米陸軍を教える―21世紀の兵士を訓練および教育するための仮想学習ツール

+1

軍隊組織にとっての人の重要性は言うまでもないことである。2020年6月掲載の「米国の将校教育についてのビジョンと指針」は、米各軍種が教育の重要性を謳ったものであり、2020年8月掲載の「米海兵隊総司令官計画策定指針」でも教育の重要性を強調している。また、2020年6月掲載の「米海兵隊のドクトリンを読む① MDCP 7 Learning」で紹介したように米海兵隊は学習に関するドクトリン文書を2020年2月に、発行し公表している。

軍隊の教育や訓練に、情報技術を適用する試みは、以前からあるものだが3Dコンテンツ作成技術の進展、画像・映像の高精細化やクラウドコンピューティング基盤の充実などから、時間や場所を問わずに学習する環境が進んでいるようだ。

ここで紹介するのは、米陸軍のミリタリー・レビュー1・2月号に掲載の仮想技術を活用した教育の例である。記事中に出てくる「Staff Ride」は日本では聞きなれないが、記事中にもあるようにプロイセン軍の時代に始まったものである。訳は「スタッフライド」としているが、現地戦術や現地研究、現地研修といわれるものと理解してよいと思われる。米陸軍は「Staff Ride Team」という組織を設け、各種手法を通じて学べる環境を提供している。(軍治)

米陸軍を教える―21世紀の兵士を訓練および教育するための仮想学習ツール

Teaching the Army

Virtual Learning Tools to Train and Educate Twenty-First-Century Soldiers

Angela M. Riotto, PhD[1]

MILITARY REVIEW January-February 2021

2019年5月3日、ドイツのキャンプアーヘンにある統合多国籍シミュレーションセンターの戦術ゲーム部門で「Virtual Battle Space 3(VBS3)」システムを使用する第101空挺師団に配属された兵士。VBS3は、柔軟なビデオゲームベースのプラットフォームであり、米陸軍種の兵士は、野外で行うのと同じように仮想シナリオを使用して訓練を行うことができる。(写真:クリストファー・スチュワート米陸軍3等軍曹)

1988年10月、当時米陸軍参謀総長だったカールE.ヴオノ将軍は、教育ツールとしての「スタッフライド」の価値を検討した。「The Army Historian」の記事で、ヴオノ将軍は、歴史の研究が「戦術、兵站、指揮、地形、技術のマトリックスを生きた即時性に吹き込んでいる」と述べている[2]。彼は、適切に実行された場合、「スタッフライド」は「戦争の現実をまとめる」ことができると説明している[3]。ヴオノ将軍が30年以上前にこれらの言葉を書いたとき、米陸軍の「スタッフライド」は、教場(classroom)の外で利用できる戦闘分析のための数少ない方法論的ツールの1つであった[4]。幸いなことに、これはもはや当てはまらない。今日、兵士は、軍事史、機動(maneuver)、指揮統制(command and control)、火力(fires)、後方支援(sustainment)、および大規模な戦闘作戦(large-scale combat operations)のドクトリンの中心となるその他のコンセプトを研究するためのいくつかの強化された学習ツールにアクセスできる。戦場での「スタッフライド」は依然として基本的な教育活動であるが、現在、米陸軍は「仮想スタッフライド(virtual staff rides :VSRs)」、シミュレーション訓練、ドキュメンタリー映像も提供している。これらのマルチメディア成果物はそれぞれ、歴史的な事例研究を利用して、米陸軍要員に対する戦闘の影響についての理解を深めている。米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームと「スタッフライド」チーム、および国立シミュレーションセンター(National Simulation Center:NSC)から入手できる成果物は、独立して機能するが、コラボレーションで使用すると、戦闘シミュレーション、「スタッフライド」、および映像により、戦闘の即応性(combat readiness)が強化され、ドクトリン上の能力(doctrinal competence)および技術的能力(technological competence)が向上する。兵士の間に伝承されるべき感覚(sense of heritage)を育むことになる。これらのようなマルチメディア学習ツールは、21世紀の兵士のための訓練と教育の効果的で面白い手段(effective and entertaining means)である。

これらの各ツールは、カンザス州フォートレブンワースにある米陸軍諸兵科連合センター(Combined Arms Center:CAC)から入手できる。米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の隷下の組織として、将校、下士官、准尉、および文官のためのドクトリン、訓練、教育、およびリーダーシップ開発を同期させ、そして一体化する。訓練は、米陸軍の専門家が将来の作戦に備え、個人および集団の任務を習得するための手段である。米陸軍諸兵科連合センター(訓練担当部署)(CAC-Training)は、現実的で複雑な訓練環境で、仮想的にも直接でも訓練を実施することで、このミッションを支援する[5]

米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は、タスクを実行するための兵士の訓練に加えて、リーダーシップ、批判的思考(critical thinking)、倫理、判断、状況認識、および問題解決について兵士を教育する。これらのスキルは、情報に基づいた力を確保および維持するために、訓練で習得した戦術的スキルおよび技術的スキルを伴う必要がある[6]。米陸軍諸兵科連合センター(CAC)の教育フレームワークの主要なコンポーネントは、米陸軍大学(Army University:ArmyU)である。米陸軍諸兵科連合センター(CAC)が2015年に米陸軍大学(ArmyU)を設立したとき、米陸軍長官のJohn McHughは、次のように強調した。「私たちは、米陸軍、統合、省庁間、および多国籍のタスクフォースとチームをよりよく導くために、複雑な現代の安全保障環境を理解する知的な能力容量(intellectual capacity)を成長させるために、兵士と文官を教育し、育成し続けなければならない[7]」「仮想スタッフライド(VSR)」、シミュレーション、およびドキュメンタリー映像は、訓練と教育の両方のミッションを支援する。

米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の一部として、デジタルの世界で育った学習者に挑戦し、刺激を与えるための学習モデルの提供に努めている。2011年、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は「米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット(TP)525-8-2、2015年の米陸軍学習コンセプト(Army Learning Concept:ALC 2015)」を発行し、全ての志願兵の米陸軍、特に21世紀の兵士の訓練および教育モデルを開発した。米陸軍学習コンセプト(ALC 2015)は、米陸軍が「兵士が米陸軍に入ってから引退するまでの一連の学習」を開始しなければならないと概説している[8]。デジタルに堪能な学習者に焦点を当てることで、シミュレーションプログラム、「仮想スタッフライド(VSR)」、映像などの強化された教育ツールの必要性と価値が浮き彫りになる。これらの成果物は、教場(classroom)の内外での学習を可能にし、米陸軍学習コンセプト(ALC 2015)の期待を上回る。

2017年、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、「TP 528-8-2 米国陸軍訓練ドクトリン学習コンセプト 2020-2040(ALC-TE 2017)」で学習コンセプトを修正した。米陸軍学習コンセプト(ALC 2015)と同様に、このパンフレットは、進歩的で継続的な学習者中心の競争力のある学習環境の必要性を強調している。「米国陸軍訓練ドクトリン学習コンセプト 2020-2040(ALC-TE 2017)」は、将来の学習環境が「タフで現実的な条件で構成され、2025年以降のリーダーを準備するための統合、組織間、および多国籍のコンポーネントを含む」ことを明確にすることで、米陸軍学習コンセプト(ALC 2015)を拡充している[9]。この改訂されたコンセプトは、教場(classroom)、野外、および自己啓発を通じて学習を充実させるための米陸軍の取り組みにも焦点を当てている。これらの各スペースで学習の機会を提供するには、革新的で柔軟性があり、アクセスしやすい学習ツールが必要である。シミュレーション、「仮想スタッフライド(VSR)」、ドキュメンタリー映像などの技術を組み込むことで、教場(classroom)、ホームステーション、体育館(gym)など、兵士の環境に関係なく、米陸軍要員の継続的な学習が保証される。

これらのマルチメディアツールが米陸軍に何を提供するかを理解するには、それらの起源、目的、および成果物を確認することが重要である。それぞれが、創造的な教育および訓練ソリューションを提供し、複雑な訓練を可能にして支援し、軍事史を一体化することにより、米陸軍の準備を強化する。各組織は、米陸軍が学び、訓練し、勝利するのを助けることを目指している。軍事史の研究は、軍事専門教育(professional military education:PME)、訓練、および専門能力開発における教育ツールとしてのこれらの成果物の成功と関連性に不可欠である。軍事技術は時間の経過とともに間違いなく変化したが、戦争の性質は同じままである。歴史はプロの兵士にとって貴重な教訓でいっぱいである。歴史を地形や軍隊の分析と一体化する最初の訓練ツールの1つは、「スタッフライド」であった。「スタッフライド」の起源を確認した後、この記事では、従来の「スタッフライド」と戦闘訓練の仮想的な代替手段と、これらのツールが21世紀の兵士に提供するものについて検討する。

スタッフライド:The Staff ride

訓練ツールとしての「スタッフライド」は新しいものではない。このコンセプトは、19世紀半ばに、プロイセンの将軍で理論家の長老ヘルムートフォンモルトケから始まった。プロイセンの「スタッフライド」モデルは、特定の戦闘またはキャンペーンの厳密な調査、卓上ウォーゲーム、および経験から得られた教訓を振り返る機会で構成されていた[10]。ウェストポイントにある米陸軍士官学校の学生は、1860年代の構想直後に、初期バージョンの「スタッフライド」に参加した。これらの最初の演習では、ウェストポイントのインストラクターが士官候補生にさまざまな指揮官の視点から歴史的な戦いを分析するように依頼した。これらの初期の「スタッフライド」は、イベントが発生した実際の地形ではめったに発生しなかったが、学生は公式レポート、通信、および地図の研究を通じてイベントのすべての側面を調べた。「スタッフライド」の主な目標は、次世代の米陸軍リーダーの間で地形分析とリーダーシップスキルを開発することであった。

今日私たちが知っているように、戦場(または地上)の「スタッフライド」は、1906年に米陸軍指揮幕僚大学(Command and General Staff College:CGSC)のカリキュラムに追加された。最初の「スタッフライド」では、1864年のチカマウガの戦いの現場へエベンスウィフト少佐が12人の学生を連れて行った[11]。第二次世界大戦によって中断され、米陸軍指揮幕僚大学(CGSC)と米陸軍戦争大学の軍事史インストラクターは1960年代後半に軍事専門教育(PME)への「スタッフライド」を再導入した。歴史家で米陸軍指揮幕僚大学(CGSC)の教授であるウィリアムグレンロバートソンは、1987年に米陸軍の「スタッフライド」のドクトリンを「スタッフライド」ハンドブックで成文化した[12]

地上「スタッフライド」は、軍事史の教訓を現在の米陸軍指導部に伝える独自の方法を提供する。「スタッフライド」は、予備調査、野外学習、一体化の3つの異なるフェーズで構成される[13]。教場(classroom)での学習と戦場での実行を融合することにより、「スタッフライド」は歴史を生き生きとさせ、リーダーシップ、戦略、戦術の貴重な教訓を教える。「スタッフライド」は、アカデミーの士官候補生から高等軍事研究院(SAMS)の佐官(field grade officers)まで、米陸軍指導者の専門能力開発と教育の重要な部分であり続けている。

仮想スタッフライド:The Virtual Staff ride

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の仮想学習ツールの要求を満たすために、「スタッフライド」はもはや戦場の遠足や卓上戦争ゲームに限定されていない。「スタッフライド」ハンドブックの中で、ロバートソンは「歴史的な事例研究は普遍的な軍事レッスンの特定を奨励し、実際の現場への訪問は学生の心の中でこれらのレッスンを強化する究極の手段である」と主張している[14]。しかし、インストラクターと学生が史跡を訪れることができない場合はどうなるのか? 戦場が存在しなくなるとどうなるのか? 軍事専門教育(PME)インストラクターは、卓上ウォーゲーム、ホワイトボードセッション、教場(classroom)でのディスカッション以外に何を提供できるか? このような質問は、戦場での「スタッフライド」、つまり仮想「スタッフライド」の課題に対する革新的で楽しい解決策につながった。

米陸軍大学出版(AUP)の「スタッフライド」チームは、ライブおよび仮想の「スタッフライド」を開発および実施している。戦争の時代を超越した普遍的な側面に焦点を当てることにより、「スタッフライド」は、歴史的な事例研究を通じて、軍事作戦、リーダーシップの属性、および戦争の現実についての重要な洞察を提供する。「スタッフライド」チームはまた、「スタッフライド」の実施方法に関する情報とガイダンスを米陸軍組織に提供する[15]

「仮想スタッフライド(VSR)」は、地上での「スタッフライド」と同じ方法に従うが、地形は仮想データベースに存在する。このモデルは、衛星画像に基づいて地形を複製し、Virtual Battlespace 3(VBS3)を使用して3次元モデルを構築し、学生を仮想地形に没頭させる。この詳細な再構築は、可能な限り最も現実的な戦場のバージョンを提供する。VBS3は、戦術訓練および任務リハーサル、3次元、一人称軍事訓練シミュレーションプログラムである。柔軟なシナリオと地形オプションを備えた視覚的に豊かなゲーム環境を提供する[16]。VBS3は、参加者がさまざまなタスクを実行できるようにすることで、より安価で効率的な訓練と教育の機会を提供する。これらの機能により、VBS3は用途が広く、適用可能で、説得力のある教育プログラムになっている。

2005年、米陸軍諸兵科連合センター(CAC)の司令官であるウィリアムS.ウォレス中尉は、当時戦闘研究所(CSI)の一部であった「スタッフライド」チームに、イラク自由作戦のための「仮想スタッフライド(VSR)」を開発するよう指示した。ウォレスは、伝統的な「スタッフライド」方法を支持し、戦闘研究所(CSI)がカバーするトピックを拡大して、対テロ戦争などの現代の紛争を含めるように努めた[17]。これらの場所を訪れることは費用がかかり危険であるため、イラク自由作戦のスタッフが乗るには、学生ではなく、学生に地形を持ってくる必要がある。

この使命を達成し、「スタッフライド」ハンドブックのガイドラインに従うために、戦闘研究所(CSI)は新しい技術とテクニックを採用した。チームは、この新しい教育プログラムが成功したと見なされるための3つの条件を概説した。まず、チームメンバーは、実際の地形をシミュレートする精巧な地形データベースを構築するために、3Dアーティスト/地形開発者を必要としていた。たとえば、「スタッフライド」チームはスターリングラード攻防戦「仮想スタッフライド(VSR)」を提供している。第二次世界大戦のスターリングラードはもう存在しないが、地形開発者は周期写像と写真から歴史的な地形を作成した。これらのデータベースには、地形機能だけではない。実際の戦闘空間を表すものとして、地形は建築、車両と装備、および天候も提供する。次に、「スタッフライド」チームは、その地形内での自由な移動を可能にするデータベースを求めていた。他のシミュレーションソフトウェアは、限られた地形パスしか提供しない。ただし、VBS3では自由に移動できるシミュレーションが可能であるため、「仮想スタッフライド(VSR)」技術者は、さまざまな標高の地形やさまざまな場所に仮想的に移動できる。この自由な動きは、指揮官のさまざまな視点についての議論を促進し、参加者間のより詳細な地形調査を促進する。第三に、このソフトウェアは、「スタッフライド」チームが要求に応じてフォートレブンワースの外で「仮想スタッフライド(VSR)」を実施できるように、ポータブルである必要があった。ソフトウェアをラップトップにロードし、ゲームコントローラーを使用することで、「スタッフライド」チームは、米国内または海外の施設や学校に出張して「スタッフライド」を行うことができる[18]

2020年の時点で、「スタッフライド」チームは、独立して機能したり、フィールド「スタッフライド」の提供を補完したりできるいくつかの「仮想スタッフライド(VSR)」を開発した。「仮想スタッフライド(VSR)」の価値は地上の「スタッフライド」の価値と非常に似ているが、「仮想スタッフライド(VSR)」には追加の利点がある。まず、「仮想スタッフライド(VSR)」を使用すると、学生は、高額な旅費(太平洋)、危険にさらされる(アクティブな戦闘ゾーン)、または存在しなくなった(第二次世界大戦時代のスターリングラード)ことなく、地形を訪れることができる。「仮想スタッフライド(VSR)」は、衛星画像、写真、映像、退役軍人の直接のアカウントから作成された3D画像を特徴としており、教場(classroom)やホームステーションを離れることなく、効果的な「スタッフライド」を行うために現在の技術を採用している。たとえば、イラクとアフガニスタンの「仮想スタッフライド(VSR)」は、これらの国に到着する前に、米陸軍部隊が配備前の準備をするのを支援する。もう1つの利点は、無料のカメラ移動である。これにより、参加者は、地上輸送に時間とお金を費やすのではなく、仮想的に移動することでスタンド間をすばやく移動できる。

「スタッフライド」チームが使用する仮想地形は、クラスや他の成果物と一緒に簡単に組み込むことができる。たとえば、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは、仮想地形をドキュメンタリーに一体化した。チーム間のこのコラボレーションにより、スケジュールされた「スタッフライド」を必要とせずに、兵士と米国民が仮想地形を利用しやすくなる。さらに、スターリングラード攻防戦の「仮想スタッフライド(VSR)」とドキュメンタリーの場合、個人は両方を利用して、その戦いをより深く理解することができる。一緒に、「スタッフライド」と米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは歴史を生き生きとさせ、魅力的な学習の機会を提供する。

コロラド州フォートカーソンで2019年8月7日に行われた砥平里の会戦の仮想スタッフライドに参加する第23歩兵連隊第2大隊の兵士。同じ大隊が1951年2月の実際の砥平里の会戦で闘った。(写真提供:陸軍大学プレス「スタッフライド」チーム)

 

韓国のスクリーンショット:Chipyong-ni Film

2005年に最初の「仮想スタッフライド(VSR)」を作成して以来、「スタッフライド」チームは、軍事専門教育(PME)、専門能力開発、および訓練のための新しいプラットフォームを米陸軍に提供してきた。元の「スタッフライド」のコンセプトに対する従来とは異なるアプローチであるが、「仮想スタッフライド(VSR)」は、「スタッフライド」が「米陸軍指導者の専門能力開発をさらに促進する」必要があるというウィリアムロバートソン教授の条件を満たしている[19]

ただし、「スタッフライド」チームは、仮想技術を活用して教育と訓練を強化する唯一のチームではない。前述のように、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは、仮想地形を使用して、ドキュメンタリー映像を通じて米陸軍のドクトリンと軍事史を教える革新的なアプローチを強化している。

スターリングラード攻防戦バーチャル「スタッフライド」ティーチングエレメント

ドキュメンタリー映像:Documentary Films

教育ツールとしての映像の有用性を認識し、米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)と協力して、2018年にフォートレブンワースで米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームを結成した。米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは、米陸軍諸兵科連合センター(CAC)、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)、および米国陸軍全体向けに、ドクトリンに焦点を当てた歴史的に正確なドキュメンタリーを制作している。諸兵科連合のドクトリン局、米陸軍センターオブエクセレンス、および米陸軍大学(ArmyU)と協力することにより、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは、近代部隊に最も役立つ関連するドクトリンと歴史的トピックを選択する。

今日の学生は、教場(classroom)の内外でマルチメディアと技術の経験が豊富である[20]。映像は、兵士がすでに利用できる技術を活用することで、学習環境を拡大する。米陸軍学習コンセプト(ALC 2015)と米国陸軍訓練ドクトリン学習コンセプト 2020-2040(ALC-TE 2017)はどちらも、米陸軍が次世代の兵士に効果的な訓練と教育の機会を提供することを求めている。これらの文書はどちらも映像について言及していないが、チームワーク、コラボレーション、批判的思考、問題解決、およびその他のリーダーシップスキルを教えるための技術に重点を置いていることは、映像の利点と一致する。映像は、批判的で創造的な思考スキルを開発するための強力なツールとして役立つ。新しいトピック、アイデア、テーマを紹介する。さまざまな視点に対する学生の意識を高める。映像とリーディング、パワーポイントのプレゼンテーション、ライティングの課題を組み合わせることで、生徒は複数の学習スタイルから最高の学習能力に到達することができる[21]。インストラクターと学生が学習目標を達成できるように、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは各映像のソースのリストも提供している。映像と一緒にこれらのリソースを推奨することで、学生は提示されたドクトリンと歴史をより完全に理解することができる。

映像はまた、ドクトリンを教え、学ぶための魅力的な媒体でもある。近年、米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は、大規模な戦闘作戦(large-scale combat operations)およびマルチドメイン作戦(multi-domain operations)に合わせて、主要な米陸軍ドクトリンの出版物およびフィールドマニュアルのいくつかの改訂を指示した。これらの改訂されたコンセプトをドキュメンタリーに組み込むことにより、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームは米陸軍に刺激的でアクセスしやすい学習の機会を提供する。たとえば、「フランス44年」のさまざまな供給モードである「レッドボールエクスプレス」を伝えるために、この映像では、アニメーショントラック、供給ルート、兵站拠点を紹介している。供給ルートの聴覚的説明と組み合わせると、この視覚的描写は、テキストや音声だけよりも効果の高い複雑な維持のドクトリンを伝えている[22]

France ’44からの直接運搬に使用されるアニメーショントラック、供給ルート、および兵站拠点のスクリーンショット:レッドボールエクスプレス映像

映像が優れた学習ツールであるもう1つの理由は、人々が映像を見るように誘導される必要がほとんどないためである。一部の成人の研究理論では、多くの学生は教科書、モノグラフ、またはドクトリンのマニュアルを読むよりも映像を見たいと思っている。映像はもっと面白く、少なくとももっと魅力的で感情を刺激する[23]。映像は、兵士が批判的思考と分析のスキルを身に付け、視聴者に米陸軍の歴史を理解するのに役立つ、面白くて便利なツールとして機能する[24]。たとえば、2003年のイラク侵攻に関する映像は、配備された部隊またはイラクまたはクウェートへの配備を準備している部隊が、紛争の歴史と、米国がこの地域でまだ「軍隊を配置(boots on the ground)」している理由をよりよく理解するのに役立つ[25]

インストラクターやリーダーは、いくつかの方法で映像を教育や訓練に組み込むことができる。まず、軍事専門教育(PME)のインストラクターは、読書と一緒に、または読書の代わりに映像を割り当てることができる。米陸軍大学出版映像(AUP Films)が提供する映像は、オンラインでストリーミングまたはダウンロードできる。これらのドキュメンタリーの長さは45分から55分である。学生は、本や長い本の章を読むよりも短い時間で、これらの長編映像の1つを簡単に見ることができる。米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームはまた、映像をセクションに編成する。これらのセクション区切りにより、視聴者は全体の流れを中断することなく映像を一時停止できる。この組織は、前のセクションを確認したり、次のセクションに質問を提案したり、セクションごとに映像を割り当てたりする機会を提供する。米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームはまた、より短いビデオ(5〜15分)を制作する。長編映像のセクションのように、それらは議論を容易にし、特定のドクトリン上のコンセプトや歴史的出来事への追加の洞察を提供することができる。

インストラクターは、クラス内またはセクション間の休憩時間にビデオクリップを表示して、特定のポイントを作成したり、教育課程の課目について詳しく説明したりすることもできる。映像を教育課程に含めることで、知的刺激的で感情的に刺激的な学習体験が生まれる。具体的な証拠として映像を使用することは、面白い方法で知識を提供し、割り当てられた読書を超えて教場(classroom)での学習を広げるための効果的な方法である。デビッド・コルブの学習スタイル目録(Learning Style Inventory)は、この教育アプローチを支援している。コルブは、効果的な学習は、生徒が4つの段階のサイクルを進むときに発生すると説明している。具体的な経験をする、その経験を振り返る、抽象的なコンセプトと結論を形成する、将来の状況で仮説を検証する[26]。コンセプト化と経験の間、および行動と反省の間の緊張を生徒がどのように解決するかによって、生徒の支配的な学習スタイルが決まってくる。収束(convergent)、拡がり(divergent)、同化(assimilative)、または順応性(accommodative)である。教場(classroom)での体験に映像を導入することで、インストラクターは、学生が批判的思考と分析のスキルを身に付けるのに役立つ説得力のある便利なツールを利用できる[27]

イラクの自由作戦(OIF):バグダッド映像ポスターの戦い(画像提供:米陸軍大学出版)

インストラクターが教場(classroom)での体験の一環として映像や映像クリップを上映できない場合は、補足リソースとして映像を提供することもできる。映像は、教育課程のスケジュールやシラバスを中断することなく、学生の理解を広げる。軍事専門教育(PME)は、リーダーを、複雑な世界の課題に対応できる規律ある十分な教育を受けた専門家に育てている。そのため、教育課程の責任者と課目の作成者は、学習成果を順守することが期待されている。映像は、教育課程を強化し、学習目標を達成し、授業時間を侵害することなく熱心な学習者を引き付けるための、便利で楽しく柔軟なツールとして機能する。

米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームが提供する映像の利点の1つは、いつでもどこからでもアクセスできることである。視聴者は、教場(classroom)のコンピューター、パーソナルコンピューター、または外出先でタブレットやモバイルデバイスからビデオにアクセスできる[28]。元米陸軍諸兵科連合センター(CAC)司令官のマイケル・ランディ中将は、兵士がトレッドミルで、クラス間の廊下で、またはソファに座って楽しむことができる学習ツールを構想した。米陸軍大学出版映像(AUP Films)はまさにそれを提供する。これらの成果物は、軍事史やドクトリンについて学ぶためのアクセスしやすく楽しい方法である。

ただし、映像は軍事専門教育(PME)の学生に限定されない。米陸軍の指導者は、兵士の専門能力開発や指導演習の一環として映像を使用することもできる。たとえば、米軍の韓国での継続的なプレゼンスと大韓民国陸軍との関係は、AUPの3部構成の韓国映像シリーズの恩恵を受けている。このシリーズは1950年6月の侵攻から始まり、1950年から1951年の冬に行われた第8軍の反撃に焦点を当てている。これらの映像は朝鮮戦争の歴史を説明するだけでなく、韓国に配備された米軍兵士の誇りと遺産の感覚を育む[29]

米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームが制作した映像は、アクセスしやすく、複数の学習環境に適応し、面白く、視覚的な学習者や21世紀の兵士に適している。歴史的な映像、写真、アニメーションマップ、インタビュー、仮想地形が満載のこれらの映像は、自主学習者、歴史愛好家、兵士、またはベテランに適した教育エンターテインメント成果物である。これらの映像は、米陸軍が米陸軍のために学習ツールとして設計したものであるが、兵士だけのものではない。これらの映像は、AUPの公式ウェブサイト、ソーシャルメディアサイト(Facebook、Twitter、LinkedIn)、およびYouTubeとDVIDSのページで入手できる。映像は、ストリーミングとダウンロード、およびリクエストに応じてDVDで視聴者に無料で提供される[30]

国立シミュレーションセンター訓練ツール:National Simulation Center Training Tools

「仮想スタッフライド(VSR)」と映像に加えて、米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は、米陸軍大学(ArmyU)、センターオブエクセレンス、およびさまざまな訓練環境全体の訓練を強化、有効化、および支援するためのライブ合成訓練の使用も促進している。同じく米陸軍諸兵科連合センター(CAC)訓練の一環としてフォートレブンワースに拠点を置く国立シミュレーションセンター(NSC)は、兵士向けのシミュレーションと仮想ゲームを提供している。「仮想スタッフライド(VSR)」やドキュメンタリー映像のように、国立シミュレーションセンター(NSC)が提供するツールを使用すると、利用者は学習環境に没頭できる。この動的な視覚化と積極的な参加により、国立シミュレーションセンター(NSC)の訓練プログラムは「仮想スタッフライド(VSR)」や映像とは一線を画している。そのため、これらの成果物は効果的な学習ツールとして個別に使用できる。ただし、米陸軍の専門家がそれらを一緒に使用すると、これらのツールは活発な学習体験を生み出する。

国立シミュレーションセンター(NSC)は、訓練環境とシミュレーションを生成するために2つのシステムを使用する。「師団演習訓練およびレビューシステム(Division Exercise Training and Review System:DXTRS)」とVBS3である。師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)は、戦闘状況で原因と結果を生み出す反対側間のゲームを作成するシミュレーションアプリケーションである。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、作戦環境だけでなく、友軍部隊、敵部隊、中立部隊も描写する。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、戦術的および運用上の決定に学生を慣れさせるようにデザインされており、学習者に部隊、装備、建築物、および現実的な振舞いを提示する低コストのアプリケーションである。このシミュレーションスタイルは、意思決定の演習や、ウェットギャップクロッシング[31]などの複雑なタスクの指導に適している。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、大隊や旅団レベルの訓練に特に役立つ。学生はプログラムで計画の有効性をテストできるだけでなく、インストラクターは事前に開発されたシナリオを読み込むこともできる。

「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、ライブの対面訓練に代わる、再利用可能で用途が広く、低課程トの訓練である。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、機関としての米陸軍と作戦部隊としての米陸軍の両方の部隊に、師団参謀を通じて大隊を支援する訓練ソリューションを提供する。米陸軍諸兵科連合センター(CAC)は「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」を採用した。これは、戦闘訓練センター(combat training centers:CTC)に代わる、比較的安価な校舎中心の代替手段であるためである。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」は、追加の費用を負担したり、他の課程から時間を取ったりすることなく、戦闘訓練センター(CTC)の将校が経験するのと同様の作戦環境と状況を参謀将校にもたらす。

兵士は、「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」を独立して運用することも、VBS3、コマンドポストオブザフューチャー(CPOF[32])、ジョイントケーパビリティリリース(JCR[33])などの他のシステムと組み合わせて運用することもできる。国立シミュレーションセンター(NSC)は、シミュレーション訓練を現在のソフトウェアシステムとリンクすることにより、複数のシステムで兵士を同時にリアルタイムで訓練することができる。たとえば、米国陸軍牧師センターと学校では、国立シミュレーションセンター(NSC)はVBS3と「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」の両方を組み込んで、戦術ミッションコマンドシステムの使用について米陸軍要員を訓練している。この機能により、兵士は、目の前のコンピューター画面で計画が実行されるのを見ながら、VBS3で車両を操作できる。次に、この合成訓練ツールは、戦闘の混沌(chaos)と複雑さを模擬する。

VBS3は、「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」よりも教育ツールとしての汎用性がある。シミュレーション訓練に使用する場合、VBS3は戦術プロセスのテストに最適である。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」と同様に、VBS3を使用すると、学生は環境に没頭でき、利用者は地図を読んだり、ナビゲートしたり、装備品を操作したりすることもできる。より小規模な部隊作戦には適しているが、小隊から師団レベルの作戦には十分に適応可能である。「師団演習訓練およびレビューシステム(DXTRS)」と同様に、VBS3は、コンピューターシステムが行動と結果を指示するのではなく、シナリオで行動を行うように利用者に要求することにより、ヒューマンコンポーネントを活用する。これは、16,000を超える軍用および民間用の車両、兵器、登場人物のモデルと、100を超える諸兵科連合の訓練タスクを備えた包括的な仮想訓練環境である。この柔軟で用途の広い訓練システムはゲームのように感じられるため、訓練が楽しく有益になる[34]

これらの仮想訓練ツールは両方とも、利用者が戦術的思考と戦略的思考の両方を行使することを奨励する。戦闘訓練センター(CTC)での従来の訓練とは異なり、これらの強化された訓練ツールは、対面での指導や費用のかかる対面での演習を必要としない。兵士は、教場(classroom)やパソコンの快適さから、米陸軍の成功の鍵となるスキルを学び、習得することができる[35]

国立シミュレーションセンター(NSC)は、「スタッフライド」チームと米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームとのコラボレーションを通じて、複雑な軍事作戦を教えるための歴史的に正確な訓練シナリオを作成した。たとえば、国立シミュレーションセンター(NSC)は、密集した都市地形で新しい装備で兵士を訓練するために、米陸軍出版(AUP)のスターリングラードの仮想地形を採用した。国立シミュレーションセンター(NSC)はまた、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームと協力して、ウェットギャップクロッシングに見られる複雑さを描写した。「仮想スタッフライド(VSR)」や映像と同様に、国立シミュレーションセンター(NSC)の訓練成果物は単独で効果的に使用できるが、これらのツールを一緒に使用すると、21世紀の兵士に強化されたより深い学習体験を提供する。

結論:Conclusion

シミュレーション、「仮想スタッフライド(VSR)」、およびドキュメンタリー映像は、部隊訓練だけでなく軍事専門教育(PME)を含めて適している。それらは、教場(classroom)の内外で補足的な教育および訓練リソースとして組み込むことができる。兵士はさまざまな環境でさまざまなマルチメディア形式から学ぶことができるため、映像は特に自習型および自主的な指導を可能にする。従来の教場(classroom)やライブ訓練とは異なり、これらの教育ツールでは、対面での指導や時間のかかる訓練演習は必要ない。兵士は、自分の家の快適さから、または配備中に、米陸軍の成功の鍵となるスキルを学び、習得することができる。米陸軍が複雑な世界で成功するために兵士と指導者を準備し続けるにつれて、仮想教育ツールの柔軟性とアクセス可能性は、将来直面するシナリオと課題の各種タイプに対処することができる。

謝辞:著者は、国立シミュレーションセンターのデビッド・W・パークス米陸軍大佐、クリストファー・フィネガン米陸軍中佐、ティム・ルスタッド米陸軍中佐、マルコ・コナーズ米陸軍中佐、ダン・ブッフバーグ米陸軍中佐、ハンス・ハル米陸軍中佐、アンソニー・ロルフ米陸軍中佐および時間をかけて組織の成果物と能力を説明してくれた米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)能力管理者(コンストラクティブ)に感謝する。詳細については、https://usacac.army.mil/organizations/cact/nscを参照されたい。著者はまた、米陸軍出版(AUP)の「スタッフライド」チームのケビン・ケネディとカーティス・キング博士の継続的な支援と援助に感謝する。「スタッフライド」の提供の詳細については、https://www.armyupress.army.mil/Educational-Services/Staff ride-Team-Offerings/を参照されたい。

ノート

[1] アンジェラ・リオットは、2018年にアクロン大学で博士号を取得した。彼女の研究では、北軍と南軍の元捕虜が1862年から1930年の間に投獄について議論した方法を調べている。現在、米陸軍大学出版映像(AUP Films)チームで歴史家として働いている。彼女は最近、「私たちの苦しみを守る:北軍と南軍の元捕虜とその戦後の出版物」を「戦争が起こった:ルイジアナ州立大学出版局との内戦退役軍人の生活の再考」に、そして「19世紀、記憶、そして現代のアイデンティティ:パルグレイブ・マクミランの記念」に関するエッセイの「リビー刑務所戦争博物館:記念または商業企業のサイト」を掲載した。

[2] Carl E. Vuono, “The Staff ride: Training for Warfighting,” The Army Historian 12 (October 1988): 1, accessed 30 October 2020, https://www.jstor.org/stable/26303443.

[3] Ibid.; Charles Bowery Jr., “The Center of Military History and Army Staff rides: Innovative Doctrine, Topics, and Techniques for the Twenty-First Century,” Army History 110 (Winter 2019): 7–9, accessed 30 October 2020, https://www.jstor.org/stable/26563873. The Army Historian was the predecessor to Army History.

[4] Vuono, “The Staff ride,” 1–2.

[5] “Training,” U.S. Army Combined Arms Center, accessed 29 October 2020, https://usacac.army.mil/organizations/cact.

[6] “Education,” U.S. Army Combined Arms Center, accessed 29 October 2020, https://usacac.army.mil/.

[7] A Statement on the Posture of the United States Army Before the Committee on Armed Services, United States House of Representatives, 113th Cong., 2nd sess. (25 March 2014) (statements of John McHugh, Secretary of the Army, and Gen. Raymond T. Odierno, Chief of Staff, U.S. Army), 5–6, accessed 9 November 2020, https://www.army.mil/article/122485?from=st; “Army Establishes The Army University,” U.S. Army Combined Arms Center, accessed 29 October 2020, https://usacac.army.mil/node/969.

[8] U.S. Army and Training and Doctrine Command (TRADOC) Pamphlet (TP) 525-8-2, The U.S. Army Learning Concept for 2015 (Fort Monroe, VA: TRADOC, 2011 [obsolete]).

[9] TP 525-8-2, The U.S. Army Learning Concept for Training and Education, 2020-2040 (Fort Eustis, VA: TRADOC, 2017), iii.

[10] David Ian Hall, “The Modern Model of the Battlefield Tour and Staff ride: Post-1815 Prussian and German Traditions,” Connections 1, no. 3 (September 2002): 97–98, accessed 30 October 2020, http://connections-qj.org/system/files/01.3.12_hall.pdf.

[11] William Glenn Robertson, The Staff ride (Washington, DC: U.S. Government Printing Office, 2014), v. In 1906, Maj. Eben Swift served as the assistant commandant of the General Service and Staff School, what is now the U.S. Army Command and General Staff College.

[12] Ibid.

[13] Ibid., 5.

[14] Ibid., 4.

[15] Curtis S. King, “Virtual Staff rides: Their Benefits and Methodology,” Army History 110 (Winter 2019): 37, accessed 30 October 2020, https://www.jstor.org/stable/26563877.

[16] “Virtual Battlespace 3,” Stand-To, 19 May 2014, accessed 29 October 2020, https://www.army.mil/standto/archive/2014/05/19/.

[17] King, “Virtual Staff rides,” 38. In 2008, the Combat Studies Institute developed its second Global War on Terrorism virtual staff ride (VSR) for Operation Anaconda in Afghanistan. As with Operation Iraqi Freedom (OIF), this VSR was developed to support a Command and General Staff College elective but now is used for unit training and professional development across the Army.

[18] “Educational Services: Staff ride Team,” Army University Press, accessed 30 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/educational-services/staff ride-team-offerings/.

[19] Robertson, The Staff ride, 5.

[20] Kanessa Trent, “Motivating and Educating Millennials,” Journal of Military Learning 3, no. 1 (April 2019): 34–46, accessed 30 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/Journals/Journal-of-Military-Learning/Journal-of-Military-Learning-Archives/JML-Apr-2019/Trent-Ed-Millennials/.

[21] Thomas G. Bradbeer and Scott A. Porter, “Enhancing Learning Using Multimedia in Professional Military Education,” Journal of Military Learning 1, no. 2 (October 2017): 56–68, accessed 30 October 2020,https://www.armyupress.army.mil/Journals/Journal-of-Military-Learning/Journal-of-Military-Learning-Archives/October-2017-Edition/Bradbeer-Enhancing-Learning-using-Multimedia/.

[22] France ’44: The Red Ball Express, directed by Christopher Carey (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 3 September 2020), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=T6WCFwUrKrA&t=1s.

 

[23] Lawrence H. Suid, Guts and Glory: The Making of the American Military Image (Lexington, KY: University Press of Kentucky, 2002).

[24] Ryan Sprau and Larry Keig, “I Saw It in the Movies: Suggestions for Incorporating Film and Experiential Learning in the College History Course Survey,” College Student Journal 35, no. 1 (March 2001): 101–12.

[25] OIF: The Drive to Baghdad, directed by Roy Parker and Angela Riotto (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 8 October 2019), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=O7pbW1QoPaI; OIF: The Fight for Baghdad, directed by Angela Riotto (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 14 August 2020), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=d8uaFZAxzpw.

[26] David A. Kolb, Experiential Learning: Experience as the Source of Learning and Development, 2nd ed. (Upper Saddle River, NJ: Pearson Education, 2015), 143–46.

[27] Sprau and Keig, “I Saw It in the Movies,” 101.

[28] Angela M. Riotto, “Guts, Glory, and Doctrine: Film as an Educational Tool for the U.S. Army,” Journal of Military Learning 3, no. 2 (October 2019): 124, accessed 30 October 2020,https://www.armyupress.army.mil/Journals/Journal-of-Military-Learning/Journal-of-Military-Learning-Archives/October-2019/Riotto-Guts-Glory-Film/.

[29] Korea: Twin Tunnels, directed by Kimball Johnson and Robert Thompson (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 7 June 2020), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=p97eFNwv_Mg; Korea: Chipyong-ni, directed by Kimball Johnson and Robert Thompson (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 21 April 2020), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=_QIgPfH9SG8; Korea: Sustaining Operation Killer, directed by Kimball Johnson and Robert Thompson (Fort Leavenworth, KS: Army University Press Films team, 22 May 2020), accessed 6 November 2020, https://www.youtube.com/watch?v=jaqCKY7KwRw.

[30] Documentary films are available on several websites: https://www.armyupress.army.mil/Educational-Services/Documentaries/, https://www.youtube.com/c/ArmyUniversityPress/, https://www.dvidshub.net/unit/armypress; Riotto, “Guts, Glory, and Doctrine,” 124–25.

[31] 【訳者註】軍事的に移動の制限を伴う地形(地隙や河、湿地帯)を横断することをgap crossingという。ここでいうウェットギャップクロッシングとは、河川、湖沼を渡河することをいう。

[32] 【訳者註】Command Post of the Future(CPOF)は、戦術部隊が使用する指揮統制システム

[33] 【訳者註】Joint Capabilities Release(JCR)は、米陸軍の部隊航跡システム

[34] C. Todd Lopez, “Latest ‘Virtual Battle Space’ Release Adds Realism to Scenarios, Avatars,” Army.mil, 4 April 2014, accessed 30 October 2020, https://www.army.mil/article/123316/.

[35] Both DXTRS and VBS3 are free to authorized users under an Army enterprise license and can be downloaded off the MilGaming website at https://milgaming.army.mil/;“Virtual Battlespace 3.”