ボーイング社、海軍から78機以上のスーパーホーネットの複数年契約

0

掲載:2019年3月22日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Douglas Royce  FI社国際軍事マーケット編集者
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

Boeing Gets Multiyear Contract from U.S. Navy for 78 More Super Hornets

ペンタゴンはボーイングに78 機のF / A-18 E / FブロックIIIスーパーホーネットをカバーする新しい3年契約を締結しました。
ボーイングとペンタゴンは、複数年契約は将来の生産率の確実性をもたらすことによってコストを削減すると主張している。
米海軍当局者は、その新しい契約は、約40億ドル相当の新規契約に関して、最低3億9,500万ドルを節約すると見積もっています。ボーイングは、ブロックIII形態は、ネットワーク能力を改善し、より広範なレーダー覆域とレーダー特性(注;レーダー反射特性)の減少を提供し、コックピットに変更を加え、そしてより良い通信システムを提供すると言う。
さらに、Block III(注;形態)の航空機の寿命(注;耐用命数)は6,000時間から10,000時間に増加しました。航空機が年間平均250時間飛行すると仮定すると、USNはこれらのスーパーホーネットを2060年代に飛行することができる。
Block III形態の新しい航空機の発注に加えて、ボーイングは次の10年の前半に既存のBlock II スーパーホーネットを新しい標準への更新を開始する契約を受けることを期待しています。
その間、海軍はまたロッキード・マーティンのジョイント・ストライク・ファイターの空母搭載型を獲得している。
F-35Cは、以前は、空母甲板でスーパーホーネットに取って代わるものと期待されていましたが、新しいステルスモデルの開発期間の長期化と海軍戦闘機の不足により、1995年に初飛行したレガシーのF / A-18E / Fファミリーの新規受注が生まれました。
スーパーホーネットとボーイングのF-15ファミリーの最新版であるF-15EXはトランプ政権下でペンタゴンから多くの注目を集めています。
ロッキード・マーチンのF-35ファミリーは今後15年間で世界の戦闘機市場での大きなシェアを占めるでしょう。しかしペンタゴンの現在のリーダーシップは米国の戦闘機のための単一の供給業者に頼るのを躊躇しているようです。
ボーイングからより多くのレガシー戦闘機を購入することは、スーパーホーネットとF-15生産ラインを何年も維持し続け、製造業者に輸出顧客からの新しい注文を確保する時間を与えます。

(黒豆芝)