米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈- Maneuverist #1

1+

Miltermに6月に掲載した「米海兵隊のドクトリンを読む② MDCP 1 Warfighting」は、1989年に「FMFM1Warfighting」をドクトリンとして定めて途中「MCDP1 Warfighting」へと若干の表現の修正はあるものの、その根底を流れるコンセプトそのものは30年以上を経過して今なお改訂されていない。

一方で、この30年の間に軍事を取り巻く環境は大きく変化を遂げているのも事実である。その変化を生み出している原動力となっているものは科学・技術の目覚ましい進展であり、特に情報・通信技術(ICT)がもたらしているパラダイムシフトは戦いの性格(character of warfare)をも変えてしまったといわれる。

米海兵隊内では「Warfighting」ドクトリンは、本当にこのままでよいのだろうかという疑念がないわけではないでろう。

「FMFM1Warfighting」ドクトリン制定までの経緯については、防衛研究所の新福祐一氏が戦史研究年報 第22号(2019年3月) 「アメリカ陸軍のエアランド・バトルと機略戦」で触れている。機略戦とはManeuver Warfareの新福氏の訳語である。新福氏は、フィデェレオン・ダミアン(Fideleon Damian)の「THE ROAD TO FMFM 1: THE UNITED STATES MARINE CORPS AND MANEUVER WARFARE DOCTRINE, 1979-1989」に基づいて、米海兵隊が機略戦(機動戦)を受け入れるようになったのは「①海兵隊協会の機関誌『海兵隊ガゼット(Marine Corps Gazette)』が機略戦に関する論文を多く取り上げ、誌上の活発な論議が繰り広げられた結果、将校内に機略戦理論に認知度が高まったこと、②海兵隊内の機略戦支持であるマイケル・ワイリー(Michael D. Wyly)中佐がボイドを招いて海兵隊水陸両用戦学校で機略戦理論を積極的に取り入れたこと、および③高級将校のリーダーシップ、特に海兵隊司令官アルフレッド・グレイ(Alfred M. Gray)が海兵第2 師団長時のときより機略戦の教育を積極的に取り入れたこと」の3点であるとしている。

ここで紹介するのは、フィデェレオン・ダミアンの論文に見られるように海兵隊員が肯定的にとらえているような機動戦の概念を取り入れた「Warfighting」が生まれた背景や経緯への疑問と、皆が感じているような戦いの性格(character of warfare)の変化に応じたドクトリンの検討をすべき時期にあるのではないかとの思いから、再び議論を巻き起こそうという意図のもとに書かれた米海兵隊「ガゼット」の論文である。表題にあるとおり、米海兵隊の機動戦のコンセプトが生まれた歴史的文脈を概観するに相応しい論文であろう。米海兵隊に関心のある方は、前にも紹介したが、2020年2月に出版された「いかにアメリカ海兵隊は最強となったのか – 「軍の頭脳」の誕生とその改革者たち –」 は、米海兵隊の誕生と現在までの道のりを知るうえで大変参考になる大作であり、一読をお勧めする。(軍治)

米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-Marine Corps Maneuver Warfare‐The historical context

by Marinus

Marine Corps Gazette • August 2020

機動戦のドクトリンは、30年以上にわたって海兵隊に貢献してきた。

(写真:シーダー バーンズ上等兵)

この記事は、機動戦主義者論文(Maneuverist Papers)と呼ばれるシリーズの最初の記事で、海兵隊での機動戦のドクトリンについて論じている。第29代米海兵隊総司令官アルフレッド・M・グレイ米海兵隊大将のリーダーシップの下、米海兵隊は最初に1989年の艦隊海兵部隊マニュアル1(FMFM 1)の出版である軍種ドクトリンとして機動戦を成文化したが、根底にあるコンセプトを生み出す重要な知的努力は10年以上も前に始まっていた。1997年、第31代米海兵隊総司令官チャールズC.クルラック米海兵隊大将はMCDP 1としての用兵(Warfighting)の改訂を監督した。MCDP1はオリジナルなものから厳選した考えを元に明確化し精巧なものとしたものであるが、機動戦の真髄(essence of maneuver warfare)を一切変えることはなかった。したがって、機動戦のドクトリンは30年以上にわたって米海兵隊に貢献してきた。その年に多くが起こった、特に戦いの遂行に大きな変化を見た二つの長い戦争である。対照的に、同じ期間に、米陸軍のドクトリンはエアランド・バトル(AirLand Battle)から全次元作戦(Full-Dimensional Operations)へ、そしてフルスペクトラム作戦(Full Spectrum Operations)へ、そして今、9つの基本フィールドマニュアルにまたがる統一した陸上作戦(Unified Land Operations)に進化した。現在、米海兵隊は半世紀以上にわたって間違いなく最も劇的な構造と能力の変化に着手する準備ができている。

アルフレッド・M・グレイ米海兵隊大将(写真:米海兵隊後公認)

 

これは質問を投げかける。米海兵隊がそのドクトリンを改訂する時が来たのか?最近のいくつかのガゼットの記事がそう主張している。機動戦主義者論文(Maneuverist Papers)の目的は、その会話を活性化することである。機動戦主義者論文(Maneuverist Papers)は、6月のガゼットで「戦争と戦いについて我々が信じていること」から始まる議論を継続し、主要な機動戦コンセプトの開発と詳細を説明し、用兵(Warfighting)の開発と一般的な機動戦運動の歴史的文脈を提供するものである。そしてドクトリンの改正を正当化するかもしれない戦争の顔(face of war)の最近の変化について議論する。

機動戦運動(maneuver warfare movement)は、機動戦が米海兵隊のドクトリンとなり、30年以上もそのままであったという点で、制度的成功として判断されなければならない。さらに、この運動はとりわけ軍事専門教育の分野において、今日、全面的に他の永続的な変化をもたらした。訓練などの一部の領域では、機動戦の影響は、自由統裁、部隊対抗演習に重点が置かれているため、おそらく持続力が劣っている。人事管理など他の分野では、この動きはほとんど影響を与えていないようである。より広範な問題は、作戦的および戦術的な成功である。1983年のグレナダから湾岸戦争を経てアフガニスタンとイラクに至るまで、歴史的な記録はさまざまである。しかし、これは機動戦そのものの起訴なのか?それは海兵隊が実際に機動戦をもはや受け入れなくなった結果なのか?それとも、一部の者が主張しているように、最初からそれを真に受け入れたことがないのか?または、混合された記録は、一般的に紛争を解決する決定的な要因としての戦闘の非効率性の増大など、いくつかの完全に外部的な要因の結果であるのか?それは別の議論のとなるテーマである。

歴史的文脈:The Historical Context

機動戦運動(maneuver warfare movement)は歴史の特定の瞬間に出現したことを理解することが重要である。ベトナム戦争後、米海兵隊は制度的な内省の期間を経験した。機動戦争運動は、とりわけ、米海兵隊の戦争へのアプローチを堅実な歴史的かつ理論的な立場に基づいて置こうとするベトナムの経験の制度的および作戦的機能不全への対応であった。

もちろん、グレイ大将は機動戦の第一人者であり、勢いと上蓋(top cover)を提供した。退役したジョン・ボイド米空軍大佐は、この運動の知的ゴッドファーザーであった。民間人のビル・リンドは主な挑発者であり、改宗者でもあった。しかし、核心は、物事が正しかったのを見るために戦後も現役で働いていたベトナムの退役軍人と、機動戦をエンパワーメントと見なした若い将校の組み合わせからなる草の根運動であった。現役の機動戦主義者の中で、マイケル・ワイリー大佐が最も著名であった。他の初期の思想的指導者には当時大尉であったスティーブン・ミラー、G.I. ウィルソンとウィリアム・ウッズが含まれる。

海兵隊の読者は、用兵(Warfighting)からのより具体的な指針を探しているかもしれない

(写真:シェーン・ボービエン上等兵)

米海兵隊だけが改革をしたわけではない。各軍種、およびより広い国防組織は、ベトナムの経験に対して異なる反応を示した。当然のことながら、戦争の矢面に立ち、その機能不全を最も鋭敏に経験した米陸軍と米海兵隊は、最終的に最も広範な改革を実施したが、最初の改革は実際には米海軍、より正確には米海軍戦争大学で行われ、そこではスタンスフィールド・ターナー提督は、1972年に米海軍戦争大学の学長になった直後にカリキュラムを改革した。3つのカリキュラム改革は、我々の目的にとって最も重要であった。1つ目は戦略思想の再導入であり、各軍種はそれまでに民間の学者の大部分を廃止し、核戦略に主に焦点を合わせていた。2番目は、偉大なプロイセンの理論家カール・フォン・クラウゼヴィッツの再発見であった。当時の理論は、スイスの軍事理論家アントワーヌ・アンリ・ジョミニのより定型的で幾何学的なアプローチに賛成して、ほとんど忘れられていた。1976年に「戦争論(On War)」をマイケル・ハワードとピーター・パレットが翻訳したことにより、クラウゼヴィッツ理論の再発見がよりアクセスしやすくなり、機動戦理論の基礎となった。3つ目は、第二次世界大戦後の軍事教育から事実上排除された軍事史研究の復活であり、作戦研究と手続き訓練が支持された。この復活は、機動戦運動にとっても重要であることが立証された。

米陸軍にとって、改革とは、とりわけ、ソビエトのヨーロッパ侵攻を打倒することを第一の使命と考えていたものに戻すことを意味した。米陸軍の基本ドクトリン・マニュアルの新しい、ベトナム戦争後版、フィールドマニュアル100-5(FM 100-5)「作戦」は、1976年にアクティブ・ディフェンス(Active Defense)のドクトリンを導入した。アクティブ・ディフェンスは、あまりにも防御的で数学的であるとして、米陸軍内で即時かつ広範囲にわたる批判に会った。より攻撃的なドクトリンを開発するための米陸軍全体の調整された努力が続いた。新しいFM 100-5は1982年にエアランド・バトル(AirLand Battle)のドクトリンを導入し、1986年に改訂が行われた。どちらのマニュアルもヨーロッパやソビエトに直接言及していないが、問題の空間であることが明らかであった。エアランド・バトル(AirLand Battle)は厳密に推論されたドクトリンであり、おそらく、その後の米陸軍のどのドクトリンよりも間違いなくそうである。エアランド・バトル(AirLand Battle)は、想定された敵に対して一度も実行されなかったが、1991年の「砂漠の嵐(DESERT STORM)作戦」中にイラク軍に対して非常に効果的であることが判明した。さらに、複数の軍種レベルに引き上げられたエアランド・バトル(AirLand Battle)は、事実上の統合ドクトリンとなった。

米陸軍がエアランド・バトル(AirLand Battle)を開発するための協調的かつ系統的な取り組みを行った場所では、機動戦運動は、振り返ってみるとおそらく適切であった米海兵隊ガゼットのページで行われた路地裏の喧嘩の特徴をより引き継いでいる。当時のガゼットの編集者であるジョン・グリーンウッド米海兵隊大佐は、この議論を奨励し、管理してきたことで、多くの功績があった。特定の戦域での特定の脅威に集中できることで、米陸軍はより具体的かつ具体的な言葉で書くことを可能にした。1980年代の国家の即応性ある戦力として、米海兵隊はその贅沢を享受していなかった、そして1つの結果は、「用兵(Warfighting)」が米陸軍の基本マニュアルよりも抽象的で理論的であるということである。グレイ大将が序文で書いたように、それは伝統的なドクトリンよりも「行動の哲学(philosophy for action)」であった。「用兵(Warfighting)」で説明されているような機動戦は、非常に幅広い効用を持つようにデザインされていたが、適用に当たって重要な判断を必要とした。これは、より具体的な指針を探している一部の米海兵隊員の読者にとって不満の源となった。逆に、結果として、「用兵(Warfighting)」はより永続的な用語で書かれる可能性があり、これは米海兵隊が米陸軍のように頻繁にそのドクトリンを更新する必要性を見つけられなかった理由を説明するのにある程度役立つものである。

機動戦の歴史的文脈の2番目の側面は、それが冷戦時代の産物であり、暗黙的にそのパラダイムを反映していることである。FMFM 1の規定値は、古典的な軍事力部隊対抗モデルであった。不正規戦(irregular warfare)を明示的に排除したわけではないが、それについても具体的なことは何もなかった。「用兵(Warfighting)」のどちらの版も批判の1つである。1997年の改訂は、非国家交戦者の可能性を認めているが、非古典的戦についてのさらなる洞察は提供していない。無数の海兵隊員が数十年に及ぶ不正規戦に「用兵(Warfighting)」の古典的な理論を推定したことは米海兵隊の功績である。おそらく、「用兵(Warfighting)」は、ベルリンの壁が崩壊したときに時代遅れになった世界観を反映している。あるいは、おそらく今、その関連性に戻ってきているところである。

機動戦と消耗戦の議論:The Maneuver vs. Attrition Debate

おそらく、機動戦の開発中に発生する最大の論争は、機動戦(maneuver warfare)対消耗戦(attrition warfare)の議論であった。初期の機動戦主義者(maneuverists)は、機動戦とはその対抗に位置する消耗戦と比較することで、機動戦を説明することを選んだ。振り返ってみると、これは機動戦の最終的な受け入れを遅らせた作戦上のミスだったのかもしれない。議論の単純化された解釈は次のとおりであった。機動は良い、消耗は悪い。実際には、問題は部分的に意味論的であった。すべての戦い(all warfare)には消耗(attrition)、つまり損失の蓄積による戦闘力の漸進的な低下が伴うものである。そして、すべての戦い(all warfare)は、より多くの消耗(attrition)を引き起こすために陣地に兵器を運ぶだけなら、関係する運動を含む。機動(maneuver)と消耗(attrition)はどちらかまたは両方の問題ではなく、それは支持者が問題を組み立てるようになった方法である。米海兵隊は2つの陣営、機動戦主義者(maneuverists)と消耗戦主義者(attritionists)に分かれた。機動戦主義者(maneuverists)は、彼らが闘うためのより良い方法について単に考えを進めていると考えたが、消耗戦主義者(attritionists)は、彼らを(正当化して)敵を殺したいと思っているネアンデルタール人として描かれていると感じた。敵に与える消耗はどうして悪いのでしょうか?消耗戦主義者(attritionists)たちは、機動戦主義者(maneuverists)が単純な命題(敵を見つけ、敵を破壊する)であるべきものを複雑にしていると考えた。(率直に言って、残念なことに、消耗戦主義者(attritionists)の動機の一部は、機動対消耗構造に密接に関連していた対立するリンドへの反応でもあった。「消耗戦(attrition warfare)」という用語は、悲観的な見地を想定していたため、一部の海兵隊は当然それを彼らの反対を示す名誉のバッジとして採用した。)

どちらも戦い(warfare)に内在しているので、問題は機動(maneuver)が良いのか、消耗(attrition)を与えるのが良いのかではなかった。振り返ってみると、問題はあなたが敵に敗北を課すことを提案するメカニズムとしてあなたが選択したものである。 敗北メカニズム(defeat mechanism)の重要なコンセプトは、当時は明示的に認識されていなかった。(後の記事では敗北メカニズム(defeat mechanism)について説明する)消耗戦の敗北メカニズムはその名前に内在していたものである。敵の人員と物質的な強さ、または心理的な決意を累積的に侵食して、彼が闘いをあきらめるか、最終的には排除するまで、敗北を与えた。機動戦主義者(maneuverists)は、これは時間と費用のかかるアプローチになる傾向があると指摘した。さらに、利益の著しい非対称性がある場合はうまく機能しなかった。一方の交戦者が単に選択の戦争(war of choice)を闘っていたのに対し、もう一方は生存戦争を闘っていた場合(ベトナムのように)、掛け率は大幅に積み上げられることになった。

機動戦の敗北メカニズムは、指を置くのがはるかに困難であった。それは確かに、多くの人が関係運動を意味すると狭く理解していた機動(maneuver)という言葉に内在するものではなかったが、機動戦主義者(maneuverists)彼らが時々説明するのに苦労していたより深い意味を吹き込んだ。(人気のある消耗戦主義者(attritionists)のジョークは、機動戦(maneuver warfare)が会戦(battle)で敵を倒すことではなく、「輪になって運転して彼を混乱させて死ぬこと」によって勝つことを求めているであったた)

一部の人にとって、機動戦における「機動」は、ドクトリンが、それが採用した機動の形式、すなわち、包囲、突破、および迂回によって定義されていることを示唆した。基本的には正面攻撃以外のものは何でも、暗示的には愚かであると考えられていました。これはひどい誤解であった。消耗戦主義者(attritionists)たちは、機動戦主義者(maneuverists)が機動の形式を選択するという独占的な主張をすることができなかったと不満を述べ、彼らは正面攻撃のみを支持するという含意に憤慨した。他の人たちは、機動戦を機械化戦(mechanized warfare)と同等に扱った。これは、おそらく機動戦を第二次世界大戦のドイツの電撃戦と関連付ける傾向に基づいている。(詳細はドイツの影響で)ヘルメットに砂漠のゴーグルを付けた有用性のグレイ大将の象徴的なイメージは、おそらく誤解を強めた。

我々は今、機動戦の敗北メカニズムが体系的な破壊(systemic disruption)であること、つまり、敵が一貫性のある全体として作戦する実力を排除することと理解している。FMFM 1によれば、

機動戦は、一連の急速で暴力的で予期せぬ行動を通じて敵の結束を打ち破り、対処できない乱暴かつ急速に悪化する状況を生み出すことを目指す、用兵哲学(warfighting philosophy)である。

ボイドは、「敵を内側から引き裂く」と話していた。

言い換えると、消耗戦(attrition warfare)が敵システムの構成要素を攻撃してそれらを劣化させ、機動戦(maneuver warfare)はそれらの構成要素間の関係を攻撃してシステムの一貫した機能を破壊するものである。

機動戦は、コンポーネント間の関係を攻撃して、システムの一貫した機能を破壊する。

(写真:タナー・セイムス伍長)

機動戦は体系的なドクトリン(systemic doctrine)であり、1989年には売れ難いものであった。1990年代に複雑性理論(complexity theory)が登場し、その主題に関する多くの人気の本が登場して、複雑系システム(complex systems)の理解が大幅に高まった。(これにより、クラウゼヴィッツとボイドの両方の理解も大幅に強化されていった。1992年にインターナショナル・アフェアで発表されたアラン・ベイヤーチェンの傑出した「クラウゼヴィッツ、非線形性、および予測不可能な戦争」は、クラウゼヴィッツは複雑な非線形ダイナミクスを直感的に理解しているが、説明する言語が不足していると説得力をもって主張した。同様に、複雑性理論の言語とコンセプトは、ボイドの考えが以前よりもはるかに進んでいたことを理解するのに役立った。)「用兵(Warfighting)」の1997年の改訂は、その説明においてはるかに明確に体系的でした。 それはまだ売るには難しかった。

最後に、この問題を複雑にしているのは、誤解されがちな消滅攻撃の戦略的構成です。 ドイツの歴史家ハンス・デルブルック(1848-1929)は、基本的に2つのタイプの戦略、Ermattungsstrategie(ドイツ語の直訳「疲労戦略」)とNiederwerfungsstrategie(ドイツ語の直訳「衰弱戦略」)を提唱したが、それらは消耗の戦略(strategy of attrition)と殲滅の戦略(strategy of annihilation)として誤って英語で翻訳された。英語の用語は実質的に同義語であるため、問題がある。実際、ほとんどの米国の読者は、おそらくラッセル・ワイグリーの1973年の古典的な「米国の戦争の方法」の用語を紹介されたと思われるが、ワイグリーが後で認めたように、用語を混乱させていた。前者の戦略はおそらく疲弊の戦略(strategy of exhaustion)と呼ぶ方がよいであろう。デルブリュックは、敵を完全に倒す能力に欠け、代わりに限定した目標を追求するより弱い交戦者のための実行可能な選択肢であると主張した。それは敵のコストを非常に高くし、闘いを続けるのではなく、あなたの条件に応じることようとするものである。

後者は無力化の戦略(strategy of incapacitationと呼ぶ方がよい。(ドイツ語は、レスリングでのテイクダウン(註:相手をマットに倒すこと)のように、文字通り「テイクダウン戦略」を意味する。それは、敵を「何もない」ように、つまりラテン語からの「消滅」の文字通りの意味で、減らす必要はない)後者の戦略には、敵の抵抗するための実力の完全な敗北が含まれ、デルブルックは、無制限の軍事目標の採用を含み、より強力な交戦者にのみ利用可能であると主張した。

ドイツの影響:The German Influence

機動戦運動中の別の論争はドイツの影響であった。他の主張を唱えるものよりは多い機動戦主義者(maneuverists)は、ドイツの歴史的な例や用語を使用するのを好んだ。彼らは二つの議論をした。1つ目は、ドイツ軍が実際に機動戦を使用して戦術的卓越性と作戦的卓越性を達成した事実と、それを実現した数少ない現代軍の1つであったことである。2つ目は、ドイツ軍がその機動ドクトリンを成文化した唯一の現代軍であったということである。その結果、主要な議論の源泉となった資料はドイツの文献になる傾向があった。機動戦主義者(maneuverists)にとって、両方の議論はドイツを勉強する価値を与えた。したがって、機動戦規範は、メレンティンの「パンツァーバトル」、グデーリアンの「パンツァーリーダー」、マンスタインの「失われた勝利」、ロンメルの「アタック」、シェルの「バトルリーダーシップ」などのタイトルでいっぱいになった。

ハインツ・グデーリアン

アーウィン・ロンメル元帥

エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥

Schwerpunkt(ドイツ語直訳「主な重点」)(主たる努力(main effort)または重心(center of gravity))、Auftragstaktik(ドイツ語直訳「命令戦術」)(任務戦術(mission tactics))、Flaechen und Luekentaktik(ドイツ語直訳「表面と隙間戦術」)(面とギャップの戦術(tactics of surfaces and gaps))、aufrollen(ドイツ語直訳「巻き上げる」)(突破後の翼側から敵部隊を巻き上げる(rolling up enemy forces from the flank after a penetration))、Fingerspitzengefuhl(ドイツ語直訳「指先感覚」)(文字通り「指先の感覚」は直感的な才能または本能を意味する)が議論の中に彼らの方法を見つけ、その過程で発音が混乱することがよくあった。

議論の原動力となったのは、マーティン・ファン・クレフェルドの「戦闘力:ドイツと米軍のパフォーマンスー1939年から1945年まで」(数年前に国防総省が資金提供した調査として利用可能)の1982年の出版物であった。ファン・クレフェルドは、第二次世界大戦における米陸軍とドイツ軍との87の交戦に関する広範な統計分析を行い、ドイツの地上部隊は戦術的にも作戦的にも米軍より優れていると結論付けた。一部の人がファイティングパワーから受けた過度に単純化した教訓は、ドイツ軍は米軍よりも1.5から2.0倍優れていたというものであった。それは多くの米国の読者には座りの良いものではなかったし、一部を消耗戦主義者(attritionists)陣営に押し込めるのを手助けしたかもしれない。最後に、少なくとも、論争の的となっているリンドはあからさまなドイツ崇拝者(プロシア崇拝者の方がより正確)であり、これは消耗戦主義者(attritionists)の抗体を生み出しただけだった。

結局、「用兵(Warfighting)」はドイツの用語の使用を意図的に避けた。その後の30年の経験により、ドイツの例に依存する必要性が減り、論争は大部分が覆された。

なぜ機動戦運動は成功したのか:Why the Maneuver Warfare Movement Succeeded

機動戦の制度的成功にはいくつかの理由があり、それらが今日の状況に教訓を提供する可能性がある。

  • 機動戦運動(maneuver warfare movement)は、実際の制度上の苦痛に由来している。前述のように、機動戦争運動の起源と動機は、ベトナム戦争の機能不全の経験によって引き起こされた痛みであった。運動を支えたのはこの動機だった。機動戦は単なる知的演習ではなかったが、それは明らかに知的要素を含んでいた。対照的に、今日の多くの能力的開発取り組みは、制度上の苦痛によって動機付けられていない純粋に知的演習のように見える。それらは変化のために変化しているように見える。
  • 話し合いは、広範で、開かれ、透明性があり、しばしば乱雑だった。これは重要だった。議論は10年以上にわたって公然と行われた。それは時々醜くなったが、これは機動戦主義者(maneuverists)に彼らのケースを強化することを余儀なくさせ、結局、ドクトリンに対する広範な支持を集めるのを助けた。機動戦は、一部の高い階層の「ワーキンググループ」によって秘密裏に開発されたものではなく、機関の残りの部分に課され。今日の言葉で言えば、それはクラウドソーシングであったと言える。開かれた話し合い、社会化、強化、そして最終的には機動ドクトリンの審査に向けて長い道のりを歩んできた。
  • この運動は古典的な反乱として機能した。 討論は開かれたものだったが、機動戦争運動自体は古典的な反乱のように機能し、インクブロット戦略を採用して時間とともにその影響力を徐々に拡大し、勢力が強くなるにつれてプロファイルを拡大した。機動戦主義者(maneuverists)たちは自分たちを反乱者だと考え、既存の秩序を覆すために働いた。機動戦主義者(maneuverists)の細胞が米海兵隊の周りに自然に現れた。グレイ大将が総司令官を継承したことで、反乱が制度になった。
  • この運動は、強力な先見の明のあるリーダーシップとボトムアップの草の根のコミットメントの組み合わせを享受した。グレイ大将は、反乱者に説得力のある統一ビジョンと重要な上蓋(top cover)を提供した。その間、リンドは消耗戦主義者(attritionists)の火のほとんどを引きだし、残りの運動に追加の覆いを提供した。しかし、最終的な原動力は、新しいコンセプトを支援する海兵隊員の増加であった。トップダウンとボトムアップの両方の動力学がなければ、機動戦は成功しなかったであろう。
  • 機動戦は、歴史的および理論的な強力な基盤を持っていた。機動戦運動(maneuver warfare movement)の重要な特徴は、その知的基盤の強さであった。機動戦主義者(maneuverists)は宿題をした。人々はドイツの歴史的な例の数を嘆いたかもしれないが、例の不足はなかった。一方、機動ドクトリンは、孫子の理論、クラウゼヴィッツの理論、およびボイドの理論の堅固な哲学的基盤に基づいていた。(「用兵(Warfighting)」の初期の批判の1つは、その中に「新しいもの」がなかったということであった。P.K.ヴァン・ライパー米海兵隊中将は、それが真実であると応えるために使用した。「用兵(Warfighting)」には、孫子、クラウゼヴィッツ、ボイドにはなかったものは何もなかった。「用兵(Warfighting)」のカラクリは、これら3つの異なる理論を首尾一貫した全体に合成するために管理したことである)対照的に、あまりにも多くの現代の用兵のコンセプト(warfighting concepts)は、PowerPointの深さ以上ではないように見える。さらに、多くは反歴史的であり、技術やその他の革新が「戦争の基本的な本質を変えた」ため、過去から学ぶべきことは何もないことを暗示または公然と主張しているようである。
  • プロセスには重要な実験が含まれていた。 長い間米海兵隊の用兵研究所(Warfighting Lab)があったが、1981年にグレイ大将が第2海兵師団の指揮を執ったとき、第2海兵師団は機動戦研究所(maneuver warfare laboratory)となり、基地の劇場にすべての将校を呼び集め、機動戦は師団の公式のドクトリンであると宣言した。実験の頂点は、バージニア州フォートピケットで毎年行われる諸兵科協同作戦(Combined Arms Operation)であった。これは完全に自由統裁で、大隊のいくつかの組み合わせを互いに戦わせる部隊対抗演習であった。毎日の演習の終わりには、すべての将校と参謀下士官は、グレイ大将が個人的に司会を務め、リンドがプロシア軍の長老のように参加する幅広い議論のためにメインサイドの基地の劇場に車で戻った。諸兵科協同作戦(Combined Arms Operation)と同様の演習は、追加の機動戦主義者(maneuverists)を生み出すのに向かって長い道のりを進んだ。

結論:Conclusion

自分がどこにいるのか、どこに行くのかを理解するには、どこにいたのかを知ることが重要である。未来は過去から進化するものである。米海兵隊における機動戦の開発のこの短い歴史は、長い戦争の後にさらに別の移行に直面している今日の米海兵隊にとっていくつかの価値ある疑問を明らかにするかもしれない。ドクトリンやその他の改革を推進するのに十分な制度上の痛みは今日あるのか?その痛みは当時のように今では必要な成分でさえあるのだろうか? (間違いなく、1930年代に水陸両用のドクトリンの初期の開発につながった努力は、制度的な苦痛に基づくのではなく、単に将来の安全保障環境の明瞭な洞察の元の評価(clear-eyed assessment)に基づいていた)成功した改革は草の根の運動を伴う必要があり、そしてそれも制度的反乱の形をとらなければならなかったのか?そこには、別のグレイ、ボイド、ワイリー、またはリンドを出現させる必要があるのだろうか?機動戦は、最近、新しく起きつつある戦いの変化(changes in warfare)に適応すべきか、またはどのように適応すべきか?あるいは、もっと根本的に、米海兵隊がその基本的なドクトリンを再考すべきであるほど戦い(warfare)は十分に変化したのか?ほとんどの海兵隊員は直感的かつ強調的に「いいえ!」と言うが、それは質問をすべきではないという意味なのだろうか?