機動戦の背景にある動的な非線形科学 Maneuverist #3

0

これまで、機動戦論者論文として紹介してきた3番目の論文を紹介する。戦争(war)や戦い(warfare)を科学的に理解する際に、線形的なものとしてとらえるのか、非線形的なものとしてとらえるかで、戦争や戦いに向き合う態度が大きく変わってくる。すなわち、戦争や戦いが予測可能なものなのか、予測不可能なものかといった見方である。

機動戦論者論文 第2号「動的な決闘」で、戦争の本質(The Nature of War)の議論を見てきたが、そこで見られた動的な状態がなぜ摩擦や不確実性、複雑性、無秩序などを生み出すのかを科学的理論で説明するのが非線形科学である。

あまりにも学術的な言葉が飛び交うので馴染みにくいが、機動戦(maneuver warfare)が成り立つ理論的根拠として理解することが必要であろう。この理解が、サイバースペースや宇宙の新たな領域(ドメイン)や電磁スペクトラムでの軍事的な機動の適用のアイデアへと繋げてくれるのではないかと期待されるものである。(軍治)

機動戦の背景にある動的な非線形科学:The dynamic, nonlinear science behind maneuver warfare

機動戦主義者論文第3号 Maneuverist No. 3

by Marinus

Marine Corps Gazette • November 2020

戦争と戦い(war and warfare)は常に複雑で動的であり、「カオスの縁にある」現象である。(機関誌「レザーネック」の写真)

機動戦論者論文第2号「動的な決闘(The Zweikampf Dynamic)」(海兵隊ガゼット10月号)は、「用兵(Warfighting)」が答えようとしている中心的な問題に対処した。この論文では、1990年代に出現し、1997年の「用兵(Warfighting)」の改訂に大きな影響を与えた、動的な非線形科学(dynamic, nonlinear sciences)、特にカオスと複雑性(complexity)の理論のレンズを通して、その非線形性をより深く探求する。

1989年にFMFM1で最初に記述された機動戦(maneuver warfare)の基本理論と哲学は、1997年6月のMCDP 1の発行によって損なわれていなかったが、米海兵隊が戦争と戦い(war and warfare)について考える方法はいくつかの重要な点で変わった。これらの新しいアイデアは、以前のマニュアルではほとんど暗黙的であったが、改訂により、より明確になった。これらのアイデアと非線形性がもたらす洞察により、「用兵(Warfighting)」の第2版は第1版よりもコンセプト的に深くなっている。

戦争はカオスである。戦争は複雑である。これらは明らかな真実である。ただし、用語の定義レベルが異なるため、ここにはより深い意味がある。日常の使用では、カオスとは、無秩序(disorderly)、混乱(confusing)、または明らかに無作為(random)なものを指す。日常の使用では、複雑性(complexity)は、複雑で、手の込んだ、または多くの部分で構成されているものすべてを表す。しかし、これらの用語には、より具体的な意味もある。カオスと複雑性(complexity)は、1990年代に目立つようになった動的な非線形科学(dynamic, nonlinear sciences)の分野である。それらは、戦争と戦い(war and warfare)を含む古典科学による説明に着実に反抗している自然界の膨大な数の現象を説明している。

科学と軍事理論:Science and Military Theory

軍事理論家は、戦争の理解と説明を助けるために科学に頻繁に目を向けてきました。孫子は、彼の軍事コンセプト(military concepts)を説明するために、自然からの類推を頻繁に採用した。彼は科学の分野自体を認識していなかったであろう(我々が知っている物理学は約2000年の間作成されなかったであろう)が、彼は次のように書いたときに観察可能な自然法則に依存していた。

状況に依存する彼は、丸太や石を転がすように部下を使って戦う。現在、丸太や石の性質は、安定した地面では静止しているということである。不安定な地面では、彼らは動く。正方形の場合、それらは停止する。丸い場合、彼らは転がる。したがって、会戦(battle)で巧みに指揮された軍隊の可能性は、山の高さから転がり落ちる丸い岩の可能性と比較することができる[1]

流れる水が高さを避けて低地に急ぐのと同じように、軍隊は水に例えられるかもしれない。そのため、軍隊は強さを避け、弱さを打ちます。そして、水が地面に合わせて流れを形作るので、軍隊は敵の状況に応じて勝利を管理する[2]

最初の文節は、重力と摩擦に関する孫子の直感的な理解を反映している。2番目の文節は、流体力学に対する基本的な理解を反映している(ただし、彼はどの用語も認識していなかったであろう)。

カール・フォン・クラウゼヴィッツはまた、彼の軍事コンセプト(military concepts)を説明するために物理科学に大きく依存していた。戦争では科学の隠喩でいっぱいである。たとえば、化学と古典物理学の両方からのアナロジーを使用して、クラウゼヴィッツは次のように書いている。

戦争は暴力の脈動であり、強さはさまざまであり、したがって、戦争が爆発してエネルギーを放出する速度もさまざまである。戦争はさまざまな速度で目標を達成する。しかし、それは常に、到達目標に影響を及ぼし、それ自体の行動方針が何らかの方法で変更されるのに十分な長さで持続する[3]

ここで同じ箇所で、クラウゼヴィッツは爆発的な化学反応の隠喩を使用し、その直後に重力のように互いに作用する物理的な物体の隠喩を使用した。

クラウゼヴィッツの最も重要なコンセプトの2つである摩擦と重心は、古典的なニュートン力学であった当時の最先端の科学に直接由来している。

家の近くで、機動戦理論(maneuver warfare theory)のゴッドファーザーであるジョン・ボイドは、科学に没頭した訓練を受けたエンジニアであった。熱力学の第二法則、ゲーデルの不完全性定理、およびハイゼンベルクの不確定性原理は、ボイドの考え方の基礎であることが特に証明された[4]

ボイドの理論は、彼のブリーフィングスライドと彼の個人的な本の注釈付きコピーが確認するように、戦争の非線形性の本質(nonlinear nature of war)に対する彼の深い理解に大きく依存していた[5]。実際、ボイドは非線形理論が「新しい科学」であるという提案に強く反対した。彼は「20世紀の科学」という用語をしぶしぶ受け入れたが、初期の思想家は早くも18世紀に非線形科学を探求し始めたと述べた。

18世紀以来、現代科学は軍事理論に影響を与えてきた。(写真:ジャスティン・ハフティ米海兵隊伍長)

背景:Background

1994年9月に司令官の最後の年に入ると、カールE.マンディジュニア将軍は、後継者がそれらに対処するための短い計画期間で重大な課題に直面することを認識し、米海兵隊の未来を考えるための7か月の一連の将官ワークショップを作った。彼は米海兵隊の副司令官であるリチャード・D・ハーニー将軍に、まもなく「ビジョン21」プロジェクトと題された取り組みを主導するよう指示し、すべての軍団の中将といくつかの少将に参加を任命した。

これらの将軍の1人が次の司令官になる。その将校が誰であろうと、彼は軍団を特定の方向に動かす方法をすでに考えていたという利点がある。さらに、彼を支援する他の上級将校は、新しい司令官の考えに情報を与えた知識に精通しているであろう。1995年4月、ビジョン21の参加者は、新しい司令官であるチャールズクルラック将軍が、司令官からの最初のそのようなガイダンスである彼の司令官の計画ガイダンス(1995年7月1日付け)の一部のために大いに利用したレポート草案を作成した[6]

ワークショップを促進するために参加した数人のコンサルタントの中には、アーリントン研究所の未来派のジョンピーターセン、著名なサイエンスライターのM.ミッチェル・ウォルドロップ、軍事歴史家のロジャー・ボーモント(米軍の学者)がいた[7]。これらの3人の男性は、ビジョン21の参加者に非線形性の新しい科学を紹介した。ハーニー将軍は、この発展途上の科学に特に関心を持ち、さまざまな分野のさまざまな当局とのその後の会議を主催した。

彼はまた、他の上級役員が動的な非線形の基本に精通することを奨励した。1995年7月、米海兵隊戦闘開発コマンドの司令官は、戦争と戦い(war and warfare)に関連する非線形科学の調査を指示した。ウォルドロップの本「複雑性:秩序とカオスの縁にある新たな科学(Complexity:The Emerging Science at the Edge of Order and Chaos)」は、米海兵隊戦闘開発コマンドで必読になった[8]

小さな部隊レベルでも、戦術的な諸兵科連合の目標は、敵のシステムの一貫した機能を「崩壊」させることである。(写真:クリントン・ファーストブルック米海兵隊上級曹長)

重要な初期製品の1つは、米海兵隊戦闘開発コマンドが後援する海軍分析センターの研究「陸戦(Land Warfare)と複雑性(complexity)」からの報告であった[9]。米海兵隊戦闘開発コマンドはまた、複雑性(complexity)の研究のメッカであるサンタフェインスティテュートとの継続的な関係を確立した[10]

これらの努力の結果、戦争は深く非線形の現象として、軍事力は複雑適応系(complex adaptive systems)として理解された。米海兵隊がこの初期の科学を探求することから得た洞察は深遠であることが証明され、米海兵隊の教義と専門の軍事学校のカリキュラムへの道を見つけた。

システム:Systems

ここでは、「システム」について多くの時間を費やす。そのコンセプトは、複雑性(complexity)と機動戦(maneuver warfare)の両方を理解するために重要である。我々の目的では、システムは相互に関連して立っているものの集まりであり、より大きな全体を構成していると考えることができる。システムは、経済システム、政治システム、生態系システム、コンピューターシステム、ホームエンターテインメントシステム、そして社会システムと、いたるところにある。システムは、自然または人工、生物学的または技術的、具体的または抽象的である可能性がある。

自動車は、トランスミッション、ブレーキ、サスペンション、冷却、電気、およびそれ自体がシステムであるその他のコンポーネントで構成されるシステムである。最小の昆虫からシロナガスクジラまで、すべての動物は、その成長と生存を一緒に促進する複数のサブシステムで構成されるシステムである。宗教は信念と道徳的実践のシステムであり、理論は関連するコンセプトのシステムである。

ライフル分隊は、割り当てられたタスクの達成に向けて協力する13人の米海兵隊員の致命的なシステムである。海兵空地任務部隊は、任務の達成に向けて補完的に機能する指揮、地上、航空、および兵站部隊のシステムである。さらに言えば、戦争(2つの軍事システム間の敵対的な相互作用)はシステムである。

システムはいたるところに見られるが、別の意味では、実際のシステムは世界にない。世界に存在するのは、物質、エネルギー、そして情報である。「システム」は、我々がその問題、エネルギー、情報に課す精神構造であり、構造と理解を提供して、その世界でよりよく機能できるようにする。その意味で、我々の周りのシステムをどのように定義するかは我々次第であり、それらのシステムを定義するいくつかの方法は他の方法よりも便利である。機動戦(maneuver warfare)は非常にシステミックなドクトリンである[11]

それは、戦闘力を生成し、それを我々に対して適用するために一緒に機能するコンポーネントのシステムとして敵を考える必要がある。それには、そのシステムの重要性と脆弱性を特定し、それらを攻撃して、システムの一貫した機能を外部から粉砕するのではなく、混乱させる、または文字通り「崩壊」させることが含まれます。または、ボイドが言うのが好きだったように、「敵のシステムを内側から引き裂く」。

線形性と非線形性:Linearity and Nonlinearity

非線形性は、それが「線形」でないかという観点から定義される。線形システムは、比例性と加法性という2つの基本的な特性を示す[12]。比例性とは、原因とその影響が比例していることを意味する。システムへの入力が大きいと、それに応じて出力も大きくなり、その逆も同様である。

加法性とは、全体が部分の合計に等しいことを意味する。システムは相乗的な性質を示しません。したがって、加法システムは、システムを構成要素に分解し、部分を理解し、部分を再組み立てしてシステム全体を理解することによって理解できる。

線形システムは予測可能である傾向がある。したがって、より知識が豊富で制御可能であると認識される。非線形システムと比較して、それらの振舞い(behavior)は「調教(tamer)」され、より信頼性が高く、より論理的である。まさにその用語は、線形性が規則であり、非線形性が例外であることを示唆しているが、実際には、我々が住んでいる世界は主に非線形システムで構成されている。数学者のスタニスワフ・ウラムはかつて、「非線形科学(nonlinear science)」という用語は、動物界の大部分を「非象(non-elephants)」と分類するのとほぼ同じくらい有用であると述べた[13]

機動戦論者論文No.2で説明したように、戦争は非常に非線形である。クラウゼヴィッツはこれを直感的に理解した。彼はそれを書いた

成功は、単に一般的な[つまり主要な]原因によるものではない。多くの場合、特定の要因が決定的である可能性がある。詳細は、その場にいた人だけが知っている。決して明らかにならない道徳的要因もあり得る。一方、問題は偶然や事件によって決定されるので、歴史を単に逸話として理解することができる[14]

S.L.A. マーシャルは彼の部下の火力に対する同じ現象を次のように説明している。

歩兵にとって、我々の時代のマイナーな戦術の素晴らしい教訓は…適切な時間に適切な地面から発射される比較的少量の火力の圧倒的な効果である。大衆はそこにあり、どこかで支えられており、重要な要素を適切な場所に配置するために機動性が必要であった。しかし、我々の大勝利のほとんど(そして我々の敗北のいくつか)の顕著な特徴は、彼らが数人の男性の射撃行動に軸足を置いたことであった[15]

非線形性による加法性の違反について、クラウゼヴィッツは次のように書いている。「しかし、戦争では、他のどの主題よりも、全体の本質を調べることから始めなければならない。ここでは他のどこよりも、部分と全体を常に一緒に考えなければならない[16]

重要なことに、非線形システムは一般に、正または負の可能性がある広範なフィードバックによって特徴付けられる。正のフィードバックは強化効果または乗算効果を生成するが、負のフィードバックは減衰またはバランス効果を生成する。最小限のフィードバックメカニズムを持つ傾向がある線形システムと比較して、戦争はフィードバックループの複雑で階層的なシステムによって特徴付けられ、いくつかはデザインされていますが、多くは意図せず、認識されていない。正であろうと負であろうと、フィードバック結果は定義上非線形である[17]

海兵空地任務部隊(MAGTF)のすべての指揮階層は、複雑適応系(complex adaptive systems)である。(写真:ジャスティン・ハフティ米海兵隊伍長)

カオスと複雑性:Chaos and Complexity

非線形性は、カオスとした、または複雑な振舞い(behavior)に現れる。大まかに言えば、カオス理論は、一見無作為(random)で予測不可能な動作をもたらす(多くの場合単純な)決定論的ルールに準拠する無生物のシステムを指す。カオスなシステムは非線形であり、初期条件に敏感である。つまり、条件のわずかな変化(測定不可能な場合でも)は、非常に異なる結果につながる。

すべての開始条件を正確に再現できれば(不可能である)、システムはまったく同じように動作し、その動作を自信を持って予測できる。自由意志(free will)や「決定(deciding)」は関係ない。決定論的にカオスとしたシステムの究極の例は天気であり、数学者から気象学者に転向したエドワード・ローレンツが「バタフライ効果」という用語を作り出した。「今日の北京で空気をかき混ぜる蝶は、来月ニューヨークの嵐システムを変えることができる[18]

戦争にはいくつかの動的なカオスが存在するが、戦争を理解するためにはるかに興味深いのは複雑性(complexity)理論である。科学的には、複雑性(complexity)は、相互作用的に複雑な自己組織化適応を示すシステムの研究を扱う。これらのシステムはさまざまな名前で知られており、最も一般的には複雑適応系(complex adaptive systems)である。複雑適応システムとは、相互作用する多数のパーツまたはエージェントで構成されるシステムであり、それぞれが独自の状況に応じて個別に動作する必要があり、そのように動作することで、他のすべてのエージェントに影響を与える状況が変化する。

アリのコロニーは複雑適応系(complex adaptive systems)である。市場経済は複雑適応系(complex adaptive systems)である。(コマンドエコノミーは、市場経済を「線形化」しようとしたときに得られるものである。)サッカーチームは、他のチームと同様に、複雑適応系(complex adaptive systems)である。戦闘パトロールは、地形を移動するときにフォーメーションを変更し、敵の状況に反応するため、複雑適応系(complex adaptive systems)である。世界は、ジャズバンド(オーケストラではありません)、蜂の群れ、オオカミの群れ、社会、コミュニティ、鳥の群れなど、複雑適応系(complex adaptive systems)でかなり溢れている。

そしてもちろん、どの階層の軍事部隊も複雑適応系(complex adaptive systems)であるか、そうであるべきである。何かを複雑適応系(complex adaptive systems)と呼ぶことは、必ずしもそれがうまく適応することを意味するわけではない。複雑な不適応システムと呼ばれる方がよいかもしれないが、それらは長くは存続しない傾向がある。環境内で存続し繁栄し続けてきた複雑適応系(complex adaptive systems)は、効果的に適応することを学んだ。それらは、単一点障害からそれらを保護する組み込みの冗長性を持っている傾向がある。

ノーベル経済学者のF.A.ハイエクは、そのようなシステムは本質的に分散しているため、拡張した秩序(extended orders)と呼んだ[19]。拡張した秩序(extended orders)は、「情報収集プロセスを構成し、個人はもちろんのこと、中央計画策定機関が全体として所有または統制することのできない、広く分散した情報を呼び出して使用することができる[20]

複雑系(complex system)は、エージェントの多数の個別の「決定」によって推進されます。複雑性(complexity)理論の優れた説明の中で、クラウゼヴィッツは次のように書いている。

軍用の機械(軍隊とそれに関連するすべてのもの)は基本的に非常に単純であるため、管理が容易なようである。しかし、その構成要素はどれも1つのピースではないことを覚えておく必要がある。各ピースは個人で構成されており、そのすべてが摩擦の可能性を保持している…大隊は個人で構成され、最も重要でない人は物事を遅らせたり、何とか間違いを犯したりする可能性がある[21]

クラウゼヴィッツは、摩擦の原因として、この分散した性質を否定的な言葉で投げかけていることに注意を要する。しかし、個人または小さな部隊のリーダーが機会を利用するために率先して行動する場合、それは肯定的なこともある。

複雑性(complexity)は、システムの個々のコンポーネントの行動の自由度の関数である。一般に、動作の自由度が高いほど、複雑性(complexity)は大きくなる。適切な条件下では、部品の数が少ないシステムでも、決闘(Zweikampf)でさえ、複雑な振舞いを引き起こす可能性がある。コンポーネントの数と種類は複雑性(complexity)に貢献するが、複雑性を生み出すことはできない。

F / A-18スーパーホーネットには多数のシステムとサブシステムを有しているが、それらの相互作用には自由度がない。航空機をデザインしたエンジニアが想定したように、これらは1つの方法でのみ相互作用する。このようなシステムは非常に複雑に作られている(complicated)が、それほど複雑(complex)ではない。デザインどおりに機能を発揮する場合、航空機は正確かつ確実に制御できる。ただし、コンポーネントがデザインどおりに相互作用しなくなったら、取り除く時期になる可能性がある。

重要なことに、複雑適応系(complex adaptive systems)は、創発(emergence)として知られる品質を表す。創発(emergence)は、複雑適応系(complex adaptive systems)におけるエージェントの相互作用から生じる質的に異なるシステム振舞いである。ムクドリの群れを考えてみる。無数の個々の鳥がそれぞれ独自の地域の状況に応じて個別に行動し、反応するが、集合体は、それは単一の、統制された心を持っているかのような、単一のエンティティのように機能し、ジグザグに動き、瞬時に敏捷に元に戻る。群れはそれ自身の品質を持っている。しかし、ムクドリには「群れ」のコンセプトはない。彼らのDNAに刻印されている構造はない。群れの振舞いは、個々の鳥が鳥であることで現れる。

創発(emergence)は、自発的な構造と制御の一形態である。これにより、個々のエージェントが意味のある高次システムを形成できる。これは、全体が部分の合計よりも大きいという加法性特性(additive property)の違反である。したがって、複雑系(complex system)では、構造と制御が下から現れる。それらは上からのみ課せられるのではなく、戦い(warfare)では指揮統制に影響を及ぼす。

健全な複雑適応系(complex adaptive systems)は、秩序とカオスの間の変動するバランスポイントである「カオスの縁(edge of chaos)」に存在すると言われている。ウォルドロップによれば、カオスの縁は「停滞と無秩序の間で絶えず変化する戦闘地帯(battle zone)であり、複雑系(complex system)が自発的(spontaneous)、適応的(adaptive)、そして生存(alive)することができる1つの場所」である[22]。複雑系(complex system)の秩序が多すぎると、カオスになりすぎ、方向性がなくなり、一貫性がなくなり、それは、堅固で非適応的になる。

健全な複雑適応系(complex adaptive systems)は、完全に平衡状態に固定されることはないが、制御不能になることはない。カオスの縁にある複雑適応系(complex adaptive systems)は、それ自体を維持するのに十分な構造と、さまざまな状況に適応するのに十分な流動性を備えている。予測不可能性(unpredictability)、革新性(innovation)、創造性(creative)が生まれるのはカオスの縁にある。

新たな非線形科学(nonlinear sciences)は、戦争の本質(nature of war)に対する新しい洞察を提供した。カオスと複雑性(complexity)は単に戦争の隠喩を提供するだけでなく、戦争は決定論的にカオスとし、動的に複雑であると見なされることを提出する。これらの洞察はすぐに米海兵隊ドクトリンへの道を見つけた。MCDP 1には、FMFMにはなかった非線形性、複雑性(complexity)、およびシステムに関する議論が含まれていた。(我々は、非線形性の議論は、より大きな扱いに値すると信じている。)MCDP 5「計画策定(Planning)」、およびMCDP 6「指揮統制(Command and Control)には、同様の例が含まれている。3つのマニュアルすべての巻末注は、非線形システムに関する重要な研究を参照している。

なぜそれが重要なのか?:Why Does it Matter?

米海兵隊で開発された機動戦理論(maneuver warfare theory)は、非線形で動的な科学が広く認識される前から存在していたが、ジョン・ボイドのような一部の人々はその意味を明確に理解していた。しかし、非線形科学は機動戦理論(maneuver warfare theory)を強く裏付けている。

それらは、我々が収集する情報の量や状況に適用する技術の量に関係なく、戦争と戦い(war and warfare)は本質的に不確実で予測不可能であるという点を強調している。カオスと複雑性(complexity)は、「用兵(Warfighting)」と同じように、確実性(certainty)、秩序(order)、効率(efficiency)を課そうとするよりも、戦い(warfare)に固有の摩擦(friction)、不確実性(uncertainty)、無秩序(disorder)にもかかわらず、最終的には作戦することを学ぶほうがよいことを教えてくれる。

複雑性(complexity)は、集権化された指揮(centralized command)が本質的に分散された戦いの本質(nature of warfare)と互換性がないことを特に示唆している。それは、戦い(warfare)をより統制しやすくするために線形化する試みを構成する。結局、それは作戦の適応性を低下させ、そして、カオスと複雑性(complexity)のもう1つの重要な教訓は、適応性(adaptability)が絶対に不可欠であるということである。

その適応性(adaptability)は、可能な限り多くの行動の自由を隷下部隊に与えることによって最もよく達成される。動的な非線形科学(dynamic, nonlinear sciences)は、システムが「カオスの縁」でサーフィンをしているときに、システムが最も適応性があり、予測不可能で、創造的であることを示している。しかし、米国の作戦は、秩序と統制のためにこれらの資質を日常的に犠牲にしている。創発(emergence)の特性は、適応型の指揮統制(adaptive command and control)がトップダウンだけでなくボトムアップでなければならないことを示唆している。

動的な非線形科学(dynamic, nonlinear sciences)は、状況を人為的にカテゴリに分解しようとする線形計画アプローチ(DIMEやPMESIIを考える[23])では、状況の全体を把握できないことが多く、システミックな作戦デザインなどのより包括的なアプローチ(少なくとも 当初想定されていたように)、より多くの可能性を示す。

最後に、機動戦論者論文第2号で述べたように、カオスと複雑性(complexity)は、「機動戦(maneuver warfare)の重要な側面は、敵(またはより広く状況)をシステムとして捉え、そのシステムを引き裂く方法として非線形性を見つけたり、生み出したり、活用したりする実力(ability)である」と主張している。

幸いなことに、我々は、過去25年間に、一部の米海兵隊の指導者が戦争と戦い(war and warfare)の非線形的な見方の重要性を理解している兆候が見てきた。ジェームズ・マティス将軍の作戦へのアプローチは、確かに彼が非線形の考え方を持っていることを示している。彼は最近、「内在するカオスは、研究を通じて、「用兵(Warfighting)」とその影響を本当に理解したときに、私の計画から多くの詳細を省くことの起因となった」と述べた[24]。さまざまな指揮階層の海兵隊指揮官についても同じことが言えるが、その理解がどれほど広まっているのかは議論の余地がある。

今後の展望:Looking Ahead

我々が予想しているように、17年間の戦争は、米海兵隊員はその根底にある理論よりも戦いの実践に焦点を合わせるようになった。これは、米海兵隊員がもはやそれらの理論を認識する必要がないことを意味しているのか? いいえ、理論は行動に影響を与える重要なコンセプトを記述し、説明する。実際、すべての専門職は彼らの実践において理論に依存している。米海兵隊員は、武力の専門職を研究および実践する際に、機動戦理論(maneuver warfare theory)に精通している必要がある。

米海兵隊が将来、新しい敵対者に対抗するために組織、兵器システム、および作戦上のアプローチを調整し始めると、米海兵隊のリーダーは、現在のアプローチの根底にあるコンセプトと理論を理解する必要がある。このタスクを達成するために、彼らは非線形科学とそれが戦争と戦い(war and warfare)にどのように影響するかを理解する必要がある。

ノート

[1] 孫子著「兵法」S.B.グリフィス訳(London, UK: Oxford University Press, 1963)

[2] 前掲

[3] カー・フォン・クラウゼヴィッツ著「戦争論」マイケル・ハワードとイーター・パレット訳(Princeton, NJ: Princeton University Press, 1984)

[4] ボイドはかつて、将来の海兵隊長に、第二法則を理解しなければ偉大な指揮官になることはできないと語った。

[5] バージニア州クワンティコの海兵隊大学海兵隊歴史課アーカイブ部門。例として、ジェイムズグリックの「カオス:新しい科学を作る」(New York, NY: Penguin Books, 1987)のボイドの注釈付きコピーを参照のこと。

[6] 海軍分析センター、ビジョン-21ソースブック、第I巻:プロセス(Alexandria, VA: Center for Naval Analyses, March 1996)

[7] https://arlingtoninstitute.org を参照のこと、M・ミッチェル・ウォルドロップ著「複雑性:秩序とカオスの縁にある新しい学」(New York, NY: Simon & Schuster, 1992)、ロジャー・ボーモント著「戦争、カオス、歴史」(Westport, CT: Praeger, 1994)

[8] M.ミッチェル・ウォルドロップ著「複雑性:秩序とカオスの縁にある新たな科学」(New York, NY: Simon & Schuster, 1992)

[9] 本研究の第2部、アンドリュー・イラチンスキーの「陸戦研究における非線形ダイナミクスと複雑系理論の適用性の評価」(Alexandria VA: Center for Naval Analyses, 1996)は多くの米海兵隊員にとって最大の関心である。

[10] 1984年に設立されたサンタフェ研究所の詳細については、www.santafe.eduを参照のこと。1996年に設立されたニューイングランド・コンプレックス・システムズ・インスティテュートの情報については、https://necsi.edu/も参照のこと。一部の人々はそれを「東海岸のサンタフェ研究所」と呼んでいる。

[11] 我々は、システミックとシステマティックの間に重要な違いを描く。「システミック」とは、関連する部分から成る全体を指す。「システマティック」とは、完全な、意図的で、系統的な、計画に従う何かを指す。

[12] アラン・D・ベイヤーチェンの「クラウゼヴィッツ、非線形性、戦争の予測不可能性」(International Security 17: 3, Winter, 1992)での優れた議論を参照のこと。

[13] https://physics.sciences.ncsu.edu/research/nonlinear-dynamicsを参照のこと。

[14] クラウゼヴィッツ著「戦争論」

[15] S.L.A.マーシャル著「火力に対する男たち:将来の戦争における会戦指揮の問題」(Gloucester, MA: Peter Smith, 1978)

[16] クラウゼヴィッツ著「戦争論」

[17] ジョン・F・シュミット著「指揮と統制(統制不能):複雑理論の軍事的影響」、デビッド・S・アルバーツとトーマス・J・チェルウィンスキー編集「複雑さ、グローバル政治、国家安全保障」(Washington, DC: National Defense University, 1997)

[18] ジェームズ・グレイク著「カオス:新たな科学を作る」(New York, NY: Penguin Books, 1987)からの引用

[19] F.A. ハイエク著W.W. バートリー 3世編集「致命的なうぬぼれ:社会主義の誤り」(Chicago, IL: University of Chicago Press, 1988)

[20] 前掲

[21] クラウゼヴィッツ著「戦争論」

[22] M.ミッチェル・ウォルドロップ著「複雑性:秩序とカオスの縁にある新たな科学」

[23] DIMEは外交・情報・軍事・経済(Diplomatic-Informational-Military-Economic)の略語、PMESIIは政治・軍事・経済・社会・インフラ・情報(Political-Military-Economic-Social-Infrastructure-Information)の略語

[24]2020年8月24日のマティス将軍と著者とのプライベートな会話。