ロステックの幹部、ロシアの防衛輸出見通しについて語る

0

掲載:2019年3月11日
作成:フォーキャストインターナショナル(FI)社
投稿:DEREK BISACCIO FI社のMilitary Markets の編集者
(この論評は米国FI社のアナリストが米国内に向けて出したブログです)

Rostec Official Discusses Russia’s Defense Export Outlook

ロシアの主要国防企業であるロステックは、国防市場の「急速に変化する世界」への適応に取り組んでいます。
アブダビでのIDEX軍事展示会の感想を最近のDefense Newsの最近のインタビューで、ロステック社の国際協力と地域政策を担当するディレクターヴィクター・クラドフ氏は、ロシアが国際武器市場で直面している課題と、ロステックが自らをどのように適応させているかについて議論しました。
ロシアの武器輸出が直面している最大の課題について尋ねられ、クラドフ氏は「最大の課題は、急速に変化する世界である。」と語った。「多くの国は、ただ単に武器を調達したいのではなくその技術を獲得したいのだ。」彼は具体的に指摘した。
「メイク・イン・インド」プログラムは、単に「既製品の」ハードェアを購入するよりも軍事装備品の生産を現地化することを必要としている事を。インドは、ロシアの軍事製品の主要取引先の1つです。

彼が取り上げたもう一つの国はアラブ首長国連邦であり、「航空機、ヘリコプターを共同で設計したい」と語った。ロステックの子会社であるロシアンヘリコプターは、以前、アラブ首長国連邦がKa-226とAnsatのヘリコプターの調達に興味を持っていると指摘していました。
アラブ首長国連邦はまた、戦闘機のジェットプロジェクトでロシアと協力することに関心を示しているが、双方が積極的にこの機会を模索しているかどうかは不明である。
この変化する環境に適応するために、ロステック社は「単に機器を納入することから技術的パートナーシップを確立することまで」そのアプローチを変えています。とクラドフ氏は語った。
ロステック社の輸出が直面しているその他の課題は、「ライフタイムサポート計画」、新技術製品の開発、および同社の輸出ポートフォリオにおける民間製品のシェアに重点を置くことです。
後者の問題、民間の転換(注;民間製品への輸出シェア拡大)について、クラドフ氏は、ロシアのヘリコプターが世界の攻撃ヘリコプター市場のおよそ25%を有している。―Ka-52、Mi-28、そしてMi-35Mのような製品を輸出している。―しかし民間ヘリコプターの世界市場ではわずか2%であると述べた。
インタビューでは、今年後半にS-400の対空ミサイルシステムの導入を開始する予定のトルコを中心に、輸入国にロシアの装備を購入しないよう圧力をかけるという米国の取り組みについて簡単に触れた。
アメリカの当局者はS-400を調達することは、F-35第5世代戦闘機の受領に妨げとなるとトルコに警告した。
クラドフ氏は、「誰が好むと好まざるかにかかわらず、私たちはパートナーおよび潜在的なパートナーと協力している。」と状況について語った。それはビジネスです。それは単なる取引関係です。これはトルコ政府が望んでいるシステムであり、私たちはそれを供給したいのです。これまでのところ、非常にスムーズに進んでいます。」
ロシアのジャーナリストは私に尋ねた:「アメリカ人がトルコにF-35を与えないならば、それはあなたがSu-35を提供するという意味ですか?」そして私は言った:「いいえ、そうではない。」「そもそも、それはトルコ人によって決定されるものである。」
トルコの問題から、米国はロシアの防衛産業からの購入のために国を罰する新しい制裁法案、とりわけCAATSAを通してロシアの武器輸出を制限しようとしています。しかし、その法律の施行は米国にとって厄介であることを証明しました。そして、同盟国と友好的な国にロシアからのその種の調達に関して放棄を申し入れました。
(黒豆芝)