米海兵隊のドクトリンを読む① MDCP 7 Learning その1

2+

米海兵隊の現在のドクトリン文書は、海兵隊ドクトリン発行物(MCDP)と呼ばれ、1996年から1998年の間にMCDP 1 WarfightingからMCDP 6 Command and Controlまでを第31代米海兵隊総司令官チャールズ・C・クルラック米海兵隊大将の就任間にまとめ上げている。これらの米海兵隊のドクトリン文書は、第29代米海兵隊総司令官アルフレッド・M・グレイ米海兵隊大将が1989年に発行した艦隊海兵部隊マニュアル1(FMFM1)Warfightingの流れをくむもので、その意図は海兵隊の用兵における哲学を述べることにあった。そして、哲学を海兵隊員に読んで理解することを狙いとしたものである。

これらの一連のドクトリン文書は、20世紀の終わりに刊行され20年以上経過するが、ドクトリン文書としての地位を保ち続けている。それは、正に米海兵隊の用兵の哲学に大きな変化はないと理解してよいと考えられる。

ここでは、米海兵隊のドクトリン文書を読むことの事始めとして、2020年2月に初めて発行されたMDCP 7 Learningを紹介する。正に米海兵隊のあるべき学習の姿について述べられたものであるが、これまでのドクトリン文書を同じく学習の「哲学」を述べたものになっており、階級や職務に関わらず米海兵隊員として用兵の哲学を学ぶことの重要性を述べたものになっている。(軍治)

 

MCDP7「学習:Learning」

2020年2月20日

はじめに:FOREWORD

この出版物の目的は、米海兵隊の学習哲学を述べ、学習が武力の専門職(profession of arms)にとって非常に重要である理由を説明することである。この出版物の概念の多くは、我々の歴史を通じて海兵隊のリーダーたちから受け継がれているが、この出版物はそれらを形式化し、野心的な目標を提供することを目的としている。学習は制度上の優先事項であり、全ての海兵隊員にとって専門家の期待である。この考え方は、米海兵隊がより効果的な学習組織になるための鍵である。

この哲学で最も重要な要素は、用兵(warfighting)における経歴全体で継続的に学習することの重要性である。継続的な学習は、海兵隊員が戦闘空間の変化する状況をすばやく認識し、適応し、思考する敵に対してタイムリーな決定を下すことができるため、機動戦(maneuver warfare)に不可欠である。戦争で必要とされるこれらの技能は、時間の経過とともに学び、発達し、研ぎ澄まされなければならない。海兵隊は、変化する作戦環境を反映する学習の術と学(art and science of learning)、技術、学習環境を活用して、学習を調整し、お互いに建設的なフィードバックを提供する。各リーダーは、海兵隊員をパフォーマンス、行動、および学習を含む規律を高い専門的標準に保持する。海兵隊員の階級と地位が上がるにつれて、継続的な学習と我々の専門的技能の開発は専門職の期待である。我々はあらゆる学習機会を最大限に活用し、部下の学習を促進しながら、自らの機会を継続しなければならない。

基本的な戦争の本質(nature of war)とその変化し続ける性格のため、海兵隊員にとって継続的な学習は重要である。戦争の本質(nature of war)は、海兵隊員が対抗するために準備しなければならない恐れ、不確実性(uncertainty)、曖昧さ、偶然、恐怖、そして何よりも摩擦の組み合わせをもたらす。海兵隊員はこれらの条件を模擬する教育と訓練の機会を模索しなければならない。どのように我々が闘うかを訓練しなければならない。海兵隊員として、我々は学習がいかに重要であるかを理解し、この出版物に記載されている原則に取り組む必要がある。海兵隊員としての我々の専門的な責任は、仲間の海兵隊員、我々の軍団、および我々の国家を最もよく支援できるように、継続的な学習に取り組むことである。

米海兵隊総司令官 D.H.バーガー米海兵隊大将

第2章 学習の文化

第3章 学習環境

第4章 学習するリーダー

第1章 学習の本質:Chapter 1 The Nature of Learning

「生涯連続学習者として、経験的な学習に専念し、知的好奇心を持ち、新しい知識を獲得するための絶え間ない欲求を持っている普通の人々が並外れたことができることを発見した。・・・これが将来の闘いにおける我々の唯一の優位性かもしれない[1]

-ロルナM.・マーロック

「あなたがしたことは、あなたが考えていたほど重要ではない[2]

-アルフレッドM.・グレイ

「戦場で最も重要な6インチはあなたの耳と耳の間である[3]

-ジェームズ・N・マティス

用兵(warfighting)は、最も複雑で、挑戦的で、暴力的で、動的な人間の努力である。即応性の状態にある国家部隊(nation’s force-in-readiness)としての米海兵隊は、国家が要請する時と場所を問わず、あらゆる状況で紛争のすべてのスペクトラム全体のいかなる強度でも効果的に闘いそして成功するための多様性と柔軟性を備えておかなければならない。これらの要求を満たすには、海兵隊員は、学習が用兵(warfighting)に直接的な影響を与えることを認識することが重要である。主要な学習原理を理解し、彼らの経歴を通じて継続的に知識、技能、適切な態度を身につける機会を求めている海兵隊員は、会戦(battle)での成功を可能にする知恵を開発する。海兵隊員として、我々は知恵と経験を次世代の海兵隊員に伝える。米海兵隊が即応性の状態にある合衆国の部隊で続けるためには、全ての海兵隊員が米海兵隊の文化、学習環境、および指導力開発のあらゆる側面で学習を強化し、評価することが重要である。学習は、すべてのレベルの全ての海兵隊員の専門的責任である。海兵隊員は、責任のレベルを高める上での、成功するための条件を設定するために、経歴の早い段階で継続的な学習の習慣を開発しなければならない。

米海兵隊の学習哲学は、複雑で不確実な混沌とした環境で機動戦(maneuver warfare)を成功させることができる適応型リーダーを生み出す、継続的な学習と専門的力量(professional competence)の文化を生み出すことを目指している。学習とは、研究、経験、または指導(instruction)を通じて知識、技能、態度を発達させることである。学習には訓練と教育の両方が含まれる。

 

学習と力量:LEARNING AND COMPETENCE

学習とは、研究、経験、または指導(instruction)を通じて知識、技能、態度を発達させることである。何かが重要である理由、つまり学習の意図(intent of learning)を理解することを含む、これは終わりのない進歩である。学習は、情報を収集したり、事実を暗唱することだけではない。これには、認知的、物理的、社会的、感情的、倫理的、文化的な要素が含まれる。学習は、公式な設定(校舎や訓練演習など)や、社会的、体験的、自主、および教室外の他の方法などの非公式な設定で行われる。発達する知識、技能、態度は相互作用して、海兵隊がどのように考え、対応し、行動するかに影響を与える。

学習には、訓練と教育の両方が含まれる。これらは、等しく重要で補完的なものである。訓練と教育の違いの簡単な説明は、訓練は海兵隊員が既知の戦争の要因(例えば、優れた射撃の重要性)に対処する準備をする一方で、教育は海兵隊が未知の要因(unknown factor)(例えば、変化する状況で効果的な意思決定(decision-making))に対処する準備をするということである。訓練と教育はさまざまな方法で行われるが、即応性(readiness)と効果をもたらす学習を浸透させるために、一緒に働くことで、それらは両方とも求められる。

現代の戦場の複雑さと変化率の増加は、高度な教育を受けた力(force)が求められる。教育と訓練は異なるが、密接に関連している。教育とは、研究と知的開発を示す。訓練は、主に行うことによって学ぶことである。我々は教育の存在なしに訓練しない。十分に考え出された訓練を補完的に実行することなく、教育を行ってはならない[4]

海兵隊員は、連続した訓練と教育の全体を通して、より良い学習方法を常に模索しなければならない。この出版物を通じて、「学習」という用語が強調されている。訓練と教育は、どちらか一方を特に言及するときに使用される。学習は、訓練と教育の両方の全体的な意図された結果である。

海兵隊員は絶えず変化し、増加し続ける戦争の要求と任務の範囲に対して準備ができていることを継続的に学ぶ。米海兵隊ドクトリン出版物(Marine Corps Doctrinal Publication 6:MCDP 6)の「指揮・統制(Command and Control)」は、次のように説明している。「我々は、力量(competence)、責任感、忠誠心、および自己規律を示すことで他者の信頼を獲得する」力量(competence)は、特定の義務、仕事、または機能を実行するために十分な知識、判断力、および技能を持っていることである。海兵隊員は、求められる知識、技能、態度を開発する公式および非公式の学習機会を通じて適格性(competency)を向上させる。海兵隊は複雑な問題に対処し、駐屯地、配備、または公式な学習センターのどこにいても、チームワークを開発することを学ぶ。学習は、海兵隊員が、批判的に考え、判断力を養い、何をすべきかを知らされるのを待たずに行動のバイアスを養うことができる。判断力に欠けている知識と技能を持つ海兵隊員は綿密な監督を必要とするが、これは戦闘状況では不可能かもしれない。我々の米海兵隊の精神(Marine Corps ethos)は、国の防衛を担当する軍事専門家としての力量(competence)、責任、忠誠心、および自己規律を要求する。学習は、海兵隊員に、指揮官の意図-常に、改善し、精神的な敏捷性を開発し、変化する状況に対処することを求める-の範囲内で主導性を行使するために準備する。

用兵における学習の役割:THE ROLE OF LEARNING IN WARFIGHTING

機動戦(maneuver warfare)には、知的行動に対するバイアスを持つあらゆるレベルの知的なリーダー(intelligent leader)が求められる[5]。戦い(warfare)での成功は、海兵隊員に、手がかりを正確に認識し、情報を迅速に意味あるものにし、効果的に対応するための知的な強み(intellectual edge)の開発に依存する。この知的な強み(intellectual edge)は、海兵隊員が条件と事象を彼らの優位性あるものに形作ることを可能にする開発された知識と経験に基づいている。問題の枠組み化、心的イメージ化、批判的思考(critical thinking)、分析、合成、推論(reasoning)、問題解決などの基本的な認知的適格性(cognitive competency)を養うことで、海兵隊員は、時間に制約のある作戦環境で、彼らが不完全、不正確、または矛盾した情報を有しているときに、より迅速に効果的な決心を行うことができる[6]

機動戦(maneuver warfare)の中心的な信条は、決心を行い、戦いの心的側面を海兵隊員の優位性に移行させるために、敵の実力(enemy’s ability)を攻撃することである[7]。要するに、海兵隊員は、しばしばOODAループと呼ばれる観察、方向付け、決定、行動のサイクル[8]を通して敵よりも迅速かつ効果的に移動できる認知的技能と認知的適格性(cognitive skill and competency)を学習することによって、知的な強み(intellectual edge)を開発する。何が起こっているのかを認識し、状況に適応し、最短時間で効果的な決定を下す戦闘員(warfighter)は、通常、優位性を有する。OODAループの意思決定サイクル(decision-making cycle)は、新しい技術が出現するにつれて、変化率が増加し続けるため、将来の紛争への備えにおいてさらに重要である。したがって、海兵隊員は技術を活用して継続的に知識と技能を改善させなければならないが、解決策として技術だけに決して依存することはない。海兵隊員は、主要な手がかりを認識するためにそれらの環境を観察し、方向付けるためにこれらの手がかりを合成し、決定と行動のために迅速に情報の意味合いを持たせるべきであり、その後、海兵隊員は自分の行動の影響を観察することで、サイクルを再び始める。重要なことに、行動には、海兵隊員が彼らのチームに決心を効果的に伝達することが含まれる。海兵隊員は、作戦上および戦術上の時間制約内で最良の行動方針(course of action)を決定するために、批判的思考(critical thinking)、推論(reasoning)、複数の視点からの状況の表示、非線形の用語で戦闘空間を視覚化するなどの技能を使用する。

進歩的な学習と経験を通じて、あらゆるレベルの海兵隊員は、適応性のある迅速な意思決定(decision-making)によって可能になる行動のためのバイアスを開発する。更に海兵隊員が行動に対するこのバイアスを学び、行使するほど、それは良くなる。ウォーゲームまたは訓練演習は戦争の条件に近似しているが、海兵隊員は実際の戦闘の危険、複雑さ、感情、摩擦を完全に再現することはできない。海兵隊員は、戦闘状況に近いさまざまな訓練状況を経験することで、学習した経験は思い出すことができ、戦闘のストレスや摩擦の際に、適用することができる。海兵隊員は直接および間接の両方の経験を通じて、戦闘で何が可能で、何が不可能であるかについての現実的な真の評価を開発する。次の挿話は、「不朽の自由作戦」と「イラク自由作戦」の間の海兵隊員の経験の複合に基づいており、以前の経験から学び、変化する状況に適応することの重要性を示している。

作戦の最初の数日間、海兵隊の歩兵中隊長は、敵がすでに部隊の戦術を予測して対抗していたことを認識した。指揮官は、いくつかの徒歩移動パトロールからの敵の行動に関する情報を評価した後、部隊は敵を打ち負かすために運動性と火力を改善する必要があると結論付けた。中隊長は大隊長と話をし、歩兵中隊と直接働くために大隊の武器中隊から銃砲付き車両を付随させること、徒歩兵のパトロールを増強するために増加火力を高速移動部隊に提供することを推奨した。中隊長は、この地域の狭窄した地形での近接作戦に追加の歩兵を提供するために、武器中隊の分遣隊を任務編成した。これは、海兵隊の経験から、敵の振舞いを観察し、適応し、すばやく学習することに基づいた中隊の完全に異なる戦術計画を生み出した。

中隊の高速移動要素が予期せず出現し始め、彼らが徒歩で移動するパトロールだけを攻撃していると信じていた敵部隊を奇襲した。敵が新しい海兵隊の戦術に適応しようとしたとき、中隊長は学習と適応を続け、それに応じて調整を行った。たとえば、敵が車両跨乗要素に待ち伏せを設定しようとすると、敵は行進経路に沿った重要な分岐点で、徒歩移動要素による計画的な待ち伏せに遭遇するであろう。中隊の車両跨乗および徒歩移動の要素は、重要な場所に何度も何度も出現し続け、敵を不意に捕らえ、彼らの戦術を打ち破った。

敵の観点から見ると、歩兵中隊は圧倒的で全知的で偏在する米海兵隊部隊になり、敵はこの地域のすべての作戦を終了させた。実際の状況は、海兵隊の全知ではなく、むしろ、敵の振舞いを注意深く観察し、学習に焦点を当てた海兵隊の中隊は、主要な手がかりを特定してパターンを認識することをすばやく学び、中隊の戦術を適応させる新しい方法を継続的に開発し、敵が同じことを行うように考え抜き圧倒して失敗させた。中隊は敵をジレンマの角に繰り返し置き、海兵中隊の作戦地域で成功を収めることはできないと敵に納得させた。

人間としての海兵隊員は、短期または長期の記憶に情報を託すのではなく、情報をデジタルで保存および検索する傾向にあるため、海兵隊員は記憶力(memory skill)を発達させる必要がある。海兵隊員は、時間の制約、ネットワークアクセスの欠如、または電子署名の最小化の必要性などの多くの理由により、常に技術に依存したり、戦闘中に情報をデジタル検索したりできるとは限らない。したがって、すべてのレベルの海兵隊員は、重要な情報を記憶しそして思い出し、その知識を反映して理解を深め、訓練中にこれらの技能を頻繁に行使して、戦闘中に本能的に情報を思い出すことができるように、彼らの心を訓練する必要がある。

学習の主要な原則:KEY PRINCIPLES OF LEARNING

米海兵隊の予測される将来の課題には、敵対者が米国との技術的同等性または優越性を達成する可能性が含まれる。その可能性は、海兵隊の遠征の性質と相まって、米海兵隊が永続的な原則に基づいて継続的な個人的および組織的な学習を促進するより致死性で考える部隊でなければならないことを意味する。

海兵隊員のための学習原則

・自分自身を知り、自己改善を求める。

・準備ができていて、学ぶ用意がある。なぜ、学んでいるのかを理解する。

・建設的なフィードバックを提供し、受け取る。

・学習は、専門職の力量(professional competence)を開発するための目的駆動型である。

 

最初の学習原則は“自分自身を知り、自己改善を求めること”である[9]。海兵隊の考え方、価値観、倫理、経験は、彼や彼女の学習、決定、行動に影響を与える。「性格、意志、知性、それらは相互に関連しており、密接に関連している。今、性格(character)は道徳的性格についてであり、・・・それは、あなたの決心を迅速に行うことのできる、決心の能力容量(capacity)と正しさの感覚についてである。意志(will)は決心を実行する強さ(strength)を持つことであり、知性(intellect)はあなたに決心をすることのできる文脈、知的な文脈をあなたに与えることによって、全ての精神的な援助を与える[10]」海兵隊員は、視点と経験が彼らの思考をどのように形成しているかを認識しているとき、仮定、バイアス、および学習に影響を与えるその他の要因をより適切に特定できる。以前の経験は、新しい知識、技能、経験を記憶に一体化するための個人的参照を提供するなど、多くの理由で貴重である。海兵隊員は、摩擦にもかかわらず、効果的に学び、闘う。摩擦は「明らかに簡単なことを非常に困難にする[戦争の中の]力[11]」と述べられてきた。学習は必ずしも簡単ではない。自己認識の欠如、感情的な規制、謙虚さ、時間管理、またはバイアスは、学習をより困難にする摩擦を引き起こす可能性がある。海兵隊員はこの摩擦を克服し、自分自身、特に我々の価値観、倫理、および視点が学習にどのように影響するかを理解することで自己改善を求める。

第二の学習原則は“準備ができていて、学習に自発的であること”である。海兵隊員は経歴を通して学ぶ専門職としての責任があり、常に学ぶ機会を求めるべきである。海兵隊員は学習において積極的な役割を果たし、知的好奇心を持ち、彼らが学んだことを他の関連する状況に適応させるための新しい方法を探さなければならない。身体的技能、振舞いの技能、社会的技能、感情的技能、認知的技能などの学ぶための人の意欲と準備を示す多くの要因がある。さらに、謙虚さ、勇気、誠実さ、忍耐力、動機、および規律は、学習の準備に影響を与える他の主要な資質である。海兵隊員は、新たな専門的知識、技能、および経験を継続的に求める勇気、忍耐力、および規律を持つことにより、彼らの学習の準備を増やす。海兵隊の学習は、自分の思考プロセスの認識と理解を開発することによって促進できる[12]。海兵隊員は、よりよく考える方法を研究し、これらの技能を学習者、リーダー、意思決定者(decision maker)として改善させるために適用することにより、知性を磨く。

第三の学習原則は、“なぜ学習しているのかを理解すること”である。海兵隊員がなぜコンセプトと技能を学ぶかを理解するとき、任務に対する学習の重要性をよりよく理解し、学ぶことの意欲がより高まる。学習の文脈を理解することにより、海兵隊はコンセプトと技能を新しい状況によりよく適用し、力量(competence)と適応性(adaptability)が向上する。未知(unknown)、不確実性(uncertainty)、無秩序(disorder)が会戦(battle)で排除されることは決してない。情報は不明確で、誤って解釈され、敵の影響を受け、または通信システムが損なわれている。海兵隊員はなぜ彼らが学んでいるのかを理解するとき、彼らは既知のことを学ぶことに集中し、敵よりもより早くそして効果的に馴染みのないものに適応することができる。したがって、敵を上回って学習する(out-learning)ことが、敵を上回って闘う(out-fighting)ための鍵となる。

第四の学習原則は、“建設的なフィードバックを提供し、受け取ること”である。フィードバックなしでは学ぶことはできない。それは、適応性(adaptability)を学び発展させるために重要である。フィードバックには2つのソースがある。内因性のソース(つまり、内部)と外因性のソース(つまり、外部)である。たとえば、ライフルを撃ったときに彼又は彼女が引き金を引き、次の射撃で引き金の引き具合を調整するという海兵隊自身の認識は、内因性のフィードバックを使用する例である。この同じ例では、外因性のフィードバックは、海兵隊員の誤り(error)を特定し、適切な引き金の引き具合を示す射撃インストラクターになる。内因性のフィードバックと外因性のフィードバックの両方が、適応性(adaptability)の学習と開発に重要である。適応性(adaptability)とは、新しい条件に調整できる資質である。海兵隊員は、状況を調べ、何が起こっているのかを認識し、新しい条件への彼らの対応を調整するときに、適応性(adaptability)を開発する。学習のプロセスは、それ自体が適応した振舞いの一種であり、戦闘の有効性に不可欠な要素である[13]。海兵隊員は、作戦環境、割り当てられた任務の変化、敵の適応した戦術、および民間構成要素の変化に適応する。フィードバックを求めて対応することは、効果的な適応に不可欠である。全ての海兵隊員は、訓練、教育、および自習を通じて、より適応的になることを学ぶことができる。

最後の原則は、“学習は専門的力量(professional competence)を開発するために目的駆動型である”ということである。学習には、適格性(competency)開発に向けた進捗を測定するための特定の到達目標と測定可能な目標がある。海兵隊の学習はチーム指向であるため、通常、海兵空地任務部隊(MAGTF)の一部として、海兵隊員は集成して闘うための技能とつながりを開発する。海兵隊員は、チームとして取り組むこと(つまり、体験学習)やお互いから学ぶために彼らが取り組む問題に挑戦している。海兵隊の学習は、専門的力量(professional competence)の開発、つまり変化する条件で効果的に作戦できる準備が整った海兵隊員と部隊の開発に焦点を当てている。さらに、海兵隊員は、グローバリゼーションの増大や資源の競争などの新しい課題に対応するための更なる準備を進めるために歴史と世界の出来事を研究している。効果的な戦闘員(warfighter)は、複雑な問題に対処し、事象を優位性のために積極的に形成するために、状況の流動的な変化に適応する。海兵隊員は、敵や敵対者を1人または人の集団(group of people)としてコンセプト化することがあるが、複雑なシステムと見なすべきである。海兵隊員は、敵や敵対者がさまざまなイデオロギーに基づいて設立された多くの人々、システム、ネットワークで構成されている可能性があることを理解しなければならない。海兵隊員は目的駆動型の学習を通じて、複雑な敵や敵対者のシステムをよりよく理解して対応するためのさまざまな適格性(competency)を開発する。これらの複雑なシステムを模擬する学習環境は、海兵隊の専門的力量(professional competence)を開発し、適応を促し、同様に、変化する状況で敵や敵対者を出し抜く考えの実力(ability)を開発する。

人間的次元と学習の学:THE HUMAN DIMENSION AND SCIENCE OF LEARNING

紛争は人間の現象である。人間の本質を理解することは、海兵隊が紛争を理解するのを助ける。海兵隊員は、社会的、経済的、政治的、文化的、環境的、対人関係、および個人の内面の要因を研究することにより、各紛争の複雑さに備える。これらの要因は、敵の編成やその装備の規模などの要因よりも、戦争の性格や結果に大きな影響を与えることがよくある。海兵隊員は、作戦に影響を与えるさまざまな人的要因、文化、視点、アイデアについて可能な限り学ぶ。傲慢(すなわち、自我)やバイアスなどの学習を損なう可能性のある個人的要因の自己認識を開発することは、海兵隊員が摩擦を克服することを可能にする。海兵隊員は状況と情報を客観的かつ非情動的に見るよう努め、互いに率直なフィードバックを提供し、準備に悪影響を与える要因を克服または軽減する方法を学ぶ。

暴力と危険は常に戦争の一部である。恐れと不確実性(uncertainty)にもかかわらず危険な条件で闘うことの学習は、用兵(warfighting)の鍵である。すべての階級の海兵隊員は、身体や心が恐れやストレスにどのように反応するかを理解して、戦闘を含むあらゆる状況での反応をよりよく制御しなければならない。海兵隊員は、現実的な訓練、自己認識の向上、戦争の属性の理解、精神的および身体的復元性の向上を通じて、ストレス反応を効果的に制御し、危険な状況で闘う方法を学ぶ。たとえば、海兵隊員は、より正確に射撃するために、射撃訓練中に、身体の神経系がストレスにどのように反応するかをよりよく制御する呼吸法を学ぶ。呼吸技術は、海兵隊がストレス下で心拍数、呼吸、注意、および筋肉を制御するのを助け、それにより、彼らの火力の精度が増加する。戦闘は部隊の結束に挑戦し、海兵隊員にさまざまな道徳的および倫理的ジレンマを提示する。海兵隊員は、彼らは戦闘の暴力の中で作戦するとき、身体的技能と同じくらい重要なので精神的、道徳的、精神的、そして倫理的な強い理解を開発する。

学習の学(science of learning)には、神経科学、心理学、アンドラゴジー(自己主導的な学習を用いた成人学習理論[14])など、多くの分野が含まれる。人間の脳は、寿命全体にわたって形を変えたり形を変えたりすることができる、絶えず再編成されるシステムである。海兵隊員の年齢、階級、経験レベルに関係なく、新しい学習事象はそれぞれ脳に影響を与える。したがって、全ての海兵隊員は、困難な経験が脳を強化し、彼らの用兵能力(warfighting capability)をよりよく磨くことを理解すべきである。科学はまた、個人やチームは、学習、適格性(competency)、および強み(strength)に対するさまざまな感覚的好みによって[15]、学習方法に違いがあることも識別されている。これらの違いは学習プロセスの不可欠な構成要素であり、学習をより効果的にするために、学習事象を構造化したり、それに参加したりするのに役立つ知識になることがある。以前の経験、知識、適格性(competency)、および視点はすべて、新しい情報を理解するための基礎を形成する固有の要素である。海兵隊員は、新しい情報と彼らの以前の知識との間の関連性を形成する。成人学習には、海兵隊員が解決しようとしている特定の状況または問題に以前の関連情報を適合または変更することが含まれる。人間の次元と学習の学(science of learning)を理解することは、海兵隊員は、適格性(competency)をより効果的に構築し、間違い(mistake)から学び、効果的なフィードバックを提供し、学習を維持するために、訓練と教育を調整することができる。

海兵隊員が彼らの学習を加速することができる効果的な方法は、代理的な経験(vicarious experience)を通して他から間接的に学ぶことによるものである。代理的な経験(vicarious experience)とは、各海兵隊員が他の人が経験したことを観察し、読み、研究することによって得られる関連する学習機会である。たとえば、海兵隊員は、演習中にタスクを実行している部隊の他のメンバーを観察したり、行動後の検討(after action reviews:AAR)に参加したり、教訓報告書を読んだり、歴史を研究したりして、代理的な経験(vicarious experience)を得る。他人から学ばないという言い訳はできない。

学習の学(science of learning)と学習の術(art of learning)を組み合わせることで、よく訓練され、教育を受けた海兵隊員と、よく訓練された戦闘準備の整った部隊を開発することができる。各海兵隊員は、チーム内で独立して、または集成して、学習方法を学ばなければならない。効果的なコミュニケーション、集団の結束(group cohesion)、信頼などの社会的および対人的要素はすべて、学習に影響を与える。これらの要素が肯定的である場合、それらは学習プロセスを促進し、強い関係を生み出す。海兵隊員は、学習や結束に悪影響を与える可能性のある思考や行動を避けながら、学習に影響を与える人間や環境の要因を積極的に理解しようと努めるべきである。学習の人間の次元と彼ら自身の経験についてのこの知識は、海兵隊員に、多くの場合戦闘空間での決定要因となる効果的な意思決定(decision-making)を容易にする知恵を開発するように導く。

用兵能力としての問題解決:PROBLEM SOLVING AS A WARFIGHTING CAPABILITY

問題を効果的に考えて解決する方法の学習に費やされた時間は、十分に投資されている時間である。海兵隊員は潜在的な問題、理由を認識し、批判的に考えるための技能を構築しなければならない。推論(reasoning)は、結論や判断を形成するために論理的な方法で何かについて考えるプロセスである。批判的思考(critical thinking)はその推論(reasoning)の反映部分である[16]。批判的思考(critical thinking)技能には、推定(inference)、評価、解釈、説明が含まれる。これらの技能を開発することで、海兵隊員は提示された情報だけでなく、その潜在的な含意と二次的影響も理解できるようになる。推論(reasoning)と批判的思考(critical thinking)を通じて、海兵隊員は状況に影響を与える主要な要因を探究し、質問し、理解する。それにより、海兵隊員はより良い行動方針を開発することができる。

海兵隊員として、我々は問題を解決するために継続的に情報を求め、利用している。情報のユビキタス化に伴い、情報の意味合いを持たせるためにどのように何に焦点を当てるかを決定することがますます難しくなっている。海兵隊員が平時の経験中に主要な手がかりと情報を特定する頻度が高いほど、海兵隊員は配備時に決心と行動を迅速に行うことができる。各海兵隊員は彼又は彼女の視点で世界と問題を捉えているが、全ての海兵隊員は共通の問題解決技能を開発している。潜在的な問題をすばやく認識して対処することで、海兵隊員は混乱をよりよく取り扱い、敵の状況の変化に対応することができる。海兵隊員は意図的な練習により、パターンの認識、重要な情報のフィルタリング、批判的思考(critical thinking)、推論(reasoning)などの主要な技能を改善させる。将来の戦闘空間には、必ずしも「正しい」答えを持っているとは限らない、ますます困難な問題が含まれる。したがって、客観的に観察し、効果的に推論し、決定的な行動を取り、必要に応じて調整する海兵隊員の技能は、成功の主要な要素として残る。

武器としての心:THE MIND AS A WEAPON

機動戦(maneuver warfare)の哲学は、海兵隊員が行うことの多くを導く—それは、彼ら自身に最低限のコストで敵に対して決定的な行動をとるという意図された目的で戦争について考え、戦争を準備する彼らの方法である。海兵隊員は、複数のドメインでの優位性をよりよく活用し、敵を圧倒する会戦(battle)で急速に展開する状況を生み出すために、機動戦(maneuver warfare)を研究して適用する。機動戦(maneuver warfare)は、海兵隊員が不確実性(uncertainty)の中で忍耐する気質と、流動的で混沌とした状況で成功するための精神的な敏捷性を開発することを求める。さらに、優位性を活用する方法を決定するために、複数の視点から動的で複雑な状況を理解できることを求める。指揮官の意図のもとでの分散的実行は、機動戦(maneuver warfare)の中心である。これには、各海兵隊員が状況を理解し、その意図を支援し達成するための行動を実行することが求められる。

技術や装備に関係なく、海兵隊員は闘い、勝利する準備ができている。したがって、海兵隊員が彼らの心を開発することによって、彼らが会戦(battle)のために他の武器システムを準備するのと同じように、敵に対して知的な強み(intellectual edge)を開発し、維持することが不可欠である。この知的な強み(intellectual edge)は、個人、チーム、部隊、および海兵空地任務部隊(MAGTF)としての武力の専門職(profession of arms)の適格性(competency)を構築するために、海兵隊員としての自己規律のある研究と意図した実践に由来しなければならない。

継続的学習者:CONTINUOUS LEARNERS

心を武器として開発することは、長い経歴のプロセスである。海兵隊員は継続的な学習者である。彼らは武力の専門職(profession of arms)で習得を追求し、習得の達成は目的地ではなく旅であることを認識している。大人の学習者として、海兵隊員は彼ら自身の学習結果、行動、および決心に責任があることを認識している[17]。海兵隊員は絶えず彼らの専門知識を構築し、彼らが学んでいることの文脈を理解しようと努め、それで、彼らが新しい状況で効果的にそれを適用できるようにする。海兵隊員は、理解を増加するための基礎として、彼ら自身固有の個人的な経験だけでなく、他の人たちの経験も活用している。

成人学習者として、海兵隊員は訓練と教育活動の両方でなぜ内容が関連するかを知る必要がある。海兵隊員は、学習を、単一の不連続な到達目標ではなく、適格性(competency)を構築するための到達目標の進展として知覚する。したがって、海兵隊員は、実際の状況やタスク固有の問題の文脈で提示される情報と学習活動から最も恩恵を受ける。戦術的決心ゲーム(Tactical decision game)、ウォーゲーム、およびケーススタディは、海兵隊員の効果的な学習方法の例である。彼らは、戦い(warfare)の文脈内で学習コンセプトを位置付け、なぜ内容が関連するかを示す。海兵隊員は情報に意味合いを持たせ、彼ら個人の経験と代理的な経験(vicarious experience)の間に精神的なつながりを構築する。その結果、海兵隊員は時間の経過とともに個人的および集成的な知識を構築し、さまざまな状況や他の人々の視点を理解できるようにして、変化する状況で任務を達成する方法を知らせる。

海兵隊員はより優れた戦闘員(warfighter)になるために、継続的に情報を収集し、彼らの仮定をテストし、新しい知識を開発し、批判的思考(critical thinking)と推論(reasoning)を増やし、より深い理解を構築する活動に従事する。海兵隊は、会戦(battle)で何が起こったのかを単に尋ねる代わりに、常に、なぜその事象が起こったのか、そして結果として将来の状況に何を適用するのかを尋ね、より良い理解を求めるべきである。海兵隊員は、専門的な読書、体験的学習、および意図的な練習を通じて、幅広いトピックと技能について学ばなければならない。海兵隊員はまた、学習の機会として、各事象と相互作用にアプローチしなければならない。そこには、そのことは将来的にしてはいけないことであっても、常に学ぶべきことがある。継続的な学習者として、海兵隊員は武力の専門職(profession of arms)で自分自身と他の海兵隊を開発するために教訓を積極的に求め、適用し、共有する。

結論:CONCLUSION

海兵隊員は、彼らの経歴の早い段階ですべての海兵隊員はライフルマンであるコンセプトを学ぶ。海兵隊員は、将来の作戦環境の複雑さと揮発性に備えるため、効果的な用兵(warfighting)のために、すべての海兵隊員は継続的な学習者でなければならないことも認識している。海兵隊員は、いつでもどこでもそれらが起きる我々の国家の会戦を闘うために必要な技能を構築し、磨き続ける。海兵隊員は海軍遠征即応準備部隊(naval expeditionary force-in-readiness)であり、武力の専門職(profession of arms)の経歴歴の長い学生である。海兵隊員は、訓練と教育において、人間の次元と学習の学(science of learning)を活用している。海兵隊員は教室で学び、現場で学び、日常生活で学び、戦闘で学ぶ。海兵隊員は、武器、装備、彼らの心など、持っているすべての道具を適応させ、あらゆる天候と場所で成功し、勝つ。海兵隊員は、基本的な基礎技能を開発し輝きを示さなければならず、直面するあらゆる状況に適応するために精神的な敏捷性を組み合わせなければならない。米海兵隊は常に改善に努め、学習を終えることのない考える部隊(thinking force)である。継続的に改善するために、海兵隊員は長い経歴の中での学習(career-long learning)に焦点を当てた、自己規律のあるアプローチを取り、我々の軍団全体に学習の文化を浸透させる。

ノート

[1] ロルナM.マーロック米陸軍准将のウィリアム・F・マレン3世米陸軍少将との電子メールによる会話(2019年7月13日)

[2] ポール・オッテ編集「グレイイズムと第29代米海兵隊総司令官アル・グレイ米海兵隊大将のリーダーシップに関するその他の考え」(Arlington, VA: Potomac Institute Press, 2015)46ページ、https://potomacinstitute.org/images/stories/publications/Grayisms.pdf

[3] 「ジェームズ・マティス将軍:彼自身の言葉」San Diego Tribune, January 20, 2013, p. A-24.

[4] デービッドH.バーガー米海兵隊大将「米海兵隊総司令官の計画策定指針:第38代米海兵隊総司令官」(Washington, D.C., Headquarters US Marine Corps, July 2019)16ページ

[5] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」(Washington, D.C., Headquarters US Marine Corps, June 1997)3₋6ページ

[6] 前掲1₋6ページ「戦争の全ての行動は、不確実性(uncertainty)の空気(atmosphere)、「戦争の霧」で起こる。不確実性(uncertainty)は、敵や環境、そして、味方の状況についてさえ未知数の形で、会戦(battle)に広がる。我々が収集する情報によってこれらの未知数を減らそうとする反面、我々は我々が情報を排除出来ず、身近にさえしてしまうことを理解しなければならない。戦争のまさしくその本質は、確実性を不可能にし、戦争の全ての行動は、不完全であるか、不正確であるか、さらに矛盾している情報に基づいている」

[7] 米海兵隊ドクトリン発行物1-3「戦術(Tactics)」(Washington, D.C., Headquarters US Marine Corps, July 1997) 4-6ページ「「物理的スピード-毎時マイル以上で移動する-は、本来強力な兵器である。敵への我々の接近に関して云えば、移動のスピードは、敵の反応時間を減らす。我々が、敵の回り又は敵を通り抜けるとき、敵が反応できるより速く状況は変化する。一度我々が敵を通り過ぎれば、敵の見当違いな反応を生む。全ての3つのケースでは、スピードは、敵-特に敵の心理-に対して、恐れ、ためらいと無力を負わせるという影響を与える。思い出しなさい。敵の心理を攻撃することは機動戦(maneuver warfare)の中心的な信条である」

[8] 「OODAループ」とも呼ばれるボイドサイクルは、米空軍のジョン・ボイド空軍大佐が反復意思決定サイクルを記述するために使用したコンセプトである。

[9] 米海兵隊用兵発行物6₋10「海兵隊員を導く」(Washington, D.C., Headquarters US Marine Corps, May 2016)2-6ページ

[10] ジョンR.アレン米海兵隊退役大将「新興する技術の時代の米海兵隊のリーダーシップ」(2019年3月4日米海兵隊訓練教育コマンドでの継続した訓練と教育の変革ワークショップでの講演)

[11] 米海兵隊ドクトリン発行物1「用兵(warfighting)」1-5ページ

[12] メタ認知とは、自分の思考プロセスに対する認識と理解である。

[13] 米国防総省、国防高等研究計画局「米海兵隊歩兵大隊の戦闘効率の測定:要約」(Arlington, VA: 1977)

[14] アンドラーゴギーとは、成人の学習方法、技法、原則を指す。

[15] ベスA.ロゴフスキー、バーバラM.カルフーン、ポーラ・タラル著「学習スタイルを教育方法に合わせる:理解への影響」Journal of Educational Psychology, vol. 107, no. 1 (2015) 64~78ページ

[16] ピーター・ファシオーネ「批判的思考:教育評価と指導の目的のための専門家のコンセンサスの声明」American Philosophical Association, 1990

[17] マルコム・シェパード・ノウルズ、エルウッドF.ホルトン3世、リチャードA.スワンソン著「成人学習者:成人教育と人材育成における決定的な古典」