機動戦と戦争の原則 Maneuverist #8

+1

機動戦論者論文として紹介してきた8番目の論文を紹介する。

米海兵隊が戦いのコンセプトとして受容している機動戦(maneuver warfare)について、1番目が「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-」、2番目が「動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解」、3番目が「機動戦の背景にある動的な非線形科学」と、順次、視点を変えながら機動戦の特徴を論じている。米海兵隊の機動戦に大きく影響を与えたといわれるドイツ軍に関する文献について、4番目の「ドイツからの学び」と5番目の「ドイツ人からの学び その2:将来」の記事で論じた。6番目の論文「三つ巴の闘い(Dreikampf)の紹介」は、FMFM / MCDP 1「用兵(warfighting)」で流れる戦争を「決闘(Zweikampf)」として理解することについて、そして7番目の論文「重要度と脆弱性について」では、「重心(Center of Gravity)」をどのように取り扱うかについて論じた。

8番目の論文「Maneuver Warfare and the Principles of Wars」は、7番目の論文「重要度と脆弱性について」でも話題となったニュートン力学の影響について論じたものである。ニュートン力学の物理学的な視点で戦争を理解しようとする考えが、戦争の原則を生み出したというものである。戦争の原則が機動戦と如何に相いれない考え方なのかを理解するにふさわしい論稿と考える。(軍治)

機動戦と戦争の原則 – Maneuver Warfare and the Principles of Wars –

Maneuverist Paper No. 8

機動戦論者論文#8

by Marinus

Marine Corps Gazette • May 2021

FMFM 1「用兵(Warfighting)」は、意図的に戦争の原則に言及していない

 (写真:ロバート・ガヴァルドン米海兵隊伍長)

1989年、米海兵隊総司令官であるアルフレッドM.グレイ米海兵隊大将がFMFM 1「用兵(warfighting)」に署名したとき、彼は米海兵隊のドクトリンから戦争の原則(Principles of War)を除外した。「用兵(warfighting)」には、MOOSEMUSS[1]やその他のいわゆる原則のリストに関する議論は含まれていない。これは単なる見落としではなく、意図的なものだった。第二次世界大戦以来の戦争に関する事実上すべての基本的な西洋のマニュアルが戦争の原則の議論から始まっていたので、これは革命的だった。現在の形はJ.F.C.フラーによって基本的に最初に提案されたものであり、戦争の原則は時代を超越し、普遍的で、権威があり、拘束力があると見なされた。それらはすべての軍事思想に対する公理であると考えられていた。軍事理論の分野で聖典として認定されたものがあるとすれば、それは戦争の原則だった。これは、他の軍種と同様に米海兵隊にも当てはまった。

いわゆる戦争の原則はどのようにして米海兵隊をこれほど強力に支持したのだろうか?同様に重要なのは、筆の力でドクトリンから消える前に、彼らは戦闘作戦の主要なドクトリンとして70年間どのように永続したのだろうか?最も重要なのは、なぜそれらが機動戦理論(maneuver warfare theory)と互換性がないのか? その物語は次のナラティブで展開される。

ニュートン・パラダイム:The Newtonian Paradigm

戦いを一連の固定化した簡潔な原則に減らす努力はJ.F.Cフラーよりずっと前からあった。戦争の原則の起源は、戦争の科学的理解に基づいており、世界は不変の自然法則、普遍的、数学的、理解可能、予測可能性によって支配されていると考えたニュートン科学の派生物だった[2]。自然科学の普遍的な原則と、多くの軍事理論家、特に啓蒙時代のフランスの理論家に植え付けられた現象を客観的に測定しようとする根底にあるのは、戦争も同様の普遍的な妥当性の規則に従うという信念である[3]。多くの理論家にとって、そのような原理を発見することは、数学の方程式を解くのと同じ精度と確実性で軍事作戦を行う可能性を提供するものだった。

啓蒙主義は、特にフランスで、戦略と戦術のための豊富な理論的原則または規則を生み出した。たとえば、フランスの軍事作家であるカウント・ド・ギベールは、1772年に出版された彼の著名な著作「一般的な戦術試験(Essai General de Tactique)」で、戦術は「すべての時代、すべての場所、すべての科学そしてすべての兵器」である「普遍的な真実」に引き上げられる可能性があると主張した[4]。彼は後にエッセイの主要な考えを否定し、彼の若さと近世哲学への依存が彼の判断を曇らせたと述べた[5]。プロイセンの将校であるディートリッヒ・ハインリッヒ・フォン・ビューローも、18世紀の最高の将軍の方法を数学的な規則に合成したと主張した。彼は、戦争はもはや術(art)ではなく科学(science)であると主張し、彼の理論的研究の多くは幾何学的原理に基づいていた。これらの幾何学的原理は、戦場でのナポレオンの戦いによってテストされたときに崩壊した。

この軍事科学を実際に適用することの進歩の欠如を説明することに直面したとき、理論家は主な理由として不十分な方法論と十分な歴史的例を検討することの失敗を挙げた[6]

普遍的な法則の探求は19世紀にまで拡大し、ビューローのシステムに影響を受けたカール・フォン・クラウゼヴィッツでさえ、皇太子フレドリック・ウィリアムの軍事指導に関する覚書「彼の皇太子の指導の私のコースを完了するための戦争の遂行のための最も重要な原則(皇太子殿下御進講録)」で戦争の原則に関する彼の考えを提供した[7]。6年後の1818年、クラウゼヴィッツは、これらの発言が戦争の現象全体にどのように影響したかを考慮していなかったと結論付けた[8]

クラウゼヴィッツの劇的な視点の変化は、彼の長年にわたる広範な戦闘軍種と、特にプロイセンや他のドイツの国内での啓蒙主義への反対の高まりに影響された。啓蒙主義の哲学者や科学者は、人間は理性を適切に適用することで宇宙とその多様な現象を完全に理解できると信じていたが、反対の見方が生じた[9]。この見解は、一部の学者が反啓蒙主義またはロマン主義時代と呼んでいるものから生まれた。これは、社会的相互作用と、戦争を理論的に理解する際の主要な要因として、勇気、才能、価値観、情熱、道徳力の固有の特性を判断した[10]。それはドイツ観念論に基づいた人文科学に基づく見通しであり、自然界は完全に科学的合理化の対象ではないと考えられていた。1818年から1831年に亡くなるまで、クラウゼヴィッツは人文科学の観点から戦争を発展させ、執筆した。彼の妻、マリー・フォン・ブリュールは、1832年に「戦争論(On War)」として彼の著作を出版した。

ジョミニ派の名声:Jominian Prominence

最初に出版されたとき、「戦争論(On War)」はプロイセン以外ではほとんど関心を集めておらず、英語圏への影響は20世紀まで最小限だった[11]。19世紀初頭の思想家の圧倒的多数は、啓蒙主義の観点から戦争を見続けた。これは、アントワーヌ・アンリ・ジョミニ将軍が彼のコンセプト的枠組みを構築した観点である。彼の最初の本、「壮大な軍事作戦に関する論文」の紹介文は、彼の知的方向性を明らかにしている。

戦争システムを、他のすべてが依存し、単純で正確な理論の基礎を提供する基本的な組み合わせに減らすという考えには、多くの利点がある。それは、指導を容易にし、作戦上の判断をより健全にし、間違いの頻度を減らす。指揮官はこのコンセプトを吸収するのに十分なことはできず、すべての計画と行動を導くべきだと私は信じている[12]

18世紀以降、軍事理論家は戦争を一連の普遍的な法または原則に還元しようとした。

(写真:ロバート・ガヴァルドン米海兵隊伍長)

ジョミニは、戦争の包括的な歴史的研究とその個々の要素(還元主義)の調査を通じて、戦争が機能した法則を特定することが可能であると主張した。彼の著作は、基本的な原則、決勝点に優勢な力を置くということを中心とした広範な幾何学的および空間的な語彙で規範的だった[13]。しかし、20世紀初頭の軍事理論家のように、彼は原則のリストを作成しなかった。ジョミニの努力は、専門的な軍事教育に永続的な影響を及ぼした。その影響は、19世紀から20世紀後半まで続いた。彼の広く翻訳された「戦争概論(Summary of the Art of War)」は、「19世紀半ばの最高の軍事教育テキスト」になった[14]。軍事専門職の発展への彼の貢献は、米国を含めて計り知れないものだった。

米国における科学的原理の発展:The Development of Scientific Principles in the United States

軍事歴史家のラッセルF.ワイグリーによると、「ジョミニのナポレオンの解釈は、ウェスト・ポイントでの戦略の教えの基礎になった……士官候補生は、主要な紹介を形成した上級コースでデニス・マハンの戦争術(art of war)の説明で彼の教えに遭遇した。マハンの考えはジョミニの考えに基づいて形成されたからである[15]

デニス・マハンは、1824年から1871年に亡くなるまで、ウェスト・ポイントの米陸軍士官学校で教授を務めた。彼の学生、彼の著作、ウェスト・ポイントでの足跡は、20世紀にかけて米国の軍事を大きく揺さぶった。マハンの遺産は、ジョミニの戦争に関する科学的見解と、フランス滞在中だけでなく、陸軍士官学校のシルバヌス・セイヤー監督からも得られた教育学的展望を取り入れていた[16]。その見通しには、数学的な偏見が大きい厳密に規定されたカリキュラム、少人数のクラス、頻繁な成績評価と尋問を伴う困難な毎日のプログラム、およびクラスの地位をめぐる激しい競争が含まれていた。

ウェスト・ポイントでのデニス・マハンの存在は、19世紀半ばから20世紀前半にかけて軍の将校が、ジョミニの科学的な戦争観に深く根付くことを確実にした。彼のより有名な息子、アルフレッド・セイヤー・マハンは、米海軍戦争大学と米海軍の将校団内でこの状況を再現した。

米海軍戦争大学を設立した功績は、主に初代学長であるスティーブンB.ルース米海軍中佐に帰属する。スティーブンB.ルース米海軍中佐は、1885年の就任クラスの開会の辞で、機関に対する彼のビジョンについて説明した。そのビジョンは海の義務と経験を海軍士官に教育するための真の専門学校と見なすという多くの上級士官と対立するものだった。

現在、海戦の歴史は科学を構築するための資料に溢れている……..過去の海戦(naval battles)が、一旦確立されれば、海上戦争(maritime war)を科学のレベルに引き上げる法律や原則の策定に十分な事実の塊を提供することは間違いない[17]

このようにルースは、海軍作戦へのジョミニ派のアプローチの基礎を築いた。教授陣の海軍史家を求めて、ルースはアルフレッド・セイヤー・マハン米海軍中佐を選んだ[18]。伝えられるところによると、マハンを配置したルースは、自分の「海軍ジョミニ」を見つけたと述べ、彼の名前はマハンだった。マハンは、1886年の夏から1889年1月まで、また1892年7月から1893年5月まで、1890年から1891年の間にクラスが開催されなかったため、米海軍戦争大学の講師兼学長を務めた。「ルースと同様に、マハンは歴史と軍事戦略の研究における比較法の使用によって「発見」されるであろう戦略の不変の原則の偉大な信者だった[19]」これらの講義は、彼が国に海上権力を与えたと主張した要因を特定し、海軍作戦が陸軍作戦と同じジョミニ派の原則に従う方法についての彼の見解を述べた。

19世紀の終わりまでに、「ジョミニアンの原則」は軍事専門教育(PME)の正式な部分となり、陸戦・海戦に適用された。

(写真:ロバート・ガヴァルドン米海兵隊伍長)

マハンは講義を本の形式に変換し、1890年に「海上権力史論(The Influence of Sea Power upon History, 1660–1783)」を出版した。その後1892年に、「仏国革命時代海上権力史論(The Influence of Sea Power Upon the French Revolution and Empire, 1793–1812)」を出版した。これらの作品はマハンの世界的な名声をもたらした。

何十年もの間、海軍戦争大学の学生はマハンと彼が採用した原則を研究した。マハンの見解では、不変の原則は、(1)海の支配を勝ち取るための決定的な場所と時間での最高潮の会戦のために艦隊を集中させることの重要性と(2)中央の位置から内線に沿って戦うことのメリットだった。列挙されたリストではなく彼の散文に組み込まれたそのような原則は、マハンの戦争の科学的見解にとって重要だった。つまり、これらの原則を遵守することは、海上での会戦での成功、ひいては海での支配と戦争での勝利を大いに支持した。

19世紀の終わりまでに、米海軍戦争大学と米陸軍士官学校、およびフォート・レヴェンワースのいくつかの米陸軍学校は、米国の専門的な軍事教育の中で戦争の原則をしっかりと確立した。これらの原則は、戦争の科学的見解の神髄であり、米軍部隊による戦闘作戦の主要なドクトリンだった。

J.F.Cフラーの登場:The Arrival of J.F.C. Fuller

20世紀初頭、米陸軍は、英国陸軍のJ.F.C.フラーが、戦争の原則の現代版を普及させていたのとほぼ同時に専門教育システムを拡大し続けた。フラーは、そのような原則を最初に述べたわけではないが、それらを提唱し、列挙することにおいて雄弁で説得力があることを証明し、1916年2月にロイヤル・ユナイテッド・サービス・インスティテュートの機関誌に掲載された匿名の記事に8つの戦略的原則と3つの戦術的原則として最初に打ち出した。1920年の英国野戦軍種規則(第II巻、作戦)の改訂は、「戦争の原則」として変更された形式でフラーの成果を取り入れた。

1920年10月、フラーは、戦略や戦術ではなく、戦争の8つの原則を特定した記事を発表した。フラーは1926年に再び戦争の原則に重きを置いた。その年に出版された彼の著書「戦争の科学の基礎」は、戦争の実施は「戦争の科学に基づいており、その活動を統治する明確な原則と法律を他の科学と同じように持っていた[20]」と主張した。彼はさらに、これらの原則から発展するドクトリンは、専門の軍学校で教えられたとき、次の戦争で不必要な犠牲を避けるだろうと主張した。この本の序文で、フラーは次のように述べている。

この本では、私は何か新しいことを試みている……..小さな方法で、コペルニクスが天文学のために、ニュートンが物理学のために、そしてダーウィンが博物学のためにしたことを戦争のためにしようとしている。私の本は、作家が科学の方法を戦争の研究に適用しようとした最初の本だと思う[21]

啓蒙主義と普遍的な戦争科学の探求を前提としたフラーの戦争の原則は、確かにジョミニの戦争の科学的見解の継続を構成したが、フラーは彼の原則とジョミニが採用した原則との関係を完全には認めていなかった[22]。フラー自身の作品(または彼の伝記作家の作品)に彼とジョミニの理論を結び付ける証拠はないが、それでも彼は戦争をジョミニと同じ科学的な方法で見た。戦いの歴史に対して彼の処方箋をテストする際に、フラーは軍事歴史家であり理論家であるB.H.リデルハートの「フラーの歴史的知識は不完全であり、歴史的一般化を行う傾向があった」との発言に妨げられた[23]。それにもかかわらず、彼は20世紀のジョミニの後継者だった。

原則への抵抗:Resistance to the Principles

フラーによって促進された科学的見解は、本質的に、彼の原則を遵守する軍事指揮官が戦場での出来事の結果を事前に決定することができると主張した。原則に関する彼の主張は異議を唱えられ、後年、彼は「戦争の原則を普遍化しようとする彼の試みは間違いであることに同意した[24]」さらに、フラーの原則は、英国でさえ、普遍的に受け入れられていなかった。ドイツのドクトリンは1920年代から1930年代を通して戦争のコンセプトの原則を拒否し、フランスのドクトリンは1936年までそのような原則を含んでいなかった。

米国では、少数の将校も戦争の原則の概念(notion of principles of war)に例外を認めた。たとえば、ジョージア州フォート・ベニングの歩兵学校は、ジョージC.マーシャル米陸軍大佐の指導の下で、次のように書かれた本を出版した。「戦争術(Art of War)は、無限に多様な状況と戦闘の条件のために、ルールを持つトラフィックを持っていないが、まったく同じ状況を2回生み出すことはない[25]

第一次世界大戦後から1930年代にかけて、戦争の原則はドイツとフランスのドクトリンで拒否され、米陸軍と米海軍の軍事専門教育(PME)で取り残された。

(写真:ロバート・ガヴァルドン米海兵隊伍長)

戦争の原則に対して最も説得力があり合理的な議論をした将校は、1934年に米海軍戦争大学の学長に就任したエドワード・カルブフス退役米海軍提督だった。カルブフスは、効果的な指揮を行使する手段としての戦争の原則の使用は

非常に危険な慣行だった。なぜなら、彼がこれらの9つのいわゆる原則の名前を覚えていれば、それは単なる9つの名詞であり、因果関係の記述ではないと信じるようになったからである。彼は、特にこの慣行が承認され、海戦(naval warfare)の研究を扱った唯一の機関で有効であった場合、戦争の基本を本当に理解したと感じることができた[26]

さらに、1936年に始まった大学の主要なテキストである「健全な軍事判断(Sound Military Decision)」には、戦争の原則に関連する大学の哲学のこの表現が存在していた。

確かに、前述の孤立した表現のリスト[戦争の原則]には、抽象的には、戦略的および戦術的な観点からおそらく重要であると適切に見なされない可能性のある項目は含まれていない。しかし、これらの表現は常に重要であり、他に考慮事項がないことは、最終的なものとして受け入れられることはほとんどない。重要であることがよく知られているすべての要素を含めることによってこの異議を取り除くことができたとしても、これらの表現は、単独では、真のニーズを満たすことができないという事実は依然として残る。つまり、それらは、それらが意味することを意図しているコンセプトの実際的な適用を示すことができない[27]

米陸軍における戦争の原則:The Principles of War in the U.S. Army

しかし、戦争の原則の価値への挑戦は、1910年代に特定の原則を特定するプロセスを開始した米陸軍に最小限の影響しか与えなかった。米陸軍の将校は、企業の世界でのいわゆる「科学的管理」の台頭に注目し、それを戦争に適用しようと努め、1914年に最初に専門的な軍事教育に原則のリストを導入した。米陸軍によって発行された軍種の野戦規則 1914年には、一般原則の5つのリストと10の戦闘原則の1つのリストが含まれていた[28]。1923年に発行された更新された軍種の野戦規則には、一般原則の同様のリストと戦闘原則の書き直されたリストが含まれていた。戦闘の原則は、1920年にフラーによって発表された戦争の原則と類似点を共有し、フラーが彼の原則(永遠、普遍的、そして基本的)を見ていたのと同じように、米陸軍の軍事専門教育の中で見られた。

1914年と1923年の野戦軍種規則には戦闘原則のリストが含まれていたが、それらは戦争の原則として明確に特定されていなかった。そのような戦争の原則は、1920年代から1930年代にかけて、さまざまな訓練規則や専門誌に発表された。ジョンI.アルジャーの作品「勝利の探求」の付録には、米国の軍事専門教育に関連した戦争の原則の4つのリストが含まれている。たとえば、米陸軍省は1921年に訓練規則10-5を発表し、次の9つの公理を米国陸軍の「戦争の原則」として特定した。

1.目標の原則(The Principle of the Objective)

2.攻撃の原則(The Principle of the Offensive)

3.集中の原理(The Principle of Mass)

4.部隊の経済の原則(The Principle of Economy of Force)

5.運動の原則(The Principle of Movement)

6.奇襲の原則(The Principle of Surprise)

7.保全の原則(The Principle of Security)

8.簡明の原則(The Principle of Simplicity)

9.協力の原則(The Principle of Cooperation)

公式のドクトリンとして起草されていないが、これらのような戦闘の原則または戦争の原則の列挙されたリストは、1920年代初頭から第二次世界大戦以降まで米陸軍の軍事専門教育の主流にとどまった。これらの原則は、戦争の成功につながると信じられているドクトリンを多数の学生に迅速に教え込むための有用な手段と見なされていた。これは、小さな正規陸軍と予備役将校訓練団(ROTC)が、第二次世界大戦に向けて大規模かつ迅速に拡張するという要件を満たしたため、特に当てはまった。

1949年に、これらの9つの公理のわずかに異なる形式が、FM 100-5「野戦軍種規制-作戦(Field Service Regulations-Operations)」、1949年に米陸軍の「戦争の原則」として発表されたとき、最終的に公式の米陸軍ドクトリンになった。これらの原則は、米陸軍のドクトリンにおいて現在まで続いている。2019年7月に採択された米陸軍ドクトリン出版物1-01「ドクトリン入門書(Doctrine Primer)」は、戦争の原則の最大の価値は軍事専門家を教育することにあると主張している[29]

戦争の原則は米海軍ではあまり好まれていなかった。米海軍戦争大学での彼らの非難に加えて、第二次世界大戦中にマハンの原則が現れなかったことは、その後の米海軍の軍事専門教育における彼らの地位を最小限に抑えた。それにもかかわらず、戦争の9つの原則のリストは、海軍ドクトリン出版物1「海戦(Naval Warfare)(2020年4月)」に残っており、リストの目的を説明する1文だけがある[30]

米海兵隊における戦争の原則:The Principles of War in the Marine Corps

戦争の原則のコンセプトは、主に米陸軍の出版物を通じて米海兵隊に移行した。米海兵隊学校は1920年にバージニア州クワンティコに設立された。初期の頃は独自の学術リソースがほとんどなかったため、米海兵隊は米陸軍の指導、特にフォート・レブンワースの野戦将校課程に基づいて指導をモデル化した。クワンティコの学校は、米陸軍の教科書やその他の教材をコピーして、広く使用していた。初期の学生は、米陸軍の素材を使用すると、それらの素材が米海兵隊用にいくらか変更された後でも、主導性が抑制されると不満を言うことがよくあった[31]

1929年の米海兵隊学校の司令官であるジェームズC.ブレッキンリッジ米海兵隊大佐は、米陸軍の出版物によく見られる不変の戦争の原則のコンセプトに対抗しようと努め、次のように書いている。「戦争を行うことや会戦を闘うことのための公式はない。ルールを適用することは、災害を招く、または要求することである[32]」 彼は生徒たちに、規則や公式を暗唱するのではなく、考え方を教えようとした[33]。1932年、ブレッキンリッジ米海兵隊大佐は、米陸軍から開発されたすべての教育課程資料の破棄を承認した。学校のスタッフと学生が暫定上陸作戦マニュアルの作成と第二次世界大戦のアプローチに目を向けると、戦争の原則の重要性は減少した。

米海兵隊の機動戦(maneuver warfare)は、「戦争の実施を私の不変で予測可能な法律を支配する科学的事業と見なす」教条的アプローチの現れとしての戦争の原則を拒否する。

(写真:ロバート・ガヴァルドン米海兵隊伍長)

しかし、それらは戦後に再び現れた。第二次世界大戦後の40年間に基本学校に到着した新たに任命された将校は、1920年代と1930年代の前任者と同じように戦争の原則を学んだ。原則は彼らの専門教育の不可欠な部分であり、米海兵隊の戦闘ドクトリンの中心だった。これらの将校のほとんどは、原則のリストを記憶し、試験中にそれらを思い出すために使用される「MOOSEMUSS」などのさまざまな頭字語を忘れたことはない。彼らは最初の任務の駐屯地に到着し、米海兵隊のドクトリン上の出版物で戦争の原則を見つけた。たとえば、FMFM 6-3「海兵歩兵大隊(Marine Infantry Battalion)」は、戦争の原則を、指揮の適切な行使と戦争の実施に不可欠な基本的な真実として説明した[34]。その時代のFMFM6-4「海兵ライフル中隊/小隊(Marine Rifle Company/Platoon)」にも同様の説明が含まれていた。

機動戦との切断:The Disconnect with Maneuver Warfare

今では、戦争の原則に具体化された科学的なジョミニ派のアプローチが機動戦(maneuver warfare)と矛盾していることは明らかである。確かに、カルブフスが呼んだ「9つの名詞」のどれも、それ自体で本質的に好ましくないものはない。「集中」、「目標」、またはその他のいわゆる原則のいずれかが間違っていると主張する機動戦主義者(maneuverist)は誰もいない。「名誉」、「勇気」、および「コミットメント」が間違っていると主張する以上のことはない。どうして彼はできたのだろうか? それらは非常に一般的であるため、文脈がなければ孤立した用語としてそれらの誤りを見つけることは不可能である。原則のいずれかが常に重要であると言うことはできないが、それらのいずれかが決して重要であるとは言えない。また、他の可能な名詞はそれほど重要ではないとは言えない。

不愉快なのは、原則がジョミニ派の伝統から直接出てきているということである。それは、戦いの遂行(conduct of warfare)を、私の不変で予測可能な法律を支配する科学的事業と見なしているということである。対照的に、「用兵(warfighting)」は堅固なクラウゼヴィッツの基盤の上にしっかりと支えられている。機動戦主義者(maneuverist)は、戦いのように複雑で予測不可能なものが公理の列挙されたリストに還元される可能性があるという考えはナンセンスであると信じている。ほぼ一世紀前にブリッケンリッジが指摘したように、規則に従って戦うことは災害を招くことである。

各原則は、他の原則から分離して存在する。このリストでは、原則間の関係についての洞察は得られない。ある原則が別の原則よりも優先されるのはいつか? いつ、そしてなぜあなたは原則を無視することができるか、あるいは無視すべきか? 原則間の緊張をどのように解決するのか? 実際にどのように適用するのか? おそらく最も重要なのは、それらを実際の作戦上のシステムにどのように組み合わせるかである。戦争の原則は、これらすべての質問に対して無言である。

それでも、「戦争の原則」というフレーズは、時代を超えた、証明された権威を意味する。まさにその言葉は、今日の問題を解決するために使用する反駁できない知恵を示唆している。あまりにも頻繁にそのように教えられ、第二次世界大戦後の数十年間の戦略、作戦、戦術に関連するすべての問題において、常に軍事専門教育の基盤だった。その印象はせいぜい誤解を招き、最悪の場合、危険である。実際、戦争の原則はチェックリスト・アプローチを推進している。

戦争の原則は、数字による塗りつぶしとしての戦いである。数字による塗りつぶしキットは、果物のボウルの認識可能なイメージを作成するのに役立つ場合があるが、芸術的な習得を促進するものではない。実際、私たちはそれを提出することで習熟を抑制する。そのようなアプローチは、初心者の大衆を基本的な能力のレベルに迅速に引き上げるために受け入れられるかもしれないが、それは戦争の術と科学(art and science of war)の真の専門家を最終的に作成するためのプロセスではない。

原則は存続する:The Principles Persist

それでも、さまざまな軍事ジャーナルやその他の出版物の記事は、戦争の科学的見解を支持し続けている。たとえば、2003年に「Proceedings」に掲載された「戦争の原則を再考する(Rethinking the Principles of War)」で、ジョン・G・モーガン退役米海軍提督とアンソニー・D・マク・アイヴァー博士は、戦争の原則が現在の軍事ドクトリンを形作っており、そして「武力の専門職は、原則に基づく事業体でなければならない」と主張した[35]。 2005年に出版され、マク・アイヴァーが編集し、同じタイトルの「戦争の原則を再考する(Rethinking the Principles of War)」という別の作品には、戦争の原則の重要性と関連性を主張する多数の記事がある[36]。しかし、当然のことながら、退役したトーマスX.ハメス米海兵隊大佐は反対意見を表明し、次のように書いている。「要するに、戦争の原則はそうではない[37]

確かに、戦争の原則を支持する最も熱心な著作の中には、2004年に発行され、現在は米国陸軍のプロフェッショナル・ライティング・コレクションの一部であるグレゴリーR・エブナー米陸軍少佐の論文「科学的楽観主義:ジョミニと米陸軍(Scientific Optimism:Jomini and the U.S. Army)」がある[38]。彼の最も信じがたい主張の中には、ジョミニの仕事に基づく米陸軍の計画プロセスが、「クラウゼヴィッツの摩擦と霧に勝る明快さと正確さを持ち、米陸軍将校に戦争の混沌の指揮を維持する実力を提供する」というものがある[39]

米海兵隊でさえ、戦争の原則を殺すのは難しいことが証明されている。グレイは1989年に筆の力でそれらをドクトリンから削除したかもしれないが、彼はそれらを完全に無くさなかった。戦争の原則は、灰からフェニックスのように上昇した。2001年までに、MCDP 1-0「米海兵隊作戦(Marine Corps Operations)」は、用兵の哲学(philosophy of Warfighting)を作戦用語に翻訳しようと試み、「機動戦の米海兵隊の用兵の哲学(philosophy of Warfighting)は、戦争の9つの原則に根ざしている」と述べていた[40]。これは、「用兵(warfighting)」の深刻な誤解であり、機動戦(maneuver warfare)の誤解であり、米海兵隊が独自のドクトリンについて話し合うべきであるという証拠である。

結論:Conclusion

原則に関する最後の言葉は、ウィリアム・スリム卿に任せる。ウィリアム・スリムの有名なエピグラフは、「用兵(warfighting)」の第4章の冒頭にある。

何年も前、いつか将校になることを望んでいる士官候補生として、私は曹長が私に近づいたとき、古い野戦軍種規則にリストされている「戦争の原則」を熟考していた。彼は親切に私を面白がって調査した。「それらすべてについて頭を悩ませないで欲しい、私は若者である」と彼は言った。「戦争の原則は1つだけで、それがこれである。他の仲間をできるだけ早く、そしてできるだけ激しく叩いてほしい。それが彼を最も傷つける。そうすれば、彼は見ていない!」

しかし、これは単一の原則またはいくつかの原則をはるかに超えている。ここには、暴力、驚き、スピード、重要性、脆弱性など、いくつかの重要なアイデアが統一された作戦ロジックに組み込まれている。これは、機動戦(maneuver warfare)の非常に簡潔でエレガントなカプセル化としても説明できる。

ノート

[1] 【訳者註】MOOSEMUSSとは、Mass, Objective, Offensive, Security, Economy of Force, Maneuver, Unity of Command, Surprise, Simplicityのことで、順に集中、目標、攻勢、警戒・保全、経済、機動、指揮の統一、奇襲、簡明の各原則のことを指している。

[2] Steven Strogatz, Chaos: Parts I & II, (Chantilly, VA: The Teaching Company, 2008).

[3] 20世紀半ば以降、科学界は、宇宙をシステムと見なすと、その別個のコンポーネントもシステムであり、最も重要なのは、線形と非線形の2つのタイプがあることを完全に理解するまでは至らなかった。線形システムの現象は、ニュートン科学を通して理解するのに役立つ。これらのシステムは、影響が原因に比例する一般的に予測可能な動作を生成する。一方、非線形システムは原因と結果の間で不均衡であるため、動的で本質的に予測不可能である。電気回路、時計、自動車、計算機、電気通信などは線形システムの例である。非線形システムの例には、政治、天気、株式市場、戦争などの現象が含まれる。ニュートンの科学に適した戦争を理解する努力は無駄であることが証明されている。

[4] This characterization of Essai Général de Tactique is based upon the description provided by R.R. Palmer. See: Count de Guibert, Essai Général de Tactique in R.R. Palmer, “Frederick the Great, Guibert, Bülow: From Dynastic to National War,” in Makers of Modern Strategy, (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1986).

[5] Ibid.

[6] Unaware of nonlinear systems, these writers and theorists were striving to create a science of war through studying and analyzing history. In essence, they were attempting to understand war, which is nonlinear, through a linear perspective.

これらの作家や理論家は、非線形システムに気づかず、歴史の研究と分析を通じて戦争の科学を創造しようと努めていた。本質的に、彼らは線形遠近法を通して非線形である戦争を理解しようとしていた。

[7] Carl von Clausewitz, Principles of War, trans. and ed. Hans W. Gatzke, (Harrisburg, PA: The Telegraph Press, 1960).

[8] Scott Helminski, “On War’s Continued Relevancy: The Throng and Nature of War,” Marine Corps Gazette, (Quantico, VA: June 2019).

[9] Mark T. Calhoun, “Clausewitz and Jomini: Contrasting Intellectual Frameworks in Military Theory,” Army History Journal, (Washington, DC: U.S. Army Center of Military History, Summer 2011).

[10] 歴史家はしばしばロマン主義時代またはロマン主義を文学的または美的運動と見なす。しかし、ドイツ観念論の前身であるドイツのロマン主義は、それほど狭く焦点を合わせていなかった。その文学的な側面を超えて、ドイツのロマン主義はまた、とりわけ、政治、倫理、認識論を統合した哲学を生み出した。フレデリックC.バイザーは、ドイツのロマン主義の広大な性格について書いている。フレデリック・バイザー「ロマンチックな義務:初期のドイツのロマン主義のコンセプト」(マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局、2003年)を参照のこと。

[11] For a comprehensive study of this subject see: Christopher Bassford, Clausewitz in English: The Reception of Clausewitz in Britain and America 1815–1945, (New York, NY: Oxford University Press, 1994).

[12] John Shy, “Jomini,” in Makers of Modern Strategy from Machiavelli to the Nuclear Age, ed. by Peter Paret, (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1986).

[13] Christopher Bassford, “Three Competing Theorists,” Clausewitz and His Works, (April 2002), available at http://www.clausewitz.com.

[14] Ibid.

[15] Russell F. Weigley, The American Way of War: A History of United States Military Strategy and Policy, (New York, NY: Macmillan Publishing Co., Inc., 1967).

[16] セイヤーの在職期間は1817年から1833年まで続き、歴史家やその他の人々は彼を「ウェスト・ポイントの父」と見なすことがよくある。さらに、彼は20世紀まで米陸軍士官学校と軍事専門教育に影響を与えた。この影響は科学的な性格であり、フランスにまでさかのぼることができた。セイヤーは、ウェスト・ポイントに任命される前のヨーロッパ訪問中に、フランスの将校が戦争の研究と準備を科学的努力と見なしていることを確認していた。マディソン学長が指揮した2年間の訪問は、1815年にセイヤーとウィリアム・マクリー米陸軍中佐がフランスに向けて出発したときに始まった。そこにいる間、彼らはエコール・ポリテクニークで学んだ。当時、彼らは世界で最も有名な科学軍事学校と見なされていた。

[17] Stephen B. Luce, “On the Study of Naval Warfare as a Science,” Proceedings, (Annapolis, MD: U.S. Naval Institute Press, 1886): in Makers of Modern Strategy.

[18] Alfred Thayer Mahan, The Influence of Sea Power Upon History, 1660–1805, 1st U.S. ed., (Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, Inc., 1980).

[19] Professors of War.

[20] Brian Holden Reid, “Colonel J.F.C. Fuller and the Revival of Classical Military Thinking in Britain, 1918–1926,” Military Affairs, (October 1985).

[21] J.F.C. Fuller, The Foundations of the Science of War, (London: Hutchinson and Company, 1926).

[22] A History of Military Though.

[23] Brian Holden Reid, J.F.C. Fuller: Military Thinker, (New York, NY: St. Martin’s Press, 1987).

[24] “Colonel J.F.C. Fuller and the Revival of Classical Military Thinking in Britain, 1918–1926.”

[25] United States Army, Infantry in Battle, 2nd ed., (Washington, DC: Army University Press 1939).

[26] Dudley W. Knox, “The Role of Doctrine in Naval Warfare,” (Annapolis, MD: U.S. Naval Institute Press, April–March 1915), citing Staff Study, U.S. Naval War College, 1954, Annex N-6: E.C. Kalbfus, “Memorandum Notes on NWC History.”

[27] United States War College, Sound Military Decision, (Newport, RI: Naval War College, 1938).

[28] “Scientific Management” is often referred to as “Taylorism.” Its basis can be found in the work of Frederick Winslow Taylor’s The Principles of Scientific Management first published in 1911.

[29] See Paragraph 4-23, Principles of War and Principles of Joint Operations.

[30] NDP 1「海戦(Naval Warfare)」の57ページに列挙されているリストは、「戦争の9つの原則は、指揮官の作戦術の実行を支援するメンタルモデルを提供する」という説明とともに54ページでのみ説明されている。

[31] Troy R. Elkins, “A Creditable Position: James Carson Breckinridge and the Development of the Marine Corps Schools,” (master’s thesis, Kansas State University, 2011).

[32] Donald E. Bittner, Curriculum Evolution: Marine Corps Command and Staff College, 1920–1988, (Washington, DC: History and Museums Division, Headquarters Marine Corps, 1988).

[33] Ibid.

[34] Headquarters Marine Corps, FMFM 6-3, Marine Infantry Battalion, (Washington, DC: GPO, 1974).

[35] John G. Morgan and Anthony D. Mc Ivor, “Rethinking the Principles of War,” Proceedings, (Annapolis, MD: Naval Institute Press, October 2003).

[36] Anthony D. Mc Ivor, ed., Rethinking the Principles of War, (Annapolis, MD: Naval Institute Press, 2005).

[37] Ibid.

[38] Gregory R. Ebner, “Scientific Optimism: Jomini and the U.S. Army,” The U.S. Army Professional Writing Collection, (July 2004), available at http://www.army.mil.

[39] Ibid.

[40] Headquarters Marine Corps, MCDP 1-0, Marine Corps Operations, (Washington, DC: September 2001).