15名の米海兵隊小銃分隊:将来歩兵の内部からの考察

0

米陸軍歩兵小銃部隊の再考- Rethinking the US Army Infantry Rifle Squad –で触れた最もLeathalityの高いといわれる第一線の組織の在り方の議論の紹介の中で、この課題は米陸軍だけでなく米海兵隊も、「海兵隊において既存の13名小銃分隊を12名小銃分隊する議論が行われたが、昨今の技術の進展に伴う脅威の変化を考慮すると、15名小銃分隊にするとの結論に至っている」と書いた。
この記事は、その米海兵隊が編成をめぐって二転三転したことを、伝えるMarine Corps Timesのものである。
米海兵隊が小銃分隊の編成の再検討に至った最初のきっかけは、科学・技術の進展がもたらす作戦環境の変化とその中で顕在化していく新たな脅威である。当初、13名編成の小銃分隊を12名にしようとしたのは、サイバー脅威に対処するための新たな組織の必要性から、その人員を捻出しようとしたからであったとしている。しかしながら、科学・技術の進展は第一線にも大きな脅威となって現れている現状に目を向けると、小銃分隊の減員どころかその対応のため、人員の増加が必要との結論に至ることになる。また、これらの脅威の変化は、小銃分隊長としての高い専門能力を有することの重要性も要求している。
一方で、米軍全体としてもリクルートに力を入れなければけないほどに軍人になろうとする人材の不足が背景にあり、記事では、優秀な分隊長獲得のための取り組みも紹介されている。

15名の米海兵隊小銃分隊:将来歩兵の内部からの考察 –15-Marine rifle squad: An exclusive look inside the future infantry

By: By Todd South and Shawn Snow

August 7, 2019

 

Cameron Brower米海兵隊3等軍曹が今年後半に次の展開地に向かうとき、米海兵隊のトップリーダーは、米海兵隊の中核部隊の未来であり、戦闘の底辺にある戦術レベルでもたらす方法と考える新しい技術と能力をもたらすある種の小銃分隊で活動することになろう。

エコー中隊第2小隊第2分隊のBrower3等軍曹は、ノースカロライナ州キャンプレジューンの第26海兵遠征部隊(MEU)の大隊上陸チームである第8海兵連隊第2大隊内の数十人の中のある分隊の分隊長である。

この部隊は、15名の小銃分隊構成で米海兵隊に配備された最初の完全編成の配備部隊であり、2018年に最後の米海兵隊総司令官Robert B. Neller米海兵隊大将によって発表されたものである。数十年前の13名の米海兵編成に、アシスタント分隊長および分隊システム操作員の2名を追加している。

この動きは、より多くの能力を分隊に投入するための努力であり、少数の米海兵隊が指先に多くの火力を備えた競争地域で作戦することが求められるかもしれない将来の戦場での戦いの基盤と考える人もいる。

この取り組みは、米海兵隊員をロシアや中国の軍隊などの敵対者とのほぼ対等な戦いに導く方法である。国防総省当局者は、「地域的または広範な紛争には、洗練された兵器類および部隊によって、暴露した米軍部隊により複雑な攻撃をもたらすための方法で、防御された高度に競合する地域が含まれると予期している。

少なくとも3年前にさまざまな分隊規模、分隊用装備、分隊用兵器を伴う実験が開始され、少なくとも70年にわたってほとんど変化していない軍事要素にどのような変化が起こるかについての提言は多岐にわたった。

この流れはBrower3等軍曹が経験した最初のものではない。

彼は最初の数年間をアフガニスタンに展開した米海兵隊の第13米海兵遠征部隊(MEU)で過ごした。しかし、これが分隊長としての彼の最初のものになる。

部隊は5月上旬に構成されたが、一部のメンバーは、今年初めの実動演習間に15名米海兵分隊とその新技術の一部を試した。

同時に、米海兵隊はいくつかの訓練要件を変更し、歩兵を変革しようとする際に分隊長の役割の中の重要な伍長と3等軍曹を維持するために留保戦略を変更し、多額のボーナスを追加している。

 

More Marines, more capabilities:より多くの米海兵隊員とより多くの能力を

初期の実動演習でも、Brower3等軍曹はさらに2人の米海兵隊員と彼の分隊が携行した装備との直接的な違いを目の当たりにした。

1つ目は、彼の裁量でアシスタント分隊長を使えるようにすることで、最初の火力チームのリーダーシップが向上し、「摩擦が起きる地点」に集中する時間が増えたということである。彼のアシスタント分隊長に火力と他のコミュニケーションを委任することによって、物理的にも知的にもそして知的に、彼の火力チームを機動させより多くの地域をカバーすることができた。

その他は、分隊の中心である火力と機動の基本であった。

「我々は、もっと広げる必要があることを認識している」そして、「分散ははるかに優れており、その分散で(指揮・統制)を失うことはない」とBrower3等軍曹は言った。

そして15名の米海兵隊員は、戦闘でのさらなる2つの銃を意味する。

「たくさんの人員がいるので、周囲は常に射程圏内になる」とBrower3等軍曹は言った。「通常の射程では、通常は銃が止まると小康状態になるが、小康状態はない。常に誰かが射撃し、鉛が射程圏内にある」

そして、Brower3等軍曹の上司は、大隊レベルからすでにいくつかの優位性を見ている。

大隊指揮官であるTom Siverts米海兵隊中佐は、米海兵隊での彼の最初の10年間の大部分を米海兵隊兵士であった。 彼は「砂漠の盾作戦」/「砂漠の嵐作戦」に従軍し、昇任後、アフガニスタン、イラクおよび他の複数地域に展開した米海兵隊遠征部隊で海兵隊を率いた。

「アシスタント分隊長は、通信と火力の間のいずれの場所でもハイブリッドである」とSiverts中佐が言った。

大隊は、米海兵隊遠征部隊(MEU)と合成する前に、艦隊と歩兵学校の両方から受け入れられた米海兵隊として、15名海兵小銃分隊のモデルで中隊ごとに1個小隊を満たした、とSiverts中佐は言った。

3月と4月の兵器と戦術の指導を含む最初の演習では、司令官が、新しいアプローチを補完する完全な道具の一部を使用した15名海兵小銃分隊モデルの行動を確認することができた。

大隊は十分な強さを発揮しておらず、新しいおもちゃをすべて使用することもできなかったが、小隊の戦闘で小隊を十分にこなし、基本的な道具(分隊レベルのドローン)を彼らの自主裁量内で使用した。

Brower3等軍曹と彼の分隊の最近伍長に昇任したシステムオペレーターのJustin Solorioは、米海兵隊タイムズに、現実的な都市での訓練中に彼らの多くの襲撃でクワッドコプターを使用し、諸兵科連合の対装甲チームの敵に対して発射することができ、後で学んだ彼らは小型のクワッドコプターを見たことも聞いたこともなかったと語った。

そのドローン、インスタントアイ[1]には、ペイロードなしで約30分の飛行ができるとSolorio伍長は言った。その飛行範囲は地形に依存し、密集した植生は信号に影響を与える可能性があるが、開かれた砂漠はより大きな飛行距離を可能にする。

ペイロードは飛行時間を半分に短縮することになるが、そのペイロードはしばしば価値があると、Solorio伍長は言った。

それは、点在する対抗する部隊を見つけやすくするサーマルカメラを含んでいるからである。

この「重要な隊形」の図は、訓練マニュアルシンボル体系の15名海兵分隊を示す。

 

「ペイロードを使用する方がはるかに良い」とSolorio伍長は言う。「林の中の小さなものを探す代わりに、我々はただサーマルカメラを使用する」

また、デバイスコントローラーには、後で再生するために記録されたビデオをすべて保存し、ドローンが捕獲または破壊された場合、敵対者によって任務に関する情報を回復することはできない。

各分隊には、Solorio伍長などの分隊システムオペレーターがおり、彼らはドローンまたは潜在的に将来の無人地上システムを走らすだけでなく、戦術的レベルの対即席爆発装置(対IED)と電子戦妨害装置も操作する。

これらの2つの選択肢は、過去の展開でBrower3等軍曹からSiverts中佐までの米海兵隊員が見たもののなかで既に著しい変化である。

Siverts中佐は、過去に大隊内に手持ちのRQ-11 Ravenドローン[2]が数機あったかもしれないと言った。近年、それらは中隊レベルにまで浸透してきましたが、それらは、より大きな階層化ドローンアプローチの1つのアセットである。

しかし、これまでは実験を除き、分隊レベルのオーバーヘッド能力はなかった。そして、それは大隊がどのように戦うことを望んでいるかが重要であった。

「それらから得られる情報は、私の中での機動戦(maneuver warfare)を正に促進する」と、Siverts中佐は語った。

それは、ハイテクが歩兵の基本的なタスクに追加できることと関係している。

「速度は安全になることができる」とSiverts中佐は言う。「もし、敵がいない場所を確認できれば、より速く移動できる。私は正にそれが意思決定に貢献すると考える」

そして、それはいくつかの非正統的な思考につながる可能性がある。

大隊曹長Jeremy Johnsonは、米海兵隊タイムズに、若い米海兵隊の手にある新しい技術は、その技術の使用方法に関するいくつかの新しいアプローチをもたらすと語った。

彼は、今年初めの大隊の実動演習で、ある分隊がクワッドコプターをおとり(desoy)として使用する場面を見た。

「それを対抗部隊の真上に飛ばすのではなく、攻撃してくる場所とは反対方向に飛ばしていた」とJohnson曹長は言った。「若い米海兵隊員は、あなたを驚かせるようなものを思いつくものである」

Solorio伍長は、彼と他のドローンオペレーターが都市環境で採用している別の戦術は、ドローンを屋上または壁の出っ張りに着陸させることだと言った。その後、電池を節約するためにプロペラを切り、状況を観察するためにカメラを使用する。

分隊のドローンとともに、分隊内の各米海兵隊員は一人を除いてM27歩兵自動小銃を携行する。一人は最新の小銃用光学機器を備えた高精度のM27であるM38を携行する。

これにより、分隊の有効射程が広がり、階級で指定された射手が指名される。

同時に、各分隊は新しいM320擲弾発射機を搭載した擲弾兵を有し、これは、より正確であり、米海兵隊の主要小銃の前方装填の問題を取り除くとも語った。

彼らはまだそれらを装備していないが、Siverts中佐は、この部隊はCarl Gustaf 84 mm無反動砲を携行すると予想している。

より広い米海兵隊の計画は、分隊ごとに1基を持ち、現在の分隊員の配置位置に取って代わることである。これは、より高い対装甲火力のために小隊に任命される攻撃部隊の武器中隊に常駐するMOS0351歩兵攻撃海兵隊を使用する。

3月6日、ハワイ米海兵隊基地ハワイのカネオヘベイ演習場訓練施設での分隊支援攻撃中に、標的に火力を指向する準備をする第3海兵連隊第2大隊フォックス中隊の米海兵隊員

 

部隊はまた、分隊共通光学機器と新しい双眼暗視装置を採用しており、これらは、劇的に明瞭さを増し、白色リン画像用の古い緑色の色付き画面に代わり、夜間作戦でのより深い縦深と明瞭さを提供する。

単一ボタンの光学機器は使いやすく、1回のバッテリー充電で最大48時間持続するとBrower3等軍曹は述べている。

装備と新しい配置位置を超えて、これらの強化された分隊の米海兵隊はまた、より多くの訓練を目指している。Brower3等軍曹は有資格の統合火力観測者である。これはすべての分隊長の前提条件ではないが、新しい編成内のアシスタント分隊長にとって追求されている道である。

Siverts中佐とJohnson曹長は、現地の砲兵訓練指導者と連携して、統合火力入門課程に収まるだけ多くの米海兵隊員を配置すると述べた。完全に認定された学校ではないが、入門課程は、米海兵隊員にコンセプトを課し、それらの任務を遂行するための準備をすることができる。

そして、それらの訓練の方法論は進歩した。準備作業には、完全な課程に合格しない可能性のある人を除外するためのオンライン課程が含まれている。仮想訓練装置と仮想シミュレーションは、Johnson曹長や彼の世代の他の人たちがどのように訓練されたのかということから見ると、長い道のりであった。

曹長は彼の分隊長課程中に、訓練には地形地図上を「飛ぶ」表示棒上のモデルジェット戦闘機が含まれ、偽爆弾が展開されたとき、配置された指導教官がビー玉を落として火力を調整する練習のため綿で作ったボールでマークしていたことを思い出した。

How we got here:どうやってここまでに至ったか

米海兵隊は、少なくとも1950年代から、3、4個の米海兵隊火力チームと1人の分隊長がいる13名の米海兵隊モデルを使用している。

当初、元米海兵隊総司令官のRobert B. Neller米海兵隊大将は、分隊を13名から12名に削減する予定であり、これは2018年5月の米海兵隊アワードのディナーの席で発表したものだった。

その決定は、新しい分隊構成と、新しい技術とシフトされた配置位置がより小さい規模にどのように埋め合わせるかを説明する詳細な広報ビデオを含むファンファーレで披露された。

しかし、それは彼自身の実験がそれ以外の場合に推奨された後に来ました。

2016年、第5海兵連隊の第3大隊は、新しい分隊構成と装備で6か月間の実験を行った。最後に、米海兵隊機関誌ガゼットで共同執筆された記事は、最終的に採用された装備のシフトと配置位置の多い15名の海兵分隊を推奨した。

3/5の推奨事項には、特定の分野の3つの火力チームのそれぞれを専門にすることが含まれていた。最初の火力チームは破壊とロケットを処理し、2番目は地上、空中、および水系のドローンを取り扱い、3番目のチームは対ドローンの運用を行うものである。

それらの米海兵隊はまた、M320擲弾発射機とCarl Gustaf無反動砲を追加して、全員にM27小銃を推奨している。彼らはまた、軽ミニチュア攻撃弾薬(LMAM)を強く提唱した。

軽ミニチュア攻撃弾薬(LMAM)を押す者は、運用上の階級以上の支持者を獲得したと思われる。

当時、戦闘開発司令部の3つ星だった現在の米海兵隊総司令官であるDavid Berger米海兵隊大将は、かつて敵ドローンの分隊または小隊レベルのソリューションと見なされていた肩撃ちの対ドローン技術が「上手くいかなかった」と証言もした。

そのギャップを埋めるためには、軽ミニチュア攻撃弾薬(LMAM)が答えかもしれないと他の将官も付け加えた。

航空担当の副司令官であるSteven Rudder米海兵隊中将は、4月に議会で、他のドローンに対抗するための小型の武装ドローンが前方に展開された部隊を防御するための新しい方法を提供できると証言した。

その対ドローン対策の隙間を埋めるために、米海兵隊は、地上ベースの防空変換(GBAD)、地上/航空タスク指向レーダー(G / ATOR)と光海洋防空統合システム(LMADIS)に依存している。 しかし、それらは分隊以上のより高い部隊階層で使用されるものである。

2/8が今年後半に展開する分隊構成では、これらの推奨事項のすべてではなく一部を採用している。M27、光学機器、分隊ドローン、新しい擲弾発射機、および即席爆発装置(IED)用のGustaf無反動砲と分隊レベルの電波妨害装置がある。

情報筋は、米海兵隊タイムズに、12名の海兵分隊への最初の移動は、米海兵隊のトップがマルチドメインの戦いの場で深刻に必要となる人員のための米海兵隊内の他の入り口を見つけるための方法であり、それらには主にサイバー戦および電子戦を含んでいる。

小銃分隊の1つの配置位置を削減することで、Neller米海兵隊大将は米海兵隊に人員内で特別に648個の配置位置をもたらした。当時、米海兵隊には1,100個のサイバーMOS (Military Occupational Specialties)を満たすのが困難であった。

Neller米海兵隊大将の12名の米海兵隊分隊は数か月しか続かず、すぐに最高首脳部は15名の米海兵隊分隊モデルに移行した。

これは、3月に米海兵隊タイムズがインタビューした前任の米海兵隊総司令官Neller米海兵隊大将1人の考えに沿ったものであった。

1995年から1999年まで米海兵隊を率いた元米海兵隊総司令官のCharles C. Krulak退役米海兵隊大将将軍は、1人か2人の米海兵隊員を追加することは助けになるが、分隊の基本構造は健全であると述べた。彼の考えの中で、どうしてそれが議論にならなかったのか。

「私はあなたが削減するつもりなら、あなたは戦闘兵器をサラミスライスしないと固く信じている。あなたが削減を行う場合は、劇的な削減、大隊の削減、連隊の削減、航空戦隊または航空群を削減する。人々が必要としているならばそうする」と言い、 「しかし、善のために、単に大丈夫というだけでなく、すべてを少し切り取る」とKrulak大将は語った。

米海兵隊は、その編成において少し外れ値である。第二次世界大戦直後に行われた歩兵研究では、1960年代初頭に、指揮統制の考えとして9名部隊が分隊に配置された。大きな編成は扱いにくいとみなされ、より小さな部隊は、ほんの数名の負傷者によって簡単に戦闘が無効になってしまう。

そして、現在の13名の海兵分隊も進化中の15名の海兵分隊も、他の軍種や敵対者が使用するものではない。

たとえば、米陸軍は9名兵士の分隊モデルを使用している。しかし、それは主に、米陸軍の編成が、大規模な部隊を積み上げる時に小隊レベルまたは中隊レベルでより作戦するためである。

米海兵隊は本質的に遠征部隊なので、全体的には小型であるが、火力チームや分隊などの小規模な中核部隊内には、人員のより深い井戸がある。

Military Reviewの2018年5〜6月号に掲載されている「Infantry Building Blocks[3]」の記事によると、イランのような敵対者はさらに大きな編成を使用し、分隊長、狙撃手、2名のロケットチーム、すべて自動小銃を持つ3から4名の火力チームの16名の兵士からなる分隊を持っている。

同じ記事では、中国の下車歩兵分隊は、分隊長と3つの3名兵士セルを備えた9〜10兵士の編成であり、主に対装甲ミッションに専念していると説明している。

2016年の米国陸軍大学出版局により掲載された「ロシアの戦争の方法」によると、ロシアは完全に異なる分隊構成を有しており、BMP歩兵戦闘車またはBTRの装輪装甲兵員輸送車の使用して周辺に追随した「下車」分隊を中心にしている。

この出版物によると、これらの分隊には6人のメンバー、上級小銃手、小銃手、機関銃手、擲弾兵と擲弾兵助手を持つ分隊長がいる。

Challenges and opportunities課題と機会

今年後半に非公開日を残す予定の2/8が今後の展開で見つけたものは、おそらく米海兵隊の他の組織が人員と技術の両方を通じて分隊を進化させる方法をフィードバックするであろう。

その間、米海兵隊は、全体として新しい訓練アプローチと予算で、これまでにない方法で分隊に優先順位を付けている。

その一部は、歩兵と、米陸軍と米海兵隊の両方でルネッサンスを探している偵察員や技術者のような歩兵と他の近接戦闘部隊の犠牲と価値の認識から来ている。

また、前米海兵隊総司令官のNeller大将や現米海兵隊総司令官のBerger大将などの指揮官は地上の戦闘部隊の出身であるが、米海兵隊トップは必ずしも資金調達について完全な発言権を持っているわけではない。

それはある程度、近接戦闘致死性タスクフォース(Close Combat Lethality Task Force[4])によって助けられた。タスクフォースは、元国防長官であるJim Mattis自身が米海兵隊歩兵としての経歴の下に設立されたものである。

7月16日、ノースカロライナ州キャンプ・レジューヌの歩兵没入型訓練装置内での模擬戦闘偵察の前に、分隊に情報を渡す第8米海兵連隊第3大隊の米海兵隊員

 

タスクフォースは、資金をより良い兵器、光学機器、装甲防護衣と、そして米陸軍、米海兵隊の両軍種の歩兵と近接戦闘編成の訓練に反映するのに役に立った。また、地上戦闘要素に影響を与えるプロジェクトの優先順位を「Close Combat 100,000」とするために、訓練様相、兵士募集、および維持の広範な見直しを始めた。

しかし、うなり声の朗報には別の課題が伴うものである。

米海兵隊タイムズによって得られたデータは、米陸軍が若年の歩兵が5,000名不足していることを示した。これは、その階級に応ずる範囲での歩兵の現在の人員配置レベルが79パーセントであることを意味している。

そのギャップを埋めるために、米陸軍は新兵に40,000ドル、歩兵に兵科替えする兵士に最大72,000ドルのボーナスを出した。

MOS0365を保有する分隊長になった米海兵隊の低い達成度の傾向を見ると、米海兵隊は、米海兵隊分隊長に対して、昨年、36か月から48か月の契約に対して30,000ドルのボーナスを投じ、72か月の横移動に対して40,000ドルのキッカーを出し、合計で70,000ドルの可能性があった。

小銃分隊長課程を修了し、歩兵大隊を2年間留まることに同意しただけで、10,000ドルのボーナスを獲得した。

しかし、それだけでは十分ではありませんでした。

米海兵隊は、7月からMOS0365で再入隊するために57,000ドルのボーナスを支払うことを始めた。

配備部隊は、ベトナム戦争前から劇的な変化を経験していない小銃分隊が戦うための新しい方法をもたらしているが、仕事をすることができ、米海兵隊内に留まる適切な米海兵隊員を探し出すことは依然として課題である。

[1] http://www.psicorp.com/products/isr-systems/instanteye®

[2] https://ja.wikipedia.org/wiki/RQ-11_レイヴン

[3] https://www.armyupress.army.mil/Journals/Military-Review/English-Edition-Archives/May-June-2018/Basic-Infantry-Building-Block/

[4] https://breakingdefense.com/tag/close-combat-lethality-task-force/