米海兵隊のドクトリンを読む③ MDCP 1-3 Tactics その5

0

第1章 戦術の理解

第2章 決心を達成する

第3章 優位性の獲得

第4章 迅速であること

第5章 適応すること

第6章 協調

第7章 成功を活用し仕上げる

第8章 それを起こすために

第5章 適応すること:Chapter 5 Adapting

予見性:ANTICIPATION

即興:IMPROVISATION

柔軟な計画:FLEXIBLE PLANS

分権化:DECENTRALIZATION

結論:CONCLUSION

 

「勝利は、ことが生じた後で適用しようとする人々よりも、戦争の性質に基づいて変化を予想する人々に微笑む[i]

-ジュリアス・ドゥーエ

「対立する部隊の存在により、規制できない問題では、予見され選択肢が提供されなければならない。適応性は、人生ように戦争における生き残りを支配する法則-環境に対する人間の闘争の濃縮された形以外の戦争-である[ii]

-B.H. リデル・ハート

この現代の戦場は、摩擦(friction)、不確実性(uncertainty)、無秩序(disorder)と迅速な変化によって特徴づけられる。それぞれの状況は、正確にまたは確実にコントロールできない変動する要因の一意の組み合わせである。この章では、変化する周囲の事情(circumstances)または突然の機会に基づいて我々の決心を適応させ修正することについて考える方法を議論する。戦術的に熟達したリーダーは行動を各々の状況に適応することができる。

第4章で基本的に議論されたOODAループは我々が状況を観察し、それに指向し、何を行うべきか決め、そして行動する適合のプロセスを記述した。より急速に状況に一貫して適応することができる競争相手は、かなりの優位性(significant advantage)を持っている。適応性は、したがって米海兵隊戦術の重要な部分である。本質的には、適応性は各々の新たな状況に適応するためにとる時間を短くすることを意味する。適応するためにふたつの基本的な方法がある。時には、我々は、前もって状況を理解して、準備の行動をとるのに十分な状況認識(situational awareness)を持つ。これは、予見性(anticipationである。ほかの時は、我々は準備のための時間なしで即座に状況に適応しなければならない。これは、即興(improvisationである。完全に順応できるために、我々は両方とも行うことができなければならない。

予見性:ANTICIPATION

適応する最初の基礎的な方法は予測することである。そして、それによって、我々は将来の使用する新たな方法、計画または技術を導入することを意味する。予測するために、将来の行動を予想することが、少なくともある程度は、我々はできなければならない。我々の予想は、通常過去の経験に基礎をおく。多くの場合、予想は我々が訓練中、演習または実際の戦闘を通して学んだ試行錯誤(trial and error)も含んでいる。予見性(anticipation)の優れた例は、1920年代と1930年代におけるクワンティコでの水陸両用戦技術の米海兵隊の開発である。これらの技術は、第二次世界大戦における太平洋とヨーロッパでの成功に必要なものを証明した。

全ての階層におけるすべての計画策定は、期待の適合の形-前もって我々の行動に適合させる-である。戦術的適合のためのもう一つの重要なツールは、即座の行動教練(immediate-action drills)またはSOP(standing operating procedures)の使用である。これらは、一般的な状況を含む実地に経験のある、予めデザインされた、一般的な行動である。我々の裁量でこれらのツールのコレクションを持つことは、我々が広い種類の戦術的状況への調整された方法迅速に反応することを可能にする。即座の行動教練(immediate-action drills)は、戦術的判断の必要性にとって代わるものではない。それらは我々がさらに考慮した行動をとることができるまで、単に進展する状況の初期に主導性をつかむ方法を提供するだけである。それらは、適合のための基礎を与える。

即興:IMPROVISATION

適応のための二番目の基本的な方法は、いかなる準備もなく即座に状況に順応させるために即興で行うことである。予見性(anticipation)のように、即興(improvisation)は機動戦(maneuver warfare)の鍵である。即興(improvisation)は、うまくいくこととそうでないことに対する直観的な認識を持つ、創造的で、知的で、経験あるリーダーを必要とする。

即興(improvisation)は、増加しているスピードに対して極めて重要である。彼らが上級指揮官の要求に従って彼ら自身の行動を調節することができるように、強固な状況認識(situational awareness)と彼らの上級指揮官の意図(senior commander’s intent)の確固たる理解を持つ指揮官を必要とする。多くの場合、我々は我々の資源-兵器、車両、その他-が、速く行動するのに十分でない状況に我々があることを見いだす。1940年のフランスでは、ドイツ軍のハインツ・グデリアン将軍は、徴用したフランスのバスの中に彼の歩兵の一部を配置した。グレナダで、米陸軍レンジャーが車両を必要としたとき、彼らはグレナダ陸軍に属している東ドイツのトラックを活用した。正統でなく聞こえる?適応することができないことのための失敗について「正統な」ものは何もない。

たとえば、第5海兵隊連隊第2大隊の海兵隊員が1968年2月にヴェトナム共和国のフエ市の会戦で見いだした状況をとりあげる。彼らの最初の目標のうちの一つは市の財務庁舎を取り戻すことになっていた。そして、それは北ヴェトナム軍によって稠密に防御されていた。突撃の前に、海兵隊員は彼らの迫撃砲火力が庁舎またはその防御者に対して小さい効果しかないのを見て失望した。その時、副大隊長は、彼らは再占領した軍事援助居住区域で、いくつかの米軍の催涙ガス容器と薬剤師を見いだした。北ヴェトナム軍が、ガスマスクが欠如していたと認識して、海兵隊員は財務庁舎に催涙ガス容器を高くゆるく投げ続けた。副大隊長の速やかな思考と適合の結果として、北ヴェトナム軍は急激に庁舎を立ち退いた、そして、海兵隊員は最小の負傷者で目標を確保した[iii]

柔軟な計画:FLEXIBLE PLANS

我々は、我々が適応性を開発するのを助けるためにいくつかの手法を持っている。これらのうちの一つは、柔軟な計画を用意することである。柔軟な計画は、複数の選択を提供する行動方針を確立することによって適応性を強化することができる。たとえば、ひとつだけではなく同じ場所からふたつの接近方法をカバーする阻止陣地は、敵がどちらをとっても適応できるための柔軟性を提供する。

我々は、現在と将来の作戦のために分岐を与えることによって、我々の柔軟性を増大することができる。分岐は、計画に影響する戦場での変化する状況を取り扱うための選択-例えば、配備の変化、指向(orientation)の変化、強さ(strength)の変化、移動の変化、受入れ、会戦の回避-である[iv]

柔軟性は、現在と将来の作戦を続行することによって増大されることもできる。続行することは、もっともらしい会戦または交戦(engagement)結果-勝利、失敗または膠着状態-を追求するための行動方針である[v]

分岐と続行することの価値は、敵が我々にいくつかの異なる行動の準備をするということである。我々は、相対的に僅かに多くの分岐と続行するものを持っておく必要がある。我々は、我々が十分に計画することができないか、訓練できないか、少しもそれらの準備出来ないことに、多くの分岐と続行するものを開発しようと努力してはならない。分岐と続きのこの巧みな、よく考え出された使用は、将来の行動方針を予想する重要な手段になる。この予見性(anticipation)は決心サイクルを加速するのを助けて、その結果、テンポを増大する。

柔軟な計画は、それらの開発に時間を消費するだけでなくて、部下に許容範囲を制限する傾向を持つ不必要な詳細なものを避ける。その代わりに、柔軟な計画は完成している必要があるが、部下に達成の方法を残す用意をする。これは部下が周囲の事情(circumstances)をより広い範囲で取り扱う柔軟性を可能にする。

柔軟な計画は、簡単に変えることができる計画である。調整を必要とする計画は、「結びつけられる(coupled)」と言われる。全ての計画の部分があまりに緊密に結びついているならば、計画の一部が変わることはその他の計画全てを変えることを意味するので計画は変化するのに、より厳しくなる。代わりに、モジュール化された疎結合計画の開発を試みるべきである。それで、我々が計画の一部を変えるか、修正するならば、それは全て他の部分に直接に影響を及ぼさない[vi]

最終的に、柔軟な計画は簡潔な計画でなければならない。簡潔な計画は、我々が戦闘において経験する迅速な変化、複雑で、流動的な状況に適応することがより容易になる。

分権化:DECENTRALIZATION

適応性を改善するもう一つの優れた方法は、それぞれの状況も可能にする意思決定権限を分権化することである。これは、事象の場や、最も近くに居る指揮官が必要に応じて彼ら自身の権限-しかし、常に上級指揮官の意図(higher commander’s intent)による-で、状況を取り扱うための許容範囲を持つことを意味する。この分権化(decentralization)は、反応時間の速度を上げる。我々は情報(information)が上級指揮官に上がるのを、そして、命令は到達するのを待つ必要はない。それは組織の応答性を増大する。そして、それは次々に適応性を増大する。ミッション・オーダー(mission orders)を用いることにより統制(control)を分権化することは、適応する我々の実力(ability)を最大にするための我々が使うツールのうちのひとつである。

部下の実力(abilities of subordinates)の信頼(confidence)は、分権化(decentralization)において重要な役割を果たす。彼らの部下の能力に信頼(confidence)を寄せるリーダーは、彼らのタスクを達成する際に、より大きな許容の範囲を与えることでより心地よいと感じる。それは、上級幹部が彼らの意図することが行われると知っているという風土を促進する。これは、特に第7海兵連隊第1大隊にとって「砂漠の嵐」作戦における真実だった。大隊が第1海兵隊師団の前進のために最初の二つのイラクの地雷原を越えて突破口を開く作戦を開始したとき、海兵隊員は降伏しようとしていた『白旗を身に着けている何百人ものイラク人』に突然圧倒された[vii]。この数は海兵隊前進を停止すると脅すくらいに非常に大きかった。しかしながら、大隊長は、すぐに状況が、イラク人が無害であると判断されることを認識して、彼らの降伏を受け入れるために停止しないよう、大隊に指示した。「それは、まさに・・・・・修正する彼ら自身の主導性を認識して、使うことを師団長が彼の指揮官が望んだ局地的な状況の型であった[viii]」ここでは、状況に最も近く、そして、師団長の意図(division commander’s intent)を理解した部隊指揮官は、前進の勢い(momentum)を失わないように状況に適応した。この適合は、イラクの防御の迅速な違反に結びついた。

結論:CONCLUSION

成功した戦い(warfare)は、変化する状況に適応したリーダーの例であふれている。我々はどのようにして今我々の訓練を通じて適応するべきかを学ぶことを始めなければならない。リーダーは革新的思考を尊重し、そして、促進する必要がある。さらに、リーダーは新たな機会を生み出すように創造的思考を彼らの部下に期待すべきである。

効果的な適合のために、指揮官は部下によって明らかにされた機会を直ちに活用しなければならない。指揮官は彼らをわずかな時間の機会に対して盲にする計画に縛られたままにすることはできない。最高の準備を行っている、その一方で、彼らは予見し難い機会を歓迎し、その優位性(advantage)を活用しなければならない。

ノート

[i] ピーター・G・ツォラス著「戦士の言葉:引用本:セソストリス3世からシュワルツコフまで、紀元前1871年から1991年まで」21ページ

[ii] ピーター・G・ツォラス著「戦士の言葉:引用本:セソストリス3世からシュワルツコフまで、紀元前1871年から1991年まで」21ページ

[iii] キース・ウィリアム・ノーラン著「フエの会戦」(Novato, CA: Presidio Press, 1983)51–52ページ

[iv] 分岐:緊急計画または任務、処置、指向の変更に応じた行動方針(基本計画または行動方針野中に確立されるオプション)、または、予想された事象(機会)に基づく作戦の成功を援助する部隊の移動の方向、敵の行動によって負う崩壊とウォーゲーム・プロセスにおいて決定した対応” MCRP 5-2A「作戦用語とグラフィック」 (June 1997).

[v] 続行:現在の主要な作戦の後に続ける主要な作戦。これらの計画は、現在の作戦と関連する可能な限りの結果(勝利、膠着状態または失敗)に基づく” (MCRP 5-2A).

[vi] モジュラー型の計画のより完全な議論は、MCDP 5, Planningを参照のこと

[vii] チャールズ・H・キュアトン中佐著「ペルシャ湾の米海兵隊、1990-1991年:砂漠の盾と砂漠の嵐の第1海兵師団と」77ページ

[viii] チャールズ・H・キュアトン中佐著「ペルシャ湾の米海兵隊、1990-1991年:砂漠の盾と砂漠の嵐の第1海兵師団と」77ページ