米海兵隊のドクトリンを読む⑤ MCDP 1-4 Competing その5

0

第1章 競争の本質
第2章 競争の理論 
第3章 競争の準備
第4章 競争相手が競争にアプローチする方法

第5章 競争の遂行:Chapter 5 The Conduct of Competition

課題:THE CHALLENGE

機動戦の影響:MANEUVER WARFARE’S INFLUENCE

競争者(competitors)に指向する:ORIENTING ON THE COMPETITOR

行動の形成:SHAPING THE ACTION

諸兵科連合:COMBINED ARMS

競争の戦役(campaign):CAMPAIGN OF COMPETITION

結論:CONCLUSION

第5章 競争の遂行:Chapter 5 The Conduct of Competition

課題:THE CHALLENGE

課題は、戦争の準備とバランスを保ち、競争の本質と理論の理解と一貫性を保ち、国際的な戦略的競争の現実を説明する海兵隊員の競争のコンセプトを開発することである。

機動戦の影響:MANEUVER WARFARE’S INFLUENCE

海兵隊員は機動戦(maneuver warfare)の原則を使用して、競争に大きな効果をもたらすことができる。我々は今でも柔軟で日和見的な方法で到達目標を達成しようと努めている。主導性(initiative)を獲得できるように、相対的なテンポの優位性を実現しようとしている。海兵隊員によるOODAループの深い理解は、競争の連続体(competition continuum)のどこにでも関係している。海兵隊員は、競争のために機動戦(maneuver warfare)を再発明しようとするのではなく、それを競争の連続体(competition continuum)全体に(そして戦争やさまざまな形態の戦い(warfare)を扱う連続体のサブセットだけでなく)どのように適用できるかを考えるべきである。

競争者(competitors)に指向する:ORIENTING ON THE COMPETITOR

競争者(competitors)を指向すること(orientating)は、競争を成功させるための基本である。競争者(competitor)のシステムについての理解を深め、そこにある弱点を利用する。競争相手(rival)のシステムのモデルを開発し、これらのモデルを使用して、他の人と理解を共有する。次に、モデルを実世界でテストする方法を開発する。テストを観察し、これらの観察からのフィードバックを使用してモデルを改善する。海兵隊員は、軍種の早い段階でOODAループについて学習する。これにより、このサイクルをスムーズに進めることができる。次の灰色のボックスは、統合特殊作戦タスクフォースが競争相手(rival)を指向(oriented)し、競争者(competitor)よりも効果的になるように自らを変更した例を示している[1]

MCDP 1は、敵対者(adversary)の思考プロセスを「内部に(get inside)」入れて、敵対者(adversary)が自分自身を見ているように見て、敗北の準備をする必要があると教えている。敵対者(adversary)を自分の言葉で理解することが不可欠である。すべての敵対者(adversary)が我々と同じように考えたり、我々と同じように競争したり、我々の価値観や目標(objectives)を共有したりすることを想定するべきではない。

統合特殊作戦タスクフォースが競競争者(competitor)に指向する

イラクの自由作戦中、イラクのアルカイダ(AQI)は当初、伝統的に組織されたストーブパイプの機動部隊よりもネットワークと速度の優位性があった。イラクのアルカイダは、はるかに速く、より機敏な組織として始まり、それが彼らをより効果的にした。

タスクフォースは、競争者(competitor)に指向することで、イラクのアルカイダ(AQI)がどのように機能するかのモデルを開発し、さらに効果的になるために自らを変えることができた。彼らは情報技術を利用することによってこれを行ったが、タスクフォース内のストーブパイプを分解し、他の組織との有用な関係を構築し、タスクフォースの末端(edges)に権限をプッシュすることによってさらにそうした。タスクフォースは、競争相手(rival)に指向する(orienting)ことで、イラクのアルカイダ(AQI)よりも速く、より効果的に移動する実力(ability)を生み出した。

 

海兵隊員と米海兵隊は、我々の国が競争相手(rivals)を強要したり抑止したりするための強力なツールである。第2章で説明したように、我々が効果的であるためには、我々の強要(compellence)または抑止(deterrence)の標的(target)は(彼らが望まない場合でも)協力しなければならないことを我々は知っている。競争者(competitor)のシステムに関する知識は、この(おそらく不本意な)協力をどのように強制できるかについて適切な判断を下すのに十分な彼らの考えを理解するのに役立つ。

海兵隊員と米海兵隊もまた、誘引戦略(strategy of attraction)における強力なツールである。人道支援活動などを通じて国力を発揮し、国力の情報要素に信頼性の高い支援を提供する。海兵隊員は、同盟国やパートナーとの関係を構築し、維持する上で定期的に大きな役割を果たしている。このような強力なネットワークは、競争者(competitors)の選択肢を増やし、競争者(competitors)に課題をもたらす。

行動の形成:SHAPING THE ACTION

我々の競争上の到達目標は我々の死活的な国益(vital national interests)に由来しており、海兵隊員がこれらの到達目標の達成を支援するかどうかを前もって考えなければならない。先を見据えて、我々は何を達成したいのか、その理由と方法を確立する。これは、競争で成功するためのビジョンを提供し、それは次に、到達目標を達成するためにとられる行動を調整するのに役立つ。

短期的にも長期的にも、競争者(competitor)のシステムについての理解を深めることを目指している。彼らの文化が意思決定プロセスにどのように影響するかについての理解を深めるなど、彼らの弱点に焦点を当てることができるように、我々は彼らのシステムのモデルを継続的に改良している。同様に、競争者(competitor)が悪用しようとする可能性のある自分自身の脆弱性を特定するために、競争者(competitor)の目を通して自分自身を見ようとする必要がある。将来に影響を与えるために、競争者(competitor)の弱点を悪用しながら、自分自身を保護する方法を検討する。これは通常、計画策定の形をとる。

競争は長期にわたって展開される可能性があることを承知しているので、我々の計画は必ずしも事象の詳細なスケジュールを作成するとは限らない。代わりに、我々は競争の一般的な条件を形作ることを試みる。海兵隊員は我々のより大きな国家競争努力を支援しているので、我々は最初に我々が誰を支援しているかを決定する必要がある。この支援は、我々の想像力と利用可能なリソースによってのみ制限され、すべての作戦ドメインにわたってさまざまな形をとることができる。

第二次世界大戦前の南米国のナチス侵入の防止

1930年代後半に、ナチスドイツが枢軸国(Axis)が所有する航空会社を使用して南米に足場を築いたとき、米国政府は懸念を抱いた。米国が戦争に参加する前は、南米諸国は米軍や装備を自分たちの土地に駐留させることに消極的であった。

ナチスの航空会社に取って代わるために、米国は空港開発プログラムを開発した。このプログラムを通じて、パンアメリカン航空は、政府の役割を明らかにすることなく、米国政府に代わって中南米およびカリブ海の外国の飛行場へのアクセスを密かに取得し、既存の施設を改善した。枢軸国が管理する航空会社は、1940年までにパンアメリカン航空または地元の航空会社に置き換えられた。

米国が戦争に参加した後、これらの場所はアフリカへの戦力投射と英国への護送船団を支援するための出発点を提供した。

 

たとえば、我々の戦力態勢はすべてのドメインに存在し、これらのドメインの抑止(deterrence)に寄与する可能性がある。国力の外交的および情報的要素を通じて、それはまた、我々の同盟国およびパートナーとの関係を改善することができる。戦力態勢は、パートナーの軍隊との関係を発展させるのに役立ち、最高の成果を収めた国際的な将校を我々の軍種の学校に誘い入れ、関係をさらに深める。このような関係を拡大することは、我々がとることができる競争行動の潜在的な数を増やすことによって、我々の競争戦役(competition campaign)を形作る。

諸兵科連合:COMBINED ARMS

諸兵科連合(combined arms)は、一方を打ち消すために、敵がもう一方に対してより脆弱にならなければならないような方法での完全な一体化である。我々は、問題だけでなく、ジレンマ、つまり勝てない状況で敵を提起する。これは海兵隊員が会戦を闘いそして会戦に勝つ方法である。この考え(idea)は、「ポジティブ・サム(positive-sum)」オプションの慎重な検討を含むように「勝てない(no-win)」状況を拡大したとしても、海兵隊員がどのように競争するかを支配する。統治の考え(governing idea)は、我々にとって最も有利な方法ですべてのツールをまとめることである。

諸兵科連合の考え方(combined arms mindset)は、自分の到達目標を達成するために、すべての潜在的なパートナーのマルチドメインツールをどのように使用するかを検討するように導く。考え(idea)は、利用可能なすべてのリソースを最大の優位性のために活用することである。米海兵隊の内部では、さまざまなタイプの部隊の補完的な特性を組み合わせて競争上の優位性(competitive advantage)を生み出すことを目指している(たとえば、攻撃支援航空機と歩兵を組み合わせて、敵対者(adversary)よりも早く集中できるようにする場合など)。外部的には、我々の能力を統合部隊(joint force)の能力と組み合わせて優位性を生み出すことを目指している。我々の能力を統合および省庁間パートナーの能力と組み合わせるとき、我々は競争において同じ考え方(mindset)を適用する。たとえば、一人の沿岸警備隊と組み合わされた歩兵海兵隊員の分隊は強力な法執行要素になる。沿岸警備隊は法執行当局を提供し、海兵隊員は密輸品を探すための人員を提供する。これと同じ考え方(mindset)は、彼らが他の米国政府部門からのものであろうと、同盟国からのものであろうと、海兵隊員の補完的な特徴を他のパートナーと組み合わせる場合にも当てはまる。我々は、競争で提示しようとしている諸兵科連合のジレンマが実際に彼らにとって問題であることを確認したいので、競争者(competitor)に向ける。

欺瞞(deception)とおとり(decoy)

欺瞞(deception)とおとり(decoy)を使用する実力(ability)は、暴力のしきい値(threshold of violence)を下回っていても、競争上の優位性(competitive advantage)を提供することができる。海兵隊員は、すべてのドメインで、両方を諸兵科連合ツールキットに追加する必要がある。

分散作戦の理論的根拠の一部は、標的(target)を絞ることを困難にする方法で作戦することである。たとえば、行進隊の小隊は、独立した分隊として活動している小隊よりも標的になりやすいである。

欺瞞(deception)とおとり(decoy)は、この分散効果の乗数として機能する。欺瞞(deception)は部隊の場所を隠すことができる。デコイは敵対者(adversary)に海兵部隊の要素を見ていると思わせることができるが、彼らが実際に「見る(see)」のはその部隊の誤ったシグネチャである。敵対者(adversary)は部隊の検証された場所を決定するためにより多くのリソースを費やさなければならないため、効果的な欺瞞(deception)とおとり(decoy)はコストがかかる。

欺瞞(deception)とおとり(decoy)は、暴力のしきい値(threshold of violence)を下回るコストを課す可能性がある。多くの潜在的な敵対者(adversaries)が我々の演習、特に同盟国やパートナーと一緒に行われた演習に反対して集まる。これらの演習で使用される効果的な欺瞞(deception)とおとり(decoy)は、これらの敵対者(adversaries)の心に疑いを引き起こす可能性があり、それは彼らの対抗処置にリソースを費やす可能性がある。

 

 

作戦の図(Operating Picture)を共有し、利益を調整し、ジレンマを提示する

世界の一部の地域では、米国は数に関して不利な立場にある。人、船、飛行機などの数で地元の優位性を持っている競争者(competitors)もいる。多くの場合、米国の地元の同盟国やパートナーも数が少ないため、同じ不利益に直面している。

これを克服する一つの方法は、米国のセンサーネットワークの図(picture)を同盟国やパートナーの図(picture)と組み合わせることである。競争者(competitor)の同じ写真を共有することは、防衛の利益を調整するのに役立つ。また、競争者(competitor)は一つ上回る競争者(competitor)を孤立化させることができなくなったため、競争者(competitor)にジレンマをもたらす可能性もある。

この組み合わされた図(picture)は、二つの方法で構築できる。第一に、海兵隊員は、二国間演習を実施する際に、この共有された図(picture)に向けて取り組むことができる。第二に、海兵隊員は統合部隊(joint force)と関連する戦闘軍指揮官(combatant commands)と協力することにより、これをより恒久的に構築するのを助けることができる。

現代の技術は、このビジョンを実現している。以前は、データが情報源と方法を明らかにする可能性があり、情報の共有が困難であったため、国の秘匿区分(national classifications)によってこれが課題になった。現在、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)は、センサーデータがどこから来たのかを知らなくても、複数のユーザーがセンサーデータの顧客になる機会を提供する。ソースとメソッドを保護しながら、共通作戦図(common operating picture:COP)を共有することが可能になりつつある。同時に、共通の競争者(competitor)にジレンマを提示する。

 

この考え方(mindset)により、海兵隊員は、戦争とより大きな競争の連続体(competition continuum)の両方で、特定の到達目標を達成するようにデザインされた全体的な計画を開発するようになる。 競争では、「諸兵科連合(combined arms)」の考え(idea)は、統合部隊(joint force)、省庁間、同盟国およびパートナーにまで及ぶ。計画策定では、各要素が競争にもたらす可能性のある能力を特定する必要がある。または、計画を立てて能力不足を特定し、そのギャップを埋めるためのパートナーを探し出すこともできる。いずれの場合も、必要な権限を取得する方法を決定し、これらの能力を諸兵科連合の競争へのアプローチに含めることができる。

競争の戦役(campaign):CAMPAIGN OF COMPETITION

競争の考え方(competition mindset)を受け入れることは、米海兵隊が我々の国のさまざまな競争において重要であるが支援的な役割を果たしているという認識につながる。これは、競争戦役(competition campaign)を開発するためのアプローチを形成する。戦役(campaign)の到達目標は、永続的な利益と、それらが現在の政策によってどのように影響を受けているかを分析することによって確立される。海兵隊員の場合、これらの到達目標は、暴力のしきい値(threshold of violence)を下回る日々の作戦と不測の事態が発生した場合の両方で、競争の連続体(competition continuum)のすべてのポイントで戦域戦闘軍指揮官(theater combatant commander)の目標(objectives)に合わせることによってさらに洗練される(理想的には、戦域の目標(theater objectives)は 省庁間の到達目標にも合わせてほしい)。

競争者(competitor)を指向(orient)することで、競争相手(rival)と競争しているにもかかわらず、戦役(campaign)の到達目標を達成する方法についての理論を開発し始める。柔道大会(judo contest)のように、競争では常に相手との相対的な位置を意識しなければならない。我々は優位性の立場を模索し、それを維持するか、新しい立場を作るために絶えず努力しなければならない。我々の到達目標が競争相手(rival)に対して相対的に「ゼロ・サム(zero-sum)」である場合、我々は彼らに特定の方法で行動するように強制するか、我々に不利な行動をとることを阻止する計画を立てる。我々の到達目標が「ポジティブ・サム(positive-sum)」である場合、我々は我々の到達目標を達成するための追加の方法の使用を探求することができる。実際には、到達目標を達成するために使用する方法と手段は、「ゼロ・サム(zero-sum)」と「ポジティブ・サム(positive-sum)」の組み合わせである可能性がある。

海兵隊員がOODAループを理解していることから、計画策定で行う戦役(campaign)の選択は仮説であると結論付けることができる。我々がとる戦役(campaign)の行動はこれらの仮説をテストし、OODAの多くのフィードバックループは、我々の決定/仮説をより効果的にし、我々を到達目標に近づけるために洗練するのに役立つ。言い換えれば、我々が特定の行動を取る場合、競争者(competitor)が特定の方法で反応すると予想する。この反応を観察することで、戦役(campaign)の到達目標を達成する方法に関する理論が本質的に正しいかどうか、またはより効果的になるように調整する必要があるかどうかを理解するのに役立つ。このプロセスの規律あるが創造的な適用は、我々が競争で主導性(initiative)を握り、そのテンポを設定することを可能にするものである。

競争戦役(competition campaign)に関連するタイムラインは、多くの場合非常に長く、数十年に及ぶものもある。これらの長いタイムラインに照らして競争戦役(competition campaign)の到達目標を検討する場合、1回の迅速な動きで到達目標を達成するために大きなリスクを冒すよりも、到達目標に向けて小さな一歩を踏み出す方がよい場合がよくある。OODAループの規律ある使用と一致する反復的な競争の本質は、計画策定者が戦役(campaign)の到達目標を追求するためにどれだけ積極的にすべきかを決定するのに役立つ。実際問題として、これは時間の経過とともに衰退し、流れる。条件の変化はまた、我々がどれほど攻撃的になることができるかという変化につながる。

これらの長いタイムラインを認めることで、我々は競争上の到達目標の一貫性を検討することになる。 数か月、数年、または数十年の間に到達目標に向けて多くの小さな一歩を踏み出す必要があると我々が信じる場合、我々の目標(our objectives)はその間、相対的に安定しているはずである。これが、競争戦役(competition campaign)の到達目標を導き出す前に、まず我々の国益(national interests)に目を向ける理由である。それらが決定されたら、海兵隊員がそれらの達成をどのように支援できるかを決定する。航行の自由について論じている第2章の灰色のボックスは、良い例である。この米国の国益は何世紀にもわたって安定してきた。それがどのように達成されたか(そしてそれが達成された程度さえ)は、1700年代から今日まで継続的に進化してきた。

競争活動、特に長期的な思考と我々の行動を他の人と一体化することを検討するときは、戦役遂行の考え方(campaigning mindset)を適用する必要がある。活動を開始する前に、海兵隊員は、我々が到達目標に向かって進むのに十分長くその活動を維持できるかどうかを検討する必要がある。特に、我々が支援できない速度でリソースを消費するコストを自分自身に課すことは避けたいと考えている。海兵隊員はまた、我々の計画された活動が我々のパートナー(米海軍および統合部隊(joint force)、省庁間、パートナー国など)の活動をどのように支援し、相互作用するかを考慮しなければならない。したがって、我々の活動が補完的であることを保証できるように、パートナーが何を計画しているのかを前もって検討する必要がある。

一貫性と持続可能性により、競争のペースまたはテンポを検討するようになる。 このテンポは、多くの場合、行動と対応行動のサイクルによって駆動される。ある競争相手(rival)が競争的な行動をとると、他の競争相手(rival)はそれに反応し、しばしばそれに対抗しようとする。このサイクルは、NATOが加盟国を組織に段階的に追加する場合のように、数十年にわたって展開する可能性がある。または、行動/対応行動がサイバースペースで完了するまでに数秒かかる場合がある。海兵隊員は、競争戦役(competition campaign)の時間的側面と、それが行動/対応行動のサイクルにどのように結びついているのかを理解する必要がある。

各戦役(campaign)には、競争の背景と目的(purpose)を提供するナラティブ(narrative)がある。我々のナラティブ(narrative)は、競争相手(rival)のナラティブ(narrative)と競合する。競争者(competitor)のナラティブ(narrative)を打ち負かすには、それをより説得力のあるものに置き換える必要がある。誰かの物語(story)を単に否定することは、実際に「標的とする聴衆(target audience)」の心の中でそれを強化するかもしれない。そのため、より説得力のある物語(story)に置き換える必要がある。たとえば、二つの会社が同じ商品を販売する場合がある。それぞれのナラティブ(narrative)は、彼らが特定の顧客のビジネスを勝ち取るための正しい選択である理由を説明する。より強いナラティブ(narrative)はより弱いナラティブ(narrative)に取って代わる。

結論:CONCLUSION

機動戦(maneuver warfare)に関する我々の用兵哲学(warfighting philosophy)は、競争へのアプローチを活気づける哲学でもある。海兵隊員は、会戦を闘うのと同じように柔軟で日和見主義的なアプローチを取る。

機動戦(maneuver warfare)の最も重要な信条は敵に指向する(orient)ことであり、この影響は競争でも感じられる。我々は競争者(competitor)に指向(orient)する。競争に勝つための効果的な計画を立てるには、競争相手(rival)についての理解を深める必要がある。彼らのシステム、それが強いところ、弱いところを理解する必要がある。これにより、競争活動の明確なビジョンを策定することにより、環境を形成することができる。このビジョンにより、調整が必要なパートナーを特定することもできる。

海兵隊員は諸兵科連合を使って闘うので、我々は同じように競争しなければならない。これは、競争者(competitor)にジレンマを提示する方法を決定するための基本的な考え方(mindset)である。

海兵隊員と米海兵隊は、我々の死活的な国益(vital national interests)を前進させるための我々の国の努力において不可欠なツールである。米海兵隊は、競争の連続体(competition continuum)に対する暴力のしきい値(threshold of violence)近くで最大の貢献をしている。これは、個々の海兵隊員がしきい値の両側で行動する準備をし、国家の利益(Nation’s interests)を促進する規律ある方法で行動する必要があることを意味する。

競争すること(competing)は考える方法である。機動戦(maneuver warfare)のように、それは大胆さ(boldness)、知性(intellect)、主導性(initiative)、そして日和見主義から生まれた精神状態である。それは、競争上の優位性(competitive advantage)を開発、維持、適応できるように競争者(competitor)のシステムを理解することである。これにより、米海兵隊は、国際関係の通常の状態である永続的な競争において、常に国家にとって有用なツールとなる。

ノート

[1] Team of Teams: New Rules of Engagement for a Complex World, Stanley McChrystal, Tantum Collins, David Silverman, and Chris Fussell, Penguin Publishing Group, NY, 2015.