米国の軍事戦略及び軍事作戦における同盟とパートナの役割

0

ホワイトハウスは4月12日、ジョー・バイデン大統領は、ホワイトハウスおよび主要機関全体で国家安全保障および法執行を主導するために、彼の政権の11人のメンバーを指名する意向を発表した。記事によると、その中に陸軍長官職に初の女性クリスティン・ワームス氏が上がっている。クリスティン・ワームス氏は、国防総省で3番目に上級の民間人であるオバマ‐バイデン政権下で国防次官(政策)を務め、2人の国防長官(チャック・ヘーゲル国防長官とアシュ・カーター国防長官)に外交政策と国家安全保障の問題の全範囲について助言した経験を持つ。彼女はまた、国家安全保障会議の防衛政策の上級ディレクターを務め、インド太平洋に向けて軍のバランスを取り直し始めた2012年の防衛戦略ガイダンスの形成を支援している。彼女は2009年に国防総省および市民支援の主席副次官補としてオバマ‐バイデン政権に加わった。以前は、戦略国際問題研究所の上級研究員であり、民間部門で働き、国防長官府の公務員として大統領管理フェローとして7年間務めている。また、クリスティン・ワームス氏は、RANDコーポレーションの国際安全保障および防衛政策センターの所長であり、シニアフェローである。彼女は、外交政策、国家安全保障、および国土安全保障問題について頻繁に執筆および講演を行っている。

ここで紹介するのは、クリスティン・ワームス氏がトランプ政権下の昨年9月に米国の軍事戦略上の同盟とパートナー国の役割について米議会下院軍事委員会で行った証言の公表された文書である。クリスティン・ワームス氏がどのような考えを持った人物かを知る一助となると考える。(軍治)

米国の軍事戦略及び軍事作戦における同盟とパートナの役割

The Role of Allies and Partners in U.S. Military Strategy and Operations Christine Wormuth

クリスティーン・ワームス

RANDコーポレーション

Testimony presented before the House Armed Services Committee on September 23, 2020

合衆国は国家と同じくらい強力であり、世界中の同盟国とパートナー国は国家安全保障戦略の重要な要素である。米国国防総省(DoD)独自の2018年国防戦略は、次のように述べている。「より致死的で、復元力があり、急速に革新する統合部隊は、同盟国とパートナー国の堅牢な星座で組み合わされて、米国の影響力を維持し、自由で開かれた国際秩序を守る有利な勢力均衡を確保する[1]

米国の同盟国とパートナー国が比較優位性を提供している:U.S. Allies and Partners Provide Comparative Advantage

特に中国やロシアとの大国間の競争の時代において、米国が過去75年間に開発した同盟とパートナーシップのネットワークは、米国に独自の比較優位性をもたらすものである。これらのネットワークは、特にヨーロッパとアジアで、第二次世界大戦の終結以来、比較的平和と安全を確保し、米国だけでなく世界中で非常に多くの経済成長のための空間を作成した国際秩序のバックボーンである。同盟国と友人は、有形無形の方法で共通の防衛の負担を分担するのを助けている。米国とその同盟国は、日々、インテリジェンスを共有し、訓練と演習を共に行い、互換性のある兵器システムを運用している。これらが一体となって、米国が単独で実現できる能力をはるかに超える組み合わされた能力を生み出している。

米国の国家安全保障戦略と軍事作戦に対する同盟国とパートナー国の重要性の例を見つけるために、歴史をさかのぼる必要はない。2001年9月11日の同時多発テロを受けて、世界中の同盟国とパートナー国が米軍に加わり、アフガニスタンとイラクで彼らと一緒に攻撃し、闘った。多くは2014年からイラクとシリアのイスラム国と戦うために再び米軍に加わった。米国の同盟国とパートナー国によって付与された基地とアクセス協定なしで、同盟国とパートナー国のトレーナーと地上の特別部隊なしで、そしてこれらの同盟国とイラクとシリアのパートナー軍に提供された友人は、イスラム国を打ち負かし、その物理的なカリフ制を排除することははるかに費用がかかり、闘いははるかに長くかかったであろう。ヨーロッパでは、米国はNATOの同盟国と緊密に協力してロシアを抑止すると同時に、民族主義と非自由主義によって引き起こされる自由への内部の脅威から守っている。米国はまた、ヨーロッパの同盟国やパートナー国と協力して、ますます強力で強引な中国が提起する課題に対処する方法を模索している。アジアでは、米国の同盟国とパートナー国が、侵略を阻止し、安定を維持し、グローバルコモンズへの自由なアクセスを確保する上で重要な役割を果たしている。オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国との米国の同盟関係、およびこの地域の他の多くの国々とのパートナーシップは、北朝鮮の核兵器や長距離ミサイル計画の拡大、南シナ海における中国の軍事力増強と広範な領土主張、そして暴力的な過激主義の継続的な脅威など、さまざまな安全保障上の脅威に立ち向かう米国の能力(ability)を強化するものである。

各種の変化は到来しており、より多くの変化が必要である:Changes Are Coming and More Change Is Needed

米国は戦略的な転換点にあり、岐路に立っている、あるいは私たちが知っているように国際世界秩序の終わりに直面していると言うのはほとんど決まり文句になっている。何と言っても、米国が唯一の超大国であった時代は終わりを告げ、国は今、大きな課題に直面している。最も顕著なのは、北京との戦争のリスクを減らしながら、台頭する中国との競争に成功することである。これにより、米国は国家安全保障アプローチを変更する必要がある。通常の状況では困難な任務であるが、国家安全保障機関はほぼ必然的に予算削減の圧力に直面し、更に他の多くの重要な国内問題が政策立案者の時間と注意のために競合するため、さらに困難になっている。

同盟国とパートナー国は、この変化する状況において非常に重要であり続けるであろうが、米国は、この大国競争の時代に向けてより良い位置を占めるために、同盟とパートナーシップのネットワークを適応させ強化する必要がある。国防長官のマーク・エスパーが1年前に委託し、今月末にまとめる地域の戦闘軍(regional combatant commands)のゼロベースのレビューは、国防総省の海外での足跡と活動を調整する取り組みを知らせるものである。限りある資源の時代に将来の課題にうまく対処するために、米国は、中東での軍事的足跡を慎重に減らしながら、ヨーロッパとアジアの両方で抑止力を強化する必要がある。まだ最終決定されていない2021会計年度の国防権限法の下院と上院の両方のバージョンに含まれているインド太平洋再保証イニシアチブのコンセプトは、国防総省がアジアでの抑止力をテコ入れするための貴重なツールとなるであろう。

米国はまた、すべてが将来の課題にうまく対処するためには、同盟国とパートナー国が自分たちと自分たちの安全のために、そして場合によっては米国とより多くのことをする必要がある。たとえば、NATOの同盟国は、米国が同盟の健全性の唯一の指標として国内総生産の割合に神秘的に焦点を当てることなく、防衛により多くを費やし、2024年までにそうするという約束を果たす必要がある。米国の同盟国とパートナー国はまた、世界中で平和と安全を提供する負担を分担するために米国と協力し続ける必要がある。たとえば、中東では、フランスとオーストラリアがフーシへの武器輸送を阻止する海上連合に参加しており、そして南シナ海では、今年、オーストラリアと日本が合衆国に加わって航行の自由を実施し、海軍演習を行った。

米国の同盟ネットワークを適応させて活性化し、海外での米軍の足跡を再調整するための包括的な計画を策定することは、大国間の競争のためのより広範な戦略の不可欠な要素であり、完了するまでに何年もかかる宿題の割り当てである。パラオが最近米軍基地と飛行場をホストするという申し出と、訪問米軍協定からの撤退を凍結するというフィリピンの決定は前向きな進展であるが、やるべきことはまだまだたくさんある。これは、国防総省が議会の支援を必要としている分野でもある。中国との競争に成功し、ロシアの侵略を阻止し、限られた資源の時代に米軍の足跡を再調整するために、国防総省は、投資するシステムの種類、世界中の主要地域での態勢、および同盟国や友人に販売する(または販売しない)ことをいとわない能力の種類について難しい決定を下す必要がある。議会はこれらすべての決定に関与しており、今後の多くの厳しい呼びかけに対する議会の支援がなければ、国防総省が明らかに必要とされている戦略的調整を行うことははるかに困難になっていく。

放置された庭の危難:The Perils of a Neglected Garden

米国の同盟とパートナーシップのネットワークは、何十年にもわたって国に貢献しており、戦略的には米国独自の比較優位性を維持しているが、これらの関係を当然のことと見なすことはできない。海外に駐留している、または有志連合で闘っている将校は、同盟国と協力することは、これまでで最も困難で最も骨の折れる政治軍事活動である可能性があると言うであろうが、最終的には重大な配当をもたらすことになる。

同盟とパートナーシップは庭のようなものである。一夜にして成長するのではなく、慎重に繁茂する傾向があり、無視すると枯れる可能性があるのである。同盟とパートナーシップのネットワークを維持するには、持続的な努力と信頼性の高い一貫したコミュニケーションが必要であり、それは共通の目標と信頼の基盤に基づくものである。2017年の国家安全保障戦略と2018年の国家防衛戦略はどちらも、米国の安全保障のための同盟国とパートナー国の重要性を強調しているが、これらの文書のレトリックと米国の指導者の米国の最も親しい同盟国や友人の多くを巻き込んで行動との間に大きなギャップが生じているのではないかと私は懸念している。NATOの第5条の安全保障に対する米国のコミットメントは繰り返し疑問視されてきた。米国の指導者たちは、欧州の同盟国が米国を当然のことと見なしていると公的および私的に非難し、NATO同盟から完全に撤退することを考えているようにさえ見えた。ベルリンとの明確な事前協議なしに12,000人もの米軍要員をドイツから撤退させるという決定は、罰として公にメッセージされており、ロシアがヨーロッパと米国で積極的な行動を続けていることを考えると、戦略的に意味がない。さらに、シリアから米軍を撤退させるという突然の決定は、トルコのシリアへのその後の侵入への道を切り開き、米国の同盟国や友人を驚かせ、米国がいつ頼れるのか疑問に思った。米国はソウルをただ乗りと見なし、韓国が半島で米軍を受け入れるために50億ドルを支払うことを要求し、前年の法案から400%増加し、米軍を韓国から完全に撤退させると何度も脅迫した。日本はまた、米国の基地をホストするための支払いの4倍の増加で脅かされている。

中国とロシアからの脅威の高まりは、米国とその同盟国および友人が今まで以上にお互いを必要としていることを意味している。しかし、これらの同盟関係における摩擦と不確実性の増大するポイントは、否定的な結果をもたらす可能性がある。9月15日に発表された13か国のピュー研究所の調査によると、米国を好意的に見ている国民の割合は、ピューがほぼ20年前に世論調査を開始して以来、いくつかの民主主義国で低かった[2]。最終的に、共通の脅威と共通の担保権に対する共通の懸念は、強力な同盟の中心にあり、それらを結び付けるものである。しかし、国家とその指導者は、統治するための多くの競合する要求と圧力のバランスをとらなければならない。したがって、米国とその同盟国がそれぞれの問題を同じように見たり、それを解決するための最善の方法について完全に合意したりすることはめったにない。同盟を構築し維持するには、説得、永続性、協議、耳を傾ける能力、妥協する意欲が必要である。米国の親しい友人が彼らの同盟を完全に残す可能性は小さいが、米国が世界中の庭の世話をするより良い仕事をしなければ、それはその先にあるすべての困難な仕事を引き受けるために必要な支援を提供することをはるかに望んでいない友人と一緒にいることに気付くことになるかもしれない。

ノート

[1] DoD, Summary of the 2018 National Defense Strategy of the United States of America: Sharpening the American Military’s Competitive Edge, Washington, D.C., 2018, emphasis added.

[2] Richard Wike, Janell Fetterolf, and Mara Mordecai, “U.S. Image Plummets Internationally as Most Say Country Has Handled Coronavirus Badly,” Pew Research Center, September 15, 2020, https://www.pewresearch.org/global/2020/09/15/us-image-plummets-internationally-as-most-say-country-has- handled-coronavirus-badly/.