広がり行く戦場―マルチドメイン作戦の重要な基本的事項

+3

世界中で軍事組織も含めてコロナ禍に立ち向かっている中で、着々と自国の勢力範囲を伸ばそうとする国家があっても何ら不思議はないのであろう。いくら道義に反すると広く説き続けようとも、相手の国家は意に介せず、むしろあざ笑うようにその振舞いの正当性を述べるだけであろう。

いかなる状況下にあっても、国家として安全保障上の戦略に基づいて備えるべき態勢の整備とそのうえで闘う(fight)ための即応性(readiness)を高めていくことに手抜かりがあってはならない。

米陸軍が米軍の中で唱えたマルチドメイン作戦(Multi-Domain Operations)のコンセプトは米軍の他の軍種に表現を変えながら取り入れられ、それぞれの軍種の中で検討され文書化され、米国の2021会計年度の国防予算の中で具体化されていく過程にあるといってよい。しかしながら、本コンセプト構想の背景にある複雑化した世界を理解することや、慣れ親しんだ対反乱(COIN)作戦から大規模な戦闘作戦に頭を切り替えることは非常に難解な作業である。

2019年11月22日掲載のマルチドメイン作戦の基盤を探る – Exploring the Foundation of Multi-Domain Operations –で米陸軍のマルチドメイン作戦に関する文書の理解を深める記事を紹介したが、今回は米陸軍のコンセプト開発の任務を有する、米陸軍将来コマンド(Army Futures Command)の米陸軍将来コンセプトセンター(Futures and Concepts Center)の責任者であるエリックJ.ウェズレイ米陸軍中将が執筆した論文(米陸軍協会のHPに掲載)を紹介する。

この論文では、表題が示すように、このコンセプトが取り扱う戦場の広がりの意味と、これまでのドクトリン文書等では使用されてこなかった収束(convergence)の意味合いを正にマルチドメイン、5つのドメインの視点から述べているものである。また、意図しようと意図しまいと拡大していく戦場での闘いと、縦深(depth)や階層(echelon)の意味合いについても論じている。(軍治)

広がり行く戦場―マルチドメイン作戦の重要な基本的事項 – Expanding the Battlefield – An Important Fundamental of Multi-Domain Operations –

April 27, 2020

米陸軍中将エリックJ.ウェズレイ

米陸軍大佐(退役)ロバートH.シンプソン

著者について

米陸軍中将エリックJ.ウェスリーは、米陸軍将来コマンドの米陸軍将来コンセプトセンター(FCC)の指揮官を務めている。彼は機甲化将校の経歴を持っている。彼は、新興の対等な勢力にうまく対決し、情報化時代の戦い(warfare)に適応するための変化の必要性をコンセプト化する際の原動力となっている。

米陸軍大佐(退役)ロバートH.シンプソンは、FCCをサポートするヴァリアントインテグレテッドサービス(Valiant Integrated Services)の主要問題専門家(Subject Matter Expert)である。彼は将来部隊のコンセプトと能力開発(capability development)において20年以上の経験が有している。

Introduction:はじめに

1775年の誕生以来、米陸軍はしばしば一旦戦争が始まると戦場の革新(battlefield innovation)の最前線に立ってきた。ただし、初期の準備の歴史はさまざまである。米国の独立戦争からベトナム戦争まで、米国は多くの主要な戦争の最初の会戦(battle)に負けた。バンカー・ヒル、フォート・マキナック、マナサス、カッセリーン、タスクフォース・スミス、イア・ドランは、戦間期の準備に失敗した場合の代償を強調している。実際、過去30年間に米国が享受してきた軍事的支配のタイプは、歴史的に稀である。そのような支配も短命である。これは、戦争の性格(character of war)に対する大きな変化を見逃している強大勢力(great powers)に特に当てはまる。米陸軍が最初の会戦(battle)に負ける傾向に戻ることを避けたいならば、米陸軍は変革しなければならない。

米国といくつかの可能な対等な諸国家の1つとの間の戦争の差し迫った見込みではないにしても、潜在的な可能性は、壊滅的な最初の会戦(battle)の負けの最大の脅威を表している。それは強大勢力間の競争(competition)と戦い(warfare)について思考のルネッサンスを引き起こした。防衛コミュニティ内でのこれらの議論の最前線には、米陸軍のマルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトがあった。他の各軍種がこの新しい作戦コンセプトで対処される同じ課題に取り組み始めていることで、問題とマルチドメイン作戦(MDO)の提案された解決策の両方への関心が高まっている。しかし、理解は、残念ながら関心ほど速く成長していない。この記事では、マルチドメイン作戦(MDO)の一般的な理解を深め、米陸軍を近代化するための具体的な意味合いについて説明するものである。

マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、軍事作戦の陸、海、空、宇宙、 サイバーの5つのドメイン内で効果的に作戦することが可能な比較的近代的な軍がかなりの数存在する世界の地域内での、強大勢力と対等な競争、そして戦争を取り扱うものである。情報化時代の到来、21世紀の科学・技術の進歩、米国の優位性を薄めるためにデザインされた敵対的なコンセプトが平和と戦争の区別を曖昧にしているため、これは以前の米陸軍のコンセプトよりも範囲が広いものである。したがって、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、米国と対等な軍の間の武力紛争と同じように、戦争前、戦争中、戦争後の競争に対応している。それは米陸軍が情報化時代に戦争が政策の延長であるという自明の理を実現することを可能にする。一旦、選出された指導者が米陸軍に託したら、優位性ある場所からの政治交渉を可能にするために勝利しなければならない。

マルチドメイン作戦(MDO)は、ほぼ20年間の戦争を通じた対反乱(COIN)作戦から米国の死活的な国益を危険にさらす可能性のあるハイエンドの競争と敵対者に対する紛争を強調することに米陸軍の焦点が劇的に移行したことを表している。対等な国家による合法的な実存的脅威能力容量(capacity)のこの出現は、米国が世界の卓越した外交力、経済力および軍事力を有する国になることを可能にした第二次世界大戦後の国際秩序を覆そうとさえも脅かしている。国家が競争と紛争のスペクトラムのこの側面に戻るにつれて、米陸軍は専門職として、大規模な戦闘作戦のドクトリンと、勢い(momentum)、テンポ、作戦範囲、集大成、形式、機動の方式(form of maneuver)、防御の種類(types of defense)などの言葉の重要性を再学習している。そして、米陸軍は初めて、紛争で勝利することを可能にするために、その他のこと、つまり「紛争の左側で積極的に競争する必要性」、「A2AD(接近拒否/領域阻止)を打ち負かすための編成よりもシステムとネットワークへの焦点」、「相手に上回る強さ(overmatch)を生み出すための各階層におけるサイバー、情報戦(information warfare)、電子戦(electronic warfare)、宇宙ドメインの迅速な一体化」を学んでいる。

現在のフィールドマニュアル(FM)3.0の「作戦(Operations)[1]」では、現在のドクトリン、組織、訓練、資材、指導者の育成と教育、人員、施設、政策(DOTMLPF-P)の限界の範囲内で作戦部隊のための移行をさせている。しかし、限界は具体的である。マルチドメイン作戦(MDO)は、将来の部隊の開発において知的内容が物理的内容に先行し、米国が将来の競争と紛争で勝利できるようにするために、機関としての米陸軍の変化を推進することを目的としている。

マルチドメイン作戦(MDO)の広い範囲のために、討論、対話、および部隊開発活動の範囲は、米陸軍のあらゆる側面に関係している。マルチドメイン作戦(MDO)を要約した後、この記事では、作戦上の問題の物理的特性について少し詳しく説明する。次に、米陸軍将来コンセプトセンター(Futures and Concepts Center:FCC)が、米陸軍がマルチドメイン作戦(MDO)戦場で戦って勝利できるかを確実にするために、どのように計算を行ったかを説明する。

MDO 101: A Summary of the Concept:マルチドメイン作戦(MDO) 101:コンセプトの要約

マルチドメイン作戦(MDO)は、米陸軍と統合部隊が現在適切な解決策を持っていない作戦環境内の4つの相互に関連する傾向を特定している。対等な国家は、すべてのドメインで米国と争うために投資している。近接戦闘(close fight)における米国の優位性を認識し、敵対者は複数の層と数種類のスタンドオフを採用する戦略を有している。西側諸国の紛争の敷居が高いことを認識し、敵対者は米国の安全保障上の利益に反する目標を達成するために競争空間(competition space)の革新的な使用を利用した。そして最後に、これらの傾向をまとめて地理的縮小と組み合わせると、米国の作戦的抑止力(operational deterrence)が希薄になってしまう。

作戦的抑止の問題が重要である。現在の作戦環境は、米国および他の西側勢力にとって大きな問題となっている。遠くの戦域の対等な国家によって死活的な国益が脅かされている場合、国家指揮権限が利用できる2つの選択肢がある。対等な国家の行動を遅らせ、新しい安全保障上の枠組みとその固有の脅威に適応するか、現在の米国の能力(capability)と国家態勢を考慮した動員の要件による長引く紛争の影響に対して参加するかである。対等な国家との核兵器の均衡状態が存在するとき、作戦部隊の能力容量(capacity)と能力(capability)は重要である。ドン・スターリー米陸軍大将がプレスオンで述べたように、「核均衡の時代には、・・・・[戦略的兵器は、]多くの関連性を失う。これが、我々の作戦-戦術レベルのジレンマの起源である。・・・核兵器の使用の差し迫った脅威を引き起こすことなく戦争を戦う方法である[2]

これは、対等な国家が極めているものであり、マルチドメイン作戦(MDO)が調整しようとしているものである。エルブリッジ・コルビーが書いているように、「[対等な国家]の最も尖った形・・・制限された戦争戦略は、既成事実(fait accompli)である[3]」これには、標的とする国と友好的な軍事部隊を孤立させ、強制的に服従させ、必要に応じて彼らの抵抗を打ち砕き、一連の迅速な打撃で目標を直接奪取することが含まれる。この敵のシステムは、4つの広範な梃子-国内の隠れた行動部隊、大量の外部の地上部隊、長距離センサーと長距離火力、積極的な情報作戦-に依存している。隠密行動部隊が標的国の中で突然の危機を煽るように、大きな通常の部隊は明らかに国境のすぐ上に集中し、協調した誤情報/偽情報の成長は状況理解を歪める。敵の階層化した長距離の火力とセンサーは、地理的標的とその中の軍隊を即座に遮断し、処罰すると威嚇し、意思決定者を麻痺させ、統合できない戦いの見込みを友軍部隊に突きつける。この強制が失敗した場合、敵は孤立した防御者をすぐさま圧倒するために、この保護された「傘」の下で敵の諸兵種連合の編成を大量に集めることが出来る。奇襲(surprise)、速さ(speed)、大規模な戦力の集中(mass)、困惑(obfuscation)は効き目のある戦術(operative tactics)であり、敵システムの生存率を攻撃するための可能な道を提供する。

上記の問題の結果として、米国は戦略的撃破(敗北)に対して脆弱である。敵対者の地域では、急速な攻勢的軍事作戦、そして同様に重要な、情報作戦(information operation)と非正規戦作戦(unconventional warfare operation)を通じた競争下で奪取された目標は、米国の不利益に既成事実を生み出すような方法で死活的な国益を脅かす可能性がある。この環境では、米陸軍にいくつかの明確な問題が発生する。米陸軍は武力紛争以下の競争において戦略的優位性を生み出すのにどのように貢献していくのか? 紛争が発生した場合、米陸軍はどのようにして統合部隊が既成事実化したシナリオで迅速な軍事的勝利を達成できるようにし、そして、長期にわたる大規模な紛争に参加せずに政治的優位の立場で競争に復帰できるようにするのか?

この環境とそれに関連する問題に直面して、米陸軍は作戦コンセプトを開発した。その中で、「統合部隊の一要素としての米陸軍がマルチドメイン作戦を実施して競争(competitionに勝つことである。必要に応じて、陸軍は敵の接近阻止と領域拒否システムに侵入(penetrateして一体化を解除(dis-integrateし、その結果得られる機動の自由(freedom of maneuver)を活用(exploitして戦略目標(勝利)を達成し、有利な条件で競争に復帰(return to competitionさせる[4]」ことを構想している。

残念ながら、米陸軍には現在これを達成する能力(capability)と能力容量(capacity)が不足している。マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、米軍が現在の制約に相対的であり、敵対者の日和見主義に対処できる2つの追加の選択肢を政治指導者に提供できるようにすることを意図している。それらは、「競争空間を拡大し、それによって対等な国家に意図を再計算するよう動機づけし」、そして「迅速な対応を可能にして、既成事実化した攻撃を拒否し、有利な交渉により競争に復帰できる、つまり出口を可能にする作戦上の優位な立場を実現する」ことである。

中心的な考え方の要素は、段階的に順序立てて行うものではなく、統合部隊が解決しなければならない一連の問題として理解される必要がある。侵入(penetration)、非一体化(disintegration)、活用(exploitation)の継続的なサイクルは、競争に関する活動が敵対者と同時に起こるとしても、環境の縦深(depth)と幅(breadth)全体にわたる多階層の闘い(multi-echelon fight)を通じて行われる。実際、現在の実験とウォーゲームは、5つのドメインの戦いの速度、致死性、範囲、サイクル率が、これまでに経験したどの闘い(fight)よりも速いことを示している。戦いの歴史(history of warfare)の中で、対等な国との間の完全な5つのドメインの闘い(fight)は一度もなかったので、これは驚くべきことではない。

マルチドメイン作戦(MDO)を実行するには、米陸軍の方法を変化することが求められる。それは、「部隊に物理的そして仮想的な権限を増加させた態勢」、「その体制の組織化」、そして「新しい能力(capability)と新興する技術の適用」である。したがって、これらの変化は、3つの相互に関連する信条(tenet)を達成することに依存している。「較正された戦力態勢(calibrated force posture)」、「マルチドメインの編成(formation)」そして「収束(convergence)」である。これらの信条(tenet)、特に収束(convergence)の要件は、21世紀に拡大された戦場の作戦的文脈の試験を通して明らかになる。

MDO’s Context: The Expanded Battlefield:マルチドメイン作戦(MDO)のコンテキスト:拡張された戦場

米陸軍による1973年のアラブ・イスラエル戦争の分析から導き出された考え方の1つは、「拡張された戦場(extended battlefield)」であった。これは新しいコンセプトではなく、「調達、ターゲティング、兵器システムから我々が実現しなければならない完全な潜在性[5]」を表す用語である。それは米陸軍にエアランド・バトル(AirLand Battle)を支える戦場の幾何学を紹介した。これには、影響地域(areas of influence)と関心地域(areas of interest)だけでなく、縦深(deep)地域、近接(close)地域、後方(rear)地域の枠組みも含まれる。拡張された戦場(extended battlefield)は、闘い(fight)における軍団から大隊までの指揮官の一般的な責任、時間(time)(各指揮官がどれだけ先を見て考えるべきか)と空間(space)(組織が占有および/または影響を与える空間の規模)についてさらに説明した。「拡張された」という用語が選択された理由は、改善された兵器システムの範囲、致死性、運動性(mobility)が、当時のドクトリンに比べて、時間と距離の両方で戦場を拡張したためである。さらに、この拡張(extension)は、より大きなソビエト陸軍に対する能力容量(capacity)と能力(capability)を最大化するために、より大きな戦場を活用する機会を掴んだ。拡張された戦場(extended battlefield)を視覚化して説明することは、米陸軍が階層でタスクと目的を開発し、師団86(Division 86)などの必要な部隊をデザインできるようにするために必要であった。

マルチドメイン作戦(MDO)を支える研究と分析は、戦場が80年代初頭の範囲と速度を超えて拡大しただけではないことを示している。実際、戦場は、以前の戦場の幾何学を作戦に導くには全体として不十分にするほどの程度まで拡大した。これは主に、「拡張された戦場(extended battlefield)」に関係のない2つのドメイン、つまり宇宙ドメインとサイバースペースドメインが含まれているためである。以前の戦場の幾何学も、関係性が減少している。これは、地理的および時間的境界が主にそれらの編成(formation)の範囲と速度によって決定されたためである。今日、兵器システムは非常に高速で、致命的で、範囲が非常に広く、場合によっては地理的関連性(サイバー)を超える効果がある。そのため、「陣形の規模(formation size)」と「兵器口径(weapons caliber)」は軍団や師団の責任範囲を決定するための十分な指標ではない。実際、今日、有機的兵器システムではなく、階層の時間と空間の制約を決定するのは、多くの場合、政策または人的要因である。最後に、しかしおそらく最も重要なこととして、情報環境とリアルタイムの情報作戦の要件は、拡張された戦場(extended battlefield)の基本的な要素ではなかったが、拡張された戦場(extended battlefield)を理解するための要素でなければならない。物理学は依然として重要であるが、かつて「戦場の幾何学(battlefield geometry)」と呼ばれていたものは、今では高校の数学よりも量子力学に傾いている問題である。上記のすべてが、米陸軍将来コンセプトセンター(FCC)が今日取り組んでいる作戦上の問題につながる。米陸軍は、戦場のタスクと目的を開発し、それらを適切な階層に割り当て、能力(capability)を割り当て、部隊のデザインと能力開発(capability development)のに通知するために、「拡張された戦場(extended battlefield)」をどのように視覚化して説明するのだろうか?

Convergence:収束

マルチドメイン作戦(MDO)の3つの信条のうち、収束(convergence)が最も議論され、誤解されることが多いことが証明されている。それは、今日行われた一体化され同期化された統合諸兵種連合作戦といくつかの遺産を共有するが、それらの作戦と収束(convergence)の間の違いは基本的である。実際、「収束(convergence)」という言葉は、同期(synchronization)と一体化(integration)の現在の概念(notion)から要件を区別するために明示的に選択された。これは重要なことである。すべての読者は、この考えを検討するために立ち止まり、収束(convergence)は同期(synchronization)の同義語ではないことを理解する必要がある。

収束(convergence)を定義することは重要である。それは、ニア・リアルタイムで、正当な権限を持つあらゆる司令部を通じて、あらゆるセンサーを備えたあらゆる発射装備(shooter)を可能にする実力(ability)である。これには2つの不可欠な特性がある。1)個々のドメインにそれぞれ独自に支配するのに十分な金額を個々のドメインに投資することはコストがかかりすぎることを認識し、「部分の合計よりも全体の効果の方が大きい」というような、5つのドメインすべてを決定的な空間[6]に一体化する考えに依拠し、 相手に上回る力(overmatch)を生み出す。2)米陸軍はすべてのドメインで挑戦を受けており、絶妙な検定型のキルチェーンが打ち負かされるため、収束(convergence)は回復力を示し、同じ効果を達成するために代替の経路または複数の経路を活用する実力(ability)を備えていなければならない。これらの両方ともに、収束(convergence)を可能にするために、迅速かつ継続的に達成しなければならない。

機動(maneuver)の進化–会戦空間(battle space)の拡大

拡大した戦場 拡大した次元 拡大した時間 小さな軍隊

「将来の統合部隊は、より良い一体化を活用してクロスドメインの相乗効果を向上させる。補完的な副次的機能は、ドメイン、時間、空間全体で能力(capability)を追加的に使用するだけである。・・・ドメイン全体で戦力を投射する我々の実力(ability)は、我々の決定的な優位性を生み出す」[7] 軍事専門家の役割は、時間とともに指数関数的に拡大した。

戦い(warfare)における時間、空間、ドメインの拡大には、米軍が武力紛争前の競争状態で活動し、紛争後も競争のままでいることが必要である。上の図は、軍事専門家の役割が、関連するドメインと時間‐空間の両方で、時間とともに指数関数的に増加していることを示している。

図 1

米陸軍が最適化する世界が変わったので、これらの考えは重要である。過去30奇年の統合諸兵種連合作戦は、指揮・統制(C2)とPNT(位置情報取得、航法、時刻確認)が保証された、海上、空中、宇宙、サイバー優位の環境で生起した。唯一の争われたドメインは地上であった。さらに、海上、空中、宇宙、またはサイバーの能力(capability)の同期は、主に資源やまたは上位権限の演習であった。統合諸兵種連合の一体化は、敵によって妨げられたのではなく、米軍自身の制約によって妨げられてきた。前者は将来の対等国との闘い(fight)の場合ではなく、調整されずに残された後者は問題を悪化させるだけである。

収束(convergence)は、現在の統合の諸兵種連合よりも複数の階層の活動である。今日、各階層はそれ自身の作戦を一体化しているが、階層全体での同期化と一体化はほとんど求められない。上位の階層が下位の階層に資源を提供する場合でも、それらの能力(capability)は支援されている指揮官によって、または攻撃の場所で一体化される。この振る舞いは、過去18年間に根付いてきた。ただし、グローバルにタスクを実行する宇宙アセットと高度に制御されたサイバー効果の迅速な収束(convergence)は、決定的な場所で地上機動を可能にするために、時間と空間の広範囲に分散したターゲットに対して複数の階層で能力(capability)を収束(convergence)させることが求められる。実際には、この闘い(fight)は、求められる攻撃と再攻撃の速度を達成し、テンポを維持するための基本的な戦術的な行動でさえ実行するためには、戦略的、作戦的、戦術的アセットの収束(convergence)が求められる。このように、収束(convergence)を妨げるのではなく、複数の階層が意のままにそれを達成することが不可欠である。

収束(convergence)を今始めるには、コンセプトによって駆動される能力(capability)は、 2028年以降、強大国の競争国に対して収束(convergence)を達成するためのネットワークと経路の構築を開始しなければならない。解決策の知的開発は、資材調達の決定に少なくとも付随し、できれば先行する必要がある。制度的には、収束(convergence)とは、実際には最初からトップダウンで一体化され、後で連合内でつぎはぎして雑に作り上げない解決策を開発する必要があることを意味する。

Depth and the Requirement for Echelonment on the Expanded Battlefield:拡張された戦場での縦深(depth)と階層区分(echelonment)の要件

収束(convergence)を達成するための階層の役割を示したので、マルチドメイン作戦(MDO)の闘い(fight)で階層をより広く検討することは有用である。マルチドメイン作戦(MDO)とその前身であるマルチドメイン・バトル(Multi-Domain Battle)は、ほぼ3年間の研究、実験、ウォーゲームの主題であった。これらの3年間の教訓の一定のテーマは、敏捷性、縦深(depth)、速度、階層区分(echelonment)の関係である。マルチドメイン作戦(MDO)の研究、分析、経験の最も明確な教訓の1つは、階層が不可欠であるということである。米陸軍は、縦深(depth)を作り出し、活用(exploitation)を可能にする上での階層の役割に対する理解を変えなければならない。作戦範囲、部隊戦闘正面幅、時間・距離、および同様の戦場計算を計算するためのドクトリン上のテンプレートは、階層の役割と構造を通知するものであり、現在の闘い(fight)には完全に不十分である。

縦深(depth)には、空間的、時間的、認知的な側面がある。「空間の純粋な規模」、「兵器システムの増加した致死性、範囲、速度」、「“仮想(virtual)”から生まれた追加の“空間(space)”」、「すべての階層が同時に接触するという事実」、「より低い部隊密度」は、すべて、戦場の縦深(depth)の最適化を要求する。

我々が直面している最も挑戦的なシナリオの2つは、我々の主な敵対者に対して1つずつであるが、敵の既成事実化した努力を好む狭い範囲の物理的な次元を含む。地理的な問題は、韓国のダグラス・マッカーサー、冷戦時代のヨーロッパの指揮官、クウェートのノーマン・シュワルツコフが直面した問題‐縦深(depth)を生み出す方法とそれによって米国の優位性を可能にする部屋を機動(maneuver)する‐と似ている。今日の違いは、戦場拡大の難問であり、相対的な空間的戦場拡大にもかかわらず、指揮官は行動する時間が少なくなることである。

これは直観に反するように見え、検討が求められる。一般的に戦場は30年前にさえ比べても大幅に拡大しているが、時間の水平線は、現代の火力の射程と速度のために圧縮されている。この圧縮はただ極超音速兵器の急増でより顕著になる。さらに、時間的圧縮は線形ではなく、階層が上がるにつれて増加する。時間の水平線は、接触している分隊長とほぼ同じである。すべてが瞬時に起こる。地平線が24時間ではなく、おそらく6〜12時間である師団の指揮官にとって、時間は大幅に異なり、軍団指揮官にとって、時間はさらに圧縮されている。戦場の空間的な深さを拡張することがエアランド・バトル(AirLand Battle )の鍵であったところで、時間との闘い(fight in time)を理解することがマルチドメイン作戦(MDO)の闘い(fight)で勝利するための鍵となる。

太平洋戦域(Pacific Theater)での2019年の統合戦闘評価(Joint Warfighting Assessment)に見られるように、縦深(depth)の欠如と初期の収束作戦(convergence operations)を活用できないことは、それらが無駄になることを意味する。縦深(depth)は活用を可能にし、活用は勢いを生み出し、勢いはテンポを可能にする。これらはすべて、敵対者に再計算またはオフランプを強制する優位性の場を可能にすることを意図している。

最近の現代戦研究所(Modern Warfare Institute)の記事におけるこの環境の1つの説明は、次のように述べている。

戦場の課題と技術の約束は、作戦がまだ主に線形の枠組みから非線形で分散されたものに必然的に移行するように、戦場は物理的そして地理的に変化する。つまり、故意に考案され、戦場全体に配分される。マルチドメイン戦役では、分散した作戦は、戦場を総なめするセンサーと火力の中で生き残り、成長するために必要であり、敵対者にとってあいまいさと不確実性を増加させ、検知とターゲッティングの確率を減らし、位置上の優位性を達成し、敵対者に複数の方向と戦いの複数の領域で同時に闘わせることを強制することによって敵対者のシステムを圧倒する[8]

必要不可欠な縦深(depth)と活用(exploitation)は、指揮・統制(C2)、インテリジェンス・監視・偵察(ISR)、後方支援、そして実際にはすべての戦闘機能の要件開発に通知しなければならない。

Ground Forces Achieve Depth through Echelonment:地上部隊は階層区分(Echelonment)によって縦深(depth)を実現

現在、階層の役割はこれまで以上に重要になっている。階層は過去の遺産ではない。彼らはオーバーヘッドではない。現代戦(modern warfare)の速度と複雑さは、軍事指揮官と部隊の複数の階層を必要とする。各次元、つまり「階層」は、基本的に異なるが補完的な問題を管理し、連合の統合部隊地上構成コマンド(CJFLCC)の指揮官のビジョンと意図に組み込まれている。各階層の指揮官には、範囲と複雑さのために、独自の能力(capability)と上位の階層での経験の増加が求められる。このように、各階層は、指定された戦いの側面に集中し、それらに集中するためのその他のことから解放することによって全体の成功に貢献する。現代戦(modern warfare)における空間的、時間的、認知的空間の広さは、20世紀の戦争の一般的な場合のように、戦術部隊の範囲内だけでなく、完全な同時性で戦域全体の縦深(depth)と幅(breadth)全体を決定的に作戦する実力(ability)を不可欠にする。

マルチドメイン作戦(MDO)交戦(engagement)は、以下に説明する4つの階層全体で同時に同期して行われる。各階層内には、複数の編成(formation)が存在する。戦場の拡大と事象の速度の増加は、これらの広範な階層間の違いを‐消しはしないが‐ぼかす。これは、新しい戦闘アプローチを開発およびテストする機会を提供する。

戦術的(Tactical。これは、軍事部隊(military force)が諸兵種連合を実行する次元である。戦術的な指揮官と部隊は、利用可能な能力(capability)(有機的、共同、多国籍、利用可能な任意のドメインから)を動的に混合し、局地化した敵の部隊や目標に対して耐えるようにする。戦術的な地上部隊とシステムは、一般的に数十キロで測定される有効な交戦半径(engagement radius)または機動範囲(maneuver range)を持っている。

作戦的(Operational。これは、統合部隊が結合したドメイン作戦を計画および実行する次元と呼ばれる場合がある。作戦指揮官は、戦術部隊が諸兵種連合作戦を成功裏に実行し、意図した目標を達成する中で戦役と資源供給枠組みを構築および管理する。作戦上の地上部隊とシステムには、一般的に、数百キロメートル単位で測定される有効な交戦半径(engagement radius)または機動範囲(maneuver range)を持っている。

戦域的(theater。これは、政府全体が、敵を撃破し(敗北させ)、戦略的目標を達成するために統一した戦域戦略的アプローチに、国力(national power)(および同盟国の国力)のすべての利用可能な要素を混合する次元である。戦域の指揮官は、戦域戦略的アプローチを構築および管理し、同盟または連合を形成および維持する上で重要な役割を果たす。この次元では、勝利を達成するために首尾一貫した戦域戦略の中に競争と紛争を組み合わせる。戦域の部隊とシステムは、一般的に数千キロメートル単位で測定される有効な交戦半径(engagement radius)または機動範囲(maneuver range)を持っている。

地球規模(global。米大統領が開発し、米国防総省はこの次元で国家政策と大戦略を実行する。資源が決定され、国力(national power)の利用可能な要素に変換される。これは、戦力態勢(force posture)を較正する次元である。地球規模の部隊とシステム‐国家アセットと呼ばれることが多い‐は、一般的に無制限の交戦範囲(engagement radius)または機動範囲(maneuver range)を持っている。

この枠組みの中で活動するためのより多くの司令部の必要性に疑問を呈する人もいる。しかし、イラクとアフガニスタンの対反乱(COIN)の闘い(fight)でさえ、必要とされた最初の能力(capability)の1つは追加の指揮・統制(C2)司令部であった。さらに、得られた教訓は、既存の司令部はその責任の範囲と規模を備えていなかったため、これらの初期の新しい司令部の臨時の性質が両国での効果的な作戦の開始を遅らせたことを示唆している。イラクとアフガニスタンでの米国のキネティックな支配にもかかわらず、組み合わされた連合環境内での指揮・統制(C2)の要求により、司令部の急増は最優先事項の1つになった。さらに、たとえば北大西洋条約機構(NATO)は、複数の陸軍である陸軍集団の中に複数の軍団を持つように組織化されたのは、それほど前ではない。その組織は、単に数を説明するだけでなく、北大西洋条約機構(NATO)が戦場の縦深(depth)と幅(breadth)を超えて闘うための指揮・統制(C2)能力容量(capacity)を確実にするためのものであった。

実際、1)階層区分(echelonment)は、すべての編成(formation)に関連する能力(capability)を溜めておくことを可能にするが、隷下の編成(formation)への有機的アセットとして不可欠ではないため、効率を向上させ、必要に応じて大量部隊の集中を可能にする。2)階層区分(echelonment)は部下の指揮官の任務と役割を考えると、部下の指揮官の負担を軽減する。これは、決定的な行動ローテーションですべての能力(capability)について指揮・統制(C2)を維持しなければならない戦闘訓練センター(CTC)ローテーションでの旅団戦闘チームの指揮官が直面する課題を考えると、本質的な利点である。3)階層区分(echelonment)は、認知的縦深(depth)を可能にすることで回復力を提供し、より高い指揮官が機会の特定と挫折に耐えることに集中できるようにする。4)階層(echelon)は、テンポを統制するための闘い(fight)に戦力を計測することで敏捷性を提供し、戦術的な決定的な交戦を克服する。特に、階層に対するこれらの長所は、戦術的な階層がいつでもあらゆるドメインで潜在的な奇襲攻撃に直面するとき、将来の作戦環境で大幅に増加する。

他のどの軍種よりも、米陸軍は機能的な旅団とその階層下の部隊を編成し配置している。本質的に、戦術的な階層は伝統的に近接戦闘、直接火力戦闘を行ってきた。上位階層は、インテリジェンス・監視・偵察(ISR)、間接火力、サイバー、情報、電磁スペクトラム、後方支援、工兵、および民事の闘い(fight)を、有機または割り当てられた旅団とその下の編隊を使用する統合多国籍環境で行う。縦深(depth)に配置された複数の階層(多くは数個)のみが、連合の統合部隊地上構成コマンド(CJFLCC)の指揮官がイニシアチブを掌握し、勢いを確立し、テンポを統制し、最終的に地上で敵対者を支配し、最終的にすべての敵対者を敗北させなければならない。

最近の記事で、スコット・ウォレス米陸軍大将(退役)は、作戦指揮官としてのイラク自由作戦(第1次)における彼の経験を、将来のマルチドメイン作戦(MDO)軍団指揮官のものと比較した。

攻勢的機動(offensive maneuver)と持続的なテンポは、コンセプトに関係なく、軍団戦役(corps campaign)を成功させるための前提条件である。機動(maneuver)とテンポは、能力(capability)、意図(intent)、状況認識(situational awareness)に依存している。2003年4月上旬に3日間の砂嵐の衰弱効果を経験した我々の誰も、以前に享受していた状況認識(situational awareness)がどのように影響を受けたかを決して忘れない。視覚障害でも、依然、信頼できるGPS [全地球測位システム]デバイスの「痩せた装備化(thin fielding)」の優位性があったが、攻勢的機動(offensive maneuver)の能力容量(capacity)は限られていた。さらに、航空アセットの設置によって引き起こさせる粉塵は諸兵科連合作戦の有効性が低下させ、一方で、攻勢的な行動を継続するために死活的な兵站の流れは遅くなった。GPSが拒否され、効果的な欺瞞的技法が採用されているため、マルチドメイン作戦(MDO)の闘い(fight)は、終わりのない砂嵐に巻き込まれ、状況の理解を求めて闘い続け、ドメイン間で補完的な行動の機会を求めているように見えるかもしれない[9]

前述の段落は、マルチドメイン作戦(MDO)戦場の縦深(depth)と幅(breadth)を計算して支配する際の課題を明らかにしている。米陸軍が編成し、訓練し、装備し、および世代を超えた闘いの方法を定義した、力の相関、作戦的範囲(operational reach)、関心地域(area of interest)と影響地域(area of influence)、統制範囲、配分のルール、およびその他の数学の方程式のような様々な決定はより難しくなることもある。

明らかに、手元にある数学的問題の規模の感覚が高まっている。FCCが探求している次の詳細レベルは、時間と空間の異なる階層における役割、任務、タスク、機能の視覚化を開発することである。この作業では、マルチドメイン作戦(MDO)部隊のDOTMLPF-P解決策に十分な詳細を通知し、すべての編成(formation)のすべての兵士が勝利に貢献する方法を知っている必要がある。

Doing the Math: Reviving the Battlefield Development Plan (BDP):数学の実行:戦場開発計画(BDP)の復活

すべての問題がまだ、解決されたわけではない。ただし、手元の時間・空間と認知の問題、および米陸軍将来コンセプトセンター(FCC)でそれを解決するための組織とプロセスについては成熟した理解がある。プロセスの組織化メカニズムは、現在の戦場開発計画(BDP)である。1978年から1992年まで、米国およびソビエトのDOTMLPF能力(capability)の分析フレームワークとして機能した一連の文書を再考している。その成果物は能力(capability)要件を開発し、ヨーロッパにおけるソビエトの近代化の取り組みに立ち向かうための近代化の取り組みを推進するために米陸軍によって利用された。現在の戦場開発計画(BDP)は、統合部隊の一部として、米陸軍が対等な脅威または他の敵対者を阻止し、または、阻止に失敗した場合、撃破するためにどのようにマルチドメイン作戦(MDO)を実施するかを検討している。この検討には、マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトで概説されている原則を使用して、対等の脅威の軍隊に対して採用されたときに、「現在から2028年までのすべての現在の能力(current capability)、予測される能力(projected capability)、システムと部隊構造の分析」、そして「2035年までの潜在的な能力(potential capability)」が含まれている。能力(capability)、システム、編成(formation)に焦点を当てた体系的な実験プログラムとして、戦場開発計画(BDP)は、特定のシナリオを異なる時期に使用して、米陸軍がどのようにして敵対者に対してマルチドメイン作戦(MDO)で実行するかの視覚化を提供する。

BDPは、米陸軍の「走りながらの総合評価(running net assessment)」として機能し、米陸軍近代化枠組みの一部として脅威を解決策に繋げる一体化した外観を提供する。特定の脅威と友軍の将来部隊能力(friendly future force capability)について概説し、米軍がどのようにマルチドメイン作戦(MDO)を作戦できるようになるかを示し、米陸軍と統合パートナーの新しいコンセプトの厳密な分析によるモデリングと実験を可能にする。このようにして、米陸軍の上級指導者に米陸軍の近代化の優先順位を通知し、そして強大国の脅威に対して現在の即応性と将来の即応性の間で求められるバランスを達成するために、検証済みのデータ駆動型成果物を提供する[10]

Conclusion:結論

この記事は、1981年にドン・スターリー米陸軍大将によって公開された記事の引用した拡張した戦場(extended battlefield)への参照から始まり、アクティブ・ディフェンス・ドクトリンの公開後の5年間、BDPの開始後の3年間、および 1986年のFM 100-5「作戦(Operations)」における最後のエアランド・バトル(AirLand Battle)のドクトリン以前の5年間に至るものである。米陸軍がエアランド・バトル(AirLand Battle)を開発および改良するのに12年の間という時間を要した。それは、作戦部隊が各種戦闘訓練センター(CTC)を通じた取り組みに不可欠な学習に貢献したとしても、作戦部隊が部隊の中に成熟した解決策を迅速に浸透させることを可能にするためのプロセスと手順を開発したことによる。米陸軍の事業体全体が、コンセプトに求められる変化に自身を曲げ、そして協力して洞察を提供し、専門的な議論と発見のルネサンスを生み出した。

米陸軍も今日、同じような状況にある。20年間の対反乱(COIN)作戦により、大規模な戦闘について専門的に会話するための集合的な知識と能力(collective knowledge and ability capability)が低下した。実際、マルチドメイン作戦(MDO)の目的の1つは、かつて兵士にとって第二の本質であった大規模な戦闘について、米陸軍を専門的な対話に駆り立てることである。

米陸軍の上級指導者は、資源近代化の優先順位、マルチドメイン・タスクフォース・パイロット事業、実験、装備化、そして米陸軍総軍分析による即時決定を伴い未来へ移行するためにも止められる橋を迅速に一体化した。しかし、さらに多くの作業が必要である。米陸軍将来コマンド(AFC)と米陸軍将来コンセプトセンター(FCC)は、将来の「戦場量子力学(battlefield quantum mechanics)」の問題の解決と、マルチドメイン作戦(MDO)の開発を継続することに焦点を合わせている。そのため、遅かれ早かれ米陸軍のすべての兵士は、現代の戦場での勝利に貢献する方法を知ることになる。

米陸軍は、成熟した解決策を部隊に急速に移行させながら、高度情報化時代の戦い(advanced information age warfare)の問題に対する完全なマルチドメイン作戦(MDO)コンセプト解決策を引き続き開発する必要がある。適切なバランスを達成するには、意図して急ぐことが求められる。この用語は、問題の緊急性と、1775年以来の複雑な歴史にもかかわらず、過去の過ちを繰り返さないように、それを正しくする必要性の両方を正確に表すものである。

ノート

[1] Department of the Army, Army Doctrine Publication (ADP) 3-0, Unified Land Operations (Washington, DC: U.S. Government Printing Office, 10 October 2017), 9.

[2] ルイス・ソーリー著「PRESS ON! ドンA.スターリー将軍の選択された作品、第1巻」(カンザス州フォートレブンワース:Combat Studies Institute Press、2012年)、121ページ

https://apps.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/a507478.pdf

[3] エルブリッジ・コルビー、「アメリカの次の戦争に勝つ方法」、外交政策、2019年5月

https://foreignpolicy.com/2019/05/05/how-to-win-americas-next-war-china-russia-military-infrastructure/

[4] 米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット525-3-1、2018年12月6日、「マルチドメイン作戦における米陸軍2028年」https://www.tradoc.army.mil/Portals/14/Documents/MDO/TP525-3-1_30Nov2018.pdf

[5] Donn A. Starry, “Extending the Battlefield,” Military Review, March 1981, 31–39.

ドンA.スターリー、 「拡大する戦場」、ミリタリーレビュー、1981年3月、31〜39ページ

http://cgsc.contentdm.oclc.org/cdm/singleitem/collection/p124201coll1/id/334/rec/8

[6] TRADOCパンフレット525-3-1、L-3ページは、決定的な空間を「クロスドメイン機能の使用の最適化が敵よりも顕著な利点を生み出し、作戦の結果に大きな影響を与える時間と空間(物理的、仮想的、認知的)の場所」と説明している。米陸軍は「決定的な地点」を超えて移動する必要がある。なぜなら、それらはもはや存在しない戦場の離散的な物理的特性を人工的に暗示するからである。決定的な空間とは、実際にはドメインが重複する特定の相乗効果の機会があることを意味するが、間違って定義された浸透・流入(bleedover)があることを認めている。

[7] Joint Chiefs of Staff, Joint Publication, Capstone Concept for Joint Operations: Joint Force 2020 (Washington, DC: U.S. Government Printing Office).

統合参謀本部、統合出版物、統合作戦の基本コンセプト:統合部隊2020(ワシントンDC:米国政府印刷局)

[8] Bill Hix and Robert Simpson, “Accelerating into the Next Fight: The Imperative of the Offense on the Future Battlefield,” Modern War Institute, 26 February 2020.

ビルヒックスとロバートシンプソン、「次の戦いへの加速:未来の戦場での必要不可欠な攻撃」、現代戦争研究所、2020年2月26日。https://mwi.usma.edu/accelerating-next-fight-imperative-offense-future-battlefield/

[9] ウィリアムS.ウォレス、「文脈に応じたマルチドメイン作戦」、米国陸軍協会、ランドパワーエッセイ20-4、2020年4月 https://www.ausa.org/publications/multi-domain-operations-context

[10] BDP-ロシア製品へのアクセスは、分類されたDTICで利用できる。https://dodtechspace.dtic.smil.mil/dodtechspace/groups/bdp-r-products ; 分類されたMDOおよびBDPビデオはIntelinkで入手できる。https://ivideo.intelink.sgov.gov/channels/viewChannel.aspx?type=Manual&id=aff9f3

広がり行く戦場―マルチドメイン作戦の重要な基本的事項” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。