国防総省は、アジャイルと適応性のある取得を実現しようとしている

0

防衛装備品の取得改革の課題は、日本においても取り組まれている内容である。装備品をライフサイクルを通じて管理しようとする考え方も、考え方としては定着しているように思える。ここで紹介するのは、米国の取得改革の取組みであり、そこにModeling & Simulationsを適用することで更にその取り組みが加速することになるとしている。

プロジェクト管理の各段階にM&Sやデジタル技術を適用していくことで取得改革の目的の一つである取得のスピードが速まることが想像できる。(軍治)

国防総省は、アジャイルと適応性のある取得を実現しようとしている:Defense Department Seeks to Achieve Agile, Adaptive Acquisition

2020年11月30日, C.トッド・ロペス, DOD NEWS

取得および維持コミュニティは最近、米国防総省の5000シリーズの取得規則を書き直した。米国のモデリングとシミュレーションのコミュニティは、国防総省が書き直しで達成したいと思っていた目標のいくつかを達成するのを助けることができるだろう、と取得および維持の国防副次官は言った。

2017年9月28日、ペンシルベニア州フォートインディアンタウンギャップでブラックホーク航空機乗務員トレーナーデバイス5シミュレーターをテストするペンシルベニア空軍州兵の副将であるトニー・カレッリ米空軍少将。(写真:ゼーン・クレイグ米陸軍州兵3等軍曹)

「I / ITSECで調査したのと同じ技術が、アジャイルで適応性のある取得フレームワークに移行し、はるかにアジャイルになることを可能にする技術である」と、アラン・R・シェイファーは本日国防産業協会の仮想インターサービス/業界トレーニング、シミュレーション、教育会議(I / ITSEC)のプレゼンテーションで述べた。

シェイファー氏によると、デジタルエンジニアリング、デジタル化、モジュラーオープンシステムアーキテクチャ、モデルの構成可能性はすべて、I / ITSECコミュニティ内で重要である。

「これらはアジャイル取得フレームワークの基盤でもあり、開発時間を短縮するために必要なツールを提供してくれる」と彼は言った。

シェイファー氏によると、モデリングとシミュレーションは、米軍が競争力を持つために必要なツールの迅速な提供に欠かせない要素になる可能性があるという。

 

2012年2月23日、ドイツのグラーフェンヴェーアで統合多国籍トレーニングコマンドのキャンプアーヘンにある第18戦闘維持支援大隊のために構築された演習中に、デジタル世界でシナリオを準備する(右から左へ)統合多国籍シミュレーションセンターのシミュレーションファシリテーターであるファラオンロペス、ゲイリーハムリック、デビッドマイヤーズ。この演習は、VBS2(仮想デジタル世界でのトレーニングを可能にするプログラム)を他のシミュレーションモデルと一体化して訓練部隊の現実的なシナリオを作成した、2010年以来の最初の指揮所演習である。偶然にも、これは、過去5年間で、非展開部隊が複合訓練支援パッケージを受け取った最初の指揮所演習(CPX)でもある。

「国防総省で購入するものが現実の世界で、どのように動作するかを実際に理解するために、シミュレーションと赤対青のシステムとシミュレーターの性能を使用して、目的に適合しているかどうかを評価する上ではるかに優れた仕事をすることができるはずである」と語った。

シェイファー氏によると、デジタルエンジニアリング、デジタルツイン、システムエンジニアリングは、米軍部隊により大きな能力を提供し、取得サイクル時間を短縮し、テストのコストとスケジュールを削減し、システムが提供された後のシステムの維持にかかるコストを削減する。

「この能力の累積的な効果が、I / ITSECのすべてである」と彼は言った。

仮想会議のシェイファー業界の参加者は、ツールを運用評価とテストおよび訓練の両方に使用できるようにする技術の収束について考える。

2019年2月8日、ニューメキシコ州ホロマン空軍基地でBlock 50 MQ-9 Reaperコックピットシミュレーターを操作する、遠隔操縦航空機および大型翼インテリジェンス、監視、偵察の責任者であるジェームズクラフ准将に説明する第6攻撃戦隊の武器長であるアマンダ・コラッツォ大尉。(写真:ブリーアン・サックス米空軍2等軍曹)

「取得開発、部隊の訓練、テストをすべて同時に支援できるソフトウェアについて考えてみてほしい。それは私たちの手の届くところにあると思う」と彼は言った。

国防総省はまた、取得と装備化のタイムラインを加速し、意思決定に必要な分析的理解をより深く提供するために、モデリングおよびシミュレーション業界からの支援を必要としている。