米陸軍長官、インド太平洋地域により多くの展開とより強力なプレゼンス設定に言及

0

2020年1月19日で日米安全保障条約の改定から60年目を迎えた。日米安全保障条約を取り巻く環境、特に東アジア周辺の状況は、この60年間に大きく変化し続けてきた。そして、この安全保障環境の変化は日米間の共同の在り方にも大きな変化をもたらしている。ここで紹介する米陸軍の記事は、2017年12月に公表された米国家安全保障戦略に述べられているインド太平洋地域における国家としての競争状態にある中国を念頭に置いた米陸軍の体制整備に関するものである。記事中にあるマルチドメインタスクフォースは、2019年6月3日付で紹介した「マルチドメイン・オペレーションでのターゲティング」を参照されたい。
また、同講演に触れたJane’s Defence Weeklyの記事も、あわせて紹介する。

米陸軍長官、インド太平洋地域により多くの展開とより強力なプレゼンス設定に言及:More deployments, stronger presence set for Pacific, says SecArmy

By Thomas Brading, Army News Service

January 13, 2020

2020年1月10日にワシントンDCで講演を行う際に、ブルッキングス研究所の外交政策プログラムのシニアフェローであるマイケルオハンロンと話す米陸軍長官のライアン・マッカーシー。 ブルッキングス研究所の会長であるジョン・R・アレンも、「インド太平洋における陸軍の戦略」と題したイベントで講演した。

(写真提供:ジェームスハーヴェイ軍曹)

ワシントン発–今年後半、兵士等はタイ、フィリピン、パプアニューギニアなどの国々への5ヶ月の延長ローテーションを開始すると、ライアン・マッカーシー米陸軍長官は金曜日にブルッキングス研究所で述べた。

インド太平洋地域には、世界の人口の半分(世界最大の軍隊を含む)が住んでいるため、米国防戦略に設定されたビジョンを実現するための鍵は、同盟を強化することである。

しかし、兵士等は外国の同盟国と安定した安全保障上のプレゼンスを提供する以上のことをする、とマッカーシー長官は述べた。 現時点では、外国軍が歩兵輸送車15両を確保した後、米軍部隊はタイ王国陸軍が新しいストライカー部隊を立ち上げるのを支援している。

フィリピンは最近、彼らの装備品をアップグレードした後、72個の歩兵大隊の訓練を支援することを求めてきた、とマッカーシーは言った。

この地域での追加の展開配備と演習は、2022年までに計画されている。

ROLE IN THE PACIFIC BEYOND SOUTH KOREA:韓国を越えた太平洋での役割

ブルッキングス研究所の外交政策担当ディレクターであるマイケル・オハンロンは、多くの人がインド太平洋地域での米陸軍のプレゼンスを考えるとき、在韓米軍について考えるものであるが、戦闘軍司令部(米インド太平洋軍)の他の部分では、インドとパキスタンの国境に至るまで強調されていると彼は付け加えた。

「この地域に我々の部隊を置くことで、中国の一帯一路の取組み対する米国の代替策が強化される」と、中国政府の2013年のグローバル開発戦略に関連してマッカーシー長官は語った。「競争力と優位性を得るためには、継続的なプレゼンスが持たなければならない」

同盟国は、米国とのパートナーシップが近代的で相互運用可能な装備を持ち、継続的に訓練を行い、抑止力が失敗すれば関与することを意味することを理解している。米国は現在のパートナーであり、世界最高の戦闘部隊であるとマッカーシー長官は言った。

「この地域の影響力をめぐる継続的な戦いがあり、我々の存在が重要になっている」とマッカーシー長官は述べた。「パートナーは重要ですが、どのようなパートナーなのかが最重要である」

中国には強制経済学の歴史があり、多くの国々が不必要に協力していると、マッカーシー長官は言い、「そしてこれには非常に多くの脆弱性がある」と付け加えた。

近代化された兵器を備えた同地域に米陸軍を同盟国とともに入れ子状態にすると、「計算が変わり、潜在的な敵対者のジレンマが生じる」とマッカーシー長官は語った。この地域に米陸軍がいることは、商取引を行い経済的に競争する米国の地位を強化する、と彼は付け加えた。

「中国は必然的なパートナーかもしれないが、米陸軍は選ばれたパートナーである」と彼は言った。

MULTI-DOMAIN OPERATIONS IN THE PACIFIC:太平洋でのマルチドメイン作戦

「我々は伝統的な安全保障協力を引き続き行っているが、我々はまた、マルチドメイン作戦として知られる新しいコンセプトをテストするための基盤としてインド太平洋地域を使用し、新しい各種の能力を適用している」とマッカーシー長官は述べている。

マルチドメイン作戦(MDO)は、統合部隊の一部としての米陸軍が、空、陸、海、宇宙、およびサイバースペースなどのすべてのドメインで米国と争うことができるほぼ対等な敵対者に対抗し、打ち負かすことができる方法である。

「我々の密接な同盟国とパートナーは、私たちと同様の能力を構築するためにより多くの投資を行ってきた」とマッカーシー長官は述べている。 「たとえば、日本、タイ、シンガポールはすべて、我々と協調したマルチドメイン作戦(MDO)のようなコンセプトを開発している」

マルチドメイン作戦(MDO)タスクフォースは、今後の展開配備間にインド太平洋で訓練するように設定される。

新しいコンセプトは、米国防戦略が発表されてから数ヶ月後の2018年にこの地域で最初にテストされ、大国の競争に向けた米陸軍の焦点が変更された。部隊は、I2CEWSとして知られるマルチドメインタスクフォースとインテリジェンス、情報、サイバー、電子戦、そして宇宙部隊で最初のテストを行った。

その後、2019年、米陸軍は、東シナ海で米軍部隊が日本の部隊と提携したオリエント・シールドなどの演習で、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトを再度テストした。日本に司令部を置き、タスクフォースの各要素は尖閣諸島に分散された。

それ以来、タスクフォースはさらにスケジュールを立て複数の大規模な演習を実施した。

打ち勝つ能力を獲得し、すべてのドメインを収束することを求めるため、さらにマルチドメイン作戦(MDO)は非対称的な優位性を提供するとマッカーシー長官は言った。タスクフォースは統合部隊の窓を開きながら、戦域の条件を設定する。

「米国は我々の敵対者に対する打ち勝つ能力を維持しなければならない」とマッカーシー長官は言った。「米陸軍は、インド太平洋軍(INDO-PACOM)の責任地域での統合部隊の成功の基礎である。我々の近代化の焦点、すなわち、我々が戦う方法、我々が戦う相手、そして我々は何者かの一部は、我々の新しい挑戦と潜在的な敵対者によって駆動される。

「紛争が発生するまで待てば、もう手遅れとなる」と彼は言った。「これ以上の銃撃戦は必要ない。もう必要ないのです…しかし、もし彼らが来れば、準備はできている」

 

軍事能力:米陸軍は尖閣諸島/ 魚釣島にマルチドメイン・タスクフォース部隊を配置することを検討:Military Capabilities:US Army examines basing Multi-Domain Task Force troops on the Senkaku/Diaoyu Islands

13 January 2020

Ashley Roque, Washington, DC – Jane’s Defence Weekly

米陸軍は来年、インド太平洋地域にマルチドメインタスクフォース(MDTF)を配置する計画を調査しており、一部の兵士と兵器を尖閣諸島/魚釣島に配置する選択肢を検討している。

米陸軍長官のライアン・マッカーシーは、1月10日に2021年に新しいマルチドメインタスクフォース(MDTF)を立ち上げることについて記者と話をし、米太平洋陸軍(USARPAC)が部隊の配備方法に関する選択肢を検討していると述べた。

「マルチドメインタスクフォース(MDTF)を見ると、すべてが1か所にあるわけではない。必ずしもそうである必要はない」とマッカーシー長官は言った。「司令部要素は日本にあり、あなたは尖閣(諸島)にいることができる。南シナ海に向かってずっと進むことができる」

マルチドメインタスクフォース(MDTF)は、以前はマルチドメインバトルと呼ばれていたマルチドメイン作戦への米陸軍が推進する一部である。これは、拒否された環境およびすべてのドメイン(陸、空、海、宇宙、サイバー)にわたってほぼ対等な敵対者に対して陸軍種が作戦する方法に転換するようにデザインされたコンセプトである。マルチドメイン作戦(MDO)へのこの移行はまた、長距離精密火力、次世代戦闘車両、将来の垂直揚陸機、ネットワーク、対空・ミサイル防衛、および兵士の致死性の6つの分野で新しい兵器を開発する米陸軍の推進力を導くものである 。

これらの新しい能力のほとんどは数年にわたって配備化の準備ができていないが、米陸軍の最初のマルチドメインタスクフォース(MDTF)は電子戦と長距離精密火力能力を装備する予定である。マルチドメインタスクフォース(MDTF)を基礎とする質問を見ると、マッカーシー長官は、これらの能力は中央に配置されるのではなく、地域全域に分散配置されると述べた。

「何百マイルもの間に配備され」と彼は付け加え、このアプローチはこの地域の「間隙」と「空間」を埋めるのに役立つと指摘した。

「アクセスと存在は紛争を抑止するために重要である」とマッカーシー長官は記者団に語った。「つまり、パートナーと一緒にいること、地上に存在することは重要である」・・・・・・

M142 HIMARSランチャーから発射されるロッキードマーティンプレシジョンストライクミサイルのレンダリング画像 米陸軍は、尖閣諸島/魚釣島を含むインド太平洋地域にこのような兵器を配備する計画を作成している

(ロッキード・マーティン)

(軍治)