「FM 3-0 Operations」(2022年版)【第1章 作戦の基礎】

「FM 3-0 Operations」(2022年版)【「序文」から「はじめに」まで】に続いて、「FM 3-0 Operations」(2022年版)【第1章 作戦の基礎】を紹介する。

「はじめに:Introduction」によると、「第1章では、陸軍が直面する課題と、マルチドメイン作戦がその解決にどのように役立つかを説明している。また、陸軍の戦争と戦い(warfare)に関するビジョン、陸軍が作戦を実施する戦略的文脈、および、ドメインと次元を含む作戦環境について説明している」とある。

共に闘うであろう同盟国の軍隊のドクトリンを学ぶことの重要性は言うまでもないが、彼らが作戦を行うにあたっての基礎となる事項を何と考え、どのような言葉をどのような概念(notion)として理解し、どのように用いているかを知ることは相互理解を図るうえで重要なことであろう。記述中の※印は、訳者による註である。(軍治)

第1章 作戦の基礎:Chapter 1 Foundations of Operations

米陸軍の作戦:ARMY OPERATIONS

マルチドメイン作戦:MULTIDOMAIN OPERATIONS

米陸軍部隊にとっての課題:CHALLENGES FOR ARMY FORCES

致死性:課題の克服:LETHALITY: OVERCOMING CHALLENGES

戦争と戦い:WAR AND WARFARE

戦いの特質:CHARACTERISTICS OF WARFARE

作戦環境を理解する:UNDERSTANDING AN OPERATIONAL ENVIRONMENT

第1章 作戦の基礎:Chapter 1 Foundations of Operations

戦争(War)とは、このように、敵に我々の意志を強要するための武力の行使である。

カール・フォン・クラウゼヴィッツ

本章では、軍事作戦の範囲と、陸軍が大規模戦闘作戦を実施するための即応性に重点を置いていることを説明する。また、陸軍が統合部隊や多国籍部隊の一員として、どのように課題に対処し、マルチドメイン作戦を実施するかを説明する。本章では、陸軍の戦争と戦いの視点から始まり、リーダーが作戦環境を理解するのに役立つ重要なコンセプトについて説明する。

米陸軍の作戦:ARMY OPERATIONS

1-1. 陸軍の主要任務は、敵地上軍を撃破し、陸上地域を奪取、占領、防衛するために、迅速かつ持続的な陸上戦闘を行う部隊を編成し、訓練し、装備することである。陸軍は、統合部隊の4つの戦略的役割を支援する。陸軍は、作戦環境を形成し、危機時に陸上での侵略に対抗し、大規模な地上戦で勝利を収め、獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)。陸軍は、紛争外の敵対者に対する統合的抑止と、紛争または戦争中の敵の撃退を可能にする統合戦役(joint campaigns)のための兵力を提供することによって、その戦略的役割を果たす。戦略的役割は、陸軍が統合部隊指揮官(JFC)に代わって、安定した環境とその他の政策目標を追求するために、多地域作戦を実施する全体的な目標を明確にするものである。政策目標を達成するためには、国家レベルのリーダーが、国家意思に見合った方法で、政府全体と連合体全体に国力のすべての手段を調和させる必要がある。(統合戦役(joint campaigns)と抑止力の詳細についてはJP 3-0を参照。陸軍の戦略的役割の詳細については、ADP 3-0 を参照)。

1-2. 陸上での軍事作戦は、他のドメインでの作戦の基礎となる。なぜなら、ほとんどすべての能力が、どこで採用されるかにかかわらず、最終的には陸上を基盤としているか、陸上から統制されているからである。特定のドメインが特定の状況下で軍事的考察を支配することはあっても、紛争は通常、陸上で解決される。なぜなら、人々が生活し、政治的決定を下す場所であり、国力の基盤が存在する場所だからである。

1-3. 陸軍は作戦の実施を通じて目標を達成する。作戦とは、共通の目的または統一的なテーマを持った一連の戦術的行動である(JP1 第1巻)。作戦は様々な形で変化する。作戦は、都市、地下、砂漠、ジャングル、山岳、海上、北極など、あらゆる種類の物理的環境で行われる。作戦は、関与する部隊の規模や期間も様々である。作戦は、作戦環境の物理的、情報的、人間的な次元で要素を変化させる。

1-4. 作戦が行われる複雑な環境では、作戦の学と術の両方を理解するリーダーが求められる。戦闘力比、兵器範囲、移動表など作戦の学を理解することは、リーダーが同調を高め、リスクを減らすのに役立つ。しかし、不確実性を排除する方法はなく、リーダーは作戦術(operational art)を行使して意思決定を行い、リスクを負わなければならない。リーダーシップが士気に与える影響、敵部隊を倒すためのショック効果の利用、支持人口などの無形の要因は、基本的に人的要因であり、物理的な不利を克服し、しばしば作戦の結果を決定することができる。(作戦の術と学に関する詳細については、ADP 3-0を参照)

1-5. 陸軍は、大規模戦闘作戦、限定的不測事態作戦、危機対応、安全保障協力への支援など、幅広い作戦区分で多様な課題に対応し、国家目標に貢献している。(作戦カテゴリーと暴力のスペクトラムの描写については、1-2 ページの図 1-1 を参照)。

図1-1. 作戦カテゴリーと暴力のスペクトラム

1-6. ほとんどの作戦は、暴力のスペクトラムの下限で発生し、その目標も重要な国益や国家の存続のレベルには達しない。これらの作戦は通常、世界の安全保障を安定化させ、米国に概ね好都合な状況を促進する形で、作戦環境を形成する。これらの作戦は、持続的な存在によって最もよく支援される目標を、多くの場合、比較的低いコストで達成するため、統合部隊指揮官(JFC)に貴重な選択肢を提供する。

1-7. 陸軍が実施する作戦の圧倒的多数は、武力紛争の閾値以下か、限定的な有事の際に発生するが、陸軍の即応性の焦点は大規模戦闘作戦に置かれている。米国は、強制力の弱い方法が効果的でない場合や、死活的な国益や国家の存続が危ぶまれる場合に、より大きなレベルの武力を用いる選択肢を常に保持している。このため、陸軍部隊は、最も過酷で危険なタイプの作戦に備える必要がある。陸軍部隊は、陸上で、いかなる環境でも、いかなる相手に対しても戦争を行うことができる能力、能力容量、意志を示すことにより、従来型の抑止(conventional deterrence)に貢献する。信頼できる戦闘部隊は、国力の他の手段をより強力にし、他の種類の作戦中に敵が暴力をエスカレートするのを抑止するのに役立つ。

1-8. 信頼できる戦闘部隊とは、特定の地域の状況下で、敵の脅威が生み出す優位性を克服することができるものである。敵は通常、その成功に最適な条件下で侵略を開始するため、米軍は不利な状況で対応する必要がある。米軍の戦闘作戦は通常、長距離への戦力投射を伴うため、支援拠点に近いところで作戦する敵部隊に有利となる。敵国は通常、何十年にもわたるプロパガンダと自由な情報の流れからの隔離によって培われた、ある程度の民衆の支持を得ている。このため、敵の戦意が高まり、現地住民が米軍と目標に対して敵対的になる可能性がある。戦闘軍(combatant command)と戦域軍は、戦域を設定し、競争する時期に武力紛争の準備をすることで、さまざまな利点を得ることができるが、陸軍は通常、敵対行為の開始時および武力紛争の遂行中、克服しなければならない課題に直面することになる。

マルチドメイン作戦:MULTIDOMAIN OPERATIONS

1-9. マルチドメイン作戦(Multidomain operationsとは、統合部隊指揮官のために、相対的な優位性を作り出し、それを利用して、目標を達成し、敵部隊を撃退し、獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ために、陸軍と統合部隊の能力を活用することである。陸軍と統合部隊の能力を活用することで、各ドメインから利用可能なすべての戦闘力を利用し、最小限のコストで任務を達成する。マルチドメイン作戦は、陸軍の統合戦役(joint campaigns)への貢献であり、競争の連続体(competition continuum)にまたがるものである。武力紛争の閾値以下では、マルチドメイン作戦は陸軍が優位性を獲得し、紛争に対する即応性を示し、敵対者を抑止すると同時に、同盟国やパートナーを安心させる方法である。紛争時には、陸軍が敵に接近してこれを撃破し、敵の隊形を崩し、重要な地形(critical terrain)を確保し、住民と資源を支配して持続可能な政治的成果を挙げる方法である。

1-10. 陸軍部隊は、ほとんどの場合、より大規模な連合作戦の一部として発生する統合戦役(joint campaigns)を支援するための作戦を行う。リーダーは、自軍の部隊と他国が提供する部隊や能力との相互依存関係を理解し、統合戦力のアプローチによる補完・補強効果を生み出さなければならない。陸軍は、統合および他の統一行動パートナーの能力を、利用可能な範囲内で利用する。しかし、敵対者はあらゆるドメインで部隊に対抗できるため、陸軍は任務達成を支援するために、一部またはすべての統合能力が利用できない場合に作戦を実施する準備を整えておかなければならない。

1-11. すべての作戦はマルチドメイン作戦である。陸軍は複数のドメインで有機的な能力を発揮し、航空・海上戦略輸送、宇宙・サイバースペース能力(全地球測位、衛星通信、インテリジェンス・監視・偵察(ISR)など、自分では統制できない能力)から継続的に利益を得ている。下位の部隊階層は、主に他のドメインで作戦する上位の部隊階層や他の部隊が作り出す機会に必ずしも気づかないかもしれない。しかし、リーダーは、その機会の欠如が、作戦コンセプト、意思決定、リスク評価にどのような影響を及ぼすかを理解しなければならない。

1-12. 作戦中、小さな優位性が作戦結果に大きな影響を与えることがあり、特に時間をかけて蓄積された場合はそうである。したがって、相対的優位性を作り出し、それを利用することはすべての作戦に必要であり、敵対する側が互角であれば、なおさら重要になる。相対的優位性(relative advantageとは、あらゆるドメインで、敵対者や敵に対して相対的な位置や状態を指し、目標に向かって前進したり、達成したりする機会を提供するものである。指揮官は行動を通じて活用する相対的優位性を求め、創造し、機会を拡大する方法を特定するために状況を継続的に評価する。(物理的、情報的、人的優位性についての詳細は1-106から1-117項を参照)。

1-13. 陸軍のリーダーは、伝統的に陸・空・海の各ドメインの能力に焦点を当てた総合的な軍隊のアプローチによって、相対的な優位性を作り出し、活用することに慣れている。宇宙とサイバースペースの能力の普及は、それらの能力が作戦環境にもたらす優位性を理解するリーダーをさらに必要とする。最も効果的な戦術的部隊階層で宇宙とサイバースペースの能力を一体化し同期化する能力は、活用すべき優位性を生み出すための選択肢を拡大するものである。

1-14. マルチドメイン作戦は、脅威の相互依存的なシステムや隊形を破壊、転位、分離、崩壊させることにより、脅威の作戦アプローチの一貫性を破壊し、これらの混乱がもたらす機会を利用して、敵部隊を詳細に打破する。したがって、陸軍は脅威の特質、能力、目標、行動方針を理解するために、適時、正確、適切、かつ予測可能なインテリジェンスを必要とする。指揮官が敵部隊に対して自軍の能力を空間的、時間的に活用する際に、どのような組み合わせの打倒メカニズムを追求するかは、まずインテリジェンスによって決定される。陸軍は敵の隊形とシステムを撃破するため、機動とターゲッティング法を組み合わせる。陸軍は近接作戦で敵の隊形に接近し、破壊するために機動力を発揮する。ターゲティングは一般に、敵のネットワークとシステムを崩壊させるための情報収集、火力、その他の重要な能力の優先順位を設定する。リーダーは、機動の自由を可能にする優位性を生み出し、機動によって生み出される位置的優位性を利用するために、ターゲティング・プロセスを実行する。ターゲッティングは、リーダーが戦場に深さを作り出し、友軍を守るために必要な統合能力を一体化するための重要な手段である。

米陸軍部隊にとっての課題:CHALLENGES FOR ARMY FORCES

我々は、他国を征服したり、強制したりするために強力な軍事力を維持しているのではない。我が軍隊の目的は単純明快である。戦争の原因となる侵略を抑止することで、戦争を未然に防ぎたい。

ロナルド・レーガン大統領

1-15. 統合部隊は、ほとんどの敵対者が米国との直接的な軍事衝突を通じて戦略目標を達成しようとするのを抑止する。その結果、敵対者は、米国との戦争を回避するために計算された方法で、他者をターゲットとする悪意ある活動や武力紛争を通じて、間接的に目標を追求することになる。こうした活動には、破壊的な政治・法的戦略、資源獲得のための現地での物理的存在の確立、強圧的な経済行為、代理人部隊(proxy forces)の支援、偽情報(disinformation)の流布などがある。しかし、いくつかの敵対者は、一定の条件下で米国と武力紛争を起こす能力と意志の両方を備えているため、陸軍は限定的な不測事態や大規模戦闘作戦に常に備えておく必要がある。

1-16. 世界および地域の敵対者は、米国の利益と統合部隊に挑戦するために、あらゆる国力の手段を用いる。軍事的には、ネットワーク対応のセンサーや長距離火力を駆使して戦場を拡大し、紛争時には接近を阻止し、競争時には友軍の行動の自由を脅かしている。これらのスタンドオフ・アプローチは、以下を目指している。

・ 米国の宇宙・航空・海軍の優位性に対抗し、陸上部隊の投入を困難にし、統合部隊全体の相互依存性を利用する。

・ 武力紛争発生時の統合部隊とそのパートナーへの負担を増大させる。

・ 米国内と海外基地の両方で統合部隊をリスクにさらし、陸軍の本国から海外の前方戦術集積地までの展開に異議を唱える。

1-17. 敵対者は、米国が挑発に軍事力で応じるかもしれない閾値を上げるために、米軍へのリスクを高める。統合部隊の従来型の抑止(conventional deterrence)を弱めることで、敵は米国本土内外で悪意ある活動を行うための行動の自由度が高まったと考えるのである。敵対者は、攻撃的なサイバースペース作戦、偽情報(disinformation)、影響力作戦、領土主張を支えるための地上・航空・海軍の積極的な配置を通じて、この行動の自由を利用する。敵対者は、民間や政府の組織を攻撃し、重要な経済インフラを脅かし、政治プロセスを混乱させるために、さまざまなタイプの部隊や能力を用いる。多くの場合、友軍の反応の可能性を低くするような、もっともらしい反証を伴う。政策の到達目標を支援するこれらの活動は、同盟国の結束を脅かし、対応を弱め、新たな機会を作り出す。(敵の情報戦については第2-40項から第2-44項を参照)。

1-18. 脅威のスタンドオフ・アプローチは、他の友軍の課題を強化する。これらの課題には以下が含まれる。

・ 同盟国やパートナーの支援を獲得し維持すること。

・ 敵部隊の構成、配置、兵力、活動を判断するために必要な継続的な情報収集を維持する。

・ 広い作戦地域に分散し、多様な要求を持つあらゆる部隊階層のインテリジェンスを一体化し、同期させる。

・ 数で劣り、孤立していても闘い、勝つための前方駐留部隊を準備する。

・ 前方展開部隊と戦域に移動する部隊を保護する。

・ 大量破壊兵器に対する脆弱性を最小化する。

・ 非連続地域や支援範囲・距離外の広大な距離にわたって分散する部隊の指揮・統制と維持を維持する。

・ 固定した敵部隊や迂回する敵部隊を撃破しながら、望ましいテンポを維持する。

・ 米国および戦略的通信網に対する脅威の情報および非正規戦攻撃を撃退する。

1-19. 陸軍は、米国を含む武力紛争前および紛争中の紛争地域で作戦を実施するために準備する。陸軍部隊は、常に監視されていること、および、どこにいてもすべてのドメインで脅威が接触を獲得し維持する能力を考慮しなければならない。陸軍部隊は、厳しい環境にある場所に短期間で展開し、直ちに戦闘作戦を行うことができるようにしなければならない。作戦の初期段階において、陸軍部隊は人数と能力の両面で優勢な脅威に直面することがある。最初に展開する部隊は、後続部隊に反応時間と機動の自由(freedom of maneuver)を与えるため、自らを防衛し、脅威の活動に関する情報の収集を継続的に行う能力を必要とする。統合部隊の支援が限られている陸軍部隊は、敵の長距離火力のリスクにさらされながら防衛しなければならないこともある。前方駐留部隊は、敵の攻勢作戦を遅らせるため、他の連合軍と共に重要な地形(critical terrain)を防衛することができる。前方駐留部隊の中には、戦略的後方連絡線と作戦的後方連絡線に対する敵の攻撃の影響を軽減するために、統合基地を防衛するものもある。いずれの場合も、前方駐留陸軍部隊は、敵の攻撃の初期段階で比較的孤立した状態で闘えるよう準備しなければならない。

1-20. 大規模戦闘作戦では、敵部隊が大規模な長距離火力や大量破壊兵器を使用する可能性が高くなる。大量の長距離火力や汚染された環境で生き残り活動するために、指揮官は戦術的に妥当な範囲で分散を確保する。陸軍は、分散、欺瞞、対偵察、地形、被覆、隠蔽、覆面その他の手段を用いて、発見を避け、敵の火力の影響を軽減するために、あらゆる可能な優位性を追求する。攻撃面では、陸軍部隊は複数の軸に沿って迅速に機動し、効果を上げるために必要な程度にのみ集中し、その後、大量破壊兵器や敵の通常攻撃の格好のターゲットとなるのを避けるために分散する。分散は敵の目標達成を妨げるが、友軍の指揮・統制や維持の難易度を高める。成功のためには、迅速に配置を調整し、リスクを引き受け、機会があればそれを利用することができる、機敏な部隊が必要である。

1-21. 大規模戦闘作戦のテンポの良さはギャップや継ぎ目を生み、敵の隊形が崩壊、離散、移動する際にチャンスとリスクの両方を生む。攻勢作戦のために十分な戦闘力を発揮した後、友軍は敵の隊形と交錯したり、固定されて迂回したりすることがある。このため、後続部隊や支援部隊は自らを保護し、獲得した利益を統合する一部として後方地域内で敵の残りを詳細に撃破する必要がある。

1-22. 米国やその他の地域から展開する陸軍部隊は、統合支援なしには対抗することが困難な広範な脅威に直面する。敵の行動による混乱は、部隊の母港、乗船港、戦地への移動中、および乗船港への到着時に発生する可能性がある。陸軍は、対インテリジェンス活動(counterintelligence)によって脅威の早期発見を支援できるかもしれないが、こうした攻撃を先制する能力も権限もない場合がある。脅威が部隊の展開に異議を唱えることは、前方部隊の戦闘力を低下させ、部隊の要員や装備がばらばらに船着き場に到着する原因となりうる(脅威勢力による展開の異議申し立てに関する情報は、付録Cを参照)。(脅威軍によって争われた展開の詳細については、付録Cを参照)。

致死性:課題の克服:LETHALITY: OVERCOMING CHALLENGES

1-23. 陸軍は脅威と環境がもたらす難題を、致死性の能力のある信頼できる編成で克服する。致死性(Lethalityとは、破壊する能力および能力容量である。致死性の部隊の行使とその威嚇は、陸軍が目標を達成し、国力の他の手段が目標を達成することを可能にする方法の中核をなすものである。

1-24. 致死性は、敵部隊を破壊するか破壊のリスクにさらすために兵器システムと質量効果を使用できる相対的に有利な位置に編隊を機動させることによって可能となる。隊形が使用する兵器システムの速度、範囲、および精度は、その致死性を高める。大規模戦闘の要求により、利用可能な備蓄は急速に枯渇し、部隊は弾薬、兵器、その他の用兵能力(warfighting capabilities)を大量に備蓄する必要がある。リーダーは、複数のドメインで能力を組み合わせて相対的な優位性を生み出し、獲得し、活用することで、致死性部隊の効果を倍加させ、敵部隊に複数のジレンマを押し付け、効果的に対応する能力を圧倒させる。作戦環境における課題を克服するためには、利用可能なすべての能力を活用した致死性ある陸軍部隊がさらに必要である。

・ 同盟国やパートナーとの陸上戦力ネットワークを継続的に構築し、相互運用性を高める。

・ 陸上での紛争を抑止するため、大規模戦闘作戦に対応できるよう実証的に準備する。

・ 諸兵科連合的な方法で能力を活用し、利用可能な機会を創出する。

・ 統合部隊の他の軍種への脅威を打ち負かすために、機動、量の効果、戦闘力を保持する。

・ 前方に配置された重要な統合インフラと緊要地形(key terrain)を防衛する。

・ 攻撃的な作戦を展開し、機会を創出・開拓し、目標を達成する。

・ 競争、危機、武力紛争時に獲得した成果を集約・強化し(consolidate gains)、持続的な政治的成果を得ることができる。

1-25. 陸軍部隊の効果的な運用は、戦争、戦い(warfare)、および軍事部隊が闘う環境を理解するリーダーに依存する。理解のギャップは、軍事的手段で持続可能な政治的成果を達成できない原因であることが多い。

戦争と戦い:WAR AND WARFARE

今、我々は、「技術だけでは十分ではない」という別の知恵の声を必要としている。戦争は一つの大きな工学的プロジェクトではない。向こう側には、我々が測ろうともしなかった強さと意志を持った人々がいる。その結果、我々は、自分たちが意図した以上に大きな、そして確実に破滅的な好戦的行動に引きずり込まれてしまった。相手を理解せずに闘うことは、結局、軍隊の名声にも国家の名声にも貢献しない。

バーバラ・W・タックマン

1-26. 戦争(war)とは、異なる国家、国家のような存在、または武装集団の間で、政策的目標を達成するために武力衝突が起こる状態をいう。戦争(wars)は、局地的、地域的、または地球的規模で国家間で闘われる。戦争(wars)は、国家内では、中央政府が反乱軍、分離主義者、抵抗勢力と闘われることがある。半自治地域の武装集団も、目標を達成するために戦争(wars)を闘う。戦争(wars)には、大規模な軍事力同士の激しい衝突(時には公式な宣戦布告に裏打ちされたもの)から、暴力の閾値を断続的に超えるような微妙な敵対行為まである。

1-27. 戦争(war)の目標は、政策的目標の追求のために国家または集団の意志を敵に押し付けることである。具体的な目標の如何にかかわらず、戦争を行うという決定は重大な政策決定を意味し、陸軍が軍事能力をどのように使用するかを変えるものである。戦争の本質、その原則、およびその要素は、いつの時代も一貫している。しかし、戦い(warfare)、戦争の遂行と特質は、手段や文脈の変化を反映している。

1-28. 陸軍のマルチドメイン作戦コンセプトは、戦争の不変の本質と変化する戦いの性質を考慮に入れている。そのバランスの取れたアプローチは、現在および近い将来に予想される作戦環境の広く言われている特質を考慮し、陸軍が競争の連続体(competition continuum)の中でどのように作戦するかを導くものである。作戦遂行のためのドクトリンは、以下を含む戦争(war)と戦い(warfare)の視点から始まる。

・ 戦争(war)の本質

・ 戦争(war)の原則

・ 戦い(warfare)の特質

・ 戦い(warfare)の方法

・ 攻撃、防衛、安定化

・ 大規模戦闘作戦

・ 諸兵科連合

・ 戦い(warfare)のレベル

・ 陸軍の戦略的文脈

・ 獲得した成果の統合

(マルチドメイン作戦のコンセプトについては第3章を参照)。

戦争の本質:THE NATURE OF WAR

1-29. 戦争(war)という言葉は文脈によって様々に使われるが(例えば、麻薬戦争や貧困との戦争)、軍事的文脈における戦争を他の人間活動と区別するのは、政治的目的を達成するための暴力の威嚇や使用である。この区別は、陸軍の戦争観の3つの要素を説明するものである。戦争とは

・ 政治的な目的を達成するために闘う。

・ 人間の努力。

・ 本質的に混沌で不確実なもの

注:戦争(warは、定義上、少なくとも2つの対立する側を含む。しかし、政治的利益を得るための暴力がすべて戦争を引き起こすわけではない。例えば、現在の安全保障環境では、中国は低レベルの暴力や、重大な軍事的反応を引き起こさない新しいタイプの暴力(政府、経済機関、民間産業、インフラに対する宇宙およびサイバースペースの攻撃を含む)を課している。このような場合、中国は自らを敵国と戦争状態にあると見ているが、敵国はそうではない。このような視点の違いは、中国に対抗する国にとって危険である。中国は、長期間にわたって低レベルの暴力に耐えながら、効果的な対応ができなくなるまでゆっくりと利益を譲り渡していくかもしれない。このような状況に対応するには、統合部隊と陸軍の部隊に支えられた政府の包括的な取り組みが必要である。

政治的目的:Political Purpose

1-30. 米国のすべての軍事作戦は、国家政策目標を達成し、またはそれに貢献するという共通の目的を持つ。戦争の原則として、目標は軍事行動と政策との適切な関係を強化するものである。戦争(war)は常に政策に従属し、政治的目標に奉仕しなければならない。政治リーダーと連携して、軍事リーダーは望ましい政策成果を達成するための戦略を策定する。政策成果は、多くの場合、あらゆるドメインで、国民、市民インフラ、天然資源、グローバル・コモンズへのアクセスに影響を与え、統制し、または安全を確保する国家の能力に関係する。(戦争の原則の議論については付録Aを参照)。

人間の努力:Human Endeavor

1-31. 戦争(war)は、人間の本質と、認知、感情、不確実性の複雑な相互関係によって形作られる。国民感情は、多くの場合、一方または両方の側によって影響を受けたり操作されたりする対象である。価値観と倫理観は、戦争に行く理由と戦争の遂行における制約の両方を動機付ける認知的要因の一部である。恐怖、情熱、仲間意識、悲しみ、その他多くの感情が、戦争参加者の決意に影響を与える。それは、リーダーがいつどのように忍耐し、いつあきらめるかを含め、戦闘員の行動に影響を与える。戦争のストレスに対する反応は個人によって異なる。ある敵の意志をくじくような行為が、別の敵の決意を固めるだけかもしれない。大義への献身とリーダーシップによって植え付けられた人間の意志が、戦争におけるすべての行動の原動力となる。人間の次元は、戦争に無形の道徳的要素を吹き込む。(人間的次元に関するより詳しい情報については、第1-115項から第1-117項を参照)。

本質的に混沌で不確実なもの:Inherently Chaotic and Uncertain

1-32. 戦争(war)は、無数の要因の意志の衝突と激しい相互作用により、本質的に混沌とし、不確実なものである。命令は誤解され、敵部隊は予想外のことをし、部隊は道を誤り、予期せぬ障害物が現れ、天候が変わり、部隊は予想外の速度で物資を消費する。このような摩擦はすべての軍事作戦に影響するので、リーダーはそれを予期しておかなければならない。戦争の混沌とした本質は、行動の正確な原因と結果を見極めることを困難にし、不可能にし、あるいは遅延させる。作戦の意図しない効果を予測し、特定することは困難である。このような混沌は、すべての作戦に大きな不確実性をもたらし、リスクを引き受けることに長けたリーダーの重要性を高める。

戦争の原則:PRINCIPLES OF WAR

1-33. 米軍の観点からは、戦争には9つの原則があり、総称して古典的な戦争の原則と呼ばれている。戦争の9原則は、作戦遂行に影響を与える最も重要な要因であり、歴史の研究および会戦の経験から導き出されたものである。(戦争の原則の簡潔な一覧は1-8ページの表1-1を参照)。

1-34. 戦争(war)の原則は、戦闘における兵力運用のための広範かつ永続的な基本原則である。この原則は、成功を保証するチェックリストではない。むしろ、指揮官とその参謀が作戦を成功させるために考慮すべき事柄をまとめたものであり、特定の状況下で判断して適用されるものである。すべての作戦に適用できるが、すべての状況に同じように、あるいは同じように適用できるわけではない。(戦争の原則の詳細については、付録Aを参照されたい。)

表1-1.戦争(war)の原則

機動(Maneuver):戦闘力の柔軟な運用により、敵を不利な立場に追い込む。

目標(Objective):すべての軍事作戦を、明確に定義された、決定的で達成可能な到達目標に向けること。

攻勢(Offensive):主導性を握り、維持し、活用する。

奇襲(Surprise):敵が準備していない時間や場所、方法で攻撃すること。

戦力の経済性(Economy of force):必要最小限の戦闘力を二次的活動に費やし、可能な限り最大の戦闘力を主たる取組み(main effort)に割り当てる。

量(Mass):戦闘力の効果を最も有利な場所と時間に集中させ、決定的な結果を生む。

指揮の統一(Unity of command):すべての目標に対して、一人の責任ある指揮官のもとで取組みの統一(unity of effort)を図る。

保全(Security):敵の奇襲や予想外の優位性を獲得することを防ぐ。

簡潔性(Simplicity):明確で複雑でない計画や命令を作成することで、計画が意図したとおりに実行される確率を高める。

戦いの特質:CHARACTERISTICS OF WARFARE

1-35. 戦い(warfare)、すなわち戦争の遂行と特質は、技術、国家政策、作戦コンセプト、世論、その他多くの要因の変化の影響を受ける。戦い(warfare)は時とともに類似性を保つかもしれないが、必然的に大きな変化もある。軍事的応用が可能な航空、宇宙、およびサイバースペース能力の急速な進歩およびその普及は、戦い(warfare)を変化させている。宇宙技術は、持続的な頭上監視とグローバルな通信、ナビゲーション、タイミング、ミサイル警報、環境監視を可能にする。サイバースペース技術は、ほとんどの軍事能力に一体化されており、ほぼ瞬時の通信と情報共有を可能にし、競争、危機、紛争時に双方によって利用されうる機会と脆弱性の両方を生み出している。

戦いの方法:METHODS OF WARFARE

1-36. 戦争の本質と原則は戦争の継続性を反映しているが、戦いの遂行は、ダイナミックな作戦環境と同様に、幅広いバリエーションを反映している。したがって、状況に応じて、戦略的行為者は、異なる戦い(warfare)の方法によって戦争における目標を追求する。さまざまな方法があるが、一般に、通常戦と非正規戦の2つに大別される。それぞれの戦い(warfare)の方法は、敵を倒すという同じ戦略的目的を果たすが、その目的を達成するためには、根本的に異なるアプローチを取る。どちらの方法も、政治的最終目的を達成するために致死性の部隊を用いるという一つの特質を共有している。戦い(warfare)は、これらの主観的な分類のいずれにもきれいに収まることはまれであり、紛争の過程でほとんどの場合、両方の方法が混在しているのである。

注:これらの大分類は、戦い(warfare)に対する全体的なアプローチを記述したものである。また、「情報戦(information warfare)」、「サイバー戦(cyber warfare)」、「対潜水艦戦(anti-submarine warfare)」など、特定の用途で使用される支配的な手段を記述しようとするカテゴリーもある。これらの場合、「戦い(warfare)」、「作戦」、「活動」という用語は、しばしば互換的に使用されている。

通常戦:Conventional Warfare

1-37. 通常戦(conventional warfareは、国民国家または国民国家の連合体間の支配を求める暴力的な闘争である。通常戦(conventional warfare)は、一般に、2つ以上の軍隊が武力紛争を通じて行う。敵部隊と直接、同等の軍事システムや組織で闘うことを意味するため、一般に通常戦(conventional warfare)と呼ばれる。国民国家が通常戦(conventional warfare)を行う戦略的目的は、敵国政府に自国の意志を押し付け、敵国政府の意志が自国と国民に押し付けられるのを回避することである。統合ドクトリンが通常戦(conventional warfare)を「伝統的」と呼ぶのは、ウェストファリア条約(1648年)以来、西欧でそのように理解されてきたからである。しかし、非正規戦(irregular warfare)にはもっと長い歴史があり、ある社会では「伝統的」な戦いの方法(method of warfare)と同じように一般的であった。

1-38. 通常、通常戦(conventional warfare)は、敵の軍隊、敵の用兵能力を撃破し、緊要地形(key terrain)と人口を支配して、敵政府の行動に有利な影響を与えることに重点を置いている。通常戦(conventional warfare)では、敵は互いに公然と戦闘を行い、一般に同様の能力を使用する。通常戦争(conventional war)は、国家による大量破壊兵器の使用を含むようにエスカレートすることがある。陸軍は、他の兵科と同様、主として通常戦(conventional warfare)、特にその最も致命的な形態である大規模戦闘作戦を実施または抑止するために組織、訓練、装備されている。

1-39. 従来型の抑止では、戦闘準備態勢の軍隊は大規模戦闘の発生確率を下げるが、敵対者が目標を達成するために武力紛争以外の非正規戦(irregular warfare)や悪意ある活動を行う頻度が高くなるというパラドックスが生じている。大規模な地上戦を想定した部隊で非正規戦(irregular warfare)を行う方が、想定外の部隊で大規模な地上戦を行うよりもリスクが少ないため、このトレードオフは許容される。

非正規戦:Irregular Warfare

1-40. 非正規戦(irregular warfareとは、国家および非国家主体が、敵対者を軍事的に支配する以外の方法で、複数のドメインにわたって軍事・非軍事能力を公然、秘密、および密かに用いることであり、主要なアプローチとして、または通常戦(conventional warfare)と協調して行われるものである。非正規戦(irregular warfare)は、パートナー、代理人(proxies)、または代理人(surrogates)が共有または補完する目標を達成できるようにするための間接的な軍事活動の使用を含むことがある。非正規戦(irregular warfare)の主目標は政治的背景によって異なり、通常戦(conventional warfare)と組み合わせずに成功することもある(例えば、キューバ革命)。非正規戦(irregular warfare)は、住民に対する影響力を確立することに重点を置くことが多いが、歴史的には、二次的な紛争地域の敵部隊を固定化したり、敵のリーダーに重要度の低い戦線に重要な兵力を投入させるための戦力節約策でもある。非正規戦(irregular warfare)を通常戦(conventional warfare)と区別する特質は2つある。

・ その意図は、政治的権威の正統性と影響力を低下させ、その資源と意志を枯渇させることであり、その武力を打ち負かすことではない、一方、闘争に従事している友好的団体の正統性、影響力、意志を支援することである。

・ 軍事的な手段だけでは所期の目標を達成するのに不十分であるため、非軍事的な力の手段がより顕著になる。

1-41. 統合部隊指揮官(JFC)は非正規戦(irregular warfare)において、ほとんどの陸軍部隊と能力を使用することができる。ある種の部隊や能力は、非正規戦(irregular warfare)のために特別にデザインされ、組織されているという点で、非正規戦(irregular warfare)に特化しているが(例えば陸軍特殊作戦部隊)、通常戦(conventional warfare)でも(例えばホスト国部隊への戦闘アドバイザーとして)効果的に使用することが可能である。その他の部隊は、主に通常戦(conventional warfare)用にデザイン、組織されているが、非正規戦(irregular warfare)でも有効に活用できるという点で、非正規戦(irregular warfare)に対応可能である。歴史的に、非正規戦(irregular warfare)を遂行するために採用される陸軍部隊の圧倒的多数は、通常戦力(conventional forces)であった。

攻撃、防御、安定化:OFFENSE, DEFENSE, AND STABILITY

1-42. 攻撃、防御、安定化は、通常戦(conventional warfare)および非正規戦(irregular warfare)に固有の要素である。通常、師団およびそれより上位の部隊階層は、作戦において3つの要素すべてを組み合わせて同時に行う。しかし、下位の部隊階層ほど、一度に1つの要素に集中する傾向がある。

1-43. 攻勢作戦(offensive operationとは、敵部隊を撃破または破壊し、地形、資源、人口集中地の支配権を獲得する作戦である(ADP 3-0)。攻勢作戦は、指揮官が敵に自らの意志を押し付ける方法である。攻撃は、物理的・心理的優位性を得るために主導性を握り、保持し、利用する最も直接的な手段である。攻勢作戦は通常、敵の弱点に向けた突発的な行動を含み、速度、奇襲、衝撃を利用する。攻撃は、敵部隊の反応を強制し、攻撃軍が利用できる新たな、またはより大きな弱点を作り出す。(攻撃に関する詳細な議論については、ADP 3-90を参照)。

1-44. 防勢作戦(defensive operationは、敵の攻撃を撃退し、緊要地形(key terrain)を保持し、時間を稼ぎ、攻勢作戦または安定化作戦に有利な条件を整備する作戦である(ADP 3-0)。通常、防勢作戦は決定的な勝利を収めることはできない。しかし、反攻や反撃のための条件を整え、部隊の主導性を取り戻すことができる。

防勢作戦は敵の攻撃行動に対抗するものであり、可能な限り多くの敵部隊を破壊しようとするものである。防勢作戦は土地、資源、住民の支配を維持し、通信回線と重要な能力を攻撃から守る。指揮官は、ある地域で防勢作戦を実施し、他の地域での攻勢作戦のために兵力を解放することができる。(防衛の詳細な議論については、ADP 3-90を参照)

1-45. 安定化作戦(stability operationとは、安全な環境を確立または維持し、必要な行政サービス、緊急インフラの再建、人道的救済を提供するために、他の国力の手段と連携して米国外で実施される作戦である(ADP 3-0)。これらの作戦は、ホスト国、暫定政府、または軍事政権による統治を支援するものである。安定化には、強制的な行動と建設的な行動が含まれる。(安定化作戦の詳細については、ADP 3-07を参照)。

大規模戦闘作戦:LARGE-SCALE COMBAT OPERATIONS

1-46. 陸軍の即応性の焦点は、大規模戦闘作戦にある。大規模戦闘作戦(Large-scale combat operationsとは、作戦目標および戦略目標の達成を目標とした作戦として実施される、投入兵力の範囲および規模が大規模な統合戦闘作戦をいう(ADP 3-0)。地上戦では、通常、複数の軍団や師団による作戦が行われ、統合チームや多国籍チームによる相当な戦力が含まれる。大規模戦闘作戦には、通常戦力と非正規戦力の両方が双方に含まれることが多い。

1-47. 大規模戦闘作戦を伴う紛争は、限定的な事態よりも激しく破壊的であり、多くの場合、急速に多くの死傷者を出す。対等な脅威は、電磁シグネチャやその他の検出方法を利用したセンサーネットワークや長距離集中火力を採用し、特に静止している場合に地上軍に高いリスクをもたらす。陸軍は、作戦環境を飽和させる無人システムからの脅威を含め、敵の絶え間ない観測を考慮しなければならない。陸軍は、敵の能力と隊形に対して大量効果に対する利用可能な優位性を生み出しながら、効果的に大量効果をもたらす敵の能力を打ち負かすための手段を講じる。

1-48. 市街地は多くの作戦環境における要因の一つである高リスクの地域である。大規模戦闘中に欺瞞や他の手段で市街地を避けることは理想的だが、一般的には不可能である。指揮官は、戦術的、政治的、または経済的な利点をもたらすため、あるいはそうしないことで統合作戦が脅かされる場合、市街地作戦を行うことがある。陸軍は都市部で大規模戦闘作戦を行う場合、特定の特殊な作戦として、またはより一般的には、統合作戦における一連の大規模な作戦の一つとして行う。市街地作戦は、市街地への脅威または市街地内の脅威に焦点を当て、他の部隊が他の場所で作戦を実施できるようにするものである。密集した都市部の地形で作戦を行うのは複雑で、資源を大量に消費する。統合能力、同盟国やパートナー、通常戦力と非定型戦力を一体化した諸兵科連合作戦は、成功のために不可欠である。指揮官は、発令された任務に対して十分な戦力がない場合、上位司令部に懸念を表明し、任務を達成するために、目的、時間、空間に応じて戦力と作戦を配置しなければならない。広大な都市部で敵部隊を倒すには、通常、物理的、情報的、人的支援から敵部隊を孤立させる能力が必要である(ATP 3-06参照)。(都市作戦の詳細についてはATP 3-06を参照)。大規模戦闘作戦において、陸軍部隊は統合チームの一員として敵地上部隊の撃退と破壊に注力し、他のドメインの部隊の撃退に貢献する。陸軍は、あらゆる種類の地形で敵部隊に接近してこれを撃破し、成功を収め、敵の抵抗意志を打ち砕く。陸軍は、望ましい政治的結果を支える目標を達成するために、攻撃し、防衛し、安定化作業を行い、継続的に獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)。軍団と師団は、大規模戦闘を遂行するための中心的な組織である。地上戦で勝利する能力は、敵の能力と通常紛争を継続する意志を断ち切る決定的な要因である。紛争解決には、国家目標を達成するために必要な限り、陸軍部隊が統一行動パートナーと共に獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ことが必要である。

1-49. 大規模戦闘作戦の計画策定は、敵の化学・生物・放射線・核兵器使用の可能性と味方の報復対応策を考慮しなければならない。計画策定はまた、戦闘作戦によって引き起こされる有毒な産業災害についても考慮しなければならない。敵のCBRN兵器の使用と同盟国の対応は、すべてのドメインに影響を及ぼすが、陸のドメインでは不釣り合いな影響を与える。敵対者の中には、核兵器や化学兵器をドクトリンや訓練に取り入れることでその使用を計画し、戦場で使用するための運搬システムを保持しているものもいる。さらに、これらの兵器の使用は紛争を終結させるものではなく、紛争をエスカレートさせる可能性がある。部隊は、汚染された環境の中、その周辺、そしてその中で作戦できるよう準備しなければならない。これは、敵対者が大量破壊兵器を使用することを阻止するための基本である。CBRNを考慮することは、作戦上の計画策定と部隊の即応性の両方に反映されなければならない。(CBRN環境での作戦に関する教義はFM 3-11を、核環境での作戦に関する詳細はATP 3-72を参照)

諸兵科連合:COMBINED ARMS

1-50. 諸兵科連合(combined armsとは、各要素を別々に、あるいは順次使用した場合よりも大きな効果を得るために、兵器を同期して同時に使用することである(ADP 3-0)。リーダーは、能力を保護し、その効果を増大させるために、補完的かつ強化的な方法で兵器を組み合わせていく。常に変化する状況に直面するリーダーは、能力、方法、効果の新たな組み合わせを生み出し、敵に新たなジレンマを突きつける。競争、危機、武力紛争時の作戦に対する諸兵科連合(combined arms)のアプローチは、すべてのドメインとその次元から能力を活用するための基礎となる。

1-51. 補完的能力とは、あるシステムや組織の脆弱性を、別のシステムや組織の能力で補うことである。歩兵は敵歩兵や対戦車システムから戦車を守り、戦車は歩兵に機動的な防護火力を提供する。地上作戦は敵部隊を移動させ、統合火力に対して脆弱にさせることができ、統合火力は敵の予備兵力と指揮・統制を混乱させ、地上での作戦を可能にする。サイバースペースや宇宙戦、電磁戦は、敵部隊が味方の陸上基盤の火力能力の位置を探知して通信するのを防ぐことができ、陸軍火力能力は敵の地上サイバースペースノードと電磁戦プラットフォームを破壊して味方の通信を保護することができる。

1-52. 補強能力は、類似のシステムや能力を組み合わせて、特定の状況下で隊形が発揮する全体的な効果を増幅させる。例えば、市街地作戦では、歩兵、航空、機甲部隊が緊密に連携して、各兵種の防護、機動、直射能力を強化し、敵部隊に連鎖的なジレンマを引き起こす。陸軍砲兵隊は、近接航空支援、航空阻止、および海軍水上火力支援によって強化され、指揮官が利用できる砲兵の質量と範囲の両方を大幅に増加させることが可能である。敵の通信を妨害するために使用される宇宙およびサイバースペース能力は、旅団戦闘チーム(BCT)の地上ベースの妨害の取組みを強化し、敵の指揮・統制に対する破壊力を増大させることができる。軍事情報支援作戦は、敵の部隊階層の物理的孤立の効果を増幅させ、友軍の搾取に対してより脆弱にすることができる。

1-53. 陸軍部隊の組織構成、訓練、タスク編成は、効果的な諸兵科連合(combined arms)のための条件を整えるものである。作戦中、指揮官は作戦環境を評価し、優先順位を調整し、タスク編成を変更し、能力を要請して、利用可能な利点を生み出し、作戦範囲を拡大し、戦闘力を維持し、任務を達成する。

戦いのレベル:LEVELS OF WARFARE

1-54. 戦いのレベル(levels of warfare)は、国家目標、作戦的アプローチ、および戦術的任務の関係を定義し、明確にするためのフレームワークである(ADP 1-01)。様々な戦法は最終的に具体的な軍事行動として表現されるが、国家戦略、戦域戦略、作戦、戦術の4つの戦いのレベルは、図1-2に示すように戦術行動を国家目標の達成に結びつけるものである。

図1-2.戦いのレベル(Levels of warfare)

1-55. 戦いのレベル(levels of warfare)は、国の方向性を示し国家戦略を構築すること(国家戦略)、継続的な戦域作戦を行うこと(戦域戦略)、戦役と主要作戦を計画策定し実施すること(作戦)、作戦、戦闘、交戦、行動を計画策定し実施すること(戦術)、という4つの大きく重なる活動を区別することができる。指揮官の中には、複数の戦争レベルで行動する者もいる。例えば、戦闘軍指揮官(CCDR)は戦域戦略を策定し、作戦計画を立案する。陸上部門指揮官は、作戦デザインにおいて戦闘軍指揮官(CCDR)を補佐し、主要な作戦の間、野戦軍を指揮することができる。戦いのレベル(levels of warfare)はコンセプト的なものであり、有限の限界や境界線はない。しかし、それらは具体的な活動や責任に関連するものである。指揮官が、戦略目標、様々な部隊階層における軍事行動、および戦術的行動を結びつけるために必要な関係や行動を視覚化するのに役立つ。戦いのレベル(levels of warfare)の違いにより、計画策定期間、方法、成果物は大きく異なる。このような背景がなければ、戦術的な作戦は作戦の最終状態や戦略目標から切り離されたものになってしまう。戦略、戦域戦略、作戦、戦術の各レベルに関連するスキルと実践は、互いに異なり、特定の訓練と教育によって強化されるものである。

戦いの国家の戦略的レベル:National Strategic Level of Warfare

1-56. 戦いの国家戦略レベル(national strategic level of warfareとは、米国政府が、政府および統一行動パートナー間の行動を同期化し、国力の手段を用いることによって、政策目標とそれを達成する方法を策定する戦いのレベル(levels of warfare)である。国力の手段とは、国家目標を追求するために政府が利用できるすべての手段であり、外交、経済、情報、および軍事として表現される。戦いの国家戦略レベルは、世界戦略の策定と世界戦略の方向付けに重点を置いている。戦略的方向性は、国力の手段を用いるための文脈、課題、および目的を提供する。戦略的方向性の具体的内容は、急速に変化する状況により急速に進展する可能性のある、長期的、新興的、および予測的な問題や懸念に対処するものである。戦略的方向性は常に進化し、適応していくものである。

1-57. 戦いの戦域戦略レベル(theater strategic level of warfare)とは、戦闘軍指揮官が統一行動パートナーと同期し、国家戦略を支援するために、割り当てられた戦域内で政策的狙いを達成するために国力のすべての要素を用いる戦いのレベル(levels of warfare)である。戦略的指針に基づき、責任範囲を指定されたCCDRとスタッフは、戦域軍と支援司令部・機関を含む下位司令部からの情報とともに、戦略的見積もりを更新し、戦域戦略を策定する。戦域戦略は、国家戦略目標を達成するために、軍事活動と作戦を他の国力の手段と一体化し、同期させるための戦闘軍指揮官のビジョンを概説する包括的な構成要素である。戦域戦略は、予算、グローバルな戦力管理プロセス、戦略ガイダンスによって確立された制限の中で、最終目的、方法、手段に優先順位をつけるものである。戦域戦略は、戦闘指揮所戦役計画(CCP)策定の基礎となる。

戦いの作戦的レベル:Operational Level of Warfare

1-58. 戦いの作戦レベル(operational level of warfareとは、戦略目標の達成を支援するために、作戦目標を達成するための戦役と作戦を計画、実施、維持する戦いのレベル(levels of warfare)である(JP 3-0)。作戦レベルは、戦術的戦力の運用を戦略的目標の達成に結びつけるものである。

1-59. 戦いの作戦レベル(operational level of warfare)は一般に、戦闘軍とその軍種または機能構成部隊、および従属する統合任務部隊(JTF)司令部とその軍種または機能構成部隊の領域(realm)である。これには、戦闘軍の陸軍軍種構成部隊としての戦域陸軍司令部、およびARFOR(※)、統合任務部隊(JTF)司令部、または陸上部門司令部として作戦する他の部隊階層が含まれる。

※ ARFORとは、米陸軍の構成部隊で、戦闘軍(combatant command)、下位の統合部隊コマンド、統合機能コマンド、多国籍コマンドに所属するすべての米陸軍部隊の上級陸軍司令部。(FM 3-94))

このレベルの焦点は作戦術(operational art)-リスクを考慮しながら、最終目的、方法、手段を一体化して戦役や作戦をデザインすること-である。(作戦術(operational art)の詳細については、ADP 3-0を参照)。

1-60. 戦いの作戦レベル(operational level of warfare)の行動は、通常、戦術的行動よりも時間と空間の広い側面を含む。戦域軍の活動は、作戦上および戦略上の状況を形成する上でCCDRを継続的に支援する。作戦レベルの指揮官は、作戦環境の複雑さを理解し、目先の状況だけにとらわれないようにする必要がある。作戦指揮官は、将来の事態に備え、下位指揮官にとって最も有利な状況を作り出すよう努める。

1-61. 戦いの作戦レベル(operational level of warfare)では、独特のスキルを持ったリーダーが求められる。作戦レベルは基本的に戦術的行動を戦略目標に結びつけることであるため、リーダーは戦略と戦術の両方を理解しなければならない。また、すべての軍部・部局、および同盟国・パートナーの能力と作戦について、ある程度の専門知識が必要である。作戦レベルのリーダーは、大規模で複雑な作戦環境を評価でき、専門的なプランナーでなければならない。また、大規模な各用兵機能(warfighting functions)の適用と、この適用が戦術レベルでの適用とどのように異なるかを理解する必要がある。作戦術(operational art)の要素は、作戦リーダーが戦役や主要作戦を理解し、視覚化し、説明するのに役立つ。(作戦術(operational art)の要素の詳細については、ADP 3-0を参照)。

Tactical Level of Warfare:戦いの戦術的レベル

1-62. 戦いの戦術レベル(tactical level of warfareとは、軍隊が軍事目標を達成するために戦闘と交戦を計画し実行する戦いのレベル(levels of warfare)である(JP 3-0)。このレベルでの活動は、戦術-軍隊の雇用、秩序ある配置、相互の関係における指示された行動-に焦点を当てる(ADP 3-90)。作戦レベルの司令部は目標を決定し、戦術的作戦のための資源を提供する。戦術レベルの指揮官は、戦闘、交戦、小部隊の行動を含む作戦を計画し、実行する。

1-63. 戦術レベルの戦闘作戦は、戦闘または交戦のレベルまで上昇する。戦闘は関連する一連の戦闘であり、交戦よりも長く続き、より大きな戦力が関与する(ADP 3-90)。戦闘は戦役や大規模作戦の行方を左右し、通常、軍団や師団が数日から数カ月かけて実施する。交戦は戦術的な衝突であり、通常は対立する下位の部隊階層の機動部隊の間で行われる(JP 3-0)。交戦は通常、旅団階層以下で行われる。通常、交戦は数分から数時間という短い時間で行われる。

1-64. 戦いの戦略レベルと作戦レベル(strategic and operational levels of warfare)は、戦術的な作戦の背景を提供する。このような背景がなければ、戦術的作戦はバラバラで焦点の定まらない一連の行動へと変質してしまう。同様に、戦術作戦は戦略・作戦目標に情報を与え、これらの目標が現実に即していることを確認し、必要な場合は状況に応じて調整する。戦略・作戦上の成功とは、1つまたは複数の戦闘で目標を達成することが、いかに大規模な作戦や戦役に勝利することに貢献するかを示す尺度である。(戦術の詳細については、ADP 3-90を参照)。

米陸軍の戦略的文脈:ARMY STRATEGIC CONTEXTS

1-65. 統合ドクトリンでは、戦略環境を競争連続体という言葉で表現している。平和な世界か戦争状態の世界かということではなく、競争連続体は、戦略的関係の3つの大カテゴリー、すなわち協力、武力紛争下の競争、武力紛争を説明するものである。

それぞれの関係は、米国と他の戦略的アクターとの間で、特定の政策的狙いに関連していると定義される。協力、競争、そして武力紛争さえも、世界の異なる地域で同時に進行するのが普通である。このため、ある地域の戦闘軍指揮官(CCDR)と陸軍構成部隊指揮官のニーズは、他の地域の戦略的ニーズに影響される。(統合の競争の連続体(joint competition continuum)に関する詳細については、JP 3-0 を参照)。

注:本書では、「武力紛争以下の競争(competition below armed conflict)」という意味で、「競争(competition)」を使用している。

1-66. 戦闘軍(combatant commands)と戦域軍(theater armies)は競争の連続体(competition continuum)にまたがって作戦を展開するが、陸軍の戦術部隊は通常、一度に1つの戦略的関係に支配される状況の中で作戦を行う。したがって、陸軍のドクトリンは、陸軍が作戦を実施する3つの状況を通じて戦略状況を記述している。

・ 武力紛争以下の競争

・ 危機

・ 武力紛争

1-67. 陸軍の戦略的文脈は、一般に、統合戦力の連続体および統合戦役(joint campaigns)の要件に対応する。協力は一般に、敵対者や敵に対抗するために同盟国やパートナーと共に行われるため、陸軍のドクトリンはこれを競争の一部とみなしている。陸軍の教義では、競争と武力紛争の間の移行を特徴付けることが多い、地上軍が直面する固有の課題を考慮して、危機を追加している。(陸軍の戦略的文脈の図解は図 1-3を参照)。

図1-3. 陸軍の戦略的文脈と作戦的カテゴリー

武力紛争以下の競争:Competition Below Armed Conflict

1-68. 武力紛争以下の競争は、2つ以上の国家または非国家の敵対者が相容れない利益を有しているが、どちらも武力紛争を望んでいない場合に存在する。国家は、目標達成に役立つ優位性を獲得し、維持するために、国力のあらゆる手段を用いて、互いに競い合う。低レベルの致死性の部隊は、武力紛争を下回る競争の一部となり得る。敵対者はしばしば、サイバースペース能力と情報戦(information warfare)を用いて、インフラの破壊や混乱、政府プロセスの妨害、米国とその同盟国に武力による対応を起こさせないような方法で活動を行う。競争は、軍事力に武力紛争の準備をする時間を与え、同盟国やパートナーに決意と約束を保証する機会を与え、危機や紛争を防ぐために必要な条件を設定する時間と空間を提供する。冷戦時代に実施された欧州復帰演習(REFORGERとして知られる)、2014年以降のウクライナへの安全保障支援、インド太平洋地域の即応性を向上させるパシフィック・パスウェイズ活動などが競争の例である。(競争中の陸軍の戦力の詳細については、第4章を参照)。

危機:Crisis

1-69. 危機(crisisとは、米国、その国民、軍事力、または死活的な国益に対する脅威の可能性を伴う新たな事件または状況であり、急速に発展し、国家目標および/または戦略目標を達成するために軍事力と資源の投入が検討されるほど外交、経済、軍事的に重要な状態を作り出すものである(JP 3-0)。

指揮官は、あからさまな軍事行動によって危機が武力紛争へとエスカレートする可能性を考慮しなければならない。宇宙とサイバースペース能力の利用は、エスカレーションを引き起こす可能性が低い他のオプションを提供する。危機の背景は、敵対者との関係であり、自然災害や人的災害から生じる危機対応とは異なる。危機の間は、武力紛争はまだ発生していないが、差し迫ったものであるか、明確な可能性があり、抑止が失敗した場合に闘う準備をした軍隊による迅速な対応を必要とする。

注:危機は長く続くこともあるが、武力紛争への移行をほぼ同時に反映することもある。リーダーは、危機が武力紛争に移行するための追加的な時間を提供すると想定してはならない。

1-70. 陸軍部隊は統合作戦に貢献し、さらなる挑発を抑止して敵対者に侵略をやめさせ、米国とその同盟国またはパートナーにとって受け入れ可能な条件下で競争に復帰させることを目指す。陸軍部隊は、迅速な移動と一体化により、戦闘作戦で勝利するための即応性と意志を示すのに役立つ。

陸軍部隊は認可されれば、作戦の到達目標や進捗状況について情報を提供したり、知覚(perceptions)に影響を与えたりして、危機の最中に地上での効果を増幅させることができる。しかし、指揮官は、そのメッセージが現実と一致し、語りが真実で信頼できるものであることを確認しなければならない。

1-71. 陸軍部隊は、その活動や地上での存在を通じて、統合部隊が行動の自由とそれに伴う相対的優位性の地位を維持するのを支援する。陸軍は、米国の国益に反する行動のコストに関する敵のリスク計算を混乱させ、脱エスカレーションを促し、米国に有利な競争条件への復帰を促進するような方法で作戦する。抑止力が危機を終わらせることができない場合、陸軍部隊は武力紛争時の作戦のためにより良い態勢を整える。危機の例としては、1962年のキューバ・ミサイル危機、1990年のイラクのクウェート侵攻、2017~2018年の北朝鮮のミサイル・ロケット挑発、2014年と2022年のロシアのウクライナへの攻撃などがある。(危機時の陸軍戦力の詳細については、第5章を参照)。

武力紛争:Armed Conflict

1-72. 武力紛争は、国家または非国家主体が、その利益を満たすために主要な手段として致死性の部隊を行使する場合に発生する。武力紛争は、非正規戦(irregular warfare)から通常戦(conventional warfare)、およびその両方の組み合わせに及ぶことがある。武力紛争への参加と終結は、政治的な決定である。陸軍部隊は、長期化した危機の際にはある程度の事前警告とともに、また、競争の際にはほとんど警告なしに、紛争に突入することがある。陸軍がどれだけ武力紛争に突入する準備ができているかは、結局のところ、競争と危機の間になされた決定と準備に依存する。

1-73. 武力紛争が始まると、前方に配置された陸軍部隊は緊要地形(key terrain)やインフラを守りつつ、主導性を得る機会や、パートナー部隊とともにより有利な場所に再配置する機会をうかがうことができる。陸軍部隊は、統合部隊指揮官(JFC)が主導性を獲得・維持し、地上の敵部隊を撃破し、領土と住民を支配し、獲得した成果を集約・強化して(consolidate gains)、米国の利益に有利な政治的解決のための条件を確立するのを支援する。陸軍は統合部隊に陸上兵力を提供し、米国の利益に有利な永続的な政治的成果を確保するため、限定的な有事または大規模戦闘作戦を実施する。武力紛争の例としては、ベトナム戦争、砂漠の嵐作戦(OPERATION DESERT STORM)、生来の決意作戦(OPERATION INHERENT RESOLVE)がある。(武力紛争中に作戦を実施する陸軍部隊の詳細については、第6章を参照。海上環境での大規模戦闘に参加する陸軍部隊については、第7章を参照)。

獲得した成果を集約・強化する:CONSOLIDATING GAINS

1-74. 陸軍の指揮官は、競争、危機、武力紛争時に継続的に利益を確定することで、作戦の成功につなげなければならない。獲得した成果を集約・強化する(consolidate gainsとは、初期の作戦成功を持続させ、持続可能な安全保障環境の条件を整え、他の合法的な当局への支配権の移行を可能にする活動である(ADP 3-0)。獲得した成果を集約・強化する(consolidation of gains)は、競争に不可欠かつ継続的なものであり、軍事作戦のあらゆる範囲において成功を収めるために必要である。獲得した成果を集約・強化する(consolidation of gains)ことを成功させるには、戦略的条件、同盟国やパートナーの正当性、友好国と敵対者の相対的優位性、持続的政治成果の実現可能性などを現実的かつ現実的に評価することが必要である。外国の聴衆に情報を提供し、影響を与えるための作戦も、持続的な成果を達成する上で重要な役割を果たす。

1-75. 競争中、陸軍部隊は、特定の敵対者に対する相対的優位性を維持し、永続的な政治的成果を維持することを統合部隊指揮官(JFC)が求めるため、以前の紛争で獲得した成果を何年にもわたって集約・強化する(consolidate gains)ことがある。欧州、日本、大韓民国、および中東の米軍は、初期の紛争で獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ため、数十年にわたりその場に留まり続けた。また、陸軍は、多国間の相互運用性と大規模戦闘作戦への即応性を継続的に開発することで、獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)。

1-76. 武力紛争中、陸軍部隊は全体的な政策・戦略目標を達成するために、敵を細部にわたって打ち負かす一環として、作戦を通じて獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ことを意図的に計画する。早期かつ効果的な統合活動(consolidation activities)は、他の作戦が進行している間に行われる利用(exploitation)の一形態であり、最短時間で持続的な有利な結果を達成することを可能にするものである。戦術部隊が目標を固めることは、利益を固める最初のステップとなりうる。場合によっては、陸軍部隊は戦力の一体化と活動の同期化を主導し、獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)。他の状況では、陸軍部隊は同盟国やパートナーを支援する。陸軍部隊は、広大な陸地において、持続的に獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ことができる。占領地における軍事政府は、民間人を安定化させる。軍事政権は、民間の合法的な当局に移行できるほど人口が安定するまで、一時的に地域を統治することができる。このような文民当局への支配権の移行は、戦闘力に対する要求を軽減する。

1-77. 陸軍は作戦期間中、継続的に獲得した成果を集約・強化(consolidate gains)しなければならないが、大規模戦闘作戦が終了すると、利益の確定が陸軍の全体的な焦点になる。競争時代には、統合部隊指揮官(JFC)が特定の敵に対する相対的優位性を維持しようとするため、陸軍は何年にもわたって過去の紛争で獲得した成果を集約・強化する(consolidate gains)ことがある。危機に際しては、陸軍部隊は、特定の敵対者に対する相対的優位性を維持するため、どのような利益であれ、再び危機が訪れないよう統合しようとする。

作戦環境を理解する:UNDERSTANDING AN OPERATIONAL ENVIRONMENT

人間は陸に住んでいて海には住んでいないので、戦争中の国家間の大きな問題は、ごくまれな場合を除き、敵の領土と国民生活に対して自分の軍が何ができるか、あるいは、艦隊が自分の軍に何を可能にするかを恐れることによって、常に決定されてきたのである。

ジュリアン・コルベット卿

1-78. 作戦環境(operational environmentとは、能力の運用に影響を与え、指揮官の決定に影響を及ぼす条件、状況、影響の総体である(JP 3-0)。陸軍の場合、作戦環境には、陸、海、空、宇宙、サイバースペースの3つの次元(人間、物理、情報)を通じて理解できる部分が含まれる。陸、海、空、宇宙の各ドメインは、その物理的特質によって定義される。サイバースペースは人工的なネットワークであり、図1-4に示すように、他のドメインを通過し接続する。

図1-4. 作戦環境のドメインと次元

注:統合ドクトリンでは、作戦環境の構成要素を、陸、海、空、宇宙ドメインの物理的ドメイン、情報環境(サイバースペースを含む)、電磁スペクトラム、およびその他の要素として記述している(統合の観点から作戦環境を記述し、分析することについての詳細は、JP 2-0およびJP 5-0を参照)。(統合の観点からの作戦環境の記述と分析の詳細については、JP 2-0とJP 5-0を参照)。

1-79. 作戦環境モデルは、作戦遂行に影響を与える要因、特定の状況、条件の総体を説明するのに役立つ。この理解により、リーダーは問題をよりよく特定し、潜在的な結果を予測し、様々な友軍、敵部隊、敵対者、および中立国の行動の結果と、これらの行動が軍事的最終状態の達成に与える影響を理解することができる。作戦環境の説明には、指揮官と参謀が作戦遂行に情報を提供するために把握し理解する必要があるすべての要因が含まれる。

1-80. 作戦環境に関する知識は、効果的な行動の前段階である。作戦環境に関する知識を得るためには、情報を得るための積極的かつ継続的なインテリジェンス、監視、偵察、警戒作戦が必要である。複数の情報源から収集され、分析された情報は、指揮官のインテリジェンス要求に応えるインテリジェンスとなる。入手可能なすべての関連情報を用いて、作戦環境が作戦にどのような影響を及ぼすかを判断することは、どの行動方針が最も実現可能で、適切で、許容可能であるかを理解するために不可欠である。作戦を通して、指揮官と参謀は作戦環境の正確な全体像を把握するため、一体化された情報収集の取組みに頼っている。情報収集は、現在と将来の作戦を直接支援するために、センサーとアセットの計画策定と適用、および処理、利用(exploitation)、普及システムを同期させ、一体化する活動である(FM 3-55)。

1-81. 作戦環境とは、割り当てられたドメインで発生するものに影響を与える要因の総体である。これらの要因には、割り当てられたドメインの外で発生する行為者、事象、または行動が含まれる。多くの主体がどのように振る舞い、互いに影響し合うかは、見極めるのが難しい。作戦環境は2つとして同じものはなく、すべてが絶えず変化している。変化は、部分的には、対立する勢力と行為者が相互作用し、学習し、適応することによって生じる。作戦環境の複雑で動的な性質は、原因と結果の関係を判断することを困難にし、戦争と人間同士の競争の不確実な本質を助長する。このため、指揮官は参謀の支援を受けながら、作戦環境に対する最良の理解を深め、維持する必要がある。指揮官と参謀が作戦環境を理解するのに役立つツールやプロセスがいくつかある。それらは以下の通りである。

・ ドメイン

・ 次元(Dimensions)

・ 作戦・任務変数(FM 6-0に詳細)

・ 実行見積もり(ADP 5-0に記述)

・ 陸軍デザイン手法(ATP 5-0.1 に記述)

・ 軍の意思決定プロセス(ADP 5-0に記述)

・ インテリジェンス知識の構築(FM 2-0に記述)

・ 戦場のインテリジェンス準備(ATP 2-01.3 に記述)

・ 作戦環境の維持準備(FM 4-0に記述)

ドメイン:DOMAINS

1-82. 作戦環境という文脈では、ドメイン(domainとは、固有の用兵能力と技能を必要とする作戦環境の物理的に定義された部分である。各軍の部局は、主要なドメインにおける作戦の専門家としてリーダーを訓練・教育しているが、各軍は各ドメインにある程度の能力を持ち、異なるドメインからの能力をどのように一体化するかについて、共通の理解を深めている。陸上作戦では、地形や地上の操作に習熟することが必要である。サイバースペース作戦では、デジタル情報システムとコンピュータ・コードに習熟する必要がある。宇宙、航空、海上の作戦も同様に、特定の能力とスキルを必要とするが、これらは統合部隊内の別々の部局で発現する。ほとんどのドメインは特定の部局で開発された技能と一致するが、作戦中にその単一ドメインに全面的に焦点を合わせたり、そのドメインを完全に支配したりする部局はない。統合指揮官は任務の要件に基づき、責任を割り当て、任務を編成する。しかし、これらのドメインでは戦い(warfare)の条件が大きく異なるため、各軍および各軍の下位部門が開発した専門的な戦技が必要となる。陸軍のリーダーは、他のドメインで統合部隊が行っていることの技術的要素をすべて理解する必要はないが、陸上での作戦を支援するために、それらの能力や方法を要請し、採用できる補完的、補強的な方法を理解する必要がある。(収束の議論については、第3章を参照)。

陸のドメイン:Land Domain

1-83. 陸のドメイン(land domainとは、地表の高水位に位置し、沿岸の陸上部分において海のドメインと重なるドメインである(JP 3-31)。気候、地形、人口の多様性は、他のどのドメインよりも陸のドメインの作戦に大きな影響を与える。陸のドメインの最も際立った特徴は、人間の次元である。人間は海上、航空、宇宙の各ドメインを通過するが、最終的には陸上で生活し、政治的決定を下し、紛争解決を目指す。

1-84. 陸上での戦闘は、地形がすべての各用兵機能(warfighting functions)と戦闘力の適用に影響を与えるため、その本質は独特である。例えば、地形は部隊に発見を回避し、生存率を高める機会を与える。また、敵部隊にも同じような機会を与える。技術は能力の幅を広げるが、複雑な地形は敵部隊を近距離で闘わせる。陸上戦闘員は、あらゆる種類の地形と潜在的に核、生物、化学的劣化環境を含む多種多様な作戦環境において、日常的に互いに多数の敵を対面させている。他の手段で敵部隊を追い出すことができない場合、陸軍部隊は接近戦によって敵部隊を破壊または捕獲する。近接戦闘(Close combatとは、陸上で直接火器と間接火器およびその他のアセットの支援を受けながら行う戦い(warfare)である(ADP 3-0)。戦闘や交戦の結果は、陸軍が敵部隊に接近し、近接戦闘で勝利する能力に左右される(1-85)。陸のドメインの能力は、地形を利用または変更し、あらゆる天候の下で活動し、住民の間で活動することができる。陸上能力は作戦範囲を拡大し、統合作戦を可能にする選択肢を提供する。長距離砲は、状況によっては航空・海上火力よりも生存性の高い火力能力を統合部隊に提供する。陸上電磁波能力は、敵の通信や指揮・統制システムを妨害することができる。陸上を基盤とする防空・ミサイル防衛(AMD)能力は、宇宙とサイバースペースの能力によって可能となり、陸軍と統合部隊を保護する。

1-86. 他の4つのドメインは、何らかの形で陸地に依存している。飛行場、港、サーバー、地上統制ステーション、陸上レーダーは、他のドメインの作戦を支援したり、可能にしたりする。ほとんどのサイバースペース能力と、それを動かすすべての電力は、陸上ネットワークに依存している。航空、宇宙、そしてほとんどの海上プラットフォームに供給されるエネルギーは、陸地にある場所から供給されている。

1-87. 陸上での作戦は、他のドメインからの能力に依存している。航空支援、海上支援、サイバースペース・ネットワーク、そして陸上以外のインテリジェンス・監視・偵察(ISR)と火力の例が、陸上での作戦を可能にする。(陸上作戦に関する情報は、JP 3-31 を参照。)

海のドメイン:Maritime Domain

1-88. 海のドメイン(maritime domainとは、大洋、海、湾、河口、島、沿岸地域、およびこれらの上空の空域であり、沿岸域を含む(JP 3-32)。沿岸域の海側の区分では、陸のドメインと重なる。海上戦力は、グローバル戦力、地域戦力、領土戦力、沿岸戦力、自衛戦力としてとらえることができる。自国の海岸から遠く離れた場所で持続的に活動できる海軍は、ごくわずかである。しかし、海軍がグローバルな戦力投射を行えるかどうかにかかわらず、ほとんどの海洋国家は、隣接する海のドメインで作戦を実施できる空軍を保持している。この航空戦力は、陸上での長距離火力とあいまって、海上での作戦に大きな影響を与える。

1-89. 海軍とそのパートナーは、統合部隊に独自の相対的優位性をもたらすために、5つの機能を諸兵科連合(combined arms)アプローチで採用している。これらの機能は、抑止力、作戦アクセス、制海権、戦力投射、海上安全保障である。

1-90. 海上部隊は、戦略的な火力能力を全世界に移動させ、戦略的能力を海面下に隠蔽し、人員と装備を膨大な距離にわたって輸送し、海上作戦を長期間にわたって維持することができる。海上部隊は、統合部隊に依存し、統合部隊の支援を必要とする。

・ 敵の妨害から海上輸送能力を保護する。

・ 港湾を保護する。

・ 地理的要衝を確保する。

・ 人口に影響を与える。

・ 海上移動に伴う長い時間的制約を緩和する。

・ 利用可能な海上プラットフォームが限られていることを補う。

・ 紛争時に失われた艦船の代替が不可能であることを緩和する。

1-91. 陸軍部隊は、展開と後方支援のために海上能力に依存している。さらに、海上火力と防空・ミサイル防衛(AMD)は陸上システムを補完・補強する。陸軍は海上部隊を制海権で支援し、陸上に戦力を投射して脅威を無力化したり、沿岸部の陸上地形を制御したりする。陸軍の長距離火力、攻撃航空、防空・ミサイル防衛(AMD)、およびサイバースペース能力は、局地および地域の海上制圧に貢献する。

1-92. 陸軍の水上艦は、戦域内作戦において、機動部隊を移動させ、海上環境での作戦を維持する能力を提供する。陸軍の水上艦システムは、統合および複合の海上艇庫と陸上統合兵站(JLOTS)を支援する。状況によっては、陸軍の水上艦艇は、成熟した港や道路網が利用できない浅い沿岸水域や河川、狭い内陸水路へのアクセスを提供することにより、敵の接近阻止(A2)または領域拒否(AD)アプローチを軽減することができる。(統合海上作戦に関する情報については JP 3-32を参照)

空のドメイン:Air Domain

1-93. 空のドメイン(air domainとは、地表から作戦への影響が無視できる高度まで広がる大気のことである(JP 3-30)。空域で活動する航空機、ロケット、ミサイル、極超音速滑空機の速度、航続距離、積載量は、陸海空の作戦に直接的かつ多大な影響を与える。同様に、防空・ミサイル防衛(AMD)、電磁波戦(electromagnetic warfare)、指向性エネルギー、サイバースペース能力の進歩により、空中での機動の自由(freedom of maneuver)がますます争われるようになっている。

1-94. 航空の統制と陸上の統制は、戦役や作戦を成功させるために、しばしば相互依存的な要件となる。航空の統制は、戦略的に価値のある目標を遠距離から攻撃する場合に大きな利点をもたらす。

しかし、安全な飛行場を運用し、航空作戦を可能にするその他の緊要地形(key terrain)を保護するためには、陸上の支配が必要である。航空の統制の程度は、統制なし、同等、局所的航空優勢、航空優勢と、地理的にも時間的にも変化するが、すべて状況と統合部隊指揮官(JFC)が承認した作戦コンセプトによって決まる。

1-95. 陸軍は、インテリジェンス・監視・偵察(ISR)、戦略攻撃、近接航空支援、阻止、人員の回復、通信、後方支援、移動性において、空軍および他の統合・多国籍航空戦力に依存している。航空プラットフォームは地形に邪魔されないが、探知と阻止には弱い。航空プラットフォームの有効性は、気象条件によって左右されることがある。航空偵察と監視は、植生や地形に隠された敵の能力を常に検出することはできない。航空プラットフォームが実施できる出撃回数は、飛行場の統制と目標への近接性に依存する。

1-96. 陸軍航空は、陸上指揮官と統合部隊に陸上に焦点を当てた航空能力を提供する。統合部隊指揮官と陸上構成部隊指揮官は、陸軍部隊が空域で妨げられることなく作戦できるように、必要に応じて他の軍の航空能力と連携した統制策を確立する。陸軍航空(固定翼機、回転翼機、無人機を含む)は、陸軍、統合部隊、多国籍部隊に偵察・監視、火力、インテリジェンス、通信、移動の能力を提供する。陸軍の回転翼航空機は、地形を利用して敵の探知から保護する。陸軍はまた、警戒作戦、ターゲッティング、精密火力、情報収集を支援する空中からのインテリジェンス・監視・偵察(ISR)能力も有している。陸軍の陸上防空・ミサイル防衛(AMD)能力は、敵の空爆やミサイル攻撃から身を守ることができる。(統合航空作戦の詳細についてはJP 3 30を参照)

宇宙のドメイン:Space Domain

1-97. 宇宙ドメイン(space domainは、空中の物体に対する大気の影響が無視できるようになる高度より上のドメインである。空、陸、海のドメインと同様に、宇宙も軍事、民事、商業活動が行われる物理的なドメインである。米国宇宙軍(USPACECOM)は、平均海抜100キロメートル(54海里)以上の高度で地球を取り囲むドメインを担当する。宇宙司令部(USPACECOM)は、全世界の宇宙活動、活動、任務の計画策定と実行を担当する。

1-98. 高度な宇宙技術の拡散により、宇宙で利用可能な技術に世界中の人々がアクセスすることができる。敵対者の中には独自の宇宙能力を持つものもあるが、商業的に利用可能なシステムは、軍事的な応用が可能なあるレベルの宇宙対応能力へのほぼ全世界のアクセスを可能にしている。

1-99. 宇宙能力は、情報収集、早期警戒、目標捕捉、電磁波戦(electromagnetic warfare)、環境監視、衛星ベースの通信、地上部隊の位置・航法・タイミング情報を提供する。宇宙ドメインでの活動は、他のすべてのドメインでの活動の自由を可能にし、他のドメインでの活動は、宇宙ドメインで、また宇宙ドメインを通じて効果を生み出すことができる。

1-100. 陸軍は、各用兵機能(warfighting function)を実現し、作戦を効果的に実施するために宇宙を利用した能力に依存している。指揮官と参謀は、宇宙能力とその効果を理解し、関係機関や組織間の活動を調整する能力が必要である。指揮官は、米軍がデータ通信を含む宇宙基地の能力を無制限に利用できると想定することはできない。したがって、陸軍は宇宙空間が拒否され、劣化し、混乱した状況下で活動できるように準備しなければならない。(陸軍の宇宙作戦に関する教義はFM 3-14を参照)。

サイバースペース・ドメイン:Cyberspace Domain

1-101. 陸軍にとって、サイバースペース・ドメイン(cyberspace domainとは、インターネット、通信ネットワーク、コンピュータ・システム、組み込みプロセッサとコントローラ、および電磁スペクトラムの関連部分を含む情報技術インフラストラクチャと常駐データの相互依存ネットワークである。サイバースペースは、あらゆるドメインに浸透するノードを結ぶ有線および無線リンクの広範かつ複雑なグローバル・ネットワークである。サイバースペース・ネットワークは、地理的、政治的な境界を越えて、世界中の個人、組織、システムをつないでいる。サイバースペースは、個人、グループ、組織、および国家間の相互作用を可能にする。友好国、敵国、敵対者、ホスト国のネットワーク、通信システム、コンピュータ、携帯電話システム、ソーシャル・メディア、技術インフラはすべてサイバースペースの一部である。サイバースペースは混雑し、争いが絶えないが、作戦を成功させるためには重要である。

1-102. サイバースペースは、陸、海、空、および宇宙の各ドメインに依存している。サイバースペース作戦は、これらのドメインにあるリンクとノードを使用し、最初にサイバースペースで、次に必要に応じて他のドメインで、アクセスを獲得し効果を生み出すための機能を実行する。事実上、すべての宇宙活動はサイバースペースに依存しており、サイバースペースの帯域幅の重要な部分は宇宙活動を通じてのみ提供することが可能である。これらの相互関係は、計画策定時に重要な考慮事項である。

1-103. 陸軍は、陸軍および統合作戦の一部として、サイバースペース作戦と支援活動を行う。サイバースペースはグローバルな通信とデータ共有の媒体であるため、本質的に統合、組織間、多国間、そしてしばしば共有資源であり、信号とインテリジェンス組織が重要な権益を保持している。

1-104. 指揮官は、サイバースペースと電磁波戦(electromagnetic warfare)能力を使用して、偵察と感知活動を通じて、状況認識と敵の理解を得ることができる。これらの偵察・探知活動は、指揮官が他の形態の情報収集やインテリジェンス・プロセスから得る理解を補強・強化するものである。サイバースペースと電磁波戦(electromagnetic warfare)の能力は、意思決定を可能にし、友軍の情報を保護する。これらは、聴衆に情報を提供し影響を与えるための重要な手段である。

1-105. 指揮官は脆弱性を評価するために、味方の電磁シグネチャの状況把握を行う。敵対者や敵による妨害や利用(exploitation)から味方の情報システムや信号を保護することで、指揮官は指揮・統制(C2)を確保し、作戦の安全を維持することができる。逆に、指揮官はサイバースペースと電磁波戦(electromagnetic warfare)能力を用いて、敵のセンサー、通信、またはデータ処理を妨害することにより、敵の意思決定過程を遅らせたり、劣化させたりすることができる。情報的優位性を達成するために、指揮官はサイバースペース作戦と電磁波戦(electromagnetic warfare)活動を全体の作戦計画に一体化することを早期に計画しなければならない(サイバースペースの詳細はFM3-12を参照)。(サイバースペースの詳細についてはFM 3-12を参照)。

次元:DIMENSIONS

1-106. 各ドメインの物理的、情報的、人間的側面を理解することは、指揮官や参謀が作戦の影響を評価し予測するのに役立つ。作戦は、戦争が敵部隊(人間の次元)の意思決定と行動を(情報の次元)強制するための(物理的次元の)武力行為であるという現実を反映したものである。ある次元での行動は、他の次元の要因に影響を与える。この相互関係を理解することで、ある次元でどのように優位性を生み出し、活用し、他の次元で望ましくない結果を招くことなく目標を達成するかという意思決定が可能になる。

物理的次元:Physical Dimension

1-107. 物理的次元(physical dimensionとは、作戦環境内の自然および製造された物質的な特性および能力のことである。戦争は人間の努力であるが、物質的な環境の中で発生し、物理的なものを使って行われる。各ドメインは本質的に物理的である。地形、天候、軍事隊形、電磁波、兵器システムとその範囲、および軍隊を支援または維持する多くのものは、物理的次元の一部である。物理的次元での活動や条件は、人間や情報の次元に影響を与える。

1-108. 電磁波スペクトラムは、すべてのドメインを横断する物質特性の一つである。これは、ゼロから無限大までの電磁放射の周波数の範囲からなり、アルファベットで指定された26のバンドに分割される。電磁スペクトラムは、陸上、海上、および航空ドメインにおいて、これらのドメインの能力が電磁スペクトラム対応の通信および兵器システムに依存するため、関連性がある。電磁波スペクトラムは、電磁シグネチャで識別できる敵部隊を探知する能力において重要な役割を果たす。逆に、友軍は敵の監視や偵察の取組みを低下させるために、電磁シグネチャをマスクする取組みをしなければならない。

1-109. 物理的優位性とは、ある部隊が量的能力、質的能力、または地理的位置の組み合わせの点で、主導性を握っている場合に生じる。物理的優位性は戦術部隊にとって最も身近なものであり、通常、ほとんどの戦術作戦の当面の目標である。敵部隊を発見し、敵部隊を撃破し、陸地を占領するには、通常、緊要地形(key terrain)の占領、敵部隊の物理的孤立、敵部隊の破壊など、複数の物理的優位性を作り出し利用することが必要である。このような物理的優位性が戦術的な作戦を支配する一方で、リーダーは物理的優位性が人的・情報的優位性を補完し、補完されることを理解している。

1-110. 物理的優位性の例としては、有利な地理、優れた装備、資源の量、有利な戦闘力比がある。優れた装備と有利な地理的条件は、主導性を握るための選択肢を提供する。優れた戦闘力により、友軍は敵部隊と有利な条件で交戦することができる。物理的優位性の利用(exploitation of physical advantages)は、敵部隊の戦闘能力を低下させ、情報的・人的優位性を生み出す。物理的優位性は、敵部隊の戦意、民衆の支持、敵のリスク計算に影響を与えるメッセージを暗黙のうちに伝達する。

情報の次元:Information Dimension

1-111. 情報次元(information dimensionは、個人、グループ、情報システムがコミュニケーションに使用するコンテンツ、データ、プロセスである。情報システムには、情報を交換するために使用される技術的なプロセスと分析が含まれる。情報次元には、テキストや画像など、情報そのものが含まれる。また、情報の流れや通信経路も含まれる。情報交換は、電磁波の伝送、印刷、または音声の形態で行われることがある。情報次元は、人間と物理的な世界をつなぐ。

1-112. 情報は、サイバースペースを介した電磁波の伝達、駆逐艦が収集したレーダー・データ、航空機から投下したビラ、ソーシャル・メディア上のメッセージ、書籍、宇宙で収集し送信した衛星写真など、何らかの形ですべてのドメインを通過している。情報は、それが真であれ偽であれ、あるいはその中間であれ、友好的、敵対的、敵対的、中立的な行為者によって、個人と集団の知覚(perceptions)、意思決定、行動に影響を与えるために使われる。情報の効果的な使用は、対象者、メッセージ、および伝達方法によって異なる。

1-113. 情報はほぼリアルタイムでグローバルに入手可能である。いつでも、どこからでも情報にアクセスできることで、個人対個人、個人対組織、個人対政府、政府対政府など、人と人との交流が広がり、加速される。ソーシャル・メディアは、アイデアや大義名分が完全に理解される前に、その周りに人々や資源を迅速に動員することを可能にする。偽情報は悪意のあるナラティブ(narratives)を作り出し、迅速に拡散させ、無関心から暴力に至るまで、さまざまな感情や行動を集団に植え付けることが可能である。軍事的な観点からは、情報は意思決定、リーダーシップ、戦闘力を可能にする。また、主導性を握り、維持し、活用し、利益を強固にするために必要な戦闘力の重要な要素である。

1-114. 情報的優位性とは、友軍が作戦環境の情報的配慮を理解し利用することで、脅威が同じことを行う能力を否定しながら情報目標を達成するときに得られる作戦上の利益である。陸軍は作戦環境の人的・物的側面を利用して、情報的優位性を得る。情報的優位性のほとんどのタイプは、陸軍が行う作戦に内在する物理的・人的要因または活動から生じる。より良い情報を所有し、その情報をより効果的に使用して理解し、意思決定する側が情報的優位性となる。敵が同じことをするのを防ぎながら、効果的に情報を伝達し、保護する部隊が優位性に立つ。情報を使って相手を欺いたり混乱させたりする勢力は有利である。情報を利用して、敵対者や敵よりも効果的に関連行為者の行動に影響を与えることも、情報の優位性である。

人間の次元:Human Dimension

1-115. 人間の次元(human dimension)とは、人間、および個人と集団の相互作用、すなわち情報や出来事をどのように理解し、意思決定を行い、意志を生み出し、作戦環境内で行動するかということを包含している。行動と戦闘の意志は、文化、感情、行動の複雑な相互関係から生まれる。これらの要素に影響を与え、態度、信念、動機、知覚(perceptions)に影響を与えることが、軍事目標の達成の基礎となる。

1-116. 指揮官と参謀は関連する行為者を特定し、その行動を予測する。行為者とは、個人、グループ、ネットワーク、及び集団である。関連行為者とは、その行動によって、戦役、作戦、または戦術的行動に実質的な影響を与える可能性のある行為者である。この理解から、指揮官は物理的、情報的手段により、関係者の行動、意思決定、意志に影響を与える方法を開発する。

1-117. 人的優位性は、部隊が訓練、士気、知覚(perception)、意志の面で主導性を握っているときに生じる。人的優位性は、味方の士気と意志を高め、敵の士気と意志を低下させ、民衆の支持に影響を与える。人的優位性の例としては、リーダーや兵士の能力、部隊の士気、部隊の健康や体力がある。また、活動地域の住民と文化的に親和性のある部隊も、人間的優位性の一形態である。陸軍の場合、指揮・統制(C2)に対する任務指揮のアプローチは、友軍の意思決定サイクルを向上させる重要な人的優位性である。(任務指揮の詳細については、ADP 6-0を参照)

作戦変数と任務変数:OPERATIONAL AND MISSION VARIABLES

1-118. 作戦変数と任務変数は、指揮官と参謀が作戦環境のドメインと次元についての理解を深めるのを助けるツールである。指揮官と参謀は、相互に関連する8つの作戦変数、すなわち政治、軍事、経済、社会、情報、インフラ、物理環境、時間(PMESII-PT)の観点から作戦環境を分析し、記述する。作戦変数は、陸のドメインと、他のドメインの情報、関係者、能力との相互関係をリーダーが理解するのに役立つ。

1-119. 指揮官は、作戦変数によって分類された情報を、与えられた任務との関連で分析する。作戦変数と組み合わせて、状況の理解を深め、作戦を可視化し、記述し、指示するために、作戦変数を使用する。任務変数は、任務、敵、地形と天候、使用可能な兵力と支援、使用可能な時間、市民への配慮であり、それぞれが情報的な配慮を必要とする。任務変数はMETT-TC (I)として表される。(作戦変数と任務変数の詳細についてはFM 5-0を参照)情報的考慮事項(Informational considerationsとは、人間や自動化システムがどのように情報から意味を得て、使用し、行動し、影響を受けるかに影響を与える人間、情報、物理的次元の側面である(情報的配慮の詳細についてはFM 5-0を参照)。(情報的配慮の詳細についてはFM5-0を参照)。

注:METT-TC (I)は、リーダーが状況を分析し理解するために、部隊の任務との関係で使用する任務変数を表している。最初の6つの変数は新しいものではない。しかし、情報の普及と、さまざまな軍事的状況におけるその適用性から、リーダーは作戦中にそのさまざまな側面を継続的に評価することが求められる。このため、METT-TCのニーモニック(※)に「I」が追加された。情報への配慮は、独立した配慮ではなく、METT-TCの各変数の重要な構成要素であり、リーダーが状況理解を深める際に理解しなければならないため、親文字の変数として表現している。

※ ニモニック(mnemonic)とは、記憶を助けるものの意味