師団以下のマルチドメイン作戦

0

前米国防長官のエスパー氏が着任当初に掲げた10個のターゲットにもある「Joint Warfighting Concept」の完成は昨年度末であったが、COVID-19により遅れが生じているようだ。米統合参謀本部が主管する米統合ドクトリン体系を見ると、「Joint Warfighting Concept」は、統合レベルの各種ドクトリンの最上位に位置するものとなると推察される。

また、軍の教育に関わる統合レベルの調整機関であるMilitary Education Coordination Council (MECC)の2019年の会議資料を見ると、各軍種の作戦コンセプト文書や機能ごとのコンセプト文書との関連が見えてくる。「Joint Warfighting Concept」には、米陸軍の作戦コンセプトであるマルチドメイン作戦(MDO)コンセプトの考え方や、何度か紹介した統合全ドメイン指揮統制(JADC2の考え方もうまく整合されていくのであろう。これらのコンセプトは、国の安全保障戦略文書、更には国防戦略文書での目標を具体的にしたものとなることもあり、その記述の内容が大きな組織を対象となることが多い。実際に現場レベルでの闘いに臨む組織や兵士は、どのように具体化していけばよいのかが重要となってくる。

ここで紹介するのは、「MILITARY REVIEW January-February 2021」の米陸軍のマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトの作成に関わってきた米陸軍の将校による記事である。このコンセプトの中でも解釈の難しいとされる「convergence」について師団以下の部隊の行動を例に挙げて説明している。説明では、敵対者の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)のドームに対し、その弱いところを見つけて、そこに侵入するための窓を開け、部隊を侵入させ、そして敵対者のシステムを崩壊させていく流れを、マルチドメイン作戦での闘いの考え方との違いについて、大部隊の大渡河作戦を例に挙げながら説明している。また、師団以下の部隊が開けた窓が敵対者によって対応がとられるまでの時間には限界があり、マルチドメインの能力を収束させるためには、これまでの戦術次元の指揮統制の考え方を越えたやり方やツールの必要性も記されている。しかし、あまりにも策にのみ目をとらえられると1970年代に議論のあった「アクティブ・ディフェンス」のコンセプトの二の舞にもなりかねないのではないかとも思えるのだが・・・・(軍治)

師団以下のマルチドメイン作戦-Multi-Domain Operations at Division and Below-

ジェシー・L・スケート米陸軍少佐[1]

MILITARY REVIEW January-February 2021

批評家がマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトを軽蔑するとき、彼らはそれが提供するアイデアを攻撃することはめったにない。むしろ、推奨される解決策の成熟度や実現可能性に異議を唱えている。たとえば、マルチドメイン作戦(MDO)の最も一般的な批判の1つは、このコンセプトが表面上は師団より上の指揮階層に適用され、したがって師団以下で働く部隊の大部分の運用を説明していないということである。米陸軍全体の作戦コンセプトとして、これは確かにひどい告発であるが、それも真実ではない。マルチドメイン作戦(MDO)はすべての指揮階層に適用される。

師団の攻撃とギャップ・クロッシング:Division Assault and Gap Crossing

マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、米陸軍が軍団以上の指揮階層で行動できるようにする解決策を定義している。師団以下の指揮階層の場合、コンセプトは問題文(problem statement)のように読まれるものとなる。これは必ずしも新しい現象ではない。歴代の戦士は、コンセプトが完全には精緻なものではなく、彼らの前任者が有用であるが不十分なアドバイスを提供するという実際的な課題に直面している。これらのジレンマを理解する唯一の方法は、緊急の環境条件下でテストされていないアイデアを効果的に一体化できる新しい作戦上のアプローチを開発することである。将来コンセプトセンター(Futures and Concepts Center)は、統合用兵評価(Joint Warfighting Assessment :JWA)や他の実験環境のようなイベントを使用して、まさにそれを行った。そのプロセスで、コンセプト開発者は、師団がマルチドメイン作戦(MDO)で遭遇する固有の条件の説明で説明できるいくつかの初期の戦術的含意を特定した。

マルチドメイン作戦(MDO)の師団の説明を提供する前に、現在のドクトリンを確認して、紛争に対する現在のアプローチと将来のアプローチを比較できるようにすることには価値がある。戦闘員演習(Warfighter exercises)と呼ばれる現在のドクトリンおよび師団レベルの訓練イベントでは、師団は通常、大規模な戦闘作戦(large-scale combat operations)に備えて攻撃位置に移動して準備する時間がある。重要な能力が事前に配置されていると、状況は紛争に移行する。師団とその隷下の編成は攻撃位置から解き放たれ、シミュレートされた6週間の作戦で指定された各接近経路(avenues of approach)に沿って機動を開始する[2]。師団は、優越した火力能力を持つ1つから3つの敵師団の間で闘う。闘いのほぼ半分で、師団は1つ以上の旅団戦闘団を使用して、意図的なウェット・ギャップ・クロッシング(wet-gap crossing[3])の態勢をとり、実行する[4]。半日(シミュレーションでは約36時間)の間に、師団は渡河(crossing)を完了し、脅威がこの優越した作戦に対抗する能力を集中させるので、通常はかなりの戦闘力を失いながらも、アセットを渡らせる。部隊の渡河(crossing)と集約を完了した後、師団は攻撃を続け、重大な脅威の編成を決定的に撃破するか孤立化させる[5]。それ自体は複雑で危険であるが、このプロセスは比較的単純であり、マルチドメインの戦場に固有の複雑な作戦や要件を再現するものではない。

マルチドメイン作戦(MDO)では、師団は、72〜96時間の期間内に、潜在的に数百キロメートルにわたって状況認識と影響力を維持する必要がある[6]。警告がほとんどまたはまったくない状態で、師団は戦域の港または訓練基地から直接戦闘に移行する。師団とその旅団は解放中に闘うが、軍(army)または軍団(corps)はマルチドメイン能力を収束(converges)して、脅威の長距離火力と防空(両方とも400キロメートルを超える範囲)を低下させる。米国の戦域レベルの長距離火力は、師団レベルの機動を阻止する脅威の能力を低下させることにより、戦術的な機動作戦に直接影響を及ぼす。師団は、敵の長距離システムが十分に劣化したときに、脅威の中距離火力が主な問題となる正面から150キロメートル以内に急速に機動する[7]。競争(competition)の最終段階で師団が動き始めた場合、この機動は非常に簡単になる[8]

脅威の中距離火力が機動を阻止するポイントに移動することは容易ではない。接触している軍団または師団の現在のテンプレート化された前進率によると、約300 kmの移動(脅威の長距離火力からの最初の阻止から敵の中距離火力の有効範囲の開始までの機動の長さ)は2〜3日間が必要である[9]。ただし、マルチドメイン作戦(MDO)では、師団はこの機動を完了するのに1〜2日かかり、次の段階では収束と機動(convergence and maneuver)の速度を上げる必要がある[10]

2019年9月9日、オリエントシールド2019の期間中、日本の山口湾上空を飛行する米陸軍UH-60ブラックホーク。これは、マルチドメインおよびクロスドメインのコンセプトをテストと改良によって相互運用性を高めることを意図とした米陸軍と陸上自衛隊の最高の二国間野外訓練演習である。。(写真提供:米陸軍2等軍曹ジェイコブ・コールズ)

敵の拡張したスタンドオフ能力は数が少ないが、非常に致命的で効果的であり、侵入するのにより少ない時間の中で、より高価な能力を必要とする。しかし、より多くの中距離火力は、機動のための窓(windows for maneuver)を開けるために攻撃して十分に能力を低下させるのに、かなりの時間と能力を要する。軍団は、利用可能な限り多くのマルチドメイン能力を収束(converging)し、敵の中距離火力に対する攻撃の時間を計り、脅威の既成事実化した作戦(fait accompli operations)に対抗するためのシームレスな師団の機動を前面に押し出す。

たとえば、正面から150kmから70kmへの移動中にウェット・ギャップ・クロッシング(wet-gap crossing)が発生した場合、師団は80km移動してウェット・ギャップ・クロッシング(wet-gap crossing)を実行するのに24時間かかる。機動を完了するのに12時間かかると仮定すると、師団は、最低7千人と1,000個の装備を備えた、最低2個旅団戦闘団を水の障害物を越えて移動させるのにさらに12時間かかる。これは、渡河(crossing)だけで1台あたり1分未満であり、渡河位置(crossing site)の設置や解体は考慮されていない。このタイプの急速な渡河(crossing)は、理想的な渡河(crossing)条件下では困難である。ただし、将来の状況では、戦術的機動部隊は、敵の精密攻撃の脅威を軽減するために、45分から1時間ごとに移動する複数の架橋位置を渡河(crossing)する可能性がある。

軍団が12時間または24時間の機会の窓(window of opportunity)を維持できない場合、師団指揮官は決心に直面する。彼または彼女は、前進を遅らせるが保護アセットの集中を可能にする、争われている意図的なギャップ・クロッシングのために部隊を集約するか?[11]それとも、小さな要素がより速い速度と生存性を獲得することを期待して、彼または彼女は部隊を分割するか?[12] 2番目のオプションは急ぐことであるが、利用可能な架橋アセットを急速に使い果たす。さらに、敵がそれらのアセットを破壊した場合、軍団のリスクは最高潮に達する。軍団が重要なマルチドメインリソースを活用して、多数の前進軸をサポートする複数の収束作戦(convergence operations)を実行すると、最高潮に達するリスクが高まる。ただし、マルチドメインリソースを収束しないと、この師団は分散した旅団戦闘団に交換用の橋を提供することはできない。最高潮に達するリスクを減らすために、次世代の戦闘車両は高度の浮上航行能力を備えている必要がある。これにより、複雑さが大幅に軽減され、ギャップ・クロッシング作戦の速度が向上する。

対岸に至ると、師団は前進し続ける。現在、敵の位置から70 km以内で、この師団は、主に軍および軍団レベルのアセットが長距離および中距離の脅威能力に焦点を合わせているため、その有機的な能力を活用して戦術的な収束作戦(tactical convergence operations)を主導している。マルチドメイン能力の可視性とアクセスが制限されているため、師団とその旅団は軍と軍団の交戦のターゲットを特定する。同時に、敵の短距離能力と、接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムの最も密度の高い部分を使用する。闘いのこの時点で、利用可能なすべてのアセットを積極的に採用することが成功に不可欠になる。

各戦車、移動式の保護された火力のプラットフォーム、大砲、および多連装ロケットシステムを確保することは、敵部隊と効果的にできるだけ速く、そしてできるだけ頻繁に交戦することのために重要になる。より多くのマルチドメイン能力がすべての指揮階層での収束作戦(convergence operations)を通じて戦場に入り、敵を圧倒し、その前進を停止するのは、作戦のこの段階である。同時に、部隊は急いで最後のフェーズラインを越え、敵の電子戦能力の中にさらに深く進み、主たる通信計画、代替通信計画、緊急時対応通信計画、緊急事態通人計画(PACE通信計画)をさらに進めながら、既成事実化(fait accompli)を防ぐ。この時点はまた、火力を掃討し、火力による紛争を防ぐことが死活的になるが、非常に困難になる時期を示している。影響の量と環境の動的な本質を管理するために、統制手段と人工知能の組み合わせは、すべての指揮階層の指揮官がリスクを管理し、マルチドメインの火力を一体化し、部隊を保護するのに役立つ。

ただし、収束作戦(convergence operations)は最終状態(end)ではなく、特定の作戦目標を達成するために必要な手段であることを覚えておくことが重要である。収束により、敵の防御への侵入と崩壊が可能になり、師団と旅団が重要な地形を機動および統制できるようになり、敵がその目標を達成できなくなる。

戦術的含意:Tactical Implications

明らかに、マルチドメイン作戦(MDO)の下での師団の前進は独特の要求を生み出す。特に、収束(convergence)は、特にリソースの可用性の観点から、作戦的次元と戦術的次元の両方で多くの課題を提示する。マルチドメイン作戦(MDO)の実験中に、アナリストはすべてのドメインで能力の可用性が変動していることに気づいた[13]。各ドメインには、衛星軌道の速度、物理的な侵入を必要とする閉塞したサイバーネットワーク、または、空、海、陸のドメインで作戦する部隊の給油、修理、再装填の時間などの物理的な制限がある。これらの物理的制約により、すべてのドメインでの部隊の可用性が低下した。その結果、指揮官は、すべての部隊を短期間まとめるか、または彼または彼女の部隊の一部を無期限に使用するかを選択できる。後者のアプローチを使用すると、数時間以上続く作戦により、リソースの可用性の周期的な波が発生する。複数のドメインの「正弦波(sine waves)」の頂点を戦術的な作戦に合わせると(図を参照)、指揮官はドメインの優位性の窓(windows of domain superiority)を活用して、相手を圧倒する力(overmatch)を獲得し、任務の目標を達成する。

これらの収束の最高点(peak convergence)の期間の間に、指揮官は最適化ヒューリスティックにより、機会が提示されたときに主要な敵ノードに対して使用するマルチドメインアセットの理想的な組み合わせを特定できた。収束の一貫した特徴は、すべてのドメインを活用し、潜在的な能力容量の利用率を向上させ、米軍部隊の全体的な致死性を高め、敵が遭遇するジレンマの数を増やすことである。

ただし、これがどのように機能するのか、そして重要なこととして、誰がこの作業を行うのかはまだ不明である。これは米陸軍に重大な戦術上の問題を引き起こす。一つには、師団と旅団は、軍と軍団の司令部の収束作戦を通じて提供される機会の窓(windows of opportunity)をどのように理解して観察し、通信が低下した環境でそれらを利用するのであろうか?収束の窓(convergence window)を通過すると、旅団または師団はどのようにその有機的能力を収束させて戦術的脅威に侵入し、崩壊させるのか?おそらく最も重要なことは、指揮統制ノードが収束(convergence)のためにいつでもいかなるシューターを使用できる場合、師団と旅団は独自の能力を使用して闘うのであろうか?

図.各ドメイン内のリソース可用性の収束の最高点(作成者による図)

マルチドメイン作戦(MDO)の可視化:Visualizing Multi-Domain Operations

分散した非常に致命的なマルチドメイン作戦(MDO)戦場で優位性の窓(windows of advantage)を特定して活用するには、現在の視覚化と状況理解のアプローチを再考する必要がある。今日、すべてのドメインの状況認識を取得するには、大量のコンピューターサーバー、極秘のインテリジェンス処理施設、および特別な技術作戦書庫が必要である。これらのほとんどは静的な位置にある。さらに、隷下組織、同盟国、統合組織、省庁間、政府間、および多国籍のパートナーと情報を共有することは、現在の戦術ネットワークのデータレートが制限されていること、セキュリティクリアランス要件のためにアクセスが不十分であること、インテリジェンス共有の制限があるため、困難である。理想的には、すべてのドメインデータへのアクセスはユビキタスでモバイルであり、同盟国やパートナーと共有されることであるが、実際にはそうではない。

効果の収束によって生成される機会の窓を活用するには、上記のギャップの解決策を特定して開発する必要がある。さらに、部隊がより良い自動化と自律システムを一体化するので、どんな解決策も通信関連の制約の増大を説明しなければならない。量子コンピューティング、クラウドベースのビッグデータ、および高度な高速コンピューターには、サイズが大きく、ほとんど動かない、脆弱なインフラストラクチャが必要である。これらの新しい技術は、マルチドメイン情報を処理するために大規模な施設や空調、さらには冷蔵を追加する必要がある場合、部隊や司令部の運用を制限する可能性もある[14]

2020年6月11日、ポーランドのドラフスコ・ポモルスキー・トレーニングエリアでの「アライド・スピリッツ」演習中に水陸両用戦車で達着したポーランド軍第12機械化旅団の兵士。「アライド・スピリッツ」は、約6000人の米軍とポーランド軍の兵士が参加する「ディフェンダー・ヨーロッパ20」にリンクされた演習である。修正された演習では、意図的な水路横断を実施し、同盟国の能力と一体化し、師団規模の部隊の共通のインテリジェンス作戦図を確立する能力をテストした。(写真提供:米陸軍3等軍曹ランディス・モンロー)

ただし、米軍は移動性をデータ処理と交換することはできない。そうすることで、戦術的編成が優位性の窓を利用するのを防ぐことができる。高度であるが移動性のない自動化によって可能になる、より少ない移動師団、旅団、および大隊は、つかの間の優位性を予測することができる。それでも、これらの機動編成は、脅威の防御に開かれたギャップまで、そしてそれを介して急速に加速することはできない[15]。さらに、機動性の低い編成を保護するには、重要なインフラストラクチャを防御するために部隊を集中させる必要があり、複数のジレンマを伴う脅威を提示する米陸軍の能力を骨抜きにする。マルチドメイン作戦(MDO)環境では、半独立した機動が重要である。即時の戦術的条件に基づいて分散および機動する実力(ability)は、前進の速度と、脅威の中央に指揮された接近阻止・領域拒否(A2 / AD)部隊が直面しなければならないジレンマの数を増加させる。独立した機動の速度と組み合わされた収束は、電撃戦の影響に近似する。電撃戦は、防御を急速に貫通し、敵を縦深に撃破した[16]

収束と機動の両方を複雑にするのは、敵の防御における短期間のギャップを予測する必要があることである。これには、上記の物理的な制限とドメインの「正弦波(sine waves)」を完全に理解する必要がある。収束作戦(convergence operations)によって劣化した準備された防御に対して、時速3〜5kmで移動する軍団または師団の前進のタイミングを計ることは困難である。収束の最高点の機会を活用するには、音速で移動するジェットからの打撃、音速の複数倍に移動する極超音速兵器と衛星、および光速で光速ケーブルに沿って送信されるサイバー打撃を機動作戦に効果的に一体化する必要がある。これらの能力の一部は常に利用可能であるが、他の能力は利用できない。機動部隊は、短い5分間しか利用できない能力によって提供される90分の窓を活用する準備をする必要がある。劣化した通信環境は、ほぼリアルタイムの調整を中断することにより、このプロセスをさらに複雑にする。

その90分の窓が開き、友軍部隊が作戦を開始すると、マルチドメイン情報とサポートへのアクセスが減少する。戦術的編成は独立して作戦する必要がある。これらの期間中、師団と旅団ははるかに日和見的になり、それらの有機的なシステムと編成を活用して、新たな優位性を特定し、活用する必要がある。

指揮階層内の機動部隊は、最初に当初の計画に従って活動し、次にマルチドメイン作戦(MDO)戦役の主導権を獲得して維持するために、分散型実行に迅速に移行する必要がある。前進する部隊は、主導権を握って維持するために、作戦の次の段階の優先順位と計画を対象として、より高い任務と意図への変更を理解する必要があるため、この移行には作戦全体の戦術的指揮階層での重要な情報への確実なアクセスが必要である。

争われている情報環境で作戦するのに十分な情報を提供するには、さまざまな方法がある。これらの方法には、よりモバイルで、より小さなデータパケットである通信システム、および低帯域幅システム上の複数のパスを介した送信が保証されることが含まれる場合がある。そうすれば、情報の迅速で幅広い配布が部隊全体で発生し、理解の共有と統制のとれた主導性が可能になる。

逆に、アナログな指標の開発は、コンピューターの助けなしに、指揮官が優位性の窓を特定するのに役立つ。これらの指標には、米国または連合の第4世代戦闘機の攻撃への一体化、または作戦の特定の時点での敵の電子的阻止の欠如が含まれる。これらの指標は、指揮官が完全なコミュニケーションや状況認識を持っていなくても、作戦環境を理解するのに役立つ。ただし、アナログな指標は、広く分散された作戦で高度に集中化された意思決定をサポートするには不十分である。したがって、マルチドメイン作戦(MDO)では、権限を与えられた戦術的指揮官は、意思決定と作戦の実行においてより多くの責任を負わなければならない。

作戦のための情報を収集する最後の方法には、より低い指揮階層へのより優れた自動化能力の委任や、安全ではないがユビキタスな通信プラットフォーム間でオープンに通信される情報を保護するブロックチェーンのようなセキュリティが含まれる場合がある[17]。このオプションでは、編成は、劣化した通信を識別して軽減する人工知能(AI)能力を活用する。これらのAIベースのシステムは、ドメイン能力の調整と計画の予期しない変更を監視する。次に、高度な自動化により、計画が即座に変更され、ドメイン能力の最適な組み合わせに基づいて、境界やフェーズラインを含む新しい統制手段が接触する各部隊に再配布される[18]

情報の争われた環境で作戦するための単一の解決策はない。マルチドメイン作戦(MDO)には、高度な情報システム、アナログの指標、AI対応の参謀の組み合わせが必要である。これらの解決策は、戦術的編成(tactical formations)が上位の指揮階層によって提供される窓を見て活用できるようにするだけである。次の質問は、機動編成(maneuver formations)がどのように独自の機会を生み出すかである。

戦術的侵入と崩壊:Tactical Penetration and Dis-Integration

「2028年のマルチドメイン作戦における米陸軍」は、侵入および崩壊作戦(dis-integration operations)の議論において、師団以上の指揮階層を強調しているが、侵入および崩壊作戦(dis-integration operations)のすべての指揮階層で発生する[19]。実際、「2028年のマルチドメイン作戦における米陸軍」の著者である米陸軍准将マーク・オドムは、脅威部隊への近接性と侵入を必要とする防御の密度との直接的な関係を認めた[20]。その結果、戦術的な編成が会戦に近づくほど、侵入と崩壊はより困難で不可欠なものになる。次の節では、戦術的な侵入と崩壊の作戦がどのように展開する可能性があるかについて説明する。

侵入と崩壊(dis-integration)は多くの方法で起こる。競争中、米陸軍本部は、政策指示と敵の意図の知覚に基づいて部隊を事前配置する。競争中に事前配置することにより、戦術的編成は武力紛争の前に脅威の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)範囲に侵入する。

武力紛争への移行時に、軍と軍団の司令部は、高価値の長距離脅威システムを攻撃して撃破し、師団と旅団が脅威接近阻止・領域拒否(A2 / AD)の範囲内で機動できるようにする。この優位性は一時的なものであり、数時間のうちにこの優位性の窓が閉じる。現在、作戦能力を活用している脅威部隊は、多数のドローン、サイバー、およびキネティックな火力能力を備えた友好的な戦術的編成を見つけて攻撃する[21]。同時に、脅威の部隊は電子戦手段を増幅し、データの配布、検知の回避、および後続の作戦の調整の取り組みを複雑にする。

有機的な能力と限られたマルチドメインの手段と権限に大きく依存している友軍部隊の戦術的部隊は、敵の防御と接触して調査し、脆弱性を見つける[22]。識別されると、より小さな戦闘編成は、火力で脅威と交戦しながら機動し、複数のロケットランチャー・システムと中距離防空で始まる長距離の敵のプラットフォームに対抗する[23]。軍、軍団、師団が敵の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)システムの各層を剥がすと、追加の機動空間が開き、指揮官に脅威の脆弱性を悪用する機会が増える。同時に、師団と旅団はマルチドメイン効果を使用して、敵の火力と一体化された防空システムの指揮統制ノードを劣化させながら、部隊と移動を覆い隠す[24]。各段階で、重要な敵ノードが攻撃され、結束が破壊される[25]。同時に、より多くの統合部隊が闘いに参加し、利用可能な攻撃的戦力を指数関数的に増加させ、敵に複数のジレンマを提示し、友軍部隊の成功に向けて規模を傾ける。

上記のアプローチは、同じ作戦理論を活用しているため、統一された地上作戦(unified land operations)に似ているように見える。ただし、必要な範囲、規模、およびアクセスは、米軍部隊が現在享受しているものとは異なる。たとえば、米軍部隊は2017年の対イスラム国(IS)作戦中に、モスルに対する圧倒的な全ドメインの優越を確立することができた[26]。これらの能力を使用して、陸上と空の構成部隊の参謀は、孤立した地形で比較的静的な防御を活用するための意図的な行動を調整し、イラクの治安部隊がモスルを奪還できるようにする。

連合軍がイスラム国(IS)に対して獲得した一定のドメインアクセスと優位性のレベルは、対等な敵対者に対しては存在しない。地上からの火力と航空支援の複数の層により、パートナー部隊の3つの師団がモスルのイスラム国(IS)戦闘員の旅団に対して機動することができたが、米軍部隊の軍団は、将来的にいくつかの敵軍団の同等の編成に対して機動するようになる[27]。各脅威編成には、独自の火力、電子戦アセット、特殊目的部隊、パルチザン、および防空を有するであろう[28]

敵対者はこれらのアセットをほぼ同時に使用して、前進する戦術的編成に複数のジレンマを提示し、近接航空支援およびそれらが依存するようになった他の戦闘イネーブラーから地上部隊を分離する[29]。これに対抗するために、師団は他のドメインを最大限に活用し、変化する作戦条件や天候の影響に迅速に適応しながら、あまり精巧ではない非ステルスシステムの群れ(swarms)を一体化する必要がある。旅団は、師団以上の指揮階層によって生み出された優位性を活用し、運動性が低く、戦術的に熟練した敵の編成に対して迅速に機動しなければならない。

誰が何と闘うのか?:Who Fights What?

おそらく、マルチドメイン作戦(MDO)の最も厄介な質問は、誰がどの能力と戦うかということである。現在、旅団戦闘団が主要な行動部隊である。マルチドメイン作戦(MDO)の下では、師団は著名な戦術的運用単位になる。

行動の部隊単位が変わる一方で、戦術的指揮官への期待も変わる。現在、戦術的指揮官は、より広範な作戦目標を支援するために戦術タスクを実行して、独自の能力で闘っている。ただし、将来的には、最適化アルゴリズムがこのプロセスに干渉する可能性がある。師団が新たな機会を活用するために有機的な能力を機動するにつれて、これらのアセットは、より広範囲の敵の能力と交戦するための最良の選択肢になる。同時に、ますます多くの司令部がこれらのますます自動化された効果にアクセスできるようになる。任意のセンサー、任意の指揮統制ノード、任意のシューターパラダイムの収束の下で、最適化ヒューリスティックはデータを使用して、特定の脅威能力に対して使用するためのマルチドメインアセットの最適な組み合わせを識別する。自動化されたシステムは、ドメインや人間の視点に関係なく、これらのアセットの運用を積極的に推奨できる。

これにより、闘いを実行し維持するために必要な能力とリソースをめぐる競争が生まれる。作戦上または戦略上の考慮事項に向けて最適化プロセスを過度に重み付けすると、重要な補給品と戦術的作戦を実行する実力(ability)から師団と旅団が急速に走らされる可能性がある。逆に、戦術上の考慮事項を過度に重視すると、重要な作戦的ターゲットまたは戦略的ターゲットに対する打撃の選択肢が減る可能性がある。したがって、戦力態勢のような自動化の調整は、戦術的な主導性、保護、および消費の考慮事項を考慮しながら、戦略上および作戦上の優先順位を適切に支援する必要がある。

結論:Conclusion

この記事では、マルチドメイン作戦(MDO)の戦術的適用についての会話を開始し、米陸軍の最新の作戦コンセプトを戦術的部隊の問題文(problem statement)して説明するものである。師団攻撃の説明は、マルチドメイン作戦(MDO)の実装に3つの明確な課題を課すのに役立つ。次に、これらの課題について詳細に説明し、それぞれに考えられる解決策を紹介した。

最初の課題は、マルチドメイン作戦(MDO)環境でのデータの使用であった。現在の通信では、指揮官がマルチドメイン効果を迅速に組み合わせて使用することはできない。これらは、機会または優位性の窓(windows of opportunity or advantage)と呼ばれる短期間の機会の視覚化をサポートしておらず、機動作戦および防護作戦に悪影響を及ぼす。将来のツールは、ドメイン能力の最適な組み合わせを識別して運用できる高度な分析を提供する必要がある。また、各階層の指揮官が優位性の窓(windows of advantage)を予測できるようにする視覚化ツールも提供する必要がある。さらに、将来の自動化と通信は、戦術的機動部隊の機動性を妨げることなく、これらの能力を提供する必要がある。これには、データの収集、使用、および通信に対する現在のアプローチの第一原理レビューが必要になる可能性がある。

2番目の課題は、戦術的な侵入と崩壊(dis-integration)であった。軍や軍団などの作戦的指揮階層が収束して、強力な脅威の長距離火力や防空に侵入する一方で、戦術的階層は、短距離能力の密集した網に侵入して崩壊させる。これには、可能な限り多くの有機的な能力を積極的に運用する必要があり、より優れた自動化が必要になる可能性がある。効果の収束は、侵入して崩壊させる唯一の方法ではない。実際、迅速で半独立した日和見的な機動は、集中管理された脅威の接近阻止・領域拒否(A2 / AD)部隊を撃破するためのもう1つのおそらく最良の方法である。

最後の戦術的課題は、戦術的主導性を損なうことなく、任意のセンサー、任意の指揮統制ノード、および任意のシューターパラダイムを運用することであった。これには、作戦的要件と戦術的要件の両方を考慮して、最適化ヒューリスティックの適合が必要であった。適切に管理されている場合、部隊の自動的一体化、作戦上および戦術上の致死性の両方を改善する。

米陸軍がこれらの課題に対する効果的なドクトリン、組織、訓練、装備、リーダーシップと教育、人員、施設、および政策の解決策を見つけた場合、現在実行不可能なマルチドメイン作戦(MDO)は、米国の敵対者によって提示されたスタンドオフ問題に対する実現可能かつ成熟した解決策の両方になる。

ノート

[1] ジェシー・スケート米陸軍少佐は、バージニア州フォートユースティスにある将来コンセプトセンターのコンセプトライターである。彼は、「モスル研究グループのフェーズIIレポート」と「2028年のマルチドメイン作戦における米陸軍」の著者である。彼はモンタナ州立大学で学士号を、テキサス大学エルパソ校で修士号を取得している。

[2] Wayne Grigsby, “Commander’s Planning Guidance,” Warfighter Exercise 16-4 Academics (Commander’s Planning Guidance, Fort Leavenworth, KS, 15 October 2015).

[3] 【訳者註】軍事的に移動の制限を伴う地形(地隙や河、湿地帯)を横断することをgap crossingという。ここでいうウェット・ギャップ・クロッシングとは、河川、湖沼を渡河することをいう。

[4] Ibid.

[5] Ibid.

[6] Desmond Bailey, “Multi-Domain Operations Frontages” (PowerPoint presentation, Multi-Domain Operations Frontages, Fort Eustis, VA, 15 March 2020).

[7] Ibid.

[8] Desmond Bailey (former director of the Concepts Development Division, Maneuver Center of Excellence), email message to author, 15 April 2020.

[9] The Research and Analysis Center, Futures and Concepts Center and Army Futures Command, established the rate of advance for maneuver based on terrain and enemy capability. However, this analysis is not described in doctrine.

[10] Jim Owens, Battlefield Development Plan (Fort Eustis, VA: U.S. Army Futures and Concepts Center, 1 March 2020).

[11] Army Techniques Publication 3-90.4, Combined Arms Mobility (Washington, DC: U.S. Government Publishing Office [GPO], 8 March 2016), 4-1.

[12] Ibid., 4-2.

[13] Matthew Bandi (chief of the Battlefield Development Plan Branch, Joint and Army Concepts Division, Directorate of Concepts, Futures and Concepts Center), email message to author, 15 April 2020.

[14] Peter H. Diamandis and Steven Kotler, The Future is Faster Than You Think: How Converging Technologies Are Transforming Business, Industries, and Our Lives (New York: Simon & Schuster, 2020), 27.

[15] Bill Hix and Bob Simpson, “Accelerating into the Next Fight: The Imperative of the Offense on the Future Battlefield,” Modern War Institute at West Point, 26 February 2020, accessed 15 October 2020,https://mwi.usma.edu/accelerating-next-fight-imperative-offense-future-battlefield/.

[16] Edward N. Luttwak, Strategy: The Logic of War and Peace (Cambridge, MA: Belknap Press, 2003), 123–30.

[17] Bettina Warburg, How the Blockchain will Radically Transform the Economy, TEDSummit Conference, June 2016, accessed 10 November 2020, https://www.ted.com/talks/bettina_warburg_how_the_blockchain_will_radically_transform_the_economy#t-233404.

[18] Bandi, email message.

[19] David Farrell (analyst for the Russian New Generation Warfare Study and the Multi-Domain Battle, Multi-Domain Operations, and Battlefield Development Plan concepts), email message to author, 23 April 2020.

[20] Mark Odom, “Multi-Domain Operations Briefing” (all hands briefing, Army Futures and Concepts Center, Fort Eustis, VA, 18 October 2018).

[21] Bandi, email message.

[22] Ibid.

[23] Odom, “Multi-Domain Operations Briefing.”

[24] Bob Simpson (senior concept developer at the Futures and Concepts Center), interview with author, 20 September 2017.

[25] For an overview of the eight forms of contact, see Army Doctrine Publication 3-90, Offense and Defense (Washington, DC: U.S. GPO, 31 March 2019).

[26] U.S. Army Training and Doctrine Command, Mosul Study Group Phase II Report (Fort Eustis, VA: Army Capabilities Integration Center, 31 July 2018).

[27] Ibid.

[28] Simpson, interview with author.

[29] Ibid.