英国政府は主要な国防支出の増強を発表

+1

掲載:2020年11月19日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:Daniel Darling FI社アナリスト
(この論評は米国人のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

 

British Government Announces Major Defense Spending Boost 
November 19, 2020 – by Daniel Darling

驚くべきことに、英国のボリス・ジョンソン首相は国防省への主要な投資パッケージを発表した。これは冷戦の終結以来最大の支出の増大となっている。

英国軍にとって、追加の165億ポンド(219億ドル)に及ぶ4年間の資金配分は、英国がCOVID-19のパンデミックに伴う経済的、財政的影響に苦しんでいる時に、国防省が直面する予想される財政的圧迫からの明確な打開策である。

リシ・スナック財務大臣が、10月に予定されていた包括的な支出レビューをキャンセルし、彼にとってCOVID-19が国民経済に与える影響を分析可能とする1年間の資金配分に賛成した時、国防省は厳しい財政的会計にあったように見えた。
冷戦の終結以来、世界における英国の地位の最も「根本的な再評価」となることが期待された近い将来の統合された安全保障、防衛、外交政策のレビューの見通しも迫っていた。
この文書は、軍隊から諜報機関、テロ対策、組織犯罪、外交、開発に至るまで、国家安全保障に関連するすべてを検討した後、将来の優先事項を設定するものである。

レビューに関する思惑は極端に揺れ動いた。それは、軍隊の数、主要な調達の優先順位、および既存の軍のプラットフォームへの脅威がすべて細部に至るまで検討の対象であったためだ。
しかし、国家予算、特に省庁の予算に関するやりとりにより、その結果11月下旬から2021年(おそらく第1四半期)までレビューが遅れた。

推測される機能の削減のいくらかは、近々予定されているようだ。

しかし、最終的には、英国国防大臣のベン・ウォレスが、国防大臣と財務省の間の果てしない闘争で、大きな勝利をものにした。
ウォレス国防大臣は、急騰と暴落との間の循環(景気循環)を終わらせる必要性を引用したが、ジョンソン首相は、支出の増加は「後退の時代を終わらせ」、軍のための画期的な新技術を可能にするだろうと述べた。

ジョンソン首相は声明の中で、追加の165億ポンドは、保守党のマニフェストコミットメントで約束された金額(政府の各会計年度のインフレを0.5%上回る)を超える資金を表し、それによって、現在国防予算に割り当てられている413億ポンド(548億ドル)と比較して4年間で241億ポンドの金額の増加に相当すると指摘した。

最新のニュースは間違いなく英国軍にとって良いものだが、投資総額は国防省が直面しているより厳しい計算上の何かを覆い隠している。

その更新された防衛装備計画、主要な装備プログラムと資金計画の概要を示す10年間の計画の下で、装備品購入と維持に利用できる予想資金と上記の機器プロジェクトの10年間の費用の合計で国防省は130億ポンド(172億6000万ドル)もの赤字に直面している。

計画されたものとレガシーな装備に関する「要望」と「絶対的なニーズ」のミスマッチに加えて、前述の最先端技術は、困難な決定が依然として英国の防衛に直面していることを意味している。
新しい資金のどれだけが、新しい支援機関や将来の技術と比較して、防衛装備の支出のギャップを埋めるために使われるかはまだ分からない。
次世代テンペスト空中戦闘システムなど、英国軍と防衛産業部門の両方に不可欠と見なされる将来のプロジェクトには、かなりの資金が必要になる。

一方、軍隊が直面しているニーズのリストは、-まさに採用しようとしている人員要求から次世代技術への資金提供にまで至る-長いものになっている。
勿論、これは米国の重要な同盟国であり続けることを決意した国は言うまでも無く、全領域の軍隊を支援する国に期待されることである。

さらに、英国は、人工知能(AI)の軍事利用を専門とする新しい機関、新しい国家サイバー部隊(国防省と政府通信本部またはGCHQが共同で運営する)及び差し迫った宇宙コマンド(米国、フランス、および日本によって取られた手順を反映)など国防のための重要な付随する部門をサポートする必要もある。

次に、採用の遅れ、兵舎を改善する必要性、エンジニアなどのより多くの専門家の要求について問題がある。これは、進行中のさまざまな装備計画の範囲にさえ触れられていない。ましてや、英国の納税者が投資収益率をほとんど上げずに数十億ポンドの費用をかけている調達リスト(特に装甲車両の領域)は混乱している。

しかし、追加の資金提供に加えて、ジョンソン首相はまた、特にイギリス海軍に関して、装備の面で良いニュースを提供した。
英国海軍補助艦隊の堅実な支援船の要求をめぐる競争は2021年春に再検討され、新しいフリゲート艦-タイプ32多目的艦-は、ジョンソン首相が英国海軍を「ヨーロッパにおける最精鋭の軍にすることを約束したため取得される予定である

英国の海軍造船部門を後押しするために、これらはすべて国内で建設され、それによってイギリス連邦全体の雇用を支援することとなる。
おそらく最も重要なのは、2隻のクイーンエリザベス級空母の2隻目 - HMSプリンスオブウェールズ - が以前に推測されていたように、他国に売却されたり、売却されないことだろう。これは、両方の空母が噂の削減に耐え、さらに重要なことに、空母機動部隊に必要な支援船(戦闘と物資の両方)が実現されることを意味する。

同盟国との戦略的協力を強化し、海軍周辺の国防と外国の安全保障の見通しを再方向付けするために、パートナー国(オーストラリア、カナダ、米国)に共同運用のために空母に軍の要員と装備を配備するよう依頼する一方で、空母内の1隻(おそらく中東または東南アジア)の恒久的な前方展開の提案が検討されている。

イギリス陸軍の人員数、チャレンジャー2の主力戦車部隊、停滞したウォーリア歩兵戦闘車の能力維持プログラム、装甲車両の調達のフラグ付け、およびその他の要求はどうなるか注意が必要である。138機のF-35ライトニングII戦闘機に対する英国空軍の長期要求も同様である(これまでに48機がオーダーされている)。

ロボット、自律システム、サイバーおよび宇宙機能が目立つようになり、保証された資金の一部を吸収するため、レガシープラットフォームがいくつ、どれが生き残るかについての決定が迫っている。

しかし今のところ、この日は英国軍にとって良い日と見なすことができる。おそらく非常に良い日ですらある。(黒豆柴)