作戦術の起源-Operational Art’s Origins-

1+

作戦術を再び取り上げた。作戦術の歴史は、米陸軍のミリタリー・レビューの2018年の論文であったが、ここでは、1997年の論文「作戦術の起源」を取り上げた。

作戦術の起源が、19世紀末から20世紀初期における戦争における各行動と目的の関係が、それまでの軍事術(Military Art)での戦略と戦術の二つの概念では説明しきれなくなったことに始まることにある。つまり、戦略と戦術だけで語れるには、あまりにも戦争自体が時間的・空間的規模の肥大化したというのが、その原因と言われるのある。では何が時間的・空間的な規模の拡大をもたらしたのかと言えば、人間が生み出した科学・技術の進化である。

究極の科学・技術の進化の人間社会への影響は、18世紀後半に英国で始まった産業革命で表出した。戦争を行う政治家や軍人は、別に閉ざされた空間に存在するものではなく、その時々の社会を構成する組織や構成員であり、社会が変化すれば、その中に存在する諸々のモノはその変化の影響受けるのである。軍人は特別な存在だとする想いは、軍人を特別視し、軍人自らも変化する社会環境への対応の必要性も忘れ、自己の価値観に縛られてしまうのである。

この論文は、1997年の米陸軍のミリタリー・レビューに掲載された「作戦術の起源」と題された、軍事術(Military Art)は、変化するものであるとの認識を論じたものである。論文では、ドイツ、ソビエト、米国の軍隊が科学・技術を主体とする進化からもたらされる変化への適応の違いを時代の節目に見られた戦争や紛争を例に説明している。

情報通信技術の目まぐるしい進歩と、人工知能やロボットをはじめとする無人化技術が浸透する現在の状況とそれが軍事にどのような影響を与えるのかを想像することの重要性と困難性を認識しながらも、結果的に既存の経験値を超えたアイデアが生まれていないのも現実である。

作戦術の起源 - Operational Art’s Origins

Bruce W. Menning[1]

Military Review, September-October 1997の論文から

 

[1]  Bruce W. Menningは、カンザス州フォートレブンワースの米陸軍指揮参謀大学(CGSC)、統合多国籍作戦部の戦略部の講師である。 彼は聖ジョンズ大学の学士号、デューク大学の修士号および博士号を取得。彼はまたCGSCの卒業生である。 彼の前職には、CGSCの副司令官の特別補佐、モスクワの陸軍フェロー長官、フォートレヴェンワースの諸兵科連合センター、ソビエト陸軍研究室の所長、CGSCの戦闘研究所ジョンF.モリソン軍事史教授、オハイオ州マイアミ大学歴史准教授。そして彼は退役米陸軍予備役将校である。彼は「銃弾の前の銃剣:帝国ロシア軍1861年-1914年」の作者である。

この記事は、戦略の内容の変化、作戦の性質の変化、軍事構造の進化する性格に応じた、作戦術の進化を検証するものである。著者は、「国際秩序内の主要な新しい要素の出現と軍事紛争への新技術の絶え間ない浸透」も、1920年代以来の作戦術の長期にわたる発展に貢献したと主張している。1998年の米陸軍フィールドマニュアル100-5「作戦(Operations)」は作戦術への復帰を示し、米陸軍が戦争の作戦次元に米陸軍の取り組みの焦点を置くことを確実にしている。このコンセプトは非常に重要なものであるため、米陸軍は戦術的手段を絶えず変化する戦略的目的に関連付けることを続けることによって、大規模な作戦が発生した場合の枠組みを提供しなければならない。

過去10年間、そして特に湾岸戦争での有志連合の勝利以来、「作戦術(operational art)」という用語は米陸軍と統合のコミュニティの間で流行語としての地位を獲得してきた。しかし、受容する者が増えているにもかかわらず、作戦術の意味と意義についてかなりの混乱が取り巻いている。一部の人にとっては、大きく描かれた単なる戦術的な矢印でしかない。他の人にとっては、それは外国の軍事的用法からの厄介な移植にしか過ぎない。それ以外の人にとっては、それは近々および将来の勝利への鍵であり続けるが、その起源が曖昧であり、その性質と内容を定義するのが難しいものである。

この記事は、初めて作戦術に向き合う人々、またはその意味と将来の戦争に対する意義について疑問を抱いている人々の心地よさを増すことを試みようとするものである。議論は、戦闘経験、理論、技術および状況の間の時間のかけた相互作用の産物としてのドクトリン上の進化を強調しつつ、コンセプトに焦点を当てるものである。

作戦術という用語は、米陸軍の使用に長く先行するものである。作戦術が西側で通貨としての地位を獲得する60年前、ソビエトによって使用されていた。おそらく第一次世界大戦前にオペラティブ(Operativ)と呼ぶ造語を作ったドイツの中にも大体の同等のものが現れていた。しかし、どちらの用語も、次の2つの理由で、すぐには米軍の用語に入らなかった。第二次世界大戦と冷戦以前は、広大な規模で拡大した軍事作戦の遂行に備えるという平和時の永続的な要求はなかった。そして、それほど複雑でない時代には、軍事術(military art)は戦略と戦術から成り立つことを教えていた19世紀の遺産にしっかりと縛られたまま-心地よささえもある-でいることが可能であった。

1920年代と1930年代のソビエトの軍事文化にとっては、そうではなかった。第一次世界大戦(1914年から1918年)とロシア革命戦争(1918年から1920年)の一見矛盾する経験から、ソビエト軍の理論家と実務家は現代戦争における勝利と敗北の根底にある複雑さについて体系的な説明を求めた。

軍事における理論と科学的方法を強調したイデオロギーを武装して、彼らは軍事史の研究に新たな視点をもたらし、作戦の遂行を含む可能な将来の戦争の性質についての見解に対する新鮮な展望をもたらした[1]。1920年代後半までに、彼らは軍事術の構成要素の変わった見方を持って現れてきた。そして、それはこの時代-軍事思想の黄金時代-に、我々が作戦術の我々の基本的な理解の起源を負うことになるのである。ソビエトがこのコンセプトを開発したときに、何故開発したのかを理解するためには、読者は彼らの展望と先入観を理解しなければならない。

軍事術の変化する性質:Military Art’s Changing Nature

当時のすべての軍事理論家を悩ませている主な問題は、現代の作戦の性質の変化であった。歴史的に、「作戦(Operation)」という用語は少なくとも17世紀の終わりからヨーロッパの軍隊が戦場で何をしたかを説明するために使われていた。当初、産業革命前の戦いの時代、将軍や王は王朝国家の限られた目的のために限定的な戦争を戦うために専門軍を育成していた。限定戦争の枠組みの中では、作戦の遂行は戦略の不可欠な部分を形成し、そして戦略は単に「戦域レベルの作戦の戦術(the tactics of theater-level operations)」として考えられていた[2]。18世紀の終わりまでに、Napoleonは、敵軍の殲滅を求め、帝国を台頭させる目的のために決定的に戦うためのより大きな軍隊を立ち上げた時、伝統的な微積分学(calculus)に新しい意味を与えた。

それでも、Henri Jominiと彼の弟子たちが率いる次世代の軍事思想家は、基本技術は同じままで、そして変更の余地と詩的ライセンスさえ伴って、Napoleonの軍事術について説明するために伝統的な産業革命前のパラダイムを再定義した。彼らの視点は、軍事戦略は依然として大規模作戦の領域であり、Napoleonの天才の本質は「単一点の戦略(the strategy of the single point)」の彼の追求において理解することができたというものであった。つまり、Napoleonの隊列は、時間と空間に限りのある一点で敵に収束を強要するために戦域内で行進・機動し、ある時季の戦役(season’s campaign)の結果、おそらくは戦争全体の結果さえも決定した。戦略は、決勝会戦(decisive battle)のために大集団を活用して戦域内で行われた、接敵、行進、対敵行進、および機動を含む限られた複雑な行動を説明するものだった。戦術は戦場の制約された範囲内で何が起こったのかを説明するものだった[3]

19世紀後半、ほとんどの軍事思想家がこの戦略と戦術の理解に慣れてきた頃、産業革命は戦争に向かい、それによって第一次世界大戦後まで完全には理解されなかった方法で基本的なパラダイムを変えてしまった。

〇 19世紀の近代産業国家の発展は、政府に将校と予備役の徴募および組織の原則に基づいて真に大量の軍隊を生み出すための広大な人的資源の蛇口を用意することになった。

〇 軍事の最終目的への蒸気と電気の適用は、政府に前例のない迅速さと予測可能性を持って潜在的な戦域にそれらの軍隊を動員し展開投入することを可能にした。

〇 これらの軍隊の規模と将来の紛争への配備の準備は、産業式の計画策定と指示方法の適用を要求した。

〇 新たな火力-最初は施条と腔線のある元込め式の銃、次いで弾倉式の様々な無煙火薬-は、致死率と射程を増加させ、それらと共に現代の戦闘の規模を拡大した。

これらの変化は戦争の遂行に革命をもたらし、軍事術とその構成要素に対する変化した理解への舞台を整えた。プロイセンを除いて、ほとんどの実務家は、戦略は今や、戦域内での部隊の移動と部隊の動員と戦域への移動を説明しなければならないと理解していなかった。それに加えて、ごく少数の曖昧な東ヨーロッパの思想家しか認識していないことが起こっていた。現代の紛争は国民全体の意志と資源をますます反映するようになったことで、戦略の概念は、また、戦闘の最前線と縦深の後方の支援部隊との間の連携を考慮しなければならなかった。

実務家にとってさらに厄介なことに、大集団と火力の新しい組み合わせは、戦域内の「一点」の戦略が関連性を失ってしまったことを意味するものとなった。致命的な最前線での対決を避け、大量かつ迅速な展開を手助けするために、指揮官は戦線の拡大を求めてNapoleonの部隊対立の「一点」を横方向に伸ばそうとした。この考えは、正面の部隊をピンで拘束し、包囲または迂回のどちらかに目を向けて弱い翼測に戦線を伸ばすことであった。このように、一点のNapoleon戦略は戦域の中で「戦線の拡大」の戦略に取って代わった。米国の南北戦争の後期の段階で既に明らかになったこの発展は、第一次世界大戦の西部戦線での拡大された塹壕線による悲劇的な頂点を見ることになる[4]

これらの変化が十分に挑戦的でなかったならば、戦術的次元の会戦の伝統的な概念も基本的な変更を施されることになった。射程が拡大するにつれて、戦場の限界は幾何学的に増加し、指揮官の部隊を統制する能力は劇的に減少していった。これまで以上に多くの部隊が戦場に住んでいたが、それらは致命的な火力を避けるために地上に行くと見えなくなってしまった。会戦はかつてあったあらゆる内部論理と一貫性を失い始めた。わずか数時間またはおそらく数日持続する限られた領域内の統制された騒乱と混乱の混合物から、それらは凱旋が最終的な勝利なしで現れるかもしれない結果を生み出すために時間と空間を超えてガラガラと音を立てて進化した。第一次世界大戦式の陣地戦の虐殺が示したように、戦術的成功の合計はより大きな戦略的成功の確実な予測変数ではなくなった[5]

1918年以降までは完全には明らかにはなっていなかったが、何が起こったのかを理解するための鍵は、19世紀後半から20世紀初期の間に軍事作戦の性質がどのように変化したかという認識であった。伝統的なNapoleon式の戦略的観点では、作戦は、すでに集められ配備された軍隊が、戦域内で、単一の最高潮の会戦を強いるためにお互いに集中して機動しあうこととして起こると説明された。兵站は常に重要なものであったが、微積分学の副次的な部分であった。部隊は時季の戦役の開始前に備蓄されたもの、あるいはそれらは戦域内の不承不承の民衆から寄せ集めたものによって成り立っていた。

しかし、全体像は20世紀の初めまでに変わってしまった。戦役はもはや季節に左右されなくなってしまった。作戦の性質は、より上位の次元の準備と計画策定の推力によってますます決定されるようになり、そして作戦自体はもはや単一の決勝会戦(decisive battle)につながる有限の問題ではなくなった。作戦は、時間、場所、および意図によって結び付けられた軍事行動と会戦の複合体であり、数週間またはそれ以上に拡大される可能性がある。作戦の経過は、戦力の大規模な再編成を目の当たりにするかもしれず、そして、大幅に拡大された空間と時間の変更された制約の範囲内で、変化した指揮、統制、および兵站の手配を求めるかもしれない。高まる実現性は、作戦の準備と遂行が新しい内容、方法、懸念を組み込むために、伝統的な軍事戦略の限界を超えて拡大してしまった。最も重要な問題は、繋がり(linkages)の一つであり、作戦の遂行のためのコンセプト的な枠組みの中で、時間、タイミング、期間、支援、規模、範囲、距離の変化を争うための繋がりを形作る方法である。

第一次世界大戦はこれらの問題と関連する問題を単に強化し、更に皺(wrinkles)を付け加えた。戦闘経験は、単一の作戦がもはや戦役や戦争の結果を決定づけなかったことを決定的に示した。決心は、意図、場所、資源の割り当て、および協調的な行動によって繋がれた連続した作戦の結果としてのみ生じた。戦闘経験は、また、一旦翼が否定されると拡大した戦線戦略の破綻を証明し、敵対者には受け入れ難い2つの選択肢が残されることになった。他の戦域に侵入か攻撃を仕掛ける。困難な経験(hard school of experience)は、防御部隊は後に「作戦縦深(operational depths)」と呼ばれる実行可能な防御を再構築するため、縦深の予備部隊と、比較的損傷を受けていない鉄道網と一貫性のある後方区域の組み合わせに退却ができると教えたため、侵入は手ごわい挑戦を示した。したがって、多くのコストをかけてわずかな戦術上の利益しか得られなかった場合、攻撃者はその後の攻撃的な作戦のためにいったん攻撃を停止して準備する必要があった。

第一次世界大戦は、また、血まみれの行き詰まりのため戦域外からの解決策を提案した。1つは、11時間目に秤を傾けるために膨大な人的資源を持った潜在的な同盟国を得ることであった。もう1つは、海上封鎖または潜水艦の「通商破壊(ゲール・デ・クルース:guerre de course)」を通じて間接的に敵の縦深の支援後方地域を攻撃することであった。さらに別の技術革新によるものがあった。航空機は塹壕線を飛び越え、一方で装甲車両はそれらの持つ方法で押し潰し、そして射撃できた。しかし、これらの技術革新のいずれかが、将来の戦争である程度の一貫した成功を適用することができる前に、実務家は何がなぜ起こったのか、将来への意味合いは何なのかを理解しなければならなかった。これらの変数を熟考する過程で、理論家と実務家は、作戦術の初歩的な理解を含む共通の語彙だけでなく、作戦の遂行のための共通のコンセプト上の枠組みも作り始めた。

新しい語彙と解決策:New Vocabulary and Solutions

私は、ソビエト思想家が1920年代と1930年代の間に直面した複雑な軍事的現実の世界を述べてきた。他の軍事文化やGiulio Douhet、William “Billy” Mitchell、J.F.C. Fuller、B.H. Liddell Hartを含む思想家を確実にするため、同じ時代に知的興奮と「新しい思考」にも貢献した。ソビエトは以下の理由で独特であった。

〇 彼らは大規模で地上指向の作戦の遂行に一貫して焦点を維持していた。

〇 彼らは、作戦の本質を変えることについての彼らの思考の別々の局面をより大きく、そしてより小さな軍事的現実に結びつけることについて執拗に心配した。

〇 彼らは互いに孤立して働く個人や彼らの軍事文化だけではなく、思想家の学校全体を生み出した。

〇 彼らは何がなぜ変わったのかを理解するために、Napoleonの時代からの体系的な歴史的研究を引き受けた。

ソビエト軍の理論家たちは、彼らが変化-軍事戦略の移り行く内容、進化する作戦の性質そのもの、そして軍事構造の分解-を理解するための基本的な鍵であると感じたこととともに、この探求から生まれた。重要な基底となる前提は、これらの開発はその重要性の多くを時間の経過とともに変化する技術の影響に負っているということであった。

ソビエトは、進化する軍事理論と実践が、戦争での国家全体の戦略が広範な戦いの戦線と広大な支援後拠を結ぶ一種の知的かつ組織的な連続体となった状況をもたらしたと認識した。すなわち、戦略は、現代および将来の戦争への備えと戦争を起こすことにおいて国家を導いたものであったが、一方で、作戦の遂行は、戦略および戦術から孤立していないにもかかわらず、それ自身で注意を正当化するために十分なアイデンティティを急速に仮定するものであった。意識的な理解は、戦略-より正確には、軍事戦略-は、高次元の計画策定と準備、資源の編成、優先度と客観的な識別を含む多くの活動を網羅するように膨らんだということであり、そのすべては、国家の目標のための軍事力の直接的な適用に結実した[6]。要するに、戦略は、Arthur F. Lykke Jr.大佐が国家安全保障目的を達成するための「最終目的、方法、手段(ends, ways and means)」を組織化し、結び付けるものとして後に定義するものと似た何かを意味するようになった[7]

この発展は、作戦の複雑さの増大と結合して、伝統的な戦略と戦術の理解の間に開かれるギャップの原因となった。一部の評論家は、伝統的な戦略の理解が、かつて戦域の中で起こったものであると記述したことを定義するために、このギャップを「大戦術(grand tactics)」という用語で埋めたが、一方で他の者は、「応用戦略(applied strategy)」やオペラチカ(operatica)(1907年頃のロシア語)を含む類似の用語を探し求めた[8]。しばらくの間、軍事理論家Sigismund W. von Schlichtingの影響下で、ドイツはオペラティブ(operativ)を使っていたが、それらは、その言葉をある程度の永続性と一貫性をもって詳しく説明しているようには見えない[9]。さまざまな見方や先入観の影響を受けて、他の評論家はギャップを見ないため、それを心配する理由はほとんどなく、戦術と戦略を直接繋がっていると見なし続けている。

対照的に、1922年までにソビエトは彼らが「作戦術」と呼ぶ何かで「用語のギャップ(terminological gap)」を埋め始めており、そして、彼らはこのコンセプトとその含意のより完全な理解を発展させることに1920年代と1930年代の多くを費やすことになった[10]。当初、それはソビエト軍の思想家が戦略と戦術の間のギャップを橋渡しするために、そして作戦の準備と作戦の遂行を支配した規律をより正確に説明するために使用されていた用語であった。1926年、ソビエトの理論家で元帝国ロシア参謀本部将校Aleksandr A. Svechinは、軍事術の新しい三つの部分の理解の間の繋がりの本質を捉え、「戦術は作戦的な飛躍が組み立てられた各段階から作られる。戦略は道を指し示すものである」と書いている[11]。驚くことではないが、「作戦の遂行(Conduct of Operations)」という新しい部門が、ソビエト参謀大学の従来の戦略および戦術部門と並んで登場した。

軍事術の3つの要素間の関係についての新しい理解は、将来の戦争への含意とともに、進化する作戦の性質に焦点を置いた着実な第2の要素についての衝動を提供した。前述の議論に従って、ソビエトは産業革命が現代の作戦の顔を変えたことを理解した。彼らは、作戦は意識的に会戦とは区別されなければならなかったことを知っており、会戦はより短い期間で、範囲と結果でより限定され、そして本質的により挿話的(episodic)である。その上、第一次世界大戦は、単独の作戦自体が戦略的決定を生み出すことはめったにないという現実を痛切に感じさせた。決定は今や連続した、同時の、そして関連した作戦の全体的な複雑さの結果として起こった。ソビエトは、また、第一次世界大戦と内戦のような多様な作戦には多くの共通点があることを認識した。この認識は主に、兵站と鉄道網や道路網が現代の軍事作戦の規模、範囲と縦深を決定するのに重要な役割を果たしていたという理解から来るものであった[12]。1920年代半ば、ソビエト軍参謀長のMikhail N. Tukhachevskiyは、作戦的次元の演習に兵站を取り入れるように参謀大学での作戦の遂行を教える学部に命じた。ロシアの評論家の中には後に、作戦と並行して支援を検討することが実際にソビエトの作戦術のコンセプトを誕生させたと主張した[13]

ソビエトの理論家Georgiy S. Issersonは必要な洞察を提供した。軍隊は第一次世界大戦の始まり以来、「戦力の分解(disaggregation of forces)」を目撃した。つまり、1914年から1930年代初期の間、技術の着実な進歩は、組織が多様性を反映し、兵器が射程や戦闘効果によってますます差別化されるようになった武力の構造的進化をもたらした。大陸式の軍隊にとって、これらの部隊は彼らの過去の対応相手(counterpart)に表面的に似ているだけである。1914年には、例えば、移動と戦闘技術の違いにもかかわらず、歩兵と騎兵は戦場で筋肉によって動かされて、同様の種類の砲兵によって支えられたかなり均一な部隊の2つの側面を表していた。これらの部隊の作戦範囲と戦闘効果は、まだ縦深と範囲が比較的限定されていた。しかし、1930年代までには、新しい構造や兵器が会戦や作戦への航空機、機甲、長距離砲の導入に伴い進化した。それは、より異質な部隊の結果をもたらしたが、より重要なことは、その特質と属性が軍事的最終目的に体系的に適用される前に、思考と準備の新しい注文を必要とした。

Issersonは、作戦術の主な目的は、より大きな戦域全体の戦闘作戦を同時にまたは逐次に、これらの部隊の多様な効果と作戦上の特性を再び集成することであると見た[14]

これらの衝動および関連する衝動はソビエトの縦深作戦のコンセプトを生み出すために1930年代の間に一つになった。新技術の大規模な適用で、ソビエトは縦深での力のベクトルを拡張することの優位性を解決するために点と線の古い幾何学を一掃した。この要件は、歩兵、機甲、空挺、長距離砲兵、空軍を含む多様な戦闘配列を動員し、その後、3つの次元で逐次にかつ同時の作戦を通じて、この配列の複数の効果を調整することであった。攻撃の目的は、彼らの全防御組織の壊滅的な崩壊の効果を与えるために、彼らの縦深を通して可能な限りほぼ同時に敵の防御を攻撃することであった。そのコンセプトは、戦術地帯を通る道を爆破して粉砕することによって侵入を達成することであった。次に、作戦縦深の中に搾取のための強力な移動グループを挿入した。決定的な効果を最大にするために、ソビエトはこれらの作戦を、作戦正面の軍集団から始めて軍レベルと軍団レベルへと進めるように想定していた[15]

ソビエトは他の作戦上の問題を無視していなかったが、縦深作戦の理論と実践は1930年代のソビエトの作戦術の中心的な段階を占めていた。作戦術は、実務家に以下を求めた。

〇 戦域内の戦略的目的を特定する。

〇 戦域を3つの次元で視覚化する。

〇 どのような順序の軍事行動 -準備、組織化、支援、会戦と指揮の配置-が、これらの目的の達成をもたらすかを決定する。

以前の作戦を分析し、機甲力と空軍力の大量投入を想定した後、ソビエトは将来の作戦は作戦正面が300キロメートルまでを占め、約250キロメートルの縦深に拡大し、30から45日の作戦期間を持つだろうと計算した。その結果、これらの作戦は、より大きな戦略的要件によって決定される目的の達成に密接に結びつくだろうが、全体的な成功は、兵站と戦術をより大きなデザインに一体化する能力にかかっていた。

戦闘の最前線と大きな支援後拠の間の繋がりもまた明らかだった。Carl von Clausewitzの著書をよく読んだこと、第一次世界大戦中の本国正面の教訓の消化、将来の戦争での勝利は、国家の総資源にかかっているという意識の高まりなど、さまざまな理由から、ソビエトは、将来の紛争は、体系的かつ長期的なものとなるであろうとの視点を引き寄せた。1930年代、Joseph Stalinの農業集団化政策と大規模工業化の政策は、ソビエト社会の平和時の動員となった。5年間にわたる一連の計画によって、将来の戦争のための基盤が構築され、縦深作戦に必要な軍事的ハードウェアの多くが生産された。ソビエト社会の変革、さらには軍事化でさえも、戦略的ビジョンと作戦次元の能力との間の繋がりについての厳格な証言として立っている[16]

Stalinの潜在的な敵対者ドイツは異なる軍事的遺産を継承し、異なる哲学的基盤から活動していた。1870年と1871年にフランスに対する電撃戦の勝利の後、ドイツの軍事計画策定の背後にある理論的根拠の多くは、単一の簡単な殲滅戦役の間に敵の降伏をもたらすのに十分な範囲とスピードの初期作戦を考案することだった。その前提は、現代社会が、拡大する軍事紛争の混乱に耐えるにはあまりにも脆弱になりすぎたということであった。第一次世界大戦の経験は、以前の懸念を確認するように思われた。長引くと、「ヒュドラ頭」の消耗の危険、国内の枯渇および政治的不安定、さらには革命をもたらすことになる。

ヴェルサイユ条約によって課された1920年代の繭から現れたドイツのヴァイマル国防軍(Reichswehr)が、1930年代後半にHitlerのドイツ国防軍(Wehrmacht)になったように、やはり回避が強調された。ソビエトが開発していた同じ技術に居住する軍事の潜在的な可能性のほぼ直感的な把握から、ドイツは陣地戦の長期化と固定化を含む課題への素晴らしい対応である電撃戦を作り上げた。空軍力と戦闘技術を持つ機甲力の結婚は、即時の戦術的適用と重要な作戦上の影響を伴う諸兵科連合のコンセプトを生み出した。殲滅と迅速な決断のサイレンのような要求が再びドイツ軍を岩の多い軍事海岸へと召喚した[17]

振り返ってみると、「電撃戦(lightning war)」についてのドイツの新しいビジョンには、少なくとも2つの大きな欠点があった。そのうちの1つは自主的なものとして受け入れられた。1つ目は、作戦遂行者と計画策定者が、ドイツ自身のオペラティブ(operativ)の遺産を開発することを気にしていたものである作戦の遂行に関する一貫したビジョン内に電撃戦を組み込むことができなかったことである[18]。経験はこの問題を克服することができる。第二のそしてもっと重要な欠点は、ドイツが戦闘の最前線と国内の支援後拠の間の重要な体系的連携を考慮するのに明白で表面的を超えて失敗したことであった。それにもかかわらず、1939年から1942年の成功が本国正面を動員することのより深刻な困難を覆い隠しながら、Hitlerは戦略の彼自身の把握と相性が良い新しいビジョンを見つけた[19]

対照的に、ソビエトのビジョンは印象的な一貫性を持っていたが、モスクワが最初にすべての答えを持っていなかったことに注意することは重要である。ソビエトの軍事文化の本質は、大陸式の戦いの要件と相まって、ソビエトは作戦術の空軍と海軍の構成要素について非常に限られた見解を保っていたことを意味した。空軍の主な目的は陸上作戦に従事することであり、一方で、海軍の主な役割は、海岸線を守ることと軍事行動の従来の陸上戦域の地理的限界を広げることであった。さらに、ソビエトの状況に特有の他の状況は、ソビエト軍が作戦術の理解からタイムリーな利益を引き出すことを妨げた。1937年と1938年のStalinの将校団の粛清、スペイン内戦(1936年から1939年)から学んだ教訓の誤解、1941年の大量の軍隊と新しい技術そして奇襲の効果を生み出すHitlerの能力を同化する必要性を含む一連の状況のおかげで、ソビエトは第二次世界大戦の東部戦線での開戦段階では不十分だった[20]。1943年までは、彼らは、困難な経験(hard school of experience)から、ドイツ国防軍(Wehrmacht)にとっては壊滅的な結果をもたらす、より完全な作戦術へと戻った。

1943年から1945年の間にスターリングラードからベルリンまで、ソビエトは単一戦線と複数の戦線の逐次かつ同時の作戦を完成させた。Stalinの元帥達は、航空支援と機甲の推進力を調整しながら、これらの作戦を縦深にかつ広域に指揮し統制することを学んだ。1944年以降、移動と機動はますます重要性を増しており、これは、部分的にはドイツが損失を補うことができなくなったこと、およびレンド・リース(lend-lease)のトラックによってソビエトが兵站支援の限界を広げたためである。ドクトリンと実践は、ソビエトが東部戦線で約50回首尾よく実行した現代の地上作戦の最も複雑な作戦-包囲-を強調するように徐々に進化していった。ソビエトは決定的にドイツに対してテーブルを回した。そして、そうすることで、初期のドイツの成功と好意的に比較して軍事術の習熟を示した[21]

第二次世界大戦と冷戦の遺産:The World War II and Cold War Legacy

第二次世界大戦は、また、現代の作戦を遂行することにおいてかなりの経験を米軍に残した。しかしながら、作戦上の習熟は、世界大戦の間の期間が知的でドクトリン上の、そして組織的な先例をほとんど提供しなかったために、容易でも迅速でもなかった。1930年代の米陸軍参謀大学(USACGSC)では、「軍事戦略(military strategy)」として19世紀の前例に従って、戦域の作戦が教えられていた。1939年に米陸軍の基本作戦マニュアル、FM 100-5作戦がドラフト形式で登場したが、その焦点は、小さい、平和時の地上部隊にふさわしいものとして、主に戦術的であった。1940年と1941年のルイジアナ機動演習は、大規模な作戦での遅れた限られた実践経験しか提供しなかった[22]。その部分では、陸軍航空隊は地上作戦を支援しなければならなかったが、その大部分の注意は、戦略的な爆撃戦役を行うために専門知識とハードウェアを調達することに固定されていた[23]

その名の通り、第一次世界大戦での経験から引き出され、長期にわたる2つの海戦の可能性を予想している米海軍は、長期と広範囲にわたる多次元作戦を遂行することに固有の計画策定された課題を真剣に検討した[24]。それでも、米国の全体像は、米国の用語に翻訳されたIssersonの分解された部隊の1つであった。残念なことに、各軍種とその子孫は、主に彼ら自身の見解、問題、そして自己利益にとらわれていたままであった。これらおよび他の理由のために、作戦の準備と作戦の遂行の背景は、最良の混合したバッグで構成していた。その結果、第二次世界大戦中の米軍は、困難な経験(hard school of experience)から仕事について学ぶ必要があった。彼らの功績として、指揮官と彼らの参謀は戦略的な目的に至るために広大な距離に渡って大規模な統合と連合の作戦を実行する術を徐々に完成させていった。振り返ってみると、中央太平洋のChester W. Nimitz提督、南西太平洋のDouglas MacArthur将軍、ヨーロッパのDwight D. Eisenhower将軍、フランス北部のGeorge S. Patton Jr.将軍による主要作戦を議論するのは難しいことであり、ソビエトの第二次世界大戦作戦の威厳と意義を一致するものではなかった。

第二次世界大戦の作戦の遂行における豊富な経験にもかかわらず、米国とソビエト連邦は戦後のドクトリンと組織の進化は異なる道をたどった。しばらくの間、かつての同盟国は大規模な作戦に一貫して焦点を当てなかった。冷戦はドクトリン上の交流を妨げたが、動員解除と核兵器の出現は、2つの武装勢力が彼らの役割と可能な軍事作戦の性質を見る方法に影響するさまざまな反応を生み出した。

米陸軍では、戦域軍と支援コマンドは動員解除のために萎縮するか消滅し、戦術次元の懸念に偏狭な快適さを求めるために米陸軍を残していた。冷戦の最初の10年の間に、米国はますます戦略的で戦場レベルの核装置に頼ることに軍事資本を求めており、そして、それはさらに大規模な作戦へのドクトリン上の関心を湿らせた[25]

朝鮮戦争に介入したとき、当初、即興性と戦域の地理に関連する困難さが混在していたため、広大な規模での掃討作戦についての真剣な考えが妨げられた。その後の1つの明るい場所、MacArthurの仁川への上陸とヤル川への進出は、38度線に沿った戦術的な行き詰まりは間もなく忘れられた。その間、ソビエトは第二次世界大戦後の自らの動員解除を急いで再考し始めた。Stalinは当初原子爆弾を持っていなかったので、彼ができる最善のことは東部戦線で彼らに勝利をもたらしたもののより良い変種を守備につけるためにソビエト軍を近代化することだった。1953年まで、Stalinの存在は第二次世界大戦からの教訓の分析を曇らせた。その後、核兵器への依存を通じてソビエト軍を小型化しようとするNikita S. Khrushchevの急襲もまた、作戦術の重要性を強調しなかった[26]

米陸軍にとって、3つの重要な状況が、ドクトリンのコンセプトとしての作戦術の採用に結実したドクトリン上の進化を促進した。第一は、ベトナム戦争であり、野戦部隊は一連の戦術的勝利を挙げたが、それらを戦略的成果に変えることはできなかったことである。この失敗の理由をめぐる論争は、米陸軍の再建の必要性とともに、米陸軍が将来の戦争でどのようにビジネスを行うのかを期待する核心を切り開く広範囲にわたる一連のドクトリン上および組織上の変更を促した。米陸軍が自ら復活して未来を見つめることで、何人かの将校は最近の失敗についての洞察を与え、何をする必要があったのかについてのひらめきと語彙を提供するために、軍事の古典、特にClausewitzによるものに関心を持った。その一方で、脅威分析は、ヨーロッパのソビエト軍とワルシャワ条約軍との主要な対立が、可能性ある将来の戦争の最も困難な解釈としての最優先の重大なものと仮定される仕事の大きさと特定した。この脅威の本質と規模は、大規模作戦の遂行に対する関心の復活に自然と導いた[27]

米陸軍のドクトリン上の進化における第二の重要な要因は、可能性ある将来の戦争の技術的内容であった。ベトナム戦争は洗練された精密誘導兵器の限られた導入を目撃したが、新しい小道具と関連技術が通常の戦争で保持するかもしれない全体的な含意についての首尾一貫した意味(sense)はほとんどなかった。その意味(sense)の大部分は、1973年の中東戦争から来ており、その間、新しい兵器の大量の適用は、航空優越の微積分学(culculus)、地上戦闘における機甲戦力の役割、作戦の遂行内の様々な構成要素間の関係性についての従来の知恵を改定するために現れた。その間、新しい組織、米陸軍訓練ドクトリン・コマンド(TRADOC)は、中東戦争の教訓を消化し、北ヨーロッパ平野のワルシャワ条約軍の大群との可能性のある紛争の課題に対応しようと試みた。その結果は、「アクティブ・ディフェンス(active defense)」を強調した1976年版のFM 100-5であった[28]

このコンセプトへの不満と代替案の探求は、米陸軍のベトナム後のドクトリン進化の第三の主要な要因だった。一方では、NATOの地政学的現実は、軍団規模の編成の前方防御と国家的貢献の両方を決定づけ、そのどちらも、継続的な戦術次元の焦点のために強くロビー活動を行っていた。1976年の FM 100-5はこの焦点を正確に反映していた。その一方で、縦深の防御の必要性や高い次元での洗練された技術の適用と一体化することの要求を含んで明らかに増加する考慮事項が、思考や組織の新たな出発点として議論された。ドクトリンの批評家や執筆者は、大規模な部隊を伴う将来の機動の戦争の遂行に固有の約束に目を向けたので、歴史的かつドクトリン的な先例を求めた。以前、「アクティブ・ディフェンス」の支持者たちは、「数えきれない戦いと勝利」のドクトリン上の秘密の鍵として1943年から1945年にかけてのソビエトの猛攻撃に対する付きまとったドイツの防御を捉えた。遅ればせながらの現実は、ドイツが数えきれないほど戦い、そして敗北したことである。

現在、機動戦争(maneuver war)の支持者たちは、近代的な移動作戦を遂行しながら技術と技能の結婚を強調するドクトリン上の出発点を進めるための第二次世界大戦での電撃戦とドイツの最初の成功を掴んだ。後付けとして、他の思想家は「悪魔の弟子」を敗北させたソビエトの敵のドクトリンと軍事術を真剣に調べ始めた。ソビエトの軍事史から、ソビエトが作戦の理論と実践としての「作戦術」に個別の強調を置くことを選択したのかについての概念とともに、ソビエト軍事術の性質の3つの部分の成熟した理解が徐々に現れてきた。この用語は、今、現代の作戦の微妙な違いと複雑さにより敏感になった米陸軍のドクトリン執筆者の間で即座の共鳴を見いだした[29]

その間、ソビエト自身はスターリン主義者によって誘発されたドクトリン上の倦怠と初期の核時代の硬直性から浮上した。1960年代半ばから1970年代にかけて、ソビエトが米国との核の平等性への道をゆっくりと引っ張っていったので、軍事術理論家は作戦術とその現代的な遺産のルネッサンスに達する成果で深刻なソビエト軍事誌のページを一杯にした。核の平等の条件の下で、主要な仮定は、将来のヨーロッパの戦争にあって、作戦の性質が初期の、または拡大された期間の間の従来のままであるかもしれないということであった。その結果、核戦争への急速なエスカレーションを目の当たりにするかもしれない状況下ではあるが、大規模な従来型作戦の準備と遂行にただひたすら焦点を当てることがもう一度必要であった[30]。1970年代後半から1980年代初期にかけて、この一連の思考は、戦域の戦略的攻勢作戦のコンセプト的進化の中心に位置していた。この一連の一体化された作戦は、縦深の浅いNATO後方地域内の搾取のための作戦機動グループ(OMG)の浸透を容易にする攻撃を開発するであろう部隊の階層化された導入の周辺に構築される大規模な攻撃を想定した。

米国の作戦術:US Operational Art

ソビエトの作戦術に関するオープンソースの資料と戦域の戦略的作戦に関するインテリジェンスが米国とNATOの聴衆に届いたとき、彼らはドクトリン上と技術的に触発されたイノベーションの火に燃料を追加した。1980年代初期には、すでにNATOの指導者たちは、新しくより強力な長距離精密兵器を採用することによって、高度に階層化されたワルシャワ条約軍の編成を打撃する方法として、後継部隊への攻撃(FOFA)のコンセプトを採用し始めた。

NATO指向の軍事力増強と機動戦争(maneuver war)への新興の重点とともに、新技術の約束は、ドクトリンの執筆者たちに焦点を変え、繋がりを調べ、規模、内容、範囲および期間の厄介な問題に取り組むことを促した[31]。結果として、米陸軍のドクトリン上のコミュニティーは、作戦術は新しいコンセプトや技術をより高い(戦略的)そしてより低い(戦術的)次元の関心と結びつけるために戦域の中に必要であると認めた。

驚くことではないが、1982年のFM 100-5が登場したとき、それは3つの戦争の次元を認識し、「戦争の作戦次元は戦争の戦域内で戦略的目標を達成するために利用可能な軍事的資源を使用する」と主張した。新しいFMは、敏捷性(agility)、主導性(initiative)、縦深性(depth)、そして同期性(synchronization)を強調した。また、エアランド・バトル(AirLand Battle)を遂行する際に米空軍との緊密な協力の必要性を認めることによって、再編成の問題にも対処した。「会戦(battle)」という言葉に暗示されている戦術的な含みにもかかわらず、1982年のFM-100-5は明らかに戦役の計画策定と遂行を含む戦争の作戦次元へ焦点を置くことを奨励した。それらの部分では、戦役は「同時かつ連続した会戦で特定の空間と時間で敵部隊を倒すようにデザインされた持続的な作戦」と考えられていた[32]

4年後、1986年のFM 100-5は、現代作戦に対する米陸軍の理解を深め、そして拡大し、そして、米軍の使用で初めて、米陸軍の基本マニュアルは実際に作戦術を定義した。米国の評価基準では、作戦術は「戦役、主要な作戦のデザイン、組織、遂行を通じて、戦争の戦域や作戦の戦域で戦略的目標を達成するための軍事力の採用」であった。この定義は、ソビエトの先例を単にコピーしたものではなく、むしろ通知され更新された理解の観点から将来の米国の作戦にコンセプトを適用しようとする試みであった。

米国の見解における作戦術の精緻化は、ベトナム戦争以来、米陸軍のドクトリン執筆者が主張してきた多くの先入観と知的成長の痛みを反映していた。変更されたClausewitzとJominiの奇妙な組み合わせから、作戦術と作戦術の戦役計画策定への適用の基礎となる、重心(center of gravity)、作戦線(lines of operation)、決勝点(decisive points)と最高点(culmination)を含む作戦デザインのコンセプトが生まれた[33]。技術と状況が作戦の性質と内容を変えているという意味から、主要作戦や戦役の計画策定に逐次にまたは同時に入っていった作戦的次元の機能、すなわちインテリジェンス、火力、機動、兵站、防護および指揮・統制の一般的な理解が流れた。作戦術が教育と実際の適用に密接に結びついていない限り空虚なコンセプトのままであるという現実から、米陸軍戦争大学と米陸軍式参謀大学(USACGSC)のカリキュラムに戦役の計画策定の段階的な導入があった[34]

統合への影響:Joint Impact

米陸軍はコンセプト、語彙および適用の問題に納得して取り扱ってきたが、統合コミュニティが一つの軍種の作戦術を固定化することをすぐに取り上げる保証はなかった。その他の軍種のうち、後継部隊への攻撃(FOFA)とAirLand Battleの明示的および暗黙的な意味合いのおかげで、米空軍のみが、ますます米陸軍のドクトリン上の進化の一員となっていった。確かに、ドクトリン上の進化は、1980年代半ばに止まっていたかもしれず、その後のいくつかの後続の開発、ほぼ同時の開発のためではなかった。

1986年ゴールドウォーター – ニコルズ国防総省再編法:The 1986 Goldwater-Nichols Department of Defense Reorganization Act.

この法律には、米国の国防の確立にとっていくつかの重要な、そして最初はほとんど気付かれない影響があった。新しい議会法は、現在の将来の統合と連合の軍事作戦の計画策定と遂行の責任を行使する戦闘指揮官(CINC)の地位と機能を強化した。

統合の強化の義務付け:Mandated emphasis on jointness.

「統合化」は、各軍種に、統合でも個別にでも、作戦遂行の共通理解に向けた目をもってドクトリンを書くことを強いた。新たな統合参謀の部局のJ7の創設に伴い、統合レベルのドクトリン上のストレスは、 共通の統合レベルの語彙とコンセプトの開発においてますます下がった。このような状況の中で、米海軍が各海上戦域(maritime theaters)での作戦術について話し始めたのは偶然ではなかった。統合出版物3-0「統合作戦のためのドクトリン」と統合出版物5-0「統合作戦の計画策定のためのドクトリン」は、より明確にかつ一貫して作戦術に焦点を当てたことも偶然ではなかった[35]

冷戦の終焉:The Cold War’s End.

現代のドクトリン上の発展のもう一つの要因は冷戦の終焉であった。二極化が消えた主な結果の1つは、地域の視点と優先順位を米国の国家安全保障と軍事戦略の作成に一体化する新たな取り組みであった。これらのコンセプトは指針とより広い文脈の意味を提供した。同じコンセプトがGoldwater-Nicholsの影響を強化し、戦闘指揮官(CINC)は付随的な戦域レベルの戦略の開発により明確に焦点を当てるようになったが、時には暗黙に作戦術への関心を強化した。戦役計画策定にも果たすべき役割があった。それは作戦術と戦域レベルの戦略の要素を取り入れたが、また地域の脅威と戦うために徐々に発展した。このように、もう一つの冷戦の結果は、ドクトリンとコンセプト-伝統的なイデオロギー紛争の文脈の外での主要な地域の脅威の出現、またはおそらく再発見-の発展へと考え出された。。さらにもう1つの結果は、核戦争の可能性の強調の減少、すべての米国の各軍種が地域の軍事紛争の文脈の中で拡張された従来の作戦を実行することの固有の課題について熟考することを強いた。

規模縮小化:Downsizing.

冷戦後の時代は、部隊縮小、部隊の展開投入、そして資源不足をもたらし、それらのすべては、将来の紛争では軍種の偏狭性の余地はほとんどなく、第二次世界大戦式の実地訓練(on the job training)のための時間はほとんどないと主張された。現代の作戦の重要な要素、特に兵站と後方支援は、突然より重要性を想定した。1970年代から1980年代にかけて米陸軍が将来の戦争での「最初の会戦(first battles)」を心配したとすれば、今度は統合コミュニティは将来の戦役や戦争での「最初の作戦(first operations)」について心配しなければならなくなった[36]

この点を証明するために、1990年から1991年までの湾岸戦争は「統合の装い(joint guise)」での作戦術のドクトリン的な生まれ変わりのための重要な衝動を提供するために爆発した。砂漠の盾作戦と砂漠の嵐作戦は、いくつかの方法で進化の流れを強化した。第一に、彼らは、異なる能力を持つ異なる武装勢力によって長期にわたって戦域内での戦闘効果の再集約をもたらすのに必要な計画策定と行動の複雑さに注意を向けることによって、無意識のうちにIssersonの遺産を再検討した[37]。この認識は現代の統合戦(modern joint warfare)の中心にあり、継続的なドクトリン上の成長のための肥沃な土地を提供し続けている。第二に、重心を含む、作戦術の米国固有の理解のコンセプト上のツールは、有志連合の勝利をもたらした微積分学(calculus)の中の重要な役割を演じた。そして第三に、「ハイテク」兵器に専念した注意とともに、湾岸戦争は、軍事と公衆の両方に将来に対する重要な含意をもって、軍事分野における革命(RMA)は歩調を合わせて継続していることを思い出させた[38]。戦域での適用の文脈内にRMAを配置する1つの方法は、作戦術の知的かつドクトリン上の観点からRMAを見ることである。結局のところ、作戦術は、空軍力と地上の機械化の出現が特定の戦域レベルの焦点に貢献した時代に生まれ、そして、それが米国が使用するようになったような作戦術が、再び将来の作戦の遂行を構想するための新しい方法としてのドクトリン上の触媒として仕えることはできないと信じる理由はない。

この作戦術の進化の概要は、コンセプトの歴史に内在する真理と皮肉の一部を示している。コンセプトは考え(idea)に基づいており、考え(idea)は新鮮な状況や状況の変化に合わせて、時間の経過とともに拾い上げたり、捨てたり、生まれ変わるか改造したりすることができる。一般に、作戦術は、戦略の内容の変化、作戦の性質の変化、および軍事構造の性質の進化に対応して、1920年代に初めて登場した。より広い文脈には、国際秩序内の主要な新しい要素の出現と軍事紛争への新技術の絶え間ない浸透が含まれていた。1980年代後半から1990年代初期にかけて、これらの状況はすべて再び現れ、知的および軍事的歴史の皮肉のうちの1つにおいて、それらは異なる状況下で作戦術への関心の復活を誘発した。現代の文脈におけるこのコンセプトの生産的な精緻化は、軍事思想家とドクトリン執筆者が常に過去からひらめきを引き出すべきであるが、それによって拘束されるべきではないという論争を支持する。確かに、将来の重要性を保持するためのこの用語の可能性は、理論家が作戦術の限界を拡大し洗練することを求めるべきであると主張している。それとそれに関連するコンセプトは動的(dynamic)なままで、力強さ(dynamism)は時々混乱の元になるが、活力と成長の重要な印でもある。

[1]  1920年代の発展は、James J. Schneider著「戦略的革命の構造:総力戦とソビエトの戦う国家のルーツ」(第11章、カリフォルニア州:プレシディオプレス、1994年)の第5章と第6章にまとめられている。.

[2]  R.A. Savushkin著「連続作戦理論の起源の問いに向けて」軍事歴史誌1983年5月号、79-81ページ.

[3]  戦域内での戦略の変化する性質のすばらしい分析は、Georgiy S. Isserson著「作戦術の進化」18-28ページ.

[4]  前掲., 34-37.

[5]  現代の急性の認識はFreiherr Hugo F.P. von Freytag-Loringhoven著「第一次世界大戦からの控除」 (ニューヨーク:G.P. Putnam’s Sons、1918)、101-6ページに見られる。.

[6]  この傾向の典型的な例はAleksandr A. Svechinの教科書「戦略」第2版(Moscow:Voyennyy Vestnik、1927)、これは、Kent D. Leeによって編集され、Aleksandr A. Svechin著「Strategy」(Minneapolis、MN:East View Publications、1992)として英語に翻訳されている。 第1章では、「多数の軍事原則における戦略」について説明している。

[7]  「Arthur F. Lykke Jr.大佐編集「軍事戦略:理論と応用」(ペンシルベニア州カーライル・バラックス、米国陸軍戦争大学、1989)、3-7 ページのArthur F. Lykke Jr.著『軍事戦略の理解に向けて』.

[8]  A.A. Kersnovskiy著「戦争の哲学」 (Belgrade: Izd. Tsarskogo Vestnika, 1939), 31ページ. .

[9]  Freiherr Hugo F.P. von Freytag-Loringhoven著「世界大戦における軍の指導力」2巻。 (ベルリン:E.S. Mittler 、1920−1921)、I, iii, 41, 45および46解説を参照のこと;B.J.C. McKercher and Michael Hennessy編集の「作戦術:戦争の理論の発展」 (Westport, CT: Praeger, 1996),内の 13ページ、.ジョン・イングリッシュ、「作戦術:戦争の理論の発展」と比較

[10]  この用語の起源は、”Strategiya v akademicheskoy postanovke” [Voyna i revolyutsiya](戦争と革命)[1928年11月] 84nの作戦術の初期の学生であるN. Varfolomeyevによって、Svechinに分類されている。

[11]  Svechin著「戦略」269ページ; また、McKercher and Hennessy著「作戦術」61-65ページ、Jacob Kipp、「ワルシャワの二つの見方:ロシア内戦とソビエトの作戦術」も参照のこと。.

[12]  作戦の比較分析に最も頻繁に関連する将校はV.K. Triandafillovで、彼の革新的な [現代の軍隊の作戦の性質]、第3版 (Moscow:Voyenizdat、1936)は、Jacob W. Kippによって編集され、「近代軍の作戦の性質」として英語に翻訳された(Ilford、Essex、UK:Frank Cass and Co.、Ltd、1994)。 特に第2巻を参照のこと。.

[13]  Varfolomeev著「学術環境における戦略」、84-85ページ。

[14]  この議論は、Cynthia A. Roberts著「戦争の計画:1941年の赤軍と大惨事」ヨーロッパ・アジア研究(1995年12月)、1323nに引用されているように、Georgiy S. Issersonの「縦深作戦の基礎]で明らかにされている。.

[15]  R.A. Savushkin著「戦間期(1921-1941)のソビエト軍および軍事術の開発」(モスクワ:VPA、1989)、90-100ページ。.

[16]  Schneider著「戦略的革命の構造」231-65ページ..

[17]  現代ドイツの軍事開発におけるこれらおよび他の継続性の包括的かつ挑発的な説明は、Jehuda L. Wallach著「殲滅の会戦のドグマ:ClausewitzとSchlieffenの理論とそれらが2つの世界大戦でのドイツの行動に及ぼす影響」(Westport、CT:Greenwood Press、1986年)、特に229-81ページ。.

[18]  例えば、John Keegan著「ノルマンディーの第6軍」(New York:Viking Press、1982)、243ページの議論を参照のこと。.

[19]  作戦戦略的見地からの機動戦(blitzkrieg)に対する最新の批評は、Karl-Heinz Frieser, Blitzkrieg-Legende著、第2版 (ミュンヘン:R. Oldenbourg Verlag、1996)の1章と2章。 ソビエトとドイツの比較の観点については、Shimon Naveh著『軍の卓越性を追求:作戦理論の進化 』(ロンドン:Frank Cass、1997)、221-238ページを参照。.

[20]  戦前の時代はGeorgiy S. Isserson著「1930年代のソビエトの作戦術の理論の発展」 軍事歴史ジャーナル(1965年3月)、特に54-59ページ.

[21]  第二次世界大戦中の東部戦線の最新の扱いは、David M. GlantzとJonathan M. House著『Titansが衝突したとき』(Lawrence、KS:University Press of Kansas、1995)。 1943年から1945年までの英語による古典的な説明は、John Erickson著「ベルリンへの道」である(Boulder、CO:Westview Press、1983)。.

[22] Christopher R. Gabel、1941年の米陸軍GHQの機動作戦(ワシントンDC:米陸軍軍事歴史センター、1992年)、185-94。.

[23]  軍事地理を重視した雄弁な要約は、John Keegan著 『Fields of Battle:北米への戦争』(ニューヨーク:Alfred A. Knopf、1996)、325-33ページ.

[24]  James J. Schneider著「戦争計画RAINBOW 5」、Defense Analysis(1994年12月)、289-92ページ参照.

[25]  Clayton R. Newell and Michael D. Krause編著『作戦術』(ワシントンDC:米陸軍軍事歴史センター、1994年)、171-72ページのL.D. Holder米陸軍中将「戦域戦のための教育と訓練」.

[26]  Thomas W. Wolfe著『Soviet Power and Europe』(ボルチモア:Johns Hopkins Press、1970年)、32-49、128-56ページ.

[27]  最新のアカウントはRoger J. Spiller著「ドラゴンの影の中で:ベトナムの後のドクトリンと米陸軍」、RUSI Journal(1997年12月)に掲載されるタイプスクリプト.

[28]  Paul H. Herbert米陸軍少佐「何をすべきかを決める:William E. DePuy将軍とFM 100-5の1976年版(Fort Leavenworth、カンザス州:戦闘研究所、1988)、25-36ページ.

[29]  1976年から1982年にかけてのドクトリン上の発展に関する魅力的な調査は、McKercher and Hennessy編集「作戦術」、154-65ページのRichard Swain著「間隙を埋める:作戦術と米陸軍」

[30]  作戦術への新たな強調の指摘については、当時のソビエト将軍参謀長M.V.Zakharovの「縦深作戦の理論について」、軍事歴史ジャーナル(1970年10月)、10、20ページ。全体的な状況は、McKercher and Hennessyの編集者「作戦術」135-39ページのDavid M. Glantz著「ソビエトの作戦術の知的次元」によって提供されている。.

[31]  English著「作戦術」17-18ページ.

[32]  概要についてはJohn L. Romjue著「アクティブ・ディフェンスからAirLand Battleへ:米陸軍ドクトリンの開発1973-1982」(VA、米陸軍訓練ドクトリン・コマンド、1984年)、66-73ページを参照.

[33]  William R. Richardson大将「FM 100  –  5:1986年のAirLand Battle」Military Review(1986年3月)、4-11ページ.

[34]  例えば、William W. Mendel大佐およびFloyd T. Banks Jr.中佐著「戦役の計画策定」、ペンシルバニア州:米陸軍戦争大学、1988年)、5-15ページ参照.

[35]  David A. Sawyer著「統合ドクトリン開発体制」、Joint Force Quarterly(1996-97年冬号)、36-39ページ.

[36]  John L. Romjue著「冷戦後の米陸軍ドクトリン」(バージニア州フォートモンロー、米陸軍訓練ドクトリン・コマンド、1996年)の第5章「新しい時代のドクトリン」を参照。.

[37]  Issersonの遺産については、Frederick Kagan著「陸軍のドクトリンと現代の戦争:FM 100-5の新版に向けてのメモ」、Parameters(Spring 1997)、139-40ページ参照.

[38]  例えば、James K. Morningstar著「RMAへの技術、ドクトリンおよび組織」、Joint Force Quarterly(1997年春)、37-43ページ参照