密集した都市環境 ―マルチドメイン作戦の厳しい試練

0

2012年に米国国家情報会議(National Intelligence Council :NIC)が公表した「グローバル・トレンド2030:未来の姿」では、地球上の人口の急激な増加と都市化が将来懸念すべき事項として取り上げている。米陸軍のマルチドメイン作戦のコンセプトの源流ともなったと考えることのできる、2014年の「米陸軍作戦コンセプト:複雑な世界で勝利する2020-2040」でも、将来の作戦環境を考えるとき「グローバル・トレンド2030」で指摘する都市化は重要な考察要件であるとの前提である。

広がり行く戦場―マルチドメイン作戦の重要な基本的事項でも紹介したとおり、「マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、軍事作戦の陸、海、空、宇宙、 サイバーの5つのドメイン内で効果的に作戦することが可能な比較的近代的な軍がかなりの数存在する世界の地域内での、強大勢力と対等な競争、そして戦争を取り扱うものである」としているが、世界の全人口の50~60%を占めるようになるという都市は、米陸軍の将来の作戦コンセプトを考える上での作戦環境の前提であった。

特に、マルチドメイン作戦(MDO)においても、地上での作戦を主とする米陸軍種にとって、都市における人々の存在は作戦を複雑にする大きな要因であり、米インド太平洋軍の米太平洋陸軍は第11代司令官であったロバート・ブルックス・ブラウン米陸軍大将は、MILITARY REVIEW ONLINE EXCLUSIVE MARCH 2017 の「インド・アジア太平洋地域とマルチ・ドメイン・バトル・コンセプト」の中で、陸、海、空、宇宙、 サイバーの5つのドメインに加えて、人間のドメインの存在を強調していた。

ここで紹介するのは、米陸軍のMILITARY REVIEWの1・2月号に掲載された、現代戦における都市での作戦の困難さを解決するために、マルチドメイン作戦(MDO)の考え方を使おうという提言である。マルチドメイン作戦(MDO)の研究で得られたアイデアは、同じ複雑性を持つ都市環境に適応できるとする前提に立っている。論稿中、都市に関わる6つの要素の分類や、密集した都市部とマルチドメイン作戦(MDO)は、(1)階層のコンセプトと収束(convergence)のコンセプト、(2)勝利(victory)の定義、(3)戦場の成長という3つの主要な領域で交差しているとする研究成果は、今後の軍事に関わる考察の視座のひとつともなるものであろう。(軍治)

密集した都市環境

マルチドメイン作戦の厳しい試練

Dense Urban Environments – The Crucible of Multi-Domain Operations

リチャード・L・ウォルフェル博士[1]

エイミー・リッチモンド博士[2]

ジェイソン・リッジウェイ米陸軍中佐(博士)[3]

MILITARY REVIEW January-February 2021

マルチドメイン作戦(MDO)と密集した都市作戦は、現代の米陸軍研究における2つの重要なトピックである。研究者はこれらのトピックを個別に検討したが、密集した都市環境でマルチドメイン作戦(MDO)の考え方を採用することの課題と利点を実証するための研究はほとんど行われていない。密集した都市環境は、コンパクトで急速に変化する空間でのマルチドメイン作戦(MDO)研究で特定された課題の多くを提供する。現代国家における都市の重要性を考えると、密集した都市部に関するマルチドメイン作戦(MDO)の考え方と研究が相互に情報を提供し、洞察を提供する方法を検討することが重要である。密集した都市部とマルチドメイン作戦(MDO)は、(1)階層のコンセプトと収束(convergence)のコンセプト、(2)勝利(victory)の定義、(3)戦場の成長という3つの主要な領域で交差している。さらに、これらの交差点の分析は、大規模な密集した都市地域における紛争の特徴を明らかにすることができる。

2017年3月15日、ニュージャージー州の統合基地マクガイア‐ディックス‐レイクハーストでの戦士演習(Warrior Exercise)78-17-01中に、都市部の地形訓練サイトで彼らの目標を攻撃するためにすばやく移動する第101空挺師団(空中攻撃)第3旅団戦闘団第506歩兵連隊第2大隊A中隊の兵士達(写真提供:米陸軍2等軍曹(予備役)ジョージF.グティエレス)

現代の作戦環境におけるマルチドメイン作戦:MDO in the Contemporary Operating Environment

マルチドメイン作戦(MDO)は、統合作戦思考の次の進化を表しており、戦場を従来のコンセプトを超えて、地域に存在する文化的、政治的、経済的要因の議論を含むものと見なしているという点で重要である。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、マルチドメイン作戦(MDO)は「階層化されたスタンドオフ(layered standoff)」であり、作戦では、とりわけ、複数の空間的、政治的、経済的、社会的、軍事的、文化的層を考慮する必要があることを強調している[4]。これにより、作戦地域(areas of operations :AO)と責任地域(areas of responsibility)の見方が根本的に変わる。ロバート・ブラウン米陸軍大将は、マルチドメイン作戦(MDO)の分析において、責任のあるインド・アジア太平洋地域の経済的および人口統計学的な複雑さの重要性を強調している[5]。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、マルチドメインフォーメーションが「すべてのドメインにわたる能力にアクセスして使用できる」必要があることを強調することでこれを要約している[6]。現代の戦場は、軍事ドメインを超えて人間ドメインにまで及ぶだけでなく、スケールを地球規模から局地に、そしてその間のほとんどの層にシフトする。また、これらのスケールとドメインは固定されることはないが、条件が変化するにつれて絶えず変化する。

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、スケールとドメインのこの継続的な進化を収束(convergence)として識別する。「マルチドメインフォーメーションは、すべてのドメインにアクセスして能力を使用し、敵対者(adversary)に複数の複雑なジレンマをもたらす能力容量(capacity)、耐久性、能力を備えている[7]」。ダニエル・カルは、戦いの標準(standard of warfare)として非線形性を強調している[8]。言い換えれば、作戦は絶えず変化しており、時には予測できない方法で変化している。米陸軍中将ゲイリー・ボレスキーと米陸軍少将ロジャー・ノーブルは、「サイバーと人間のドメインは空間や時間によって制限されない」という観察を通じて、ドメインの進化、ドメインの収束(convergence)、ドメインの非線形性、ドメインのスケールを拡張した[9]。変わらないコンセプトの1つは、主導権(initiative)を握る必要性である。この場合、成功の条件を最もよく設定するドメインおよび/またはスケールで作業する。

米国は現代の作戦においてドメインとスケールの主導権を握ろうとしているが、外国の敵対者(foreign adversaries)はその努力に挑戦することに非常に長けている。戦闘作戦(combat operations)における最近の米国の優位性に基づいて、ほぼ対等な国は武力紛争よりも低いレベルで競争しようとしている。または米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)が言うように、「戦闘なしで勝つ」ことである[10]。ジェフリー・ライリーは、金融攻撃やウイルスを使って電気ネットワークを破壊することを提案することで、伝統的な戦いの境界(boundaries of warfare)を越えて国家の政治的目標を達成することを提唱する中国人作家の議論で、この「闘わずに勝つ(win without fighting)」コンセプトの例を特定している[11]。ジョージ・ファストは、政治的、経済的、軍事的領域(realm)におけるこれらの「階層化されたスタンドオフ(layered standoff)」は、米国を同盟国から分離しようとしていることを強調している[12]。米陸軍大将スティーブン・タウンゼントは、国防戦略のレビューで、紛争の前後に競争に勝つことの重要性を強調している[13]。これらの例はすべて、紛争または作戦のあらゆる側面での行動の結果として絶えず進化しているさまざまなドメインとスケールを含む、紛争の拡大された見方を採用することの重要性を強調している。

密集した都市部は、さまざまなドメインとスケールが融合しているため、最も複雑な作戦環境の1つである。ここでは、スケールとドメインを制御するためのコンテストは、非常に密集した複雑な人口を持つ比較的小さな地域で行われる。それは、マルチドメイン作戦(MDO)の課題が頂点に達し、空間的および時間的意味の両方で複雑さが流動的かつ迅速である密集した都市部にある。

密集した都市部の邪悪で複雑な環境:The Wicked Complex Environment of Dense Urban Areas

今日、世界の人口の大部分は都市に住んでいる。経済的、社会的、政治的、文化的構造を含む社会の重要な要素のほとんどは、他のどの時代の歴史よりも都市部に焦点を当てている。したがって、私たちが場所を研究するとき、地域の主要都市を理解することが不可欠である。

密集した都市空間を複雑にするものは何か? 都市の大きさ、密度、社会的要素は、複雑で変化する環境を作り出す。都市は絶えず変化しており、人間が都市内の活動を理解して影響を与えようと努めているため、人間の活動の影響を受けている。この都市は、人口がダイナミックな密集した多様な集落である。多くの都市には特定の特性が存在するが、これらの特性が特定の都市に与える影響は独特である。密集した都市部はまた、内部および世界の他の地域と高度に相互接続されている。この複雑さはすべて、都市のアナリストが検討するのに難しい一連の問題を引き起こす。まず、都市の進化に影響を与える重要な要因は何か? これらの要因が特定および定義されたら、アナリストはこれらの要因をどのように測定およびモデル化するか? 最後に、都市がどのように機能するかに影響を与える一連のシステムを作成するために、要因はどのように相互作用するか?

密集した都市部で作戦する際に考慮すべき重要な要素を特定するには、分析を整理するためのコンセプトモデルが必要である。リチャード・ウォルフェル、エイミー・リッチモンド、ピーター・グラザティスは、都市の機能をコンセプト化するために、レオナルド・バインダーの政治的発展モデルを採用した[14]。バインダーは政治的発展の5つのカテゴリーを特定し、ジョセフ・ラ・パロンバラとウィリアム・フィアマンは後に割り当てを追加した[15]。他の多くのネットワークも密集した都市部のアナリストにとって重要であるが、ここでは複雑であるため、社会文化システムに焦点を当てている。6つのカテゴリーは、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)のマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトと、マルチドメイン作戦(MDO)を取り巻く思考が密集した都市地形での作戦をどのように説明するのに役立つかについての洞察を提供する。

1.生産(production)。生産とは、商品の製造を指す。都市では、労働は公式と非公式の2つのカテゴリーに分けることができる。しかし、都市の非公式部門と公式部門はしばしば非常に絡み合っているため、それらを分離することは不可能である。経済の正式な部門は、主に法律と税金によって政府によって規制されている。伝統的に、非公式の活動はスラム居住地での主要な雇用形態であり、非公式のリーダーシップ構造によって支配されている。

2.割り当て(allocation)。割り当てとは、社会を通じて商品やサービスを配布するプロセスである。都市部では、土地、食料、水、薬など、多くの割り当てられた商品がある。人々が政府から基本的なニーズを得るのに苦労し、それらの基本的なニーズの提供を他の情報源に依存している地域では、反政府勢力や反政府運動がしばしば拡大するため、割り当ては政府の正当性に重要な影響を及ぼす。多くの場合、反乱を起こした組織は、密集した都市部で忠誠心(loyalty)と正当性(legitimacy)を獲得する方法として、商品を提供する実力(ability)を使用する。

3.アイデンティティ(identity)。密集した都市部では、民族的、言語的、宗教的、またはその他の共有された信念や属性に基づいてアイデンティティを共有するグループは、都市の特定の近隣の組織化されたコミュニティに住む傾向がある。

4.正当性(legitimacy)。政府が合法であると国民が信じるならば、それは社会の法則に従う可能性が高い。最も基本的なレベルでは、政府が国民の基本的なニーズを提供するときに正当性が築かれる。それらのニーズが提供されていない場合、人口は他のリーダーを探す。

2016年6月14日、ポーランドのベンドジンで行われたアナコンダ演習中に、都市部の屋上にファストロープ挿入を行う兵士達(写真提供:米陸軍3等軍曹デニス・グラス)

5.政治参加(political participation)。政治参加は、投票を含む従来の方法から政府に対する暴力的な行動まで、あらゆる範囲を実行できる。多くの都市では、政治に参加するための最も一般的な方法が大幅に制限される可能性がある。その結果、人々は政治参加の代替方法を見つけようとしている。

この情報アーキテクチャは、斜めから見た高密度の点群を表している。点群は、座標平面上の点のセットである。この場合、データポイントは、密集した都市部の建物やその他の構造物のエッジである。これらを組み合わせることで、空間の3D視覚化が作成される。(写真提供:米陸軍取得支援センター)

6.政治的浸透(political penetration)。政治的浸透とは、政府が行使する効果的な統制の程度を指す。これは、特定の分野でプログラムを実施する政府の実力(ability)にも見られる。この例としては、地域内での正式な法執行活動(law enforcement activities)、指導者の国民的アイデンティティを促進する記念碑、スラム街のクリアランスを含むことが多い都市再開発プログラムなどがある。非公式の都市部では、スラムが政府の注意を引き付けなければ、政治的浸透はしばしば最小限に抑えられる。しかし、多くの都市で開発が進むにつれ、開発という名目でスラムが破壊の標的になることがよくある。これは、スラム環境における政治的浸透の最も極端な方法を表している。典型的なスラムコミュニティでは、非公式のリーダーシップが最も支配的である。

これらの6つの要素は、特定の都市の特性に応じて機能が異なる。フレームワークのすべての要素は排他的ではないが、相互に影響を及ぼす。それらは多空間的かつ学際的である。到達目標は還元主義者になることではなく、これらの要素が都市の分析にどのように役立つかを強調することである。

密集した都市環境におけるマルチドメイン作戦(MDO):接続:MDO in Dense Urban Environments: The Connections

都市中心部がより重要になるにつれて、人々が大都市での活動に備えることを確実にするためにドクトリンが見直されることが不可欠である。都市の重要性の高まりに合わせて、マルチドメイン作戦(MDO)の重要性を過小評価することはできない。将来の作戦環境としての密集した都市部と基本的なドクトリンとしてのマルチドメイン作戦(MDO)の両方の重要性を考えると、将来の作戦環境と進化するドクトリンとの関連を検討することが重要である。密集した都市部とマルチドメイン作戦(MDO)の間には、3つの重要な交差点があり、大規模な密集した都市部での作戦がどのようになるかについての洞察を提供するのに役立つ。

交差点1:階層と収束(convergence)。まず、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)はマルチドメイン作戦(MDO)を階層化されたスタンドオフと呼んでいる。都市よりも層の多い環境を見つけるのは難しいであろう[16]。密集した都市部には、地下から地上、そして建物と空中技術(ドローン、飛行機など)の両方に至るまで、複数のレベルが含まれる。都市の物理的な層を超えて、都市にはかなりの量の人文地理学の層も存在する。経済から政治、文化に至るまで、都市は都市の機能に影響を与えるフレームワークの複雑な組み合わせである。

アイデンティティは、都市の層の複雑さに光を当て始める重要なテーマの1つである。アイデンティティが密集した都市部にどのように影響するかの一例は、移民コミュニティと国境を越えたアイデンティティの創造と永続化である。ビクトリア・ローソンは、トランスナショナリズムを「移民が複数のアイデンティティを維持し、グローバル化された近代化、都市の進歩、国民の帰属のプロジェクトに対する法人化と抵抗の複雑な関係を経験する程度」と説明している[17]。トランスナショナリズムのこのコンセプトは、移民がアイデンティティの感覚に対する新しい影響をナビゲートし、帰属、排除、および所属の感覚を再検討するときに重要である[18]。トランスナショナリズムのプロセスは、さまざまなネットワークがすべて絡み合って都市での人の体験に影響を与えるため、個人が直面する複雑さを示している。

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)はまた、マルチドメインフォーメーションが「すべてのドメインにわたる能力にアクセスして使用できる」必要があることを強調している[19]。伝統的に、米陸軍は複数の物理的ドメイン(地下、地表、空など)に目を向けてきた。しかし、現代の密集した都市環境では、これは都市で活動する人文地理学の複数の層にまで及ぶ。この拡張により、インテリジェンス、民事、ホスト国のカウンターパート、地域の専門家、リーチバック能力、および特定の作戦地域(AO)の専門家である必要はないが、適切な専門家の適切な質問を問いかけるための十分に発達した一般的な知識を持っている指揮官に新たな重点が置かれる。

マルチドメイン作戦(MDO)のさまざまな階層に加えて、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、特定の地域でのこれらの階層の収束(convergence)を強調する。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は、収束(convergence)を「時間空間と能力全体にわたるすべてのドメインの迅速かつ継続的な一体化」と見なしている[20]。スケールは、現代の作戦では決して与えられない。行為主体(actor)は、最も影響力のあるレベルで機能するように作戦環境を形成しようとする。これは、複数のスケールと地理がブロックごとに収束する都市に特に関係がある。敵対勢力(hostile force)は、地下環境を利用して戦場を形成する可能性がある。これは、地上の敵対勢力(hostile force)を友軍部隊に有益な条件で決定的な紛争に追い込む努力によって対抗される。この空間の交渉は、あらゆる都市の作戦で行われる重要な競争の1つである。

スケールの物理的な収束(convergence)に加えて、地域内の開発に影響を与える人文地理学的フレームワークの収束(convergence)もある。政府が合法であると見なされ、そのメッセージを地域に浸透させる実力(ability)があるかどうか、地域内で基本的なサービスを割り当てる実力(ability)、または地方住民が政府とアイデンティティを共有していると信じているかどうかに強く影響される。人口が非常に多様で、基本的なサービスの提供が複雑な作戦である大都市では、政府は、多くの場合、透明性のない理由で、正当性を維持するのに苦労している。その理由は、収束するスケールと地理の複雑さによって隠されていることがよくある。

交差点2:勝利はどのように見えるか?現代の軍事作戦の性質の変化により、目標を定義すること、そしてその結果、成功または勝利を定義することの難しさが増している。ニアピア国家は武力紛争の下で競争する。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は「闘わずに(without fighting)」勝利する、または紛争下と紛争の区別を曖昧にすることを指す[21]。闘うことなく勝利する例は、金融攻撃や電気ネットワークをダウンさせるウイルスを含む国家の政治的目標を達成するために、伝統的な戦いの境界(boundaries of warfare)を越えることを提唱する中国の作家のレビューでライリーによって特定されている[22]。アンソニー・クラスは、ソフトパワーとヌーポリティクス(noopolitics)[23]のレビューでこれらの結論を反映している。これは、メディアを知識普及の手段として使用する知識政治に言及する政治学のコンセプトである[24]。彼は、一般の人々の態度、意見、道徳的価値観を制御するためのツールとして、ソフトパワーとヌーポリティクス(noopolitics)を強調している。戦略レベルでは、クルは、紛争レベル以下での競争を、長期にわたる消耗戦を行わずに人口を管理したり、地形を支配したりする方法と見なしている[25]。ファストは、米国を同盟国から分離するための重要な方法として、政治、経済、軍事の領域(realms)における「階層化されたスタンドオフ(layered standoff)」を見ている[26]

近年、米国は、指導者が作戦の成功を宣言するのを見てきたが、認識された(または誤解された)成功が不安定に発展するのを見ただけである。これは、もはや戦闘員(combatants)だけで構成されているのではなく、戦闘員(combatants)から非戦闘員(noncombatants)まで、さまざまなレベルの作戦地域(AO)の結果であり、成功と安全の定義は従来の軍事的定義とは異なる場合がある。この定義の不一致は、アイデンティティ、参加レベル、目標が異なる人々が近接して生活し、行動する密集した都市環境で拡大される。グループ間の目標の大きな違いを理解することは、最終目標と達成について議論するための賢明な出発点である。

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は重要な問題を提起する。「地域を不安定にし、暴力の拡大を阻止し、暴力が拡大し、武力紛争への迅速な移行を可能にするために、敵対者(adversary)の作戦の敗北を可能にするために、統合部隊はどのように競争するか?[27]」 この質問を解くと、現代の作戦で対処しなければならない非常に複雑な問題がいくつか発生する。「地域を不安定化させる敵対者の作戦」を打ち負かすためには、敵対者(adversary)がどのように地域を不安定化させようとするかを理解する必要がある。これは多くの場合、地域の人文地理学で行われる。

海兵隊戦闘研究所は、2019年8月18日、インディアナ州のマスカタタックアーバントレーニングセンターで、密集した都市作戦限定作戦実験であるプロジェクトメトロポリスIIを実施する。このイベントは、密集した都市環境で敵部隊に対して従来の代理装備を採用する場合、ロボット工学、センサー、有人および無人車両、および下車海兵隊員を効果的に組み合わせ、脅威を感知して特定する海兵隊員の実力(ability)を向上させ、意思決定の速度と行動の速度を観察し、いつ致死性を判断するかを狙いとしている。(写真提供:海兵隊戦闘研究所/将来総局のマット・ライマン)

正当性(legitimacy)は、密集した都市部における競争の重要なポイントである。スラムコミュニティへの正式な政府の関与の欠如は、反乱運動が影響力を得る機会と見なす権力の空白を生み出す。コンラッドC.クレーンが強調するように、「彼ら自身の正当性の定義に基づいて、争われた地域の人々が勝利者を決定するであろう[28]」 この勝利者は、現時点でその領土を物理的に占領しているグループである場合とそうでない場合がある。

反乱の環境では、闘争は正当なものとして認識されるべきである。フランク・レッドウィッジは、「複雑な反乱は不正によって動かされている」と「正当性(legitimacy)が主な目標である…ホスト国が正当性(legitimacy)を達成しなければ、COINは成功できない」という結論でこの声明を繰り返す[29]。政府が場所の基本的なニーズを提供しない場合、通常、政府外のグループが空白を埋め、正当性(legitimacy)を獲得し、潜在的に常任政府の力を取り除くためにそれらの基本的なニーズを提供する。

スチュアート・アイゼンスタット、ジョン・ポーター、およびジェレミー・ワインスタインは、開発に関する議論において正当性(legitimacy)の重要性を強調している。彼らにとって、「正当性のギャップ(legitimacy gap)」とは、政府が「国民の基本的権利と自由を保護し、法の支配を執行し、政治プロセスへの広範な参加を許可する」必要性を指す[30]。これは、アイゼンスタット、ポーター、ワインスタインによって特定された他の2つのギャップと対になっている。それは国が市民に安全とセキュリティを提供するように行動する「治安のギャップ(security gap)」と、国が基本的なサービスを割り当てる「能力容量ギャップ(capacity gap)」である[31]。政府がこれらのギャップに対処しない場合、その正当性(legitimacy)は低下する。

都市では、スラムコミュニティが代替のガバナンスソースのソース地域であることがよくある。これは、地域住民の基本的なニーズと治安が政府によって満たされないことが多いためである。その結果、正当性(legitimacy)のギャップが現れる。これらのギャップでは、反政府勢力はしばしば揮発性(volatility)を促進するために活動する。人口が非常に多く、100万人に近づく可能性のあるスラムコミュニティでは、政治的正当性(legitimacy)が安定と最終的には勝利の重要な要素である。勝利の伝統的なコンセプト、または作戦の目標の達成は、都市では曇っている。せいぜい挑戦的であり、おそらく不可能である可能性が高い空間の物理的占領(physical occupation)は、作戦において最も重要な目標でさえないかもしれない。これには、目標を考えて定義するためのマルチドメインアプローチが必要である。物理的占領(physical occupation)は重要かもしれないが、基本的なニーズ、または特定のニーズの提供はより重要であり、地域内に正当性の感覚(sense of legitimacy)を生み出すであろう。地域の性質を理解することは、より高いレベルの成功を生み出すのに役立つ。

交差点3:戦場の成長。現代の軍事作戦における主要な変化の1つは、戦場と作戦地域(AO)の成長である。作戦地域(AO)をマップ上の個別の線として描くことはできなくなった。最新の技術により、接続を単一の地域を超えて拡張できるようになった。カルは、非線形性が今や戦い(warfare)の標準であることを強調している[32]。敵対者(adversary)は、サイバー攻撃、情報戦役(information campaigns)、テロ行為、および従来のキネティック行動(traditional kinetic actions)を含むがこれらに限定されないさまざまな手段を使用して、支援地域を攻撃するよう努める。米陸軍大将デビッド・パーキンスは、ハッカーが祖国の扶養家族を標的にしようとしているという彼の観察にこの結論を反映している[33]。ヴォレスキーとノーブルは、サイバードメインと人間のドメインが空間や時間によって制限されていないという結論で、脅威の範囲の拡大を簡潔に説明している[34]

この作戦地域(AO)の規模の増加は、任務の計画策定に大きな影響を及ぼす。グローバリゼーションによって促進される連携の効果、ソーシャルメディアや従来のメディアアクセスを含む通信技術の進歩は、地域的スケールでの分析のために分離できる独特の作戦環境(OE)の従来のコンセプトに挑戦する地理的スケールの変化を表している。現代の地域は、地域の行動から地域の市民に影響を与える地球規模の決定まで、複数のスケールで存在している。現代の軍事作戦に関しては、個々の兵士のスケールに至るまで、最小スケールでの行動は、戦域レベルまたは地球規模レベルでさえ潜在的な戦略的影響を及ぼす。スケール間のこれらの相互作用は、密集した都市地域の分析の一部である必要がある。

さらに、作戦地域(AO)と作戦環境(OE)の従来の概念(notion)は、現代の都市中心部の接続性によっても挑戦されている。都市は、経済学、文化、現代の通信技術、ソーシャルメディアなど、さまざまな媒体によって地球規模に相互接続されている。一部の米陸軍のドクトリンは国境を越えた脅威に対処しているが、情報の影響は、国境を越えて作戦地域(AO)に影響を与える軍隊または準軍組織とは大きく異なる[35]。アラブの春(Arab Spring)や占拠運動(Occupy movements)を含む最近の例は、現代の情報を統制する実力(ability)がせいぜい制限されていることを示している。また、行為主体(actor)は、地域で影響力を獲得するために、ソーシャルメディアと最新のコミュニケーション/情報伝達技術を使用して仮想コミュニティと共有イデオロギーを作成する[36]。これらの例はまた、政府が社会運動の影響を遅らせるためにソーシャルメディアへのアクセスを制限しようとしたとき、アクセスを制限するこれらの努力は逆の効果をもたらし、共通の到達目標の下でさまざまな異なる社会運動をまとめ、正当性のギャップ(legitimacy gap)を作成または拡大する一つになった力として機能したことを示している[37]

海兵隊戦闘研究所は、2019年8月25日、インディアナ州マスカタタックアーバントレーニングセンターで、密集した都市作戦限定作戦実験であるプロジェクトメトロポリスIIを実施する。都市の地形には、都市の作戦中に考慮しなければならない地下レベルが含まれることがよくある。(写真提供:海兵隊戦闘研究所/将来総局の米海兵隊上等兵クイン・ハート)

国際的な社会運動は、政治参加が密集した都市環境で、しばしば遠くからの行動にどのように影響を与えることができるかを示している。従来の政治参加方法が限られている都市では、人々はしばしば別の参加方法を探す。社会運動への参加は、多くの場合、最も一般的な代替の参加方法の1つである。運動は地域の問題に焦点を合わせているが、運動はしばしば国際的な問題に関連する強い地域の動機を持っており、特に影響力を持つ傾向がある。

グローバリゼーションの台頭と新しいコミュニケーションおよびソーシャルメディア技術の採用を通じて現代の社会運動が発展した。マニュエル・カステルスは、現代の社会運動は政権交代ではなく、「人々の心の意味の構築(construction of meaning in people’s minds.)」を探求することについてであると述べている[38]。新しい社会運動理論は、現代の運動は、通常、より大きな社会問題に集中している共有イデオロギーに基づいて、より大きなネットワークを確立するために集まった小さなグループに関するものであることを強調している。カステルスは、アラブの春と占拠運動を、社会問題をめぐって異なるグループを結集させた現代の社会運動の2つの例として特定している[39]。現代の社会運動は、組織化するための媒体としてのソーシャルメディアの使用に非常に熟達している。カステルスは、これらを「ネットワーク化された社会運動(networked social movements)」と呼んでいる[40]。インターネットは会議や計画策定のための仮想的な場所を提供するが、他のグループや州が気付くためには、動きが物理的な空間を占める必要がある[41]。社会運動が占める空間は、「国家権力や金融機関の侵略地の象徴的な力で満たされている(charged with symbolic power of invading sites of state power or financial institutions)」ため、運動の成功に不可欠である[42]。これらの「占有された(occupied)」空間はまた、政治プロセスへの討論と関与のための空間を作成する[43]。社会運動がイデオロギーから行動へと移行するのは、これらの占領された場所である。

アラブの春(Arab Spring)と占拠運動(Occupy movements)から学ばなければならない重要な教訓の1つは、境界の伝統的なコンセプトがもはや政治参加を排他的に定義するものではないということである。これらの動きは、戦場、作戦地域(AO)、または作戦環境(OE)の従来の定義をはるかに超えている。したがって、密集した都市部での事業を計画する際には、これまでに見られた従来の境界を超えた、より広いコミュニティに対する行動の影響を考慮することが不可欠である。ある地域での行動は、まったく異なる地域の行為主体(actor)を大胆にする可能性がある。

結論:Conclusion

人口統計学、文化、経済学、および政治の面で密集した都市部の純粋な影響は、米陸軍が都市で活動する準備をすることを要求する。都市部の邪悪な複雑さは、すべての作戦がマルチドメインである必要がある。マルチドメイン作戦(MDO)の基本的なテナントは、密集した都市部での作戦に関する洞察を追加する。マルチドメイン作戦(MDO)の主要な概念(notion)が密集した都市分析のフレームワークに対してマッピングされると、結果として生じる交差点は、密集した都市環境で作戦するときに指揮官が対処しなければならない重要な洞察を提供する。

まず、都市は複数のスケール(multiscale)である。これには、物理的地理と人文地理の両方が含まれる。作戦は、地下、表面、および表面上の層で行われる。さらに、作戦は、詰め込まれた密集した都市地域内に存在する経済(生産と割り当て)、政治(浸透、参加、正当性)、および文化(アイデンティティ)の地理によって影響を受ける。

第二に、成功の定義は、特に都市における現代の作戦における別の課題である。勝利はもはや戦場で敵部隊を打ち負かすこととして定義されていない。現代の紛争はさまざまなレベルで発生し、多くの場合、敵対者(adversary)は自分たちに最も役立つレベルで競争に対抗しようとする。多くの場合、これは、さまざまな行為主体(actor)が地元住民に影響を与えようとする正当性の競争(competition of legitimacy)になる。これは一般に、密集した都市部での反乱/対反乱作戦と見なされる。正統性の見方(view of legitimacy)は、政府がそのメッセージを地元住民に打ち込む実力(ability)(政治的浸透(political penetration))と地元住民の地方政治への参加の両方に影響を及ぼす。

最後に、作戦地域(AO)の規模は現代において大幅に増加している。現代のコミュニケーション、特にソーシャルメディアの台頭は、都市の中心部と都市に近くない地域との間で情報が流れるため、特に重要である。また、最新の技術(セルラーネットワークやインターネットなど)の制御を奪おうとすると、意図したことと逆の効果が生じることがよくある。反対勢力(oppositional force)を支配下に置くのではなく、しばしばその勢力を大胆にし、その影響力を拡大し、接続性の喪失によって日常のパターンが混乱するため、以前の中立または同盟軍に同情的な支援を生み出す。これは、エジプトでのアラブの春の抗議行動中に特に顕著であった。

戦いの未来(future of warfare)は、マルチドメインと都市の両方である。これらの地域を個別に表示するのではなく、都市の作戦を本質的にマルチドメインと見なす必要がある。マルチドメイン作戦(MDO)の研究から得られた結論は、密集した都市部での作戦を計画するための重要な洞察を提供する。

ノート

[1] リチャード・ウォルフェル博士は、米陸軍士官学校の言語、文化、地域研究センターおよび地理環境工学科の地理学の教授であり、異文化間能力の議長を務めている。彼は、インディアナ大学ブルーミントン校で博士号を取得し、シンシナティ大学で修士号を取得し、ペンシルベニア州ウエストチェスター大学で学士号を取得している。ウォルフェルは、ナショナリズムと都市の構築環境、都市のリーダーシップ構造、異文化間の能力評価、およびソビエト後の風景のトピックについて、さまざまなジャーナルに幅広く掲載している。

[2] エイミー・リッチモンド博士は、米陸軍士官学校の地理学の教授である。彼女の研究は、環境資源と人間の幸福の間の相互作用に焦点を当てている。リッチモンドはボストン大学で地理学の博士号を取得し、環境資源と経済成長の関係に焦点を当てている。彼女はボストン大学でエネルギーと環境の研究の修士号を取得し、ニューヨーク州立大学環境科学森林学部でシステムエコロジーの学士号を取得している。

[3] ジェイソン・リッジウェイ米陸軍中佐、博士号、は、米陸軍士官学校の地理環境工学科のアカデミー教授である。彼はテキサスA&M大学で博士号を、ジョージア大学で修士号を、テキサスA&M大学で理学士号を取得している。彼のキャリアの間に、リッジウェイは第101空挺師団、第173空挺旅団、および第2歩兵師団に勤務してきている。

[4] U.S. Army Training and Doctrine Command (TRADOC) Pamphlet (TP) 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028 (Fort Eustis, VA: TRADOC, 6 December 2018), viii–x.

[5] Robert B. Brown, “The Indo-Asia Pacific and the Multi-Domain Battle Concept,” Military Review 97, no. 5 (2017): 15, accessed 20 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/military-review/Archives/English/BROWN_PRINT_The_Indo_Asia_Pacific.pdf.

[6] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, iii.

[7] Ibid.

[8] Daniel J. Kull, “The Myopic Muddle of the Army’s Operations Doctrine,” Military Review (Online Exclusive, 2017), 3, accessed 8 September 2020, https://www.armyupress.army.mil/Journals/Military-Review/Online-Exclusive/2017-Online-Exclusive-Articles/Myopic-Muddle-of-Army-Ops-Doctrine/.

[9] Gary Volesky and Roger Noble, “Theater Land Operations: Relevant Observations and Lessons from the Combined Joint Land Force Experience in Iraq,” Military Review 97, no. 5 (2017): 22, accessed 20 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/military-review/Archives/English/VOLESKY_Theater_Land_Operations.pdf.

[10] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, vii.

[11] Jeffrey M. Reilly, Multidomain Operations: A Subtle but Significant Transition in Military Thought (Maxwell Air Force Base, AL: Air Force Research Institute, 2016), 66.

[12] George Fust, “Multi-Domain Operations, Bad for Civil-Military Relations?,” RealClearDefense, 8 August 2019, accessed 8 September 2020, https://www.realcleardefense.com/articles/2019/08/08/multi-domain_operations_bad_for_civil-military_relations_114650.html.

[13] Stephen Townsend, “Accelerating Multi-Domain Operations: Evolution of an Idea,” Military Review (Online Exclusive, 2018), 3, accessed 8 September 2020, https://www.armyupress.army.mil/Journals/Military-Review/Online-Exclusive/2018-OLE/Aug/Accelerating-MD/.

[14] Richard L. Wolfel, Amy Richmond, and Peter Grazaitis, “Seeing the Forest through the Trees: Sociocultural Factors of Dense Urban Spaces,” Urban Science 1, no. 4 (2017), https://doi.org/10.3390/urbansci1040040.

[15] Joseph La Palombara, “Distribution: A Crisis of Resource Management,” in Crises and Sequences in Political Development, ed. Leonard Binder and Joseph La Palombara (Princeton, NJ: Princeton University Press, 2016), 233; William Fierman, Language Planning and National Development: The Uzbek Experience (Berlin: Mouton de Gruyter, 1991), 6.

[16] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, iii.

[17] Victoria A. Lawson, “Arguments within Geographies of Movement: The Theoretical Potential of Migrants’ Stories,” Progress in Human Geography 24, no. 2 (2000): 173, https://doi.org/10.1191%2F030913200672491184; Wolfel, Richmond, and Grazaitis, “Seeing the Forest through the Trees,” 5.

[18] Wolfel, Richmond, and Grazaitis, “Seeing the Forest through the Trees.”

[19] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, iii.

[20] Ibid.

[21] Ibid., vii.

[22] Reilly, Multidomain Operations, 66.

[23] 【訳者註】政治学では、ギリシャ語のνόοςnóos(「知識」)とπολιτικόςpolitikós(πόλιςpólis「city」からのπολίτηςpolítēs「citizen」)の組み合わせによって形成されるNoopolitikは、知識ベースの地政学である。この用語は、1999年のランド研究所の調査で防衛専門家のジョンアルキラとデビッドロンフェルトによって発明され、スマートパワーの研究に関連して現れることがよくある。(https://en.wikipedia.org/wiki/Noopolitik)

[24] Anthony M. Clas, “Commanding in Multi-Domain Formations,” Military Review 98, no. 2 (2018): 92, accessed 20 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/military-review/Archives/English/Clas-Commanding-Multi-Domain.pdf.

[25] Kull, “The Myopic Muddle of the Army’s Operations Doctrine,” 2.

[26] Fust, “Multi-Domain Operations.”

[27] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, v.

[28] Conrad C. Crane, “Minting COIN, Principles and Imperatives for Combating Insurgency,” Air Space Power Journal 21, no. 4 (2007): 57, accessed 20 October 2020, https://www.airuniversity.af.edu/Portals/10/ASPJ/journals/Volume-21_Issue-1-4/2007_Vol21_No4.pdf.

[29] Frank Ledwidge, “Justice and Counter-Insurgency in Afghanistan: A Missing Link,” The RUSI Journal 154, no. 1 (2009): 6, https://doi.org/10.1080/03071840902818530.

[30] Stuart E. Eizenstat, John E. Porter, and Jeremy M. Weinstein, “Rebuilding Weak States,” Foreign Affairs 84 (January-February 2005): 136, accessed 8 September 2020, https://www.foreignaffairs.com/articles/2005-01-01/rebuilding-weak-states.

[31] Ibid.

[32] Kull, “The Myopic Muddle of the Army’s Operations Doctrine,” 3.

[33] David G. Perkins, “Multi-Domain Battle: Driving Change to Win in the Future,” Military Review 97, no. 4 (2017): 11, accessed 20 October 2020, https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/military-review/Archives/English/MilitaryReview_20170831_PERKINS_Multi-domain_Battle.pdf.

[34] Volesky and Noble, “Theater Land Operations,” 22.

[35] Army Techniques Publication 2-01.3, Intelligence Preparation of the Battlefield (Washington, DC: U.S. Government Publishing Office, 2019), 7-8.

[36] Richard L. Wolfel et al., “It’s in There: Rethinking (?) Intelligence Preparation of the Battlefield in Megacities/Dense Urban Areas,” Small Wars Journal, accessed 19 October 2020, http006812s://smallwarsjournal.com/jrnl/art/it%E2%80%99s-in-there-rethinking-intelligence-preparation-of-the-battlefield-in-megacitiesdense-urb.

[37] Manuel Castells, Networks of Outrage and Hope: Social Movements in the Internet Age (New York: John Wiley & Sons, 2015), 62.

[38] Ibid.

[39] Ibid., xiv.

[40] Ibid., 2.

[41] Ibid.

[42] Ibid.

[43] Ibid., 11.