台湾は18億ドル相当のFMS調達が承認に

1+

掲載:2020年10月22日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Daniel Darling FI社アナリスト
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

Taiwan Cleared for $1.8 Billion Worth of FMS Purchases
October 22, 2020 – by Daniel Darling

米国大統領選挙のわずか数週間前に、トランプ政権は台湾向けにさらに10億ドル以上の対外有償軍事援助パッケージを許可した。
最新のFMSパッケージには、高機動砲ロケットシステム(HIMARS)、MS-110 RecceポッドAGM-84Hスタンドオフ陸上攻撃ミサイル–拡張応答(SLAM-ER)ミサイルをカバーする3つの販売提案が含まれている。合計すると、3つの販売提案の合計は推定18億1,100万ドルになる。

米国政府によって承認された最新のFMSパッケージ(3つの潜在的な販売すべての通知が10月21日に国防安全保障協力局から議会に電子的に配信)は、ワシントンと中国の間の緊張がさらに高まっていることを示している。
米中の競争は今や、貿易の急増やスパイ活動から、ワシントンが表明したサイバーハッキングやデータマイニングの懸念、略奪的な経済慣行、南シナ海、そしてもちろん台湾での広範な中国の主張をめぐる論争まで、あらゆるものを網羅している。

台湾は、この地域におけるワシントンの利益のための最初の防衛線を意味し、中国の軍隊を封じ込めようとしている。
中国にとって、台湾は非合法で、本土から離脱した地域であり、その事実上の政府は北京に認められておらず、代わりに簒奪(さんだつ)と見なされている。
中国は各国に台湾政府を認めないよう圧力をかけ、必要に応じて強制的に島を取り戻す権利があると述べ続けている。

軍事技術やデュアルユース技術に似たものの台湾への販売が発表されるたびに北京が表明する外交的反発と怒りのため、世界中の政府は台北に防衛ハードウェアの輸出許可を与えることに警戒している。
これにより、台湾は外国から調達した技術とハードウェアを自国の軍隊に供給することを米国に大きく依存することになっている。
それでも、多くの米国政府は、北京との外交上の予期せぬ結果を回避するために、過去30年間、台湾政府にハイエンドのハードウェアの販売を許可することを差し控えてきた。
そのような例の1つは、複数の政権によって拒絶されたワシントンからF-16C/D戦闘機を調達するための台湾による努力に関係している。

 

ただし、台湾関係法(公法96-8、1979年に議会で可決された法律)などの米国の法律では、ワシントンが防衛システムを台北に販売し、必要に応じてFMSプログラムを通じてそのような防衛システムを購入する手段を提供することを義務付けている。
後者の区別は、1979年が中国や台湾ではなく中華人民共和国(PRC)の政府を公式に承認した年でもあったという点で重要な逃げ道なのだ。
したがって、一般的に既存のプラットフォームや追加の弾薬などのサービスを含む武器の売却は続いている。

ジョージW.ブッシュ政権は、F-16の販売を求める台湾の要求を迂回し、議会の最終日であり辞任の3か月前である2008年10月3日まで待って、合計で約65億ドル相当する保留していた8機のFMSリクエストのうち6機の承認を議会に通知した。
分割で承認されたFMS協定の議会に正式な発表を提出する戦術は、2010年1月29日(推定64億ドル相当の5つの主要プログラム)と2011年9月21日(合計推定59億ドルの3つの主要プログラム)にオバマ政権によって繰り返された。

オバマ政権は、2015年12月に台湾への18億3000万ドル相当に纏められたFMSの一塊を承認した。それには、2隻の海軍フリゲート艦、対戦車ミサイル、および水陸両用攻撃車両(AAV)が含まれていた。

しかし、2017年1月に世界的に経済慣行と攻撃的な姿勢を増大させる中国に目を向け、就任したトランプ政権は、前政権よりも台湾へのより堂々としたアプローチを具体化した。
着実に中国を強化することで外交上の機微への懸念から尻込みすることをもはや望んでいない。
その次期大統領は、彼の就任前に2016年12月に台湾の蔡英文大統領から電話を受けた。一見マイナーなステップだが、それが中国の怒りと北京へのアプローチの変化を合図のきっかけとなった。

トランプ政権は就任直後、2017年6月に台湾向けに最大13億ドル相当の武器パッケージを承認した。この取引には、監視および電子戦システムのアップグレード、台湾空軍の既存の初期標準F-16型機のアップグレード用の高度なミサイルや台湾海軍のオランダ製潜水艦用の魚雷、自国の防空ネットワーク用のSM-2ブロックIIIA地対空ミサイルが含まれていた。

まだまだたくさんのことがあった。

そのような売却は「レッドライン」を越えるだろうという前政権への北京の執拗な警告にもかかわらず、トランプ政権は、推定コスト80億ドルで66機のF-16Vに対する台湾の正式なFMS要求を承認し、2019年8月20日に議会に通知を送った。
議会は、2019年12月13日に両国が署名した申し込み承諾書(LOA)で取引をすでに許可し、取引の実施への道を開いた。

22億2000万ドル相当のFMS提案の別の一群-108台のエイブラムスM1A2T主力戦車、250発のブロックI-92Fスティンガーミサイル、M88A2装甲回収車、M1070A1重装備輸送車、さらに機関銃、弾薬、発煙弾発射器、その他のさまざまな物資-も承認され、2019年7月8日に議会に通知が送られた。
しかし、中国の警告が、北京の略奪的な経済慣行と影響力作戦、そしてアメリカの力と世界的地位を失墜させるための中国の全ての国家の長期戦略によって警戒されたワシントンでもはや同じ重みを持たないことを示したのはF-16Vの売却であった。

中国の長いゲームはワシントンで警鐘を鳴らし、最終的には米国の首都で最も希少なもの、つまり超党派のコンセンサスを引き出した。
台湾への最新の武器売却の塊は、トレンドを続けているに過ぎない。

予想どおり承認および契約が承認されると、最新のFMSプロポーザルにより、台湾は取得を熱望しているトラックベースの高度な大砲HIMARSシステムを提供できるようになる。
米国の台北経済文化駐在員事務所(TECRO)は、11基のHIMARS M142ロケットランチャー、64基のATACMS M57ユニタリーミサイル、17の国際野戦砲戦術データシステム(IFATDS)、11丁のM204B 7.62mm機関銃、および7丁のM1152A1 HMMWVの調達を要求した。
TECROはまた、135基のAGM-84HSLAM-ERと6基のMS-110Recceポッド(3台の可搬型地上局と1台の固定地上局)の販売を要求した。
MS-110は、高速ジェット機、ドローン、有人情報、監視および偵察(ISR)航空機に搭載できる、高度な昼/夜の長距離空中偵察システムである。

さらに、追加の売却が間近に迫っていると報告されている。これらには、非武装のMQ-9リーパーISR高高度長期滞在型(HALE)無人航空機(UAV)、ハープーン対艦ミサイル、および水中地雷が含まれる。

報告されたとおりにこれらの売却が認可された場合、議会はそれらを承認する予定である。
そして、どの候補者が次の大統領選挙に勝つかに関係なく、中国に対するより厳しい姿勢が続くだろう。(黒豆柴)

M142高機動砲ロケットシステム(HIMARS)