直観の限界:米陸軍のインテリジェンスは実際の経験から獲得した技能の分析的標準を取り入れるべき

0

軍事の世界で直観(intuition)と聞くと、何かしら頼りないものに感じられることであろう。「米海兵隊のドクトリンを読む」では、「MDCP 1 Warfighting」、「MDCP 13 Tactics」でも直観的なものは実力(ability)として認知されているものである。特に「MDCP 1-3 Tactics」では、分析的意思決定(analytical decisionmaking)と直観的意思決定(intuitive decisionmaking)について記述されている。戦闘の場面で急を要する場面にどちらがふさわしいかは議論を待たない。

軍事に関わらずインテリジェンスに従事する者にとって、長い経験の元に培われた直観は大いにインテリジェンス分析を助けるものになろう。しかしながら、直観的なものばかりに依存しているようでは心もとないものである。

ここで紹介するのは、war on the rocksの記事で、表題が「直観の限界」となっているが、単に直観力を否定するという趣旨よりも、米国のインテリジェンスコミュニティとして標準的な分析のための方法論を適用する試みと、この方法論が単に戦略的次元のインテリジェンスのみならず、米陸軍のあらゆる組織階層等のインテリジェンスにおいて活用できるとの考えである。

本記事は、いわゆる情報(information)とインテリジェンス(intelligence)とは何かを知る上で参考になるものと考える。(軍治)

直観の限界:米陸軍のインテリジェンスは実際の経験から獲得した技能の分析的標準を取り入れるべき

THE LIMITS OF INTUITION: ARMY INTELLIGENCE SHOULD EMBRACE ANALYTIC TRADECRAFT STANDARDS

ジェームズ・クウン

2020年7月8日

ジェームズ・クウン(James Kwoun)米陸軍少佐は現在米国防情報局(Defense Intelligence Agency)に所属している現役の米陸軍将校である。彼は以前、国防インテリジェンス事業体のさまざまな米陸軍および統合の役職に就いてきている。

この記事の見解は完全に著者の見解であり、必ずしも米陸軍、米国防情報局、米国防総省、または米国 政府の公式の方針や立場を反映しているわけではない。

米陸軍のインテリジェンスは、1つの重要な点でほとんどのインテリジェンス・コミュニティに遅れをとっている。2007年、インテリジェンス・コミュニティは、全情報源のインテリジェンス分析(all-source intelligence analysis)を実施するときに、批判的思考と創造的思考のための共通の枠組みを提供するための分析的トレードクラフト標準analytic tradecraft standards)を確立した。しかしながら、米陸軍はこれらの標準を採用していないため、文官のカウンターパートよりもトレードクラフトの適用に熟練していない分析要員にが生まれている。この失敗の根本的な原因は、分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)が戦略的次元でのみ適用可能であるという一般的な誤解である。

※トレードクラフト(tradecraft)とは、米国防総省の辞書によると「インテリジェンス機関の組織と活動で使用される特殊な方法と装備、特にエージェントとの通信を処理するための技術と方法。インテリジェンス関連業務の遂行に使用される運用慣行と技能[i]」であり、インテリジェンス活動の実際の経験から獲得した技能のことを指すと思われる。

インテリジェンス分析者は主にしばしば意図的に問題に取り組み、長期的な懸案事項に対処する、戦闘軍指揮官や文官の政策立案者などの上級の意思決定者を支援することに焦点を当てているため、より高い次元では、分析的トレードクラフトの価値がより明らかになる。 一部の人々は、分析トレードクラフトは、下位の階層での作戦の急速なペースと相容れないと主張し、指揮官等は局地の会戦と作戦の準備に焦点を当てている。 この誤解は、米陸軍がインテリジェンス分析者が直観の限界を克服し、分析成果の厳密さを確保することを助ける機会を認識することを妨げている。

分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)は、あらゆる環境に適用できる批判的思考と創造的思考のための普遍的な原則に基づいている。分析トレードクラフトの主な到達目標の1つは、既存のメンタルモデルが人々が自分の環境をそのように認識するかに影響を与えるときに発生する直観固有の弱点である認知バイアス(cognitive biases)を軽減することである。認知バイアスは、分析者に、個々の経験の狭いフィルターを通じて複雑な問題を見させ、既存のメンタルモデルと一致しないアイデアを無意識のうちに無視することを引き起こす原因となる。

たとえば、米陸軍戦争大学(Army War College)の2018年のレポートは、「見慣れた階層的なソビエトスタイルの敵への分析的バイアス」が、2003年のサダム・フセインの打倒後のイラン内の反乱の拡大を米国が認識するのを妨げていると結論付けている。認知バイアスは、 それらが人間の考えや知覚を含むあらゆる状況で発生する可能性があるため、普遍的な問題である。軍事インテリジェンスの分野では、それらは、分析者は戦場の圧力に直面したときに、慣れ親しんだ枠組みへと何もしない傾向があるため、下位階層で特に蔓延することになる。したがって、分析用トレードクラフト標準は、すでにそれを実装している国家インテリジェンス機関や戦闘軍(combatant commandsなどの戦略的次元の組織を超えて、幅広い有用性を持っている。

分析的トレードクラフト標準(幅広い価値がある)と、それらが適用および適用される方法(組織によって異なる)を区別することが重要である。この区別を行うことの失敗は、分析的トレードクラフトを戦略的次元でのみ関連性があると見なす傾向の背後にある。インテリジェンス・コミュニティの分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)は幅広く、インテリジェンスの文脈外でも使用できる普遍的な原則を反映している。しかしながら、これらの標準は、国家インテリジェンス機関と軍の戦闘軍(combatant commands)の間でのみ受け入れられており、分析的トレードクラフトは戦略的次元でのみ有用であるという誤解を強めている。

さらに、これらの組織の多くは、構造化された分析技法や分析成果の階層化されたレビューなど、標準を適用および強化するための意図的なプロセスを採用している。その結果、一部の人々は、米陸軍がトレードクラフト標準を採用する場合、これらと同じ意図的なプロセスを採用しなければならないと誤って結論づけるかもしれない。この誤解は、分析トレードクラフトが米陸軍全体にすべてのレベル(あらゆる組織の指揮階層や階級)にあわせて、仕立ててそして用いられることのできる異なる方法を視覚化することの失敗のためにおきていることである。

インテリジェンス・コミュニティの分析的トレードクラフト標準の要約:Summary of the Intelligence Community’s Analytic Tradecraft Standards

標準1:情報源-Standard 1: Sourcing

・各分析的結論を支援する情報源の少なくとも基本的な説明を提供する(たとえば、「直接アクセスできる外国政府高官によると」)。

・各分析的結論にとって最も重要な主要な情報源を特定する。

・利用可能な情報源の質について透明性を保つ。

標準2:不確実性-Standard 2: Uncertainty

・各分析的結論の不確実性のレベルを説明する。

・評価された事象または結果が発生する可能性を表現するために、承認された用語(「可能性が高い」または「可能性が高い」など)を使用する。

・全体的な分析的議論の質に基づいて信頼レベルを表す。

標準3:区別-Standard 3: Distinctions

・根底にある証拠、仮定、および分析的結論を区別する。

・意思決定者が読んでいる情報のタイプについて意思決定者に警告するために一貫して「シグナリング言語」を使用する。

・各分析的結論を支える主要な仮定について透明性を保つ。

標準4:代替案-Standard 4: Alternatives

・低い確率の状況/高い影響の状況の意思決定者に奇襲を緩和させ警告するために、すべての主要な分析的結論に対して少なくとも1つの妥当な代替案を特定する

・検出された場合、代替案の結論がより可能性が高まっていることを意思決定者に警告する指標を特定する。

標準5:関連性-Standard 5: Relevance

・分析成果が意思決定者のニーズに合わせて調整されていることを確実にする。

・2次および3次の影響に対処することにより、意思決定者に深い洞察を提供する。

・必要に応じて機会分析(opportunity analysis)を実施する。

標準6:議論-Standard 6: Argumentation

・主要な分析的結論を前もって目立つように提示する。

・下位の分析的結論は主要な結論を支援すべきである。

・分析的結論を支援するために証拠、論理、仮定、情報ギャップを巧みに組み合わせる。

標準7:分析的線-Standard 7: Analytic Line

・分析的結論が以前に公表された分析とどのように一貫しているか、または異なっているかについて透明性を保つ。

・2つ以上のインテリジェンス機関の間に分析上の大きな違いがある場合は、意思決定者に警告する。

標準8:精度-Standard 8: Accuracy

・すべての分析成果でメッセージの明確性を確実にする。

・間違いとなるリスクを最小限に抑えるために、難しい分析上の結論を避けない。

・国防情報局(DIA)は、更にその分析者に、相対的確率よりはむしろ絶対的確率(たとえば、「可能性が高い」ではなく「可能性が高い」確率)を表現するよう要求している。

・国防情報局(DIA)は、また、精神状態や信念ではなく、事象、行動、振舞いを評価することを分析者に要求している。

標準9:視覚化-Standard 9: Visualization

・分析のプレゼンテーションを明確化、補足、または強化するために視覚的な情報を使用する。

現場での分析的トレードクラフトの可視化:Visualizing Analytic Tradecraft in the Field

以下は、すべてのレベル(あらゆる組織の指揮階層や階級)での分析的トレードクラフト標準の利点と、そのような標準がないことの結果を示す8つの仮想シナリオである。

シナリオ1:分析的議論の擁護-Scenario 1: Defending an analytic argument

米陸軍の大隊長は、敵の主攻撃が特定の地域で発生するという部隊インテリジェンス将校の評価に反対し、「どのようにして分析的結論に至ったのか?」と尋ねた。インテリジェンス将校のトレードクラフト標準の知識は、彼に分析的な議論を指揮官に説明するための態勢を整える。議論には複数の構成要素がある。それらは、分析的結論、証拠(またはインテリジェンス収集者からの生の報告)、証拠を分析的結論、仮定、および情報ギャップに繋げる論理である。

インテリジェンス将校は、認知バイアスや論理的誤りを軽減するための総体的な方法でこれらの構成要素を検討する方法を知っている。さらに重要なことは、インテリジェンス将校が指揮官が情報を受け取ることを好む方法を理解し、元々の評価の背後にある理由の簡潔な説明を提供することである。米陸軍が批判的思考と創造的思考のための共通の枠組みを採用することで、部隊全体のインテリジェンス将校がこれらのタイプの会話をするときに個々の直観に純粋に依存しないことを確実にする。

シナリオ2:米陸軍内の分析的協業の共通枠組み-Scenario 2: Common framework for analytic collaboration in the Army

展開している米陸軍旅団戦闘チームの指揮官は、新たに発生した問題に関する詳細なブリーフィングをインテリジェンス参謀に求める。もう午後7時である。指揮官は翌日の午前6時にブリーフィングを望んでいる。旅団インテリジェンス参謀は、指揮下部隊によって作成された評価をレビューする。これらの評価の多くには、生のインテリジェンス報告を分析者の仮定または判断の適用と区別するために、共通のシグナリング言語のない宣言的な文章が含まれている。たとえば、ある指揮下部隊は、「燃料不足のため、敵は次の48時間はその戦車を運用できなくなるだろう」と書いている。

旅団の分析者は、この文が仮定、単一の情報源からの生の報告、または複数の情報源に基づく分析的結論であるかどうかを判断できないため、インテリジェンスの全体像でその重要性を評価することは困難である。 コリンパウエルの有名な格言が思い浮かぶ:「あなたが知っていることを教えてください。あなたが知らないことを教えてください。あなたの考えを教えてください。どちらがどれかを常に区別してください」 この旅団が他の部隊と協力するにつれて、この問題は指数関数的に増大する。

シナリオ3:敵の可能行動の図式的表示-Scenario 3: Graphically displaying enemy courses of action

米陸軍旅団戦闘チームのインテリジェンス分析者は、状況テンプレートを作成している。これは、戦場での敵の可能行動の最も高い行動のグラフィック表示である。旅団の分析者は、トレードクラフト標準#1(情報源)が彼らの成果物で使用される情報源を記述することを求めていることを理解している。しかしながら、状況テンプレートで使用されるすべての情報源を説明することはできない場合がある。その結果、分析者は3つの最も重要な情報源のみを優先して説明する。

さらに、旅団の分析者は、評価で自然な階層を明確に識別することにより、トレードクラフト標準#6(議論)を遵守している。彼らの主な分析的結論は、敵は移動防衛(mobile defense)を行う可能性が高いということである。分析者はまた、移動防御(mobile defense)のドクトリン上の構成要素を特徴付ける2つの隷下部隊の分析的結論を含む。対抗勢力が地域を脱出するのを防ぐ固定した部隊と、対抗勢力を破壊する攻撃力である。この例では、分析的トレードクラフトが根本的な批判的思考プロセスを有効にし、分析者が状況テンプレートを作成する前に自分の考えを整理するのに役立った。

シナリオ4:代替分析的結論に対してオープンであること-Scenario 4: Being open to alternative analytic conclusions

展開している米陸軍師団の師団長は、複雑な懸案事項についての評価をインテリジェンス参謀に求める。もっともらしい答えを求めて、師団の分析者は経験豊富な軍事インテリジェンス専門職としての直観に依存している。直観には価値があるが、認識して緩和しなければならない落とし穴もある。師団分析者は、現在の問題についての彼らの思考の組立を助けるために、イラクとアフガニスタンでの反乱者への対抗における過去の経験を依存し、これらの各ケースにおける基本的な文化的および社会的な違いを無視している。

この状況は、時間の経過とともに、分析者が実際に発生しているものではなく、慣れ親しんでいるものだけに基づいてパターンを知覚する原因となる直観における認知バイアスにつながるものである。師団分析者は、主要な評価の妥当な代替案を決定するために構造化された分析技法を使用することに失敗する。さらに、彼らの分析的結論が不正確であり、状況に内在する不確実性の全体像を提供する機会を逃している可能性があることを師団長に警告する特別な指標を特定していない。

シナリオ5:主要な前提に関する透明性-Scenario 5: Transparency about key assumptions

大規模な戦闘作戦に備える米陸軍軍団が、敵対者の精鋭装甲師団を監視している。 敵対者は一部の戦車を更新したが、それらは精鋭師団にのみ発行された。軍団の分析者は、この慣習が続くと仮定している。現場の情報収集者は、敵対者による部隊のより大きな動きの一部として、4つの更新された戦車と一致する独特なシグネチャを検出する。 その結果、軍団の分析者は、敵対者が精鋭装甲師団の1つをその地域に配備し始めていると評価し、指揮官に警告しました。

しかしながら、この評価は誤りであることが判明した。4つの更新された戦車は従来の師団の一部である。敵対者は最近、歩兵支援として、従来の師団に少数の更新された戦車を配備し始めた。軍団の分析者は論理に透明性がなく、主要な仮定の定期的なチェックを実施せず、初期の仮定を確認または拒否するための情報収集者を用いるための機会を逃した。

シナリオ6:インテリジェンス分析のための専門的標準-Scenario 6: Professional standards for intelligence analysis

敵対国との緊張が高まる中、米陸軍は武力紛争を見越して統合任務部隊の中核として海外に展開する。統合任務部隊の指揮官は主に作戦上の問題に焦点を当てているが、重要な国家政策の影響がある統合任務部隊と、危機の主要な問題をどのように定義するかについての学者や政策提唱者の声のコミュニティの間で不一致が生じる。

指揮官は、これらの学者や政策提唱者の見解に反する声明を発表する。指揮官はまた、彼または彼女のインテリジェンス分析者が危機を理解するためにより良い態勢をとられていることを米国民に安心させる。この安心感に信頼性を持たせるには、米陸軍がインテリジェンス分析者に対して批判的思考と創造的思考のための均一な標準を持たなければならない。米陸軍には独自の分析プロセス(戦場のインテリジェンス準備など)があるが、現在、分析者がこれらのプロセスをナビゲートするように厳密さを確実にする正式な標準はない。分析者は主に彼らの直観に頼ることが残されている。

シナリオ7:インテリジェンス・コミュニティとの相互運用性-Scenario 7: Interoperability with the intelligence community

前のシナリオの同じ軍団が、展開された統合任務部隊の中核として従事し続けている。 統合任務部隊のための純粋に軍事的な問題として始まったものは、現在、政策立案者と議会を含む緊張した全国的な議論の一部になっている。利害関係の増大を考慮して、統合任務部隊のインテリジェンス将校は、国家インテリジェンス機関の上級分析者との協力を開始する。統合任務部隊の分析者は、分析的トレードクラフトの経験がなく、国家レベルのカウンターパートとの不一致を裁定することを難しくしている。

たとえば、多くの配置された分析者は、下位階層の指揮官からの逸話(anecdotes)や評価を彼らの分析成果のビルディング・ブロックとして使用している。戦場の逸話は貴重であるが、国家レベルのインテリジェンス収集車からの生の報告と同じ厳密さと標準化では処理されない。インテリジェンス分析の共通標準の不足は、指揮系統全体にわたる危機の統一された見解を作成することを困難にする。

シナリオ8:時間に敏感な作戦間の分析的トレードクラフト標準Scenario 8: Analytic tradecraft standards during time-sensitive operations

米陸軍少佐は、国防情報局(DIA)での3年間のツアーの後、旅団戦闘チームの上級インテリジェンス将校(つまり、S2)として割り当てられる。米陸軍少佐は、国防情報局(DIA)のプロセスの一部を採用し、旅団インテリジェンス参謀全体にそれらを実装することを意図している。米陸軍少佐は特に、時間に敏感で危機的な環境で、どのようにしてトレードクラフト標準を適用し、強制するかを振り返る。たとえば、国防情報局(DIA)の分析者は、国防インテリジェンスの要約ノートを作成する際、依然としてトレードクラフト標準を遵守する。これは通常1段落であり、何が発生するかを評価せずに新しい動向を政策立案者に迅速に警告するようにデザインされている。

米陸軍の分析者は、指揮官にターゲッティングまたは部隊防護(force-protection)に関する情報を迅速に広めるときに、同様のタスクを実行する。さらに、国防情報局(DIA)は、危機セルを運用する際に、いくつかのトレードクラフト標準の施行を緩和するが、基礎となる標準は同じままである。同様に、米陸軍少佐は、リーダーが時間に敏感な周囲の事情の下でこれらの標準を適用し強制する方法に柔軟性を保ちながら、幅広い分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)を採用することを意図している。

今後に向けて:The Way Ahead

上記の8つのシナリオは、分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)が下位の組織階層での全情報源のインテリジェンス分析(all-source intelligence analysis)を国家レベルと同じくらい改善できることを示している。これらの標準は広範であり、各組織に個別に適用することを可能にし、組織に向いた方法で強制できるため、普遍的な価値を持っている。トレードクラフト標準は戦略的次元でのみ適用可能であるという優勢な見方は誤りである。実際、分析的トレードクラフト標準を採用する主な理由の1つである認知バイアスは、間違いなく下位の組織階層で最も広く行われる。

分析者は戦場で予期せぬ、時間に敏感な事象に遭遇するので、認知バイアスを抑制する可能性を高める批判的思考と創造的思考のための共通の枠組みによって導かれる必要がある。そうでなければ、彼らの評価は、彼らの個々の直観のみに基づいた混沌とした周囲の事情に対する規律のない反応になる。インテリジェンス・コミュニティの9つの分析用トレードクラフト標準は、全情報源のインテリジェンス分析(all-source intelligence analysis)が指揮官が期待し、それに値する厳格なレベルで実施されることを確実にする実証済みのメカニズムを提供する。

これらの標準が採用されると、米陸軍は、既存の訓練プログラムを大幅に中断することなく、全情報源のインテリジェンス分析者(all-source intelligence analysts)の開発方法の改善をすぐに開始できる。レードクラフト訓練には、特別な装備や設備は必要ない。さらに、米陸軍はアドバイスや専門知識を求めるために、インテリジェンス・コミュニティ全体の組織的関係を活用できる。訓練の改善を開始する最も簡単な方法は、インテリジェンス・コミュニティの9つの分析用トレードクラフト標準と一致するようにするために、評価標準を調整することである。

たとえば、指揮官への模擬ブリーフィング中に、インストラクターは研修生に、自分の評価に関連する信頼レベルを説明し、研修生が分析的議論の構成要素をどの程度理解しているかを評価するよう尋ねることができる。一部のトレードクラフト標準は、米陸軍のドクトリンと直接的な類似点があり、下位の組織階層のベストプラクティスとしてすでに採用されている。しかしかながら、これらは米陸軍全体で日常的に施行されている正式な標準ではないため、一貫性がないか、正しくない適用に導いている。

米陸軍は、分析的トレードクラフト標準(analytic tradecraft standards)を最初に実装し、残りのインテリジェンス・コミュニティとの協力を強化することで、各軍種の間のリーダーとなる機会を得た。国防総省の査察官が2018年12月に報告したように、戦闘軍に割り当てられた制服を着た分析者は、文官のカウンターパートほど分析的トレードクラフトを適用することはできない。このトレードクラフトの熟練度の格差は、国防総省の全情報源分析コミュニティ内の既存の相互運用性の懸念事項を悪化させている。

米陸軍分析者は、国家インテリジェンス機関や戦闘軍の文官のカウンターパートとして批判的思考と創造的思考のための枠組みを使用せずに指揮官に評価を提供している。この状況は、さまざまなレベルの意思決定者が共通の国家安全保障上の懸念事項に対処するために対話し、それぞれが異なる標準(場合によっては標準がない)を使用して開発されたインテリジェンス評価に基づいて運用するときに問題を引き起こす。それぞれの軍種は、分析的トレードクラフト標準を実装するための独自のアプローチが求められる。克服する最初のハードルは、米陸軍がそのような標準の実装からどのように利益を得ることができるかについての共通の認識を確実にすることである。

ノート

[i] JP 2-01.2 Counterintelligence and Human Intelligence in Joint Operations