マルチドメイン・オペレーションでのターゲティング

0

マルチドメイン・オペレーション(Multi-Domain Operations)を実際に行おうとすると、課題が多くあることは容易に想像できる。それは、これまでの地上の作戦に近接航空支援(Close Air Support)で地上部隊が支援を受けること以上に、複数のドメインに存在する力を効果的に利用しようというのであり、そのドメインには宇宙やサイバースペースが含まれる。

更に、キネティックな力だけでなく、ノンキネティックな力をも目的に沿って運用しようとすると解決すべき課題があることも理解できる。

マルチドメイン・タスク・フォース(MDTF)と呼ばれる一つの指揮下に各種のドメインの力を有する機能を持つ組織の必要性が出てきたのは、このような理由からなのであろう。

米陸軍が主導して検討してきたマルチドメイン・オペレーション(MDO)と、この作戦を実行する部隊であるマルチドメイン・タスク・フォース(MDTF)の編成の考え方を含めてその概要を大づかみするのに有益な記事(May-June 2019, Military review)を紹介する。

マルチドメイン・オペレーションでのターゲティング:Targeting in Multi-Domain Operations

May-June 2019, Military review

Maj. Kyle David Borne, U.S. Army

新しいドクトリンの導入は、凝り固まった官僚たちによる懐疑論と不安に常に遭遇する。AirLand Battleにはそれについての批評家がいて、マルチドメイン・オペレーション(MDO)の導入も変わることはない。この記事では、マルチドメイン・オペレーション(MDO)効果が計画されていた4つの統合および連合の指揮所演習(CPX)から得られた、2017年末から2018年末までの計画者の小さな幹部の経験を活かしている。指揮所演習(CPX)の主な焦点は、宇宙、サイバー、および電子戦(EW)の影響を機動の枠組みに組み込むことであった。

表面的には、マルチドメイン・オペレーション(MDO)は、通常の日々の作戦で軍団または同等レベルの参謀が見ているものとまったく同じように見える。ただし、一部のプロセスは実際には類似しているが、違いを認識することが重要である。主な違いは、マルチドメイン・オペレーション(MDO)が補完的な効果を達成するために時間と空間で同期したマルチドメイン火力に焦点を当てていることである。一方、クロスドメイン火力ではない。

最も単純な形式のクロスドメイン火力は、別のドメインに影響を与えるドメインの1つにすぎない。例としては、地対空ミサイルや、艦船を攻撃するための陸上砲兵の使用がある。これがほとんどの指揮官達が理解を深めた理由である。地上で重要なアッセットの防空計画を立案すること、ジャミング効果を提供するために海軍のEA-18Gを要求することは、米陸軍の参謀が定期的に実行する行動であり、クロスドメイン火力のその他の一般的な例である。

マルチドメイン火力は、収束の窓に同期した効果を作り出すために、クロスドメインのアセットを取り、それらを時間と空間で同期させることである。一般的な例は、統合防空システム(IADS)の破壊である。従来のクロスドメイン火力では、ストライクパッケージが致死的なペイロードを配信するのに十分近くなったときに、EA-18Gがスタンドオフジャミングを提供していた。最近の統合防空システム(IADS)に伴ってスタンドオフが増加したため、統合防空システム(IADS)ミサイルはより遠距離で友軍の航空機を捕獲し交戦することができるため、このアプローチはもはや実行不可能である。同期されたサイバー戦、宇宙戦、および電子戦(EW)効果を組み合わせたマルチドメイン効果は、エアパッケージの致死的なパリティを達成するためのスタンドオフルームを減らすことができ、それによって破壊を可能にする。

現代の時代に戦争が進展するにつれて、クロスドメイン火力は宇宙のドメインとサイバースペースのドメインを利用し始めた。テロとの戦争の間、暴力的な過激派組織(VEO)による情報環境(IE)の利用の増加は、サイバースペースを介して情報を移動させるために衛星インターネットプロバイダの利用に頼っていた。統合任務部隊(JTF)と特殊作戦を行う組織は、過激なイデオロギーを伝えるためだけでなく、過激な過激派組織(VEO)の指揮統制を妨害する試みとして、宇宙とサイバースペースにあるノードをターゲットにし始めた。統合任務部隊(JTF)とその他の組織の努力はそれぞれに独立して行われていた。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、5つのドメインすべてを1つの指揮下に置く米陸軍の最初の編成であるという点で異なっている。

マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の斬新さは、時間と空間で同期した5つのすべての戦闘のドメインで効果を提供する能力にある。敵対者たちが従来の米国の弾薬を凌駕する接近阻止/領域拒否(A2/AD)の飽和状態を確立したために、この編成は統合部隊指揮官(JFC)に、統合部隊指揮官(JFC)が望む規模に傾く対等か上回る致死性を達成するために同時に複数の戦闘ドメインを活用することによってこれらの接近阻止/領域拒否(A2/AD)の飽和状態を効果的に減少できる組織を提供するものである。

マルチドメイン・オペレーションにおける統合のターゲティング:Joint Targeting in Multi-Domain Operations

マルチドメイン・オペレーション(MDO)を遂行するために、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、統合出版物(JP)3-60「統合ターゲッティング(Joint Targeting)」に記載されている統合ターゲッティング・サイクルに非常に類似したターゲッティング・プロセスを使用する 。マルチドメイン・オペレーション(MDO)のターゲッティング・サイクルは、統合ドクトリンが現在求めているものとそれほど変わらない。米陸軍のターゲッティング将校にターゲットと望ましい効果を与えれば、そして10回のうち9回、彼または彼女は砲兵、近接戦闘攻撃、または近接航空支援(CAS)のいずれかでそのターゲットに影響を与える方法を考え出すであろう。これは一般的に米陸軍のターゲッティングが最長射程距離の兵器システムの致死性のターゲッティング距離内にあるものと最良のターゲッティング理論に焦点を合わせているためである。

従来、ターゲティングは軍種中心のマインドフレーム内で行われていた。米陸軍は敵の陸上の戦闘序列を準備してターゲットとし、米海軍は海上ドメインをターゲットとし、米空軍は航空と宇宙のドメインをターゲットとしている。それらはクロスドメイン火力の要素を常に持っていた。米陸軍は地上のターゲットを打撃することができるので、航空の脅威について気にしている。米海軍は、航空母艦からの航空機や対艦ク巡行ミサイルを含む脅威が発生しているため、航空のドメインに目を持ち続けている。米空軍は常に陸上の対空砲兵を懸念していなければならなかった。

図1. ターゲット開発の関係 (Joint Publication 3-60、 Joint Targeting 、2018年9月28日

それにもかかわらず、対等な敵対者に関する大きな変化は、彼らが今や宇宙とサイバースペースのドメインに対抗できることである。各軍種は、これをターゲティングの計算に含める必要がある。

統合のターゲティング・サイクルにおける非致死性を考える:Thinking Nonlethally during the Joint Targeting Cycle

米陸軍は伝統的にターゲットの物理的特性を考えている。指揮官の攻撃指針マトリックスは、ターゲットに対する効果を達成するために、特定の数の砲列レベルまたは大隊レベルの弾薬の発射を規定するかもしれない。このアプローチは、伝統的な対等な戦闘や他の明確に定義された脅威に対してうまく機能する。誘惑は(米陸軍のドクトリンがするように)彼らの物理的な特性を通してすべてのターゲットにアプローチし、(統合のドクトリンがするように)それらの機能的なものを無視することである。

最近改訂されたJP 3-60は、米陸軍ターゲッティングと統合ターゲッティングの違いを強調するのに優れた仕事をしている。米陸軍砲兵編成は通常、ターゲットの候補を指定する代わりにターゲットを受け取り、検出(Detect)、決定(Decide)、配信(Deliver)、評価(Assess)モデル(D3A Model)に焦点を置いている 。これが統合ターゲティングの違いである。統合ターゲティングは、脅威システムの物理的および機能的特性に焦点を当てている。このレベルは、統合ターゲティング分類法の「脅威」と関連している。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、敵対者のシステムの上回る致死的な交戦範囲を軽減するために、分類上の下位部分にさらに焦点を合わせる必要がある。機能特性の重要な要素をターゲッティングすることで、統合軍が脅威システムを閉鎖し破壊することが可能になる。したがって、根本的にさらに縦深のターゲティング分析を行う必要があり、統合ターゲティング・ドクトリンをマルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の任務に適用できるようにする(図1を参照) 。

JP 3-60には、次のように述べられている。「明確で、測定可能で、達成可能な目的の達成は、望ましい最終状態の達成を成功させるために不可欠である。そのため、指揮官の目的を達成するのに必要な効果の種類と程度を生み出す能力は、効果的なターゲッティングを区別する。 」 したがって、「統合防空システム(IADS)の拒否」または「短距離弾道ミサイルの破壊」と言う代わりに、実行したいシステムに移行する。

たとえば、マルチドメインの指揮官の意図は次のようになる。「空中のターゲットと交戦する統合防空システム(IADS)能力を拒否する」または「航空機をターゲットとする統合防空システム(IADS)能力を2時間遅らせる」。この指針では、指揮官の意図を満たすために、拒否(deny)、遅延(delay)、混乱(disrupt)、破壊(destroy)、または操作(manipulate)(D4M)効果を調整する能力を提供する。統合ターゲティング・サイクルを通じて、ターゲティング担当者(targeteer)はどのような目的が実行可能か、どの方法が使用可能か、およびどの手段が望ましい効果を実現できるかを決定できる。統合防空システム(IADS)の場合、ターゲティング担当者(targeteer)は、指揮官の意図を達成するために、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)内のサイバー手段、宇宙の手段、および電子戦(EW)手段を活用することによって、統合防空システム(IADS)の航空写真を低下できる決定をする。

マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)のターゲット・ワーキング・グループは、すべての戦闘ドメインを見ながら、米陸軍のターゲッティングではなく統合ターゲッティング・サイクルに従わなければならない(図2参照) 。通常、米陸軍のターゲッティングは、指揮官の統合の一体化された優先順位付けされたターゲットリストに対して、航空ドメイン能力および宇宙ドメイン能力を優先順位付けして割り当てるエア・タスキング・オーダー・サイクルと同期される。これが、リベット・ジョイント(Rivet Joint)偵察機、統合監視ターゲット攻撃レーダーシステム(JSTARS)、またはサイバー国家任務部隊などの国家レベルのアセットを割り当てる方法である。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の主な違いは、同様の機能が、通常は作戦上および戦略上のレベルで見られる効果を発揮できる有機アセットを持つ、旅団サイズの米陸軍組織に存在することである。

図2. 統合ターゲティング・サイクルのフェーズ
(Joint Publication 3-60、 統合ターゲティング 、2018年9月28日からの図)

これらの能力は米陸軍の旅団レベルに存在しているにもかかわらず、統合ターゲティング・サイクルは依然として、米陸軍が統合環境内の他の軍種と共にターゲティングし補完的効果をもたらすことができる共通のフレームワークを提供する。新しいターゲティング・プロセスを作り出そうとすることは、統合パートナーから混乱と抵抗が生じることがわかっている。例えば、リム・オブ・ザ・パシフィック2018年国際海上演習に参加している間、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の計画担当者は、航空作戦センター(AOC)は、米陸軍が航空作戦センター(AOC)の戦闘軍指揮官の火力を同期させる責任を回避する新しいターゲッティング・システムを作ろうとしているという印象を受けるため、航空作戦センター(AOC)からの抵抗にあうことになる。

統合ターゲティング・サイクルを通じたマルチドメイン・ターゲティング :Multi-Domain Targeting through the Joint Targeting Cycle

統合ターゲティング・サイクルの6つのフェーズは、マルチドメイン・ターゲットを分析するための十分なフレームワークを提供する。フェーズ1「指揮官の目的、ターゲッティング指針とターゲッティング意図」は、明確で現実的な期待を提供する上で非常に重要である 。拒否(deny)、遅延(delay)、混乱(disrupt)、破壊(destroy)、または操作(manipulate)(D4M)効果を使用して明確かつ簡潔な意図を持つことで、ターゲッティング・チームは指揮官の意図を満たすための最大限の緯度を得ることができる。これは、重心(COG)分析を可能にし、決定的な地点(decisive point)を特定する、あるいは、JP 3-60に記載されているように、ターゲット・システム分析(TSA) の基本的事項である。

統合ターゲティング・サイクルのフェーズ2におけるマルチドメイン・オペレーション(MDO)ターゲティング計画策定に関する独特な考慮事項 :Unique MDO Targeting Planning Considerations in Phase 2 of the Joint Targeting Cycle

致死的でない効果の計画策定要素は、ターゲットを検証するために求められる多くの時間と努力である。電磁スペクトル(EMS)やサイバースペースでターゲットを開発するには、致死的なターゲッティングよりも複雑なテクニックと特殊なツールが求められる。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の指揮官がこのフェーズ「ターゲット開発と優先順位付け」で必要な情報収集(intelligence gathering)を行うためには、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は情報、監視、および偵察(ISR)、または、サイバースペースの監視、および偵察(C⁻S&R)を行うために求められる権限を、そして最終的にはグレー・ゾーン(例えば、非戦闘員と戦闘員の使用)またはレッド・ゾーン(戦闘員空間)での効果を生み出す権限を持っていなければならない。例えば、リベット・ジョイント(Rivet Joint)は、サイバースペースの監視、および偵察(C⁻S&R)の実施を開始するためのサイバースペースの悪用可能なアクセスポイント(例えば、無線ホットスポットまたは監視、制御、およびデータ取得データリンク)を提供するシグナル・インテリジェンス(SIGINT)を導き出すことがあり、活動を行うために、国家指揮権限当局によって法的に承認されるような体制が求められる。

このプロセスが一旦完了すると、異なる一連の権限が、サイバーISR(C-ISR)を介してそのシステムのターゲット・システム分析(TSA)を改良するために求められることになる。一旦確立されると、サイバー・サポート・チームはその特定のシステムに対する指揮官の意図を満たすツールを開発しなければならなくなる。これらすべてに数カ月から数年かかり、資産の時間と工数に数百万ドルの費用がかかる。これは、任務に特定のツールを使うことが費用に見合う価値があるかどうかの費用便益分析見積りを指揮官に提供するために、ターゲティング・チームに追加の計算を課す。この仮定は、ツールが納入されると、それは再び使用されることができなくなるというものである。

たとえば、イラクの核研究施設に配信されたStuxnetウイルスは、広範囲なインテリジェンスを必要としていたであろう 。行為主体は、誰が遠心分離機機器を製造したか、機器のモデル、それを実行しているソフトウェア、ハードウェア仕様、そしてシステムが外部からの指示をどのように受け取るかを決定しなければならない。そこから、行為主体は脆弱性を見つけるためにソフトウェアの全コード内容を分析しなければならなかった。この脆弱性が一旦発見されると、行為主体は遠心分離機を制御不能に回転させながら、オペレータに誤った画像(データの操作)を提供し、手遅れになり、装置が破壊されるまで何かが間違っていることを確認できないウイルスを開発する必要がある。

効果が達成された後、Stuxnetウイルスがイランのシステムとインターネットの両方で発見された。それを理解し、誰がそれを配信したのかを判断するために、いくつかのエンティティがコードを逆コンパイルしました。それから、イラン人は彼らのソフトウェアに見いだされた脆弱性にパッチを当て、Stuxnetのさらなる使用を無駄にした。

マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、戦争の戦術的、作戦的、そして戦略的レベル、特にインテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)大隊との非致死的なターゲッティングによって混合したハイブリッド組織である。作戦上および戦略上のレベルでの致死的でないターゲティングは、実行しなければならない解明の量を高める。インテリジェンスの増減は常にシグナル・インテリジェンス(SIGINT)と電子線(EW)の間の計算にある。ただし、サイバーの追加は、これをサイバースペースドメインにも拡大され、このドメインに利害関係を持つ他の政府機関が関与するようになる。このフェーズでは、軍備管理法と交戦規定(ROE)の亡霊が起きてくる。電磁スペクトラム(EMS)のサイバースペースと電子は、地理的な境界によって制限されない。敵対者のシステムは、民事システムと軍事システムの両方に関わる二重使用システムを使用することによって、このあいまいさを利用することがよくある。時々、重心(COG)は民間人への影響を最小限にするためにさらに調整された効果を必要とする二重使用システムである。

ターゲティング・サイクルの第3フェーズである「能力分析(Capabilities Analysis)」は、指揮官の意図を明確に定義することで、効果を発揮するためのインテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)の能力を柔軟に最大限することができる 。ターゲット・システム分析(TSA)の間、ターゲッティング担当者は、指揮官の意図を達成するためにどのドメインのどの機能が求められるかを決定する。紛争になっている状態では、どの効果的な配信方法が適切で、実行可能で、そして許容可能であるかを定義する。たとえば、競合フェーズでは、紛争フェーズへの移行の引き金となるリスクに致死的な打撃が使用される可能性は低くなるが、サイバー監視偵察(C⁻S&R)は効果を達成するための匿名性と可逆性を提供し、紛争の抑止力として使用できる。

分析と能力評価が完了したら、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)指揮官は統合ターゲティング・サイクルの第4フェーズ「指揮官の決定と兵力割り当て」での彼の指針を提供することになる 。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の目新しさはそれが直接地理的戦闘軍または統合軍(JFC)(もしあれば)を支援する旅団規模の部隊であり、一般に2つ星の将官が指揮する統合航空構成部隊指揮官と同じレベルで行動するということである。競争フェーズと紛争フェーズの両方を通して、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)指揮官は、統合一体化優先ターゲットリストに含めて統合軍(JFC)にターゲットを候補に挙げるであろう。

複数の部隊がターゲットと交戦するために要求されるであろう。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)はそれが候補に挙げられたターゲットを打撃するための最良の部隊でさえないかもしれない。例えば、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)がその長距離砲兵の致死的な効果範囲外にある重心(COG)を発見した場合、Aegis巡洋艦はそれをTomahawk 地上攻撃ミサイルで交戦させることができるかもしれない。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、打撃の致死率を強化するために、サイバー効果または宇宙効果を同時に提供することによって、依然としてターゲットパケットの一部に関与することがある。

致死的な火力と同じように、非致死的な効果はターゲットへの効果を見るために観測者を必要とする。電子線(EW)の任務では、SIGINTアセットを使用することで、ターゲットがその一次計画、代替計画、緊急事態計画、または緊急計画に移行しているかどうかを決心するために、電磁スペクトラム(EMS)の残りをモニターすることで、効果が望ましい結果を達成しているかどうかを決めるための能力を提供できる。サイバーのオペレータは、ターゲット・システムのシステム管理者が是正措置を講じるかどうか、またはネットワークの振舞いに望ましい変化が発生しているかどうかを決定するためにネットワーク監視ツールを使用することができる。このフェーズの主要なアウトプットは、特定された部隊への警告命令と初期の打撃計画を含むかもしれない。実行部隊が一旦指定されると、第5フェーズ「ミッション計画策定と強制実行」が始まる 。

第5フェーズでは、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)が他の部隊が候補に挙げたターゲットとその逆を実行していることがわかる。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)がターゲットにかかわることを要求する警告命令を受けたら、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)の個々の部隊は彼らの部隊主導の手順を始めなければならない。それぞれに独自の考慮事項がある。しかし、インテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)大隊の各部隊は、彼らの部隊を率いる手続を開発中である。宇宙離脱は、サイバースペース電磁活動(CEMA)チームとは異なるミッション計画の要件を持っている。すべてのターゲットと同様に、各部隊は仮定を検証しなければならず、任務を計画するのに使用された事実は依然として有効である。たとえば、サイバー部隊は、ターゲットが依然として危険にさらされていること、またはターゲットを危険にさらすためにまだ目標とする地点にアクセスできることを確認する必要がある。このフェーズの主な成果は、完了した軍事的意思決定プロセスサイクルと中隊レベルの作戦命令である。

図 3. 客観的マルチドメインタスクフォースタスク組織 (著者図)

6番目の最後のフェーズである「戦闘評価」は非常に重要である 。目に見えないドメインに影響があるインテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)部隊にとって、計画策定者が何を成功とするかについての戦闘評価基準を含めることがフェーズ2の間に不可欠である。情報・監視・偵察(ISR)フィードを見ることによって被害が物理的に明らかになっている致死的な効果とは異なり、電磁スペクトラム(EMS)とサイバースペースでもたらされる効果は必ずしも目に見える指標につながるわけではない。多くの場合、致死的でないチームは統合軍(JFC)が致死的な弾薬では物理的に到達できない効果を達成するよう求められることになる。したがって、非致死的チームの使命は、キネティックな打撃パッケージに対するリスクを最小限に抑えるために拒否(deny)、遅延(delay)、混乱(disrupt)、破壊(destroy)、または操作(manipulate)(D4M)効果を十分に提供する、非致死的効果を伴う収束の窓(window of convergence)を作ることである。適宜、よく考え抜かれた戦闘評価基準により、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は意図された効果がもたらされたかどうかを迅速に決定することができ、これにより、艦船や航空機が争われる空間に機動し、致死的な効果をもたらす引き金となる。

まとめ:Bringing It Together

マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、インテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)大隊に見られる新しい部隊と伝統的な米陸軍の要素を結集させた新しい組織である。この追加により、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、競合するA2 / AD環境での統合機動を可能にするために、5つすべての戦闘ドメインにわたって同時に収束の窓を作ることができる(図3を参照)。

5つのドメインすべてを含めるには、指揮官と参謀が、致死的ではない手段を含む主な交戦方法として、排他的な致死的なターゲティングから思考の枠組みを変更する必要がある。それはまた、彼らが連続する作戦全体について考え、紛争の間だけではなく、常にターゲティングが行われなければならないことを実感することが求められ、ターゲティングは統合ターゲティング・サイクルを通して統合環境で遂行される。

この記事では、統合ターゲティング・サイクルの各フェーズを見、マルチドメイン・オペレーション(MDO)の主な類似点と相違点を強調した。日本でのYama Sakura 73、ハワイのPacific Sentry 18、ハワイのRim of the Pacific 2018演習、グアムのValiant Shield 18、日本のYama Sakura 75でマルチドメイン・タスクフォース(MDTF)を実施した後、統合ターゲティング・サイクルが効果的な方法であることが証明された 。インテリジェンス、情報、サイバースペース、電子戦、宇宙(I2CEWS)大隊とマルチドメイン・タスクフォース(MDTF)のターゲッティング参謀が行使するスキルセットには、致死的でないターゲット・システム分析(TSA)を積極的に含めるための拡張が必要である。それらが結合すると、統合ターゲティング・サイクルに、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)を統合作戦にシームレスに統合できることになる。A2 / ADの戦闘は本質的に統合なので、これは基本的なことである。

マルチドメイン・オペレーション(MDO)ドクトリンを開発する次のステップは、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)が統合ターゲティングを戦術的行動にどのように変換するかを見てみることである。人員配置プロセスはテストされており、経験豊富な兵士の幹部と共に、より高度なレベルのプロセスの多くがドクトリン開発のための強力な足場を提供する。マルチドメイン効果を提供する「方法」を見極め始めるためにこれらのプロセスを戦術的な機動部隊に翻訳することは、プロセスを磨くために参謀にテストされたボトムアップの改良を行う必要がある。