明日勝利する米陸軍に変えるために

0

5月15日掲載の広がり行く戦場―マルチドメイン作戦の重要な基本的事項や2019年11月22日掲載のマルチドメイン作戦の基盤を探る – Exploring the Foundation of Multi-Domain Operations –でも紹介したとおり、着実に米陸軍の将来に向けての準備は進められていると考えてよいであろう。

これらの準備は米陸軍の一部で行われるだけではなく、米陸軍全体として取り組む課題である。マルチドメイン作戦に至る契機となったマルチドメイン・バトルについては、当時、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の司令官であったデービッドG.パーキンス米陸軍大将が正にエバンジェリストとして、米陸軍内の各機関だけでなく広く米軍関係機関や同盟国の特に陸軍に対してその重要性を説いていった。その活動が、今日、米陸軍のコンセプトの進化に繋がり、米軍全体としての課題となったといえる。

5月15日の掲載で紹介した論文も米陸軍将来コマンド(AFC)の将来コンセプトセンター(FCC)エリックJ.ウェズレイ米陸軍中将のものであったが、今回紹介するものも彼が米陸軍内に米陸軍が変わっていく過程の理解が進むことを狙ってミリタリー・レビューに掲載されたものだと考えられる。

この論文では、単にマルチドメイン・バトル作戦(MDO)の説明にとどまらず、米陸軍のコンセプトの重要性とその変遷を、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の第2代司令官ドンA.スターリー米陸軍大将の功績を引用しながら振り返るとともに、近年の米陸軍の組織改革に関わる背景なども織り込みながら米陸軍変革の重要性を述べている。(軍治)

明日勝利する米陸軍に変えるために – To Change an Army—Winning Tomorrow –

MILITARY REVIEW May-June 2020

米陸軍中将エリックJ.ウェズレイ

米陸軍上級准尉ジョン・ベイツ

(Photo by David McNally, U.S. Army Shutterstock)

エリックJ. ウェズリー米陸軍中将は、米陸軍将来コマンド(AFC)の将来コンセプトセンター(FCC)の責任者であり、米陸軍の現在の作戦コンセプトである「米陸軍マルチドメイン作戦(MDO)2028年」の開発を担当している。ナショナルウォーカレッジで国家安全保障と戦略研究の修士号を、トロイ州立大学で国際関係の修士号を取得している。以前は、ジョージア州フォートベニングで米陸軍機動高等研究所(Maneuver Center of Excellence)の指揮官を務めていた。ウェズリーはまた、ホワイトハウスで国家安全保障理事会のアフガニスタン・パキスタン政策担当ディレクターとして、またアフガニスタンで統合コマンドの国際安全保障支援部隊の将来計画の司令官として2年間務めた。

ジョン・M・ベイツ米陸軍上級准尉は、米陸軍将来コマンドの将来コンセプトセンターの戦略的取組みグループの副チーフである。メリーランド大学ユナイテッドカレッジで歴史の学士号を、グランサム大学で経営管理の修士号を取得している。ベイツ氏は、複数戦闘ツアーを伴う武器科の米陸軍准尉であり、米陸軍参謀総長の戦略研究グループの卒業生である。

編集者註:1983年3月、ドン・A・スターリー米陸軍大将は、米陸軍をエアランド・バトルの米陸軍に建設するための近代化のプロセスを述べた「米陸軍を変えるために」というタイトルのミリタリー・レビューにエッセイを書いた。彼のアプローチの多くは、今日、米陸軍将来コマンドによって活用されている。

2008年の夏に、ロシア軍は旧ソビエトジョージア州への侵攻を行った。能力の劣るジョージア軍を打ち負かしたが、ほとんどの説明では、この作戦中のロシア軍のパフォーマンスは低かった。インテリジェンス、兵站、地上戦闘作戦を実施する能力、および空軍と地上部隊を統合する能力は、せいぜい疑わしいものであった[1]

ロシアは治安部隊の重大な欠陥を撤回し、認識した後、軍の近代化に着手した。わずか6年後の2014年3月に、ロシアは会戦で交戦することなくクリミアを併合した。それから8か月後、ウクライナ東部への侵攻が行われ、2008年に見られた問題の大部分は改善されたことが世界に明らかになった。これらの改善がロシア自身の裏庭での小さな孤立した紛争にのみ影響を及ぼしたと考えたかもしれない人々にとって、ちょうど1年後の2015年に、ロシアはシリアへの遠征作戦(expeditionary operation)を実施し、それがその近くの海外での作戦(ウクライナ)と拡張した後方連絡線の最先端(シリア)の両方で作戦を同時に維持できることを示した[2]

これらの作戦と同時に、ロシア人はベラルーシでの積極的なザーパド演習のような大規模な演習を毎年行ってきた[3]。2018年11月、18か月余り前に、ロシア海軍はケルチ海峡のすぐ北にあるアゾフ海でウクライナの海上船と船員を何人か摘発した[4]。世界は見守っていたが、それについてはほとんど行われなかった。したがって、ロシアもアゾフ海を併合しただけなのかどうかを自問すべきである。そして黒海はどうなのか? もしそうなら、もしあれば、それについて我々は何をすべきか、または我々はそれを行うことができるのか?

これらの振舞い(behavior)はロシアだけに限られたものではない。中国もまた、北京が朝貢貿易(tributary trade)慣行を採用して投資の受益者となり得る人々に影響力を行使するという一帯一路の取り組み(Belt and Road Initiative)を通じて政治的影響力および経済的影響力を拡大するという戦略的意図を示している[5]。この取り組みはヨーロッパに広がり、米国の玄関口に近づき、中米に広がっている。中国の開発、投資、および人工島の推定的な併合(事実上の民間海軍としての真意を覆い隠す「暗い」漁船によるパトロール)は、南シナ海の国内海域を拡大しようとする試みである[6] 。それだけではない。中国は、米国およびその同盟国から商用技術および軍事的技術を明け透けに盗み続けており、計算された結果で世界的な影響力を発揮および強化するためのすでに疑わしい活動のリストに加えられている。

中国の過去30年間にわたる前例のない経済成長が、中国の拡大を可能にした。30年平均9.46%の年間GDP成長率の恩恵を受けており、1990年の第4四半期の最も低い時点では、依然として3.80%であった[7]。それは間違いなく強力でかつてない経済成長である! 比較のために、米国は現在2.3パーセントのGDP成長率で繁栄している[8]。これが、わずか20年から30年で中国を世界最大の経済国の1つに引き上げた理由である。中国は、米国との最高の軍事競争相手として、今後5〜10年でロシアを上回る可能性がある。実際、中国は2049年までに世界の超大国になることを公に宣言しており、アナリストは、「中国国家の大規模な若返り」の追求において、中国が予定よりもはるかに進んでいると信じている[9]

ロシアと中国の世界的拡大と急速な技術進歩に対する懸念に次ぐのは、イランや北朝鮮などの悪意のある行為主体(malign actor)による高度な能力の獲得である。2019年9月14日の出来事を考えてみて欲しい。最初は属性がなく、未発表で、あいまいであったドローン群(drone swarm)がサウジアラビア王国の石油施設に対してキネティックな打撃(kinetic strike)を実施し、サウジアラビアの化石燃料事業に対する史上最大の打撃の1つであった。攻撃は当初イラン支援のイエメンハウティ反逆者によって主張されたが、フーシスがそれを開始したのか、それとも実際に彼らのイランのスポンサーから発生したのかは不明である。それでも、国際社会は、今日までの攻撃におけるイランの役割の程度を疑問視し続けている[10]。この手に負えない攻撃から13週間後、イラン人はバグダッドの米国大使館に対する人民動員部隊(Popular Mobilization Force)攻撃を組織化した。クズドス軍の悪名高い司令官であるカセム・ソレイマニ将軍は1週間以内に、米国のマーク・エスパー国防長官がその余波で「ゲームは変わった」と述べた米国の攻撃(strike)で死亡した[11]

The Game Has Changed:ゲームは変わった

確かにある。実際、世界は変化し、急速に変化し続けている。これは強大国の競争の新しい時代である。変化がなく、有能で大胆な敵対者は、ほんの数年以内に米国の軍事力(military strength)と同等になるであろう。また、一部の地域では、現在の米国の能力と比較して、上回る強さ(overmatch[12])を達成することさえできる。米国は地平線上で重大な課題に直面しており、第40代米陸軍参謀総長ジェームズマッコンビル大将が最近「強大国間の競争は、必ずしも強大国間の紛争を意味するわけではないが、我々は強い軍隊を持っていない場合、その可能性がある」と述べている[13]。そして、彼の言うことは正しい。約20年にわたって対反乱作戦(counterinsurgency operation)に従事してきた米陸軍は、大規模な戦闘(large-scale combat)に向けて方向転換し、近代化し、そして同様に重要なこととして、紛争後の競争に備えるという困難な課題に直面している。したがって、米国は近代化しなければならない。そのためには、米陸軍長官と米陸軍参謀総長の共通の理解がなければならない。そして、近代化の取り組みには共通の理解と応用されたリーダーシップがなければならない。

しかし、どのようにして米陸軍を近代化するのであろうか? 今日制服を着ている我々には、そのような制度的規模での努力のような経験はほとんどない。その代わりに、米国は、40年以上もの間、鋭い技術の漸進的な進歩とは別に、根本的に近代化する必要がなかった米陸軍の贅沢を享受してきた。冷戦後の挑戦されることのない力の格差は、目の前の課題(抑止と対反乱)に集中することができるが、大規模な制度の近代化に必要な筋肉の記憶を失ったリーダーの世代を生み出した。それで、歴史を学ぶ良い学生のように、将来予想される問題をナビゲートするための指針として、過去の同じような教訓を探さなければならない。幸いなことに、現在の状況とそれほど変わらない歴史的な例がある。

ポスト・ベトナム時代は、米陸軍が基本的な制度的近代化の活動を示した時期である。1970年代後半、ソビエト連邦は、東ヨーロッパの反乱との戦いに米国が関与していた一方で、東ヨーロッパの通常型部隊に大規模な投資を行って、米国に先んじて飛躍すると脅した。戦争後、米国は党派的な苦渋に疲れ果て、国防費で政治的に疲れ果てた。今日、ロシアと中国の軍事費の増加、米国の国防費への下方圧力、ワシントンの政治的二極化、戦争で疲弊した国家および20年間の闘い(two decades of fighting)を反映する米陸軍のこれらすべては、環境と米国が直面した課題の認識できる類似物である。

1970年代から1980年代にかけて、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(U.S.Army Training and Doctrine Command :TRADOC)の2番目の指揮官であるドンA.スターリー米陸軍大将は、今日経験するものと同様の課題と制度的ダイナミクスに取り組んだ。彼の世代のリーダーシップの努力により、米陸軍のエアランド・バトル(AirLand Battle)コンセプトが生まれ、機関全体の基本的な近代化がもたらされた。実際、米陸軍の組織構造、装備の能力、ドクトリン、文化に見られる現在のDNAは、その時代にさかのぼることができる。しかし、それとは異なり、米陸軍は現在、1つではなく、革新的な近代化戦略を開発して実行するために理解とリーダーシップが求められる2つの脅威に直面している。

Modernization Framework and Development of a New Operating Concept:近代化のフレームワークと新しい作戦コンセプトの開発

1973年、米陸軍参謀総長のクレイトン・エイブラムス米陸軍大将は、当時の機甲監(chief of armor)であったスターリー米陸軍少将にイスラエルへ行き、イスラエルとソビエト製の装備品を有するアラブ諸国(エジプトとシリア)間のヨムキプール戦争を研究するよう指示した。エイブラムスはスターリーに、戦争の主な教訓の概要とともに戻って、米国が何に対抗するのかを理解し、これらの教訓が米陸軍の戦術、ドクトリン、訓練、および装備開発に与える影響を調べるように言った。彼の調査結果は、「スターリー研究」として知られるようになったものとして発表された。これは、ソビエト衛星国家が使用していたアプローチと米国が解決する必要のある特定の問題を詳述した[14]。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)が彼の研究に応じて開発した最初のソリューションは、「アクティブ・ディフェンス(Active Defense)」と呼ばれるコンセプトであった。

後にヨーロッパで第5軍団司令官として従事したとき、スターリーは米陸軍のアクティブ・ディフェンス(Active Defense)コンセプトの演習、ウォーゲーム、および分析を行い、米陸軍は東ヨーロッパで直面するであろうのかなりの数のソビエト戦車、砲兵、および複数の階層の両方には不十分であると判断した。その後、スターリーは米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の司令官に選ばれ、ヨーロッパで学んだ教訓を武器に、米陸軍の最も優れた思想家や著作家の助けを借りて、1981年に新しいコンセプトであるエアランドバトル(AirLand Battle)を開発、発表した[15]。エアランドバトル(AirLand Battle)は、基礎となるドキュメントになった米陸軍を将来へと牽引する。その後の米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)での数年間、スターリーは戦場開発計画(Battlefield Development Plan)の開発と改良を続けた。こうして、1980年代の米陸軍は、「ビッグ・ファイブ(Big 5)」兵器システムを段階的に開発および一体化し、エアランドバトル(AirLand Battle)をドクトリンとして発表し、軍事専門教育(professional military education:PME)を変更し、訓練パラダイムを進化させ、人事管理プロセスを調整するなど、米陸軍のDNAを永遠に変えるいくつかの変化を挙げられる[16]

要するに、スターリーは予想される将来の作戦環境(脅威)を評価し、その脅威を調整するために米陸軍がどのように闘わなければならないか(コンセプト)の説明を作成し、能力要件を分析および評価し、米陸軍を近代化する戦略(近代化戦略)を形作った。スターリーはこれを「コンセプトを基礎とする要件システム」とラベル付けした(図1を参照)[17]

図1.コンセプトを基礎とする要件システム

(ウィリアムE.デピュイ退役米陸軍大将のオーラルヒストリー:ブラウンリーとマレン著「米陸軍を変える」から)

偶然ではないが、新しく作成された米陸軍将来コマンド(U.S. Army Futures Command :AFC)が活性化時に追求した最初の活動の1つは、近代化へのアプローチを成文化することであった。このコマンドの初代司令官であるジョン(マイク)マレー米陸軍大将は、現在、米軍の活動を推進しているモデルである「米陸軍近代化フレームワーク(Army Modernization Framework:AMF)」を検証した(図2を参照)。

図2.米陸軍の近代化のフレームワーク(ベイツ、クルーガー、フリーセンによる図)

The Future Operational Environment—the Underpinning:将来の作戦環境‐基盤‐

あらゆる学習努力と同様に、我々は環境から始めなければならない。ご承知のように、近年、ソビエト連邦は戦闘能力(warfighting capability)を大幅に向上させた。我々の量的な劣等性は、しばらくの間明らかであった。積極的なソビエトの研究開発(R&D)プログラムは、かつて我々が享受していた質的な強み(qualitative edge)を減少させた。ソビエトは、ほとんどの野外地上戦闘システムの品質において我々と同等かそれ以上である。

ドン・A・スターリー米陸軍大将、1980年9月[18]

将来の作戦環境(future operational environment :FOE)は、コンセプトと能力の開発に影響を及ぼす予想される条件、状況、影響を複合したものであり、我々の指導者の決心に負担を与えるものである[19]。将来の作戦環境(FOE)には、社会経済的および技術的トレンドの分析、ペーシングおよび予想される将来の脅威/敵対者、および米陸軍の作戦を導く既存の国家戦略が含まれる。

動きの速い戦車と装甲車両の導入が、戦場の運動性と強襲(battlefield mobility and assault)の主要な手段として馬の騎兵隊を追い出したのと同じように、技術の進歩が将来の戦争での闘い方の性質に根本的な変化を導いているという認識がなければならない。新しい技術が出現し、軍事への適用がより明確になるにつれて、それらの影響は、以前に経験したものとは異なり、戦場を必然的に作るであろう。したがって、新技術が、思い描くための創造性と綿密な研究が求められる方法で将来の紛争を形成していることは、米陸軍全体の制度的認識にとって不可欠である。しかし、それは技術だけではない。

米陸軍を変えるためには、ペーシングの脅威(pacing threat)[20]からもっと広く始めなければならない。ペーシングの脅威(pacing threat)は、ソリューションを構築するための原型を米陸軍に提供する。これは、問題が何で、何を修正する必要があるかについてのベンチマークを表している。対照的に、過去30年間、つまり冷戦の終結以来、米陸軍は能力ベースであった。しかし、今日、我々は1つではなく2つの脅威に直面している。それは、復活者のロシアと修正主義者の中国である。ロシアは、ウクライナとシリアでの作戦によって実証されたように、すでにその遠征能力を実証した。中国は軍事力を増強し続けており、ペースは速くなっている。米国とは異なり、ロシアと中国は、国家全体と協調した取り組みを通じて地球規模の野心を追求しており、政府と民間企業、戦争と平和を法的に区別せず、彼らがすでに公に主張しているのは、米国との世界的な紛争である。したがって、これらの脅威の「振舞い(behavior)」も同様に重要になる。

ヨムキプール戦争を研究するためのスターリーへのエイブラムスの憲章のように、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)の司令官であるデビッド・パーキンス米陸軍大将もチームに「ロシアの新世代戦(Russian New Generation Warfare :RNGW)」と呼ばれるものを研究するように委託した。歩兵監のピーター・ジョーンズ米陸軍准将の指示の下で、2016年のロシアの新世代戦(RNGW)の研究は、ロシア軍とその代理者が現代戦(modern warfare)の遂行において破壊的な技術をどのように採用したかを分析し、強化されたロシアの能力と米陸軍への影響を特定し、ロシアに対してオーバーマッチを確実にするために米陸軍が取るべき行動を推奨するように努めた[21]。ロシアの新世代戦(RNGW)研究チームは複数のヨーロッパ諸国を訪問し、90以上のインタビューを実施し、700以上のレポートをレビューした[22]。ロシアの新世代戦(RNGW)の研究では、現在の米陸軍の能力、能力容量、および用兵ドクトリンは、大規模な紛争で再浮上するロシアを倒すには不十分であり、「米陸軍が現代の戦場の新しい現実に適応しない限り、将来の米統合部隊は戦争で作戦的敗北と戦術的敗北に直面する可能性がある」と断定した。ロシアの新世代戦(RNGW)の研究やその他の研究では、継続的な脅威と社会経済的/技術的傾向の分析が強化され、将来の作戦環境(FOE)がより明確に示されている。これは米陸軍の指導者に必要な要求信号を提供し、新しい戦争の方法、つまりマルチドメイン作戦(multi-domain operations :MDO)と呼ばれる新しい作戦コンセプトを開発する際の出発点として役立った。

Concepts—the Vision:コンセプト‐ビジョン‐

コンセプトは、アイデア、思考、一般的な概念(notion)である。その最も広い意味では、コンセプトは何をすべきかを説明する。より具体的な意味では、何かがどのように行われるかを説明するために使用できる。それらは動的でなければならず、認識や状況の変化に応じて変化する。

ドンA.スターリー米陸軍大将、1979年2月[23]

コンセプトとは何かについてスターリーの説明を改善する必要はないであろう。しかし、それを強化するために、それは、米国が今日すでに行うことができないことを「何をすべきかを説明する」ものである。作戦コンセプトとは、変化する戦争の性格を見越して米国がどのように闘わなければならないかについての検討と明確化である[24]。優れたコンセプトの最重要事項は、脅威が現在および将来にもたらす基本的な問題、つまり今日では実行不可能な取り組みを解決する必要があることである。そして、変化に火をつける価値があるためには、能力開発を形作り、現在の部隊を将来に引き込むのを助ける「到達目標(reach goal)」でなければならず、単に既存のプログラムの説明ではない。

米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)パンフレット525-3-1「マルチドメイン作戦における米陸軍2028年」、単に「マルチドメイン作戦(MDO)コンセプト」と呼ばれるものは、米陸軍の作戦コンセプトである[25]。一部はロシアの新世代戦(RNGW)の研究に対応して開発されたが、諜報機関や実験からの無数のデータも一体化した。それは将来の作戦環境(FOE)の明確化と米国防戦略の影響の評価から始まる[26]。次に、社会経済的および技術的傾向の軍事的影響を検討し、米国の潜在的な敵対者が将来の安全保障環境にもたらす脅威を評価する。重要なことに、ロシアの新世代戦(RNGW)の研究結果に裏付けられたマルチドメイン作戦(MDO)の将来の作戦環境(FOE)評価では、ロシアと中国は異なると仮定している。それでも、それらはコンセプトを構築するのに十分似ている。ロシア(米国のペーシングの脅威)と中国(はるかに危険な新興の脅威)は、米国の利益に3つの共通の課題をもたらす。まず、どちらも米国とその同盟国、つまり陸、海、空、宇宙、サイバースペースのすべてのドメインに挑戦している。第二に、彼らは、統合部隊、米国のパートナーとその同盟国の間、および米国人の間の分離を作成するようにデザインされた、物理的および政治的なスタンドオフの複数の層を作成する。第3に、彼らは競争空間を活用して、米国との武力紛争の限界を超えることなく、作戦上および戦略上の目標を達成する。これらの問題のそれぞれの正味の影響は抑止力の希薄化であり、変化がなければ、米国の地球規模の影響力は侵食され、国際秩序と地球規模の安定は損なわれる。

マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、これらの問題を解決し、抑止力を高めることを目的としている。マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトは、「統合部隊の要素としての米陸軍がマルチドメイン作戦(MDO)を実施して競争に勝つ方法を説明している。必要に応じて、米陸軍は敵の接近阻止(anti-access)システムと領域拒否(area denial)システムに侵入して一体化を解除し、その結果として発生する機動の自由(freedom of maneuver)を利用して戦略目標を達成し(勝利)、有利な条件で競争に復帰させる[27]。」

米陸軍は現在、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトで説明されているタスクの多くを実行できない。しかし、それでも、ミッションを達成するために、米陸軍はそれらを行わなければならない。このように、コンセプトは、対応する能力開発を調整および形成するための照準点を提供することにより、必要な到達目標(reach goal)を作成する。これが、マルチドメイン作戦(MDO)のコンセプトが米陸軍将来コマンド(AFC)だけでなく、事業体としての米陸軍全体にとっても非常に重要である理由である。

しかし、それだけでは不十分である。アイデアを実行に移すために何かを伴う必要がある。それ以外の場合、そのままにしておくと、効果がほとんどない白い紙として表示されます。コンセプトは将来の説明または肖像画を提供するが、米陸軍は依然として特定の戦略的方向性、つまり事業体としての米陸軍のあらゆる部分を一体化し、リソースを優先順位に合わせる文書を必要とする。それに付随する近代化戦略が必要である。

A Pathway to the Future—the Modernization Strategy:将来への道筋:近代化戦略

1978年11月に最初に公開された戦場開発計画(Battlefield Development Plan :BDP)は、将来のロードマップとして使用されるようにデザインされている。米陸軍の注意を必要とする優先事項と問題について説明している。戦場開発計画(BDP)は、選択された米陸軍の短期的な部隊の即応性(readiness)と中期の部隊の近代化プログラムの評価に基づいている。プログラムの改善に必要な要件がリストされている。米国とソビエトの戦闘準備、部隊近代化、人員、兵器システム、部隊の混合、技術、訓練、および生産能力の評価も戦場開発計画(BDP)に含まれている。1980年代の米陸軍に対する技術の影響、および訓練、人員の獲得、コストの急増などの問題について説明する。

ドン・A・スターリー米陸軍大将、1980年9月[28]

1980年代初頭、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)は「将来へのロードマップ」を開発、テスト、改良した。スターリーはこれを戦場開発計画(BDP)と呼んでいた。当初、戦場開発計画(BDP)はソビエトの脅威に対応して米陸軍の近代化への取り組みを推進するために毎年作成された米陸軍G-2(インテリジェンス)製品であった。米国とソビエト連邦の間の冷戦が終わったとき、戦場開発計画(BDP)の効用も終わり、その中止に至った。今日、米陸軍将来コマンド(AFC)の将来コンセプトセンター(Futures and Concepts Center :FCC)は戦場開発計画(BDP)を活性化し、現在の作戦コンセプトであるマルチドメイン作戦が、予想されるほぼ対等な敵対者(near-peer adversary)によってもたらされる脅威にどのように対処するかを調査している。戦場開発計画(BDP)は、共同軍の一部として、米軍がどのようにマルチドメイン作戦(MDO)を実施して抑止するか、または抑止が失敗した場合に、ほぼ対等な脅威または他の敵対者を抑止するかを調べる。これは、特定のシナリオで米国の敵対者に対して採用された、予想される米陸軍の能力、システム、および力の構造の調査と分析であり、マルチドメイン作戦(MDO)対応力に向けたプログラマティックおよび投資の決定を通知するための現在の見積もりとして機能する。

戦場開発計画(BDP)は、マルチドメイン作戦(MDO)コンセプトで概説されている原則を採用することにより、近代化戦略の基礎となる知的かつ分析的な厳密さを表している。この基盤を活用することにより、近代化戦略は、将来の米陸軍のビジョンを達成するための目的、方法、および手段を明確に示している。それは、米陸軍のビジョンを設定し、前進の道を導くためのコア原則を確立し、優先順位を設定し、主要なマイルストーンと目的を明確にし、将来への道筋を設定する。それが効果的であるためには、近代化戦略は、民間および共同のリーダーシップ支援を獲得し、限られたリソースを優先順位付けおよび同期して、ビジョンの継続性を提供し、複数のリソースウィンドウにわたって行動を導く必要がある。

近代化には、単なる新しい装備だけではない。コンセプトのビジョンを運用するためには、「ドクトリン、組織、訓練、装備、リーダーの育成と教育、人員、設備、および政策(doctrine, organization, training, materiel, leader development and education, personnel, facilities, and policy :DOTMLPF-P)」に取り組む必要がある。主に物資に焦点を当てた以前の近代化戦略とは異なり、「2019年米陸軍近代化戦略(Army Modernization Strategy :AMS)」は全体的である。それは、優先順位の連続性を維持しながら、DOTMLPF-P要素全体で必要な変更を導き、同期し、一体化することによって、我々が誰であるか、どのように戦うか、何と戦うかを推進する[29]

第11装甲騎兵連隊と脅威システム管理局は、カリフォルニア州フォートアーウィンのナショナル訓練センターでのラジッシュの戦い中に、2019年5月8日、40機のドローンの群れを町に押し込む。ドローンの使用は、米軍が現代の作戦環境で直面する可能性のある多くの技術的に高度な脅威の一例にすぎない。(Pvt.James Newsomeによる写真)

2019年米陸軍近代化戦略(AMS)は、能力の成熟度に見合った、意図的な学習と実験プログラムに依存するマルチドメイン作戦(MDO)コンセプトを運用するためのドクトリンの開発に焦点を当てている。部隊デザインを見直して更新する必要があるため、新しい米陸軍組織(近い将来、マルチドメインのタスクフォースと治安部隊の支援旅団)がマルチドメインのタスクの要件を満たす。さらに、米陸軍は現在存在しない新しいフォーメーションと階層をテスト、実験、進化させ続ける必要がある。米陸軍近代化戦略(AMS)は、訓練における包括的なパラダイムシフトを求めている。マルチドメイン作戦(MDO)の場合、訓練はすべての階層でタフで現実的で、高度に競合するマルチドメイン環境を反映している必要がある。1980年代、エアランド・バトル(AirLand Battle)は、「近接(close)」した闘い(fight)と同時に「縦深(deep)」の闘い(fight)を可能にするために、拡張された訓練地域(expanded training area)を必要とした。これにより、今日の戦闘訓練センター(combat training center)が誕生した。サイバー演習場(cyber range)や合成訓練環境(synthetic training environment)‐ライブ、バーチャル、コンストラクティブシミュレーションなど‐のような新機能は、マルチドメイン作戦(MDO)の地球規模の性質を反映し、ホームステーションから各階層で専門的な訓練や集成的な訓練(collective training)を可能にする。

ほとんどの人は、エアランド・バトル(AirLand Battle)の「ビッグ・ファイブ(Big 5)」システムを思い出す。2019年米陸軍近代化戦略(AMS)は、マルチドメイン作戦(MDO)を有効にし、軍の近代化の優先事項(つまり、長距離精密射撃、次世代戦闘車両、将来の垂直揚陸機、米陸軍ネットワーク、航空およびミサイル防衛、および兵士の致死性)を支援する機能横断チーム(cross functional team)で開発されたソリューションを活用して、敵対者に対して比類のない致死性を生み出すための新しい装備開発取り組みを必要としている。新しい能力と改善された能力を効果的に使用するには、将来のリーダーは、将来の闘い(fight)での成功を可能にする機会を鋭く見ながら、すべてのドメインでツールを考え、アクセスし、採用できる必要がある。したがって、リーダーの育成と教育は、クロスドメインの相乗効果とミッションコマンドの複雑さを通じて結果を提供できるリーダーを形成する。米陸軍は、部下が接触していないときに部下を自信をもって信頼して決定を下せるリーダーを育成し、兵士束の間の機会をつかむ実力を強化するリスクを受け入れ、任務をよりよく達成するために上官不在時のの命令を実行するための倫理的基盤を兵士に植え付ける。これを達成するために、米陸軍は、システムと政策を近代化することにより、人員の人間の可能性を最大化する。これは、マッコンヴィル米陸軍大将の21世紀の人材管理取り組み(twenty-first-century talent management initiatives)(米陸軍の人材配置プロセス、大隊長評価プログラムなど)に反映されている。施設は、訓練、装備、および組織の新しい要件を支援するようにデザインまたは変更される。最後に、我々は、政策の変化を追求し、米陸軍とより大きな統合部隊を競争においてますます有効にし、宇宙とサイバードメインを活用するようにする。

Unified Leadership:統一されたリーダーシップ

私が戦闘開発戦略を立てる方法を提供するという考えでBDP [戦闘開発計画]を始めた一方で、それはより広い適用性を開発した。開発努力のためのコースを設定することに加えて、それはまた、訓練戦略と米陸軍を維持するための戦略を示すことができる。しかし、それが将来のための米陸軍戦略として有用であるならば、それは今日、その指導者たちによって決定され、同意されなければならない。

ドン・A・スターリー米陸軍大将、1979年4月[30]

米陸軍は、作戦上の要求と、短期的な即応性(readiness)と長期的な近代化に対する競合するニーズとのバランスを常にとらなければならない。多くの場合、作戦上の要求と即応性(readiness)は、近代化を担当する組織の帯域幅を当然消費し、その結果、変化のみが生じる。ベトナム後、米陸軍の指導部は、近代化を優先する能力を妨げる支配範囲の問題が事実上あったことを認めた。長年にわたり、大陸軍コマンド(Continental Army Command :CONARC)が米陸軍の近代化と米国内での米陸軍の効率的な運営の両方に責任を負っていたが、その責任の幅が広すぎ、官僚的なプロセスや政策に取り残された。米陸軍が決定したソリューションは、大陸軍コマンド(CONARC)を2つの新しい4つ星のコマンド、米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)と米陸軍総軍コマンド(Forces Command:FORSCOM)に再編成することであった。前者は制度開発を管理し、後者は短期的な即応性(readiness)を管理する[31]

現在、米陸軍は100万人以上の兵士と195,000人を超える成長している文官、および無数の請負業者支援の支援スタッフで構成されている。1,820億ドルのサービス予算があり、世界140か国以上でさまざまな事業を積極的に行っている[32]。最近まで、近代化の責任は本部と米陸軍省に分かれていた。米陸軍訓練ドクトリンコマンド(TRADOC)、米陸軍総軍コマンド(FORSCOM)、米陸軍装備コマンド(Army Materiel Command :AMC)は、それぞれが米陸軍省内事務局と連携して人員の準備を整え、訓練し、米陸軍の大事業体に装備する責任がある。2018年5月、米陸軍は、努力の統一と官僚主義の増加を抑えるために、将来の作戦環境の説明、コンセプトと将来部隊のデザインの開発、調達、兵站、技術の米陸軍省補佐部署と協力して近代化ソリューションの提供の支援を担当する単一の組織である米陸軍将来コマンド(AFC)を設立した。

米陸軍将来コマンド(AFC)は米陸軍近代化事業(Army Modernization Enterprise :AME)の主要なリーダーである。21世紀の戦争の新たな現実に適応するために、要件開発プロセスを近代化している。米陸軍将来コマンド(AFC)は、1つのコマンドで主要な近代化の役割を持つ組織を再編成することに加えて、米陸軍の最優先事項への装備ソリューションのより迅速な提供を支援するようにデザインされた機能横断チーム(cross functional team)などの新しい組織構造を実験し、他の組織を確立して、非伝統的なソリューションソースの幅広い範囲に到達する。同時に、米陸軍の近代化戦略(AMS)を通じて、米陸軍近代化事業(AME)全体の短期的な近代化活動をガイドし、同期化する。その戦略を実施および統治するために、米陸軍将来コマンド(AFC)は、米陸軍の近代化への取り組みを将来のマルチドメイン作戦(MDO)部隊の方位角に向けて維持する方法として、米陸軍近代化事業(AME)が優先順位に対する取り組みを維持または再配分するように調整する毎年のミッション・タイプの命令である、毎年の近代化ガイダンス(AMG)も公開している。わずか2年で、米陸軍の上級指導者と米陸軍将来コマンド(AFC)は、事業体としての米陸軍全体の多くの部分と協力して、将来の作戦環境(FOE)の評価を提供し、米陸軍の作戦コンセプトを公開し、機関に「米陸軍の近代化戦略(AMS)」を提供し、必要なものを提供した近代化された将来部隊を追求してリスク決定を比較検討し、機能横断チーム(cross functional team)を介して装備開発を迅速に明らかにする必要な分析的基盤を供給する。事実、米陸軍の上級指導者と米陸軍将来コマンド(AFC)は、米陸軍近代化フレームワークの各コンポーネントを体系的に提供し、マルチドメイン作戦(MDO)部隊に向けての取り組みの統一を提供している。

Conclusion—Winning the Next Fight

陸軍86は、すでに開発中の機器を最大限に活用するためのコンセプトと戦力構造をもたらした。我々がそれを正しく行えば、コンセプトベースの調達戦略は、今日の技術基盤への投資を導き、90年代に我々の米陸軍がどのように闘う(fight)べきかというコンセプトに適合する装備をもたらすことになる。

ドンA.スターリー米陸軍大将、1981年1月30日[33]

米陸軍参謀総長マッコンヴィル米陸軍大将が最近言ったように、「それは最後の戦いに勝つことではなく、次の戦いに勝つ準備ができている[34]」ことである。米陸軍は、重要なリソースの決定に影響を与え、その多くがすでに配備されている敵対者によって開発されている機能を軽減するために上級指導者が減少する窓に直面している。現在、米陸軍の上級指導者たちは、2024年から2028年までの2024年から2028年までの部隊構造とプログラムの決定に関連する組織の決定をすでに重視している。米国はすでに、将来への対応方法を決定する窓口にいる。相手国との衝突の可能性に関する米国の見解に関係なく、米国は、将来の作戦環境(FOE)内で活動する能力に変化がない場合、その活動抑止能力が希薄になることを認めなければならず、したがって、米国の影響力はその後数年で徐々に衰退する。米陸軍近代化フレームワークは適切に適用され、米国の不足を調整するためのロードマップを提供するが、フレームワーク自体は米陸軍を近代化しない。リーダーシップは重要である。ペンタゴンの上位の部署だけでなく、他の軍種も含め、すべての階層および国防に関わる事業体全体で重要である。米陸軍の専門家は全員、統一されたビジョンを理解して適用し、闘い(fight)、勝利する準備ができている将来に到達する義務がある。機動空間(maneuver space)がほとんど残っていないため、米国は焦点を当てることをためらったり、遅らせたり、方向転換したりできない。そうでなければ、次の主要な紛争は、戦争の新しい性格についての多くの確固たる想定を覆し、せいぜい安全を危うくするか、最悪の場合は流血を招くであろう。

重師団と軍団の力は、少なくとも私の考えでは、師団86で機能している。これらの組織の発展において膨大なコンセンサスの構築を行ったという事実に由来している。…哲学的には、それを行うことが不可欠である。…どんなに優れた組織であっても、それは完璧かもしれないが、それについて書く必要がある人々の間で、少しでも合意形成を行わなければ、それを使用し、採用し、発展させることができる。、など、その限られた詳細では、それほど遠くまでは行くことはない。

ドンA.スターリー米陸軍大将、1981年7月21日[35]

ノート

[1]マイケル・コフマン著「ロシアのジョージ王朝戦争におけるロシアのパフォーマンスの再検討」、2018年9月4日のロックオンウォー、2020年3月3日アクセス、 https://warontherocks.com/2018/09/russian-performance-in-the-russo-georgian-war-revisited/

[2]「ロシアの軍事力:強大国の願望を支援するための軍事力の構築」(ワシントンDC:国防情報局、2017)、2020年3月13日アクセス、 https://www.dia.mil/Portals/27/Documents/News/Military%20Power%20Publications/Russia%20Military%20Power%20Report%202017.pdf?ver=2017-06-28-144235-937

[3] エミリーフェリス、「ロシアのザーパド軍事演習の真の目的:モスクワがミンスクにメッセージを送ろうとした理由」、外務省(ウェブサイト)、2017年10月4日、2020年3月3日アクセス、https://www.foreignaffairs.com/articles/russia-fsu/2017-10-04/true-purpose-russias-zapad-military-exercises

【訳者註】ザーパド演習2017については、防衛研究所の東アジア戦略概観 2018「第5章 ロシア 欧米との緊張関係と多角化外交」< http://www.nids.mod.go.jp/publication/east-asian/pdf/eastasian2018/j05.pdf >を参照

[4] スティーブン・ピファー、「アゾフの戦い:ラウンド1はロシアに行く」、カオスから注文(ブログ)、ブルッキングス研究所、2018年12月3日、2020年3月3日アクセス、https://www.brookings.edu/blog/order- from-chaos/2018/12/03/the-battle-for-azov-round-1-goes-to-russia /

[5] アンドリューチャツキーとジェームズマクブライド、「中国の大規模なベルトと道路イニシアチブ」、外交問題評議会、2020年1月28日、2020年3月10日アクセス、https://www.cfr.org/backgrounder/chinas-massive-belt-and-road-initiative

[6] サイモン・デニエ著「中国の漁師が南シナ海で秘密戦争を戦っている方法」、ワシントンポスト(ウェブサイト)、2016年4月12日、2020年3月13日アクセス、https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/fishing- fleet-puts-china-on-collision-course-with-neighbors-in-south-china-sea/2016/04/12/8a6a9e3c-fff3-11e5-8bb1-f124a43f84dc_story.html

[7] 「中国のGDP年間成長率」トレーディング経済学、2020年3月3日アクセス、https://tradingeconomics.com/china/gdp-growth-annual

[8] 「米国のGDP年間成長率」、トレーディング経済学、2020年3月3日アクセス、https://tradingeconomics.com/united-states/gdp-growth-annual

[9] グラハム・アリソン著「習近平が望んでいるもの」アトランティック(ウェブサイト)、2017年5月31日、2020年3月3日アクセス、https://www.theatlantic.com/international/archive/2017/05/what-china-wants/528561/

[10] フメイラ・パムク著「独占:サウジ石油攻撃の米国の調査はそれが北から来たことを示す-レポート」、ロイター、2019年12月19日、2020年3月6日アクセス、https://www.reuters.com/article/us-saudi-aramco-attacks-iran-idUSKBN1YN299

[11]ウェスリーモーガン著「ゲームが変った:国防長官がイランのグループに対する先制攻撃の警告」、2020年1月2日、Politico、2020年3月3日アクセス、https://www.politico.com/news/2020/01/02/the-game-has-changed-defense-secretary-warns-of-preemptive-strikes-on-iranian-group-092668

[12] 【訳者註】overmatch:TRADOCパンフレット(TP)525-3-1「マルチドメイン作戦における米軍2028年」では、「overmatchとは、対抗勢力が現在または計画中の装備または戦術を使用することを防止または軽減することを目的とした、機能または独自の戦術の直接または間接的に適用すること」とされている。TRADOCパンフレット(TP)525-3-1「マルチドメイン作戦における米軍2028年」のGL-7ページ参照

[13] デビッド・ヴァーガン著「各軍種の参謀総長が強大国との競争の現在、将来の課題について議論する」、国防総省ニュース、2019年12月8日、2020年3月3日アクセス、https://www.defense.gov/explore/story/Article/2034749/service-chiefs-discuss-current-future-challenges-of-great-power-competition/

[14] R. Z.アレッシ-フリーランダー著「数の多い戦いで勝利するための学習:ドンA.スターリー将軍と改革と近代化の期間における制度的リーダーシップの課題」ミリタリー・レビュー(オンライン・エクスクルーシブ、2017年4月)、2020年3月4日アクセス、https://www.armyupress.army.mil/Journals/Military-Review/Online-Exclusive/2017-Online-Exclusive-Articles/Learning-to-Win-While-Fighting-Outnumbered/

[15] ジョン・L・ロムジュ著「エアランド・バトル・コンセプトの進化」Air University Review 35、第4回(1984年5月~6月):5.

[16] M1エイブラムスの主力戦車、ブラッドリー戦闘車両、AH-64アパッチ攻撃ヘリコプター、UH-60ブラックホーク多用途ヘリコプター、およびパトリオット防空ミサイルシステムは、「ビッグ5(Big5)」兵器システムを構成していた。

[17] ロミー・L・ブラウンリーとウィリアム・J・マレン3世著「米陸軍を変える:ウィリアム・E・デピュー退役将軍のオーラル・ヒストリー」軍事史センター出版物70-23、(ワシントンDC:米国政府印刷局、1988) 、201ページ

[18] ドンA.スターリー著「戦場開発計画、イギリス陸軍大会、ワシントンD.C.、1980年9月24日」、ルイスソリーとドンA.スターリー、プレスオン! ドンA.スターリー、vol。1(フォートレブンワース、カンザス:Combat Studies Institute Press、2009年9月)、195ページ

[19] 作戦環境は通常、2つの分析フレームワーク(DIMEとPMESII-PT)を使用して表示される。DIME(外交、情報、軍事、経済)。これは、軍や省庁全体でより広く理解されている。PMESII-PT(政治、軍事、経済、社会、情報、インフラストラクチャ、物理的地形、および時間)。これは主に国防総省のフレームワークである。

[20] 【訳者註】ペーシングの脅威(pacing threat)とは、敵対者が重要な技術革新により着実に一歩一歩米国に対する挑戦する能力を高めていくことが脅威であることを指している。参考:「TRADOC Pamphlet 525-92 The Operational Environment and the Changing Character of Warfare」13ページ

[21] ピーター・ジョーンズ他「米陸軍訓練とドクトリン司令部の要約(秘密区分なし)[TRADOC]」ロシアの新世代戦争研究(フォートユースティス、バージニア州:TRADOC、2016年)。

[22] 前掲

[23] ドンA.スターリー著「運用上のコンセプトとドクトリン、TRADOC司令官のメモ 1979年2月20日」Sorley and Starry、Press On!、1:338ページ

[24] 米陸軍ドクトリン出版物1-01、ドクトリン入門書(ワシントンDC:米国政府出版局[GPO]、2019年7月)、4-4ページ。作戦上のコンセプトと作戦コンセプトの違いに注意することが重要である。作戦上のコンセプトは、米陸軍が現在どのように作戦を行うか(つまり、統一した地上作戦)を組み立てる基本的な声明であり、作戦コンセプトは、将来の陸軍がどのように作戦を行うか(つまり、マルチドメイン作戦)を記述する。この区別により、将来の軍事問題に対処し、将来部隊のコンセプトの開発と能力開発が促進され、展開した部隊のコンセプトは、既存のまたはすぐに利用できる能力の現在の問題に対処する。

[25] TRADOCパンフレット(TP)525-3-1「マルチドメイン作戦における米軍2028年」(フォートユースティス、バージニア州:TRADOC、2018年12月6日)。MDOのコンセプトは米陸軍将来コマンドの立ち上げ中に起草され、公開されていたことに注意することが重要である。TRADOCパンフレットの命名法を採用していますが、文書に関連する学術的および知的財産は米陸軍将来コマンドによって保持されている。

[26] 国防総省「米国合衆国の国防戦略の概要:米軍の競争力の強化」(ワシントンDC:US GPO、2018)2ページ、2020年3月4日アクセス、https://dod.defense.gov /Portals/1/Documents/pubs/2018-National-Defense-Strategy-Summary.pdf

[27] TP 525-3-1, The U.S. Army in Multi-Domain Operations 2028, vii.

TP 525-3-1、「マルチドメイン作戦における米陸軍2028年」viiページ

[28] Donn A. Starry, “Battlefield Development Plan, British Army Convention,” 1:194.

ドンA.スターリー著「戦場開発計画、イギリス陸軍大会」、1:194ページ

[29] ライアン・D・マッカーシー、ジェームズC.マッコンビル、マイケルA.グリンストン「2019年米陸軍近代化戦略」(ワシントンDC:国防総省、2019年)、2020年3月3日アクセス、https://www.army.mil/e2/downloads/rv7/2019_army_modernization_strategy_final.pdf

[30] ドンA.スターリー著「戦場開発計画、フレデリックJ.クローセン将軍への書簡、米陸軍副参謀長1979年4月20日」、ソーリーアンドスターリー、プレスオン!、1:180ページ

[31]ブラウンリーとマレン著「米陸軍を変える」177ページ

[32] 米陸軍次官補(財務管理および管財人)、2020年度大統領の予算のハイライト(ワシントンDC:陸軍次官補次官[財務管理および管財人]、2019年3月)、2020年3月13日アクセス、https:// www.asafm.army.mil/Portals/72/Documents/BudgetMaterial/2020/Roll%20Out/Overview%20and%20Highlights/Army%20FY%202020%20Budget%20Highlights.pdf

[33] ドンA.スターリー著「コンセプトベースの要件戦略、複数の宛先へのメッセージ、1981年1月30日」、Sorley and Starry、Press On!、1:528

[34] ヴァーガン著「各軍種の責任者は、強大国との競争の現在および将来の課題について議論する」

[35] Donn A. Starry, “Experiences as a Commander: TRADOC Oral History Interview Conducted by Dr. Henry O. Malone Jr., Mr. Richard P. Weinert Jr., and Mr. John L. Romjue 29 July 1981,” in Sorley and Starry, Press On!, 2:1196–7.

ドンA.スターリー著「指揮官としての経験:ヘンリーO.マローンジュニア博士、リチャードP.ウェイナートジュニア博士、ジョンL.ロンジュー博士によるTRADOCオーラル・ヒストリーインタビュー(1981年7月29日)」 Starry、Press On!、2:1196–7