統合全ドメイン指揮・統制の枠組みは戦闘員に属するものである

0

米国防総省、米統合参謀本部が進めているJoint All-Domain Command and Control(JADC2)については、Miltermでも「米国の新しい戦い方「JADC2」について」、「統合全ドメイン指揮統制(JADC2)」で紹介してきているところである。しかし、その実態は、なかなか掴めない。

ここで紹介するのは、米国防総省管轄のDoD Newsの記事である。米統合参謀本部第6部(J-6)の責任者である米海兵隊中将へのインタビューを記事にしたもので、この部署は、同盟国やパートナー国との相互運用性を高めるための担当部署であると考えられる。

JADC2を実現するために解決すべき課題は、1986年に制定されたゴールドウォーター・ニコルズ法以来の根深いものであろうが、すべての戦闘ドメインにわたる指揮・統制の実現はこれまでの課題解決以上の難題だと考えられる。

冒頭に、JADC2の枠組みが「warfighting business」であると断言しているところに、「あぁ、またシステムの話ね」と冷ややかに見られてしまう、この種の取組みに付きまとう誤解の存在を感じ、「昔、聞いたことのある話だ」と思われる方もいるのだろう。(軍治)

統合全ドメイン指揮・統制の枠組みは戦闘員に属するものである:Joint All-Domain Command, Control Framework Belongs to Warfighters

2020年11月30日,ジム・ガラモン, DOD NEWS

全ドメイン統合指揮統制(Joint All-Domain Command and Control)枠組みは、通信要員の単なる管轄領域(bailiwick)ではなく、戦闘にかかわる業務(warfighting business)であると米海兵隊中将のデニスA.クラールは述べている。

クラール中将は、統合参謀本部の一般にJ-6と呼ばれる、指揮統制、通信、およびコンピューターのディレクターである。彼は統合参謀本部の最高情報責任者(CIO)でもある。

2020年9月3日、ネリス空軍基地での先進戦闘管理システム(Advanced Battle Management System)の演習中に、シミュレートされた厳格な基地で戦闘空間の動きを監視する米空軍兵士(写真:コーリー・D・ペイン米空軍1等軍曹)

彼は、全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)枠組みが戦闘員(warfighters)に属していることを強調している。「これは戦闘にかかわる業務(warfighting business)である。J-6業務ではない。CIOの業務ではない。それは戦闘員(warfighters)に属するものである」とクラール中将はインタビューの中で、将来の戦争を闘うための米国防総省(DoD)の戦略的アプローチについて語った。

この枠組みは、すべてのドメイン、指揮、および各軍種にわたってセンサーをシューターと混ぜ合わせる(amalgamate)ためのDODの取り組みである。それは、起こるのに数十年かかる単なるコミュニケーションの取り組みのように聞こえる。クラール中将はそうではないと主張している。「これは火力と迅速な交戦に関するものである」と彼は言った。「そういう意味で考えると、我々が所有しているものと我々がしていることを少しの間脇に置き、国防総省が必要となるものがどこにあるかを調べる必要がある。その後、時間に基づいて必要なところを見ることができる」

各軍種には、センサーをシューターに結び付けることを目的としたシステムがある。JADC2はすべてのセンサー情報を収集し、すべての戦闘員を繋げる。脅威は米空軍の無人航空機によって感知される可能性があるが、それに対する最良の武器は沖合から発射される米海軍ミサイルである可能性がある。

歩兵大隊からの射撃の要請は、あらゆる軍種からの、砲身砲兵、ロケット砲兵、艦砲射撃、近接航空支援または他の何かによって答えられる可能性がある。

これのいくつかはすでに起こっており、クラール中将はプログラムが成長し進化しているのを見ている。「すぐにできることがある」と彼は言った。「これらのものが利用可能であるため、我々はこれらのもののいくつかを搭載するかもしれない。あなたはあなたが望むものではなく、あなたが持っているもので闘う。しかし最終的にはあなたはあなたが望むもので闘うでしょう。だから、短期間、中期間、長期間で見る考え方は非常に重要である。必要なものの地平線から目を離すことはできない」

クラール中将は、全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)枠組みの要件が非常に明確に記述されていることを確認したいと考えている。「我々は全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)戦略を必要に応じて推進し、次に我々が持っているものを調べて、どの部分がうまく適合し、どの部分が適合しないかを見つける」と彼は言った。

国防総省の他のすべての側面と同様に、全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)は国家防衛戦略の取り組み(lines of effort)に貢献しなければならない。「それは致死性(lethality)を増加させるのか」とクラール中将は尋ねた。「答えはイエスでなければならない。[全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)]は我々をより致死的にする。我々は戦闘組織(warfighting organization)である。その組織はこれが行うように設計されているのである」

この枠組みは、全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)戦略のもう1つの取り組み(line of effort)であるパートナーシップを強化する。これは、現在作業中であり、クラール中将の参謀によって起草されている。同盟や他のミッションパートナーは、枠組みが装備化された後の「ボルト留め(a bolt on)」としてではなく、現在プログラムに参加している。彼は、米国が同盟国やパートナーなしで何かをする可能性は非常に低く、彼らは収容する必要のある独自のセンサーとシステムを持っているだろうと述べた。全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)の「構築(build)」の早い段階でファイブアイズの同盟国を持ち込むことは理にかなっていると彼は言った。

「我々は一人で闘うことは決してないだろう、我々はパートナーと闘うつもりだ」と彼は言った。「それで、[全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)]は、我々と同じことを彼らにとって意味しなければならない」

3番目の取り組み(line of effort)は改革(reform)であり、全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)枠組みはすべてパラダイムの変更に関するものである。「誰もが逃げ出して自分で何かを開発するのは良いことではない。うまくいかなければ、少なくとも高価だという考えで終わってしまう」と彼は語った。「我々はお金を賢く使わなければならない」

2020年10月24日、インディアナ州キャンプアターベリーでの「ボールドクエスト20.2」演習中に、航空機を統制する第274航空支援作戦部隊の統合末端攻撃統制官。統合参謀本部が統括するボールドクエスト(BoldQuest)は、空、陸、海、宇宙、サイバースペースでセンサーとシューターをリンクする統合能力を実証する多国籍演習である。

(写真:ジョエル・フィヒスター米空軍2等軍曹)

全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)戦略は、一連の取り組みとマイルストーンで構成されている。一連の取り組みには目標とタスクがあり、攻撃の計画がある。「我々は、潜在的に食い違い(cross purposes)ではなく、一緒に働いていることを確認しなければならない」と彼は言った。

彼は、各軍種が連携していると述べた。軍種の各システムは「完全には一体化されていない」が、クラール中将の参謀が「国防総省にとってどのように見えるか」を判断しようとするため、それらはすべて約束を示している。

さまざまな人々がさまざまな視点から全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)を見ている。一部の人はそれの説明を見て、形容詞(adjectives)だけに集中していると彼は言った。スピード、弾力性、持続性はほんの一部であり、それらは「戒め(commandments)」を形成し、当局がこれらの行動を比較する。

他の人々は全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)を見て、動詞(verbs)の「感知と行動(Sense and act)」を見るだけである。「戦場にはたくさんのセンサーがある」とクラール中将は言った。

成長するモノのインターネット(Internet of Things)は、それを気軽に処理する能力を超える情報を生み出した。「それはどっと押し寄せてくる。毎月、新しいセンサーと新しい情報のフィードがあるようだ」とクラール中将は語った。「そして、これを自動化してスピードアップしなければ、これはすべて編集室の床の上で舞い上がるであろう」

軍は問題なく行動できると彼は言った。「その情報が洗練されていれば、我々は迅速に決定を下すことができる」と彼は言った。これには、ある程度の人工知能が必要になる。

2020年10月31日、インディアナ州キャンプアターベリーでの「ボールドクエスト20.2」演習中に野戦砲兵の射撃任務を遂行するインディアナ陸軍州兵の兵士。統合参謀本部が統括するボールドクエスト(BoldQuest)は、空、陸、海、宇宙、サイバースペースでセンサーとシューターをリンクする統合能力を実証する多国籍演習である。

(写真:ジョエル・フィヒスター米空軍2等軍曹)

最後に、要件を読んだ他の人には、「どんなラジオ、どんなアンテナ?」といった名詞だけを見る。クラール中将は言った。「次に触れて購入できるものは何ですか?」

これらの品詞はすべて調整する必要がある。すべてが重要である。すべてが枠組みに貢献している。全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)が機能するには、すべてが同期している必要がある。

「私の経験では、相互運用可能とラベル付けされているほとんどのものは連携しない」とクラール中将は述べている。「これはインターフェースである。[システム]は機能していますが、在来のもの(native)ではない」

システムを相互運用可能にすることは容易ではなく、安価ではなく、ほとんどのシステムは変化に抵抗する、とクラール中将は述べている。「一方の端を変更するときは、それらを連携させるために、物事の長い洗濯物リストを変更する必要がある。我々はその業務から抜け出さなければならない」

クラール中将の部局(J-6)は、国防総省(DOD)の最高情報責任者(CIO)と協力して、同じアプローチを使用しながら、異なる部署で作業することにより、これをまとめている。

全ドメイン統合指揮・統制(JADC2)の将来に目を向けると、現在の能力を表示している「ボールド・クエスト(Bold Quest)などの演習やデモがある。「これをパズルと見なすと、この能力には、今日採用できるいくつかの側面がある」とクラール中将は言った。「私たちは5年待つ必要はない」