トルコのS-400地対空ミサイル取得の波紋

0

トルコがロシア製の地対空ミサイル取得を譲らないため、西側におけるF-35戦闘機の国際共同開発のひずみが大きくなってきています。
シャナハン国防長官代理や調達担当国防次官補が、トルコに再三に亘りF-35プログラム復帰へ説得しているようですが、トルコのエルドアン大統領の強固な姿勢や、S-400受け入れのための軍事要員のロシア派遣をトルコの国防長官が認めるなど後戻りは無いような情勢です。
このような情勢を受けて、米国では、トルコをF-35プログラムから除外する準備を淡々と進めつつあるようですが、ロシアは、トルコがF-35Aの供給を受けられないならトルコにSu-57を輸出すると表明しました。そのための準備も両国間で進められているとのことです。
NATOの中のイスラム圏としての重要なトルコ、その同盟の行方は?
Defense Newsに関係する記事が2件掲載されていましたのでご紹介したいと思います。

Turkish suppliers to be eliminated from F-35 program in 2020  By: Valerie Insinna
2020年にF-35プログラムから排除されるトルコのサプライヤー


A mock-up of the F-35 cockpit is on display at an air show in Cigli, Turkey. (dardanellas/Getty Images)

ワシントン – 国防総省は、アンカラがロシアのS-400防空システムを購入するという計画の方針を元に戻さない限り、トルコのF-35への企業参加を他の国々に移管する準備をしている。

国防長官代理のパトリック・シャナハンからの6月6日の手紙によると、2020年初頭に他の多くの企業の中で、トルコ航空宇宙産業、Roketsan、Tusas Engine Industriesなどのトルコの大手防衛請負業者との契約を終了させるこの動きは、米国の国防総省がトルコをF-35プログラムから切り離そうとしている多くのステップの1つにすぎない。
「2019年5月28日の電話会議で議論したように、トルコがS-400を調達する場合、両国はトルコのF-35プログラムへの参加を中止する計画を策定しなければならない。」
シャナハンは、彼のカウンターパートあるトルコの防衛大臣フルシ・アカールに手紙を書いている。
「我々は我々の大切な関係を維持しようとしているが、トルコがS-400の供給を受けた場合、トルコはF-35を受領することはないだろう。」

かし、調達・維持担当の国防次官補であるエレン・ロード氏は、ロシアの航空防衛システムを購入する計画を下ろせば、F-35プログラムへのトルコの参加は継続することが許されるだろうと述べた。 S-400の納入は早くも今月には可能だ。「トルコにはまだ進路を変える選択肢があり、トルコがS-400の供給を受け入れない場合、我々はトルコが正常なF-35プログラム活動に戻ることを可能にするだろう。」と彼女は金曜日に記者団に語った。
「トルコは緊密なNATOの同盟国であり、私たちの軍対軍の関係は強固である。」トルコは、開発資金を提供したF-35プログラムにおけるパートナーであり、100機のF-35A型機の購入を予定している。
その最初の戦闘機は、2018年の6月に受領セレモニーでロールアウトし、トルコが公式にその戦闘機を獲得したにもかかわらず、米国は、トルコ国土への航空機の移送を中止し、現存する4機の戦闘機を米国から持ち出すことを止めている。
ロード氏は、記者団に国防総省はトルコのジェット機をどうするかまだ決定する途上あると語った。一つの選択肢は航空機を購入しそれらを米空軍に転用することだが、正式な決定はなされていない。

そのF-35の製造に使用された937個の部品はトルコの企業が担当しており、そのうち400はトルコの企業から唯一のソースとして供給されている。
既存の契約は、「2020年初頭」に「規律のある潔い撤退」期間を経るだろうとロード氏は語った。
「トルコ人と一緒にタイムラインに取り組むことが出来れば、大きな混乱はなく、遅れもほとんどないでしょう。」と彼女は語った。
Breaking Defenseによると、F-35のプログラム室長マット・ウインター海軍中将は、4月にトルコがプログラムから除外されれば、2年間で50-75機の遅れがでる可能性があると語った。
しかしロード氏は、これらの混乱は国防総省がこの夏にサプライチェーン協定を打ち切った場合にのみ起こると語っている。

最終的には、請負業者のLockheed MartinとPratt&Whitneyが、どの下請け業者がトルコの下請け業者に取って代わるかを決定することになるが、国防総省は、現在トルコによって唯一のソースとなっている部品を促進して製造できる新しい業者を特定した。
「それらは主に米国のソースである。ほとんどの品目に2番目、3番目のソースが必要なため、我々は常にプログラム管理によって他のソースを探し続けているというわけでは無い。」と彼女は言った。

国防総省はすでにトルコへの資材の供給を停止しており、トルコで建設され運営される予定のエンジンオーバーホール施設の建設を中止した。「他にも2つのヨーロッパのMRO&Us [メンテナンス、修理、オーバーホール、アップグレードの設備]があり、量的に問題なく吸収できる」とロード氏は言っている。F-35プログラムにおけるトルコの産業上の役割にもかかわらず、ロード氏はすべての重要な技術情報が安全に保たれていると確信していると語った。「我々は我々のコンピューターからダウンロードされるものをコントロールしている。我々は適切なものを共有している。トルコ人は私達が心配している重要な文書を持っていない」と彼女は語った。

トルコのF-35トレーニングへの影響は
シャナハンからの手紙によると、トルコへの最も当面の影響は、F-35トレーニングを始める予定のトルコ人の新しい学生の計画は無いということである。
これにより、6月にトレーニングを開始する予定の20人の学生と同じように2019年7月から11月の14人の学生のトレーニングが延期される。
トルコがプログラムから除外されるスケジュールに詳細に示された文書に添付されたレターによると、「我々はF-35プログラムからトルコを見合わせているのでこの訓練は行われない。もはやシステムに熟達する必要はもうない。」さらに、6月12日に開催されるF-35最高経営責任者ラウンドテーブルに参加することは許可されないだろう。これにより、トルコはプログラムの運営文書に変更を加える機会が無くなるのである。

しかし、最も重要な日は7月31日で、そのときトルコ人要員はパイロットが訓練されているアリゾナのルーク空軍基地;メンテナが訓練されているフロリダのエグリン空軍基地;または、トルコの「共同プロジェクト要員」が配置されているワシントンD.C.のF-35統合計画事務所へのアクセスはもはや許されないだろう。
代わりに、トルコ人要員はアメリカ合衆国を出発して彼らの国に帰国しなければならない。

現在ルークとエグリンで42人(4人のパイロットと残りは整備員)のトルコ軍の訓練要員がいる。
シャナハンの書簡に添付されている情報によると、7月31日の締め切りで、28人が研修を修了することになったが、残りは彼らのトレーニングが本来に終了する時期の前に帰国することになるだろう。
F-35パイロット訓練を終えたルークに拠点を置く2人のトルコ人インストラクターパイロットもトルコに送り返されるだろう。

より大きな影響
トルコの状況は、無数の政治的および国家的安全保障上の理由で満たされている。
NATOの唯一のイスラム教徒国家として、トルコは同盟の重要な地位を占めている。この国にはIncirlik空軍基地があり、アメリカとトルコの両方の空軍で使用されている。
米国はこの問題を解決するために技術チームをアンカラに派遣し、ワシントンでS-400がもたらす脅威とペンタゴンのレイセオンのパトリオット航空・ミサイル防衛システムの提案について話し合うための会議を開催した。

トルコの大統領レセップ・タイップ・エルドアンがS-400の買収を支持する強力な声明を出し続け、トルコの軍事要員が防空システムの訓練のためにロシアに派遣されたと認めたため、これまでのところ努力は失敗している。
トルコがNATOを犠牲にしてロシアとの関係を強化してS-400を買うという最終決定を理解できるかどうかと尋ねられたアンドリュー・ウィンターニッツ ヨーロッパ担当国防次官補代理は、異議を唱えた。
「私たちのカウンターパートは、本当に戦略的なパートナーシップとNATOでの協力を続けたいと思っている。 それでこれが異常であることを願っている。」と彼は言った。
トルコがS-400を買うならば、彼は付け加えた。「それは我々の関係を変える。しかしそれは我々がトルコで持っている多くの層の戦略的パートナーシップを多くの問題にわたって乱すことを望んでいるものではない。」

しかし、他の政治的行動は避けられないかもしれない。トルコがS-400の購入を進めると、ロシアの軍事装備品を購入した米国のパートナーを罰するアメリカの制裁措置による敵対行為防止法の一環として、議会から追加の制裁措置を受ける可能性がある。
それはまたトルコの将来の軍事演習にも影響を与える可能性がある、とアンドリュー・ウィンターニッツ氏は述べた。

Russia pitches Turkey the Su-57 fighter jet if F-35 deal with US collapses   By:Burak Ege Bekdil
米国とのF-35取引きが崩壊するならば、ロシアはトルコにSu-57戦闘機を売り込む

A Russian Air Force Sukhoi Su-57 jet flies over Red Square during a military parade on May 9, 2018. (Pavel Golovkin/AP)

アンカラ、トルコ ー ロシアの防衛当局によると、アンカラ政府とトルコの企業が米国主導のF-35プログラムから追放された場合に備えて、新世代のSu-57戦闘機を販売するため、ロシアはとトルコとの「協力の準備」が整っているとしている。

ロシアの国営ロステックコーポレーションのセルゲイチェメゾフ氏は、「これらの第5世代ロシア戦闘機[Su-57]は優れた品質を持ち、輸出の見込みがある」と語った。
4月19日のDefense newsでチェメゾフは、米国の当局者がトルコをF-35の構築する多国籍グループから追放するのであれば、トルコの防衛当局者はロシアの戦闘機技術を追求する可能性が高いと述べた。
「我々はF-35を代替えが無いままにする余裕はない。」とトルコの軍将校はDefense news語った。
「技術的、経済的、政治的な審議」が必要となるため、彼は代替案についてはコメントを控えた。
しかし、防衛調達担当官は「地政学的評価」がロシアの選択肢を自然な選択肢として浮上させるだろうと述べた。
「米国の同盟国が同盟国ではない行動をとり、トルコのJoint Strike Fighterプログラムにおけるトルコのメンバーシップに疑義が有れば、ロシアの戦闘機技術が第一の最善の選択となるだろう」と当局者は述べた。

トルコがロシア製のS-400地上対空ミサイルシステムをその国土に配備した場合、ワシントンはアンカラを多国籍プログラムから追放すると脅迫している。
トルコがS-400を受け入れた場合、「F-35はトルコの国土に着くことは無い。
また、部品の製造、戦闘機の修理および修理を含むトルコのF-35プログラムへの参加は終了し、トルコの企業はプログラムの製造およびサプライチェーンから除外される。」と超党派の上院軍事小委員会および上院外交委員会のグループは書いている。

(黒豆芝)