼヴィッツは、軍事史の研究で、敵の抵抗力(enemy’s ability to resist)を破壊し、それによって勝者が意志を押し付けることを目標として、いくつかの戦争を戦ったことを観察した。一般的に、これは敵の国会議事堂を占領することを意味した。(今日、我々はこれを斬首(decapitation)または政権交代(regime change)と呼ぶかもしれない[3])彼はまた、国が有利な結果を交渉する目的で領土を占領することに満足している他の戦争を研究した[4]。したがって、クラウゼヴィッツは、戦争は目標の観点から2種類あり得ると書いた。しかし、後の学者の中には、この考えを総力戦(total war)と制限戦争(limited war)の2種類の戦争に変えた人もいる[5]。クラウゼヴィッツの作品「戦争論(On War)」では、クラウゼヴィッツはこれらの学者が暗示する意味でこれらの用語のどちらも使用していなかった。それにもかかわらず、総力戦(total war)と制限戦争(limited war)は、今日の政治指導者、国防当局者、および軍の将校の語彙に残っている。

もちろん、クラウゼヴィッツが戦争を現象として理解するために仮定したように、絶対的な同様の用語を使用すること、および他の人が想定される2種類の戦争の1つを描写するために行ったように、「総(total)」という言葉は、歴史文学に精通していない人を混乱させる可能性がある。繰り返しになるが、これが問題の終わりである場合、いくつかの同様の用語は、機動戦(maneuver warfare)のコンセプトを研究する上で重大な障害にはならない。しかし、物語はまだまだある。

ドイツの歴史家と米国の歴史家の影響:The Influences of a German Historian and an American Historian

1920年、ドイツの有名な歴史家ハンスデルブリュック(1848〜1929年)は、「戦争術の歴史(History of Art of War)」の中で、クラウゼヴィッツの2種類の目標は実際には2つの異なる戦略であると主張した[6]。彼は、敵を倒すための戦争は「殲滅(annihilation)」の戦略(Niederwerfungsstrategie、破壊または転覆として翻訳される)を含み、一方、制約された狙いが容認できる交渉された平和をもたらすことであった戦争は「消耗(attrition)」の戦略を含むと主張した(Ermattungsstrategie、 侵食または消耗として翻訳される)。彼の最初のいわゆる戦略は、敵を破壊することを到達目標とした「単極」、つまり会戦(battle)に焦点を当てると考えた。2番目に想定される戦略には会戦(battle)と機動(maneuver)が必要だったため、デルブリュックはそれを「2極」または「双極」戦略と呼んだ[7]

問題なのは、デルブリュックが衰弱(Niederwerfung)と倦怠(Ermattung)を戦略として説明するのに誤りがあることである。真の戦略には最終目的(ends)、方法(ways)、手段(means)が組み込まれているが、デルブリュックの構造は実際には方法としてのみ適格である[8]。要するに、消耗(attrition)と殲滅(annihilation)は戦略ではないが、敗北メカニズムとしてよりよく説明されている(機動戦論者論文第10「撃破(敗北)メカニズムについて」(米海兵隊ガゼット、7月21日号)を参照)。この誤りにより、物語は半世紀強の間一時停止することになる。

1973年、米国の歴史家ラッセル・ヴァイグリー(1930〜2004年)は、「米国の戦争の方法:米国の軍事戦略の歴史」で、米国が好む戦争方法は消耗(attrition)ではなく殲滅(annihilation)であると主張した。彼は、戦争には2つの種類の目標があり、デルブリュックの2つの形式の「戦略」のコンセプトがあるというクラウゼヴィッツの声明に基づいて議論を開始した[9]。米国の指揮幕僚学校や戦争大学の標準的なテキストであるワイグリーの本は、1970年代半ばから1990年代にかけて軍の将校の考え方に大きな影響を与えた。

これらの将校は、多くの歴史家や軍事思想家とともに、彼の論文を受け入れ、ベトナム戦争後の知的論争を組み立てるのを助けるためにそれを使用した。しかし、その後の奨学金は、「米国の戦争の方法」を注意深く読むと、彼が殲滅(annihilation)と消耗(attrition)という用語を曖昧に使用し、時にはそれらを交換したことを指摘することによって、ワイグレーの主張を弱体化させた[10]。彼の本の批評に同意する応答で、ワイグリーは驚くべきことに再び2つの用語を混同している[11]。驚くべきことに、ほぼ20年後、殲滅(annihilation)と消耗(attrition)に関する混乱が解消されたと思われた後、統合出版物1「米国軍のドクトリン(Doctrine for the Armed Forces of the United States)」は、2つの用語を同一視することによって誤りを続けている[12]

1970年代と1980年代の米国における機動戦(maneuver warfare)の議論の多くは、「戦いのスタイル(Styles of Warfare)」という見出しの下で「用兵(Warfighting)」の第2章で扱われた、用兵(Warfighting)への2つの主張されたアプローチ、機動戦(maneuver warfare)と消耗戦(attrition warfare)に集中していた。もちろん、これらはせいぜい作戦的方法であるため、議論は戦略に関するものではなかった。一部の人々は、消耗戦(attrition warfare)とデルブリュックの消耗(attrition)の「戦略」との間に明らかな類似点を見たが、機動戦(maneuver warfare)と殲滅(annihilation)の「戦略」との関係を理解するのに苦労した。過去の戦争に対する多くの批評家は、特にベトナム戦争の当時の経験を考慮すると、機動戦(maneuver warfare)は消耗戦(attrition warfare)よりも好ましいと考えていた。さらに、機動戦(maneuver warfare)を推進している人々の多くは、彼らの事例を支持するためにヴァイグリーの「米国の戦争の方法」を参照した[13]

戦いの機動のスタイル(maneuver style of warfare)のこれらの支持者が、デルブリュックの2つの意図された戦略と、クラウゼヴィッツの2つの種類の戦争目標との関係を認識していたという証拠はほとんどない。もしそうなら、彼らが本当に主張しているのは、デルブリュックの「2極」とされる戦略の機動要素と不必要な会戦(battle)の回避であることに気付いたであろう。注目すべき例外はMCDP1、「用兵(Warfighting)」である。これは、2つの表向きの戦略について詳細に説明し、混乱を避けるために殲滅(annihilation)の同義語として無能力(incapacitation)を採用しているデルブリュックを参照している[14]。「用兵(Warfighting)」はまた、敵の体系的な混乱(systemic disruption of the enemy)を追求するものとしての機動戦(maneuver warfare)の実質的な説明を提供している。これは、デルブリュックの衰弱(Niederwerfung)のコンセプトと非常に一致している[15]。同様に、MCDP 1-1「戦略(Strategy)は、デルブリュックでの起源を認めながら、2つのアプローチまたは方法をある程度カバーしている[16]

米軍では、ベトナム戦争後の数年間に栄えた知的およびコンセプト上のルネッサンスにおけるデルブリュックの2つの想定される戦略を知っていたため、言及した人は比較的少なかったであろう。しかし、特に米陸軍の何人かの将校は、冷戦中のロシアとソビエトの考え方の研究から同様の考えを知っていたであろう。縦深攻撃理論(deep operations theory)の作成者であるミハイルN.トゥハチェフスキー元帥は、縦深作戦上のコンセプトとしての殲滅(annihilation)の提唱者であった。トゥハチェフスキーは「「破壊の精神」における決定的な攻撃の積極的な擁護者」であり、彼の意見では、クラウゼヴィッツは戦争に関する彼の教えで好んでいた[17]

彼とこの学校の他のソビエト将校に反対したのは、「作戦術(operational art)」という用語の創始者であり、戦略と作戦の研究で歴史に目を向けた少将アレクサンドルA.スヴェチンであった[18]。彼は、デルブリュックの単極および二極アプローチを受け入れ、殲滅(annihilation)を「破壊(destruction)」(sokrushenie:打ち砕く)、消耗(attrition)を「飢餓(starvation)」(izmor:消耗)と名付けた。彼は、「国内および国際的な観点から、紛争を有利に形成することを可能にする」破壊の代替案を提供する摩擦を維持した[19]。クラウゼヴィッツの理論と殲滅(annihilation)と消耗(attrition)の来歴(antecedents)に精通した将校は、1986年の米陸軍野戦マニュアル100-5「作戦(Operations)」を執筆したが、これらの用語は古典的な意味でマニュアルに記載されていない[20]

概括:Summary

クラウゼヴィッツは、理想的な形としての絶対戦争(absolute war)と、存在する戦争のための実際の戦争という、戦争のための2つの理論的構造を提供していることに注意する必要がある。他の想定される当局は、総力戦(total war)と制限戦争(limited war)の2種類の戦争について説明している。最初の戦争は、努力と資源の使用のレベルに関して制約がなく、2番目の戦争は特定の状況のために制約されている。さらに、狙いや目標に基づいたクラウゼヴィッツの2種類の戦争がある。「敵を打倒する(to overthrow the enemy)」と「単に彼の辺境区域の一部を占領する」、つまり「併合するか、平和交渉での交渉に使用する」かである。

次に、デルブリュックが主張する殲滅(annihilation)と消耗(attrition)の戦略(それぞれにいくつかの同義語がある)がある。前者は会戦(battle)を通じて敵を無防備にするためのもので、2番目は限られた目的を達成する手段として会戦(battle)または機動(maneuver)または2つの組み合わせを使用するためのものである。また、1970〜1990年代には、用兵のスタイルとしての機動(maneuver)と消耗(attrition)の長所について議論がある。最近では、「撃破(敗北)メカニズム(defeat mechanisms)」としての消耗(attrition)と体系的な混乱(systemic disruption)の概念(notion)があり、これはより有用な構成であると我々は主張している。最後に、これらの用語をほとんど無視している統合出版物や軍種出版物が数多くある。軍事理論、コンセプト、およびドクトリンで使用されるこれらの用語およびその他の用語の長所または欠如を評価する際に、これらの努力が純粋に学問的な演習になることを許してはならないが、それらの用語およびそれらが記述し、支援し、または軍事的有効性を妨げるコンセプトに焦点を当て続ける必要がある。

ノート

[1] 一部の批評家は、クラウゼヴィッツが戦争論でこの用語を使用したことを、ナポレオン戦争を絶対的なものと見なしたことを示唆していると解釈している。ブックVIII、チャプター2を参照のこと。しかし、ほとんどの当局は、ブックI、チャプター1の彼の言葉が彼の最終的な立場を述べていると信じている。

[2] Carl von Clausewitz, On War, eds. and trans. Michael Howard and Peter Paret, (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1976).

[3] Ibid. “Note of 10 July 1827.”

[4] 前掲、クラウゼヴィッツは、考えかたを説明するために2つの反対語を頻繁に使用し、2つが完全な形で現れることはめったにないが、主題が極端なものの間にあるか、極端なものを組み込む原因となった属性の組み合わせであると認めた。彼の頻繁な弁証法では、彼が調べていたものの間の緊張をめったに解決しなかった。彼が戦争の固有のダイナミズムとそれが生み出す不確実性を理解したので、いくつかは示唆している。

[5] ヤン・ウィレム・ホニッヒ編著「テキストと翻訳の問題」21世紀のクラウゼヴィッツ。ヒュー・ストラカンとアンドレアス・ハーバーグ・ロス、(オックスフォード、イギリス:オックスフォード大学出版局、2007年)。ホニグは次のように書いている。「「総力戦」という用語自体はクラウゼヴィッツには現れない。フランスでの第一次世界大戦の終わり頃に発明され、1930年代半ばにドイツのエーリッヒ・ルーデンドルフ将軍によって普及した」これは元のドイツ語のテキストではそうかもしれないが、280ページと605ページに「総力戦(total war)」が記載されている「On War」のハワードとパレットの翻訳ではそうではない。前者は「総力戦地域(total war area)」と言い、我々の考えでは戦争の現象ではなく、地形に関連する用語である。後者は「絶対(absolute)」の同義語のようである。冷戦の初期には、核兵器なしで行われた戦争で軍事力を使用する方法として制限戦争を理解することにかなりの関心があった。1957年、ロバートE.オスグッドは「制限戦争:米国の戦略への挑戦」というタイトルの影響力のある本を書いた。1979年の2冊目の本で、オスグッドは「敵を全滅させる、完全に打ち負かす、または完全に支配するために戦った」戦争は歴史上まれであると述べている。彼は続けて、「特別な理論とドクトリンに従って理解され実践されるべき、制限戦争の明確な種類の武力紛争としての意識は、一般的な総力戦を行う能力と傾向の高まりに反応して現れた」と述べた。彼は制限戦争が戦略であると主張しているが、クラウゼヴィッツもデルブリュックも引用していない。ロバートE.オスグッド「制限戦争再論(Limited War Revisited)」(Boulder、CO:Westview Press、1979)を参照のこと。

[6] 2012年11月12日の著者とクラウゼヴィッツ派学者アントゥリオJ.エチェバリアの間の個人的な電子メールによる。エチェバリアは次のように書いている。「デルブリュックは、クラウゼヴィッツが2つの異なる種類の戦略を開発する方向に向かっている、言い換えれば、「戦争の目的を達成するための交戦(engagements)の使用」としてのクラウゼヴィッツの戦略の定義は、2番目のもの「戦争の目的を達成するための機動の使用」によって増強されたであろうと主張しようとする。したがって、その戦略は必要に応じて極間で揺れ動く可能性がある。しかし、クラウゼヴィッツがこの方向に進んでいたという証拠はない。クラウゼヴィッツは、交戦(engagements)を勝ち取るための最良の立場に身を置く方法として、戦略の定義に機動を明確に暗示していた。敵を強要するには、たとえ脅威としてであっても、会戦(battle)が必要である。クラウゼヴィッツの2種類の戦争(または政治的目標)は、実際には、採用される可能性のある軍事戦略の種類とは無関係である」

[7] Hans Delbrück, History of the Art of War, Volume IV: The Dawn of Modern Warfare, trans. Walter Renfoe, Jr., (Lincoln, NE: University of Nebraska Press, 1985). Delbrück originally published this book in Berlin in 1920.

[8] アーサー・F・リッケ・ジュニア(何年も前にMarinusのメンター)は、「軍事戦略:理論と応用」(ペンシルベニア州カーライル:米米軍大学、1989年)の「軍事戦略の理解に向けて」に「ends-ways-means」構造を導入した。マクスウェルD.テイラー将軍に元のアイデアの功績を認めた。マリヌスのお気に入りの戦略理論家であるコリン・グレイは、長年の考えの末、リッケの構成に基づいた戦略の定義を採用した。ローレンス・フリードマン、海軍戦争大学レビューの「戦略の伝道者」(ロードアイランド州ニューポート:米国海軍戦争大学、2021年冬)を参照のこと。

[9] Russell Weigley, The American Way of War: A History of United States Military Strategy and Policy, (New York, NY: Macmillan Publishing Co., Inc., 1973).

[10] ブライアン・M・リン「米国の戦争の方法の再考」、ジャーナル・オブ・ミリタリー・ヒストリー、(バージニア州レキシントン:軍事史学会、2002年4月)。リンはまた、米国が大陸の防衛と抑止を含む追加の戦略を採用したと主張している。

[11] Russell Weigley, “Response to Brian McAllister Linn by Russell F. Weigley,” The Journal of Military History, (Lexington, VA: Society for Military History, April 2002).

[12] Department of Defense, Joint Publication 1, Doctrine for the Armed Forces of the United States, (Washington, DC: Joint Chiefs of Staff, March 2013 with Change 1 dated July 2017).

[13] As examples see John F. Antal, “Thoughts About Maneuver Warfare” and Richard D. Hooker, Jr., “Ten Myths About Maneuver Warfare” in Maneuver Warfare: An Anthology, ed. Richard D. Hooker, Jr., (Novato, CA: Presidio Press, 1993).

[14] Headquarters Marine Corps, MCDP 1, Warfighting, (Washington, DC: June 1997).

[15] Ibid.

[16] Headquarters Marine Corps, MCDP 1-1, Strategy, (Washington, DC: November 1997).

[17] Andrei A. Kokoshin, Soviet Strategic Thought, 1917–91, (Cambridge, MA: The MIT Press, 1998).

[18] Aleksandr A. Svechin, Strategy, ed. Kent D. Lee, (Minneapolis, Minnesota: East View Information Services, 1991). Voennyivestnik originally published this book in Moscow in 1927.

[19] Jacob W. Kipp, “The Tsarist and Soviet Operational Art, 1853–1991,” The Evolution of Operational art: From Napoleon to the Present, eds., John A. Olsen and Martin Van Creveld, (New York, NY: Oxford University Press, 2001).

[20] 3人の著者は、フーバ・ワズ・デ・チェガ中佐、レナード・ドナルド・ホルダー・ジュニア中佐、およびリチャード・シンライヒ中佐であった。これらの将校は高度な学位を保持しており、全員が米陸軍高等軍事研究院(SAMS)の最初の3人の理事としてリストされ順に務めた。