ドイツ人からの学び その2:将来 Maneuverist #5

0

機動戦論者論文として紹介してきた5番目の論文を紹介する。米海兵隊が戦いのコンセプトとして受容している機動戦を、1番目が米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-、2番目が動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解、3番目が機動戦の背景にある動的な非線形科学と、順次、視点を変えながらその特徴を論じている。4番目のドイツからの学び Maneuverist #4は米海兵隊の機動戦に大きく影響を与えたといわれるドイツ軍の将軍等の文献に米海兵隊員がどのようにして触れることになったかなどを述べた記事であった。この5番目の論文では、ドイツの将軍による回顧録の持つ特性を理解したうえで、近年になって閲覧可能なドイツの軍事経験のさまざまな側面に関する文献を学ぶ意義等について記載されたものである(軍治)

Learning from the Germans Part II: The Future

ドイツ人からの学び その2:将来

Maneuverist Paper No.5

機動戦主義者論文第5

by Marinus

Marine Corps Gazette • January 2021

ドイツの戦術と作戦術は、海兵隊における機動戦の基盤の多くを形成した。(写真:エンジェル・セルナ米海兵隊上等兵)

20世紀の最後の30年間、ドイツの軍事史の研究、特に第二次世界大戦のドイツの将官の回想録を読むことで、その時代の米海兵隊は機動戦がどのように見えるかを想像することができた。21世紀において、関連する資源の供給の大幅な変化は、米海兵隊が機動戦の理解を向上させることを意図して、見習う他の例、評価する経験、および熟考する伝統を探すべきかどうかという問題を提起する。

1979年、米国西部の歴史を専門とする小さな出版社であるOld Army Pressは、タイガー・ジャックと呼ばれる本の布製のコピーを2,000部印刷した。この本は、第二次世界大戦中に太平洋での戦争特派員としての仕事でピューリッツァー賞を受賞したハンソンW.ボールドウィンによって書かれ、米陸軍将校であるジョンS.ウッド米陸軍少将の物語を語っている。第二次世界大戦の最後の年は、明確に機動主義的な方法(maneuverists manner)で第4機甲師団を率いた。(英国の軍事歴史家B.H.リデル・ハートはかつてウッドを「米国の装甲部隊のロンメル」と呼んでいた)

それがそうであったように、機動戦運動(maneuver warfare movement)の起源の間に到着したタイガー・ジャックは米海兵隊員にかなりの関心を持たれていたはずである。ボールドウィン氏と米海兵隊の専門誌との間の長く幸せな関係にもかかわらず、この本の言及は米海兵隊ガゼットのページに掲載されておらず、もしあれば、いくつかのコピーが米海兵隊の基地図書館の棚で見つかるはずである[1]。数人の海兵隊員が、Armor magazineとParameters:The Journal of the U.S. Army War Collegeに掲載されたタイガー・ジャックのレビューに出くわした可能性がある。これらのうち、本を追いかけることに特に長けていた人は、フルサービスの本屋から、または出版社から直接、コピーを注文した可能性がある。しかし、国立公文書館の閲覧室、シラキュース大学のアーカイブ、または米陸軍指揮幕僚大学の図書館で数日を過ごすことができた人だけが、ジョンS.ウッドの道をより深く掘り下げることができたであろう。ジョンS.ウッドは第4機甲師団を指揮している。

今日、タイガー・ジャックの何十ものコピーが古本のディーラーのWebサイトで売りに出されているのを見つけることができる。さらに良いことに、ジョンS.ウッド米陸軍少将と彼の師団の扱い方についてもっと知りたい米海兵隊員は、フォート・レブンワースの諸兵科連合研究図書館のWebサイトで数十の追加の作品を見つけることができる。これらには、特定の交戦を隷下部隊、隣接部隊、および支援部隊の指揮官によって提出されたアフター・アクション・レポートやジョンS.ウッド米陸軍少将が下した決心の作戦上の文脈を説明する記述で再構築する研究論文が含まれる。より広範なインターネット検索により、第二次世界大戦の最後の年の第4機甲師団の作戦に関する追加の資料源が見つかる。これらには、4つの完全な履歴、3つの部分的な履歴、3つのドキュメンタリー映画、2つの隷下部隊の履歴、机上ウォーゲーム(table-top wargame)、およびコンピューターベースのウォーゲームのモジュールが含まれる。

これらの資料源を楽しんだ後も、機動戦の効果的な適用に関するケーススタディに飢えている米海兵隊員は、日本、イスラエル、フランス、フィンランド、イギリス、米国の会戦、戦役、および指導者に関する多くの資料を簡単に見つけることができる。したがって、たとえば、1942年にマレーで山下奉文大日本帝国陸軍中将が率いる日本軍が実施した「自転車電撃戦(bicycle blitzkrieg)」に関心のある米海兵隊員は、短いインターネット検索の過程で、論文、ポッドキャスト、 低コストのウォーゲーム、およびその戦役の詳細で多面的な調査を可能にするためにすぐに利用できる本を見つけることが出来る。(このようなプロジェクトを検討している読者は、戦争の原則ポッドキャストによって作成されたマレー作戦に関する17エピソードの一連のオーディオプログラムから始めたいと思うかもしれない)

熟考するコンセプト、探求する例、模倣するパラゴンのこの宝庫の存在は、情報化時代の機動志向の海兵隊員がドイツの軍事史の研究にまったく煩わされる必要があるかどうかという問題を提起する。少なくとも、米海兵隊が貴重な専門能力開発時間をドイツの軍事的伝統の探求に費やすことを奨励しようとする人々は、この選択に賛成する説得力のある議論を生み出すだけでなく、2つの強力な反対意見に対処する必要がある。

機動戦のドイツの伝統の継続的な研究を支持する最も単純な議論は、代替モデルの研究を可能にする同じ豊富な情報源と資料源から生じている。1979年から2019年の間に、ドイツの軍事経験のさまざまな側面に関する2,000冊以上の英語の本が出版された。同じ時期に、何百ものボードウォーゲームが印刷され、ドイツ軍の戦術的および作戦上の特徴をさまざまな方法で複製しようとする数十のコンピューターゲームが作成された。この一連の作業の存在により、さまざまな戦役、会戦、および交戦の詳細な再構築が可能になる。同時に、それは戦略、政治、文化のより広い文脈でそのような事象の配置を容易にするものである。

ドイツの軍事的伝統に関する多くの資料が入手可能であるため、米海兵隊内の機動戦運動の初期に非常に大きく迫った将官の回想録への依存が大幅に減少することになる。これらのほとんどは、自伝のジャンルでよく見られるような欠陥に悩まされていた。つまり、著者による間違いを最小限に抑え、恥ずかしい情報を省略し、第三者に大失敗の責任を負わせた自己奉仕的な記述であった。この点で最悪の犯罪者は電撃戦であり、ハインツ・グデーリアンは1930年代にドイツの機甲部隊を創設したことであまりにも多くの功績を認め、その際、その開発に最も責任のある人物である隠れ家の反動としてのルートヴィヒ・ベックである。しかし、英語を話す歴史家の仕事のおかげで、現在の米海兵隊員は、この重大な誤解を認識するだけでなく、2人の将校の間の問題のある関係について学ぶ立場にある。(1938年にドイツ軍からの抗議で辞任したベック将軍は、アドルフ・ヒトラー暗殺未遂の指導者の1人であった。1944年7月20日に行われたこの事件の余波で、グデーリアン将軍は国家社会主義政権に対するドイツ軍将校の忠誠心を確保するための攻撃的措置をとった[2]

ドイツの軍事史の源泉に頻繁に頼るというより微妙なケースは、ドイツの軍事文化における機動戦の基本的な教訓の多くが果たす継続的で一貫性のある、ますます中心的な役割に基づいている。つまり、ドイツの軍事専門家がこれらの信条の1つ以上に違反した例は多くあったが、戦争の本質的に混沌とした性質や迅速な意思決定サイクルの重要性などに対する深い認識が、ドイツの兵士の戦い方に浸透した。そして百年以上の間教えられた。したがって、米国、イギリス、フランスの機動戦の実践者は、彼らが仕えた軍隊の文化と対立するような方法で戦争を繰り広げることが多かったが、ドイツの機動戦者は、上司、部下、彼らの信念と偏見を共有した仲間と協力していると合理的に仮定することが出来る。このため、機動戦の実践が標準である部隊を想像しようとする米海兵隊員は、異端者、風変わりな人、ドクトリン上の背教者の話よりも、ドイツの軍事史の年代記にそのような組織的正統性のより肯定的な例を見つけるであろう[3]

米海兵隊での機動戦とドイツの軍事的伝統との間のつながりを維持するためのより強力な正当化は、逆説的に、その事業体の反対者によって提供された2つの最も一般的な議論から始まる。最初のものは、それらの紛争の間にドイツ軍のメンバーによって犯された多数の戦争犯罪を我々に思い出させる。2つ目は、ドイツが両方の世界大戦に敗れたという議論の余地のない事実にしっかりと基づいているものである。

両方の世界大戦中に、ドイツ軍のメンバーが公的な立場で行動し、当時施行されていた多くの方法で戦時国際法に違反したことは間違いない。これらの犯罪には、中立国への侵入、都市への空爆、民間船の沈没、および民間人の集団的処罰が含まれている。(最後のタイプの怒りは通常、その時代の戦争法の中心的な信条の1つを施行しようとする試みの過程で起こった:民間人はいかなる状況でも戦闘に参加できないという規則) さらに、戦争、ドイツの兵士、船員、および航空隊員は、政治的反対者の迫害、捕虜の虐待、および民族浄化の巨大で、しばしば殺人的な戦役に従事する政権に仕えたのである。

ナチスの行動は弁護の余地がないが、ドイツの軍事的伝統の研究は、用兵(warfighting)の発展に不可欠であった。(写真:米国立公文書館)

彼らが恐ろしかったように、世界大戦の過程でドイツの軍人によって犯された戦争犯罪は決して唯一のものではなかった。第二次世界大戦の勝利者の軍隊は中立国に侵入し、都市を空から爆撃し、民間船を沈め、捕虜を虐待し、民間コミュニティの集団的処罰に従事した。これらのことに加えて、彼らは、保護を義務付けられた民間人に対する集団レイプ、略奪、および無差別殺人の戦役を実施した。これに加えて、彼らは生存を確保し、実際、ソビエト連邦の共産主義体制の拡大を可能にした。その犯罪は、国家社会主義ドイツの犯罪の質を上回り、量を大幅に上回るものであった。

第二次世界大戦に勝利した同盟の軍隊の戦争犯罪は、決して彼らのドイツの対応者のそれを許すものではない。しかし、彼らは戦争の術(art of war)の真面目な学生に難問を提示する。ドイツの戦時国際法違反がドイツの軍事史の研究を妨げる場合、第二次世界大戦中に連合軍のメンバーが犯した戦争犯罪は、我々がその紛争の米国、イギリス、ソビエトの経験を利用することを妨げるはずである。同様に、非難可能な政権とのつながりが、軍事の伝統、制度、または人格が現在の米海兵隊に価値のあるものを提供することを妨げるのならば、ゲオルギー・ジューコフの回想録は言うまでもなく、ソビエトの軍事理論も赤軍の戦役も研究できない。

戦争犯罪の問題に当てはまるのは、最終的な敗北の問題にも当てはまる。さまざまな戦争の勝者の研究に限定すると、ハンニバル、ナポレオン・ボナパルト、ロバートE.リーの業績の研究から学ぶ可能性のある教訓を奪うことになる。もちろん、我々が行った我々自身が負けた戦略的文脈も同様である。さらに悪いことに、歴史の一方的な研究は、勝利者によって行われたすべてが彼らの最終的な勝利に貢献し、敗者の側のすべての行動が彼らの集団棺に別の釘を打ち込んだという誤った仮定に簡単につながることになる。言い換えれば、それは、複数の部隊の複雑な相互作用を理解しようとする試みを、戦略的成功を達成した側に関連する、助けであろうと妨害であろうと、すべてのものの思いがけない抱擁に置き換える。

うまくやれば、ドイツの軍事史の研究は必然的に大きな不快感を生み出すことになる。米海兵隊員が技術、戦術、または戦役について学ぶための探求から始めたとしても、戦略、政策、および道徳の領域で行われた致命的な間違いを思い出さずに、関連する情報源と多くの時間を過ごすことはできない。確かに、ドイツの軍事的伝統の研究を21世紀の米海兵隊にとって非常に価値のあるものにしているのは、この「部屋の中の象」である。我々が機動戦の要点を学ぶのを助ける過程で、それは我々の注意をより高度な戦争の術に向けさせるのである。

ノート

[1] ハンソン・W・ボールドウィン(1903–1991)は、国防に関連する主題についてすでに16冊の本を書き、前世紀の中年の海兵隊員によく知られていた。1937年から1980年の間に、海兵隊ガゼットに掲載された記事の著者は、彼に79回別々に言及している。

[2]英国:キンバー、1976年)を参照のこと。ベック将軍にかなりの功績を残した戦間期のドイツ軍の発展の説明については、ブルース・グズムンドソン、コネチカット州ウェストポート:グリーンウッド、2005年を参照のこと。

[3] 1950年代に英語圏で出版されたドイツの将軍の回想録の広報担当者は、その主任がベイジル・ヘンリー・リデル・ハートであり、非国教徒の先見者などの作品の著者を上司と対立させて提示することに苦労した。しかし、この見解は、それらのプロモーターの偏見や彼らが到達しようとした読者の偏見よりも、ドイツの軍事文化とは関係がなかった。この現象の簡単な扱いについては、Bruce I. Gudmundsson、Guderian:Panzer Generalのレビュー、(改訂版、2003)、Kenneth Macksey著、War in History、第12巻第4号、(2005年10月)、474〜476ページを参照のこと。より広範な調査については、とりわけ、ジョン・ミアシャイマー、リデル・ハートと歴史の重み(ニューヨーク州イサカ:コーネル大学出版局、1988年)を参照のこと。