インド太平洋に関わる米合衆国戦略的枠組み(前米政権)

+1

バイデン政権が誕生日した。その2週間前に前政権のインド太平洋に関わる取り組みを文書化した「U.S. STRATEGIC FRAMEWORK FOR THE INDO-PACIFIC」が、秘密区分指定を一部を除き解除され、1週間前に前政権の国家安全保障補佐官の声明とともに公開された。

この行為が、バイデン政権にとってどのような意味合いを持つものかは色々な見方ができるであろうが、ここでは、ニュース記事とともに秘密区分解除された文書を紹介する。参考のために、文書中で表記された秘密区分の意味合いを記す。

(U)  UNCLASSIFIED        未分類は技術的には分類ではない。これはデフォルトであり、許可なしに個人に公開できる情報を指す。

(S//NF)      SECRET//NOFORN 米国以外の市民への配布は、許可やアクセス許可に関係なく禁止されている。(外国からのアクセスは許可されていない)

(U//FOUO) UNCLASSIFIED//FOR OFFICIAL USE ONLY        公式の使用のためだけ。情報公開法に基づく公開が免除されている資料を含む文書または製品に使用される。

本文書に付記してある秘密指定に関わる内容は

国家安全保障会議 国家安全保障担当大統領次席補佐官およびアジア担当上級部長マット・ポッティンガーによる秘密区分指定(国家安全保障会議秘密区分指定による 指定解除日付:2042年12月31日)

秘密指定解除の内容は

国家安全保障問題の大統領補佐官ロバートC.オブライエンによる一部の秘密区分指定解除(国家安全保障会議 秘密区分見直しにより)

なお、紹介にあたって、秘密区分のままのものは(秘密)と表記した。以上(軍治)

インド太平洋に関わる米合衆国戦略的枠組み

2021年1月15日 12時15分

以下は、最近リリースされ、機密解除されたインド太平洋の米国戦略フレームワークと、国家安全保障補佐官のロバートオブライエンの声明です。

声明から

米国は、これまでも、そしてこれまでもインド太平洋の国であった。米国独立戦争からわずか8年後に中国に向けて出発した最初の貿易船から、1794年にインドで最初の外交的プレゼンスを確立するまで、この地域への米国の関与は貿易、協力、共有された犠牲に基づいて構築され、今日、地域全体で謳歌している平和と繁栄をもたらした。

「インド太平洋のための米国の戦略的枠組み(以下、枠組み)」は、過去3年間、世界で最も人口が多く経済的に動的な地域内の大統領の2017年国家安全保障戦略(NSS)を実施するためのトランプ政権の包括的な戦略的ガイダンスとして役立ってきた。

国家安全保障戦略(NSS)は、米国、そして我々の同盟国とパートナーの国益に対する最も必然的な課題は、将来の自由なビジョンと抑圧的なビジョンの間の競争の激化であることを認識している。この地域に対する米国の前向きなビジョンを実現し、インド太平洋諸国が主権、繁栄、平和に直面する前例のない課題に対処するために、トランプ大統領は2018年2月に、行政府の部門や機関全体で実施するための枠組みを承認した。元の文書は機密解除されてリリースされ、米国の人々と我々の同盟国およびパートナーに、この重要な地域に対する米国の永続的な取り組みを伝えている。

この枠組みは、中華人民共和国への米国の戦略的アプローチ、中国の経済侵略に対抗するための米国の戦略的枠組み、国際機関やその他における中国の悪意のある影響に対抗するための米国の戦役計画(campaign plans)などのインド太平洋地域およびそれを越えた重要な特定の問題への米国のアプローチを導き、多数の従属的な政策的枠組みおよび戦役計画(campaign plans)の開発を導いてきた。枠組みは、その従属文書とともに、主権、航行の自由と上空飛行の自由、貿易と投資の互恵、個人の権利と法の支配の尊重、透明性など、地域の繁栄と安定を促進するための米国政府全体の行動を導いてきた。

北京はますますインド太平洋諸国に彼らの自由と主権を中国共産党によって構想された「共通の運命」に従属させるように圧力をかけている。米国のアプローチは異なる。我々は、自由で開かれたインド太平洋の価値観と願望を共有するすべての同盟国とパートナーが、彼らの主権を維持し保護できるようにすることを目指している。

枠組みは、自由で開かれたインド太平洋が強力な米国のリーダーシップに依存していることを認識している。米国には、自由と開放を重んじる人々に代わって抑圧的な政権と戦ってきた長い歴史がある。最強の軍事力と活気に満ちた民主主義を備えた世界最大の経済として、米国は前線からリードする義務がある。

【公表文書】

(U)インド太平洋に関わる合衆国戦略的枠組み

(U)国家安全保障上の課題

  • S//NF)インド太平洋地域で米国の戦略的優位(strategic primacy)を維持し、自由な経済秩序を促進すると同時に、中国が新しい非自由な勢力圏を確立するのを防ぎ、地域の平和と繁栄を促進するための協力分野を育成するにはどうすればよいか?
  • S//NF)北朝鮮が米国とその同盟国を脅かさないようにする方法は、北朝鮮がもたらす脅威のレベルと種類の現在の深刻な危険と将来の変化の可能性の両方を説明するのか?
  • S//NF)公正で互恵的な貿易を促進しながら、米国の世界経済のリーダーシップをどのように前進させるか?

(U)合衆国の永続的な死活的な国益

  • 祖国を守る。
  • 米国の繁栄を促進する。
  • 力による平和の維持。そして
  • 米国の影響力を高める。

(U)インド太平洋における合衆国の最大の国益

  • S//NF)祖国と海外の米国市民を守る。核兵器の拡散と核兵器を届ける手段を防ぎ、
  • S//NF)世界で最も人口の多い地域と世界経済の3分の1以上への米国の経済的、外交的、軍事的アクセスを維持する。
  • S//NF)同盟国の信頼性と有効性を高める。そして
  • S//NF)国内の米国の核心的価値と自由を保護しながら、この地域で米国の優位性を維持する。

(U)仮定とする事項

  • (U//FOUO)米国の安全と繁栄は、インド太平洋地域への自由で開かれたアクセスに依存しており、インド太平洋地域は、米国、地域、および世界の経済成長の原動力であり続けるであろう。
  • (U//FOUO)北朝鮮の核ミサイルと韓国を征服するというその表明された意図は、米国の祖国と我々の同盟国に重大な脅威をもたらす。
  • (U//FOUO)地域のパワーバランスの変化は、インド太平洋全体の安全保障競争を促進し続け、インドや日本を含む地域の多くの国による防衛投資の増加につながる。
  • (U//FOUO)拡散、海上安全保障、テロ、および未解決の領土紛争は、依然として主要な安全保障上の懸念および紛争の原因となるであろう。
  • (U//FOUO)インド太平洋における米国の卓越性の喪失は、世界的に米国の国益を達成する我々の能力を弱めるであろう。
  • (U//FOUO)強力な米国の同盟は、紛争を抑止し、我々の死活的な国益を促進するための鍵である。
  • (U//FOUO)我々の政治的および経済的システムの本質と目標(goals)が異なるため、米国と中国の間の戦略的競争は続くであろう。中国は優位に立つために国際的な規則や規範を回避するであろう。
  • (U//FOUO)中国は、この地域における米国の同盟関係やパートナーシップを解消することを目指している。中国は、これらの減少した債券によって生み出された空白と機会を利用する。
  • (U//FOUO)強いインドは、志を同じくする国々と協力して、中国との釣り合いをとるであろう。
  • (U//FOUO)中国の経済的、外交的、軍事的影響力は短期的には増加し続け、インド太平洋地域の国益を達成するための米国の能力に挑戦するであろう。
  • (U//FOUO)中国は、人工知能や生物遺伝学などの最先端技術を支配し、権威主義の奉仕にそれらを利用しようとしている。これらの技術における中国の支配は、自由社会に深刻な課題をもたらすであろう。
  • (U//FOUO)中国のデジタル監視、情報統制、影響力作戦(influence operations)の急増は、インド太平洋地域、そしてますます西半球と国内での我々の価値観と国益を促進するための米国の取り組みに損害を与えるであろう。
  • (U//FOUO)中国は台湾との統一を強制するためにますます積極的な措置を講じるであろう。
  • (U//FOUO)ロシアは、国連、中国、インドと比較して、インド太平洋地域で限界的なプレーヤーであり続けるであろう。

(U)望ましい最終状態

  • S//NF)北朝鮮はもはや米国本土や同盟国に脅威を与えることはない。朝鮮半島には核兵器、化学兵器、サイバー兵器、生物兵器がない。
  • S//NF)米国は、世界で最も急速に成長している地域で、外交的、経済的、および軍事的な卓越性を維持している。インド太平洋のほとんどの国は、米国を優先パートナーと見なしている。米国の経済力と影響力は、この地域全体で高まっている。
  • S//NF)地域諸国は、主権、航行の自由と上空飛行の自由、貿易と投資の基準、個人の権利と法の支配の尊重、軍事活動の透明性など、米国と地域の繁栄と安定を可能にした原則を支持している。
  • S//NF)自由市場はアジアの主流であり、米国経済はインド太平洋地域との相互作用の結果として雇用と成長を生み出している。
  • S//NF)地域紛争は合法的に強制なしに解決される。
  • S//NF)東南アジアは、強化された東南アジア諸国連合(ASEAN)を含め、ビジネス、セキュリティ、市民社会においてより緊密に結びついており、米国、同盟国、主要パートナーと緊密に協力して、上記の原則を支持している。東南アジアは、非ASEAN諸国からの最小限の支援でテロの脅威を管理することができる。
  • S//NF)安全保障問題に関するインドの優先パートナーは米国である。両者は協力して海上安全を維持し、南アジア、東南アジア、その他の相互に懸念する地域における中国の影響力に対抗する。インドは、中国による国境の挑発に対抗する能力を維持している。
  • S//NF)インドは南アジアで引き続き卓越しており、インド洋の安全を維持し、東南アジアとの関わりを深め、この地域の他の米国の同盟国やパートナーとの経済、防衛、外交協力を拡大する上で主導的な役割を果たしている。
  • S//NF)米国とすべての大陸のそのパートナーは、秘密の影響や強制的な影響などを通じて、主権を弱体化させることを目的とした中国の活動に抵抗している。

(U)努力目標

(U)同盟国とパートナーシップ

S//NF)目標:「自由で開かれたインド太平洋」に対する共通のビジョンを強調し、この地域への取り組みを強調する。

  • 行動:中国の「一帯一路構想(Belt and Road Initiative)」に付随する文字列を伝えながら、法の支配と市民機関を促進するために友好的な政府への米国の技術支援を活性化する。(「中国の経済侵略に対抗するための米国の戦略的枠組み」を参照。)中国の情報戦役(information campaigns)と競争できる強力な広報外交(public diplomacy)能力を開発する。中国の地域支配は避けられないというナラティブ(narrative)に穴をあけてください。

S//NF)目標:この戦略の最終状態に貢献するために、日本、大韓民国、オーストラリアの能力と意志を強化する。

  • 行動:(秘密)
  • インド太平洋の戦略をオーストラリア、インド、日本の戦略に合わせる。
  • インド、日本、オーストラリア、および米国を主要なハブとする四辺形の安全保障枠組みの作成を狙いとする。
  • 日本とオーストラリアとの三国協力を深める。
  • 朝鮮半島を越えて地域の安全保障問題においてより大きな役割を果たすように韓国を奨励する。
  • 日本がインド太平洋の安全保障アーキテクチャの地域的に統合された、技術的に進歩した柱になることを可能にする。
  • 日本の自衛隊の近代化を支援する。

S//NF)目標:フィリピンとタイとの同盟関係を再活性化し、ルールに基づく地域秩序を維持する上での彼らの役割を強化する。

  • 行動:アクセス、演習と訓練、相互運用性など、外国の開発援助と防衛関与を維持し、可能な場合は拡大する。

S//NF)目標:非伝統的な安全保障上の課題に関するインド太平洋諸国との関与の拡大を通じて、この地域における米国の安全保障上のリーダーシップを推進する。

  • 行動:平和維持、人道支援/災害対応、世界の健康に関するインド太平洋諸国との協力を拡大する。
  • 研究開発の負担と成果を同盟国や志を同じくするパートナーと共有して、軍事力を維持する。
  • 志を同じくする国々がこれらの課題に取り組み、負担分担を増やす上でより大きな役割を果たすよう奨励する。我々の研究開発の利点を同盟国や志を同じくするパートナーと共有して、我々の集団的な軍事的な強み(collective military edge)を維持する。

S//NF)目標:台湾が、安全、強制からの解放、回復力、そして中国を独自の条件で関与させる能力を確保するのに役立つ効果的な非対称防衛戦略と能力を開発できるようにする。

(U)インドと南アジア

S//NF)目標:安全保障と主要防衛パートナーのネットプロバイダーとして機能するインドの台頭と能力を加速する。共有できる利益に取り組むために米国および地域のパートナーと効果的に協力することができる強力なインド軍によって支えられたインドとの永続的な戦略的パートナーシップを固める。

  • 行動:防衛協力と相互運用性のためのより強力な基盤を構築する。主要防衛パートナーとしてのインドの地位を強化するために、防衛貿易と防衛技術を移転する能力を拡大する。共有される地域の安全保障上の懸念に関する協力を強化し、インド洋地域を超えたインドの関与を奨励する。原子力供給国グループにおけるインドのメンバーシップを支援する。国内経済改革と東アジアサミット(EAS)およびADMM +でのリーダーシップの役割の強化に向けてインドと協力する。外交、軍事、インテリジェンスのチャネルを通じてインドに支援を提供し、中国との国境紛争や、ブラマプトラ川や中国による転用に直面している他の河川を含む水へのアクセスなどの大陸の課題に対処するのを支援する。
  • (秘密) ………インドの「アクトイースト(Act East)」政策と、世界をリードする大国になるというその願望を支持し、自由で開かれたインド太平洋という米国、日本、オーストラリアのビジョンとの互換性を強調する。
  • 妨げられない商取引、透明性のあるインフラ債務慣行、領土紛争の平和的解決など、インド洋における米印共通原則に対する地域的支援を構築する。
  • インドのエネルギー源と供給を多様化するために、すべての供給源と技術にわたって米国とインドのエネルギー協力を促進する。
  • サイバーおよび宇宙の安全保障と海洋ドメインの状況認識についてインドと提携する。米国とインドのインテリジェンスと分析の交換を拡大する…。(秘密) …。より強固なインテリジェンスパートナーシップを構築する。
  • インドと日本と協力して、インドとその地域の国々との間の地域のつながりを強化するプロジェクトの資金調達を支援する。

S//NF)目標:モルディブ、バングラデシュ、スリランカを含む南アジアの新興パートナーが自由で開かれた秩序に貢献する能力を強化する。

  • 行動:東南アジアの海洋安全保障イニシアチブをモデルにした南アジアのパートナーとの新しいイニシアチブを確立し、海洋ドメインの状況認識と米国とのデータ共有を改善する。
  • (秘密)
  • インド洋での海洋情報「フュージョンセンター(fusion center)」の創設を支援する。
  • 共通の原則と基準を推進するための地域フォーラムを設立する。
  • 共通の安全保障目標に沿った地域協力へのコミットメントを含めるために、容認できる海洋行動に関する原則の声明について幅広いコンセンサスを確立し、獲得する。

(U)中国

S//NF)目標:中国の産業政策と不公正な貿易慣行が世界市場を歪め、米国の競争力を損なうことを防ぐ。

  • 行動:外国の競争を凍結し、米国の経済競争力を弱体化させ、21世紀の経済を支配するという中国共産党の願望に反する中国の略奪の経済慣行に対抗する。(参照:「中国の経済侵略に対抗するための米国の戦略的枠組み。」)
  • S//NF)中国の産業政策と不公正な貿易慣行が世界の貿易システムに損害を与えているという国際的なコンセンサスを構築する。
  • 行動:(参照:「中国の経済侵略に対抗するための米国の戦略的枠組み。」)

S//NF)目標:中国に対して米国の産業の革新のエッジを維持する。

  • 行動:中国が軍事力や戦略力を獲得するのを防ぐために、同盟国や志を同じくする国々と緊密に協力する。対米外国投資委員会の範囲を拡大して、ベンチャーキャピタルおよびその他の形態の中国による投資をカバーする。主要技術の成長を促進する国内政策を採用する。(参照:「中国の経済侵略に対抗するための米国の戦略的枠組み。」)

S//NF)目標:影響力を維持し、中国政府のモデルを相殺するために、地域全体で米国の価値観を促進する。

  • 行動:公的なメッセージおよび私的なメッセージを開発し、経済的、技術的、社会的利益を含む、すべての国に民主主義と自由の利益を示すイニシアチブを促進する。
  • 志を同じくするパートナーと国際的に認められた権利と自由を保護し促進するための努力を調整する。
  • 韓国、台湾、モンゴル、日本、およびその他の地域の民主的パートナーと協力して、彼ら自身の成功と彼らが獲得した利益を実証する。
  • 地域全体の活動家や改革者を支援する。
  • 改革を目指す国々に開発、技術、法律上の支援を提供する。

S//NF)目標:中国が米国や米国の同盟国やパートナーに対して軍事力を行使することを阻止し、紛争の範囲全体で中国の行動を打ち負かす能力と概念を開発する。

  • 行動:インド太平洋地域における戦闘で信頼できる米軍の存在と姿勢を強化し、米国の国益と安全保障への取り組みを支持する。
  • 以下のことができるがこれらに限定されない防衛戦略を考案し、実施する。(l)紛争における「第一列島線」内での中国の持続的な空と海の支配を否定する。(2)台湾を含む第一列島線諸国を守る。(3)第一列島線の外側のすべてのドメインを支配する………(秘密)
  • 我々の同盟国とパートナーが、軍事力や相互運用性を含む安全保障体制を改善し、戦略的独立と中国の強制からの解放を確保するのを支援してください。同盟国やパートナーを強制する中国の能力を制限するパートナーシップと能力を拡大する。

S//NF)目標:この地域での米国の関与を強化すると同時に、政府、企業、大学、中国の留学生、ニュースメディア、一般市民に、中国の強制的な行動と影響力のある活動について世界中に教育する。

  • 行動:中国の活動とそれが国家の利益、自由、主権にもたらす問題を説明する公に入手可能な情報を提供するメカニズムを確立する。(秘密)
  • 中国人の間の無修正のコミュニケーションを促進する(秘密)の能力に投資する。

S//NF)目標:米国の国益に役立つ場合は、中国と協力する。

  • 行動:中国との外交では、建設的で結果重視の関係に対する大統領のビジョンを実現するために、高レベルで実質的な相互作用を強調する。過去の外交はしばしば広く浅いものであり、それは中国の利益に合っている。

S//NF)目標:中国に対するインテリジェンスの優位性を維持し、中国のインテリジェンス活動に対して米国、その同盟国、およびパートナーに植え付ける。

  • 行動:米国の同盟国とパートナーに、中国に対する作戦と自国での中国の秘密活動に対抗するために米国と協力するように装備する。
  • 中国の影響力作戦に対抗する米国のインテリジェンス活動と法執行活動を拡大し、優先順位を付ける。志を同じくする国々にも同じことをしてもらう。
  • 中国の増大するインテリジェンスの利点を中和するために、公的部門と民間部門にわたる防御的および攻撃的な対インテリジェンス機能を強化する。中国の意図と能力の理解を強化するために、他の政府とのインテリジェンス外交と法執行協力を拡大する。
  • 同盟国とパートナーが、対インテリジェンス、核拡散、サイバーセキュリティ、産業セキュリティ、および機密情報の管理において高水準を開発するのを支援する。

朝鮮半島

S//NF)目標:金体制が生き残るための唯一の道は核兵器を放棄することだと説得する。

  • 行動:経済、外交、軍事、法執行、インテリジェンス、情報ツールを使用して北朝鮮への圧力を最大化し、北朝鮮の大量破壊兵器プログラムを無力化し、通貨の流れを遮断し、体制を弱体化させ、核を逆転させることを目的とした交渉の条件を設定し、 ミサイル計画は、最終的には半島の完全で検証可能で不可逆的な非核化を達成する。北朝鮮が核とミサイルの計画を覆すための措置を講じる場合は、交渉を検討してください。(「大統領の北朝鮮戦略」、キャビネット・メモ、2017年3月28日を参照。)
  • これを行うには、次のようにする。(l)韓国と日本が高度な従来の軍事力を獲得するのを支援する。(2)韓国と日本を近づける、(秘密)
  • (秘密)

(U)東南アジアと太平洋諸島

S//NF)目標:東南アジアと地域の安全保障アーキテクチャにおけるASEANの中心的役割を促進および強化し、重要な問題について「ワン・ボイス」で話すことを奨励する。

  • S//NF)行動:シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア・・・(秘密)・・・との関係を深める。
  • S//NF)自由で開かれたインド太平洋戦略の中核的要素としてASEANの中心性を強調する。
  • S//NF)東南アジアにおける米国の戦略目標を拡大するための日本の積極的なリーダーシップを強化する。・・(秘密)・・

目標:東南アジアでのテロの拡大を防ぐ。

  • S//NF)行動:ISIS連合撃破への東南アジア諸国の関与を拡大する。インド太平洋諸国間のより良い法執行、軍事、インテリジェンス協力を促進する。テロ対策への直接的な米国の支援を提供する。

S//NF)目標:ビルマの民主化への移行を促進し、支援する。

  • (秘密)

S//NF)目標:太平洋諸島(たとえば、米国の領土、自由に関連付けられた国、メラネシアおよびポリネシアの国)が米国と一致していることを確認する。

  • 行動:太平洋諸島全体の外交、軍事、インテリジェンス、経済、開発支援、および情報の利点を固める。(秘密)

S//NF)目標:経済的なつながりを追求し、市場ベースの改革を採用しようとする国々とのつながりを深める。米国によって設定された貿易および投資基準を含み、中国への地域の経済的依存を減らす貿易協定を追求する。

  • (U)米国の財源と経済力の組み合わせに戦略的目的を割り当てる。「一帯一路(One Belt One Road)」に代わる信頼できる代替案を提供するインド太平洋の統合経済開発モデルを促進する。官民パートナーシップの最善の使用方法に関するタスクフォースを作成する。
  • S//NF)米国、同盟国、およびパートナー主導のエネルギー、電気通信、および物流の標準とインフラストラクチャの開発を促進する。
  • S//NF)地域経済統合の促進におけるアジア太平洋経済協力の取り組みを拡大し、貿易円滑化、税関の近代化、基準の調和を通じてASEAN経済共同体の形成を支援する。
  • S//NF)インド太平洋への双方向の貿易と投資を拡大するために、米国の民間部門に遠征精神を再燃させるよう奨励する。