「FM 3-0 Operations」(2022年版)【「序文」から「はじめに」まで】

2022年10月1日付で米陸軍は「FM 3-0 Operations」の2022年版を公表している。MILTERMでは、米陸軍フィールド・マニュアル3-0「オペレーション」の復活で、2017年度版の「FM 3-0 Operations」に関する記事を紹介したところである。

MILTERMでは、この新しい2022年版の「FM 3-0 Operations」そのものの紹介を試みる。8つの章構成の280ページに近い量であるため、章ごとに紹介していきたいと考える。先ずは、第1章に入る前の「序文」から「はじめに」から始める。(軍治)

FM 3-0 Operations

OCTOBER 2022
DISTRIBUTION RESTRICTION:
Approved for public release; distribution is unlimited.
This publication supersedes FM 3-0, dated 6 October 2017.

序文:Foreword

米国陸軍は、常に国家を守り、平和を維持するために奉仕してきた。歴史的に見れば、これは常に我が国の戦争に備え、必要な場合には戦って勝利することを意味してきた。陸軍は、常に闘い、勝つための準備を整えておかなければならない。大国間競争の時代にあって、陸軍は常に国益を守るために積極的な作戦を展開しなければならない。

我々は、非常に困難な時代に生きている。最近の歴史において、これほど潜在的に危険な時代はない。我々の脅威であるロシアは、主権国家であるウクライナに対していわれのない戦争を行っている。我々の「歩調を合わせてくる課題(pacing challenge)」である中国は、我々とほぼ同じ経済規模を持ちながら、我々に挑戦するために世界レベルの軍備を構築し、台湾を含む近隣諸国を脅かしている。

中国とロシアに注目する一方で、他の根強い脅威から目を離すわけにはいかない。北朝鮮、イラン、そして暴力的な過激派である。さらに、COVIDや前例のない自然災害の課題にも、全国で取り組んでいる。こうした課題や脅威があるにもかかわらず、我々は、数十年にわたる対反乱戦やテロ対策から大規模戦闘作戦(large-scale combat operations)へと軸足を移し、陸軍の40年以上にわたる最大の変革を進め続けている。

陸軍は40年に一度、大きな変革を経験する。1973年、アラブ・イスラエル戦争を機に、陸軍上級将校とドン・スターリー(Don Starry)陸軍大将は、この紛争で得た教訓をソ連に対抗するために再点検することになった。このような取組みの結果、今日我々が知っている「エアランド・バトル(Air-Land Battle)」が生まれた。1991年、陸軍と統合部隊は砂漠の嵐作戦(OPERATION DESERT STORM)でこのドクトリンを効果的に実行し、クウェートを迅速に解放した。

第2次ナゴルノ・カラバフ戦争と現在進行中のロシア・ウクライナ戦争から得た教訓も、同様の変曲点にある。これらの教訓は、マルチドメイン作戦という変革的な用兵コンセプト(warfighting concept)を形成し、今もなお続いている。マルチドメイン作戦は作戦コンセプトとして始まり、現在ではドクトリンとして確立しつつある。このコンセプトは陸軍を形成し、現在および将来の課題に対応し、2030年の陸軍を定義するために、兵士、即応性、近代化の取り組みを変革している。

FM 3-0 は、敵対者に対する将来の決心の優越性(decision dominance)と圧倒(overmatch)を達成するために必要な、速度、範囲、最先端技術の収束の第一原則を示すものである。これは、統合部隊指揮官が重要な地形(critical terrain)を守り、同盟国やパートナーを保証し、世界のあらゆる場所で最も危険な敵を接近戦で倒し、国家にとって永続的な戦略的成果を達成するために獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ために必要とする力として陸軍が果たす重要な役割を反映したものである。

マルチドメイン作戦の2つの重要な要素である宇宙およびサイバースペース能力は、20年以上にわたって陸軍が採用してきたが、宇宙やサイバースペースで米統合部隊に効果的に対抗できる相手との紛争では使用したことがない。空と海の能力は長い間、陸上での作戦を成功させてきたが、空と地の統合や陸軍と海軍の緊密な協力が脅威によって効果的に挑戦されるようになってから、数十年が経過している。

FM 3-0 は戦争の原則に根ざし、攻撃的思考を強化する。これは、すべての部隊階層に適用されるマルチドメイン作戦の簡単な定義を提供する。新しい作戦環境モデルは、リーダーが5つのドメインを視覚化し、物理的、情報的、人間的側面を通じて、それらの相互関係を理解するのに役立つ。

FM 3-0は新たな原則と必須事項を導入し、時間、空間、目的の観点から各部隊階層が部隊をよりよく組織化できるような作戦の枠組みを提供している。また、競争、危機、武力紛争という状況下での作戦を説明している。また、海の環境において陸上戦力を適用する際の独特の考慮事項や、戦闘リーダーに対する独特の要求と要件も取り上げている。

成功には、判断力を持ってドクトリンを適用する有能なリーダーが必要である。だから、皆さんには、訓練や作戦中にドクトリンを学び、そして評価することに挑戦していただきたいと思う。そして、専門的な議論に参加し、より良いものにしてほしい。それが、陸軍が将来的に闘い、勝つ方法である。

人間第一、勝利が大事、そして我々は米陸軍の強さを保っている。

米陸軍参謀総長 ジェームズ C.マッコンビル米陸軍大将

前書き:Preface

FM 3-0 は、ADP 3-0 に記述された陸軍のマルチドメイン作戦のための基礎となるドクトリンを発展させたものである。陸軍がどのように陸上戦力を統合部隊に提供し、統合能力を陸上作戦に一体化して軍事目標を達成し、政策的狙いを達成するかについて述べている。FM 3-0 は、大規模戦闘作戦と、統合戦役(joint campaigning)を支援するあらゆる軍事行動との関係に焦点を当てている。

FM 3-0は、リーダー、兵士、陸軍文官など、兵科のすべてのメンバーに適用されるものである。FM 3-0の主な読者は、戦域の陸軍、軍団、師団、旅団の指揮官、参謀、およびリーダーである。このマニュアルは、訓練と陸軍教育システムのカリキュラムと将来の能力開発のための基礎となるもので、ドクトリン、組織、訓練、資材、指導・教育、人事、施設、政策(DOTMLPF-Pとして知られている)の全般にわたっている。

FM 3-0 に含まれるドクトリンを理解するためには、読者はまず ADP 1 に記述されている陸軍の使命、組織、および役割を理解する必要がある。また、ADP 3-0に記載されている作戦過程、作戦術(operational art)、および各用兵機能(warfighting functions)(指揮・統制(C2)、インテリジェンス、火力、移動・機動、防護、維持)を理解する必要がある。読者は、ADP 3-90に記載されている戦術と、ADP 3-07に記載されている安定化作戦を理解する必要がある。また、ADP 3-05、FM 3-05、FM 3-18、FM 3-24など、複数のマニュアルで説明されている非正規戦(irregular warfare)も理解しなければならない。

陸軍リーダーは、統合ドクトリンを理解し、統合部隊と直接通信・調整する際にそれを使用しなければならない。JP 3-0 は、統合部隊の基本的な作戦ドクトリンを確立している。

多国間作戦を行う場合、指揮官は状況に応じて同盟国または他の適切なドクトリンを使用する。多国籍部隊の作戦を理解するためには、FM 3-16を熟知している必要がある。AJP-01は、北大西洋条約機構(NATO)軍事作戦の基軸となるドクトリンを定めたものである。

指揮官、参謀、部下は、自らの意思決定と行動が、適用される米国、国際、ホスト国のすべての法律と規制、および適用されるすべての国際条約と協定を遵守することを確認する。あらゆるレベルの指揮官は、兵士が武力紛争法および適用される交戦規則に従って行動することを保証する。(戦争法(law of war)の詳細についてはFM 6-27を参照) また、ADP 6-22に記述されているように、陸軍の倫理を遵守する。

FM 3-0 では、該当する場合、統合用語が使用されている。厳選された統合および陸軍の用語と定義は、用語集と本文の両方に記載されている。FM 3-0 が提案出版物(権威ある出版物)である用語は、本文では斜体および太字で表示され、用語集ではアスタリスク(*)でマークされている。本文中で初めて定義される場合、FM 3-0が提唱出版物である用語は太字で斜体で、定義は太字で表記される。本文中で他の提唱者の定義を初めて引用する場合、その用語はイタリック体で表記し、定義の後に提唱者の出版物の番号を記す。

FM 3-0の提唱者は、米国陸軍諸兵科連合センター(United States Army Combined arms Center)である。作成機関は、米国陸軍諸兵科連合センター(U.S. Army CAC)の諸兵科連合ドクトリン総局(Combined arms Doctrine Directorate)である。DA Form 2028 (Recommended Changes to Publications and Blank Forms)を使って、電子メールにて usarmy.leavenworth.mccoe.mbx.cadd-org-mailbox@army.mil Commander, United States Army Combined arms Center and Fort Leavenworth, ATZL-MCD (FM 3-0), 300 McPherson Avenue, Fort Leavenworth, KS 66027-2337 までコメントと提案を送るか、電子 DA Form 2028 を送信されたい。

はじめに:Introduction

このバージョンの FM 3-0 は、陸軍の作戦コンセプトとしてマルチドメイン作戦を確立している。コンセプト的には、マルチドメイン作戦は、過去 40 年間の作戦環境の変化に伴うドクトリンの漸進的変化を基礎とした、進化の変曲点を反映したものである。しかし、実際には、これらのコンセプト的な変化は、今後数十年の陸軍の作戦遂行方法に革命的な影響を与えるだろう。FM 3-0の2017年版では、多くのマルチドメインに関する考察や考え方が導入された。このバージョンのFM 3-0は、作戦に対するマルチドメイン・アプローチを、複数のドメインからの能力の諸兵科連合の採用という観点から体系化したものである。マルチドメイン作戦のコンセプトは、「エアランド・バトル(AirLand Battle)」、「フル・スペクトラム作戦(Full Spectrum Operations)」、「統一された陸上作戦(Unified Land Operations)」など、これまでの陸軍の作戦コンセプトから引用されている。

ドン・A・スターリー(Donn A. Starry)将軍の「拡張された戦場(extended battlefield)」とそれに関連する「エアランド・バトル(AirLand Battle)」のコンセプトは、当時の戦場を可視化するのに役立った。エアランド・バトル(AirLand Battle)は、空と地上の能力を一体化し、敵の第2階層部隊を遠距離から攻撃することが要求された。今日、マルチドメイン作戦では、敵の統合火器群と防空システムを撃破し、その結果生じる行動の自由を機動部隊が活用できるように、陸軍と統合部隊の能力をすべてのドメインから一体化する必要がある。戦術、作戦、戦略の目標を達成するために必要な限り、緊要地形(key terrain)を確保または保持し、資源と人を支配するための機動力が、地上軍を統合部隊の成功の基盤にしているのである。競争や危機の際には、重要な陸上地域を保持する前方駐留陸軍部隊が「スタンドオン(stand-on)」能力を発揮し、敵のスタンドオフ方式に対抗し、統合部隊投射のリスクを軽減し、敵の侵略を抑止し、国家および統合目標を達成することができる。紛争時には、適切な能力を備えた機動的な陸上部隊が、最終的に他のドメインでの作戦を可能にする。

フル・スペクトラム作戦(Full Spectrum Operations)は、武力紛争の枠外で陸軍が行う作戦を説明していた。FM 3-0 の本バージョンでは、武力紛争下での競争時や危機時に陸軍がどのように作戦するかを説明することで、この資料を現在用に更新している。また、フル・スペクトラム作戦(Full Spectrum Operations)よりもさらに踏み込んで、これらの作戦が武力紛争中に成功するための条件をどのように設定するかを説明している。

統一された陸上作戦(Unified Land Operations)は、作戦中の陸軍、統合、および他の統一行動パートナーの統合と同期を強調した。FM 3-0の2017年版は統一された陸上作戦(Unified Land Operations)を更新し、陸軍の即応性の焦点を対反乱戦から大規模戦闘作戦に移行させた。それは、マルチドメイン作戦コンセプトの要素、特に作戦環境とその考察を取り入れたものである。このバージョンの FM 3-0では、大規模戦闘作戦に重点が置かれていることに変わりはない。また、統合部隊と多国籍部隊の能力を一体化することの重要性を踏まえ、複数のドメインの能力を用いて補完・補強効果を生み出すことに重点を置き、諸兵科連合のアプローチを拡大した。一般に1つか2つのドメインに焦点を当てた従来の一体化手法(methods of integration)を意図的に超えることで、陸軍は統合部隊の機会を拡大し、敵にさらなるジレンマを生じさせることができるのである。

戦争の本質に変化はない。作戦環境、特に物理的、情報的、人間的側面を理解するためのモデルは、戦争とは敵の意思を強制するための武力行為であるというクラウゼヴィッツの考えを補強するものである。言い換えれば、物理的な行動は、人間の認識、行動、意思決定に影響を与えることができる。宇宙とサイバースペースには新しい能力があるが、陸軍は、陸上での任務達成のために他の能力を用いるのと同じように、それらを用いる。

本書の論理図は、次のページの冒頭の図に示されている。論理図は、同規模の脅威が統合部隊に対抗するために用いる方法を特定することから始まり、統合部隊と陸軍がマルチドメイン作戦を通じて、それらのアプローチにどのように対抗するかを示している。マルチドメイン作戦は陸軍の統一行動への貢献であり、5つのドメインと3つの次元からなる作戦環境と、競争、危機、武力紛争という戦略的背景の中で陸軍の各部隊階層が実施するものである。最後に、陸軍が任務を遂行し、敵部隊を撃破し、目標を達成するための戦争の指導的原則、信条、命令を通じて、マルチドメイン作戦を説明する。

導入のための図.FM3-0の論理図

 

FM 3-0は、8つの章と3つの付録で構成されている。

第1章では、陸軍が直面する課題と、マルチドメイン作戦がその解決にどのように役立つかを説明している。また、陸軍の戦争と戦い(warfare)に関するビジョン、陸軍が作戦を実施する戦略的文脈、および、ドメインと次元を含む作戦環境について説明している。

第2章では、各用兵機能(warfighting functions)の同期化により、敵部隊に適用する戦闘力がどのように生み出されるかを説明する。次に、脅威とその手法、そして陸軍が統一行動と統合能力を通じて、これらの脅威の手法にどのように対抗するかを説明する。

第3章では、マルチドメイン作戦を詳しく説明し、作戦の信条(tenets)と義務(imperatives)を記述している。そして、作戦的アプローチと作戦的フレームワークの主要な要素を強調している。

第4章では、武力紛争の条件を整え、敵対者の悪意ある行動に対抗するために、陸軍部隊(Army forces)が競争間にどのように作戦するかについて説明する。

第5章では、陸軍が危機の際にどのように選択肢を提供し、政治的狙いの達成を継続しつつ武力紛争を防いでいるのかを解説している。

第6章では、武力紛争時に陸軍がどのように作戦するかについて、大規模戦闘作戦において統合部隊を有効にし、すべてのドメインの能力を一体化する方法に焦点を当てながら解説している。

第7章では、陸軍が海の環境という特殊な条件の中でどのように作戦するかを説明している。

第8章では、大規模戦闘作戦の厳しい状況下での指揮官やリーダーの役割について述べている。

付録Aは、戦争の原則の概要を説明したものである。

付録Bでは、指揮と支援の関係について説明している。

付録Cは、敵部隊が展開に異議を唱えた場合の考慮事項を記述している。

次の導入表は、FM 3-0に反映された陸軍用語の変更点の概要を示している。

導入に当たっての表:「新規・修正用語」

用語 行動
機敏性(agility) 敵よりも迅速に部隊を移動させ、その配置や活動を調整する能力。
近接作戦(close operations) 下位の機動部隊とその直属の支援部隊の戦術的行動で、機動と火力を使用して敵部隊に接近し破壊することを目的としたもの。
通常戦(conventional warfare) 国民国家または国民国家の連合体間の支配をめぐる暴力的な闘争。
収束(convergence) システム、隊形、意思決定者、または特定の地理的地域に対する効果を生み出すために、あらゆるドメインにおける決定的な点の組合せに対して、複数のドメインと部隊階層からの能力を協調的に用いることによって生み出される結果。
サイバースペース・ドメイン(cyberspace domain) (陸軍)インターネット、通信ネットワーク、コンピュータ・システム、組込みプロセッサおよびコントローラ、ならびに電磁スペクトラムの関連部分を含む、情報技術インフラおよびレジデント・データの相互依存ネットワーク。(ADP 3-0)
縦深作戦(deep operations) 敵部隊に対する戦術的行動で、通常、友軍部隊との直接の接触はなく、将来の近接作戦を形成し、後方作戦を防護することを意図する。
崩壊させる(disintegrate) FM 3-0が提案し、用語を修正する。

敵の指揮・統制を混乱させ、作戦の同期性と凝集性を低下させること。

転位する(dislocate) FM 3-0が提案し、用語を修正する。

1つまたは複数のドメインで重要な位置の優位性を得るために部隊を使用し、敵の配置の価値を下げ、おそらくは無意味にすること。

ドメイン(domain) 用兵能力(warfighting capabilities)と技能の独特なセットを必要とする、作戦環境の物理的に定義された部分。
耐久性(endurance) 作戦環境の縦深を通して、時間をかけて忍耐する能力。
人間の次元(human dimension) 人と人、個人と集団の相互作用、情報と事象の理解、意思決定、意志の生成、作戦環境下での行動などを包括している。
情報的考慮事項(informational considerations) 人間や自動化されたシステムが情報からどのように意味を得て、使用し、行動し、影響を受けるかに影響を与える、人間、情報、物理的な次元の側面。
情報の次元(information dimension) 個人、集団、情報システムが通信し交換する内容やデータ、および作戦環境内で情報を交換するために使用される分析や技術的なプロセス。
非正規戦(irregular warfare) (陸軍)敵対者を軍事的に支配する以外の方法で、国家・非国家主体が複数のドメインにわたって軍事・非軍事能力を公然と、秘密裏に、隠れて、主たるアプローチとしてまたは通常戦と協調して使用すること。
致死性(lethality) 破壊する能力、能力容量。
マルチドメイン作戦(multidomain operations) 統合部隊指揮官に代わって、目標を達成し、敵部隊を撃破し、獲得した成果を集約・強化するために、相対的な優位性を作り出し、それを利用するために、統合と陸軍の能力を諸兵科連合として活用すること。
戦いの国家戦略的レベル(national strategic level of warfare) 米国政府が、政府と統一した行動パートナー間の行動を同期させ、国力の手段を用いて、政策の到達目標とそれを達成する方法を組織立てる戦いのレベル(level of warfare)。
物理的次元(physical dimension) 作戦環境下における、天然および製造された素材の特性および能力。
防護用兵機能(protection warfighting function) FM 3-0が提案し、用語を修正する。

戦闘力を維持し、行動の自由を可能にするために、検知、脅威の影響、危険を防止または軽減する関連タスク、システム、および方法。

後方作戦(rear operations) 主要な下位機動部隊の後方で、移動を容易にし、作戦範囲を拡大し、所望のテンポを維持する戦術的な行動。
相対的優位性(relative advantage) あらゆるドメインにおいて、敵対者や敵に相対し、目標に向かって前進したり達成したりする機会を提供する場所や条件のこと。
セクター(sector) 防衛のために部隊に割り当てられた作戦地域で、後方および側方の境界線と連動した火力を有するもの。
戦域の設定(setting the theater) 戦場において作戦を成功裏に遂行するための条件を整えるために継続的に行われる幅広い活動のこと。
宇宙のドメイン(space domain) FM 3-0が提案し、用語を修正する。

飛行物体に及ぼす大気の影響が無視できるようになる高度以上の領域。

支援地域作戦(support area operations) 後方連絡線、基地、基地群を確保するための戦術的行動で、部隊階層の維持と指揮・統制を可能にする。
戦いの戦域戦略的レベル(theater strategic level of warfare) 戦闘軍指揮官(combatant commanders)が統一された行動パートナーと同期し、国家戦略を支援するために、割り当てられた戦域内で政策的狙いを達成するために国力のすべての要素を用いる戦いのレベル。
ゾーン(zone) 攻撃時に部隊に割り当てられる作戦地域で、後方および側方の境界線のみを有するもの。