米国、イランのソレイマニ将軍を暗殺

0

掲載:2020年1月3日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Derek Bisaccio FI社アナリスト
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

U.S. Assassinates Iranian General Soleimani                     January 3, 2020  by Derek Bisaccio
米国、イランのソレイマニ将軍を暗殺  

IRGC Quds Force commander Qassem Soleimani (L) receives Zolfaghar Order from Supreme Leader Ali Khamenei (R) in March 2019. – Ali Khamanei/Wikimedia Commons
イスラム革命防衛隊ゴドス軍のカセム・ソレイマニ(L)司令官は、2019年3月に最高指導者アリ・ハメネイ師(R)からゾルファガル勲章を授与される。– Ali Khamanei / Wikimedia Common

イラクでの数日間の緊張の後、1月2日に米国はバグダッド国際空港近くの車両に精密空爆を実行し、イランのイスラム革命警備隊(IRGC)の特殊作戦部隊の司令官、カッセム・ソレイマニと同様にアブ・マディアルムハンディスを含むイラク民兵グループのトップメンバー数名が死亡した。
特に、ソレイマニの暗殺は、中東全域で米国とイランとの間で長年続いてきた戦いの主要な進展であり、彼の死は、両者の対立のエスカレーションを示している。

ソレイマニの殺害につながる一連の出来事は12月下旬に始まった。

ロケット攻撃により、キルク-クの近くの基地が攻撃され、アメリカの民間業者が死亡した。イラクの軍隊と同様に、米軍人もその攻撃で負傷した。
これに呼応して、米国はこの攻撃の容疑者であるカターイブ・ヒズボラとして知られるイラクの民兵に対してイラクとシリアの両方で報復的な空爆を実行した。
これらの攻撃によりグループの20人以上のメンバーを殺害し、その結果、カターイブ・ヒズボラの支持者を含む多くのイラク人が外交団を襲撃しようとバグダッドのアメリカ大使館の外で暴動を引き起こした。

彼らは民兵隊の司令官から撤退するよう命じられる前に、大晦日にキャンプをして夜を過ごした。
暴動に続き、マーク・エスパー国防長官は、次の攻撃の兆候があれば、アメリカも「アメリカ軍を守り、アメリカ人の命を守るために先制行動をとるだろう。」と警告した。
ドナルドトランプ米大統領は、イランはいかなる被害に対しても「完全に責任を負う」と不気味にTwitterで書いており、その国は「非常に大きな対価を支払う」(大統領の言葉強調する)と述べた。

ソレイマニの暗殺はすぐにイランから非難を引き起こした。

ニュースが発表された後、最高指導者のアヤトラ・アリ・ハメネイ師は、米国のッソレマイニ将軍の殺害に対して「厳しい復讐が待っている」と述べた。イラン陸軍を指揮するアブドルライム・ムサヴィ少将は、ソレイマニ将軍の死は「このままでは済まさない。」と語っている。
商品市場はエスカレーションに対する懸念を示し、空爆の直後に原油価格が4%上昇した。

イランの対応は確かであるが、報復がどのような形をとるかは明らかではない。

イランの在来の軍隊は、基本的に同列で米軍に対抗するポジションにない。-軍隊の構造の多くは、数十年前に調達した装備か、しばしば古いハードウェアを組み合わせたアドホックなローカルソリューションのいずれかで構成されている。また、イランはこの地域にでのアメリカの利益へのダメージを与える可能性があるが、直接的な戦闘では攻勢に出ることは出来ない。しかし、イランの抑止力は常にイスラム革命防衛隊に集中している。そして、特に2つの部隊:ロケット軍及び同盟又は、同調する民兵のネットワークに。

イランは、在来兵器の分野で地域のライバルと競争しようとするのではなく、ミサイルの開発を優先し、精度をある程度維持しながら、その範囲をイスラエルまで攻撃するのに十分なレベルにすることに集中した。
2017年、イランはテヘランでのテロ攻撃の後、シリアのディール・エズ・ゾールでイスラム国の陣地を攻撃し、攻撃に応じてミサイル兵器を使用できることを実証した。
とりわけ何発かのミサイルが途中で墜落したと言われているので、これらの攻撃の結果は明らかになっていないが、イランのライバルへのメッセージは明確であった。:攻撃ミサイルを運用するイスラム革命防衛隊は、敵を駆逐するのにミサイルが使用でき、使用するつもりだろう。

2年後の2019年9月、サウジアラビアの石油施設に対する明白なイランのミサイルおよびドローン攻撃により、サウジアラビアの石油生産の半分が一時的に生産出来なくなり、その脅威を際立たせた。
さらに、イランは民兵の形で同盟国の地域ネットワークを維持している。

イスラム共和国の存続中、この国は孤立しており、多くの国境で敵対する軍に囲まれ、イランは自国の抑止力を向上させることが出来る近隣諸国への同調する民兵の設立に集中していた。
レバノンのヒズボラは、これらの努力の中で最も成功したものであるが、イランはまた、イラク民兵の傘下グループである民衆動員部隊を構成する多くの民兵がイランによって直接支援されおり、イラクでも成功を収めている。

イランはまた、数年前に首都サヌアを占領したイエメンの反乱グループであるアンサー・アッラーと友好関係を結んでいるが、イランから民兵への武器の移転やその他の支援以外の関係の正確な性質については話し合われているところである。
イランが頼みにしていたのは、ソレイマニ将軍の指導の下でイスラム革命防衛隊によって維持されている友好的な民兵のネットワークである。

しかし、イランは対応の目標とそれを達成するための手段を選ぶことに慎重になるだろう。
サウジ石油インフラへの攻撃に先立ち、イランの当局者は、アメリカの即座の激しい反応を恐れて、アメリカの利益に対する攻撃を特に除外したと言われている。

イランにとって、そのリスクは未だに残っている。

特に、ソレイマニ将軍と同じくらい強力な男を暗殺する際に、トランプ大統領は彼がイランとの対立姿勢を極めて真剣に取っていることを示した。
米国は、タンカーの一連の妨害行為とアメリカの無人機の撃墜の中、昨年を通じて追加の軍隊を中東に移動させた。
トランプ大統領は、無人機の撃墜後、米国は対応のために「照準され、武器を装填した」と述べたが、アメリカ人が殺されなかったという事実のために爆撃を中止した。
アメリカの契約業者の死と大使館の襲撃により、彼は現在、レッド・ラインとして明確になるものに基づいて行動しているようである。

イランの民兵との関係は堅固である。彼らは深い絆に基づいているので、ソレイマニの死でそれが失われることはない。-ソレイマニの殺害は、ソレイマニが長い間関わってきたある種の秘密の攻撃を計画するという点で、当面のイランの形勢の後退である。

ソレイマニに加えて、他の主要メンバーも殺害されたと言われる。
イスラム革命防衛隊のゴドス軍は、ソレイマニの副司令官のエスマエルカーアニ准将を選出し、ソレイマニの後任として任命した。
トップの斬首にもかかわらず、この地域一体のイランが支援する民兵は依然として強力な脅威であり、特にヒズボラはイランの武器供給の歴史の恩恵による広大なロケット兵器庫を有している。

イランの取り得る対応にはいくつかの道筋がある。

最も明白な可能性は、イラク内部でのさらなるエスカレーションであり、イランが支援する民兵は、アメリカ人の収容施設に対する執拗な攻撃をするのに適している。
米国はイラクでのプレゼンスを強化し、イランがその国内でどのような行動をとるかについての懸念を踏まえて国を去るように国民に呼びかけた。
しかし、イランが対応する可能性のある他の場所がある。
イランは2019年を通じて、一部の石油タンカーを押収してホルムズ海峡を通して商取引を混乱させる可能性があることを示した。
他の国々は、米国がイランの行動であると主張している事に関して不思議な妨害行為を受けた。
ペルシャ湾と隣接する水路は、このようにイランの報復の可能性のある場所である。

レバノンでは、ヒズボラはイスラエルに対するアクションを起こすことが出来た。-イランと民兵の当局者は、ソレイマニに対するアメリカの攻撃の非難にイスラエルを明白に含むとした。-そして、隣のシリアでは、イランは同調する民兵に北東のアメリカ軍の陣地に対して行動に仕掛けさせた。親アサド政府軍によるそれまでの努力によって、彼らにとって不十分に終わったが。ヒズボラは、単なる収入源ではなく、テロ攻撃などの攻撃的な行動のために部隊編制される可能性のある国際的なネットワークを維持している。

そして最後に、物理的な報復ではないが、イランは米国とその利益に対するより大きなサイバー活動に従事することができる。

激化する争いで事実上無力なのは、イラク政府である。
アデル・アブドゥル・マフディ首相は、イラクの主権に違反していると言って、そのグループの数十人のメンバーを殺したカタイブ・ヒズボラに対する報復攻撃を非難した。
カタイブ・ヒズボラが属する傘下のグループである民衆動員部隊は、実際にはイランに支援された民兵の多くが政府から効果的な自治権を行使したとしても、技術的にはイラク政府の権限下にある。
アブドゥル・マフディ首相はさらに、ソレイマニの殺害を非難したが、特にイラクで「公式の地位を保持している」として、アル・ムハンディスの暗殺も又非難した。
アブドゥル・マフディはこれらの攻撃を「イラクへの侵略」と呼び、スパイラルな状況は「イラク、地域、そして世界の破壊的な戦争の導火線に火をつけるだろう」と警告した。

過去1週間、米国は、特に大使館の暴動の中で、民兵を制圧できなかったことでイラクを厳しく批判してきた。

しかし、これらの同じ民兵の一部が、政府が防ぐことが出来なかった昨年イラクで起こった非武装の反政府デモ隊の大量殺害に関与していたと言われているので、この問題に対する不作為はそれほど驚くことでは無かった。
イラン政府は、イランが支援する民兵が政府の権威に確かに挑戦し、政府が取り締まりを実施する場合、首都やその他の場所の安定を脅かす治安部隊に対して暴力的なキャンペーンを実施する場合に拘束力がある。

米国とイランの間のエスカレートする危機に対する恐怖に加えて、ソレイマニの暗殺から2つの重要な教訓がある。

1つは、少なくともイラクで実施されている対イスラム国作戦は膠着状態に置かれる可能性が高いということである。

グループはその領土支配から追放されたが、いまだに様々な地下の支部でイラク内にある程度の存在を維持している。まだイラク情勢の混乱を利用することはできていないが、その可能性は十分に深刻であり、米国は今日まで対イスラム国作戦を継続してきている。
現在、アメリカ軍はイランに支援された民兵の標的になっているため、これらははるかに困難になるのである。
イスラム国との戦争中、不安な戻り止めとして機能していたが、今では粉々になっている。

もう1つのポイントは、米国とイランが後者の核協定をめぐる新しい合意の見通しが非常に暗いことである。

核協定はすでに生命維持の状態にあった。
米国は2018年5月に撤退し、2019年半ば以降、イランは合意の最後の線のコンプライアンスを着実に低下させてきた。
交渉を再燃させるバックチャネルの努力は、おそらく今は死に瀕している。
この段階で双方が直接交渉をどのように行うことができるかを見るのは難しい。

ソレイマニの暗殺は、おそらくトランプ大統領政権の最も重要な決定の1つである。
それが導くのは未解決の問題であるが、それは彼の中東政策の遺産の決定的に注目すべきモノであることを示している。(黒豆芝)