ボーイング社は、カナダの戦闘機入札で、企業給付パッケージを提案

0

掲載:2019年11月21日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Shaun McDougall FI社アナリスト
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

Boeing Offers Industrial Benefits Package in Canadian Fighter Jet Bid
November 21, 2019 – by Shaun McDougall  

ボーイング社は、カナダの戦闘機入札で、企業給付パッケージを提案

two-seater CF-18 flies over the Parc des Laurentides en route to Valcartier firing range. – Canadian
ツーシーターのCF-18はバルカルティエ射撃場への途上でパルクデローレンティデス上空を飛行。 Forces/Corporal Pierre Habib, 3 Wing Bagotville Common

ボーイング社は、国内産業への支援が同社に競争上の優位性をもたらすことを期待して、戦闘機入札の一部として数十億ドルの産業給付パッケージをカナダに提案している。

請負業者は、カナダ政府がF / A-18スーパーホーネットを次の戦闘機として選択した場合、カナダの企業は最大300億カナダドル(225億USドル)相当の仕事を請け負うことができると語っている。カナダは、在来のCF-18ホーネットの更新のために88機を購入したいと考えている。
カナダ政府が最近ロッキードマーティンのF-35が競争に残ることを可能にするためにプログラムの企業給付パラメーターを変更したため、ボーイングが競争への参加を確認したのは今月初めだった。

F-35プログラムの構成のため、ロッキード社はカナダの国内作業を保証することができない。これは、カナダの防衛調達システムが国内オフセットを必要とするため、通常は問題となる。この変更により、ロッキードマーティン社は、カナダの国内メーカーの仕事を保証することなく競争に参加できることなっている。
カナダの企業は、過去12年間にF-35にかかわる仕事で、13億カナダドル(980百万USドル)相当の受け取っており、ロッキードは世界中のF-35飛行部隊の規模が拡大するにつれて機会が増えると主張している。
ボーイングのより直接的な企業給付パッケージは、確かに会社の提案を後押ししするが、経済的利益は入札評価の20パーセントしかない。 コストはさらに20パーセントとなる。

ロッキードはF-35の単価を徐々に引き下げたが、F-35の長期的なメンテナンス費用は従来の航空機よりも依然として高くなっている。入札評価の残りの60%は、技術的なメリットに基づいている。
批評家は、プログラムの技術的な部分が海外での戦略的攻撃と地上攻撃に重点を置いているため、F-35を支持していると主張している。

サーブ社のグリペン戦闘機も登場しているが、ヨーロッパの航空機は弱者と見なされている。

エアバス社は、今年初めにユーロファイタータイフーンを競争から離脱した。これは、NORADの安全保障上の要求による産業の利益政策の変更と追加費用から来る物であった。
ダッソー社は昨年、ラファル戦闘機を撤退した。

最終入札は春に予定されており、2022年初頭までに勝者が選出され。プログラムが順調に進んでいれば、供給は2025年に開始される予定。(黒豆芝)