分散可能なプラットフォームと決然とした海兵隊員:21世紀の海兵隊における作戦術(operational art)の必要性

+1

作戦術(operational art)については、米陸軍のミリタリー・レビューの記事の紹介「作戦術の歴史 A History of Operational Art 」でその起源について取り上げている。また、米陸軍や米海兵隊に関する記事の中でも、かなり頻繁にみられる用語であり、その重要性は高いと考えられる。しかし戦術へのなじみが強い人にとっては、なかなか馴染めない言葉といえる。

作戦術(operational art)は、一般に戦争の作戦的次元(operational level of war)以上で用いられるものと理解され、上級司令部等での指揮官や参謀に求められる識見と思われる。

しかし、ここで紹介する記事は、ますます複雑化する作戦環境ではあらゆる階層の海兵隊員に「作戦術(operational art)を使いこなすこと」が求められていると主張している。

そのためのドクトリンの改訂や訓練などの必要性を述べ、他の軍種に後れを取ってはいけないと警鐘を鳴らしている。(軍治)

分散可能なプラットフォームと決然とした海兵隊員:21世紀の海兵隊における作戦術(operational art)の必要性

ストラテジー・ブリッジ  2020年6月22日

マシュー・シュルツ, マイケル・マニング, ジェレミー・スミス,

ブライアン・ミード, マシュー・ニューマン, ポール・コジック[1]

2020年3月22日、ウォールストリートジャーナルは最初に、米国海兵隊の計画されたいくつかの部隊構造の変更、つまり米国の海軍遠征即応準備部隊をレポートした。数日内に、米海兵隊は数か月にわたる一体化された計画策定、モデリング、および脅威ベースのウォーゲームに続いて、「戦力デザイン2030」で待望の調整成果を正式に発表した。文書内の抜本的な変更は、第38代米海兵隊総司令官であるデイビッドH.バーガー大将が2019年の総司令官の計画策定指針で提示したビジョンを反映している。まとめると、これらの文書は、米海兵隊を2018年の国防戦略と一致させ、強大な国家間競争の新しい時代における海軍戦役の将来に向けて米海軍を再デザインするための軍種の取り組みを導くことを狙いとしている。それでも、軍団を変革する最初の重要なステップとして機能したにもかかわらず、最大12,000人の海兵隊の部隊構造削減を提案した2030年の目標戦力の待望の発表は、国防コミュニティの多くに衝撃を与えた。それはまた、軍団の将来の方向性に関する専門誌やオンライン定期刊行物での激しい対話を引き起こした。

米海兵隊総司令官デービッドH.バーガー米海兵隊大将(写真:ボビーJ.ヤーブロー米海兵隊准尉)

 

戦力デザイン2030」に続いて発行された洞察に満ちた記事の多くは、米海兵隊が将来のためにどのように組織し、訓練し、教育し、装備するべきかについての議論を提示している。同様に、これらの作品は、さまざまな角度からの決定されていない変更も分析している。提案された修正に対するサポートを表明するものもあれば、情熱的な反対に立っているものもある。前述のトピックは、新しいアイデアや時代遅れのコンセプトを生み出すために分析され議論されなければならないが、この出版物の中で、この変革プロセスに伴わなければならないドクトリン上および認知的変革の困難であるが必要な探求に取り組もうとしている。結局のところ、21世紀の強大国間の競争(great power competition)の文脈で海軍軍種と完全に一体化されているよりスリムな米海兵隊は、根本的に異なる方法でその思考を進化させ、問題に取り組む必要がある。

分散可能なプラットフォーム、スタンドイン・フォース、地球規模で一体化された統合諸軍種連合作戦(joint combined arms operations)の来たる時代には、軍団が基本的に軍種レベルのドクトリン内での作戦術(operational art)のコンセプトを受け入れることで残りの米軍の軍種に参加する時代が来た。そうすることで、軍種が大規模な水陸両用強制進入作戦の20世紀のパラダイムと海兵空地任務部隊(MAGTF)の組織的構造に基づいて構築された冷戦後の米海兵隊を超えて、戦力デザインプロセスの課題に取り組む組織を支援する。また、ますます複雑化する地球規模の作戦環境において、軍団と統合部隊との相互作戦性を強化する。最後に、この軍種は、海兵空地任務部隊(MAGTF)将校のコンセプトを越えて前進するために、代わりに21世紀の米海軍の戦役と作戦の遂行を準備をしている作戦術家(operational artist)の育成と成熟に焦点を当てることで、作戦術(operational art)のコンセプトを活用することが出来る。

統合ドクトリン出版物3-0「統合作戦(Joint Operations)」によると、作戦術(operational art)は「目的(ends)、方法(ways)、手段(means)、およびリスク(risk)を一体化することによって軍事力を組織し用いるための戦略、戦役、そして作戦を開発する、彼らの技能、知識、経験、創造性、判断力によって支えられた指揮官と参謀による認知的アプローチ」である。米海兵隊ドクトリン出版物1-2「戦役(Campaigning)」で説明されている戦略と戦術間のリンクとして戦争の作戦的次元のよく議論されているコンセプトとは対照的に、作戦術(operational art)はすべての次元と多くの文脈で使用できる一体化メカニズムである。したがって、作戦術(operational art)は、一般的な信念に反して、戦争の作戦的次元と同義ではなく、特定の階級や指揮の階層に限定されるものでもない。同様に、作戦術(operational art)は、競争の連続体や特定の戦闘ドメインに沿った活動の特定の帯域に限定されない。代わりに、米海軍ドクトリン出版物1「海上戦(Naval Warfare)」で述べられているように、「戦争の戦略的、作戦的、戦術的次元での用兵」を導くことができるというコンセプトである。

それでも、海軍、陸軍、空軍の軍種レベルのドクトリン、および統合のドクトリンにおけるその幅広い実用性と幅広い受け入れにもかかわらず、基本的な海兵隊のドクトリン出版シリーズでは、作戦術(operational art)についての言及は一切除外されている。これらの出版物は、戦争の次元(levels of war)、戦闘機能、さらには兵法(art of war)などのトピックの重要性について詳細に語っているが、彼らは完全に作戦術(operational art)を欠いており、組織を他の統合部隊の海兵隊以外の部隊(rest of the joint force)と対立させている。この時点で、おそらく軍種の歴史の他のどのポイントよりも、軍団は、国家軍事戦略が「すべてのドメインにおける統合機能の一体化を通じた作戦術(operational art)の遂行」として説明するものに参加するために知的に装備されているすべてのレベルのリーダーを必要とするため、問題がある。この目的を達成するには、一部には、軍団の主要なドクトリンの出版物を改訂し、軍種の用兵哲学とデザイン方法を補完する作戦術(operational art)の理論を開発する必要がある。

米海兵隊ドクトリン出版物「MCDP 1 用兵(Warfighting)」によると、軍のドクトリンの主な目的は、「調和のとれた行動と相互理解の基礎」を提供することにより、組織が活動と機能を調整することを導くことである。さらに、米海兵隊はそのドクトリンに基づいて戦争についての組織的および個人的な思考を導く一方で、「戦闘で海兵隊を率いるための哲学、専門職の義務、および共通言語」も提供している。この点で、ドクトリンが海兵隊員の社会化プロセスを支え、軍種の独特の用兵の気風と文化を維持し、軍団が使用する最も重要なツールの一つであり続ける理由である。とはいえ、将来を学び予測する組織の能力容量(organization’s capacity)を反映するドクトリンは、戦略的、社会的、または技術的な文脈の移行に直面しても、決して静的なままであってはならない。

MV-22Bオスプレイに搭乗する海兵隊員(写真:デヴァン・ゴーワンズ米海兵隊上等兵)

 

第31代米海兵隊総司令官であったチャールズC.クルラック大将は、1997年版の「用兵(Warfighting)」に向けて、「軍事的ドクトリン、特に機動戦(maneuver warfare)のような適応的ドクトリンを停滞させることは許されない」と記している。 したがって、「ドクトリンは、成長する経験、理論の進歩、そして戦争そのものの変化する顔に基づいて進化し続けなければならない」ドクトリンは、絶え間なく変化する戦争の性質を説明するために調整および修正する必要がある動的な手段である。したがって、米海兵隊で大きな組織的そして文化的変化に大きな変化が生じていることを考えると、軍種は、作戦術(operational art)が将来への準備に役立つ場所を厳しく見なければならない。

海兵隊は、作戦術(operational art)を統合ドクトリンと海軍ドクトリン出版物「NDP 1 :海戦(Naval Warfare)」の連署として認めているが、軍種レベルのドクトリンにコンセプトがないことは、作戦術(operational art)の力に曝されることを大きく制限している。したがって、軍団は「用兵(Warfighting)」などの主要な出版物(組織の頂点にあるドクトリンの出版物)を、作戦術(operational art)の説明的なコンセプトを含む方法で改訂すべきである。このような改訂は、活動、資源、および戦争と平和の望ましい目的を達成するための効果の生成を導く、または少なくとも参加する準備ができている軍団内の作戦術家(operational artist)の育成の助けになる。目的(ends)、方法(ways)、手段(means)、リスク(risk)を慎重に一体化することに熟練したあらゆる階級の作戦術家(operational artist)の育成は、軍団の進行中の戦力デザインの取り組みとその後の実装を強化するための、より豊富な対話と共有された理解を可能にするだろう。

戦力デザイン2030」で説明されている米海兵隊は、「テロとの地球規模の戦争(Global War on Terrorism:GWOT)」における20年近くの長引く紛争に密接に参加した海兵隊とは大きく異なる。陸上での持続的な作戦に参加する能力(capability)を維持する代わりに、目標とする戦力(objective force)は、同盟国を保証し、大規模な紛争を防ぎ、強大国間の紛争の拡大を阻止するための備えるであろう。さらに、将来の米海兵隊のデザインはまた、ますます混雑する沿岸作戦環境で行われる分散した作戦における争われる接近、遠征の兵站、および指揮・統制の課題を克服しながら、戦闘軍指揮官(combatant commander)に価値を生み出さなければならない。しかし、前述の事項は、デザインプロセスで巧妙な考慮が求められる唯一のテーマではない。

軍団はまた、新たな海軍一体化のビジョンと、ますます複雑化する地球規模の作戦環境でのすべてのドメインでの統合諸軍種連合作戦(joint combined arms operations)の遂行において果たす役割との間の緊張のバランスをとらなければならない。さらに、広大なインド太平洋の戦域での分散型海洋作戦(distributed maritime operations)や遠征前進基地作戦(expeditionary advanced base operations)などの新たなコンセプトの採用に関連する広大な空間的、認知的、時間的課題を考えると、軍種はその指導ドクトリンとその考える方法に根本的な変更を加える必要がある。結局のところ、戦術の卓越性は軍団の将来の成功の非常に重要な側面であり続ける一方で、強大国間の競争(great power competition)の時代に競争し、闘い、そして勝つことができる戦力をデザインするにはもはや十分ではない。したがって、作戦術(operational art)は、軍種が制限された手段の確約とその想定される将来とのバランスを取るのを支援できる一体化メカニズムを提供する。コンセプトの有用性はそれだけではない。

実際、作戦術(operational art)は、適応と近代化の反復プロセスで軍種を支援できる一方で、個々の海兵隊員が強大国間の競争(great power competition)の時代に必要な知的な力(intellectual edge)を握り維持するのにも役立つ。現在のところ、ほとんどの海兵隊員は、遠隔教育または指揮参謀大学などの機関での在学課程を通じて、佐官級将校(field grade officers)として中級レベル教育を受ける前に、作戦術(operational art)のコンセプトに有意義に曝されていない。作戦術(operational art)が特定の戦争の次元(level of war)に限定されるべきではないのと同様に、そのコンセプトはクアンティコ、ニューポート、マクスウェル、またはレヴェンワースの知的要塞(intellectual bastions)に限定されるべきではない。しかし、軍団の基本的なドクトリンに含まれていないため、作戦術(operational art)は軍種全体への普及を制限している。

したがって、作戦術(operational art)の軍種固有のコンセプトを開発して制度化するための協調した取り組みにより、海兵隊員が早期に、そしてしばしば経歴を通じてそれを体験できるようになり、経歴の過程で見習い(apprenticeship)を通じて作戦術家(operational artist)の育成を促進できる。音楽理論の経験が不足しているミュージシャンや大工の見習いが不足している木工と同様に、作戦術(operational art)に曝されることが不足している海兵隊員は、作戦的思考の初期の開発と統合部隊の海兵隊以外の部隊(rest of the joint force)との将来の対話能力容量(dialogue capacity)に関して不利である。

機動戦(maneuver warfare)のコンセプトと同様に、海兵隊は、夜間または統合ドクトリンでの定義のさりげない精査を通じて、作戦術(operational art)を習得することはできない。代わりに、作戦術家(operational artist)の開発には、熟成プロセスを通じて何年にもわたって蓄積された意図的な栽培、学習、および経験が必要である。すべてのレベルで、そして統合および連合のパートナーと協力して、海兵隊員は、海軍の力作戦からの戦術的行動が戦略的狙いの達成と統合部隊全体の国益の前進にどのように貢献するかをコンセプト化する知識、技能、および実力(ability)を持っていなければならない。

この点で、作戦術(operational art)は、組織に、重大な作戦的および戦略的影響を有する独立した意思決定を行わなければならない中で、分散した通信が拒否された環境で作戦する小規模な部隊リーダーの努力を大きなレベルで統一を達成することができるようになる。「テロとの地球規模の戦争(GWOT)」における戦略的伍長(strategic corporals)は地球規模の展開での影響力を生み出す実力を持っていたが、貧弱な決心が地域的または地球規模の紛争を誘発する可能性のある強大国間の競争(great power competition)の時代には、その危険ははるかに高い。したがって、作戦術(operational art)は、前方警備と給油ポイントの位置計画の専門知識を適用する軍曹(staff sergeant)から、連合または統合地上構成部隊に従事する連絡チームの最近昇進した少佐までのすべてのレベルで把握すしなければならないアイデアである。

2016年12月21日ジブチ共和国アルタ海岸でアリゲーターダガー演習の訓練を終了した後に水陸両用強襲車(AAV)を介して上陸艦USS Comstock(LSD 45)ドックに向かって前進する第11海兵隊遠征隊(MEU)第4海兵隊大隊第1大隊の大隊上陸チームの米海兵隊(写真:ザビオール・マクニール3等軍曹)

 

低い識別性(low signatures)が重要であり、コミュニケーションが低下する可能性のある、争われた環境での沿岸作戦の遂行中に、若いリーダーは、戦術的、作戦的、戦略的な結果を上位の権限との最小限のコンタクトで困難な意思決定を強いられる状況にある自分自身を見つけるであろう。したがって、作戦術(operational art)は、効果的な個人の決心を補完するだけでなく、あらゆるレベルの海兵隊員が「変化する状況を認識し、それに応じて適応する準備ができている遠征学習組織」である軍団に貢献することを可能にする。それでも、作戦術(operational art)の必要性は、統合およびパートナーと一緒に一体化された米海軍力の行使における米国の息子と娘の直接の採用をはるかに超えて広がっている。

海兵隊の指揮官と参謀が統合部隊、同盟軍、グローバルパートナーと一体化し、対話し、相互作用するように、クアンティコから米国防総省(Pentagon)および各戦闘軍(combatant commandsまで、軍団の最高の階層での作戦術(operational art)も同様に重要である。同様に、艦隊海兵部隊の一部として、また全米の海事軍種内の不可欠なチームメイトとして作戦するすべての海兵隊員が、作戦術(operational art)の適用に熟練していることが重要である。彼らは海兵部隊の作戦能力(operational capabilities)と限界(limitations)を理解する必要があるだけでなく、統合部隊の海兵隊以外の部隊(rest of the joint force)がそれぞれの用兵機能(warfighting functions)とドメインにわたって提供するものを把握していなければならない。これは、海兵隊本部が本部、海上兵站コマンド、または統合または軍種連合任務部隊の軍種または機能構成部隊として機能する場合でも、統合部隊に主要な作戦的次元の機能を提供できる状況下では特に重要である。これは、指揮官と参謀が作戦術(operational art)の領域で理解し、対話するだけでなく、必要な統合および連合の資源、効果、および定められた戦略的目標を達成するための適切な時期と場所での適切な能力をすべてのドメインにわたる戦術的行動の収束を調整できる居住者の専門知識を持つことも要求する。海兵隊が作戦術(operational art)を参照して計画し、話し合う実力(ability)において統合部隊の海兵隊以外の部隊(rest of the joint force)に遅れをとるならば、軍種は不完全に雇われているか、失業しているか、またはさらに悪いことに、単に何をすべきかを告げるリスクを冒すことになる。

アフガニスタンのヘルマンド州でパトロールに当たる米海兵隊員(写真:オースティン・ロング伍長)

 

米海兵隊のドクトリンと文化における作戦術(operational art)の採用は、軍種に多くの利点を提供することができるが、コンセプトをドクトリンにコード化するだけでは、即時の文化的包含にはならないことを認識することが重要である。同様に、このコンセプトは米海兵隊の現在および将来のすべての課題に対する万能薬ではないことを認識することが重要である。代わりに、それは思考のパターンであり、戦争の各レベルを超越した見方であり、作戦デザイン(operational design)、機動戦(maneuver warfare)、統合諸軍種連合作戦(joint combined arms operations)(joint combined arms operations)などの他のアイデアを補完する問題解決への一体化したアプローチを提供する方法である。

米海兵隊が挑戦的で不確実な将来に向けて態勢を変え続ける中、組織がこの変革プロセスをその基本的なドクトリンを再検討し、21世紀に軍種を進めるために必要な場所を調整する機会として使用することが重要である。作戦的思考の文字列はすでに軍種のドクトリンと文化の中に存在しているが、作戦術(operational art)のコンセプトは奇妙に除外されたままである。あらゆる新しいアイデアをドクトリンに組み込むのと同様に、価値のある投資収益率(ROI)を獲得するには、意図する開発、創造的な実装、思慮深い適用、および教育が求められる。米海兵隊のドクトリンに作戦術(operational art)を追加すると、軍種は作戦術家(operational artist)の教育プロセスを開始し、対等な競争者に対して動的で複雑な作戦環境で繁栄する組織の実力(ability)を改善する考え方を制度化することができる。

ノート

[1] マシュー・シュルツ(Matthew Schultz), マイケル・マニング(Mike Manning), ジェレミー・スミス(Jeremy Smith), ブライアン・ミード(Brian Meade), マシュー・ニューマン(Matt Newman), ポール・コジック(Paul Kozick)は、米陸軍高度軍事研究学校(SAMS)の2020年高度軍事研究プログラムの米国海兵隊学生コホートのメンバーである。表明された意見は彼女のものであり、米海兵隊、米陸軍高等軍事研究学校(SAMS)、米国防総省、または米国政府の意見を反映するものではない。