米空軍の科学技術戦略「Science and Technology Strategy for 2030 and beyond」発表される

0

4月18日ライトパターソン空軍基地で米空軍研究所の所長William T. Cooley少将が、2030年以降の空軍の科学技術戦略について発表しました[1]
この新しい戦略は、すべてのドメインにわたる将来の紛争において、時間、宇宙、複雑性を求める事を優先すると語りました。
同戦略は、国家安全保障戦略および国家防衛戦略と整合しており、18か月間にわたり学界、産業界、および政府から1,500を超えるアイデアを集めたと語っています。
そして、この科学技術戦略には、①「変革的な戦略的能力の開発と提供」②「科学技術の指導と管理方法を改善するために空軍の最高技術責任者を任命」③「科学技術企業の深化と拡大」の3つの目的が有り、①の「変革的な戦略的能力の開発と提供」のための要素として、すべての事業領域にわたって時間、スペース、および複雑さを支配するというビジョンを直接サポートする以下の5つの戦略的機能に焦点を当てているとしています。
1.グローバルな持続的認識
2回復力のある情報共有
3.迅速で効果的な意思決定
4複雑性、予測不可能性、マス(大量、集団)
5分断と致死の速度と到達
「米空軍の科学技術戦略」[2]の内容は別途ご紹介する事として、この科学技術戦略の背景について記事が出ていましたのでご紹介します。

These are the five areas where the Air Force wants to see an explosion of technology
空軍が技術の爆発を見たいと思う5つの分野 By: Valerie Insinna

Concept art from the Air Force Research Lab showing a drone swarm that the service could potentially use in the future. (AFRL)

ワシントン―空軍は新しい科学技術戦略を策定している。
そしてそれは軍が5年間で6つの新しい戦闘機を生み出した1950年代のような飛躍的な能力を生み出す必要があるという考えに基づいて構築されている。
そのためには、S&Tの取り組みの約20%を空軍の研究機関間のさまざまな開発努力を結び付け、それらが期待できるかどうかを実験する「先駆的なプログラム」に再構築したいと考えている。
「あなたがホッケーをしているのなら、ゴールキーパーがいる場所で撃ってはいけません。ゴールキーパーがいないところで撃つべきだ。」と空軍長官ヘザー・ウィルソンは水曜日に語った。
「この戦略の一部となるアイデアは、我々の敵対者が簡単に進めることができ又、我々よりも先に、最も早く進める事が出来るかを評価するもので有り、それが勝利の戦略である。」
新しい戦略の最大の変更点の1つは、S&T機関全体での先駆的プログラム含む取り組みの調整と軍の開発施策の方向性に関する戦略的決定を担当する空軍の最高技術責任者(CTO)として新しいポジションを追加したことだ。この名前はまだ明らかにされていないが、将来の運用の概念を定義し、空軍が先進的な脅威に対応するために必要なテクノロジを理解するのを支援するAir Force Warfighting Integration Capabilityチームと直接連携する。
ウィルソン空軍長官は、CTOの正式な名称がいつ確定するのかはっきりさせなかったが、空軍の調達担当幹部であるWill Roperを空軍内にCTOオフィスを最適に構成する方法を考え出し、新しい幹部を選出するのを支援する「設計担当者」に任命する覚書に署名した。
「この設計担当者が行うことの1つは、調達の検討を開始する事だ。どのようにして研究のために両方の組織の指揮命令系統を変更するのか、どのようにしてそれを管理し、時間とともにそれを変えるのか。」と語った。「これは、今日スイッチを切り替えることになるものでは無く、時間の経過とともに研究費の管理方法を変更することを意味するのだ。」
新しい戦略が年間28億ドルにのぼる科学技術予算の規模または構成に影響を与えるかどうかはまだ不明である。
「空軍はまだ潜在的な前衛的なプログラムを特定していない。いくつかの点で、もしそれがより小さな予算規模のものであれば、本当に早く出来るかもしれない。そして、試験計画に軽戦闘計画に似たような結果をもたらすかも知れない。」同軍調達担当幹部のトップであるアーノルド・バンチ中将は語った。
公式の計画に素早く移行することができる様に「あるいは、私たちが多くの予算を投入する大きなプロジェクトになるかも知れない。」
空軍のチーフサイエンティストであるリチャード・ジョセフ氏によると、軍はまた、通常はよりストーブパイプ的な方法で開発される開発の初期段階で最新の技術を融合させるために前衛的なプログラムを使用することを望んでいる。
「もしうまくいかなければ、非常に早い段階で私たちが取り組まなければならないことや変え無ければならないものが何であるか理解している。」と彼は言った。
「これはおそらくそれほど高価では無いが、非常に不可欠かつ重要なものだ。」具体的な前衛的なプロジェクトは発表されていないが、S&T戦略は、「変革的な」成長を望む5つのテクノロジ分野を特定している。

Complexity, Unpredictability and Mass(複雑で予測不可能性で大量な)
米軍は安価に購入することができる自律無人偵察機の群と宇宙システムの必要性について長年話してきた。
そして空軍は、将来、精巧なプラットフォームである空軍の旧来の飛行部隊を増強するための資産に関して必要性を検討し続けている。
「進歩は、センサーや無線通信とともに、幅広いロボット工学や自律技術に大きく依存するだろう」と戦略では述べている。
「成長する自律移動体市場は空軍が活用できる産業的で応用された研究基盤を提供します、しかし軍事研究は商業部門から予想されることができるものをはるかに越えたものを必要としている。」

Speed and Reach of Disruption and Lethality(速度と破壊の範囲と致死率)
空軍はより速くそしてより長い持久力を持つ兵器のより多様な保有を必要としている。
極超音速兵器 – そしてスクラムジェット推進や高温材料のようなものを可能にする技術―それはそのような投資のための最もわかりやすいプログラムかもしれない。
S&T戦略は低コストの巡航ミサイルや誘導弾のような他のものにも着目している。
マイクロ波およびレーザー指向エネルギー兵器は、標的を撃墜するコストを削減する可能性を持っている。
空軍はまた、「新たな攻撃的および防御的な選択肢を生み出すために、電磁スペクトルならびに宇宙およびサイバースペース領域からの新しい効果と組み合わせた、高度な侵入型動的兵器」にも期待を寄せている。

Global Persistent Awareness(グローバルな持続的認識)
空軍が情報、監視および偵察のために使用するプラットフォームーU-2スパイプレーンからそのミサイル警報衛星、MQ-9 Reaperのカメラまですべてはーこの軍に比類のない情報へのアクセスを可能にした。
しかし、これらの資産は非常に高価で、十分な時間の任務を維持できず、より高度な脅威に耐えるために必要な生存性を欠いている。
さらに、これらの旧来のシステムからの情報を処理するにははるかに長い時間がかかり、そのデータを実用的なインテリジェンスに変えるには多大な人手が必要である。
この戦略は、情報を融合して「スタンドオフプラットフォーム上でより精巧なセンサーに数と冗長性と補完によって回復力を提供することによって」情報を融合することができる分散型の低コストセンサーへの動きを前提にしている。
小型衛星と低価格の打ち上げは、「ソースでセンサーデータを自律的に分析する」「エッジコンピューティング」がそうであるように、このアーキテクチャを可能にするのを助けることができ、従来の通信ノードの負担を軽減する事が出来る。
この戦略では、レーザーやマルチスタティックレーダー、ハイパースペクトルセンシング、量子場センシングなどの新しいセンシング技術や、マイクロエレクトロニクス、フォトニクス、その他センサーの製造に使用されるその他の材料への投資も推奨されている。

Resilient Information Sharing(回復力のある情報共有)
空軍は戦闘機が正確な標的情報を得、プラットフォーム間で情報を共有し、地上での部隊の,近接航空支援を行うためにその戦闘ネットワークに依存している。
しかし、商業通信技術の大きな進歩にもかかわらず、空軍は電子攻撃、サイバー攻撃およびGPS妨害に耐えることができる情報共有能力を民間部門に頼ることはできない。
「これらの能力に対する軍の要求は、たとえ好都合な状況下であっても、現在の無線ネットワーク技術の限界を超えている」とS&T戦略は判断する。
「将来の紛争では、この課題は商業部門で遭遇するものをはるかに超えたものになると考えられる。」
このように、空軍は脅威にさらされた時に、自律的に自分自身を再構成することができる、より柔軟で生き残り可能な戦闘ネットワークを整備する必要があるだろう。
軍は、ソフトウェア定義システム、より回復力のある衛星、暗号化と代替位置、ナビゲーションおよびタイミングシステムなどの分野で期待されている。

Rapid, Effective Decision Making(迅速で効果的な意思決定)
空軍参謀総長のDave Goldfein大将は、空軍が正しい情報をより迅速にユーザーに伝える必要性について長らく語ってきた。
そのためには、恩恵を受ける者は、人工知能、予測データ分析、データの融合と視覚化、そして自律的な電子戦とサイバーなどの分野への投資を継続する必要がある。
「自動化は、競争が人間の速度をはるかに超えて生じる電子戦やサイバー戦争では特に重要である」と戦略は述べている。「可能な限り、自動化は電子戦、サイバーシステム、およびその他の不確実性の導入による敵の意思決定の妨げとなる手段を支援する可能性がある」
(黒豆芝)



[1] 「AFRL commander introduces new AF Science and Technology 」Strategyhttps://www.hill.af.mil/News/Article-Display/Article/1822925/afrl-commander-introduces-new-af-science-and-technology-strategy/

[2] 「Science and Technology Strategy for 2030 and beyond」

https://afresearchlab.com/wp-content/uploads/2019/04/Air-Force-Science-and-Technology-Strategy.pdf