飛行部隊の新しいプラット・ホームで、鍵となる空軍の電子戦計画は高く飛び続ける

0

掲載:2019年4月2日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Andrew Dardine  FI社アナリスト
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

With New Platform in the Wings, Key Air Force EW Program Continues to Fly High
飛行部隊の新しいプラット・ホームで鍵となる空軍の電子戦計画は高く飛び続ける

EC-37B Compass Call機は、ガルフストリームG550コンフォーマル(一体型)早期警戒機を使用予定(CAEW) airframe.  Image: BAE Systems

コンパスコールの対電子戦対策プログラムは、今後数年間でミッション機器の継続的な調達、アップグレードのRDT&E(研究開発、試験、評価)、および新しい空中プラットフォームへの重要な移行のために着実に投資を受け取る予定です。
コンパスコールは米国空軍の主な電子攻撃手段の1つであるため、このプログラムを構成する航空機の需要は過去数年間で増加しています。
米空軍は、Compass Callの技術を最新に保つために調達プログラムとRDT&Eプログラムの2つのプログラムに投資しています。
RDT&Eプログラムは運用システムの開発を支援し、Compass Callに追加される技術開発に資金を提供します。その調達プログラムは、すべての重要なソフトウェアと構成品の更新に投資するものです。
このプログラムでは、2017会計年度に、EC-37Bとして知られている2機の航空機を追加しました。そのうちの1機は2017年度後半に調達されました。もう1機は、2018年度後半までに調達される予定でした。
2018年7月、BAEシステムズ社はコンパスコールシステムをEC-130H機からより近代的なプラットフォームへ移行する作業を始めました。このクロスデッキ構想の下で、一般的に呼ばれているように、同社はL3テクノロジー社と協力して、旧航空機の能力をEC-37B航空機としての特別な任務機のガルフストリームG550に移設しています。最初のG550の初期の改良が進行中で、最初の2機は2023年に就航する予定です。合計10機の新しい航空機が計画されています。
BAEシステムズ社は、EC-130Hコンパスコール機の飛行隊用の電子機器の整備を維持する予定です。
2019会計年度の国防予算見通しによると、2028年までに1億4,720万ドルがコンパスコールの技術開発に費やされ、4億3,600万ドルがシステム調達に費やされる予定です。(黒豆芝)

投稿者紹介: Andrew Dardine
学歴;オハイオ州ボウリンググリーン州立大学。
暗視システム、電子対策技術など重要な市場分野に関する研究・分析を専門、
Defense News、Aerospace Daily、Bloomberg Businessweek、Aviation Week等への電子戦等関連分野に投稿。
著書;Forecast Internationalの「Electronic Warfare Forecast」、「Electro-Optical Systems Forecast」等