米海兵隊のドクトリンを読む⑤ MCDP1-4 Competing その3

0

第1章 競争の本質
第2章 競争の理論
第3章 競争の準備:Chapter 3 Preparing for Competition

競争と米海兵隊:COMPETITION AND THE MARINE CORPS

戦役遂行(campaigning)の考え方:CAMPAIGNING MINDSET

専門職の意識:PROFESSIONALISM

教育:EDUCATION

人材管理:TALENT MANAGEMENT

戦力化の計画策定:FORCE PLANNING

結論:CONCLUSION

第4章 競争相手が競争にアプローチする方法
第5章 競争の遂行

第3章 競争の準備:Chapter 3 Preparing for Competition

海兵隊員と米海兵隊にとって最も重要な任務は、我々が常に競争していることを認識することである。何もしないことを選択することは競争上の決定であるが、それはたまたま競争者(competitors)に主導性(initiative)を明け渡すものである。

競争と米海兵隊:COMPETITION AND THE MARINE CORPS

海兵隊員と米海兵隊は、国際関係で行われる永続的な競争で国家が使用するためのツールである。毎日、海兵隊員の能力と部隊の態勢は、競争者(competitors)と潜在的な敵対者(adversaries)の思考に影響を与える。米海兵隊の信頼性が高いほど、同盟国やパートナーにとって魅力的(attractive)である。米海兵隊が抑止力として信頼できるほど、潜在的な競争相手(rivals)の考えに影響を与える。

バナナ戦争とモンロー主義

海兵隊員は1920年代と1930年代にカリブ海でのいわゆるバナナ戦争のために頻繁に配備された。これらは当時の「ハイブリッド戦争(hybrid wars)」であり、暴力のしきい値の両側で活動が行われていた。

これらの展開は、米国の死活的な利益にも役立った。海兵隊員の存在は、外交および情報ツールとして使用された。彼らの存在は、モンロー主義に従って、米国がヨーロッパの勢力にカリブ海から(そしてパナマ運河から)離れるように合図する方法であった。

 

海兵隊員の場合、我々の国の競争への参加は募集から始まる。軍種に持ち込まれた個人の質のレベルは、信頼できる力を構築するための原材料を提供する。教育レベル、体力、精神的回復力などの属性は、これらの個人が首尾一貫した有能な組織のメンバーにどれだけ早く変身できるかを決定する。これらの属性は、既存の力を適応させたり、新しい力を作成するために革新したりするために利用できる可能性の範囲を確立するのにも役立つ。

歴史的に、米海兵隊は国家のハイブリッド部隊であり、暴力と非暴力の境界線にまたがる活動を行ってきた。海兵隊員は、必要に応じて同じ場所で秩序を回復する準備をしながら、必要なときに地元の人々を助けるために場所に配備されることがよくある。

米海兵隊が「国家の準備が最も整っていないときに最も準備ができている(most ready when the Nation is least ready)」という方向性(direction)は、戦争と同様に競争にも当てはまる。実際、この声明自体は、国力の情報要素における競争行為と見なすことができる。

NATOの北側側面での競争すること

ノルウェー空中海兵遠征旅団プログラムは、NATOの北側の側面を強化するために1981年に開始された。このプログラムの到達目標は、ノルウェーに事前配置された装備で迅速な対応を可能にし、この地域のNATO軍を迅速に強化できるようにすることであった。プログラムのより高いレベルの狙い(aim)は、ソビエトの攻撃性を阻止することであった。

冷戦後、このプログラムは世界中の海洋配備を支援するために使用された。ロシアの侵略を阻止することへの新たな焦点の一部として、機器は近年近代化された。

 

戦役遂行(campaigning)の考え方:CAMPAIGNING MINDSET

競争は国レベルで本質的に永続的であり、軍事的要素は通常、特に戦争に至らない競争の範囲で脇役を演じる。これにより、我々は競争についての戦役遂行の考え方(campaigning mindset)を身に付けることができる。これは、自分の行動を他の人と一体化する必要があるという長期的な思考と認識を特徴としている。海兵隊員は、米海軍と統合部隊(joint force)の一部としてだけでなく、国力のすべての要素を組み合わせたアプローチで省庁間の一部として競争する。海兵隊員は、我々の同盟国とパートナーを我々の競争に一体化するよう努めるべきである。これにより、我々の選択肢が増えると同時に、競争相手(rivals)に提示できる潜在的なジレンマの数も増えるからである。

謙虚さの育成もこの考え方(mindset)にとって重要である。海兵隊員は、観察(observe)、指向(orient)、決定(decide)、行動(act)ループ、またはOODAループについて早い段階で学ぶ。OODAを理解することで、各決定は、行動するときに現実の世界でテストされる仮説であることがわかる。戦役遂行の考え方(campaigning mindset)には、競争者(competitor)から作成したモデルに基づいて計画を立てるという理解が含まれる。競争で我々の到達目標を達成する方法についての我々の決定は理論である。次に、計画にフィードバックループを組み込んで、モデルと理論が到達目標を達成するのに十分正しいことを確認するか、それらを変更する必要がある。

競争戦役(competition campaign)は永続性の考え(idea of persistence)を導入する。戦略的競争は、スプリントというよりはマラソンのようなものである。競争の永続的な本質は、どの戦役(campaign)もその到達目標を達成するために長期的な責任を必要とすることを意味する。また、競争上の優位性(competitive advantage)(および競争相手(rivals)の優位性)が時間の経過とともにどのように変化するかについても注意する必要がある。

専門職の意識:PROFESSIONALISM

「国の防衛を担当する軍事専門職として、海兵隊員の指導者は戦争の実施における真の専門職でなければならない」 MCDP 1からのこの声明は、海兵隊員の最優先事項を確立する。それは国を守ることである。海兵隊員は専門職として、この防衛を重要で永続的な国益(enduring national interests)として認識している。我々の専門職意識(professionalism)は、競争者(competitors)とは一線を画す国の価値観に基づいている。

戦術的末端(tactical edges)でのコンピュータコードの記述

コンピュータチップとそれらに操作指示を提供するソフトウェアは、機器、センサー、および通信システムに組み込まれ、統合部隊(joint force)のいたるところにある。米海兵隊では、配備された戦術部隊の海兵隊員が、作戦を合理化するため、または適応性ある敵(adaptive enemy)の先を行くためにソフトウェアを作成、再書き込み、または更新することはまれであるが、これは変化し始めている。

SPMAGTF-CR-CC[1]展開の二人の海兵隊員は、競争上の優位性(competitive advantage)を与えるために独立してソフトウェアを作成した。一つは、信号インテリジェンスのソートを自動化し、対象の信号をノイズから分離した。別の人はIEDの電子トリガーを作成し、チームが適応性ある敵(adaptive enemy)の一歩先を行くことができるようにそれらを打ち負かす手順を開発した。

この種の活動は、アドホックな例外ではなく、まもなく標準になる。 我々の用兵の装備に一体化されたソフトウェアは、考える競争相手(rivals)との競争上の優位性(competitive advantage)を維持するために適合させる必要がある。

 

その基準を達成すること、つまり国を守る準備ができていることは、これまでもこれからも競争力のある行為である。我々は、米海兵隊の存在が潜在的な敵を阻止するのに役立つことを認める。我々の到達目標は、その抑止(deterrence)が暴力のしきい値(threshold of violence)を下回って行われることである。専門職はこの到達目標を理解しているため、到達目標の達成に向けてエネルギー(特に自習と部隊開発)を指向している。

専門職として、我々は、強制的なツールの開発は、競争に誘い入れる必要性とバランスをとらなければならないことを認識している。たとえば、誘引戦略(attraction strategy)の一つの構成要素は、味方との相互運用性を高めることで、より大きな抑止(deterrence)につながる可能性がある。それはまた、我々が災害救援任務を遂行する際に、国力の情報要素を通じて進歩につながる可能性がある。海兵隊員は、強制(coercion)と誘引(attraction)の両方を使用し、より大きな競争に一体化する機会に注意を払う必要がある。

MCDP 1はまた、「軍の専門職は思考の専門職である(military profession is a thinking profession)」と示している。これは、海兵隊員が我々の仮定に挑戦するために必要な精神的規律を実践しなければならないことを意味する。専門職として、我々は環境を冷静に評価し、競争者(competitors)のペースを設定していることを確認する必要がある。

教育:EDUCATION

海兵隊員のための専門的な軍事教育は、継続的で進歩的な開発プロセスにおいて、創造的で思考力のあるリーダーを育成することを目的としている。この哲学は、海兵隊員が戦争だけでなく競争でも成功するために必要な教育の種類とよく一致している。戦争のように、競争の本質は長期間にわたって持続するが、その性格は絶えず進化している。競争相手(rivals)は、競争上の優位性(competitive advantage)を向上させ、主導性(initiative)を獲得し、競争者(competitors)のバランスを崩さないように努めている。

イノベーターのジレンマからの競争力のある教訓

この本は、「競争力のあるアンテナを立ち上げ、顧客に鋭敏に耳を傾け、新しい技術に積極的に投資した」としても、適切に管理された企業がどのように市場の支配を失うかを検証する。

成功し、定評のある企業は、イノベーションの維持に優れており、既存の競争上の優位性(competitive advantage)を段階的に改善する。時間が経つにつれて、彼らはタイプの人々を誘い入れ、既存の方法と技術をより良くするのに非常に優れた手順を開発する。ただし、組織内の人々は破壊的な方法と技術がどのように競争上の優位性(competitive advantage)を生み出すことができるかを理解するのに苦労しているため、これらの企業は破壊的イノベーションに対して非常に脆弱になる。

イーストマンコダックは典型的な例である。同社はデジタル写真を発明したが、それから市場を作る方法を理解できなかった。他の人々は、この破壊的技術から市場を勝ち取る戦略を作成することができ、最終的にイーストマンコダックを業界のトップから追い出した。

 

教育は、海兵隊員が長期にわたって競争上の優位性(competitive advantage)を維持するための主要な方法である。海兵隊員のリーダーがキャリアを進めるにつれ、競争の最前線にとどまるために不可欠なイノベーションのサイクル(cycles of innovation)を通じて米海兵隊のような組織を導く実力(ability)を提供するコンセプトの習得を開発する必要がある。これらのコンセプトは、単なる適応を超えている。それらには、組織の学習、組織が環境の変化を感知し、それらの変化に応じてその有効性と効率を改善する実力(ability)、変更管理、従業員の関与を維持できる場合、リーダーが組織内で必要な変更を実装しながら、持続的イノベーションと破壊的イノベーションの違い、などのトピックが含まれる。これは本質的に、既存のものの段階的な改善と、時間の経過とともに古い方法に取って代わる新しいより良いアプローチとの違いである。

海兵隊員が戦争と用兵(warfighting)だけで自分自身を教育するだけでは十分ではない。そのような狭い焦点は、彼らが国家に与えることができる利益を制限する。海兵隊員のキャリアのほとんどは、FMFでの訓練、または支援施設での勤務に費やされる。競争と米海兵隊がそれにどのように貢献するかを理解することは、特に米海兵隊の競争力の属性に最大の影響を与えるキャリア海兵隊員にとって不可欠なスキルである。海兵隊員が競争に勝つためには、軍事史やリーダーシップを超えた社会的、経済的、技術的、その他の問題に関する独学が不可欠である。

教育の到達目標は、戦役遂行の考え方(campaigning mindset)の中で、海兵隊員が利用できるすべての能力がより大きな競争戦略にどのように適合し、支援できるかについての認識(awareness)を育むことである。それは、潜在的および既存の同盟国およびパートナーの利益に対する知識と開放性を改善するはずである。我々が教育に求める成果は、海兵隊員が競争のより大きな可能性を想像する実力(ability)を高めることである。

人材管理:TALENT MANAGEMENT

我々の機動戦(maneuver warfare)のドクトリンは、個人の判断と行動を重視している。これは、特定の等級のすべての海兵隊員と職業上の専門分野の互換性がないことも認識していることを意味する。それらは特定の実力(ability)と気質に基づいてビレットに割り当てられるべきである。「用兵(Warfighting)」に見られるこの人材管理の表現は、「競争すること(competing)」にも同様に当てはまる。

人々にはさまざまな長所と短所がある。最も効果的に競争する組織は、彼らの強みを利用する立場に彼らの人々を配置する。彼らはまた、彼らの強みの開発について彼らの人々を指導し、彼らの使用を組織の到達目標に結び付ける。一部の人々は、作戦や組織のための新しいデザインの計画策定と作成に優れている。他の人は、青写真を取り、それを最適化して、可能な限りうまく機能するようにすることに長けている。これらすべてのことを同等のスキルで行う実力(ability)を持っている人はほとんどいない。最高の効果で競争するために、海兵のリーダーは彼らが率いる人々の才能を測定し、次にこれらのスキルを彼らが実行する義務に一致させる必要がある。これを上手く継続的に行う組織には、持続的な競争上の優位性(competitive advantage)もある。つまり、時間の経過とともに人々のパフォーマンスを最大化する。

戦力化の計画策定:FORCE PLANNING

米海兵隊の戦力化の計画策定(部隊のデザイン、開発、管理の機能を含む)は、会戦の勝利に使用する統合部隊(joint force)の機能ツールである部隊の構築と、競争の連続体(competition continuum)の多くのポイントでの有用性のバランスをとる必要がある。この複雑な事業の成果は、一般的に競争すること、特に用兵(warfighting)のニーズに応える必要がある。それらが両方とも同じ連続体に存在し、相互に関連していることを認識することで、この計画に対する全体的なアプローチが形成される。これは、教育や戦役遂行の考え方(campaigning mindset)などが、戦力化の計画策定(force planning)で使用するためのオプションを生成する実力(ability)を形作るため、前述の議論を重視する。

これを成功させるために、我々の戦力化の計画策定(force planning)の成果は、我々の潜在的な競争者(competitors)にジレンマを提示し、我々に対する彼らの計画を打ち負かす必要がある。組織、ドクトリン、訓練、および装備を組み合わせる方法は、競争上の優位性(competitive advantage)(または複数の優位性)を生み出すはずである。これらの各要素内で選択するオプションは、時間の経過とともに競争力に影響を与える。たとえば、装備力学の訓練を強化して、外部の支援なしで長期間作戦できるようにすると、その後、我々はまた、長期間の厳しい環境で作戦する実力(ability)を強化する。戦力化の計画策定(force planning)の結果は、これらの各要素内で行われた選択の合計である。これらの選択は、戦闘に役立ち、競争にも役立つ競争上の優位性(competitive advantage)を確立するという到達目標によって導かれる必要がある。

我々が十分に準備するためには、海兵隊員は競争における非対称性のメリットと課題も考慮する必要がある。真に非対称的な競争行動は、競争相手(rival)にコストを課す可能性がある。たとえば、1970年代と1980年代に開発された米国起源の「アサルトブレーカー(Assault Breaker)[2]」のコンセプトは、装甲と数におけるソビエトの優位性に対する非対称的な反応であった。「アサルトブレーカー(Assault Breaker)」は、改良されたセンサーと精密な弾薬を組み合わせて、ソビエトの優位性を打ち消した。今日、中国はしばしば、人民解放軍海軍、沿岸警備隊、海軍民兵の三つの軍隊の海の構成要素すべてを協調して使用することにより、非対称的に力を投射している。中国は、東シナ海と南シナ海の紛争および関連事件の最前線で、後者の二つの海軍を定期的に使用している。競争における非対称性の多くの歴史的な例は、戦役遂行の考え方(campaigning mindset)と教育の価値を強化している。非対称的な優位性を積極的に探して採用することで、競争者(competitors)に対して相対的に有益な立場に立つことができる。海兵隊員は、我々に同じことをしようとするとき、警戒を怠らない必要がある。

戦術核兵器の時代に競争力を維持する

1950年代の後半、米海兵隊はイノベーションのために組織した。海兵隊員の指導者たちが直面した問題は、戦術核兵器がその時代の水陸両用作戦に必要な船の大量化に対して壊滅的な影響を与えて使用できる時代に、どのように競争力を維持するかであった。

米海兵隊テスト部隊No.1は、戦術核兵器の脅威の下での作戦に関連する新しい戦術と技術を実験および検証するために作成された。Hogaboom Board(LtGen Robert E. Hogaboom理事長にちなんで名付けられた)は、水陸両用作戦の暴行波のためのヘリコプター搭載の方法を開発した。これにより、海上輸送および陸上の要素が核兵器の影響を分散および軽減できる。

この作業は、1950年代から1960年代初頭にかけて、FMFの組織と装備に永続的な影響を及ぼした。競争の観点からさらに重要なことは、戦術核兵器の脅威にもかかわらず、米海兵隊を信頼できる抑止力にしたことである。

 

戦力化の計画策定(force planning)の実行は、我々が連続体全体で国家の戦略的競争にどのように貢献できるかについての理論を発表し、理論を実現する能力を構築し、次に演習と作戦を通じて能力をテストすることから始まるサイクルを開始する。他の政治的行為主体(political actors)は、この理論が展開するのを観察し、それに対してより効果的に競争できるように適応する。これらの適応の観察は、サイクルをもう一度開始する。

戦力化の計画策定(force planning)は、潜在的な敵対者(adversaries)の先を行くための継続的な努力である。したがって、戦力化の計画策定(force planning)自体は競争行為であり、米海兵隊は、競争上の優位性(competitive advantage)を維持するため、または新しい部隊を開発するために、必要に応じて部隊を再構成する実力(ability)を保持する必要がある。この実力(ability)は、謙虚さと仮定に疑問を投げかける規律ある実践から来る精神的柔軟性から始まる。

競争の連続体(competition continuum)と暴力のしきい値(threshold of violence)の上下両方でのその存在に対する我々の認識(awareness)は、戦力化の計画策定(force planning)に関する我々の見方を広げる。我々の哲学は、これまでと同様に、米海兵隊が会戦に勝つ実力(ability)を犠牲にすることなく、海兵隊員が競争に成功する準備をすることができるということである。我々自身の理解には、米海兵隊が米海軍と統合部隊(joint force)である複雑適応系(complex adaptive systems)にどのように適合するかを含める必要がある。米海兵隊が暴力のしきい値(threshold of violence)の両側で活動していることを我々は知っており、これが将来も続くことを期待している。しかし、我々の戦役遂行の考え方(campaigning mindset)は、海兵隊員が必要なときにそれを超えて活動する準備ができているとしても、米海兵隊が暴力のしきい値(threshold of violence)を下回って定期的に活動することによって戦争の防止にどのように貢献できるかを徹底的に調査するように導くはずである。

結論:CONCLUSION

米海兵隊は、国際関係における通常の出来事である戦略的競争のための国家のツールの一つである。専門職として、海兵隊員はこの状態を認め、この闘争で成功するために彼ら自身と米海兵隊を準備する。戦役遂行の考え方(campaigning mindset)を採用することで、これを効果的に行うことができる。これは、多くの場合、数年から数十年にわたる長いタイムラインを視覚化するのに役立つ。これは、彼らが求める教育の種類に影響を与え、長期的な戦役(campaign)の過程で競争上の優位性(competitive advantage)を維持し、新しいものを生み出すために必要となる継続的なイノベーションに備える。また、最も競争力のある組織は、定期的に自分の強みを活用できる立場に配置することで従業員を最大限に活用する組織であるため、人材管理に対する彼らの思考(thinking)にも影響を与える。この準備のすべてが、長期的な競争に必要なタイプの機敏な戦力化の計画策定(force planning)につながり、国力の軍事的要素において競争上の優位性(competitive advantage)を達成し、維持する一連の戦力化の計画策定(force planning)の成果をもたらす。

ノート

[1] 【訳者註】https://www.imef.marines.mil/Units/SPMAGTF-CR-CC/

[2] 【訳者註】1978年、DARPAは、レーザー、電気光学センサー、マイクロエレクトロニクス、データプロセッサー、レーダーなど、アサルトブレーカープログラムの下で精密誘導爆弾(PGM)に重要な多くの技術を一体化した。アサルトブレーカーは4年間にわたって、いくつかのスマート兵器システムの技術的基盤を築き、最終的には高い成功を収めた。(https://www.darpa.mil/about-us/timeline/assault-breakerから)