米海兵隊のドクトリンを読む⑤ MCDP1-4 Competing その4

0

第1章 競争の本質 
第2章 競争の理論
第3章 競争の準備 

第4章 競争相手が競争にアプローチする方法:Chapter 4 How Rivals Approach Competition

テスト:THE TEST

異なる指向:DIFFERING ORIENTATIONS

OODAループにおける指向の効果:Orientation’s Effect on the OODA Loop

言語が振る舞いを形成する:Language Shapes Behavior

文化:Culture

競争相手が競争環境をどのように見ているか:HOW RIVALS VIEW THE COMPETITIVE ENVIRONMENT

競争戦役(competition campaign)への異なるアプローチ:DIFFERING APPROACH TO COMPETITION CAMPAIGNING

競争相手の競争に対するコンセプト:A RIVAL CONCEPT FOR COMPETITION

コンセプトの図示:The Concept Illustrated

結論:CONCLUSION

第5章 競争の遂行

第4章 競争相手が競争にアプローチする方法:Chapter 4 How Rivals Approach Competition

私の友人は、ロシアでの生活が一度も行ったことがない人にどのようなものかを説明しようとすることは、それを経験したことがない人に愛の謎を説明しようとするようなものだと言う[1]

—ジョージ・ケナン

効果的に競争するには、競争を深く知る必要がある。競争者(competitor)の世界観、意思決定、行動傾向を理解することによってのみ、その競争者(competitor)を打ち負かすことができる。競争相手(rival)の弱点と恐れを把握することによってのみ、それらを悪用することができる。そのような理解には、次に、持続的な知的および経済的投資が必要である[2]

―ハル・ブランズ

テスト:THE TEST

この章では、米国とその同盟国の競争相手(rivals)と見なす政治的行為主体(political actors)がどのように競争に取り組むかを探る。通常、これは、過激派のイデオロギーに帰する権威主義的な政府または非国家主体を持つ国(states)を意味する。これらの行為主体(actors)は、受け入れられている国際規範に反する競争力のある方法を使用しているか、米国とその同盟国の利益と衝突する利益を追求しているため、「競争相手(rivals)」とラベル付けしている。多くの場合、彼らは両方を行う。

我々の潜在的な競争相手(rivals)がどのように競争にアプローチするかを真に理解するには、真剣な反省と批判的思考(critical thinking)が必要である。そのような知的規律がなければ、海兵隊員が彼ら自身の思考パターン、米国社会に住み、米海兵隊のような組織で奉仕することから発展したパターンを超えて見ることはほぼ不可能であろう。ただし、この種の知的作業を行う人は、(第2章で説明したように)競争への競争相手(rival)アプローチを表すモデルを作成する機会を自分自身に与える。

OODAループに戻って、他の人が競争に異なるアプローチをする理由とその影響についての理解を深める。OODAは単なる線形プロセスではないことを認める。人の指向(orientation)は、OODAループの他の三つの要素と動的に相互作用する。以下では、競争相手(rival)の指向(orientation)が我々の指向(orientation)とどのように異なるかを調べ、この知識を使用して、競争への競争相手(rival)のアプローチについての理解を深める方法を見ていく。

異なる指向:DIFFERING ORIENTATIONS

OODAループにおける指向の効果:Orientation’s Effect on the OODA Loop

指向(orientation)は、OODAループの他のすべての要素に影響を与える。これは、人々が観察したことをどのように理解するかを制御(control)し、意思決定と行動を形作るためである。指向(orientation)は、言語、文化、遺伝学、教育、以前の経験など、人が世界を理解する方法に影響を与えるすべてのもので構成される。人間は、指向(orientation)から開発したメンタルショートカット(ヒューリスティックと呼ばれる)をよく使用する。たとえば、人々が車の運転を学ぶとき、彼らは右折する経験を積む。最初は、方向指示器の作動、ミラーで他の交通を探す、ブレーキペダルを踏む、ホイールを回すなど、各ステップを意識的に考える。相対的に短時間で、この経験は精神的な近道になる。ドライバーは、脳が「右折(right turn)」として知っているパターンを認識し、意識的な思考をほとんどまたはまったく適用する必要なしに、自動的に方向転換のステップを実行する。同様のタイプのメンタルショートカットも頻繁に発生し、多くの場合、はるかに複雑または危険な状況で発生する。

海兵隊員は、人の指向(orientation)が彼らの選択において果たす役割と、これが世界でとる行動とどのように関連しているかを理解することが不可欠である。これは、ある種の集団的指向(collective orientation)が同様の方法で機能することができる人々の集団にも当てはまる。競争相手(rival)の競争へのアプローチを理解することが、独自の戦役(campaign)を作成するのに役立つ場合は、競争相手(rival)の指向(orientation)の構成要素を意識的に研究する必要がある。二人が一連の事実を見て、これらの事実の意味について非常に異なる結論に達する可能性があることに注意してほしい。これは人々の集団にも当てはまる。第2章で学んだように、ナラティブ(narratives)は人々が事実に意味を与えるために使用するものである。この意味でのナラティブ(narrative)は、世界がどのように機能するかを説明する物語(story)である。このナラティブ(narrative)、または物語(story)は、指向(orientation)で見つかった構成要素(言語、文化、経験など)から構成されている。したがって、人々は自分の指向(orientation)に基づいて世界を理解する。

言語が振る舞いを形成する:Language Shapes Behavior

人々は言葉を使って周囲のことを説明し、世界で何が起こっているかを説明する。これらの言葉は彼らの行動に影響を与える。言語は人々の集団に同じように影響を及ぼす。彼らが選ぶ言葉は彼らがお互いに伝えたい意味を提供するからである。理解された意味により、集団は何らかの方法で行動する。これは「競争(competition)」という言葉に当てはまることに注意してほしい。欧米では、この言葉はスポーツイベントや市場シェアを獲得しようとしている二つの企業を思い起こさせるさまざまな意味を持っている。「大国(great power)」競争や「国民国家(nation-state)」競争などの記述子を単語に追加すると、記述子が提供する文脈によって、直面する「競争(competition)」の種類についての理解が調整される。

西側での「競争(competition)」の使用を、権威主義政府が同じ関係にラベルを付けるために使用する言葉と比較してほしい。対比は、言語がどのように行動を形作るかを理解するのに役立つ。たとえば、一部の競争相手(rivals)は、「闘争(struggle)」または「闘いながら受け入れる(embracing while fighting)」を使用して、我々が「競争(competition)」と呼んでいるものに名前を付けている[3]。ほとんどの海兵隊員にとって、「闘争(struggle)」または「闘い(fighting)」と呼ばれるものを聞くと、「競争(competition)」と呼ばれるものを聞く場合とはかなり異なる初期反応が形成される。これは、言葉の使い方を学ぶ方法に精神的な近道が組み込まれているためである。我々の経験が我々にそれらの言葉が通常意味することを教えてくれる。これは、競争者(competitors)が使用する言語を検討する際に批判的思考(critical thinking)を採用する必要があることを警告するはずである。それは彼らに異なる視点から状況にアプローチさせる可能性があり(そして実際に)、それは彼らに我々が選択するかもしれない異なるツールの使用を検討するように導く。

人々が物事を説明するために選ぶ言葉はまた、偏見や傾向を明らかにする可能性があり、これらは悪用される可能性がある。世界中の競争者(competitors)は、西側社会が自分たちを「平和(at peace)」または「戦争(at war)」の状態にあると考える傾向があることを認識している。これは、毛沢東の「政治は流血のない戦争であり、戦争は流血のある政治である」とは大きく対照的である。毛沢東は、政治的行為主体(political actors)間の永続的な関係を表すために「戦争(war)」という言葉を選び、本質的に、関係は時々暴力的であるが、それは常に戦争の状態であると述べた。海兵隊員は、このような言葉の使用が米国の説明とどのように異なるか、そしてこれらの違いが競争で競争相手(rival)が使用する可能性のある方法や手段に対応する影響を考慮する必要がある。

文化:Culture

集団の文化は、内部および外部の問題を解決する方法についての集団の蓄積された共有学習として定義できる。次に、集団はこの共有学習が有効であると判断するため、新しいメンバーはそれを知覚、思考、感じ、行動する正しい方法として学習する。その後、集団は、信念、価値観、行動規範のシステムとして、この蓄積された学習を当然のことと見なし始める。これが起こると、システムは基本的な仮定に変わり、最終的には意識的な認識(conscious awareness)から外れる[4]。文化はコンピュータのオペレーティングシステムに類似している。これは、コンピュータの動作に関する基本的なルールセットであるが、バックグラウンドで動作する。オペレーティングシステムがコンピュータの動作にどのように影響するかを知りたい場合は、意図的にオペレーティングシステムを調べる必要がある。文化はこのルールセットのようなもので、集団の考えや行動に影響を与えながらバックグラウンドで動作する。(文化は、オペレーティングシステムと同様に、学習が進むにつれて更新と調整を受け取り、新しい脅威と機会に適応する。ただし、文化は有機的に変化するが、オペレーティングシステムは人間の介入に依存する)文化にはさまざまな属性があるが、属性については、文化が競争相手(rivals)の競争への取り組み方にどのように影響するかを検討する際に、時間、リスク、考え方(mindset)を強調する。

集産主義者(collectivist)または集団に焦点を当てた文化は、個人よりも集団の重要性を強調し、多くの場合、開発に時間がかかるコンセンサスを得ることによって決定に到達することを余儀なくされていると感じる。米国の指向(orientation)からすると、これには時間がかかりすぎるように見えるかもしれない。集団的な文化の指向(orientation)から、コンセンサスを達成することは非常に重要であると考えられるかもしれない。どちらの視点も客観的に「正しい(right)」または「間違っている(wrong)」わけではないが、それぞれの文化的指向(orientation)から見た場合、それぞれが論理的に一貫している。

指向(orientation)が異なれば、リスクの特定と評価に対する態度も異なる。これは我々にとって驚くべき行動につながる可能性がある。たとえば、中国とロシアの船と航空機は米軍のすぐ近くで機動されており、これは不必要に危険であり、合意された国際的協約(international protocol)に反して動作しているように見える[5]。我々が自分たちを彼らと「平和に(at peace)」いると考えるとき、我々は特にそのような行動を奇妙だと見なすかもしれない。これらのリスクを取ることは、別の観点からはかなり異なって見えるかもしれない。このように行動することは、「流血のない戦争(war without bloodshed)」または「闘うことなく受け入れる(embracing without fighting)」状態にあると考える人々にとっては正当であるように思われるかもしれない。

最後に、異なる文化は異なる考え方(mindset)を生み出す。上で述べたように、文化は、意識的な認識(conscious awareness)のレベルより下のバックグラウンドで働く信念、価値観、行動規範のシステムである。これは、与えられた状況で「正しい(right)」選択をしようとする心の枠組みを生み出し、「正しい(right)」はこれらの背景要因によって定義される。これはしばしば直感(intuition)とラベル付けされる。自分の文化の中で誰かが直感的な選択(intuitive choice)をした場合、その選択はその文化の他の人によって正しいものと判断されることがよくある。これは、それが正しいかどうかを判断するために使用する基準が、直感的な選択に最初に情報を与えた信念、価値観、規範と一致しているためである。しかし、異なる文化の人々は、異なる価値観、信念、規範に由来する異なる判断基準を持っているため、我々とはまったく異なる直感的な選択につながる可能性がある。彼らが使用した基準は意識的な考えを下回っているため、人々がなぜこれらの選択をしたのかを説明するのは難しいであろう。

競争相手が競争環境をどのように見ているか:HOW RIVALS VIEW THE COMPETITIVE ENVIRONMENT

異なるシステム内で活動している競争相手(rivals)、特に権威主義的な政府との競争者(competitors)は、しばしば脅威にさらされていると認識する(次の灰色のボックスはこれらの認識の一例を示している)[6]。これらの国(states)では通常、体制の存続が最優先事項である。

これらの競争相手(rivals)は、競争力のある選択肢を拡大すると同時に、認識されている脅威を減らす機会を探している。我々の競争相手(rivals)は、米国の優位性を相殺するため、または活用する継ぎ目を見つけるために、米国の国家権力の要素を絶えず研究している。たとえば、冷戦時代のソビエト連邦は、米国とソ連の間の「力の相関(correlation of forces)」を測定するための精巧なシステムを開発した。これはさらに、経済力の相関、軍事力の相関などに分解された[7]。彼らは米国を深く研究し続けているので、思考プロセスは今日ロシアに大きな影響を与えている。「敵を知り、自分自身を知る(know your enemy and know yourself)」という孫子の有名な声明は、中国が米国と西洋を研究するためのおそらくさらに深い文化的要請を浮き彫りにしている。

最後に、一部の競争相手(rivals)は、攻撃的な行動(攻撃的なサイバー作戦、他の国(states)の内政への干渉、偽情報など)を使用して国際関係の現状を変えることの正当性について異なる見方をしている。彼らの行動は、彼らが彼らの優位性のためにそれらの協定を使用することができない限り、彼らが国際的な協定や規範に縛られていると感じていないことを示している。代わりに、彼らの行動は、彼らが尊重するかもしれない唯一の種類の制限として、リソースの制約またはハードパワーの抑止(deterrence)を認識していることを示している。

脅威の知覚:NATOに対するロシアの態度は進化する

多くのロシア人は、ソビエト連邦の崩壊後、1990年代にNATOのパートナーになろうとした(そして参加を検討した)という見解を持っている。彼らの見解では、NATO(そして特に米国)が彼らの利益を無視し、ロシアを大国として扱うことができなかったと彼らが信じたので、関係は否定的になった。

ロシア人は、モスクワと緊密な関係にある国である「セルビアに対するNATOの爆撃に多くの人が愕然とした」ため、1999年までにNATOを潜在的な脅威と見なし始めた可能性がある。2000年代のいくつかの米国の政策は、ジョージアとウクライナの色の革命への支援、弾道弾迎撃ミサイル防衛の米国の計画、国連の命令なしのイラク侵攻など、懸念を引き起こした。

ロシアは、2007年以降、米国とNATOからの脅威が増大していることを認識し、「積極的かつ意図的にロシアを脅かしている」と信じていた。これらの認識された脅威には、NATOに加盟するジョージアとウクライナへの開放、アラブの春への支援、リビアに対する軍事行動が含まれていた。ウラジーミル・プーチンは、アラブの春から彼の政権に対する脅威との直接的なつながりを引き出したようである。

この例は、人々の決定と行動に影響を与える指向(orientation)の力を強調している。米国と西側がロシアの列強を軽視するつもりだったのか、それともアラブ民主主義への支援を脅威として利用しようとしたのかは議論の余地がある。しかし、ロシアの指導者たちは、これらの行動が自国、特に政権に対する脅威であり、明らかに競争上の選択に影響を与えていると認識していた。彼らは今、これを彼らの行動を正当化するための強力なナラティブ(narrative)として使用している。

 

競争戦役(competition campaign)への異なるアプローチ:DIFFERING APPROACH TO COMPETITION CAMPAIGNING

上記のすべては、永続的な闘争の考え方(mindset)につながる。彼らが特定の分野で協力することを選んだとしても、「平和な(at peace)」状態はない。それは、彼らが競争するかどうかではなく、いつ、どのように競争するかという問題になる。 これを考え方(mindset)として、競争上の優位性(competitive advantage)を生み出すために使用されるツールは、人間の創造性と利用可能なリソースによってのみ制限される。これらの競争相手(rivals)は、主に経済を前進させるために行動を起こすかもしれないが、その行動を活用して優位性を獲得することも試みる。この考え方(mindset)により、彼らは出現する可能性を利用しようとする。競争者(competitors)が他の世界の出来事に気を取られていると彼らが信じるとき、彼らはこれがもたらすあらゆる機会をつかむであろう。

以下は、競争相手(rivals)の競争へのアプローチの一般的な特徴[8]である。

強力な中央指揮統制。

明確な戦略到達目標。

強力なナラティブ(narratives)。

良性の活動の兵器化[9]

民族離散(diasporas)の募集。

民族メディアの支配。

地方政治への干渉。

強力な執行措置。

犯罪組織やテロ組織を含む地元の集団との関係を育む。

治外法権の主張。

インテリジェンスと秘密作戦。

依存関係の奨励。

強力な軍事的掩護。

諸兵科連合のコンセプトの拡張[10]

高レベルのリスクの受け入れ。

長期的な態勢。

彼らはこれらの特徴を斬新で革新的な方法(innovative ways)で組み合わせて、米国とその同盟国の盲点(「平和」など)の優位性を活用しながら到達目標を追求する。

競争相手の競争に対するコンセプト:A RIVAL CONCEPT FOR COMPETITION

MCDP1、「用兵(Warfighting)」競争に適用される「勝利の理論(Theory of Victory)」の考え(idea)は、米海兵隊が機動戦(maneuver warfare)を使用して、乱流で急速に悪化する状況を作り出すさまざまな迅速で集中的かつ予期しない行動を通じて敵の結束を粉砕する方法を説明している。敵は対処できない。これは機動戦(maneuver warfare)の勝利の理論であり、敵のシステムを分裂させて効果的に機能しなくなるようにする。

良性の活動の兵器化:標的とする国での観光

パラオはフィリピンの東に戦略的に位置する島国であり、市民は2万人に過ぎず、台湾との外交関係を維持している。2014年頃、中国はパラオを海外観光の承認リストに入れた。

2015年までに、中国人観光客がパラオに殺到し、中国人が資金提供するホテル建設ブームを引き起こし、建物やアパートを購入した。中国が所有するレストランや中小企業も始まり、地元企業に取って代わった。中国のツアー集団は通常、自己完結型で、中国が所有するホテルに滞在し、独自のツアーガイドを連れてきて、地元の観光事業を凍結させた。中国の観光業の流入は、観光業の恩恵を受けているパウラウアンと、避難した企業によって脅かされているパウラウアンとの間に分裂を生み出し、生活費の増加、そして観光洪水によってもたらされた地域環境への損害をもたらした。

2017年後半、北京はパラオをパッケージツアーの立ち入り禁止にし、パラオの経済に劇的な影響を与えた。立ち入り禁止命令は、パラオとの関係を通じて台湾に圧力をかけるための努力であったと伝えられている。中国は観光業を利用して経済的依存を生み出し、それを操作して彼らの狙い(aims)を達成するのを助けた。

 

勝利の理論の考え(idea)を競争に適用して、競争相手(rivals)がどのようにそれに近づくかを見極めることができる。各競争相手(rival)は競争において独自の理論を使用するが、海兵隊員が特定の競争者(competitors)を分析するために使用できるいくつかの有用な一般化を行うことができる。第一に、このクラスの競争相手(rival)のそれぞれは、政権の存続を最優先事項とする権威主義的な権力構造を通じて自らを統治している。これは、これらの競争相手(rivals)の理論において、国内および国際的に行われた他のすべての競争上の選択に大きく影響する。

次に、これらの競争相手(rivals)は、米国とその同盟国との戦争を回避しようと努めている。戦争は暴力と同じではないことに注意してほしい。これらの競争相手(rivals)は、米国またはその同盟国やパートナーに対する暴力のしきい値(threshold of violence)を選択的に超えるが、戦争にエスカレートしないように厳重に管理するように注意する(これらの個別の暴力のパルスは境界に役立つ可能性がある延伸(stretching)とためらい(hesitation)を作成する)。これは固定された原則ではない。競争相手(rivals)が米国を研究し続けるにつれて、彼らが勝つための力を発達させたと彼らが信じるならば、彼らが米国またはその同盟国を戦争に誘うことは彼らに優位性を与えると彼らが信じる時が来るかもしれない。

これらの二つの原則を背景として、競争相手(rivals)は常に存在する状態として競争に取り組み、すべての決定と行動がそれに影響を与える。したがって、彼らは到達目標を達成しやすくする条件を設定しているか、ゆっくりとした増分または日和見的な突進によって到達目標を達成している。「競争での勝利(victory in competition)」の理論を次のように要約できる。これらの競争相手(rivals)は、関係を「競争(competition)」ではなく「闘わずに勝つ(winning without fighting)」または「戦争が始まる前に勝つ(winning war before it starts)」と考えている。政権の存続が第一の到達目標であり、彼らは自分たちの政権が絶えず脅威にさらされていると信じているので、競争は永続的な闘争の一つである。彼らがとるすべての行動は、国内的または国際的に、彼らの到達目標を達成しやすくするために環境を形作る。この環境では、彼らは徐々に到達目標に向かって進んでいるか、機会があればそれをつかむように警告している。

諸兵科連合の拡張されたコンセプト:イランの多くの競争力のあるツール

イランは、中東およびそれを超えて競争するために、印象的な一連のツールを使用している。それは、その支配下にある国力のすべての要素を、政権の存続を優先し、戦争を回避する枠組みでうまく機能する新しい21世紀の諸兵科連合の形態に融合する。

イランは、多くの諸兵科連合ツールを競争へのアプローチに一体化している。多種多様なものには、情報やサイバー作戦、エネルギー外交、秘密工作員から、地域全体の複数の国の代理部隊まで、あらゆるものが含まれる。それは、到達目標を達成するための永続的で段階的なアプローチで、これらを他の経済ツールや軍のさまざまな兵器とブレンドする。

これらの要素は、中央当局の指示によって組み合わされる。

 

コンセプトの図示:The Concept Illustrated

架空のモデルを使用して、この競争へのアプローチのコンセプトを説明する。まず、目標(objectives)は強力な中央当局によって設定される。外部の観察者(observers)は、これらの目標(objectives)に関するコンセンサスがどのように達成されたかを完全には理解していない可能性がある(第1章で説明したように、競争相手(rival)には複数の権力の中心がある可能性がある)が、合意されると、通常、中央当局によって変更または更新されるまで耐える。これらの目標(objectives)は、複数の聴衆に合わせて調整された強力なナラティブ(narrative)によって組み立てられる。特に注目すべきは、これらの競争相手(rivals)のそれぞれが、ナラティブ(narrative)が国内の聴衆の間で支持を構築し維持するのに役立つことを確実にするであろう(次のページの「仮想シナリオ:バルト諸国(A Hypothetical Scenario: The Baltics)」の灰色のボックスを参照)[11]。政権の存続を最優先事項として、当局は常に内部支援の強化に努める。

これらの競争相手(rivals)は、競争者(competitors)を継続的かつ深く研究している。彼らはこの研究を使用して、独自のOODAループに情報を提供する。意思決定と行動をとるとき、フィードバックループの優位性を利用して、何が機能し、何が機能しなかったかを学習する。これにより、アプローチを改善してより効果的にすることができる。

彼らは常に環境を整えようとし、到達目標に向かって前進する機会が訪れたときに、可能な限り急速に前進するための条件がすでに確立されているようにする。この条件設定は永続的であり、その永続的な本質は永続的な闘争の考え方(mindset)から生まれる。これは、複数の優位性のためにすべての行動を活用するのに役立つ。小さな国への観光は良性に見えるかもしれないが、それはまた経済的依存を生み出す可能性がある。小さな国が、観光業が生み出す収入に依存し始めると、権威主義的な競争相手(rival)は、彼らの要求が満たされない限り、それを断ち切ると脅迫する可能性がある。民族メディアの支配と民族離散(diasporas)の募集は、他の形成活動を示している。経済力を利用して他の民族メディアチャネルを絞り出したり、単に競合するメディアアウトレットを購入したりすることで、民族離散(diasporas)を標的(target)にし、情報を統制することができる実力(ability)を生み出す。少なくとも、これは競争相手(rival)への共感を生み出すが、対象国に住む民族離散(diasporas)を操作するためにも使用できる[12]

架空のシナリオ:バルト諸国

観察者(observers)は、バルト三国の一部を占領しようとするロシアの架空の試みの概要を説明し、そこに住むロシア語のネイティブスピーカーの「防御(defense)」を正当化として使用した(ラトビアとリトアニアの人口の25%はロシア語のネイティブスピーカーである)。

そのようなシナリオでは、ロシアはロシア語のメディア放送で彼らのナラティブ(narrative)をバルト諸国に送信することによって行動を形作り、ロシアの民族離散(diasporas)の間で共感と支持を築くことができる。サイバーおよびメディア活動は、NATOの対応を遅らせ、バルト諸国の意思決定を混乱させ、偽情報を世界中に広めるために使用される可能性がある。核の態勢確立、特にそれらの使用を引き起こす可能性のあるものについての曖昧さ(ambiguity)も、ためらい(hesitation)を引き起こすであろう。ロシアは、バルト海にスマート鉱山と無人水中ビークルを配置して、NATOの海上対応オプションを制限することができる。

その後、ロシアは、マークのない制服または傭兵に相当する軍隊を国境を越えて派遣し、民族離散(diasporas)の共感者と力を合わせることができる。小さいながらも致命的なドローンの群れ、電子戦(electronic warfare)、浮浪するスマート弾薬が、これらの行動を局地的に覆いつくす。ロシアにある洗練された統合防空は、その範囲を海まで拡張する。

仮に、この種の作戦は、NATOと国際社会がそれを防ぐために反応する前に領土を占領し、事実に基づいてその目標(objectives)を達成することができた。

 

小さなステップを積み上げることでゆっくりと到達目標に到達するか、アラートの競争相手(rival)がチャンスを見つけてそれをつかむと突然到達目標に到達する。特に競争者(competitors)の意思決定者の心の中で混乱と躊躇を生み出すために、両方の努力は偽情報(disinformation)と欺瞞(deception)によって可能な限り隠される。両方の側面が実際の実践で使用される可能性がある。

我々の簡単な図は、競争相手(rivals)がどのように競争に近づくかについての一つの概要を強調している。他にも多くの可能性がある。それぞれの競争相手(rival)を詳細に研究して、現在どのように競争しているのか、そして将来どのように競争に近づくことができるのかを理解する必要がある。

結論:CONCLUSION

効果的に競争するために、海兵隊員は彼らの潜在的な競争者(competitors)、特に彼ら自身を米国とその同盟国の競争相手(rivals)と見なしている人々に焦点を合わせる必要がある。これらの潜在的な競争相手(rivals)を真に理解するには、真剣な反省と批判的思考(critical thinking)が必要である。

OODAループは、競争相手(rivals)が競争に異なるアプローチをする理由と方法を調べるためのモデルを提供する。指向(orientation)の強さは、モデルのすべての側面に影響する。個人または集団の指向(orientation)に含まれる要素(言語、文化、経験など)はバックグラウンドで機能する。最初にこれらの要素を特定し、次にそれらが、競争相手(rival)がとる決定と行動にどのように影響するかを学ぶには、深い研究が必要である。

権威主義的首脳部を有する競争相手(rivals)は、米国やその同盟国とは異なる方法で競争にアプローチする。政権の存続は彼らにとって最優先事項であり、したがって彼らは米国との戦争を引き起こす危険を冒さない競争の方法を見つけたいと思っている。それを実行し、それでも到達目標を達成するために、彼らは米国とその同盟国を綿密に研究し、特定したギャップを活用しながら、我々の強みを回避する方法と手段を開発しようとしている。彼らは権威主義的であり、中央当局からの行動を指示することができるので、彼らは使用可能な幅広いツールを持っている。彼らの永続的な闘争の考え方(mindset)は、将来のある時点で到達目標を達成しやすくするために、常に環境を形成していることを意味する。それはまた、機会が生じた場合に彼らに襲い掛かる機会に注意を払いながら、彼らが彼らの到達目標に向かって絶えず漸進的な一歩を踏み出すことを意味する。

ノート

[1] George F. Kennan, “Planning of Foreign Policy,” Measures Short of War: The George F. Kennan Lectures at the National War College 1946–47, Ed Giles D. Harlow and George C. Maerz, NDU Press, 1991, p. 207.

[2] Hal Brands, “The Lost Art of Long-Term Competition,” The Washington Quarterly • 41:4 pp. 31–51 https://doi.org/10.1080/0163660X.2018.1556559.

[3] Ross Babbage, ‘Ten questionable assumptions about future war in the Indo-Pacific’, Australian Journal of Defence and Strategic Studies 2, 1 (2020): 27–45, http://www.defence.gov.au/ADC/publications/AJDSS/volume2-issue1/ten-questionable-assumptions-about-future-war-in-theindo-pacific-babbage.asp.

[4] Edgar H. Schein, Organizational Culture and Leadership, 5th ed., Wileym 2017, Kindle Edition, p. 6.

[5] Ross Babbage, “Winning Without Fighting: Chinese and Russian Political Warfare Campaigns and How the West Can Prevail Volume I,” Center for Strategic and Budgetary Assessments, 2019, p. 33.

[6] Andrew Radin, Clint Reach, “Russian Views of the International Order,” RAND, Santa Monica, CA, 2017, p. 1-30.

[7] Michael J. Deane, “The Soviet Concept of the ‘Correlation of Forces’,” Stanford Research Institute, Arlington, VA, 1976, p. 3-5.

[8] Ibid., p. 27-34.

[9] Ross Babbage, “Winning Without Fighting: Chinese and Russian Political Warfare Campaigns and How the West Can Prevail Volume II: Case Studies,” Center for Strategic and Budgetary Assessments, 2019, p. 23-25.

[10] Michael J. Mazarr, “Mastering the Gray Zone: Understanding a Changing Era of Conflict,” Strategic Studies Institute and United States Army War College Press, Dec 2015, p. 43-51.

[11] “When China Fought America,” The Economist, 3 Oct 2020.

[12] Michael E. O’Hanlon, The Senkaku Paradox: Risking Great Power War Over Limited Stakes, Brookings Institution Press, Washington, D.C., 2019, (Kindle edition), p. 62-68.