動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解 Maneuverist #2

0

Miltermに6月に掲載した「米海兵隊のドクトリンを読む② MDCP 1 Warfighting」は、1989年に「FMFM1Warfighting」をドクトリンとして定めて途中「MCDP1 Warfighting」へと若干の表現の修正はあるものの、その根底を流れるコンセプトそのものは30年以上を経過して今なお改訂されていない。米海兵隊では、機関誌「ガゼット」上で機動戦論者論文と呼ばれる論文を提示して「MCDP1 Warfighting」について議論を巻き起こそうとしているようである。

Miltermに9月掲載の「ガゼット6月号」の「戦争と戦いについて米海兵隊員が信じていること」、「ガゼット8月号」の「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈- Maneuverist #1」に続いて、「ガゼット10月号」の「動的な決闘」を紹介する。

副題にもあるとおり、戦争をどのようにとらえるのかについて、「MCDP1 Warfighting」の記述を検証している点に注目されたい。(軍治)

動的な決闘:The Zweikampf Dynamic

問題の枠組み:戦争の本質の理解―Problem framing: Understanding the nature of war

機動戦論者論文第2号 Maneuverist #2

by Marinus

Marine Corps Gazette • October 2020

アフガニスタンのマルジャーでの近接戦闘。戦争の本質が問題である。機動戦(maneuver warfare)が解決策である。(写真:コナー・ロビンス海兵隊3等軍曹)

これは、機動戦論者論文と呼ばれるシリーズの2番目の記事である。機動戦論者論文第1号は、機動戦理論(maneuver warfare theory)を生み出し、最終的に1989年にFMFM 1「用兵(Warfighting)」を公表したベトナム後の改革運動の歴史を要約した。この記事は、戦争の定義と説明から始まり、機動戦理論(maneuver warfare theory)の実体に向き合うところから始める。

MCDP 1「用兵(Warfighting)」で最も重要な章はどれかと尋ねると、ほとんどの米海兵隊員はおそらく第4章「戦争の遂行(The Conduct of War)」と言うであろう。これは理にかなっている。結局のところ、実際に機動戦(maneuver warfare)を説明しているのは第4章であり、任務戦術(mission tactics)、指揮官の意図(commander’s intent)、主たる努力(main effort)、面とギャップ(surfaces and gaps)などの重要なコンセプトを紹介している。

ただし、第1章「戦争の本質(The Nature of War)」は、機動戦(maneuver warfare)が論理的な解決策である、すべての米海兵隊員によって一般的に合意されている問題を捉えているため、最も重要であると提示する。そして、組織が直面している課題について共通の説得力のある理解に到達することは、その課題に対処するために重要である。

機動戦理論(maneuver warfare theory)は、現実に存在する戦争の本質(The Nature of War)をはっきりと見つめることから始まり、そこから論理的に進んで、その真の本質に具体的に対処するようにデザインされた哲学を開発する。間違いなく、「用兵(Warfighting)」がもたらした唯一の最大の効果は、戦争の本質と戦争によってもたらされる課題について米海兵隊の間で共通の理解を確立することである。

各軍種間の均質性が高まっている時代において、戦争の本質(The Nature of War)に関するこの明確な理解は、今日、米海兵隊を区別する重要な要因の1つであるかもしれないことを示唆する。他の各軍種が「霧と摩擦(fog and friction)」について話すかもしれないが、米海兵隊員にとって、これらの特質は我々のすべての決心を知らせる「信仰の信条(articles of faith)」である。

Framing the Problem:問題の枠組みを作る

少し哲学的になる危険を冒して、問題は実際には世界に存在しない。世界に存在するのは状況であり、システム思考のパイオニアであるラッセル・アコフの言葉では「雑然としたもの(messes)」である[1]。「雑然としたもの(mess)」は、特定の視点と一連の関心を持つ誰かが「雑然としたもの(mess)」を見て、それが受け入れられないと判断した場合にのみ問題になる。

「問題(problem)」は我々が「雑然としたもの(mess)」に課す枠組みであり、その問題を枠組み化するために我々が選択する方法は非常に重要である。複雑性(complexity)とデザインに関する彼の古典的な本である「人工的なものの科学(The Sciences of the Artificial)(訳本はシステムの科学)」のノーベル賞受賞者ハーバートA.サイモンの言葉によれば、「問題を解決することは、単に解決策を透明にするためにそれを表現することを意味する[2]」。

言い換えれば、問題を定式化する方法が解決策を示している。自分が直面している問題について明確で説得力のある理解を深めることができれば、解決策は自明になる。同じ古い方法で問題の枠組みを作ると、同じ古い解決策のバリエーションが得られる。新しい解決策が必要な場合は、問題の枠組みを作る新しい方法を見つけてほしい。これが「用兵(Warfighting)」の基本的な価値であると我々は信じている。それは、新しい作戦の方法を指し示す新しい(当時の)方法で問題の枠組みを作った。

FMFM 1に対する初期の批判の1つは、それが単なる常識(common sense)であるというものであった。議論は、「用兵(Warfighting)」で説明されている機動戦(maneuver warfare)のコンセプトは、常識(common sense)のある米海兵隊が自分で思いつくものにすぎないというものであった。しかし、機動戦(maneuver warfare)が単なる常識(common sense)だったとしたら、世界中の軍事組織はそれを自発的に採用したであろうが、そうではなかった。

しかし、我々は、「用兵(Warfighting)」の主張には明らかに単純な合理性(reasonableness)があることに同意する。これは主に、マニュアルが課題を明確で説得力のある方法で説明している、つまり問題の枠組みを作るためである。第1章で説明した問題の論理的な解決策であるため、「用兵(warfighting)」の機動戦(maneuver warfare)は常識(common sense)のように思われる。その問題は何か。

動的な決闘:The Zweikampf Dynamic

「用兵(Warfighting)」は、「敵対的で、独立した、和解できない2つの意志の間の激しい闘争は、それぞれが力で相手に押し付けようとする」という、戦争の本質的な定義から始まる。

注目すべきことに、FMFM 1は、国家間の衝突という観点から戦争を定義している。MCDP 1は、その定義をより一般的な「政治グループ」に拡張し、交戦者(belligerents)は国家ではない可能性があることを認めている(歴史的にはそうではなかったことが多いため)。実際、歴史を通じて、交戦者が国内の派閥、多国籍連合、または国連やアルカイダなどの超国家組織であったかどうかにかかわらず、国対国の紛争は例外であり、非国家戦(nonstate warfare)がルールであった。

FMFM1とMCDP1はどちらも、「間(betweenまたはamong)」というフレーズを使用して、あらゆる紛争に対して3つ以上の交戦者が存在する可能性があることを認めている。これもよくあることですが、複数の交戦者は、しぶしぶ、部分的、一時的であっても、戦略的便宜のために2つの対立する陣営のどちらかに付く傾向があることに注意してほしい。

MCDP 1は、元のFMFM 1にはなかったクラウゼヴィッツの用語「決闘(Zweikampf)」(文字通り「2つの闘争」)を採用した[3]。動的な決闘(dynamics of the Zweikampf)は、「用兵(Warfighting)」において最も重要な唯一のアイデアである可能性がある。2人の敵対者、連動した意志の深く相互作用する闘争のコンセプトは、今日では明白に見えるかもしれないが、ベトナム後の時代には、考え方の劇的な変化を表している。(クラウゼヴィッツは、当時、無名な状態から生まれただけだったことを思い出してほしい。)

ベトナム戦争中の全体像とオペレーションズ・リサーチ手法の影響を強く受けた勝つことの考え方は、戦争を2つの対立する意志の間の動的でインタラクティブな闘争としてではなく、固定された工学的問題と見なす傾向があった。一部の作戦上のコンセプトは、今日でもその固定問題アプローチを採用している。

彼の主張を述べると、クラウゼヴィッツは、ホールドし合った2人のレスラーに例えられ、それぞれがお互いにレバレッジを獲得しようとし、どちらも単独では達成できない「身体の歪み」を達成しようとした[4]。戦争に基本的な本質を与えるのは個々の競技者の特徴ではなく、彼らの間の相互作用である。

この意味で、複雑性(complexity)理論とは、その部分の相互作用の産物であるが、その性質がそれらの部分のいずれにも固有ではない全体である創発(emergence)を呼び起こす。歴史家のアラン・ベイヤーチェンが彼の独創的な記事「クラウゼヴィッツ、非線形性、および戦争の予測不可能性」で指摘したように、クラウゼヴィッツは、大量の非線形相互作用(詳細は後の論文で)と突然の逆転の可能性を思い起こさせるイメージを提供する[5]

この真実を認識して、米海兵隊員は「敵が投票を得る」ことを認めるのを好む。この格言は、それが進む限りは良いが、2つの競合する意志の相互作用がどちらの交戦者でも意図しなかった結果をもたらす可能性があるため、決闘の動力学の完全な範囲を捉えることはできない。まったく異なる、予期しない何かが現れる。

それが決闘の動力学である。2つの敵対的な意志の間の直接的で激しい相互作用から生じるのは、さまざまなパターンとシーケンス(ギブ・アンド・テイク、イニシアチブとレスポンス、アクション-リアクション-カウンター・アクション)である。これらのパターンは高度に非線形であり、ここでは戦場での位置ではなく、システムの原因と結果の動力学を指す。非線形システムには2つの基本的な特性がある[6]

まず、原因とその影響が不均衡である場合、システムは非線形である。第二に、全体が部分の合計に等しくない場合、システムは非線形である。適切な時期と場所で行われた小さな努力は、大きな影響を与える可能性がある。紀元前480年のサーモピラエの戦いを考えてみてほしい。この戦いでは、300人のスパルタン(同盟国と言わなければなりません)が、10万人を超える男性の前進するペルシャ軍を阻止したことで有名である。逆に、男性と材料への多額の支出はほとんど生み出せません—第一次世界大戦西部戦線でのほとんどすべての攻撃について考えてほしい。

イラクのファルージャでのパトロール、交戦者は国民国家で名かもしれない。

(写真:アルバート・ハント米海兵隊上等兵)

非線形性は動的な決闘(Zweikampf dynamic)の主要な質であり、その非線形性から、摩擦、不確実性、無秩序、流動性などの他の属性が直接流れでる。例として、敵の計画と行動を混乱させようとする各交戦者の試みは摩擦を生み出すが、不可解に見えて敵を積極的に誤解させる各交戦者の努力は不確実性を生み出す。

このことを根源として、機動戦(maneuver warfare)の考え方の大部分は、有利な非線形性、つまり重大な脆弱性、時間または空間の決定的なポイント、能力の不一致、または悪用された場合に投資した努力に対して不釣り合いに大きな見返りをもたらすその他の優位性を見つけて、作成し、容赦なく悪用することで構成されている。対照的に、歴史を通じた他のいくつかのドクトリン上のアプローチは、その結果を予測可能にするために「線形化(linearize)」を試みなければならなかった。

今日の1つの教訓:この議論は、戦争の根本的に予測不可能なこと、最新の技術進歩を通じて戦場の確実性を追求する際に忘れがちな特性を思い出させるものとなるはずである。情報技術は多くの未知数を減らすのに役立つが、決闘(Zweikampf)の中心にある不確実性を排除することはできないことを示唆する。

戦争の属性:Attributes of War

戦争の本質を確立した後、「用兵(Warfighting)」は、動的な決闘(Zweikampf dynamic)の直接の産物であり、一緒に戦闘員が作戦しなければならない環境を説明する一連の属性を提示し続ける。FMFM 1には、摩擦、不確実性、流動性、無秩序、および暴力と危険が記載されている。そのリストに、MCDP1は複雑性(complexity)を追加する。

その後、「用兵(Warfighting)」は、動力学自体の出力ではないにしても、その環境内の動力学の展開に影響を与える別の一連の属性の議論を続ける。戦争は、そのすべての複雑性(complexity)と気まぐれ(vagaries)に人間の本質を反映する社会的相互作用である。

戦争には、物理的、精神的、道徳的/心理的側面がある。実際、戦争は、人類に知られている最も物理的、精神的、道徳的に厳しい挑戦を提示する。戦争には、時代を超えた側面と変化しやすい側面がある。競合する意志の文脈の中で、戦い(warfare)は術(art)(すなわち、直感と創造性)と学(science)(分析と計算)の両方の適用を含んでいる。

時代を超えて変わらないことと変化すること:The Timeless and the Changing

戦争を説明するための「用兵(Warfighting)」の試みは時代を超越した言葉であった。戦争のいくつかの側面は変更可能であると認識しているが、それらの側面には対応していない。それは米海兵隊員にそれらの変化に注意を払うように促すものである。しかし、それはそれらの変化が何であるかを特定することを彼らに任せる。ほとんどの場合、戦争の外見上の形態のみが変化するが、劇的な政治的、社会的、または技術的発展の結果として、戦争のより深い性質にさらに深刻な変化が生じる場合がある。

そのような発展の例には、国の徴兵制、火薬の発明、航空の導入、および核兵器の発明が含まれる。近い将来、戦争の性質を変えると予想される新たな開発には、ロボットシステム、人工知能、機械学習、宇宙の軍事化などがある。対照的に、戦術と技術は、敵同士の相互適応のために絶えず進化する—動的な決闘のさらに別の現れである。

紛争の性質の変化は、その形態の単なる変化よりも大きな影響を与える傾向があるが、前者は通常、後者よりもはるかに理解するのが困難である。どちらの場合でも、「用兵(Warfighting)」が言うように、変化のプロセスに遅れないようにすることが重要である。なぜなら、戦争の術と学(art and science of war)の発展を最初に利用する交戦者は大きな利点を得ることができるが、交戦者は変化する性質を知らないか、 戦争の形態は、その挑戦と等しくなくなる可能性がある。

結論として:In Conclusion

上記の議論を合成すると、問題は次のとおりである。

決闘(Zweikampf)の動力学の力によって、それぞれがお互いに自分自身を押し付けようとしている、独立した、敵対的な、そして和解できない意志の間の衝突に勝つにはどうすればよいのか?

動的な状態は、たとえそれがその環境を作り出したとしても、摩擦、不確実性、流動性、無秩序、複雑性(complexity)、暴力、危険に支配された環境で繰り広げられる。それは人間の本質の様々な特徴(traits)によって知らされている。それには、物理的、精神的、道徳的な側面で行動する必要がある。それには、時代を超えて変化する要因を理解し、バランスを取る能力が必要である。そしてそれは術と学(art and science)の相互作用を含むものである。

これは、「用兵(Warfighting)」が自らに設定する課題である。この課題への答えは、次の論文で説明するように、決闘(Zweikampf)とそれが提示する条件で米海兵隊員が生き残り、勝つ(survive and prevail)ための「行動の哲学(philosophy for action)」である「用兵(Warfighting)」で説明されているように、機動戦(maneuver warfare)であると提案している。

ノート

[1] Russell L. Ackoff, Redesigning the Future: A Systems Approach to Societal Problems, (New York, NY: Wiley and Sons, 1974).

[2] Herbert A. Simon, The Sciences of the Artificial, 3rd edition, (Cambridge, MA: MIT Press, 1996).

[3] Carl von Clausewitz, On War, trans. and ed. by Michael Howard and Peter Paret, (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1984). Pronounced “tsvai-kampf”: “Zweikampf.”

[4] On War.

[5] Alan D. Beyerchen, “Clausewitz, Nonlinearity, and the Unpredictability of War,” International Security, (Cambridge, MA: MIT Press, Winter 1992).

[6] Ibid.