米海兵隊のドクトリンを読む① MDCP 7 Learning その3

0

第1章 学習の本質

第2章 学習の文化

第4章 学習するリーダー

第3章 学習環境:Chapter 3 The Learning Environment

「我々にとって他人の間違い(mistake)から学ぶことが必要である。あなたはそれらすべてをあなた自身にするのに十分なほど長く生きることはないであろう[1]

-ハイマン・リックオーバー

「我々の状況に関する知識は増加したが、不確実性(uncertainty)は減少したのではなく、増加しただけである。この理由は、我々は一度にすべての経験を得るのではなく、少しずつ得るためである。それで、我々の決意は、新鮮な経験によって絶え間なく攻撃され続けている。そして、我々がその表現を使用する場合、心は常に「脇の下」になければならない[2]

-カール・フォン・クラウゼヴィッツ

勝利は、必ずしも最大または最も現代的な部隊を持っている人に行くのではなく、適応する必要性を認識し、知的な決心を行い、敵よりも速く実行する人に行くのである。これは過去において真実であることが証明されており、確実に将来へと続く。国家の海軍遠征即応準備部隊(naval expeditionary force-in-readiness)として、海兵隊員は彼らが闘う方法と彼らが遭遇する脅威を反映する学習環境を生み出し、促進する。海兵隊員は、軍事作戦の全範囲にわたって有能な敵対者に対して海兵隊員が遭遇する課題を現実的に模擬する環境で学ぶ多くの機会がなければならない。簡単な読書課題から野外演習、ウォーゲーム、シミュレーション訓練演習まで、効果的な学習機会は、海兵隊員が現実的な用兵(warfighting)状況、課題、複雑さを経験することを保証するために重要である。

学習の進行の中で、訓練は海兵隊員に練習に対して、対抗する意志(opposing will)を提供するべきである。訓練環境での反復(repetition)を通して、海兵隊は、実世界の作戦中にこれらの要因に遭遇する前に、敵対者の考えに勝り、摩擦を克服することを学ぶ。したがって、海兵隊員は、進化する脅威を反映するように彼らの学習環境、方法、評価、およびフィードバックを適応させるために、現在および以前の紛争から学んだ教訓を一体化する。これらの学習環境では、海兵隊員は間違い(mistake)を犯し、そこから学び、適応し、増加した用兵(warfighting)の知識、技能、および適格性(competency)を開発させる道筋に沿って進むことができる。学習者中心で、適応性があり、海兵隊員に質の高いフィードバックと反復を提供する学習環境は、我々の国家の敵対者をしのぐ戦闘員(warfighter)を生み出す。

学習環境:LEARNING ENVIRONMENTS

学習環境は、単に学習が行われる物理的な空間以上のものである。方法、リソース、技術、文化、インストラクター、仲間、学習の社会的要素など、指導(instruction)に影響を与えるすべての要因が含まれる。用兵技能(warfighting skill)と適格性(competency)の開発には、時間、意図的な練習、および作戦上関連する文脈での反復(repetition)が必要である。理想的な学習環境を生み出すための正しいデザインは、それぞれの学習目標、海兵隊員、チーム、および状況が異なるため1つではない。したがって、海兵隊員は、学習者のニーズを最も効果的に満たし、発生すると期待される状況を反映するために学習環境を変更する。インストラクター、学習教材、学習者、および学習提供方法の相互作用はすべて、効果的で動的な学習環境を生み出す。

効果的な学習には、思考の柔軟性、推論(reasoning)、および問題に対する潜在的な解決策の創造を促進する環境が求められ、海兵隊員が代替する行動方針を模索するように促す。同時に、すべての学習と決定が分析的な推論(analytical reasoning)に基づいているわけではない。したがって、学習環境では、海兵隊員がタイムリーな決心を行い、行動を起こすことも支援しなければならない。これには、認識に基づく意思決定(recognition primed decision-making)[3]やその他の非分析的推論(nonanalytical reasoning)など、経験に基づく迅速な意思決定(decision-making)の開発が含まれる。とりわけ、学習環境は、リーダー、インストラクター、メンター、またはファシリテーターが学習者にとって望ましい学習結果に有利な状況を生み出すことを援助することを意図としている。

インストラクターとリーダーは、意図した学習成果、学習者の専門知識と経験のレベル、利用可能なツールとリソース(時間を含む)、およびインストラクターとリーダーの経験に基づいて、特定の指導的方法(instructional method)を決定する。インストラクターとリーダーは、意図した学習成果を達成するために、最も効果的な方法を選択すべきである。彼らは、1人のインストラクター、リーダー、校舎に効果的な方法、または学習成果が他の人には効果的でないことを認識して、さまざまな学習方法を採用すべきである。学習環境は定期的に評価され、必要に応じて調整されるため、意図した学習目標に対して適切な状態が維持される。効果的な学習環境は、海兵隊員が意図した用兵(warfighting)のドクトリン、コンセプト、戦術、技術、手順、および学習成果を明確に理解することを可能にする。それは、海兵隊員の批判的思考(critical thinking)と問題解決技能を行使するか、または命令や特定の基本技能(優れた射撃能力など)の適用にすぐに服従する状況を理解するかどうかについて、学習者への期待を明確に識別する。さらに、効果的な学習環境は、海兵隊員に、適格性(competency)を達成するためにさまざまな条件下で必要な反復を実行する機会を提供する。何よりもまず、学習環境は学習者のニーズに焦点を当てており、海兵隊員が戦闘で使用する必要な知識と適格性(competency)を理解、開発、維持できるようにする。

多くの実証済みの効果的な伝統的な指導的方法(instructional method)がある。ただし、リーダーやインストラクターは、適格性(competency)を開発するための複数の方法を持つことができるように、海兵隊員の学習環境を改善するための、証拠に基づいた新しい方法を模索することに開かれたままでいなければならない。既存の指導的方法(instructional method)を置き換えるか強化するかを検討する場合、インストラクターと部隊リーダーはまず、新しい方法が実際には既存の方法よりも優れているという明確な証拠を探さなければならない。海兵隊員は、それが新しいというだけの理由で新しい方法を急いで採用しない。むしろ、海兵隊員は、既存の方法と比較して学習を支援するために、その価値を評価する。海兵隊員は、それらが新しいからというだけでなく、明らかに優れているときに、新しい方法を探求し、採用することに開かれている。

海兵隊員は学習効率のために努力しているが、学習環境を改善することは必ずしもそれをより効率的にすることを意味しない。たとえば、丸暗記や事実の暗唱は、服務規程を覚えるなどの基本的な知識の開発に非常に効率的で役立つが、すべての学習に有効な方法ではない。多くの場合、効果的な学習は、さまざまな視点から素材に近づき、文脈に情報を適用し、何が起きたかに加えて、どのようにしてなぜ行動が発生したかの説明を求める。トピックや難しい技能を習得するには、海兵隊員が深い理解を獲得し、原則が実践にどのように適用されるかを決定するために、質問し、情報に反応することに時間を費やすことを求められる。海兵隊員は主要なドクトリン、原則、知識を理解しているため、状態の要求に応じて逸脱する時期と方法をより適切に特定できる。効果的な学習環境は、海兵隊員が武力の専門職(profession of arms)を習得することを求めるためにさまざまな学習機会の範囲を促進し、奨励する。

成功のための条件の設定:SETTING THE CONDITIONS FOR SUCCESS

面(surface)とギャップのコンセプトは、用兵(warfighting)の観点から、米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵」(MCDP1 warfighting)で説明されている。簡単に言えば、面(surface)は硬い点(つまり、敵の強さ)であり、ギャップは柔らかい点(つまり、敵の弱点)である。海兵隊員が敵の面(surface)とギャップを研究するように、海兵隊員は彼ら自身を研究しなければならない。これを行った後、海兵隊員は学習を加速するために、学習環境とアプローチを調整する。海兵隊の学習者にとって、面(surface)は既存の理解の領域であり、海兵隊員が維持、構築、関連する強固なポイントであるが、ギャップは知識、経験、または適格性(competency)の弱点の領域であり、インストラクターと学習者は新しい理解と実践で満たす必要がある領域である。同じことが米海兵隊の部隊にも当てはまる。海兵隊員は、学習のギャップへの対処に焦点を当てながら、面(surface)が時間とともに劣化しないことも確実にする。さらに、学習環境は、個人の自我、経験不足、バイアスなどのギャップにつながる可能性のある効果的な学習への個々の障壁を明らかにすることを助ける。開かれた議論(Open discussion)と質の高い行動後の検討(AAR)は、海兵隊員が彼らの経験を振り返り、これらの学習ギャップを埋め、学習の面(surface)を強化するために新しいコンセプトを内因化する機会を提供する。

これらの面(surface)とギャップを認識することは、個人または特定の部隊に固有であることが多いため、認識、誠実、および判断が求められる。ある学習者または部隊の面(surface)は、別の学習者または部隊のギャップになる場合がある。リーダー、インストラクター、学習者、および彼らの仲間には、「継続的かつ積極的な偵察によって、これらのギャップを積極的に探し出す[4]」義務(つまり、自己評価)がある。学習者は知識のギャップを隠すべきではない。代わりに、改善するために、これらのギャップを特定して埋める知的謙虚さを行使すべきである。海兵隊員は、新しい理解を形成するために、彼らの強み(すなわち、面(surface))を活用し、ギャップを解消するための学習に焦点を当てることによって、弱点を緩和する。これは、学習者が最初に弱点を認識し、意味のあるつながりを構築するために彼らの強みを活用しようと決意したときにのみ発生する。

学習の遠征的本質:THE EXPEDITIONARY NATURE OF LEARNING

遠征用兵(expeditionary warfighting)は海兵隊の学習の主な焦点である。したがって、学習環境は遠征作戦(expeditionary operation)を反映すべきである。海兵隊員の初期訓練の多くは学校で行われるが、学習は海兵隊員の経歴全体で継続され、多くは、公式な環境の外で行われる。その結果、学習は特定の個人および部隊の文脈、任務、および作戦条件に適応される。海兵隊員は、効果的な戦闘員(warfighter)であるためには、戦士学者でなければならないことを認識している。彼らは、学習の機会がいつでもどこでも発生するときはいつでも武力の専門職(profession of arms)を研究する主導性をつかまなければならない。

公式な学校のインストラクターの他に、海兵隊員はリーダー、メンター、仲間、部下、専門職の読書、野外演習、駐屯地、乗船で学ぶ。海兵隊員は、実務活動、他の海兵隊員との話し合い、他の軍種のメンバーとの同盟軍との相互作用、および彼らのすべての経験を通じて、用兵(warfighting)について学ぶ。たとえば、海兵部隊は、作戦を遂行するための移動中に戦術を議論し、ミッション・リハーサルと準備中に学習する。さらに、海兵隊員は、船に乗っている間のダウンタイムを使用して、シミュレーション訓練、完全な専門職の読書、戦術的決心ゲーム(tactical decision game)の実施、部隊の基準の作戦手続きのリハーサル、用兵(warfighting)挿話の議論を行うために乗船間の中断時間を使用できる。海兵隊員は、どんな気候や場所でも学習の機会を求めて掌握する。

戦争の複雑さを模擬する部隊対抗の演習

部隊対抗の演習は、戦争の複雑さを近似する目的主導型の学習環境である。たとえば、赤部隊は、予想される敵に対して戦術、技法、および手順を適用する際の海兵隊の「基本の輝き」のレベルをテストするように敵の予想される戦術を使用することをスクリプト化できる。さらに、赤部隊は敵の戦略と戦術に従うことができるが、青部隊の行動にも適応できる。3番目のオプションでは、両方の部隊がより優れた部隊戦術と諸兵科連合作戦を実行できるようにするために、実動野外訓練でも、ウォーゲームなどの他の学習活動でも、2つの対立する部隊間で完全な自由行動(free play)を採用する。これらのアプローチはすべて、基本を演習することから、思考の適応的な対等な競争相手に対して闘うことまで、目的と適用を有する。

そのような演習を開発するとき、海兵隊員は問題解決を強化し、決心を強制する事象を促進するデザインに焦点を当てる。これにより、海兵隊は敵の意思決定プロセス(decision-making process)に入り込む方法を練習し、理解を深めることができる。訓練は、作戦を可能な限り現実的に模擬する困難な状況を提供し、海兵隊員がジレンマに直面し、戦闘中に部隊の結束に影響を与える可能性があるストレスの増加を経験することを求める。他の海兵隊員によって模擬されたとしても、有能で現実的で思考力のある適応型の敵と闘うのに代わるものはない。この実践は、挑戦的な学習環境が、実践し、経験の開発、誤り(error)の許容、適応、そして闘い、勝つ方法を学ぶ場所を提供することを保証する。

歴史を通じて、複雑さの増大に対処するために、技術は進歩し、戦術は進化している。技術に関係なく、海兵隊員は遠征の学習環境を活用し、遠征の考え方を開発することで、敵よりも早く複雑な問題に適応して対処する必要がある。つまり、いつでもどこでも学習機会を活用する即応性である。海兵隊員は、敵対者が海兵隊員の行動を常に監視しており、我々を倒そうとして適応するために常に変更を加えていることを知っているため、満足に対して用心する。海兵隊員が、彼らが「十分」であると考えるものに落ち着くならば、それは次の闘いで高い犠牲者をもたらす。全ての海兵隊員は、職務や軍事専門分野に関係なくライフルマンであるのと同様に、全ての海兵隊員は、変化する状況を認識し、それに応じて順応する準備ができている遠征学習組織の一部でもある。

たとえば、マケドニアのフィリップ2世とアレクサンダー大王は、防御と攻撃の両方でより機動性を高めるために、軽歩兵と騎兵と組み合わせて-重歩兵に副次的に依存する-ファランクスを使用することによって古代シュメール人が創始したファランクス編成を適用した[5]。最近では、米国主導の連合が、イラクとアフガニスタンの作戦中に、陸上、海上、航空、電子戦、サイバースペース作戦のより現代的な組み合わせを採用した。これらの例は何世紀も離れているが、原則は同じである。任務を遂行しながら、自分自身を防護する部隊の実力(ability)を改善する。両方の例に共通するのは、完全な情報がなくても、複雑な問題に取り組み、実用的な解決策を開発した、適応的で考えるリーダーである。

学習者中心のモデル:A LEARNER-CENTRIC MODEL

作戦上、主たる努力(main effort)[6]は、任務全体の不可欠なタスクを実行する責任を割り当てられた組織(部隊または任務部隊(task force))である。主たる努力(main effort)は、支援を優先し、すべての部下の主導性の調和力になる。学習環境が効果的であるためには、学習者が努力の主な焦点でなければならない。したがって、個人レベルでも集成レベルでも、学習環境は、努力の主な焦点として、学習者(個人、チーム、部隊、および海兵空地任務部隊(MAGTF))に焦点を置く。リーダーとインストラクターは常に学習者を支援している。

海兵隊員のリーダーとインストラクターは、海兵隊員に刺激を与え、挑戦し、やる気を起こさせるために、学習者のニーズ、興味、実力(ability)を理解することの重要性を認識すべきである。学習者中心のモデルは、「万能(one-size-fits-all)」の指導的アプローチ(instructional approach)をデフォルトにするのではなく、学習者にとって最も効果的な学習提供方法を​​調整する。決心に直面したときは、「努力の主な焦点である学習者をどのように支援すればよいか?」と尋ねる。海兵隊員は、方法が彼らの適性に合わせて調整されるとき、学習にもっと取り組み、熱心になる。学習者には、自分のペースで作業する機会が必要であり、必要に応じて、有用または興味深いと思う領域を探索する機会が必要である。分散型学習(decentralized learning)は、専門性を開発するために彼らの好奇心に従う複数の機会を学習者に提供する。学習者中心のモデルは、内容が学習者に関連していることを確実にし、海兵隊員が積極的な指導的風土(instructional climate)で積極的に取り組み、挑戦する。たとえば、学習者とリーダーおよびインストラクターの間の問題解決に関する議論は、情報を分析し、代替案を検討し、彼らに提起された問題の解決策を開発するために協力して学習者を動機づけ、チームを構築する効果的な方法である。この方法は、多くの場合、問題をさらに定義して解決するための後続の質問を生み出すことを通じた積極的な学習によって特徴づけられる。これは、魅力的な学習者中心の環境と批判的思考(critical thinking)を促進し、海兵隊員に代替の解決策を開発することを挑戦する。

学習者中心の環境の到達目標は、学習者が以前の知識と新しく提示された素材とを結び付けるのを助けることである。最初の章で述べたように、大人の学習者は、新しい知識を得るときに、バイアスとして、現在の知識を基礎として使用する。海兵隊員は異なる方法で、異なる方法で、および/または異なる速度で学習する。これらのつながりを促進するために、リーダーとインストラクターは海兵隊員を知り、長所、短所、ニーズ、興味に馴染みにならなければならない。この馴染みやすさは、任務の成功に死活的な基本的な振舞いを導入、強化、維持、評価できる学習環境を確立できる。さらに、リーダーとインストラクターは、学習をより魅力的なものにするために、学習環境と内容を調整して学習者を関与させることができる。適応カリキュラムは、入隊レベルの訓練や学校には適さない場合があるが、中間レベルの学校および上級学校で効果的である。各海兵隊員は個別に学習に責任があるが、米海兵隊の指揮官、リーダー、メンター、インストラクターは成功の条件を確立する。

自主学習:SELF-DIRECTED LEARNING

自主学習(self-directed learning)とは、学習のニーズを特定し、到達目標を策定し、これらの到達目標を追求し、結果を評価する際に、個人が主導性を発揮するプロセスである[7]。自主学習は学習者から始まるが、指揮官、リーダー、メンター、インストラクターからの支援と指針が求められる。適切な場合、海兵隊員が自主学習について説明責任を負うことを奨励し、保持することで、専門家の好奇心が高まり、持続する。自主学習の考え方は、任務戦術(mission tactics)に似ている。任務を達成する方法を指定せずに、部下に任務を割り当てる[8]。米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵」(MCDP1 warfighting)では、リーダーは、任務を達成する方法を部下に任せることが奨励されている。これにより、部下は、特定の状況に基づいて任務を達成するために必要な手順を決定および実行する自由を(そして義務を確立して)持つことができる。 任務戦術(mission tactics)は、適切な指針と理解に組み立てられた部下の主導性の行使に依存している。同じ原則が自主学習にも当てはまる。

任務戦術(mission tactics)と同様に、自主学習は、学習者により多くの所有権と自律性を与えることにより、リーダーとインストラクターに利益をもたらす。これにより、リーダーやインストラクターは、より多くの助けを必要とする学習者に焦点を当て、または、学習環境を改善するための代替の方法を模索することができる。指揮官、リーダー、インストラクター、メンターは、不必要に彼らの行動を指示することなく、彼らの任務の達成を助けるために必要な支援と指針を学習者に提供することに同意する。その後、学習者は、規定された指針を満たす行動計画を考案して実行し、適切な判断と主導性を行使する責任がある。

自主学習は、学習者が学びたいという願望を開発し、問題を解決し、質問することを奨励する。自主学習はまた、批判的思考(critical thinking)と推論(reasoning)も可能になり、海兵隊員は内容の信頼性、情報源、代替の見方を検討することを奨励する。学習者がより高いレベルに進むにつれて、自主学習は、チーム、部隊、および海兵空地任務部隊(MAGTF)の有効性に貢献する知的な強み(intellectual edge)を開発するために、より効果的かつ必要になる。

自主学習を行う効果的で簡単な方法は、第1章で議論したように、他者の経験から学ぶ代理的な経験(vicarious experience)を通じて行うことができる。この方法は、海兵隊員が常に戦闘前にすべてのバリエーションを練習することはできないので、他の人よりも我々の専門職でさらに重要である。たとえば、代理学習は海兵隊員が読んだり観察したりしたこと、他の人がどのように行動して適応したかを反省することで、最も効果的になり、将来の課題への備えが向上する[9]

代理的な経験(vicarious experience)は、最も現実的な訓練経験や軍事教育でさえ、実際の戦闘には及ばないため、重要である。したがって、海兵隊員が得た代理的な経験(vicarious experience)が多ければ多いほど、戦闘やその他の場合での新しい経験が完全に固有になる可能性は低くなる。多くの個人的かつ代理的な経験(vicarious experience)を利用することは、海兵隊員に予期せぬ状況の中で調整するためのより強力な基盤を与える。人の視覚化または精神的表現である精神的イメージも、代理体験を得るのに役立つ。海兵隊員は、技能を実行する前に自信を得て、行動後の検討(AAR)の重要なポイントを強調し、決心の結果の可能性を調査し、選択肢を探索するために精神的イメージを使用することができる。精神的イメージは、効果的なミッション・リハーサル技法も提供する。精神的イメージを使用する場合、リーダーは作戦で彼自身または彼女自身を描き、可能な分岐や続編を含むさまざまなシナリオを鮮明に視覚化し、特定の条件や敵の行動を与えられたときに彼又は彼女が行う決心をリハーサルする。このようにして、リーダーは複数の潜在的な敵の行動に精神的に準備し、敵が反応したときの奇襲の可能性を減らす。

海兵隊員は、教訓を活用するために新しい学習経験を振り返る時間が必要である。内省(self-reflection)は経験を内面化し、軍事作戦の範囲にわたる適用のための精神的な準備を高める。継続的な学習が新しい経験と知識を求めている場合、内省(self-reflection)は両方に視点を置く。元米国防長官で退役したジェームズ・マティス大将は、上級リーダーの最大の問題について尋ねられたとき、次のように述べている。「・・・それは反射の欠如である。・・・孤独は、他の人が反応している間に反射することを可能にする。・・・我々は、問題が発生したときに単に対応するだけでなく、見込まれる意思決定(decision-making)に再び集中するために、孤独が必要である。いくらかの外部刺激を持ち、それから経験や教育に戻り、何をする必要があるのか​​を理解する[10]」第29代米海兵隊総司令官のアル・グレイ大将は、考え、反省するために毎晩20分間歩いた。すべてのレベルの海兵隊員は、経験したことを反省し、吸収し、考え、それを学習したものに変えるための時間を必要とする。ペースの速い世界では、海兵隊員は理解を深め、教訓を活用し、状況の変化に適応する準備ができるように、反省する時間を作る必要がある。

インストラクターの役割:THE ROLE OF THE INSTRUCTOR

場所や位置に関係なく、海兵隊のインストラクターは知識が豊富で、技能に長け、有能(competent)で、自分の実力(ability)に自信がある。彼らは海兵隊員の長所と短所を知っており、学習者の課題に共感し、学習環境をより効果的に調整する方法をより深く理解することができる。また、インストラクターは、自分の経験を共有し、なぜ学習が重要なのかを説明することで、もっと学びたいと思っている学習者を鼓舞する。有能なインストラクターの質の高い候補者を引き付け、報酬を与え、維持することは、海兵隊員の学習を促進する上で重要な要因であり、上級リーダーに学習の重要性を認識することを求める。選択プロセスに適切に焦点を合わせることは、インストラクター、トレーナー、教育者として適切な海兵隊員を選択することが不可欠である。したがって、格言は、「できる人は行い、上手にできた人が教える」べきである[11]

米海兵隊は、作戦的、指導的(instructional)、および彼ら自身の教育的割り当ての間で、最も知識が豊富で効果的な武力の専門職(profession of arms)の実務者のローテーションのバランスをとるので、より多くの海兵隊員が彼ら自身を研ぎ澄ます機会を与えられながら、専門家の知恵と技能から利益を得ることができる。たとえば、熟練したインストラクターは、特定の指導方法をいつ適用するか、より高度な技術に移行する時期、建設的なフィードバックを提供する方法、批判的思考(critical thinking)と創造的な問題解決を促進する方法を知っている。インストラクターとリーダーは海兵隊の学習の基盤であり、ひいては海兵隊の即応性(Marine readiness)の基盤でもある。

ツールとしての評価:ASSESSMENTS AS TOOLS

学習評価は、学習者が求められる適格性(competency)に習熟しているかどうかを判断するために、学習プロセスを促進し導く。これらは、インストラクターと学習者の両方のフィードバックツールとして役立ち、学習者の進捗状況とインストラクターの有効性を評価する。状況に応じた最適な評価方法は、学習目標によって異なる。評価には多くの種類がある。例には、診断、形成、および総括的な評価が含まれる。診断評価(diagnostic assessment)では、学習活動の前に、対象者に関する学習者の知識を特定する。形成的評価(formative assessment)は、学習活動中にインストラクターと学習者にフィードバックを提供する。総括的評価(summative assessment)は、学習活動が完了した後に発生した学習を識別する。インストラクターは、学習目標に合わせたさまざまな評価を使用する。たとえば、診断評価(diagnostic assessment)は、個人または集成してのどちらであっても、教育または訓練事象の前に、学習者の知識または技能のレベルを理解するために最初に役立つ。形成的評価(formative assessment)はよりプロセス指向である。したがって、強化が必要な領域を特定できる。コースまたは訓練事象の最後に、学習者が指定された基準を満たしていること、または戦術環境で効果的な意思決定を行うなどの適格性(competency)を開発していることを確認するために、総括的評価(summative assessment)を使用される。

評価は、学習者に建設的なフィードバックを提供するために採用され、成長や変化を捉えない任意のテストの得点よりむしろ、専門性をさらに開発することができる[12]。最も効果的なインストラクターは、学習者に建設的なフィードバックを提供するために「コーチ-ティーチーメンターアプローチ」を使用する。米海兵隊の評価は正直で透明性があり建設的であるため、学習者は進行状況をよりよく理解できる。フィードバックは、学習者が、新しい理解、知識、技能を開発するために情報を迅速に適用できるときに最も価値がある。誤り(error)、間違い(mistake)、失敗は決して最終的な状態ではないが、学習開発プロセスの必要なステップとして発生する可能性がある。学習者もインストラクターも同様に、海兵隊は彼らの誤り(error)にもかかわらず、彼らの誤り(error)のために学ぶことを理解するべきである。

学習支援における技術:TECHNOLOGY IN SUPPORT OF LEARNING

米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵」(MCDP1 warfighting)が戦争は人間の企てであり、技術の量が人間の次元を減らすことができないことを確認するのと同様に、学習環境も主に装備ではなく人間の特性に基づいている。技術は学習を支援、拡大、個別化できる。これは、学習目標を支援する多くのツールの1つである。一部の技術は、フィードバックを強化し、行動後の検討(AAR)に提供するために、学習者のパフォーマンスに関するデータも収集する。技術は、個人技能開発および集成技能開発、現在のパフォーマンスに関するフィードバック、および個人または部隊のニーズに合わせた補足的な指導をようにすることができる。たとえば、海兵隊員は支援武器(supporting arms)を求めて訓練するために個別にそしてチーム内で集成的にシミュレーションを使用する。作戦環境と指揮・統制システムの両方をシミュレーションすることにより、シミュレーション技術は、海兵隊員は訓練中に「追加の反復」を得ることができる。これらの反復は、実弾射撃範囲、訓練地域、装備、またはその他のアセットが限られている場合に特に価値がある。シミュレーションはまた、雇用や支援武器(supporting arms)の採用や効果など、実動訓練で簡単または安全に再現できない要素を導入することもできる。

海兵隊員は、自らを教育し、代理的に学び、彼らが闘うように現実的に訓練するために、学習支援技術をシームレスに学習環境に一体化する。たとえば、海兵隊員は、読書を補足するためにオーディオブックやビデオなどの他の技術を使用することができる。同様に、インストラクターは、監視し、行動後の検討(AAR)を実施し、個々の学習者の進歩を促進するために、技術を使用する。海兵隊員はまた、学習の目的、条件、および学習者のニーズに基づいて学習環境を強化するために、特定の技術を選択する。それによって海兵隊員は、望ましい学習結果にすべて焦点を当てた、さまざまな学習方法と技術を求め、採用している。

結論:CONCLUSION

会戦(battle)は軍事学習の究極のテストであり、海兵隊員が闘うように訓練することは、由緒ある米海兵隊の原則である。会戦(battle)に備える際、海兵隊員は、学習環境を強化し、学習体験を調整し、学習を加速するための建設的なフィードバックを提供するために役立つ技術と共に学習の術と学(art and science of learning)を活用する。海兵隊員は、米海兵隊の学習内容、方法、演習、および環境が適切で効果的であることを確実にするために、継続的に評価および調整する。さらに、海兵隊員は、他の海兵隊員に、自主学習などの独自の学習のための主導性を行使する自由を提供することにより、彼らの能力(capability)を高める。海兵隊員は、ますます自分自身に挑戦するために、学習環境をデザインし、創造し、そして進化させる。指揮官、リーダー、インストラクター、メンター、コーチは、個々の海兵隊員とその部隊が、作戦条件を厳密に模擬する現実的な学習体験を受けることを確実にする。海兵隊員は、個人、チーム、部隊、および海兵空地任務部隊(MAGTF)のすべてのレベルで適切な用兵技能(warfighting skill)の開発を確実にするために、目的をもって学習環境をデザインする。

海兵隊員が成功するためには、継続的な学習に取り組み、学んだ教訓を適用できなければならない。戦闘のストレスの間に、海兵隊員は彼らが学んだ方法で闘う。したがって、すべての海兵隊員は、改善を導くためのフィードバックを受ける機会を探すことを含め、規律のある、継続した長い経歴の中での学習に取り組まなければならない。海兵隊員はなぜ彼らが学んでいるのか、そしてそれがどのようにして戦闘員(warfighter)としての専門的適格性(professional competency)を向上させるのかを理解している。学習と継続的な専門能力開発は、全ての海兵隊員にとって期待と機会である。

ノート

[1] アルビン・クレブスとロバート・マクギル・トーマス・ジュニア著「人に関するメモ;人生を有意義にするリックオーバー提督」New York Times, National edition (May 10, 1982)B節6ページ

[2] カール・フォン・クラウゼヴィッツ著J・J・グラハム大佐訳「戦争論」(London, 1962)49~50ページ、参考 https://www.gutenberg.org/files/1946/1946-h/1946-h.htm

[3] ゲイリーA.クライン、ジュディス・オラサヌ、ロバート・カルデンウッド著「行動における意思決定:モデルと方法」(Westport, CT: Greenwood Publishing Group, Inc., 1993).

[4] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」4₋24ページ

[5] リチャードA.ガブリエル著「アレクサンダーより偉大なマケドニアのフィリップ2世」(Dulles, VA: Potomac Books, Inc., 2010)62ページ

[6] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」4₋21~4₋22ページ「統一性を与えるためのもう一つの重要な道具は、主たる努力である。我々の指揮の範囲内で進行している全ての行動は、その時点において成功に最も重大であると我々は認識する。この鍵となる任務を達成する責任を割り当てられた部隊は主たる努力、つまり、そこに部隊の戦闘力を集める焦点として指定される。主たる努力は、あらゆる種類の支援の優先権を授与される。指揮において他の全ての部隊にとって任務の達成において支援しなければならない部隊が明快になる。指揮官の意図の様に、主たる努力は下位の主導性にとって戦力の調和になる。決心に直面して、我々は自問する。“どうすれば、最も主たる努力を支えることができるか?”」

[7] マルコム・シェパード・ノウルズ著「自主学習」(New York: Cambridge Books, 1975)

[8] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」4₋18ページ「任務戦術(mission tactics)は、文字通り、任務がどのようにして達成しなければならないかを示すことなく下位の任務を割り当てる戦術である 。我々は下位に任務の達成の仕方を示す方法から離れ、自由を与えることによって、下位のものが、状況に基づいて必要であると考えられるどのようなステップでも出来るようにし、義務として確立する。任務戦術(mission tactics)は、本来の指針(guidance)と理解によって形作られる主導性ある部下の実行に依存する。」

[9] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」1‐5~1₋6

[10] レイモンドM.ケスレッジとマイケルS.アーウィン著「自分を第一に導く:孤独を通してリーダーシップを鼓舞する」(Bloomsbury: NY, 2017) 81~83ページ

[11] 米陸軍訓練ドクトリンコマンド小冊子525₋8₋2「米陸軍の訓練と教育のための学習コンセプト2020₋2040」(Fort Eustis, VA: Training and Doctrine Command, April 2017) 29ページ

[12] キャシーN.デビッドソン著「新しい教育:流動的な世界のために学生を準備するために大学に革命を起こす方法」(New York: Basic Books, 2017).

米海兵隊のドクトリンを読む① MDCP 7 Learning その3” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。