バーガー大将:中国との戦争は「必然」ではないが、競争は続くだろう

0

Brookings Institution は、2021年5月18日にバーチャル・カンファレンス「The Marine Corps and the future of warfare」を開催している。

このカンファレンスでのテーマは、新たな米海兵隊の創成を目指しているなかでの、米海兵隊の考える方向性や課題についてである。

Brookings Institutionのこのカンファレンスの説明文には「米海兵隊は、新しい部隊のデザインの実施を含む、大国間の競争の現実に対処するために重要な変更を追求している。技術の進化、予算と財政環境に関する不確実性、そして米国の新興競争相手による革新の加速により、海兵隊は国の将来の防衛見通しによりよく対処するために自らを再構成することによって適応することを余儀なくされた。ただ、まだ多くの作業が必要である。そこで、ブルッキングスの外交政策は、米海兵隊総司令官のデビッドH.バーガー大将を招き、米海兵隊の近代化、予算環境、および大国間の競争の課題について話し合った。・・・」とある。

ここでは、このカンファレンスを取り扱ったU.S. Naval Instituteの記事を紹介するものである。これまでの考え方にとらわれていては、中国のしたたかなやり口に対応できなくなるとの危惧が感じられる。(軍治)

バーガー:中国との戦争は「必然」ではないが、競争は続くだろう

Berger: War With China Not ‘An Inevitability,’ But Competition Will Endure

By: Mallory Shelbourne

May 18, 2021 5:02 PM

2021年5月3日にノースカロライナ州キャンプレジューヌを訪問した第38代米海兵隊総司令官であるデビッド・バーガー米海兵隊大将(写真:米海兵隊)

 

米海兵隊総司令官は、インド太平洋地域での潜在的な紛争に備えてサービスを準備するために多くの変更を先導したが、デビッド・バーガー大将は本日、米国と中国の間の戦争が避けられないとは信じていないことを強調した。

ブルッキングス研究所が主催する火曜日の仮想フォーラムで、バーガー大将は、過去10年間中国を研究しており、戦争は避けられないものではないが、両国間の競争は続くだろうと述べた。

「私は、戦争が中国との当然の結論であると信じている人々と考えを共にするものではない。私はその人たちの中にはいない。双方がとることができる対策があるが、それは必然なことだと思う。そうではない。私はそれがそうであるとは思わない」とバーガー大将は語った。「そうは言っても、彼らには明らかに戦略がある。彼らには計画がある。彼らはその計画を進めている。彼らは彼らに利点を与える政府の統一した考えを持っている。それにも不利点がある。私は彼らが彼らの目的、つまり彼らの目標を達成するために行進していると信じている。そしてそれはかなり明確であり、彼らはそれらの目標が何であるかについて明白である」

「近い将来、日常的に活発な競争になると思う。彼らは拡大し続けている」と彼は言った。「我々は整理しようとしている。どのようにすれば、どの国も70年間、すべての人にとって本当にうまくいった一連のルールを書き直すことができるが、それを許すことはできない......そして、それはもちろん、難問である」

米海兵隊の関係者は、米海兵隊が太平洋の島々の間を簡単に移動できるように、より重い装備品を取り除くことによって海兵隊軍種を軽くすることを含む、海兵隊軍種の戦力デザイン努力は、中国やロシアのような国との潜在的な紛争に重点を置いた国防戦略に追いつくことを意図していると強調した。

インド太平洋地域で中国に対抗することについての最近の言説のいくつかには、台湾を支配するという中国の野心が含まれている。元米インド太平洋軍司令官のフィル・デービッドソン提督は最近、中国が今後6年以内に台湾を吸収する動きを試みることができると信じていると議会に語った

バーガー大将は、台湾を「非対称的な問題」と表現し、台湾は自らを守る必要があると述べた。したがって、米国は台湾がそうするのを支援する方法を見つけるべきだと述べた。

「台湾とそれがどこに当てはまるかを話さずに、グローバル競争、または何を戦略的競争について話すことはできない。しかし、ここでは、台湾、中国、米国を対称的なレンズで見るのは簡単すぎると思う」 バーガー大将は言った。

「これは安全保障の観点からは非対称の問題であり、地域的な問題ではない。ですから、1つは、少し頭を柔らかくして、それだけではないと考える必要がある。これは、台湾と比べて、彼らがどれだけの火力を持っているかということではない。それほど単純ではない」と彼は続けました。

バーガー大将は、中国が台湾の支配権を掌握することを選択した場合、米国は紛争がすべてのドメインとインド太平洋地域外に拡大する可能性に備える必要があると述べた。

「どのように封じ込めるのか、どのように台湾の奪取を防ぐのかという古いスタイルは、他のドメインには以前にはなかった能力があるため、今後はおそらく適用されないでしょう」とバーガー大将は述べている。

「そして、宇宙のような場所で率直に決定されるべきこと、そのドメインで物事がどのように機能するかという国際的な種類の規則のような規則がまだ書かれていないため、どの国もどこまで行くのか」と彼は続けた。「我々は、台湾をめぐる潜在的な紛争を見る方法を調整する必要があると思う。そして、私があなたに同意するのは、軍隊をはるかに超えて、そして米国対人民解放軍海軍をはるかに超えて、100パーセントがすべてに入らなければならないということである。それはそれよりも幅広い会話でなければならない」

バーガー大将は、この地域での中国の行動には2つの潜在的なシナリオがあると見ていると述べた。

「1つは、南シナ海のような地域やその他の地域で見られる、インチごと、ヤードごとの前進である。ここでは、ある種の武道の比喩を使用する。あなたが後ろに下がると、彼らは前に進む」とバーガー大将は言った。「そこには闘いがないので、それは彼らに有利に働くことになる。彼らはただ一度に少しずつ移動し、移動し、前進してくる」

「しかし、他の部分は台湾のようなより動的でよりキネティックなシナリオであり、それは明らかに彼らの関心事であり、彼らは台湾を傘下に置きたいとはっきりと述べている。そして、それは、これまでのところ米国の政策に反することであろう」と彼は付け加えた。「毎日、毎週の競争と、中華人民共和国が台湾に向かって移動する可能性のある一連の状況と、それがどのように見えるかなど、さまざまなレンズを通してそれらを見ることだと思う」

バーガー大将は、中国の野心は、米国の前に自然災害が発生した場合に人道援助を提供するという形でももたらされる可能性があると述べた。

「通常、米国は近くにあり、非常に迅速に支援を送ってきた。ええと、人民解放軍海軍、つまり中華人民共和国は彼らの陸軍の規模を縮小し、理由のために彼らの海軍と海兵隊の規模を拡大している」とバーガー大将は言った。「我々は、旅団全体を上陸させることなく、彼らが最初に医薬品を手に入れ、上陸を支援する能力を手に入れたらどうなるかを考えなければならない。どのように–それらすべてをどのように考えるのか? なぜなら、同盟国やパートナーとの関係は、助けを求める声が出たときの自然災害への対応にも基づいているからである。我々が最初でない場合はどうなってしまうのか? これまではそうではなかったのである」

バーガー大将は、同盟国やパートナーとの訓練はこれらの関係を確立し維持するための重要な部分であるが、人道援助の要素も重要であると述べた。

「部隊をどのように活用するか、同盟国やパートナーとの関係をどのように発展させるかについて話を戻そう。その一部は明らかに訓練と相互運用性、そしてキネティックな側面である」と彼は言った。「しかし、率直に言って、必要なときに人類を助けることができる方法で、ツールとあなたのツールを使用しているものもある。ほとんどの人が軍隊で最初に話す事柄ではないが、私の経験では、国が助けを必要としているとき、それらは今、毎日、毎時重要なことである」

フォーラムの間に、バーガー大将はまた、米海軍、米海兵隊、米空軍がアラスカでの作戦コンセプトを実験した最近のノーザンエッジ演習についての詳細を提供した。第15海兵遠征部隊とセオドア・ルーズベルト空母打撃群が訓練イベントに参加した。

2020年9月19日のKavkaz-2020戦略演習の開会式でレビュープラットフォームを通過する中国からの参加部隊。(写真:中国国防省)

 

演習では、より分散した作戦が多くなり、兵站が厳しくなるため、米海兵隊と統合部隊の両方が兵站と補給に取り組む必要があることが示された、とバーガー大将は述べた。

「後方連絡線(lines of communication)が脅かされる可能性がある場合、長距離にわたるその戦力の維持は本当に困難になる。我々はそれに満足していない」と彼は言った。「我々には、我々の補給線、作戦戦略的補給線がなかった。第二次世界大戦以来、それらが脅かされることはなかった。だから、これは我々にとっても新しい領域である。だから、まず第一に、我々は米海兵隊として、統合任務部隊として兵站に取り組む必要がある」

「誰もがミサイル、ロケット、航空機、および統合の全ドメイン指揮統制に焦点を合わせている。これらはすべて関連性がある。現在、兵站に早期に対処しなければ、これらすべてはそれほど遠くまでは行けない。それがその一部に留まってしまう」とバーガー大将は付け加えた。兵站部隊に加えて、この演習はまた、米軍が寒冷地での作戦方法を学び、その環境に特有のシナリオを処理するのに役立ったと総司令官は述べた。

「特に北極圏の北極圏でご存知の極端な環境で活動することは、他の場所では直面しない追加の環境要因をもたらす。アラスカで訓練するのに最適である。つまり、ノルウェーで訓練するのは素晴らしい。どうして? 航空機を飛ばして回収できない日があるからである。解決しなければンらないときに、天候が荒れる日がある、両方の側が同じ環境に直面する」とバーガー大将は言った。「機械の動作は異なる。人間の働きは異なる。そして、これは、5月のノーザンエッジで起こっていることだ。あなたは12月、1月、2月にその冬の環境で働いているが、それはまったく別の側面を見せる」

2021年5月10日にノーザンエッジ2021を支援して、アラスカのコールドベイを出発する準備をする第15海兵遠征隊、戦闘兵站大隊15の米海兵隊員。(写真:米国海兵隊)

 

「極寒の中での訓練、北極圏での訓練は本当に重要である。どうしてかって? なぜなら、1番は我々のコンセプトにとって、2番目は装備にとって、3番目は人々にとって、そのような環境の変化とそこでの作戦・運用は非常に良いことだからである」と彼は付け加えた。

米海兵隊は、遠征前進基地作戦(EABO)や紛争環境での沿岸作戦(LOCE)などの作戦コンセプトの実験を続けている。太平洋の島や海岸線での米海兵隊の移動性はこれらのコンセプトを採用する上で重要な部分であるが、バーガー大将は兵站がこれらの作戦を可能にすることを強調した。

「あなたはあなたが望むすべての移動性とすべての致死性を持つことができる。あなたがそれを維持することができないならば、あなたはかなり早く最高点に達するであろう。したがって、兵站の側面に焦点を当てる必要がある」とバーガー大将は述べている。「それは簡単ではない。それは解決可能でだが、我々はそれに肩を並べる必要がある」

バーガー大将によると、作戦コンセプトの実験に加えて、米海兵隊は各海兵師団に1個大隊で実験を行わせることで、歩兵大隊のさまざまな形態と装備をテストしているという。

「我々の歩兵大隊は将来に向けて正しく構築されていないと確信しているが、完璧な歩兵大隊がどのように見えるべきかについてもわからない。つまり、我々のどのように速く学ぶのかのアプローチは、・・・我々には3つの海兵師団がある。彼らはそれぞれ、米海兵隊戦闘研究所を通じて、編成、訓練、装備が異なる1個大隊を選択した。そして、次の1年半、2年間、彼らは通常の訓練サイクルを経て、海外に展開し、戻ってくる。3つすべてから学びとる」とバーガー大将は述べている。

「私の推測では、これら3つのうちどれも完璧な解決策ではない。しかし、3つの異なるコンセプトと3つの異なるギアセットを備えた3つの異なる構成– 1年半、2年で、我々は最高のもの、つまり、将来の歩兵大隊がそのように見えるのかについて、我々が持っている最高の絵姿を手に入れるであろう」と彼は付け加えた。