マルチドメイン作戦:大国間競争のための米陸軍の将来の作戦コンセプト

0

マルチドメイン作戦(Multi-Domain Operations)に関する米陸軍等の記事をこれまで紹介してきたところである。今回は、米陸軍の高等教育の機関であるThe School of Advanced Military Studies(SAMS)の学生の2019年の論文を紹介するものである。

この論文は、第二次世界大戦のソロモン諸島の戦役の歴史的事例研究の視点からマルチドメイン作戦の重要な事項の検証をしたものである。(軍治)

マルチドメイン作戦:大国間競争のための米陸軍の将来の作戦コンセプト

Multi-Domain Operations: The Army’s Future Operating Concept for Great Power Competition

LTC Alex R. Garn

Michigan Army National Guard

要約:Abstract

はじめに:Introduction.

文献研究:Literature Review..

方法論:Methodology.

マルチドメイン作戦:Multi-Domain Operations

ソロモン諸島の戦役:Solomon Island Campaign.

分析:Analysis.

結論:Conclusion.

要約:Abstract

マルチドメイン作戦:大国間競争(great power competition)のための米陸軍の将来の作戦コンセプト、ミシガン米陸軍国家警備隊米陸軍中佐アレックス・R・グラン、59ページ。

永続的で新興国は、ドメインでの圧倒性(overmatch)、物理的なスタンドオフ、および軍事力の優越性を達成するために軍事近代化プログラムに多額の投資を行うことにより、地政学的景観を再形成している。国防総省は、21世紀のアメリカの軍事的支配を維持し、前進させる革新的な方法を特定して投資するために、2014年に国防革新取り組み(Defense Innovation Initiative)を発表した。この取り組みを通じて、国防総省は、大国間競争(great power competition)に参加し、武力紛争中に勝利するための3番目の「オフセット」戦略を開発した。

米陸軍は、新しい防衛戦略を支援し、近代化を推進し、将来の闘い(future fight)に備えるために、マルチドメイン作戦(Multi-Domain Operations)と呼ばれる新しい将来の作戦コンセプトを開発した。マルチドメイン作戦(MDO)理論は、競合するドメインの問題と、紛争における中国とロシアの作戦によって提示される接近阻止・領域拒否(A2 / AD)の脅威を解決する、相互に関連する3つの信条を提案している。これらの信条は、調整された戦力態勢(calibrated force posture)、マルチドメイン・フォーメーション、および収束(convergence)である。この研究論文は、歴史的なケーススタディである第二次世界大戦中のソロモン諸島の戦役のレンズを通して、3つのマルチドメインの信条の有効性を検証する。ケーススタディは、軍事専門家との議論、分析、および作戦コンセプトのさらなる改善を促進するのに役立つことになる。

はじめに:Introduction

将来を予測することはできないが、私たちの国が米国の陸軍を呼び続けることは間違いない。今後、私たちは移行期の陸軍になる。進化する脅威に備えるため、米陸軍は最近の戦闘(combat)で学んだ教訓を適用する。

—レイモンド・T・オディエルノ米陸軍大将、ADP 1陸軍、2012年

国際関係と大国間の競争(competition between great powers)がグローバル・コモンズのバランスにある中、第三次世界大戦は、地平線を越えているのか?米国、中国、ロシアなどの大国間の敵意(enmity between great powers)は、すべて国益の名の下に、経済的資源、地理的主権、および軍事的優越性をめぐる競争を通じて成長し始めている。米軍は、能力と強さが一致する外国の在来軍と戦った場合、複雑で明確に定義されていない課題に直面する。架空の本、P.W.シンガーとオーガスト・コールによる「ゴースト・フリート」は、米国が対等の超大国との世界規模の戦争に巻き込まれている恐ろしくてもっともらしい未来を思い起こさせる。

中国は、ロシアの支援を受けて、国防情報局(Defense Intelligence Agency)に感染する中国製のマイクロチップのマルウェアを介した大規模なサイバー攻撃を活用し、その後、すべての米軍の指揮、統制、通信、コンピューター、およびインテリジェンス・ネットワークを時代遅れにすることで真珠湾攻撃とハワイ諸島の占領を可能にする西太平洋での支配を獲得する。冷戦の21世紀版では、米国の退役軍人がノース・ショア・ムジャヘディーンと呼ばれる武装勢力を組織し、10代のコンピューター・ハッカーがデジタル遊技場で戦い、シリコンバレーの億万長者が宇宙でのサイバー戦(cyber-warfare)に動員して中国の衛星戦(satellite warfare)を無力化した。米海軍予備艦隊の軍艦は、海上で中国人と戦うための「ゴースト・フリート」を形成する[1]

ウォルマートなどの民間商業企業は、3Dプリント技術を使用してサプライチェーンを確立することにより、戦争遂行に貢献している。北大西洋条約機構(NATO)は、中国とロシアの地政学的圧力の下で崩壊する。レールガン技術の採用は、米海軍の火力の致死性を2倍にする[2]。「ゴースト・フリート」は、将来の戦争と戦い(future wars and warfare)に関するハイテク地政学的ビジョンを提供する。北大西洋条約機構(NATO)の最高連合国遠征軍司令官のジェイムズ・スタブリディス米海軍(退役)提督は、「ゴースト・フリートは未来の戦争の驚くべき青写真である」と述べた[3]。米陸軍の将来のマルチドメイン作戦の作戦コンセプトは、将来の戦争で闘い、勝利する方法に関する枠組みを提供することにより、現実と空想科学小説の間のギャップを埋めることを目指している。

大国間競争(great power competition)の時代に新たな世界的な脅威に立ち向かうために米軍全体で変革(transformation)が始まると、米軍は新たな課題に直面する。イラクとアフガニスタンの2つの異なる前線での17年間の長引く紛争は、大国間の競争と紛争(great power competition and conflict)における米国の軍事的比較優位性を侵食した[4]。米軍は、非対称の脅威に対するドメインの優越性に満足するようになった。過去数十年にわたって、潜在的な敵対者(potential adversaries)は、米国のドメインの圧倒性(overmatch)に対抗する手段と方法を開発するために、米国の軍事力、ドクトリン、および文化を綿密に研究した。

中国とロシアの修正主義勢力は、戦域へのアクセスを拒否し、連合の団結に挑戦し、マルチドメインの接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムを通じて、作戦および戦術的レベルでの行動の自由を否定する、新たな優れた能力を示している。これらの大国は、武力紛争のしきい値を下回って積極的に競争し、グローバル・コモンズで権力と強さを間接的に達成しようとしている。対等の敵対者(peer adversaries)は、将来の紛争で米軍の根本的な問題である競争と武力紛争の両方で米国の影響力を遠ざけるために、戦略的な政府全体のレベルから戦術的レベルまでの複数の層のスタンドオフを提示する。

最近の紛争では、米陸軍の地上部隊は、争われたドメインである地上のドメインで、争われていない空、海、および宇宙の支援を受けて作戦した。将来に目を向けると、米軍は、すべての分野で同様の軍事力と技術を備えた反対勢力に直面する可能性がある。これらの新たな脅威と戦略的環境における高まる課題に対応して、米陸軍は、マルチドメイン作戦(MDO)と呼ばれる将来の紛争で米陸軍が統合作戦をどのように実施するかについての洞察を提供する新しい作戦コンセプトを開発した。新しい米陸軍作戦コンセプト(AOC)の中心的なテーマは、米陸軍ドメインの他のドメインに「優位性の窓(windows of advantage)」を開くことである。マルチドメイン作戦(MDO)は、政府全体のアプローチから戦術的レベルへの階層化されたスタンドオフ(layered stand-off)に対する米陸軍の解決策である。

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、2017年12月に、「マルチドメイン・バトル:21世紀の諸兵科連合の進化2025年-2040年(Multi-Domain Battle: Evolution of Combined Arms for the Twenty-First Century 2025-2040)」と呼ばれる文書を公開した。これは、米陸軍の将来のビジョンと米陸軍での戦い方を説明している。より具体的には、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、競合するドメインに直面する問題の解決策を明示的に提供する。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、統合部隊(JF)とパートナーは、将来の作戦環境で成功するために、「解決策の3つの構成要素」を作戦可能にする必要があると主張している。マルチドメイン作戦(MDO)の解決策の3つの構成要素は、戦力態勢(force posture)、弾力性(resiliency)、および収束(convergence)である[5]。より最近の米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の出版物は、これらの解決策をマルチドメイン作戦(MDO)の相互に関連する信条としてラベル付けした[6]

米陸軍は、敵対者の既成事実の戦役(fait accompli campaign)を防ぐために戦力態勢(force posture)を調整し、拡張された戦場で半独立して機動できる弾力性のあるフォーメーションを採用し、機動を可能にする優位性の窓(windows of advantage)を作成する能力を収束することによって、これらの接続された解決策の構成要素を作戦可能にする。マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトによれば、これらの信条は、競争と武力紛争の両方における軍事作戦に適用できる。この研究論文は、武力紛争内でのみマルチドメイン作戦(MDO)理論を検証するものである。マルチドメイン作戦(MDO)理論を評価する目的(purpose)は、軍事専門家間の議論を促進し、公式および非公式の実験を生成し、作戦コンセプトの将来の発展のための調査を作成し、理論のさらなる評価を可能にして適応に近づけることである[7]。その後、受け入れられた将来の作戦コンセプトは、戦力計画策定要件の変革(transformation)を推進する。

この研究が調査する研究課題は、マルチドメイン作戦(MDO)の信条(収束(convergence)、戦力態勢、およびマルチドメイン・フォーメーション)が、ほぼ対等な敵対者(near peer adversary)との将来の武力紛争における戦略的目標を達成するための重要な要素であるかどうかである。歴史的なケーススタディのレンズを通してマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトを検討することは、将来の作戦上の安全保障環境へのマルチドメイン作戦(MDO)の適用性の評価に役立つことになる。この研究は、マルチドメイン作戦(MDO)の信条が将来の武力紛争でほぼ対等な敵対者(near peer adversary)を打ち負かすのに適用可能であると結論付けるために、論文を支持する3つの仮説を調査する。そのために、この研究では、1942年8月から1943年1月までのソロモン諸島戦役を使用して、米軍が闘う(fighting)と予想するよりも少ないドメインではあるが、米軍がマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトをどのように実施したかを調査する。

最初の仮説は、太平洋戦域内での連合国の戦力態勢が、日本が既成事実の戦役(fait accompli campaign)を達成するための主導性(initiative)を維持することを妨げる条件を設定したことである。2番目の仮説は、半独立した作戦を強化するマルチドメイン・フォーメーションの構成、能力、および弾力性(resiliency)を考慮する。

3番目の仮説は、抑制された主導性(initiative)を最大化するためにミッション・コマンドを実行しながら、「優位性の窓(windows of advantage)」を作成する能力を一体化することによって収束を実行する連合国の実力(ability)を調査する。ソロモン諸島戦役の歴史的分析は、連合国が太平洋戦線で日本が既成事実の戦役(fait accompli campaign)を達成するのを防ぐために部隊の態勢を作戦し、半独立した作戦を可能にするために弾力性のあるマルチドメイン・フォーメーションを採用し、 最終的に大日本帝国の敗北につながる連合軍のための「優位性の窓(windows of advantage)」を作成した。

この研究論文に示されている調査には、将来の作戦上の安全保障環境におけるマルチドメイン作戦(MDO)の信条の有効性を評価するための6つのセクションが含まれている。最初のセクションでは、研究論文の問題、リサーチクエスチョン、および論文を紹介する。2番目のセクションは、マルチドメイン作戦(MDO)理論に関する現代の出版物とソロモン諸島戦役に関する歴史的文献の両方の文献研究で構成されている。3番目のセクションでは、ソロモン諸島のケーススタディのレンズを通してマルチドメイン作戦(MDO)の重要性を評価する方法の概要を説明する。

4番目のセクションでは、マルチドメイン作戦(MDO)の中心的な考え方と、一致した敵対者(matched adversary)に対して作戦を実行する際にマルチドメイン作戦(MDO)が解決しようとする問題について説明する。4番目のセクションでは、マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトのコンセプトを推進した作戦上および戦略上の要因と、将来の作戦コンセプトを作成するための要件についても理解する。4番目のセクションでは、武力紛争の文脈でマルチドメイン作戦(MDO)の中心的な考え方を理解するために重要な、マルチドメイン作戦(MDO)の3つの信条とその他の用語を定義し、以前のAOCであるエアランド・バトル(AirLand Battle)との比較を提供する。5番目のセクションは、ソロモン諸島のケーススタディの分析、仮説の評価、およびリサーチクエスチョンへの回答で構成されている。最後のセクションは、調査結果のレビュー、将来の闘い(future fight)への適用可能性、追加の研究のための推奨事項、および最終的な結論である。

文献研究:Literature Review

第3次オフセット戦略の全体的な目的(purpose)は、技術を特定し、作戦上および組織上の構成要素を特定することである。これは、将来の敵対者(future adversaries)と戦うための新しい作戦上のコンセプトである。

—国防副長官ロバートJ.ワーク、米陸軍大学でのスピーチ

この文献研究の目的(purpose)は、既存の文献の説明を提供し、現在の文献の潜在的なギャップを特定し、マルチドメイン作戦(MDO)理論のさらなる研究と発見のための推奨事項を提供することである。文献研究は、マルチドメイン作戦(MDO)理論に関する現代文学とソロモン諸島戦役の歴史文学の2つのカテゴリーで構成されていた。

マルチドメイン作戦は、戦争の本質(nature of war)における「基本的な信念のシステム」を提供する将来の作戦のコンセプトであり、軍事実務家が戦って勝利するために軍事力をどのように適用すべきかを説明する[8]。米陸軍訓練ドクトリンコマンドは、最近のフューチャーコマンドの設立まで、コンセプトとドクトリンの開発に制度的に責任があった。マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトの開発における主要構成要素である米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、2017年10月に「マルチドメイン・バトル:21世紀の諸兵科連合の進化(Multi-Domain Battle: Evolution of Combined Arms for the Twenty-First Century)」と呼ばれるコンセプトを導入し、2年後に「2028年の米陸軍のマルチドメイン作戦(The US Army in Multi-Domain Operations 2028)」で将来の作戦コンセプトを完成させた。2017年10月版のフィールドマニュアル(FM)3-0「作戦」では、大規模な戦闘作戦(large-scale combat operations)のコンテキストでマルチドメイン作戦(MDO)理論も簡単に紹介している。

マルチドメイン作戦(MDO)は新しいコンセプトであるため、このトピックに関する公開された文献は、防衛ジャーナル、ニュース記事、防衛アナリストからの議論、または軍事専門家からの論文から引用されている。米国の上級陸軍指導部は、複数のメディアプラットフォームを通じて新しいコンセプトを宣伝するための包括的なコミュニケーション・キャンペーン(communications campaign)に着手した。たとえば、2018年10月に合衆国陸軍協会が主催した現代のフォーラムでのビデオ録画されたパネルディスカッションは、マークA.ミリー米陸軍大将、スティーブンJ.タウンゼント米陸軍大将、エリックJ.ウェズリー米陸軍中将、ロバートB.ブラウン米陸軍大将などのコンセプト開発を主導した上級指導者からの直接の説明を提供した[9]

国立国防大学出版(National Defense University Press)は、また、統合部隊季刊誌(Joint Force Quarterly)に多数の記事を掲載し、マルチドメイン作戦(MDO)理論を学術的に徹底して分析した多くの出版記事を提供した。マルチドメイン作戦(MDO)が開発されたときの米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)司令官であるデービッドA.パーキンス米陸軍大将は、「マルチドメイン・バトル(multi-domain battle)」の前提を概説した多数の記事を発表した[10]。さらに、新しい理論を議論する多くのビデオがオープンソースメディアに投稿されている。マルチドメイン作戦(MDO)の研究と文献における潜在的なギャップは、軍種間のコラボレーションである。2017年1月に発行された米陸軍と米海兵隊の共同執筆ホワイトペーパーを除いて、既存の統合ドクトリンを除いて、軍種間のコラボレーションを説明するマルチドメインの文献はほとんどない。

すべてのドメインにわたる収束を強調する将来のコンセプトは、努力の統一を確実にするために協力とパートナーシップを擁護するべきである。サイバードメインと宇宙ドメインは国防総省(DoD)にとって比較的新しいため、文献が不足している。文献の不足は、軍事専門家がこれらの能力を地上ドメインに一体化する方法をより深く理解するための宇宙およびサイバードメインの理解に専念する研究である。他の新しいコンセプトと同様に、より多くの実験、議論、分析が利用可能になると、コンセプトは進化し、より多くの文献がコンセプトをより深くカプセル化する。

研究の2番目のカテゴリーは、多数の出版物があるソロモン諸島戦役の歴史的内容に焦点を合わせた。歴史家は太平洋の戦域で何百冊もの本を書いている。米軍によって行われた公式の歴史は、貴重な出発点のままである。空軍のウェスリー・クレイヴンとジェームズ・ケイト、米海軍のサミュエルE.モリソン、米陸軍のジョン・ミラーJrなどの著者は、直接アクセスできるため、第二次世界大戦の太平洋作戦中の作戦に関する終戦直後の一次情報源に詳細な説明を多数提供している。各軍種の公式の歴史は、独自の軍種へのバイアスを示しているが、戦術、戦略、および兵站の基本的なテーマが優先される。

公式の歴史のギャップは、関係する将校の専門的な性格を保護する可能性が最も高い指揮レベルでの軍種間の関係である。公式の歴史は、各軍種から提案された戦略の違いを認めているが、特定の対人関係とそれらのバイアスが作戦にどのように影響したかについての詳細を共有していない。それぞれの公式の歴史は指揮の構造を示しており、一般的に軍種間の協力が戦略的成功の鍵であると結論付けているが、将軍がどのように競合する利益に直面し、軍種の偏狭さを克服したかについてのより広範な説明は、高度なドメイン連合環境の将来の指揮官に役立つであろう。もう1つの研究ギャップは、米軍が多国籍の同盟国やパートナーとどのように相互作用したかである。ほとんどの歴史的なナラティブ(historical narratives)は、米軍の作戦に焦点を当てており、多国籍パートナーの貢献、参加、結果について詳しく説明している。

第二次世界大戦中の太平洋戦争の一般的な歴史には、通常、戦争の全体的な歴史のセクションまたは章としてソロモン諸島の戦役について論じている膨大な量の出版物がある。しかし、ジョン・プラドス、リチャード・フランク、ジョセフ・ウィーラン、ウィリアム・バーチなど、何人かの著者が全作品をソロモン諸島の戦役に捧げている。リチャード・フランクの著書「ガダルカナル:ランドマークの戦いの決定的な説明」は、戦役前、戦役中、戦役後の各陣営の構成、性質、強さを定量的に比較するための優れた情報源である[11]。ジョン・プラドスは、彼の著書「運命の島」で、ガダルカナル戦役が太平洋戦争のターニングポイントであると主張した[12]

戦いの75周年に出版されたジョセフ・ウィーランの本「太平洋の真夜中」は、ガダルカナル戦役へのすべての軍種の貢献をバランスよくカバーしている[13]。1997年、ユージン・I・ラソルは、ソロモン諸島戦役に関する文献の包括的な調査を提供し、さらなる研究のためのギャップと地域(areas)を特定する、ソロモン諸島戦役:ガダルカナルからラバウルと呼ばれる500以上のエントリの歴史学と注釈付き参考文献を公開した[14]。書かれるべきものは常にたくさんあるが、戦役には注意深い分析を行うのに十分な公開資料がある。

方法論:Methodology

軍の学生は、歴史から方法と技術の細部を学ぼうとはしない。あらゆる時代において、これらは現在利用可能な兵器の特性と、戦闘部隊(combat forces)を機動、供給、および制御するための手元の手段によって決定的に影響を受ける。しかし、研究は、過去に成功をもたらしてきたこれらの基本原則とそれらの組み合わせおよび応用を明らかにする。これらの原則には時間の制限はない。その結果、陸軍はその分析的関心を、はるか昔の戦争のほこりに埋もれた説明だけでなく、まだ戦いの香りに満ちている人々にも広げている。

–ダグラス・マッカーサー米陸軍大将、合同軍事作戦歴史的コレクション

中心的な議論を支持するために適用された方法論は、マルチドメイン作戦(MDO)理論のレンズを通して、ソロモン諸島戦役における第二次世界大戦中の多国籍および統合作戦の歴史的な事例研究である。この調査の到達目標(goal)は、マルチドメイン作戦(MDO)の信条が、過去の事例に関連して競合するドメインに解決策を提供する方法の一般的な評価を提供することである。狙い(aim)は、提案されたドクトリンが、作戦環境での戦略的成功につながる歴史的な関連性を持っているかどうかを判断することである。調査の目的(purpose)は、マルチドメイン作戦(MDO)に似た過去の作戦の成功に貢献した定性的データを特定することである。

次に、研究論文は、仮説を検証するために、調査結果をマルチドメイン作戦(MDO)理論の信念と比較する。ローレンス・フリーダムは、戦争の未来において、大国は「警戒を怠らず、次のテストに適切に備える」必要があると仮定しているが、戦争の全体的な性格は劇的に変化せず、歴史的な事例研究は将来の作戦コンセプトの理論のテストに役立つことになる[15]

ソロモン諸島戦役から引き出された経験的証拠は、ほぼ対等に直面したときに米陸軍が経験した課題と、米陸軍が将来直面する可能性のある課題との類似点を示している[16]。ソロモン諸島戦役の分析は、マルチドメイン作戦の提案された解決策が武力紛争における対等の敵対者(peer adversary)に対して戦略的成功を達成するために適用可能であるかどうかを決定するのに役立つことになる。1942年の戦略的背景を現在のそれと比較すると、多くのコンセプト上の類似性により、ソロモン諸島の事例研究がマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトに適用可能になっている。たとえば、太平洋の連合軍と現在の米軍は、財政的に敏感な環境で予算の制限と制約に直面していた。

太平洋の作戦は、ヨーロッパの戦域でドイツ人を打ち負かす努力に次ぐ国家資源の優先順位であった。同様に、米軍は、軍事費が減少している時代に、他の軍種の中でも財政的および経済的資源をめぐる競争に直面している[17]。どちらの時代においても、連合国と今日の軍隊は、最適とは言えない資源で成功を収めるための方法と手段を発見しなければならなかった。脅威分析の観点から、大日本帝国を中国やロシアのような今日の大国と比較すると、彼らの覇権的な国家戦略、米国の軍事ドメインに対抗または圧倒する軍事的従来型の能力(capability)と能力容量(capacity)に類似性があり、米国、同盟国、およびパートナーの国益に対する深刻な脅威を与えている。

過去と未来の類似した出来事を比較して因果関係を特定しようとすると、方法論がどれほど洗練されていても、将来に向けて学んだ教訓には限界があり、必然的に驚きに満ちている[18]。ソロモン諸島戦役とマルチドメイン作戦(MDO)作戦コンセプトの大きな違いの1つは、長距離精密火力(LRPF)の進歩と弾道ミサイル防衛システムの採用である。

たとえば、日本は、地平線上から航空機や船を迅速に阻止して破壊する可能性のある高精度で長距離のミサイル防衛システムで空中のドメインまたは海洋のドメインに対抗する能力を持っていなかった。日本は対空高射砲と直接射撃兵器を所有しており、高速移動する航空機と、100マイル以上の距離からターゲットを追跡、ロック、および交戦できる誘導システムを備えた最新のミサイルやロケットを取得して交戦するために人間のスキルが必要であった。赤外線/紫外線センサー。

ミリー米陸軍大将がマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトの序文で述べたように、新しい技術は戦争の性格に根本的な変化をもたらし、諸兵科連合紛争の時代(era of combined arms conflict)における機関銃、戦車、航空の一体化のように軍事に革命を起こす可能性を秘めている[19]。歴史の研究は、常に将来の出来事を正確に予測することにつながるとは限らない。ただし、マルチドメイン作戦(MDO)モデルのコンテキストでの歴史戦(historical warfare)の研究は、21世紀の現代戦(modern warfare)にマルチドメイン理論を適用する際の経験と認知スキルの幅を広げることにより、軍事実務家の準備に役立つことになる[20]

マルチドメイン作戦:Multi-Domain Operations

背景:Background

マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトの開発は、以前の作戦コンセプトの集合体、大国間競争(great power competition)を伴う進化する作戦上の安全保障環境、および将来戦(future warfare)で軍事的に勝利する方法に関する米陸軍の民間指導者の戦略的ビジョンから生じている。まず、作戦コンセプトと開発プロセスの意味を理解することが重要である。実用的な将来の軍事作戦コンセプトの開発は困難な作業である。作戦コンセプトの開発者は、将来のコンテキストに基づいてコンセプトの適用を予測する。

したがって、将来を確実に予測することはほぼ不可能である。失敗した軍事コンセプトは、戦争の喪失や人命と資源の大規模な喪失などの壊滅的な割合の悲惨な結果をもたらす。コンセプトの本質は、メソッドの説明である。作戦コンセプトは、記載された目標または狙い(aim)を達成するために、作戦レベルで特定の軍事能力を採用するための方法またはスキームである。将来のコンセプトは、実務家が将来の状況で軍事力をどのように適用するかを想定している[21]

将来の作戦コンセプトは、実験、シミュレーション、および軍事専門家による困難な議論を通じて検討され、妥当な自信を持って検証するために、コンセプトをテストされていない仮説からより断定的な結論に発展させる必要がある[22]。将来の作戦コンセプトが機関によって広く受け入れられると、実装プロセスは、戦力計画策定、要件プロセス、およびドクトリンの改訂の変革(transformation)を開始する。将来の闘い(future fight)で勝つ準備ができてできるように、部隊構造内の条件を形成するためには、将来の作戦コンセプトが重要である。

マルチドメイン作戦(MDO)の作戦の枠組みは、以前および現在の作戦コンセプトから派生している。大佐(引退)のリチャード・シンライヒは、マルチドメイン作戦(MDO)を「新しいボトルに入った古いワイン」と表現した[23]。エアランド・バトル(AirLand Battle)、Army after Next、Capstone Concept for Joint Operations、2014 年の米陸軍作戦コンセプト(AOC)などの以前のコンセプトへの明確な進化的リンクがある[24]。これらの以前のコンセプトの共通の分母は、軍団以下の階層で闘った地上、海洋、空中のドメインであり、準備された防御で前向きに態勢をとり、武力紛争中に単一のペーシングの脅威を標的にして、敵の2番目の階層を倒すために戦場の深さ全体に関与する。

マルチドメイン作戦(MDO)は、宇宙とサイバーの新しいドメインを組み込んでおり、武力紛争と競争の両方で戦略的および作戦上の作戦を通じて攻撃的なアクションを介してA2ADシステムを打ち負かすために、作戦環境全体の複数の脅威を対象とする省庁間および多国籍パートナーと戦域以下の階層で闘った(表1参照) 。マルチドメイン理論は、2012年の統合作戦上のアクセスコンセプト(Joint Operational Access Concept:JOAC)および2014年の米陸軍作戦コンセプト(AOC)「Win in a Complex Environment」に見られる同様の理論を反映している。JOACの中心的な論文は、クロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)である。これは、「それぞれが有効性を高め、他の脆弱性を補って、ミッションに必要な行動の自由を提供するドメインの組み合わせで優越性を確立するように、異なるドメインで能力を追加的に使用することである[25]

マルチドメイン作戦(MDO)の中心的な考え方は、クロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)の定義に非常に似ており、ネストしている。さらに、2014年の米陸軍作戦コンセプト(AOC)は、将来の米陸軍が、複数のパートナーとの複数のドメインにわたって活動しながら、複数のジレンマで敵に挑戦するために統合部隊(JF)に複数のオプションを作成する必要があるという説明的なガイダンスを提供する[26]。論理的には、米陸軍作戦コンセプト(AOC)の元の名前は、「複数」という単語の繰り返し使用に由来する「マルチドメイン・バトル(Multi-Domain Battle)」であった。

ただし、2018年5月22日、スティーブンJ.タウンゼント米陸軍大将は名前を「マルチドメイン・バトル(Multi-Domain Battle)」から「マルチドメイン作戦(Multi-Domain Operations)」に変更した。タウンゼント米陸軍大将は、国防総省と米国国務省からのフィードバックとともに、「会戦(battle)」という言葉は武力紛争にのみ適用される戦術的な意味合いを持っていることに同意した。「作戦(operations)」という言葉とは対照的に、競争と紛争の両方を考慮に入れて本質的に戦略的である。さらに、作戦は、省庁間および非政府組織と連携した軍事活動をより適切に説明する[27]

たとえば、国家安全保障局(National Security Agency)や中央情報局(Central Intelligence Agency)は、必ずしも敵との直接の「会戦(battle)」に参加しているわけではない。したがって、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、すべてのドメインを含め、本質的により攻撃的であり、省庁間および戦域レベルの階層に拡張し、システムの副編成を対象とし、作戦環境全体の複数の脅威に対処することにより、以前および現在の作戦コンセプトとは異なる。

表1.エアランド・バトル(Airland Battle)とマルチドメイン作戦(MDO)理論の比較

資料源:防衛ビジュアル情報配信サービス「第8回米陸軍協会現代軍事フォーラム:マルチドメイン作戦」 https://www.dvidshub.net/video/631836/ausa-2018-cmf-8-multi-domain-operationsv. 2018年11月16日アクセス

将来の戦争と戦い(future wars and warfare)で軍事的に勝利する方法に関する米軍の民間指導者の戦略的ビジョンは、米陸軍の将来の作戦コンセプトの開発に直接つながった。2014年11月15日、国防長官のチャックヘーゲルは、カリフォルニア州シミバレーのロナルドレーガン大統領図書館で新しい国防革新取り組み(DII)を発表し、新しい作戦コンセプト、用兵(warfighting)への新しいアプローチ、および米国国防総省の支出が減少しているプラットフォームとペイロード間の国防総省(DoD)の投資のバランスをとる方法を調査および開発した。彼は演説の中で、米軍に対する競争上の優位性を獲得するための軍事近代化プログラムへのロシアと中国の投資を認めた[28]

ヘーゲル国防長官による国防革新取り組み(DII)の発表は、軍事力、技術、競争における不利益を補うための非対称的な手段を模索するための3番目の「オフセット戦略」を開始するであろう。同様に、1950年代の最初の相殺戦略では、アイゼンハワー大統領が「ニュールック」を通じてソビエト連邦の従来型の優越性を相殺することに成功した。そして、1970年代にハロルド・ブラウン国防長官が長距離研究開発計画プログラムを確立したときの2番目のオフセット戦略とよく似ている。これは、拡張範囲の精密誘導爆弾、ステルス機、新しいインテリジェンス、監視、および偵察プラットフォームなどの革新的な新しいシステムの開発とフィールド化を支援した[29]

ヘーゲル国防長官はボブ・ワーク国防副長官に、第3次オフセット戦略を開発するための努力を監督するよう指示した[30]。2015年4月8日、国防副長官の仕事は、米陸軍戦争大学戦略会議で彼のビジョンを実現した[31]。彼の演説の間に、彼は将来の地上戦闘(ground combat)がどのように実現するかについて3つの仮定をした。まず、全地球測位システムとレーザー誘導、赤外線ホーミング、対放射兵器、打ちっぱなしの対装甲兵器を備えた誘導爆弾とG-RAMM(誘導ロケット、砲兵、迫撃砲、ミサイル)と呼ばれる高度な兵器の普及に技術的進歩がある。

将来の地上戦闘(ground combat)の2番目の前提は、「情報化された戦い(informationalized warfare)」の存在である。これは、サイバー、電子戦、情報作戦、欺瞞、および指揮統制を妨害して敵に意思決定サイクルで有利になる拒否を組み合わせたものである。最後に、彼は、情報化された戦い(informationalized warfare)と組み合わされた誘導爆弾はすべてのタイプの地上戦闘(ground combat)にまたがり、したがって、地上部隊の卓越性の基盤は諸兵科連合の作戦スキルになるだろうと主張した。

彼は米陸軍の指導部に、戦場で急速に変化する状況に適応する実力(ability)を防ぐために、すべてのドメインにわたる相手(opponent)に対する複数の異なる攻撃を見つける新しい作戦コンセプトを開発するように要求した。彼は、誘導爆弾の一斉射撃の競争を打ち負かす能力を示すことができる競争相手(competitor)は、作戦レベルで独特の優位性(advantage)があるだろうと言った[32]。ヘーゲル国防長官とワーク国防副長官の戦略的ビジョンは、財政が制限されている時期に、争われているドメインで進化する脅威に直面する問題を解決するためのコンセプト的なアプローチを開発するためのすべての軍種の基盤を築いた。

マルチドメイン作戦(MDO)は、戦略的安全保障環境における大国間競争(great power competition)における脅威の進化への対応である。2017年の国家安全保障戦略(NSS)は、現在の地政学的景観の権威主義的評価を提供する。ドナルド・トランプ大統領の2017年の国家安全保障戦略(NSS)は、オバマ大統領の国際関係へのアプローチから米国の外交政策への転換を示している。トランプ大統領の国家安全保障戦略(NSS)は、現実主義の理論的枠組みに基づいて構築されており、合理的な国家主体は、彼らの重要な利益と存続を追求するために国力(national power)を求めている[33]

より具体的には、トランプ大統領は、平和、安全、繁栄が国内の市民を尊重し、海外で平和を推進するために協力する強力な主権国家に依存するという米国の原則に基づいた彼の戦略を「原則的な」現実主義と名付けている[34]。トランプ大統領は、ロシア、中国、イラン、北朝鮮、およびその他の非国家主体に対する競争上の優位性を維持するために、米国の権力の基盤を改善し、米国の相対的な強さの地位を強化しようとしている[35]。国家安全保障戦略(NSS)の第3の柱は、米国とその同盟国およびパートナーと積極的に競争する一連の3つの主要な課題を特定する。これらの新たな脅威は、中国とロシアの修正主義勢力、イランと北朝鮮のならず者国家、そして国境を越えた脅威組織である[36]

中国は、他国の主権を犠牲にして、国家主導の経済モデルを拡大するために、インド太平洋地域に地域の覇権力を求めている。軍事の近代化と経済の拡大を通じて、中国は核兵器と非常に有能で資金の豊富な軍隊を成長させ続け、グローバル・コモンズにおける権力と影響力を高めている。中国は権威主義システムを活用して、データを収集し、知的財産を盗み、監視能力とサイバー能力を通じて他国を悪用している。ロシアは、同盟とパートナーシップを破壊し、東欧と中東でその影響力を拡大することにより、米国の影響力を弱めようとしている。ロシアは北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合を脅威として認識している[37]

ロシアは、その新しい軍事力と核システムのために、米国にとって依然として最も重大な実存的脅威である。ロシアは、サイバー能力の不安定化と破壊的な戦術により、世界中の国々の国内政治問題に干渉している[38]。これらの戦略的競争相手(strategic competitors)は、軍事ドクトリンと作戦の分析を用いて技術を統合し、宇宙、サイバー、空中、海洋、地上のすべてのドメインでのスタンドオフの複数の層を通じて米国と戦う能力を展開している。スタンドオフは、ロシア、中国、およびそれらの代理人が米国と敵対者に対して達成しようとしている戦略的および作戦上の効果である。

ロシアと中国は、政治的能力と軍事的能力の両方でスタンドオフを達成している。スタンドオフとは、政治的、時間的、空間的、および機能的な分離であり、敵対者が対応する前に、任意、一部、またはすべてのドメイン、電磁スペクトラム(EMS)、および情報環境で戦略的目標および作戦的目標を達成するための行動の自由を可能にするものである[39]。中国とロシアの新興技術と非常に致命的な軍事力は、激しい紛争と不安定な戦略的安全保障環境をもたらす可能性のある誤算のリスクを高める。

トランプ大統領は、米国の利益に対する攻撃を阻止または打ち負かし、平和を維持するための権力の手段を強化することにより、米国の競争上の優位性を更新しようとしている[40]。その結果、米軍は、新しい戦略的環境と将来の複雑な課題に進化し、適応するために、戦争の方法を変革し始めた。マルチドメイン作戦(MDO)は、米陸軍が国の戦略と利益を支援するためにどのように活動し、勝利するかについてのドクトリン的な枠組みを提供する。

現代の作戦上の安全保障環境:Contemporary Operational Security Environment

マルチドメイン作戦(MDO)の適用と有効性を分析する場合、現在の作戦環境で増大する問題を理解することが重要である。米国防戦略(NDS)と新たな脅威は、ドクトリン、組織、トレーニング、装備、リーダーシップ、人事、施設、およびポリシー(DOTMLPFP)の連続体全体で変革(transformation)を推進し、将来の相手(opponent)を阻止し、打ち負かし、勝利する。作戦環境には多くの新たな脅威があるが、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトに準拠したこの研究論文は、ロシアと中国の2つの大国に焦点を当てている。

ロシアと中国は独自の能力を備えた異なる陸軍を持っているが、両者は階層化されたスタンドオフ(layered stand-off)を達成するために共同で用兵システム(warfighting systems)を開発した。政治学者のスティーブン・ビドルは、2つの等しく致命的な従来型の部隊が地上ドメインの戦場で互いに対峙したときに何が起こるかについての洞察を提供する。彼は、現代の戦場の支配的な技術的事実が火力の致死性を高めていると述べている。その結果、開かれた地域を横切る部隊の大規模な移動は自殺につながる[41]

歴史的な観点から、フランスとドイツの陸軍は、第一次世界大戦中にこのコンセプトを証明し、決定的な勝利なしに、交戦者の両方に莫大な血と宝の損失をもたらした。中国とロシアは、能力(capability)と能力容量(capacity)が圧倒した相手(opponent)と対峙すると、軍隊が莫大な損失を被ることを認識している。このため、大国は、高強度の紛争を回避し、戦略的主導性(initiative)を確保するために、優れた長距離精密火力(LRPF)、統合防空システム(IADS)、および非正規戦(UW)を所有することにより、戦い(warfare)への間接的なアプローチを模索する[42]

ロシアと中国は、米国を同盟やパートナーから分離し、世界の正当性と影響力を低下させるために、政治、軍事、経済の領域(realms)で階層化されたスタンドオフ(layered stand-off)を使用することにより、紛争を除いて戦略的目標を達成しようとする。図1は、大国が武力紛争のレベルより下のフォーメーションではなく、階層化されたスタンドオフ(layered stand-off)を使用して機能(functions)を攻撃する方法を示している。

図1.階層化されたスタンドオフ(layered stand-off)の脅威「防衛ビジュアル情報配信サービス「第8回米陸軍協会現代軍事フォーラム:マルチドメイン作戦」」r 16, 2018, https://www.dvidshub.net/video/631836/ausa-2018-cmf-8-multi-domain-operationsv. 2018年11月16日アクセス

紛争中、修正主義勢力は、接近阻止・領域拒否(A2 / AD)を使用してすべてのドメインで物理的スタンドオフの複数の層を採用し、統合部隊(JF)の作戦上の優位性(advantage)と攻撃的な軍事力を妨げる戦略的な深さを否定する[43]。物理的なスタンドオフは、効果的な対応を妨げる数日以内に戦役の目標を達成するために、米国およびパートナーの軍隊に壊滅的な損失を迅速に与えるようにデザインされた接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムの層を採用している。

中国とロシアは、武力紛争における時系列およびドメイン連合の作戦アプローチの統合部隊(JF)の予測可能かつ一時的な同期に対抗することにより、エアランド・バトル(AirLand Battle)のドクトリンを体系的に破るための高度な技術とより致命的な手段を調達した。米陸軍当局は、湾岸戦争以来、ロシアと中国がエアランド・バトル(AirLand Battle)に対抗することについて3つの重要な教訓を特定したと主張している。最初に、彼らは、米軍の作戦の強みは、戦域へのアクセスを獲得し、空中または吠え声の港を介して作戦の地域(area of operations)に足場を確立することにあることを確認した。

領土へのアクセスは、戦闘(combat)を計画し、作戦範囲(operational reach)を拡大して、圧倒的な兵站、火力、指揮統制支援の条件を確立するための作戦上の優位性(operational advantage)を提供する。2番目のレッスンは、作戦の枠組みと空中と地上のドメイン間の相互依存性を破壊することである。中国とロシアは、空軍と陸軍を順次打ち負かすために、空軍を陸軍から隔離しようと試みる。最後に、中国とロシアは、米国の優位性(advantage)は、ミッション・コマンドを含む戦闘力(combat power)のすべての要素を介して部隊を機動する実力(ability)にあることを認識している。

したがって、中国とロシアは圧倒的な火力を使って機動部隊を固定する[44]。対等の敵対者(peer adversaries)は、重要な統合防空能力、長距離射撃、高度なインテリジェンス、監視、偵察、攻撃的情報および防御的情報、電子戦、および米軍の作戦的な強みと能力に対抗するサイバー能力を備えた接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムをデザインおよび強化した[45]。南シナ海での中国の軍事化は、接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムと、その能力が西太平洋における米国の利益を直接脅かす可能性があることを表している[46]

マルチドメイン作戦(MDO)の信条の定義:Defining the Tenets of MDO

このセクションでは、軍事用途のコンテキストでマルチドメイン作戦(MDO)の信条の意図された意味を定義し、構成要素間の関係を説明する。まず、マルチドメイン作戦(MDO)の信条の発展を理解することは、将来の戦争におけるそれらの重要性を理解するために重要である。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット525-3-1、2028年のマルチドメイン作戦における米陸軍は、マルチドメイン作戦(MDO)の信条は、2018年の米国防戦略(NDS)で見つかった最初の取り組み‐より致命的な部隊を構築する‐に由来することを明確に述べている。より具体的には、「より致命的な部隊を構築する(build a more lethal force)」という到達目標の下には、「前線部隊の機動と態勢の回復力」と「致命的で機敏で回復力のある戦力態勢と雇用を開発する」という2つの目標がある[47]

「前線部隊の機動と態勢の回復力」の目標の下で、米国防戦略(NDS)は兵役に投資を呼びかけ、大規模な集中型の強化されていないインフラストラクチャから、能動的および受動的な防御を含む、より小さく分散した回復力のある適応型の基地の創設(basing)に移行できるようにする[48]。「致命的で機敏で弾力性のある戦力態勢と雇用を開発する」の下で、米国防戦略(NDS)は部隊の運用モデルと戦力態勢を動的部隊運用(Dynamic Force Employment)と世界規模の作戦モデル(Global Operating Model)に変更することを求めている。動的部隊運用(Dynamic Force Employment)は、統合部隊(JF)の積極的かつ拡張性ある運用のためのオプションを提供しながら、主要な戦闘(major combat)の能力容量(capacity)と能力(capability)を維持することを優先する。

世界規模の作戦モデル(Global Operating Model)は、国防総省がどのように統合部隊(JF)を配置し、採用して、競争と戦時の両方の任務を達成するかを説明する[49]。全体として、米国防総省(DoD)は、マルチドメイン作戦(MDO)の信条を介して時間と空間に迅速に集中する能力を備えた、より調整された分散型の動的統合部隊(JF)を提供しようとしている。ボブ・ワーク国防副長官は、「私たちは、有名なイギリス海軍史家のジュリアン・コーベット卿が弾力性ある結集(elastic cohesion)と呼んだものを目指している。これは、広く配備される可能性があるが、時間内にすぐに集中できる艦隊を表すために使用された用語である[50]」 米陸軍は、作戦化されたときのマルチドメイン作戦(MDO)の信条が、将来戦(future warfare)に貢献する米国防戦略(NDS)の到達目標と目標を支援すると信じている。

収束:Convergence

軍事的文脈における収束(convergence)の意味を理解することは、そのコンセプトがロシアと中国が提示する問題の解決策をどのように提供するかについての洞察を得るために不可欠である。収束(convergence)は、科学、技術、数学、コンピューティング、生物学、芸術、音楽、文学など、多くの研究分野で見られる複数の意味と幅広い用途を表す多義語である。ウェブスターの辞書では、収束(convergence)を、結合(union)または均一性(uniformity)に向けて移動し、個別の技術、業界、またはデバイスを統一した全体(unified whole)へ溶け合わせること(merging)と定義している[51]

この定義は、各軍種、ドメイン、情報、および能力を併合して、特定の目標を達成するために作戦する同期した統合部隊(JF)を作成する場合に適切に適用される。収束理論(convergence theory)は、「システムの相互接続性と拡張性を活用することを意図したシステム戦の方法論(systems warfare methodology)であり、対象となると、より大きなシステムを弱体化させる下位システムの重要なノードと経路を特定する。収束とは、マルチドメイン効果または完全に一体化された能力の組み合わせを適用して、敵が反応するよりも速く決勝点(decisive point)である物理的、仮想的、および認知的な「優越性の窓(windows of superiority)」を作成する行為である[52]

「優越性の窓(windows of superiority)」とは正確にはどういう意味か?マルチドメイン作戦(MDO)理論は、競争と武力紛争における可能性のある「優越性の窓(windows of superiority)」の例を提供する。例としては、領土アクセス(物理的)、権限(物理的、仮想的、および/または認知的)、大衆または政府の支援(認知的)、拡張されたパートナー能力(物理的)、偵察態勢およびインテリジェンス共有(物理的、仮想的、および認知的)がある[53]。これらの「優越性の窓(windows of superiority)」により、統合部隊(JF)はクロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)と半独立の機動(semi-independent maneuver)を実行できる[54]。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット525-3-1は、「すべてのドメイン、電磁スペクトラム(EMS)、および情報環境における能力の迅速かつ継続的な一体化により、クロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)と複数の形態の攻撃を通じて敵を圧倒する効果を最適化する。すべては、時間と空間を超えたミッション・コマンドと抑制の取れた主導性(initiative)によって可能になる[55]」 とする収束のより具体的な定義を提供する。収束のグラフ表示については、図2を参照のこと。

図2.収束(Convergence) マルチドメイン・バトル21世紀の諸兵科連合の進化2025年-2045年(Fort Eustis, VA: Government Printing Office, 2018)27ページ

さらに、マルチドメイン作戦(MDO)によると、収束は、脆弱性を攻撃するための複数のオプションを統合部隊(JF)に提供することにより、敵を刺激、確認、攻撃する能力の使用を最適化し、長距離および中距離システムを隠蔽および防御する試みを複雑にする[56]。より具体的には、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、米陸軍が長距離精密火力(LRPF)を収束させて、敵の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムに侵入し、崩壊させることを求めている。これにより、統合部隊(JF)は戦略的および作戦上の機動の自由を得ることができる[57]

調整された戦力態勢:Calibrated Force Posture

マルチドメイン作戦(MDO)のコンテキストでの戦力態勢の理解は、コンセプトを作戦する方法を理解するために重要である。マルチドメイン作戦(MDO)は、相互に支援し、将来の作戦環境で重要な役割を果たす3種類の戦力態勢について説明する。前方プレゼンス部隊、遠征部隊、およびパートナー部隊。マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトでは、意図的に「調整された(calibrated)」という形容詞を使用して、戦力態勢を複数回記述し、特定の能力に対して部隊を正確に調整する必要があることを示している。調整された戦力態勢(calibrated force posture)は、国内外のグローバルな位置と、戦略的な距離を越えて機動するためのタスク組織の組み合わせである。

マルチドメイン作戦(MDO)は、敵対者を阻止し、必要に応じて、数か月ではなく数日以内に計画を打ち負かすために、調整された戦力態勢(calibrated force posture)を動的に組み合わせる必要がある。戦闘力(combat power)の予測の速度と規模は、マルチドメイン作戦(MDO)の作戦にとって重要である。2016年に、さまざまな対象分野の専門家との広範なウォーゲームを実施したRANDの調査では、ロシア軍は60時間以内にバルト海の主要港湾都市であるリガとタリンを占領し、約22個の大隊が北大西洋条約機構(NATO)を離れるオプションの数が限られていると結論付けた[58]

したがって、マルチドメイン作戦(MDO)は、敵の重大な脆弱性を攻撃または脅かすことによって拒否された空間を即座に争われた空間に変えるために、敵対者の接近阻止(A2)システム内で態勢をとることによって、敵対者の非通常戦(unconventional warfare)と情報戦(informational warfare)の努力を打ち負かすか阻止し、既成事実化した戦役を防ぐために、パートナーとともに前線配置部隊(forward presence forces)を必要とする。前線配置部隊(forward presence forces)は、遠征部隊の条件を設定し、数か月ではなく数日以内に所属駐屯地(home station)または他の作戦戦域から迅速に展開して前線配置(forward presence)を強化する戦略的攻撃能力を含める。米陸軍作戦コンセプト(AOC)は、「遠征(expeditionary)」を、到着後すぐに作戦を遂行できる、厳しい場所への急な通知で任務組織の部隊を配備する実力(ability)として定義している[59]

最後に、マルチドメイン作戦(MDO)部隊の態勢には、統合部隊(JF)と一体化されたパートナー部隊が含まれ、競争や武力紛争で敵システムを打ち負かすために必要な追加の能力容量(capacity)、独自の能力容量(capacity)、主要な地形を提供する[60]。パートナー部隊の目的(purpose)は、攻撃する敵対者の従来型部隊を、強化された対接近阻止・領域拒否(A2 / AD)と従来型の地上機動能力、および友軍部隊のための時間を獲得する能力容量(capacity)で遅らせることである。前線配置部隊(forward presence forces)、遠征部隊、およびパートナー部隊の組み合わせにより、戦闘力(combat power)を迅速に構築して、敵の領土のより深いところに戦闘力(combat power)を投射するための作戦の戦域に足場を確立することができる。

弾力性のあるフォーメーション:Resilient Formations

マルチドメイン作戦(MDO)の3番目のテナントは、回復力のあるマルチドメイン・フォーメーションであり、ほぼ対等な敵対者(near-peer adversary)と競合する空間で複数のドメインにわたって作戦するために必要な能力容量(capacity)、能力(capability)、および持久性(endurance)を保持している。拡張された非隣接の戦闘空間(battles space)にアクセスとドメインの優越性がないため、友軍部隊はさまざまな方向とドメインからの接触に直面することになる。マルチドメイン作戦(MDO)フォーメーションは、継続的な補給線や安全な翼側なしで機動しているときに、事実上孤立している場合に、検出を回避し、敵との接触を生き残る実力(ability)を実証する必要がある[61]

「旅団以上の指揮階層でのマルチドメイン諸兵科連合に関する米陸軍のコンセプト 2025〜 2045」年は、「すべてのドメイン、電磁スペクトラム(EMS)、およびクロスドメイン機動を実行する情報環境にわたって戦闘力(combat power)のすべての要素を一体化、同期化、および収束でき、国力の拡大された手段への本質的なつながりを提供し、統合、省庁間、多国籍のパートナーといつでもどこでも(ubiquitously)作戦して、将来の環境における脅威を克服できるフォーメーション」を求めている[62]。安価で効果的な技術の急増、人口の増加、都市化、ネットワークへの依存の高まり、新しい兵器や通信プラットフォームから生じる不明確な問題で構成される将来の安全保障環境の複雑さのために、ミッション・コマンド哲学に重点が置かれている。

マルチドメイン作戦(MDO)は、現在のドクトリンの、望ましい効果を達成するために単一点(single point)に火力を集中させることにより、地上と空中のドメインでの諸兵科連合の機動による消耗の会戦(battle of attrition)を求めているエアランド・バトル(AirLand Battle)や統一した地上作戦(Unified Land operations)とは異なる。すべてのドメインにわたる能力の一時的な一体化を通じて敵に複数のジレンマを提供することによって認知の会戦(battle of cognition)に勝つことを目指すマルチドメイン作戦(MDO)とは対照的である。マルチドメイン・フォーメーションには、細分化された作戦での戦術的レベルでより自律的に作戦する、明確に定義されていない問題を解決できる創造的で批判的な思想家が必要になる。敵の火力と致死性の増加に伴い、マルチドメイン作戦(MDO)フォーメーションは、高度に同期され段階的な統一した地上作戦(Unified Land operations)のコンセプトに見られる指揮統制よりもミッション・コマンドに重点を置いて、より分散して作戦する[63]。指揮官と参謀は、フォーメーション全体で能力を一体化して「優位性の窓(windows of advantage)」を作成する方法と手段を特定するために、詳細な計画策定よりもコンセプト的な計画策定に重点を置く必要がある。

一時的な一体化には、大規模な戦闘作戦(large-scale combat operations)を実施するための軍事参謀のアプローチにおけるパラダイム・シフトが必要になる。代わりに、指揮官と参謀は、自律的に小さなマルチドメイン・フォーメーションのための作戦の自由を可能にするために、マルチドメインの一体化を模索する必要がある。同期は常に統合作戦を成功させるための重要な要素であるが、 将来の戦場は、相手(opponent)の比類のない能力(capability)と能力容量(capacity)に対抗するために、既存の能力を備えた新しい技術を最適に適応させて採用する方法についての認知的な闘い(cognitive fight)になるであろう。米陸軍は、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)パイロット・プログラムを通じてこれらのコンセプトの実験を開始した。米陸軍は、仮想空間と物理空間でマルチドメイン作戦(MDO)の理論をテストするために、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)として行動する第17砲兵旅団を選択した。2018年7月、マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、リムパック(Rim of the Pacific)と呼ばれる世界最大の多国籍海上演習の1つに参加した。

マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、長距離砲、空中攻撃、陸上ミサイルを使用して太平洋の廃船を標的にすることにより、最初の沈没演習に参加した。米陸軍は、海上脅威を標的とする追加能力を統合部隊(JF)司令官に提供するようにマルチドメイン・タスクフォース(MDTF)をデザインした。米国太平洋軍の元司令官であるハリー・ハリス米海軍提督は、「米陸軍は、船を沈め、衛星を無力化し、ミサイルを撃墜し、敵がその部隊を指揮統制する実力(ability)を否定できるようにならなければならない」と述べた[64]。マルチドメイン・タスクフォース(MDTF)は、ドメインをリンクして長距離砲、航空攻撃、および陸上ミサイルを発射して海軍艦艇を沈めることに成功した[65]。マルチドメイン作戦(MDO)フォーメーションは、特定の任務と脅威に合わせて部隊を迅速に調整およびスケーリングし、紛争の連続体に沿った流動的な環境に適応できなければならない。

ソロモン諸島の戦役:Solomon Island Campaign

南太平洋部隊の成功は、個別の軍種や個人の成果ではなく、1つの成功した「戦闘チーム(fighting team)」を作成するためにすべての人が心から自己利益を従属させた結果であった。

ウィリアム・F・ハルゼー・ジュニア提督、ガダルカナル島:最初の攻撃

背景:Background

マルチドメイン作戦(MDO)の信条の適用により、連合国が戦略目標を達成することに成功した方法を理解するには、1942年から1943年までの太平洋戦争の歴史的背景を理解することが重要である。1941年12月8日、米国議会は真珠湾攻撃の後、大日本帝国に宣戦布告した。フランクリンD.ルーズベルト大統領が攻撃を「将来、恥辱として記憶に刻まれるであろう日(a date which will live in infamy )」特徴づけたように、米国の歴史の中で最も偉大な世代の1つを生み出した。真珠湾攻撃は、太平洋戦争で大日本帝国に対する最初の攻勢戦役を開始するという米国国民の意志を刺激した。

広大な太平洋地域での戦い(warfare)の遂行の複雑さ、大日本帝国(Japanese Empire)の比類のない軍事力、そしてヨーロッパの戦域での保留中の大規模な攻撃は、米国にとって邪悪な問題を提示した。圧倒的な状況に直面して、太平洋戦争での連合軍の作戦は、最終的に大日本帝国(Japanese Empire)の崩壊につながった統合作戦の壮大なオーケストレーションになった。

1942年6月以前、大日本帝国は、北の満州から中国中部、フランス領インドシナから南西のマラヤとビルマまでの領土を支配し、スマトラからラバウルの防御の拠点(strong point)までの東の島々に向かって支配することにより、世界で最も強力な帝国海軍で太平洋戦域内を求めて獲得することに大きな成功を収めた。トラックから千島列島に向かって北に向かって、帝国海軍と帝国陸軍は人類の歴史の中で最大の帝国の1つを確保した[66]。図3は、1942年8月の日本の支配の範囲を赤い輪郭で示している。

日本の攻勢は、この地域のヨーロッパの植民地勢力を打ち負かし、太平洋の大日本帝国の継続的な成長に必要な東インド諸島の重要な戦略的エネルギーと鉱物資源を奪った[67]。日本は、各島のグループでの一連の航空基地および海上基地の創設(basing)を通じて防御境界を強化し始めた。1942年半ばまでに、日本軍は南太平洋の陸海域の大部分を支配し、オーストラリアに攻勢をかける態勢を取り始めた[68]。もともと、日本はオーストラリアを侵略するつもりはなかった。しかし、矢野海軍少将(Rear Admiral)は、連合国への米国の戦争物資(war material)の蓄積と流れを強力な反撃基地として認識した。

したがって、帝国海軍は、日本が戦略的防衛陣地を強化し、真珠湾とオーストラリアのブリスベンとの間の海上後方連絡線(sea line of communication)を切断するための積極的な措置を追求することを主張した[69]。大日本帝国海軍は、太平洋の米軍部隊の主な目標となるラバウルの拠点に南東艦隊を本部に置いた。ラバウルは、他の大きな島のグループと比較して戦略的な場所にあり、米海軍のアセットを収容するための大きな港と複数の飛行場に適した地形を持っていたため、戦略的な優位性(advantage)を提供した。ラバウルは、日本軍が南西にわずか440海里のニューギニア海岸と、南東にわずか565海里のガダルカナルを陸上爆撃機でカバーする南に向かって軍隊を配置することを可能にするものだった。

図3.1942年8月の日本の統治の拡大 第2次世界大戦の地理と飛び石作戦 http://pacificww2.blogspot.com/2011/02/geography-island-hopping.html. 2018年12月16日アクセス

 

さらに、日本軍は戦闘機の射程を最大化するために南側のアプローチに沿って滑走路を建設した[70]。日本はソロモン諸島のガダルカナル島に飛行場(後にヘンダーソン飛行場と呼ばれる)の建設を開始し、敵の陸上航空機がオーストラリアへの南太平洋の連絡船航路を直接脅かす範囲を提供した[71]。戦略的な観点から、ソロモン諸島は太平洋戦争の決定的な地形であった。なぜなら、大日本帝国は真珠湾とオーストラリアの間の貴重な海と空の後方連絡線(lines of communication)を混乱させる戦闘力(combat power)を投射することができたからである[72]。ガダルカナル島での日本の空中脅威は、太平洋戦争における連合国の攻撃戦略の当面の優先事項となり、最終的には日本の防衛地帯の侵入の足がかりとなった。

連合国は、ガダルカナル島での日本の増加と、ミッドウェイと珊瑚海での2回の米国海戦の成功に応えて、ガダルカナル島とその周辺のソロモン諸島の押収に焦点を当てた多国籍統合作戦を開発することにより、主導性(initiative)を維持しようとした。ウォッチタワー作戦は、統合作戦の複雑さに対する重要な洞察を提供し、将来戦(future warfare)のモデルとして機能する[73]。ウォッチタワー作戦は、オーストラリアとニュージーランドの空と海の後方連絡線(lines of communication)を保護し、ラバウルから南に向かう日本の動きを阻止するための統合参謀総長の太平洋戦略の第1段階であった[74]

この戦略は、フランクリンD.ルーズベルト大統領とウィンストンS.チャーチル首相が、最初にドイツを打ち負かし、次に太平洋に集結して日本の国家を打ち負かすという決定と結びついている[75]。ウォッチタワー作戦は、カートホイール作戦と呼ばれるソロモン諸島戦役の形成作戦(shaping operation)であった。カートホイール作戦は、オーストラリア、ニュージーランド、オランダの部隊に支えられた米国主導の取り組みであり、ニューギニアの北東海岸に沿ってそして東からソロモン諸島を通って西から2つの主要な前進軸から前進することにより、ラバウルの主要な日本軍基地を無力化しようとした。

軍事理論のレンズを通して、連合国と日本は海軍戦略で分岐する。連合国は、ジュリアン・コーベットの海軍戦略に沿った理論を適用した。たとえば、コーベットは、戦術上の優位性を得るために基地の創設(basing)を確保し、一連の会戦を実施するというカートホイール作戦の全体的な「飛び石(island hopping)」戦略と一致する陸上よりも海上で後方連絡線(lines of communication)を保護することははるかに難しいと感じた[76]。それどころか、艦隊の目標は敵の艦隊を破壊することであるというアルフレッドT.マハンの理論に示されているように、ドクトリンに深く根ざした帝国海軍の作戦は、決定的な勝利を達成することに焦点を当てていた[77]

南西太平洋地域のダグラス・マッカーサー米陸軍大将と東の太平洋地域のチェスター・ニミッツ米海軍提督が指揮する日本地域防衛ネットワークの二面的な侵入は、ラバウルの要塞の孤立化に成功し、大日本帝国の集大成のための条件を設定する歴史的な統合作戦となった。次のセクションで特定されるマルチドメイン作戦(MDO)のソロモン諸島戦役全体に経験的証拠がある。

分析:Analysis

収束:Convergence

3番目の仮説は、統合部隊(JF)が統制のとれた主導性(initiative)を最大化するためのミッション・コマンドを実行しながら、クロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)と半独立の機動(semi-independent maneuver)を実行できるようにする優位性の窓(windows of advantage)を作成する能力を一体化することによって収束を実行する連合国の実力(ability)を調査する。ソロモン諸島戦役の戦略的成功に最も貢献したマルチドメイン作戦(MDO)理論で概説された収束の例は、偵察態勢、インテリジェンス共有、および領土へのアクセスである[78]

レーダー、海軍攻撃機、通信インテリジェンス(SIGINT)、空母タスクグループなどの技術革新における重要な能力の補完的な一体化は、連合軍に有利な物理的ウィンドウを作成するマルチドメイン効果を達成する上で重要な役割を果たした。これらのコンパイルされたマルチドメイン効果は、敵が反応するよりも速く複数のジレンマを日本に提示し、連合国への主導権を譲り、作戦テンポ(operational tempo)を上げ、予測されたタイムラインよりも前に半独立の機動(semi-independent maneuver)をもたらした。これらの効果の集約により、連合国は、比類のない対等の敵対者(overmatched peer adversary)を搾取した時間と場所で決定的に攻撃することができた。

レーダーの新たな電磁技術は、太平洋戦争の連合軍のドメイン全体に優位性(advantage)を生み出す重要な能力であることが証明された。レーダーの技術開発により、連合国は敵の動きの早期警告、ナビゲーションの容易化、砲手による兵器システムの方向付け、空中および海上での夜間戦闘(night fighting)の実用化、戦闘機の阻止など、多数の能力を利用できるようになった[79]。太平洋戦争に関する歴史的文献の多くは、レーダーが戦争の全体的な成功にもたらした重要性に言及している。

戦争の初めに、日本の航空機、船、そして夜間戦闘戦術(combat night tactics)は連合国のものより優れていた。しかし、レーダー技術を適応させることに失敗したことで、すぐに優位性が劣った連合軍に移った。新たに開発された実証されていない技術の採用に消極的な連合軍の司令官は、海上および空中で壊滅的な損失を被った[80]。南太平洋のブラックキャット戦隊における空対地レーダーの革新的な適応は、遅くて時代遅れのパトロール飛行船(カタリナPBY-6A)を戦争の最も致命的で熟練した兵器の1つに変えた。それは、サボサウンドによる日本の攻撃、対潜水艦戦(anti-submarine warfare)、夜間攻撃の夜間の早期発見と阻止を提供し、東京急行(Tokyo Express)としても知られる敵の補給線を混乱させ、海上での捜索救助能力を提供した[81]

レーダー能力と航空構成部隊の一体化により、米海軍は日本の船や航空機を見つけて破壊するのに有利な位置に機動するための時間と空間を提供した。連合国は、島の飛行場での受動的防御手段として地上基地レーダーを使用した。これは、連合国の対空射撃を指示し、飛行場を守る米海兵隊と兵士の部隊防護と残存可能性を強化するのに役立つことになる。レーダーは、残存可能性と海軍航空機の空母防衛対策を改善し、敵の戦艦に壊滅的な影響を与えた。レーダー技術は、マルチドメイン作戦(MDO)理論に関連するいくつかの教訓を提供する。まず、カタリナ島のレーダーは、米軍が財政上の制約や制限に直面したときに、古い技術または既存の技術を新しい技術で変更して、「優位性の窓(windows of advantage)」を作成した方法を示している。レーダーは、第二次世界大戦以降、範囲、精度、規模の進歩が大幅に改善された最新の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムの重要な構成要素である。

現代戦(modern warfare)では、レーダー、戦域高高度地域防衛、大陸間弾道ミサイル、長距離精密火力、人工知能、量子コンピューティング、およびナノ・テクノロジーの新たな強化技術が、軍事実務家の全体的な複雑さと不確実性を高め、 変化する。指揮官や参謀がこれらの新たな能力をより深く理解することは、敵システムの脆弱性を特定し、友好的な能力を活用して優位性(advantage)を得る上で非常に重要である。

エリック・J・ウェズリー米陸軍中将は、上級リーダーのマルチドメイン作戦(MDO)パネルで、技術は加速的に成熟し、これらの技術に戦術と作戦を適応させる革新的な方法を見つける米陸軍の実力(ability)は、敵を認知的に打ち負かす上での強みであると述べた[82]。レーダーは、第二次世界大戦中に太平洋戦争で戦略的成功を収めた唯一の決定要因ではなかったが、レーダー能力の収束は、連合国に航空優勢と海上優勢をシフトする戦役全体に大きな影響を与えた[83]

領土へのアクセスを承認した収束の作戦例は、戦艦の戦艦から空母タスクグループへの移行であった。海戦(sea battles)は、直射火力を交換する2万ヤードの戦艦の地平線の副線をはるかに超えて空中で戦われた[84]。これらの戦術と作戦の変更の結果として、戦役計画者は有効な航空機の射程と基地の場所を注意深く分析することで作戦範囲(operational reach)を拡大することができる。空母会戦(carrier battle)では、敵の航空機が空に飛ぶのを防ぐために、敵の空母の甲板を爆撃するのが最善の防御策であった。航空機が敵の空母に到達できなかった場合、次善の方法は、攻撃している敵機をターゲットに到達する前に破壊することであった[85]

これは、空中、海洋、および地上のドメイン間の収束のもう1つの例である。空中は敵の空母を標的にすることで「優位性の窓(windows of advantage)」を作り、連合軍の空母は艦砲射撃で島の地上作戦を支援できる場所に移動することができた。艦砲射撃は、島の飛行場を確保するために水陸両用攻撃を行うための襲撃の地上部隊を支援した。地上部隊は、日本の攻撃から飛行場を確保することにより、空中作戦を可能にした。

空中、海洋、地上のドメイン間の能力の一体化は、クロスドメインの相乗効果(cross-domain synergy)を生み出し、基地の創設(basing)を可能にし、半独立の機動(semi-independent maneuver)につながり、絶えず日本を奇襲し、大きな戦闘力(combat power)を集めて決定的な勝利を収めさせなかった。空母タスクグループの機動性の向上により、米海軍の戦略家は、全体的な作戦範囲(operational reach)を拡大する幅広い作戦を計画するための並外れた自由を手に入れたが、逆に日本の指導者は絶えずバランスを崩したり驚いたりした。

連合軍の攻撃が予想外の方向から降り注いだため、日本の計画立案者は何度も攻撃をキャンセルしなければならなかった[86]。さらに、空母タスクグループでのクロスドメイン作戦(cross-domain operations)の結果として、ソロモン諸島に地上および海上の基地の創設(basing)するための条件を設定し、効果的に部隊を補給し、作戦範囲(operational reach)を拡大するための安全な連絡線を作成した。基地の創設(basing)と作戦範囲(operational reach)の組み合わせにより、連合国は作戦テンポ(operational tempo)を維持することができ、日本軍に複数のジレンマを急速に生み出した。

マルチドメイン・フォーメーション:Multi-Domain Formations

このセクションでは、2番目の仮説をテストする。この仮説では、半独立の機動(semi-independent maneuver)を強化するマルチドメイン・フォーメーションの構成、能力、および弾力性(resiliency)を検討する。1942年8月にガダルカナル島で水陸両用攻撃を行ってヘンダーソン飛行場を占領した後、第1海兵隊と第5海兵隊は持久性(endurance)と弾力性(resiliency)を示した。第一次ソロモン海戦での米海軍の最悪の敗北の後、米海兵隊はフランク・ジャック・フレッチャー副提督が さらなる日本の空襲から船を保護するために、空母タスクフォースとそのすべての物資を海に送り出した。

放棄された米海兵隊員は、十分な物資と艦砲射撃の支援なしに飛行場を確保した。米海兵隊は、猛暑、マングローブ湿地、集中豪雨、マラリアハマダラカの群れでの執拗な空襲と海軍砲撃を通じて、ガダルカナル島の過酷な状況に耐えた[87]。米海兵隊員は、マラリア、赤痢、デング熱による倦怠感、脱力感、熱疲労に悩まされていた。3か月の熱帯のジャングル戦闘(jungle combat)の後、彼らの下着は腐り、体から落ちた。

衣類や装備品にカビが生えた。米海兵隊員は、捕獲された米やオートミールで生きていて、1日2回しか食べていないので、平均して35ポンド(約15kg)の体重を失った。米海兵隊員は、食糧不足を補うために島で作物を栽培し始めた。師団の副作戦責任者であるメリル・トワイニング中佐は、マラリアが上陸部隊の少なくとも90パーセントに感染したと推定した。恐ろしい状況にもかかわらず、米海兵隊はヘンダーソン飛行場の周囲を守り続け、日本の砲兵の位置を飛行場の範囲外に押し出すために毎日のパトロールと攻撃的な反撃を行った[88]。第1海兵隊と第5海兵隊の弾力性(resiliency)と持久性(endurance)は、ヘンダーソン飛行場を擁護し、連合国の航空部隊と海軍部隊はラバウルへの攻勢を継続できるようにするには戦略的な意味合いを持っていた日本の攻撃の波を撃退するために重要であった。

マルチドメイン作戦(MDO)理論のもう1つの重要な要素は、マルチドメイン形成のミッション・コマンドである。米陸軍は今日、ミッション・コマンドの哲学を根本的に変えることを目指している。ソロモン諸島戦役中のミッション・コマンドの評価は、将来の闘い(future fight)に貴重な教訓を提供する。ほとんどの公式の歴史、現代の歴史家、そしてソロモン諸島戦役中の軍種構成部隊の指揮官でさえ、太平洋戦争で連合国が成功した主な理由は、さまざまな軍種間のチームワークと協力であったことを認識している。

ラバウルへの最初の攻撃的なドライブの計画策定は、米軍がマルチドメイン作戦(MDO)で直面する可能性のある課題に対する興味深い洞察を提供する。マッカーサーと彼の参謀は、ラバウルと戦略的なビスマルク諸島の支配権を獲得するために、ニューブリテンとニューアイルランドに対する本格的な攻撃の計画を提案した。マッカーサーは、ラバウルへの大胆な攻撃を迅速に実行するために、2隻の空母と、既存の3個師団に追加の訓練を受けた水陸両用師団を要求した[89]。ワシントンの米陸軍と米海軍の計画担当者は、マッカーサーの計画と空母と米海兵隊の要請を支持した。激しい議論は、指揮の決定的な問題になった。米海軍作戦部長のアーネスト・キング提督は、ソロモン諸島での作戦は主に水陸両用で米海軍の性格であり、したがって米海軍の管理下にあるべきであると主張した。

米陸軍と米海軍の両方が、作戦の成功は指揮の速度と統一に依存することに同意した。マッカーサーは、作戦目標が彼の作戦地域(area of operations)にあると宣言し、したがって彼の指揮下にあるべきであり、米海軍は水陸両用作戦は米海軍の指揮下にあるべきであるという立場を主張した[90]。ラバウルに対する戦役を遂行する方法についての複数の提案で、1か月以上にわたって議論が続いた。

指揮の言説における目に見えない利益は、ラバウルへの連合軍の攻撃の成功につながる新しい作戦アプローチを生み出す。1942年7月2日、キング米海軍提督とマーシャル米陸軍大将は、マッカーサー米陸軍大将が南太平洋地域を指揮し、ニューギニアに沿って西側の前進軸を指揮し、ニミッツ米海軍提督が東太平洋地域の東側の前進軸を指揮するという計画に妥協した。ラバウル、重爆撃機で構成される2つの移動空軍は、ハワイとオーストラリアの各後方連絡線(line of communication)の最後に配置される[91]。妥協案の銀色の裏地は、ラバウルでの2つの前進を形作り、日本にとって複数のジレンマを生み出し、戦略的成功を達成するためのマッカーサー米陸軍大将とニミッツ米海軍提督の両方の指揮の柔軟性を高めた。ソロモン諸島への最初の侵攻については、1942年8月の太平洋地域については図4を参照のこと。

図4.1942年8月の太平洋地域「ジョン・ミラーJr著カートホイール:ラバウルの喪失(Washington, DC: Government Printing Office, 1959)」の地図から

調整された戦力態勢:Calibrated Force Posture

この研究がテストしようとしている3番目の仮説は、太平洋戦争で設定された条件内での連合国の調整された戦力態勢(calibrated force posture)であり、日本が既成事実の戦役(fait accompli campaign)を達成するための主導性(initiative)を維持することを妨げている[92]。マルチドメイン作戦(MDO)理論の文脈における調整された戦力態勢(calibrated force posture)は、戦略的に適切な期間内に展開できる前線配置部隊(forward presence forces)と遠征部隊の総ての部隊にわたる能力のバランスである。

冷戦と第一次湾岸戦争の終結時に米陸軍が米国本土に再配置されたとき、米国国防総省は第二次世界大戦中に太平洋の統合計画者が直面したのと同様の計画策定問題に直面した。米軍は、陸戦に参加する前に、戦域の外側の境界に到達するために、海と空の会戦(sea and air battles)に勝たなければならない。冷戦のように前線の部隊で防御するのではなく、彼らは今や、困惑した守備隊を救済するために競争するか、マッカーサーがその後数年で行ったように、戦域に強制的に再入国するのに十分な戦闘力(combat power)を先導する必要がある。1942年1月から3月の間に、8万人を超える部隊の「鈍い」部隊がオーストラリアに向けて迅速に出航し、反攻を行うことができる連合陸軍集団に成長する中核を形成した[93]

1941年12月までに、米軍の戦力は1,640,000人の部隊に等しくなり、そのうち165,000人の部隊は世界中に分散した米国本土の外に居住していた。米陸軍は、太平洋戦線に即座に配備するために、34個師団のうち7個師団しか装備できなかった[94]。1941年12月の前線配置(forward presence)は、日本の拡大を阻止するには不十分であり、米国は脆弱なままであり、フィリピンの喪失と真珠湾攻撃をもたらした[95]。連合国遠征部隊は、1942年8月に米国がガダルカナル島で戦争を宣告した6か月後に、最初の大規模な水陸両用の陸上攻撃を実施した。

したがって、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトが規定しているように、武力紛争への移行は数週間以内に起こらなかった。しかし、連合軍は、作戦術(operational art)を行使するソロモン諸島の戦役で展開された遠征部隊によって、前線部隊の不足を補った。太平洋戦域での第二次世界大戦中の連合国の戦略的成功は、統合出版物5-0「統合計画策定(Joint Planning)」が作戦術(operational art)の「絶対必要な(indispensable)」部分であると主張する基地の創設(basing)のコンセプトを適用することから生じた[96]。基地の創設(basing)の採用は、時間と空間の作戦範囲(operational reach)を維持することができる。これは、比類のない敵対者(overmatched adversary)に対して比較優位性の地位を獲得するために重要である[97]

連合国は、航空および海軍の基地の創設(basing)の保護を強化し、補給の一貫した維持のために海上後方連絡線(lines of communication)を維持し、航空の範囲と柔軟性を拡大する、航空および海上基地の主要な場所を戦略的に選択した[98]。これらの要因は、日本軍を一貫して驚かせた作戦範囲(operational reach)を延長した。作戦術(operational art)、特に基地の創設(basing)は、太平洋戦域で軍事力を展開し維持する連合国の実力(ability)に直接貢献した。

カートホイール作戦中に連合軍によって実施された作戦術(operational art)のもう1つの要素は、作戦線(lines of operations)であった[99]。歴史を通して、より小さく巧みに主導する部隊は、注意深い分析と部隊の運用の効果的なタイミングを通じて、重大な確率を克服した[100]。連合国は、ラバウルにある日本軍基地が決勝点(decisive point)である重要な中間戦略目標であると特定した。連合国は、ラバウルから日本軍を引き寄せるために、ソロモン諸島とニューギニアの東海岸周辺での一連の会戦(battles)で2つの作戦線(lines of operations)を開発した。日本は防御的な態勢を保ち、連合国が攻撃するのを待った。

連合国が2つの作戦線(lines of operations)を成功裏に実行し、予定より1か月早く行った結果、ニミッツ米海軍提督とマッカーサー米陸軍大将は代わりに海上封鎖を使用してラバウルを孤立させ、最終的にニューブリテン島の大規模な日本軍を無力化することにした[101]。連合国が一連の戦術的な会戦を通じて作戦術(operational art)を行使する実力(ability)は、作戦線(lines of operations)を通じて時間と空間を超えて、連合軍への主導権を放棄した日本の計画立案者を困惑させる作戦テンポ(operational tempo)を促進した。

結論:Conclusion

カートホイール作戦は、太平洋戦争における全体的な紛争の狭い部分を示しているが、マルチドメイン作戦(MDO)理論の明確な区別が浮かび上がってくる。連合国の指揮官と参謀は、ラバウルでの頂点に達し、戦略を達成するための複数のドメインの収束のための戦いの設定条件の技術的進歩を通じて、絶対必要な基地の創設(basing)、作戦線(lines of operations)、および強化された作戦範囲(operational reach)を採用することにより、太平洋戦域で統合作戦を遂行する実力(ability)を 発揮し、太平洋戦域での戦略的目標を達成する。ソロモン諸島戦役はマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトに先行しているが、この戦役は、現在マルチドメイン作戦(MDO)を定義しているものの優れた歴史的な例を提供し、将来の戦い(future warfare)と作戦デザインのモデルとして指揮官と作戦計画担当者が使用できる。

大国紛争の事例研究から得られた貴重な教訓は、戦略を無視し、相手(opponent)を反射的に攻撃することで決定的な勝利を求める日本の指導者の行動である。山本は意志力と、最初に攻撃することは戦争での勝利につながることを強調した[102]。マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、ほぼ対等との対立が迅速または決定的ではなく、費用がかかり、長引く戦争になる可能性が高いことを認めている[103]

マルチドメイン作戦(MDO)の軍事実務家は、戦い(warfare)への分析的アプローチなしに作戦に突入する際の日本のチェックされていない攻撃性の過ちから学ばなければならない。指揮官と参謀が革新的な技術とアイデアを発見できるようにすることで、収束の最適化が促進され、能力が迅速に一体化されて「優位性の窓(windows of advantage)」が作成される。ただし、将来の指揮官と参謀は、敵の位置と意図を状況に応じて認識せずに会戦(battle)に突入する際のコストのかかるミスを防ぐために、作戦テンポ(operational tempo)と忍耐力のバランスをとる必要がある。

戦争の失敗の歴史は、ほぼ2つの言葉で要約することができる。あまりにも遅すぎる。潜在的な敵の致命的な目的(purpose)を理解するにはあまりにも遅すぎる。致命的な危険(mortal danger)を認識するのがあまりにも遅すぎる。準備があまりにも遅すぎる。抵抗のために可能なすべての部隊を結びつけるには遅すぎる。友達と一緒に立つのがあまりにも遅すぎる。戦争の勝利者は、神秘的な錬金術や魔法の結果ではないが、戦闘(combat)のすべての重要なポイントでの優れた戦力の集中に完全に依存している。

―ダグラス・マッカーサー米陸軍大将、連合国を支援することによってアメリカを守るための委員会の議長であるウィリアム・アレン・ホワイトからの要請に応えた英国への援助に関する声明

結論:Conclusion

現在の米陸軍作戦コンセプト(AOC)は、2028年の将来の作戦環境の新たな問題に適切に対処しておらず、宇宙ドメインとサイバードメインは含まれていない。技術開発の注入、サイバーおよび宇宙ドメインの導入、そして大国間競争(great power competition)の時代の新たな脅威は、戦いの性格(character of warfare)を変えるであろうが、戦争の本質(nature of war)は同じままである。したがって、米陸軍は、将来の紛争で闘い、勝利するための物理的、仮想的、認知的枠組みを作成する新しい将来の作戦コンセプトを必要としている。

マルチドメイン作戦(MDO)は、将来の紛争に対する米陸軍の解決策である。「ゴースト・フリート」のような将来の架空のシナリオは、技術の急増と非常に競争の激しい地政学的環境のために、より妥当なものになりつつある。コリン・グレイは、平和が大国の間で無期限に続くと仮定することに対して警告し、私たちが古典的な戦争(classical war)を忘れて新しいタイプの戦争に過度に魅了されるべきではない[104]。マルチドメイン作戦(MDO)の信条はソロモン諸島戦役中の戦略的成功に貢献したが、信条は成功の主な理由ではなかった。1942年の太平洋戦争は、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトの信条の証拠を明らかにしているが、戦い(warfare)のより古典的な要素と比較するとわずかである。

たとえば、作戦術(operational art)の要素は、基地の創設(basing)、作戦範囲(operational reach)、決勝点(decisive points)、作戦線(lines of operation)など、ソロモン諸島戦役の成功に大きく貢献した。ソロモン諸島は、飛行場と港の建設に適した地理的な決勝点(decisive point)をめぐる戦いであった。戦術的および作戦的強みは、飛行場と港のネットワーク上に確立された内部位置から成長し、堅牢なロジスティックサプライチェーンを開発し、航空機の航続距離と攻撃能力を拡張し、日本本土の玄関口までの作戦範囲(operational reach)を広げる安全な後方連絡線とテンポを確立することであった。

日本の戦略的防御障壁の浸透はソロモン諸島で始まり、連合軍がすべてのドメインで優越性の立場から行動するための条件を設定した。ジョンF.シュミットは、将来の作戦コンセプトは、信頼性を維持するために軍事史の認識を反映する必要があると主張している[105]。「作戦術(operational art)」という言葉は、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット525-3-1にはない。作戦術(operational art)の要素は、軍事史を通して共通の糸であった。コンセプト開発者は、将来のコンセプトの信頼性を高めるために、作戦術(operational art)の要素がマルチドメイン作戦(MDO)理論とどのように互換性があるか、または互換性がないかを検討し、説明する必要がある。

現代の兵器の致死性は、大国間の紛争における統合機動(joint maneuver)を厳しく制限するであろう。接近阻止・領域拒否(A2 / AD)の傘は、第一次世界大戦の新しい「人のいない地上(no man’s land)」になる。極超音速兵器、レールガン、超高速発射体(high-velocity projectiles)、精密誘導ミサイル、およびインテリジェンス、監視、偵察能力により、接近阻止・領域拒否(A2 / AD)の傘の統合機動が制限される。スモール・ボア・ライフル、機関銃、速射砲が第一次世界大戦で血の行き詰まりを引き起こしたように[106]

技術の進歩は火力の致死性を高め続け、地上ドメインで機動する統合部隊(JF)の実力(ability)の強さを侵食する絶え間ない戦いの特徴(characteristic of warfare)であり、フォーメーションをより自律的かつ細分化するように強制する。マルチドメイン作戦(MDO)は、パラダイムを消耗の会戦(battle of attrition)から認知の会戦(battle of cognition)に移行する[107]。作戦上の優位性(operational advantage)を達成するために相手(opponent)よりも迅速に能力を適応させることを学ぶ軍隊は、レーダー、空母タスクグループ、および健全なインテリジェンスに基づいて行動する太平洋の連合国と同様に、将来の闘い(future fight)に勝つ。戦争の初めに勝利熱に苦しんでいた日本は、戦争が進むにつれて戦術、戦略、技術を適応させることができず、敗北に至った。「平衡を失わない適応(in-stride adaption)」のもう1つの歴史的な例は、第一次世界大戦のムーズ・アルゴンヌ攻勢である。この戦役では、第5軍団が既存のドクトリンを変更しながら新しい技術を一体化することで、「人のいない地上(no man’s land)」の課題を克服した[108]

米陸軍は、作戦戦域に固有の特別な課題に対応するために、マルチドメイン作戦(MDO)フォーメーションを調整およびスケーリングする必要がある。ヨーロッパと太平洋の地理には明確な違いがある。したがって、米陸軍は、連合国がドメイン間で指揮構造を使用して太平洋で行ったのと同様に、作戦環境の地理に固有の能力を拡張およびタスク編成できる必要がある。敵システムの特定のノードまたは脆弱性をターゲットにするために専門のタスクフォースを採用すると、「優越性の窓(windows of superiority)」が作成される。たとえば、S400地対空ミサイルシステムは航空優越(air superiority)に重大な脅威をもたらす。対空システムをターゲットにするために特別に開発され、リソースを備えたタスクフォースは、一般的な部隊よりも成功する可能性が高くなる。専門のタスクフォースにより、マルチドメイン作戦での最適な収束が可能になる。

最後に、強大国の相手(great power opponent)との戦争は国全体のアプローチになる。米国は、2つの異なる戦線で戦ったときに、2人の相手(opponent)に対して同時に勝利を収めたことはない。唯一の例外は、太平洋とヨーロッパでの第二次世界大戦である。歴史家は、二正面での米軍の成功は、日本とドイツの生産力と考え出す実力(ability)に起因すると考えている。米国の巨大な産業能力は、商取引を戦争機械に変え、すべての軍種にわたる部隊構造のすべての面で連合国に数的優越性(numerical superiority)を提供した。才能のあるエンジニアは、既存の兵器、航空機、海軍の艦隊を圧倒する能力(overmatch capability)で改善して優位性(advantage)を得る革新的な技術を開発した[109]

米国政府は、戦争遂行の目標を支援するために予算資金を割り当てた。大国間競争(great power competition)で闘うためには、同じ全国的なアプローチが必要となるであろう。「ゴースト・フリート」と同じように、米国は将来の紛争で中国とロシアの同盟に直面する可能性がある。アメリカを代表する20世紀の戦略的思想家の1人であるズビグネフ・ブルゼジンスキー氏は、「最も危険なシナリオ」は「中国とロシアの大連立…イデオロギーではなく補完的な不満によって結ばれる」と警告した[110]。大国間の競争と紛争(great power competition and conflict)で成功するためには、第二次世界大戦中の二正面作戦の成功と同様に、国は戦争と戦い(war and warfare)に対して政府全体のアプローチをとる準備ができていなければならない。

永続的で不確実性と複雑さが増す世界では、軍隊は起こりうるすべての不測の事態に備えることはできない。将来戦(future warfare)で成功するための要は「スピード」である。戦いの態勢をより速くし、圧倒する能力容量(overmatch capacity)を生み出し、能力を迅速に収束し、技術と戦術に適応し、検出される前に機動し、相手(opponent)に対してさらに正確に火力発揮することで迅速に移行できる学習および適応組織として機能する大国の競争相手(great power competitor)は、すべてのドメインで累積的に優越性を獲得する。ドメインの優越性をつかむことができる大国の競争相手(great power competitor)は、戦争に勝つ可能性が高くなる。

ノート

[1] “Ghost Fleet – A Novel of the Next World War,” New America, accessed October 24, 2018, https://www.cia.gov/library/center-for-the-study-of-intelligence/csi-publications/csi-studies/studies/vol-60-no-1/ghost-fleet.html.

[2] P.W. Singer and August Cole, Ghost Fleet (New York, NY: Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company, 2015), 124.

[3] “Ghost Fleet Book Reviews,” 2015 Ghost Fleet Book, accessed January 16, 2019, https://www.ghostfleetbook.com/reviews/.

[4] Martin Dempsey, National Military Strategy (Washington, DC: Office of the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, 2015), i, accessed November 25, 2018, http://www.jcs.mil/Portals/36/Documents/Publications/2015_National_Military_Strategy.pdf.

[5] US Department of the Army, Training and Doctrine Command (TRADOC), Multi-Domain Battle: Evolution of Combined Arms for the 21st Century 2025-2040 (Fort Eustis, VA: Government Printing Office, 2017), 23.

[6] US Department of the Army, Training and Doctrine Command (TRADOC) Pamphlet 525-3-1: The US Army in Multi-Domain Operations 2028 (Fort Eustis, VA: Government Printing Office, 2018), vii.

[7] John F. Schmitt, “Practical Guide for Developing and Writing Military Concepts,” Defense Adaptive Red Team Working Paper #02-4 (December 2002): 22.

[8] Schmitt, “Practical Guide for Developing and Writing Military Concepts,” 13.

[9] Panel discussion found at Defense Visual Information Distribution Service, “Association of The United States Army 2018 Contemporary Military Forum #8: Multi-Domain Operations,” accessed November 16, 2018, https://www.dvidshub.net/video/631836/ausa-2018-cmf-8-multi-domain-operationsv.

[10] For example, David G. Perkins, “Multi-Domain Battle: Driving Change to Win in the Future,” Military Review 97, no. 4 (July 2017): 6, accessed February 16, 2019, https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/military-review/Archives/English/MilitaryReview_20170831_PERKINS_Multi-domain_ Battle.pdf. and David G. Perkins and James M. Holmes, “Multi-Domain Battle: Converging Concepts Toward a Joint Solution,” Joint Force Quarterly 88 (1st Quarter, January 2018): 54-55.

[11] Richard B. Frank, Guadalcanal: The Definitive Account of the Land Battle (New York: Penguin Books, 1990), 610.

[12] John Prados, Islands of Destiny: The Solomons Campaign and the Eclipse of the Rising Sun (New York, NY: Penguin Group, 2013), 6.

[13] Joseph Wheelan, Midnight in the Pacific: Guadalcanal, The World War II Battle that Turned the Tide of War (Boston, MA: Da Capo Press, 2017), 5.

[14] Eugene L. Rasor, The Solomon Islands Campaign, Guadalcanal to Rabaul: Historiography and Annotated Bibliography (Westport, CT: Greenwood, 1997), 1.

[15] Lawrence Freedman, The Future of War (New York: Hachette Book Group, 2017), 7.

[16] Claudia P. Pena-Guzman, “Preparing for the Future, Looking to the Past: History, Theory, and Doctrine in the US Army,” (Masters monograph, School of Advanced Military Studies, US Army Command and General Staff College, 2013), 3-4.

[17] Nan Tian, Aude Fleurant, Alexandra Kuimova, Pieter d. Wezeman, and Siemon T. Wezeman, “Trends in World Military Expenditure, 2017,” Stockholm International Peace Research Institute, May 2018, accessed March 16, 2019, https://www.sipri.org/sites/default/files/2018-04/sipri_fs_1805_milex_2017.pdf

[18] Freedman, The Future of War, 123.

[19] US Army, The US Army in Multi-Domain Operations 2028, foreword.

[20] John Lewis Gaddis, The Landscape of History: How Historians Map the Past (New York: Oxford University Press, 2002), 11.

[21] Schmitt, “Practical Guide for Developing and Writing Military Concepts,” 3.

[22] Ibid., 4.

[23] Richard H. Sinnreich, “Multi-Domain Battle: Old Wine in a New Bottle?,” The Law Constitution, accessed October 31, 2018, https://www.swoknews.com/misc-columns/multi-domain-battle-old-wine-new-bottle.

[24] Kelly McCoy, “The Road to Multi-Domain Battle: An Origin Story,” Modern War Institute, accessed October 30, 2018, https://mwi.usma.edu/road-multi-domain-battle-origin-story/.

[25] US Department of Defense, Joint Staff, Joint Operational Access Concept (JOAC) (Washington, DC: Government Printing Office, 2012), ii.

[26] US Department of the Army, Training and Doctrine Command (TRADOC), Pamphlet 525-3-1 The US Army Operating Concept: Win in a Complex World (Fort Eustis, VA: Government Printing Office, 2014), iii–iv.

[27] “Multi-Domain Battle gets a New Operational Name,” Association of The United States Army, accessed October 31, 2018, https://www.ausa.org/news/multi-domain-battle-gets-new-operational-name.

[28] Chuck Hagel, Secretary of Defense Speech at Ronald Reagan Presidential Library, Simi Valley, CA on November 15, 2014. US Department of Defense Website, accessed November 23, 2018, https://dod.defense.gov/News/Speeches/Speech-View/Article/606635/Secretary of Defense.

[29] Ibid.

[30] Chuck Hagel, “The Defense Innovation Initiative Memorandum,” US Department of Defense Website, accessed November 23, 2018, http://archive.defense.gov/pubs/osd013411-14.pdf.

[31] Robert Work, Deputy Secretary of Defense speech at the US Army War College Strategy Conference, Carlisle Barracks, PA, April 8, 2015, US Department of Defense Website, accessed November 23, 2018, https://dod.defense.gov/News/Speeches/Speech-View/Article/606661/.

[32] Robert Work, speech at the US Army War College Strategy Conference, Carlisle Barracks, PA, April 8, 2015, accessed November 23, 2018, https://dod.defense.gov/News/Speeches/Speech-View/Article/606661/.

[33] Daniel W. Drezner, Theories of International Politics and Zombies (Princeton, NJ: Princeton University Press, 2011), 33.

[34] Donald Trump, National Security Strategy (Washington, DC: The White House, 2017), 1, accessed November 25, 2018, https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2017/12/NSS-Final-12-18-2017-0905.pdf.

[35] Zalmay Khalilzad, “A Realist National Security Strategy,” The National Interest, February 19, 2018, accessed November 20, 2018, https://nationalinterest.org/print/feature/realist-national-security-strategy-24555.

[36] Trump, National Security Strategy, 1.

[37] Ibid., 25.

[38] Ibid., 26.

[39] Army, TRADOC Pamphlet 525-3-1, vi.

[40] Trump, National Security Strategy, 26.

[41] Stephen Biddle, Military Power: Explaining Victory and Defeat in the Modern Battle (Princeton, NJ: Princeton University Press, 2004), 3.

[42] Roger McDermott, “Gerasimov Appeals for Military Science to Forge New Forms of Combat,” The Jamestown Foundation, March 12, 2019, accessed March 18, 2019. https://jamestown.org/program/gerasimov-appeals-for-military-science-to-forge-new-forms-of-combat/.

[43] US Army, TRADOC Pamphlet 525-3-1, vii.

[44] David G. Perkins and James M. Holmes, “Multi-Domain Battle: Converging Concepts Toward a Joint Solution,” Joint Force Quarterly 88 (1st Quarter, January 2018): 54-55.

[45] Ibid., 55.

[46] Stephen Biddle and Ivan Oelrich, “Future Warfare in the Western Pacific: Chinese Antiaccess/Area Denial, US AirSea Battle, and Command of the Commons in East Asia,” International Security 41, no. 1 (July 2016): 7-14.

[47] James Mattis, National Defense Strategy (Washington, DC: The White House, 2017), 6-7, accessed November 25, 2018, https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2017/12/NSS-Final-12-18-2017-0905.pdf.

[48] Ibid., 6.

[49] Ibid., 7.

[50] Cheryl Pellerin, “Work: DoD Transforms Global Posture for Future Needs,” Department of Defense News, September 30, 2014, accessed January 22, 2019, https://dod.defense.gov/News/Article/Article/603350/work-dod-transforms-global-posture-for-future-needs/.

[51] Merriam-Webster, “Convergence,” On-line Dictionary, accessed January 7, 2019, https://www.merriam-webster.com/dictionary/convergence.

[52] US Department of the Army, The US Army Concept for Multi-Domain Combined Arms Operations at Echelons Above Brigade 2025-2045 (Fort Eustis, VA: Government Printing Office, 2018), 19.

[53] US Army, Multi-Domain Battle, 25.

[54] The definition of semi-independent maneuver is “operating dispersed for extended periods without continuous [or contiguous] support from higher echelons with the ability to concentrate combat power rapidly at decisive points, and in spaces(domains) to achieve operational objectives within the intent of the theater campaign.” US Army, The US Army Concept for Multi-Domain Combined Arms Operations, 89.

[55] US Army, The US Army in Multi-Domain Operations 2028, vii.

[56] Ibid., ix.

[57] US Army, The US Army in Multi-Domain Operations 2028, 25.

[58] David A. Shlapak and Michael W. Johnson, Reinforcing Deterrence on NATO’s Eastern Flank: Wargaming the Defense of the Baltics (Santa Monica, CA: RAND, 2016), 4, accessed February 6, 2019, https://www.rand.org/pubs/research_reports/RR1253.html.

[59] US Army, The US Army Operating Concept: Win in a Complex World 2020-2040, 46.

[60] US Army, Multi-Domain Battle, 24.

[61] Ibid., 24.

[62] US Army, The US Army Concept for Multi-Domain Combined Arms Operations, 21-22.

[63] David Smith, “Mission Command in Multi-Domain Operations,” Over the Horizon Website, October 30, 2017, accessed December 14, 2019, https://othjournal.com/2017/10/30/mission-command-in-multi-domain-operations/.

[64] Albert Palazzo and David P. McLain, III, “Multi-Domain Battle: A New Concept for Land Forces,” War on the Rocks, September 15, 2016, accessed February 28, 2019, https://warontherocks .com/2016/09/multi-domain-battle-a-new-concept-for-land-forces/.

[65] Todd South, “Not Just for the Navy: Army uses RIMPAC to give this new task force its first real-world tryout,” ArmyTimes, August 7, 2018, accessed March 13, 2019, https://www.armytimes.com/news/your-army/2018/08/07/not-just-for-the-navy-army-uses-rimpac-to-give-this-new-task-force-its-first-real-world-tryout/.

[66] Jonathan Parshall and Anthony Tully, Shattered Sword: The Untold Story of the Battle of Midway (Dulles, VA: Potomoc Books, 2005), xxi.

[67] Parshall and Tully, Shattered Sword, 22.

[68] Charles R. Anderson, Guadalcanal: The US Army Campaigns of World War II (Washington, DC: Government Printing Office, 2003), 5.

[69] Douglas MacArthur, Reports of General Douglas MacArthur, vol. 2, Japanese Operations in the Southwest Pacific Area (Washington DC: Government Printing Office, 1966), 132-34.

[70] John Miller, Jr., CARTWHEEL: The Reduction of Rabual (Washington, DC: Government Printing Office, 1959), 2.

[71] Kevin M. Woods and Thomas C. Greenwood, “Multidomain Battle: Time for a Campaign of Joint Experimentation,” Joint Force Quarterly 88 (1st Quarter, January 2018): 17.

[72] James Holmes, ‟Three Strategic Takeaways from the Guadalcanal Campaign,” The National Interest, accessed October 18, 2018, https://nationalinterest.org/feature/3-strategic-takeaways-the-guadalcanal-campaign-22987.

[73] Wheelan, Midnight in the Pacific, 5.

[74] Ibid., 296.

[75] Miller, CARTWHEEL: The Reduction of Rabual, 1.

[76] Julian Corbett, ‟Some Principles of Maritime Strategy,” in Roots of Strategy: Book Four, ed. David Jablonsky (Mechanicsburg, PA: Stackpole Books, 1999), Part II.

[77] Alfred T. Mahan, ‟The Influence of Sea Power Upon History,” in Roots of Strategy: Book Four, ed. David Jablonsky (Mechanicsburg, PA: Stackpole Books, 1999), Part II.

[78] Examples of windows of advantage are found in US Army, Multi-Domain Battle, 25.

[79] Prados, Islands of Destiny, 355.

[80] Frank, Guadalcanal, 603.

[81] Paul Van Cozens, “The Role of Radar in the Pacific Theater during World War II: Deployment, Acceptance and Effect” (Master’s thesis, San Jose State University, 1993), 167.

[82] Panel discussion found at Defense Visual Information Distribution Service, “Association of The United States Army 2018 Contemporary Military Forum #8: Multi-Domain Operations,” accessed November 16, 2018, https://www.dvidshub.net/video/631836/ausa-2018-cmf-8-multi-domain-operationsv.

[83] Samuel E. Morison, The Two-Ocean War: A Short History of the United States Navy in the Second World War (Boston, MA: Little, Brown and Company, 1963), 579.

[84] John A. Adams, If Mahan Ran the Great Pacific War: Analysis of World War II Naval Strategy (Bloomington, IN: Indiana University Press, 2008), 17.

[85] Samuel E. Morison, History of United States Naval Operations in War II, vol. 5, The Struggle for Guadalcanal, August 1942-February 1943 (Boston, MA: Little, Brown and Company, 1984), 211.

[86] Malcolm Muir, Jr., ‟The United States Navy in World War II: An Assessment,” in Reevaluating Major Naval Combatants of World War II, ed. James J. Sadkovich (Westport, CT: Greenwood Press, 1990), 17.

[87] Wheelan, Midnight in the Pacific, 99.

[88] Wheelan, Midnight in the Pacific, 204-7.

[89] Louis Morton, Strategy and Command: the First Two Years, US Army in World War II: The War in the Pacific (Washington, DC: Government Printing Office, 2000), 294-5.

[90] Morton, Strategy and Command, 296-97.

[91] Ibid., 303.

[92] TRADOC Pamphlet 525-3-1 defines calibrated force posture as the combination of position and the ability to maneuver across strategic distances. US Army, The US Army in Multi-Domain Operations 2028, 25.

[93] Morton, Strategy and Command, 224.

[94] Center of Military History, Logistics in World War II: Final Report of the Army Services Forces (Washington, DC: Government Printing Office, 1993), 10.

[95] Ray S. Cline, Washington Command Post: The Operations Division, US Army in World War II: The War Department (Washington, DC: Government Printing Office, 1990), 75.

[96] US Department of Defense, Joint Staff, Joint Publication (JP) 5-0, Joint Planning (Washington, DC: Government Printing Office, 2017), IV-35.

[97] US Department of the Army, Field Manual (FM) 3-0, Operations (Washington, DC: Government Printing Office, 2008), 1-18.

[98] John M. Rentz, ‟Bougainville and the Northern Solomons” (USMC historical Monograph, Quantico, VA, 1946) accessed October 23, 2018, http://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-M-NSols/USMC-M-NSol-1.html.

[99] ADRP 3-0 defines Lines of Operations as a line that defines the directional orientation of a force in time and space in relation to the enemy and links the force with its base of operations and objectives. Lines of operations of operations connect a series of decisive points that lead to control of geographic or force oriented objective consisting of a series of actions aka island hopping. US Department of the Army, Army Doctrine Reference Publication 3-0, Operations (Washington, DC: Government Printing Office, October 2017), 2-6.

[100] David G. Chandler, ‟Napoleon, Operational Art, and the Jena Campaign,” in Historical Perspectives of the Operational Art, ed. Michael D. Krause and R. Cody Phillips (Washington, DC: US Army Center of Military History, 2005), 27.

[101] Adams, If Mahan Ran the Great Pacific War, 14.

[102] S.C. M. Paine, “The Japanese Way of War,” in Strategy in Asia: The Past, Present, and Future of Regional Security, ed. Thomas G. Mahnken and Dan Blumenthal, (Stanford, CA: Stanford University Press), 134.

[103] US Army, The US Army in Multi-Domain Operations 2028, 24.

[104] Colin S. Gray, Another Bloody Century: Future Warfare (London: Weidenfeld & Nicholoson, 2005), 391.

[105] Schmitt, “Practical Guide for Developing and Writing Military Concepts,” 12.

[106] Robert H. Scales, “Tactical Art in Future Wars,” War on the Rocks, March 14, 2019 accessed March 28, 2019, https://warontherocks.com/2019/03/tactical-art-in-future-wars/.

[107] Quote from General Stephen J. Townsend, TRADOC Commander, during MDO Panel at Defense Visual Information Distribution Service, “Association of The United States Army 2018 Contemporary Military Forum #8: Multi-Domain Operations,” accessed November 16, 2018, https://www.dvidshub.net/video/631836/ausa-2018-cmf-8-multi-domain-operationsv.

[108] John M. Nimmons, “Escaping No Man’s Land: Combined Arms Adaption in the Meuse-Argonne,” in Bringing Order to Chaos: Historical Case Studies of Combined Arms Maneuver in Large-Scale Combat, ed. Peter J. Schifferle (Fort Leavenworth, KS: Army University Press, 2018), 75.

[109] Prados, Islands of Destiny, 355.

[110] Graham Allison, “China and Russia: A Strategic Alliance in the Making,” The National Interest, December 14, 2018, accessed March 31, 2019, https://nationalinterest.org/feature/china-and-russia-strategic-alliance-making-38727.