F-35はブロック4へ

+2

「Keeping the F-35 Ahead of the Bad Guys」

米国空軍の機関誌AF Magazine 3月号によると、先月海軍でIOCが宣言され、A、B、C3タイプの運用体制が整ったF-35型機が、運用テストは進行中であるものの最初のメジャー・アップグレードを開始しているとしています。
ロシアのSu-35やS-400ミサイルの中国その他への輸出やロシアのSU-30のSU-35との共有化による能力向上の推進、SU-57の生産開始など、国際的な航空装備の近代化が進む中、作戦部隊での運用能力が整ったばかりのF-35に対して、次の段階への対応を早急に取る必要に迫られているのだと考えられます。
日本の航空自衛隊でもF35の飛行隊が発足したばかりですが、今後のF-35の動向を見る上で興味ある話題ですので、記事の概要を紹介したいと思います。

「Keeping the F-35 Ahead of the Bad Guys」MARCH 2019 JOHN A. TIRPAK

Operational testing is still underway, but the F-35 is already beginning its first major upgrade.

F-35は今年末に最初の運用テストと評価を完了することが予期されており、Block 3Fバージョンが完全に戦闘可能であることを証明しています。
その時までに、ブロック4としてまとめて知られている多くの計画されたアップグレード作業は順調に進行しているでしょう。
ブロック4には、中国とロシアの航空及び地上からの脅威に対抗するための約53の改善が含まれています。これらのアップグレードはどれも航空機の外観を変更することはありません。代わりに、主にソフトウェアで実行される新機能または拡張機能であり、2019年から少なくとも2024年にかけて続き、毎年4月と10月に更新されます。
F-35プログラムのエグゼクティブオフィサーであるMathias W. Winter副司令官は、12月のインタビューで、「2年間のデリバーを行う代わりに、より継続的な能力フレームワークに進むことにした。」と述べ、ブロック3Fが「検証され認証を受けた」ので(注;運用開始)、Lightning IIは「成熟した」システムであり、「近代化、機能強化、および改善」を受け入れる準備ができていると述べています。ブロック3Fの細部の設定は、議会への2020年予算提出で明らかにされるかもしれません。

既存のF-35はTechnology Refresh 3(TR3)パッケージを入手しています。TR3は「最新のコックピット表示、最新のメモリシステム容量、最新のコア処理能力とコンピュータ能力」を含み、これらが一体となって、2030年の期間内に確実に成長(能力)が得られるようなる」として、「TR3はブロック4の改善を可能にしている。」と述べています。「TR3新しいプロセッサが内蔵されているため高速化が可能で、テラバイト規模のストレージとメモリシステムが搭載されているので、ブロック4のアップグレード(「プログラム」のようなもの)は容易であるとしています。又、飛行隊レベルでのTR3のアップグレードは「数日で」完了することができ、これは、構造およびコンポーネントの改良をデポレベルでインストールする必要があるTR2の変更とは対照的であると語っています。
ブロック4のアップグレードはソフトウェアが「80パーセント」であり、Block 3F以降「ソトウェアによって高速化を可能になった。今では、より機敏で、関係性を持って、脅威のペースに対応して柔軟なテストと提供が出来るようになった。」彼は、はこれを「継続的能力開発と供給」または「C2D2」と呼びました。

RISK VS. THREAT

今回のメジャー・アップグレードは、政府が昨年6月、最初の運用テストが完了するまでブロック4を遅らせることを推奨したが、脅威システムの急速な進歩が緊急のリスクをもたらすとして、国防総省がF-35のブロック4の契約を11月に進めた。契約したF-35のブロック4には、53の機能改善が含まれており、2024年までの6年間に6ヶ月毎の供給サイクルとなっている。
これまでの2年ごとの「伝統的なウオーターフォール調達」から6ヶ月毎の「アジャイルで、迅速な能力/継続的な供給」モデルにシフトするとしています。迅速で、反復的なソフトウェアのリリースが一般的になっている市販品のサイクルに近づけた感があると述べています。最後のBlock 3Fソフトウェアは12月に出荷され、最初のBlock 4アップデートは2019年4月に予定されている。又、プログラムマネージャではなく、戦闘オペレータがアップデートの優先順位を決定すると述べました。

ブロック4の53のアップグレードの詳細は明らかにされていませんが、以下のような6つのカテゴリーに分類されて説明されています。

  • 3の電子戦のアップグレード
  • 11のレーダーと光学システムの強化
  • 8の兵站と支援システムの変更
  • 7の相互運用性とネットワークの変更
  • 7のコックピットとナビゲーションの変更
  • 新規の兵器システムへの適応(ASRAAM、Meteor、トルコのスタンドオフミサイル、JASSM、等)

加えて、すべての型式のアップグレードに共通であるが、ある更新については、それぞれの軍の要求に答える事が出来る。例えば、海軍だけがF-35に統合スタンドオフ兵器(JSOW)C1バージョンを搭載出来るように。
F-35には、航空優勢あるいは攻勢/防勢対航空、SEAD、近接航空支援、ハイバリューな戦略的移動目標への戦略的攻撃という4つの基本任務が有りますが、部隊の3Fはこれらすべてに対応できるとしており、ブロック4は、「それらのミッションセットに対して能力が増加するにつれて」敵対者に対抗するために「高度な能力と強化をもたらす」そして、5つ目の追加の基本的任務として「海上戦闘への拡大」であるとしています。「
海上監視、目標識別およびターゲッティングのための能力の向上のためレーダーを強化し、陸上とは異なる外洋での捜索パターンが改善され海上世界での戦闘序列に対応できるようなるだろう。」としています。

F-35は新しい長距離対艦ミサイル(LRASM)をウェポンベイの外部に取り付けることができ、ブロック4での新しい対艦ミサイルは海軍用のJSOW C1とノルウェーのJSMであるとMathias W. Winter副司令官は語りました。このプログラムは、ステルスLRASMがF-35のウェポンベイ内に収まるかどうかについては「尋ねられていない」と述べ、また海軍は「Harpoon対艦ミサイルのSLAM-ER(スタンドオフ陸上攻撃ミサイル-射程延伸型)バージョンを統合するよう求めなかった。」とも語っています。
これまでに確認されたブロック4の更新は、2020年代半ばに完了する。プログラムオフィサーは、「他にもブロックの更新は必ずあるだろう」と語った。現在の生産スケジュールが維持されれば、F-35は少なくとも2040年まで生産される。ペンタゴンのある関係者は、「ブロック5」は「おそらく2028年から2030年頃にかけて始まるだろう」と指摘し、「今日の私たちがレーザーのように本当に「そこにある」ものと考えている。」と述べています。

TECHNICALLY FEASIBLE’

ブロック4の「キャッチフレーズ」は、「技術的には実現可能で運用上も関連性がある。」とWinterは述べた。その言葉は重要で、なぜならば「我々は、言質を与えすぎないつもりだ。技術的に実現可能であるべきだ。」航空機自体の改良に加えて、ブロック4の更新は、ALIS(自律型兵站情報システム)、ミッションデータファイル及びシミュレータなどのトレーニングシステムにも同時に適用されなければならない。
ALISは、自動化された航空機固有のメンテナンス作業、部品の消費、および注目に値するイベント(着陸装置のドアへの過度のストレスや影響あるステルス表面へのアクシデント)を維持し、これらのデータポイントを飛行隊全体にマッピングします。システムは、部品の実際の使用と消費、およびメンテナンス工数に関する傾向を追跡し、将来の需要を予測することができます。ミッションデータファイル(MDF)は、F-35に参加する最も手間のかかるプロジェクトの1つです。
フロリダ州Eglin AFBのソフトウェアセンターでは、コンピューターエンジニアで構成された小規模な陸軍が配員され、特定の地域でF-35が遭遇する可能性のある脅威を絶えず更新しており、これらのファイルは運用任務の前に航空機にダウンロードされます。MDFの詳細レベルはきめ細やかで、すべての戦闘機、レーダー、地対空ミサイル部隊、空中センサー機、その他のしり得る脅威を含みます。

イスラエル空軍参謀長は昨年、F-35機内でテイクオフを待っている間、彼のディスプレイには、全ての空中に滞在し、脅威の可能性のあるものを含む「中東全体の全状況」が表示されていたと業界筋に語っています。
MDFは、敵対者の戦闘序列のわずかな変化さえも把握するために、常に検証され認証されなければなりません。「現時点での認証/検証の理念は100%です」とWinterは語りました。しかし、MDFの作成にはまだ8か月かかります。それは、我々は、これを作成する方法を決定するだけに使われていた工学的/製造的な一式の器材を使用していたからである。Winterは、プログラムは2019年4月までにプロセスをスピードアップする新しいツールに移行する予定であるとしました。
空軍の指導者たちは、彼らがF-35を購入することが遅くなっていることを許容しています。彼らは、Block 4バージョンが生産ラインから出荷され始めるのを待ち、大半の軍に必要なすべての鐘と笛を鳴らすのを好みます。そうすることで、飛行部隊をアップグレードするコストを削減できます。しかし、そうなるためには、F-35は計画として生き残らなければなりません。

空軍の次官補Matthew P. Donovanは1月にF-35維持費は高すぎるままであると述べた。Donovanによると、「F-35維持費は削減されなければならないでしょう」。F-15のような第4世代の戦闘機と比較して、「LO(Low Observability)対する税金」の問題があると彼は認めた。
しかし、F-35の維持費は、大量の生産機によって手頃な値段になり、「F-16」、「A-10」、「F-117」に匹敵するようになりました。空軍はF-35の維持費を38%削減することを目標としており、Donovanは「これを左寄せにしようとしている」予想よりも早くそれを達成するよう努力していると述べた。昨年10月、当時国防長官のJim Mattisは空軍に対し、F-22、F-16、およびF-35の任務遂行率(MCR)を少なくとも80パーセントに引き上げるよう指示した。
当時、F-35率は全体で54%でしたが、最近生産ラインからでたブロック3Fの航空機では80%を上回りました。F-35の飛行隊を80パーセントの基準にするためのスペアパーツが「テントの中の長い柱(注;中心にある重要な問題)であることにWinterは同意しました。
ユタ州ヒルAFBのF-35補給処で部品を修理できる率を上げるなど、「予備部品の生産量を増やすための新たな取組みが進行中である。」と彼は語った。これにより業界は、古いものを修理するよりも、もっと新しい部品を作ることに集中できるようになるだろうと彼は語っています。
代理の国防長官パトリックM.シャナハンまたは彼の後継者の下に命令があると仮定して、空軍は9月30日までに80パーセントの任務遂行可能な率を達成しなければなりません。Winterは、「サプライチェーンのパフォーマンス」がレディネスに関する最大の関心事であることを認め、また、維持コストがF-35の実行可能性を維持するための鍵であるとも認めました。
「私たちは、そのサプライチェーンのパフォーマンスとキャパシティの要求を満たす能力を追い求めています。」そして「それはうまくいっている。」と語った。(黒豆芝)