情報作戦と機動戦 Maneuverist #13

0

機動戦論者論文として紹介してきた13番目の論文を紹介する。

昨年8月掲載の、「米陸軍を情報戦時代に適応させていく」で、2016年6月、当時の米国防長官アシュトンB.カーター氏が米国防総省の情報環境における作戦のための戦略(STRATEGY FOR OPERATIONS IN THE INFORMATION ENVIRONMENT)を発出し、作戦環境の認識を変えていかなければ情報技術の進展に伴って変化していく脅威に対抗していけないとの危機感を明確に表したことを紹介した。情報環境における作戦で、機動戦(maneuver warfare)を行うとはどういうことなのかは関心をそそるテーマである。

これまで紹介してきた論文は、米海兵隊の新たな「用兵(Warfighting)ドクトリン」を目指した議論を期待していることが類推されるところである。ここで紹介する論文は、情報環境における作戦(Operations in the Information Environment)を念頭に置いたと思われる情報作戦(Information Operations)を機動戦という文脈でとらえることを狙いとしたものと言えるのであろう。

プレス・リリースやソーシャル・メディアを活用して、キネティックな戦いの効果を最大限に活用してお互いの被害を最小にしながら戦争の目的を達成した例を論じたものである。

ちなみに、これまで紹介してきた米海兵隊が戦いのコンセプトとして受容している機動戦(maneuver warfare)についての論文は、次のとおりである。

機動戦の特徴を論じたものとして

1番目が「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-」、

2番目が「動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解」、

3番目が「機動戦の背景にある動的な非線形科学

米海兵隊の機動戦に大きく影響を与えたといわれるドイツ軍に関する文献として

4番目の「ドイツからの学び

5番目の「ドイツ人からの学び その2:将来

戦争の本質や機動戦に関わる重要な論理として

6番目の論文「三つ巴の闘い(Dreikampf)の紹介

7番目の論文「重要度と脆弱性について

8番目の論文「機動戦と戦争の原則

新たな戦いのドメイン(domains of warfare)への機動戦の適用の例として

9番目の論文「サイバー空間での機動戦

機動戦を論じる上で話題となる代表的な用語の解釈の例として

10番目の論文「撃破(敗北)メカニズムについて

11番目の論文「殲滅 対 消耗

機動戦で推奨される分権化した指揮についての

12番目の論文「分権化について

時間が許せばご一読いただきたい(軍治)

情報作戦と機動戦-Information Operations and Maneuver Warfare-

2020年の第2ナゴルノ・カラバフ戦争では、アゼルバイジャン軍が伝統的な作戦と情報環境の作戦(OIE)を巧みに組み合わせて勝利を収めた。

(写真:ライアン・ホイットニー米海兵隊参謀軍曹)

Maneuverist Paper No. 13

by Marinus

人々がしばしば「プロパガンダ」と呼ぶ従来の情報作戦(information operations)は、消耗の戦役(campaigns)に似ている。消耗戦主義者(attritionist)が比較的小さな怪我をゆっくりと負わせることによって敵の抵抗する意志を損なうことを試みるのと同じように、プロパガンダは、彼の友人の美徳、彼の大義の正義、そして彼の敵の不法を他の人に納得させるために、多くの控えめなメッセージを展開する。ただし、情報作戦(information operations)の賢い実践者は、物事のやり方が異なる。彼らは無数のマイナーなミーム[1]を風に投げ込むのではなく、決定的な効果を達成するために機動戦(maneuver warfare)の情報的な類似物(informational analog)を採用している。

情報空間におけるそのような機動の優れた例は、2020年9月27日に始まり、44日後の2020年11月9日に終わった紛争である第2ナゴルノ・カラバフ戦争の結果に影響を及ぼした[2]アゼルバイジャン共和国)は、以前の紛争で失った土地を占領し、民族的に浄化するために、巧みな情報作戦(information operations)とさまざまな種類のキネティックな行動を組み合わせた[3]。同時に、負けた側(アルメニア共和国が絡み合って構成されている)は、情報待ち伏せ(information ambushes)と呼ばれるものに引き込まれ、その一部は独自に作成されたものだった。

アゼルバイジャンと2つのアルメニア共和国の間の戦争における争いの骨は、大まかに言えば、カラバフとして長い間知られている地域に対応する連続した領土の集まりだった。面積は約4,500平方マイルで、これらの地域はデラウェア州の2倍以上の面積をカバーしているが、コネチカット州よりやや少ない面積である。2020年には、約15万人がカラバフに住み、イランと共有された短い辺境を除けば、アゼルバイジャンの明白で妨げられていない所有する土地に完全に囲まれていた。

2020年9月にカラバフに住んでいたほんの一握りの人々を除くすべての人は、アルメニア語を話し、アルメニア文化を受け入れ、アルメニア系を主張した。確かに、元々ナゴルノ・カラバフ共和国と呼ばれていたソビエト連邦の崩壊の過程で彼らが形成した政体の人口は、同名の、そして実質的に大きなアルメニア民族国家であるアルメニア共和国よりも幾分高い割合のアルメニア人を含んでいた。(世界中の多くの人々が元の指定で小さな州を参照し続けているが、アルメニア人はアルツァフ共和国の新しい名前でそれを参照する可能性がはるかに高い)

アルメニアとアゼルバイジャン(著者作成)

アルツァフ(共和国)とより大きなアルメニア共和国との関係は複雑である。彼らは共通のプールから軍人と武器の両方を引き出すほど緊密に同盟を結んでいたが、アルツァフの住民はアルメニア共和国のいとこよりもはるかに多くの肌を持っていた。アゼルバイジャンの手で敗北した場合、アルツァフのすべての住民は難民に転向するという非常に現実的な危険に直面した。しかし、アルメニア共和国に住む人々にとって、アゼルバイジャンの勝利は、多くの点で苦痛を伴うものの、炉床、家、または生計を失う可能性ははるかに低かった。

1990年代初頭以前は、アルメニア人ではなく、その大多数がアゼルバイジャン人であった約40万人が、争われた地域に住んでいた[4]。しかし、これらの人々のほぼ全員が、1994年に終わったアルメニア人とアゼルバイジャン人の間の長い戦争の過程で家を離れていた。カラバフ/アルツァフの一部の地域では、空いた町や村は最近の戦争の過程で家を失ったアルメニア人によってすぐに占領された。しかし、追い出された人々に取って代わった人は、たとえあったとしてもごくわずかでした。その結果、争われた領土はゴーストタウンが満ちていた。

戦場では、2020年9月27日に勃発した戦争の最初の大きな出来事は、アゼルバイジャンの無人航空機(UAV)の手による戦車、歩兵戦闘車、および移動式対空システムのアルメニアの在庫のかなりの部分の破壊だった[5]。これが行われている間、アゼルバイジャンの砲兵部隊は、カラバフの少数の市街地に少数の長距離ロケットを発射した。そのほとんどは、2つの交戦者の機械化部隊が展開されていた場所から数十キロ離れた場所にあった。(複数のロケットランチャーから発射されたが、これらのロケットのいくつかは、そのような武器が提供するように最適化された一斉射撃の一部として発射されたようである。むしろ、ロケットの爆発による損傷は、ほとんどのロケットが単独またはペアで発射されたことを示唆している)

敵対行為が始まってすぐに、アゼルバイジャンの情報作戦担当は、飛行ロボットの手によるアルメニアの装甲車両の終焉を描いた多数の写真と、それを記録したかなりのフィルム映像を共有し始めた。しかし、彼らは、民間のターゲットに向けて発射されたロケットによって達成された最終的な効果の写真を、移動するかどうかにかかわらず公開することを差し控えた。それどころか、アゼルバイジャンの広報担当者は、アゼルバイジャン軍の誰もが民間コミュニティへの砲撃に参加したことを断固として否定した。(さらに、時折、アゼルバイジャンの情報作戦担当は、アルメニアの砲兵部隊が民間のターゲットにロケットを発射したという苦情を公表するために、自動空中対戦車兵器の達成のお祝いの休憩を取った)

当初から、アルメニアの報道官は、アゼルバイジャンのUAVによって達成された成功の物語(stories)を打ち消すために一生懸命働いた。これを行うために、彼らは撃墜されたアゼルバイジャンUAVの残骸の写真を見せ、手持ちの防空ミサイルを装備したアルメニアの兵士の奉仕を祝い、アルメニアの地上軍によるアゼルバイジャンの装甲車両の破壊を記録した。アルメニアの広報担当者はまた、民間コミュニティに対するアルメニアのロケット攻撃のすべての話を否定するために苦労した。同時に、アルメニアのプレス・リリースやソーシャル・メディアの投稿によって公表された資料の大部分は、アルメニアの民間人が住む場所に長距離で発射されたアゼルバイジャンのロケットの爆発によって破壊された家、負傷した女性、孤児となった子供たちの悲痛な物語を語っていた。

戦争の第2週の初日である2020年10月4日、アルメニア軍はアゼルバイジャンで2番目に大きな都市であるガンジャの真ん中に戦術弾道ミサイルを発射した[6]。閉回路テレビカメラによって記録された結果としての爆発は、2つの大きな建物を破壊し、他の多くの建物に損害を与えた。アゼルバイジャンの情報筋が発表した報告によると、打撃はまた、1人の民間人の死と30人の他の負傷をもたらした。

その日遅く、3つのアルメニア当局がガンジャで爆発したミサイルについて別々の声明を広めた。アルメニア国防省の報道官であるシュシャン・ステタンヤン少佐は、アルメニアのミサイルが都市に対して発射されたことを断固として否定した。アルツァフ共和国の報道官であるヴァーラム・ポゴシヤン氏は、アルメニアのミサイルが2つのミサイルが着陸した場所から約5 km(3マイル)離れた場所にあるガンジャ国際空港を破壊したと主張した[7]。(アルメニアの情報筋は、2020年3月に民間人の通行が禁止されていたこの空港が、アゼルバイジャンとトルコの両方の有人および無人の航空機の基地として使用されていたと長い間主張していた)

アルツァフ共和国の大統領、アライク・ハルチュニヤン氏は、ガンジャの軍事施設を狙ったミサイルが、アルメニアの入植地に対するアゼルバイジャンの攻撃に対する報復として発射されたと説明した。彼は、民間人の死傷者の可能性を最小限に抑えるために、以前にガンジャの民間人の住民にその都市を去るように警告していたと付け加えた[8]

アルメニアの対応者とは対照的に、アゼルバイジャン共和国によって設立された戦争情報センターの所長を務める上級公務員のヒクメット・ハジエフ氏は、一貫した一連のプレス・リリース、メディア・キット、ソーシャル・メディアの投稿を発表し、アゼルバイジャンの戦闘作戦の人道的な精度と、アルメニア人によって行われた粗雑に実行された戦争犯罪とを対比させた。これらの資料によると、アゼルバイジャン軍が純粋な軍事目標に対して精密な攻撃を行っていた戦争では、アルメニア人は、最も近い戦場から40 km(24マイル)近く、最も激しい戦いのサイトから130km(80マイル)離れた都市の真ん中に狙いを定めていない発射体を投射していた。

2020年10月5日、ミサイルがガンジャの空港を攻撃したと以前に主張していたポゴシヤン氏は、後続の攻撃の痛々しいほど大げさな脅威を含むメッセージをソーシャル・メディアに投稿した。「あと数日後には、考古学者がガンジャの場所を見つけることさえできないのではないかと心配している[9]」と彼は書いた。

この声明は、アルメニア軍が民間人の住む場所を意図的にターゲットにしていることを世界に納得させることを狙いとしたアゼルバイジャン情報戦役(information campaigns)の信頼性を高めた。翌日、アルメニア国防省の代理を務めるステワンヤン少佐は、アルメニアの町や村へのアゼルバイジャンの攻撃によって殺害または負傷した人々の数、および破壊または損傷した建物の数の数値を発表した[10]。(ステワンヤン少佐は、ポゴシヤン氏の自傷行為から注意をそらそうとしていた可能性があるが、このメッセージのタイミングは、彼女がアルメニアの集落へのロケット攻撃に対する報復として、ガンジャへのミサイル攻撃を正当化しようとしているという不幸な印象を与えた)

2020年10月4日の攻撃に続く2週間の間に、追加のアルメニアのミサイルがガンジャを攻撃した。これらは、アゼルバイジャン政府によって発表された数字によると、民間人の間で31人の追加の死をもたらした。以前と同様に、アルメニアの広報担当者は、これらの損失をテーマにしたアゼルバイジャンのメッセージに、アルメニアの民間人に対するアゼルバイジャンの攻撃を説明するプレス・リリースとソーシャル・メディアの投稿で応えた。彼らはまた、ガンジャの中または近くにある多くの軍事支援施設を特定した[11]

言葉と発射物の戦争に従事している広報将校が民間のコミュニティに襲っている一方で、アゼルバイジャンの地上戦闘部隊は限定した目標で長い一連の攻撃を行った。これらは3つの目的を果たした。

最初に、彼らはアゼルバイジャンのUAVの捜索する目から彼らを保護する森林地帯からアルメニアの部隊を追い出した。第二に、彼らは町、村、そして農場の占領を容易にした。第三に、彼らはアゼルバイジャンの地上部隊が、争われている領土で最も人口の多い都市の中心に、日々、そして段階的に接近することを許した。(アルメニア人は、アルツァフ共和国の首都として機能する55,000人のこの都市をステパナケルト(ナゴルノ・カラバフの首都)と呼んでいる。アゼルバイジャン人は、この都市を古いトルコ語のハンケンディと呼んでいる[12]

アゼルバイジャンでの最後の、そして最大の攻撃は、2020年11月6日に、ステパナケルト/ハンケンディに隣接する丘の占領をもたらした。この丘は、周囲の地形を支配することに加えて、アルメニア人にはシュシ、アゼルバイジャン人にはシュシャとして知られる町があり、二人の間の長い闘いの中で双方にとって非常に重要である。1992年以前は、シュシ/シュシャには約15,000人のアゼルバイジャン人が住んでいた。しかし、その年の1992年5月9日、アルメニア軍が町を占領し、その場所のアゼルバイジャンの住民は難民になった。その後の30年間で、4,000人以上のアルメニア人が、以前はアゼルバイジャンの自宅から逃げ出し、町に引っ越した。

シュシ/シュシャに対するアゼルバイジャンの攻撃の準備は、アゼルバイジャンの地上部隊がその町に入る約1か月前に始まった。2020年10月8日、疑いの余地のないアゼルバイジャン起源の2つの大きな発射物がガザンチェツォット大聖堂を攻撃した。シュシ/シュシャのアルメニア人所有の象徴としても機能したアルメニア文化にとって非常に重要な建物である大聖堂は、最近改装、改修、再奉献されたばかりだった。(これらの発射物の詳細については情報源が異なる。ロケットやミサイルとして説明するものもあれば、航空機によって投下された爆弾として説明するものもある。ただし、確かなのは、2つの攻撃の精度である。どちらも互いに大聖堂のキューポラの2メートル以内に着弾した[13]

シュシ/シュシャの大聖堂への打撃に対するアルメニアの反応の目玉は、世界クラスのアルメニアのチェリストが廃墟の建物に楽器を設置し、アルメニアの最も偉大な宗教音楽の作曲家による忘れられない曲を演奏した、慎重に作成されたビデオだった。プロパガンダとして、アルメニア人を高度に文化的で断固としたキリスト教文明の擁護者として描いたビデオは見事に成功した。しかし、情報空間での機動としては失敗した。特に、アゼルバイジャンが大聖堂を攻撃した正確さを視聴者に思い出させることで、アゼルバイジャン情報戦役(campaigns)の中心的なメッセージを支持した。このメッセージは、何万人ものアルメニア人にアゼルバイジャンの勝利の舞台となる方法で行動するよう説得した。

戦争の開始から、アゼルバイジャンの情報作戦担当によって採用された描写(depiction)と否定(denial)の組み合わせは、争われた領土のアルメニアの人口に強力なメッセージを送った。メッセージの最初の要素は、アゼルバイジャン軍が精密な攻撃を行う能力だった。メッセージの2番目の部分は、アルメニアのプロパガンダによってうっかりと拡大されたものであり、争われている領土のアルメニア人入植地に対してそのような打撃を実施するアゼルバイジャンの指導者の意欲だった。その結果、何千人ものアルメニアの民間人が、予想されるアゼルバイジャン軍の到着のかなり前に彼らの家を放棄することを決定した[14]

砲撃の心理的影響を増大させるアゼルバイジャンの情報作戦(information operations)の力は、ステパナケルト/ハンケンディの2つの戦闘でのロケット打撃によって引き起こされた死傷者を比較すると明らかになる[15]。1991年11月から1992年5月の間に、アゼルバイジャンの砲兵部隊は数千発の無誘導ロケット弾を市内に発射し、169人の民間人を殺害し、市内の70,000人の住民のほぼ全員に避難を説得した。2020年9月27日から2020年11月9日までの間に、アゼルバイジャンの砲手は市内ではるかに少数の発射物を発射し、13人の民間人を殺害し、5万人(総人口55,000人のうち)を自宅から追い出した[16]

同様のパターンは、アルツァフ/カラバフの最初の戦争のアゼルバイジャン爆撃と2020年に起こった紛争の比較でも見ることができる。1991年12月から1993年1月の間に、アゼルバイジャン軍によって発射された長距離兵器により、約1,500人のアルメニアの民間人が殺害された。2020年9月27日から同年11月9日までの間に、そのタイプの武器は29人のアルメニアの民間人を殺害した。(これに加えて、アゼルバイジャンの無人航空機はさらに4人の民間人を殺害した[17]

アルツァフ/カラバフでのアゼルバイジャン戦役(campaigns)には、機動戦(maneuver warfare)の伝統とは異なる多くの要素が含まれていた。戦争の最初の数日間にアルメニア人によって配備された非常に多くの装甲車両を破壊するために無人航空機の機団(fleets of unmanned aerial vehicles)を使用することは、純粋な消耗の行為だった。限定された目標の地形指向の攻撃も同様に、スクリプト化され、ステレオタイプ化された、系統だった会戦計画の産物だった。同時に、限定された(したがってより否認可能な)ロケット打撃と武器の精度を強調するメッセージング戦役(messaging campaign)と組み合わせると、アゼルバイジャン人は44日でその戦争の最も重要な狙いを達成することができた。

ほぼ同じように、アルツァフ/カラバフを擁護するアルメニア軍は高度に分散化されていた。これは、アゼルバイジャンの無人航空機から彼らを保護する森林地帯で戦うときに大きな利点であることが証明された。しかし、アルメニア人が森で非常にうまく戦うことを可能にしたのと同じ精神は、アゼルバイジャン人が非常にうまく使用した2つの武器の使用に関しては責任を証明した。したがって、ガンジャの市内中心部に投下された戦術弾道ミサイルは、自傷行為であることが判明した。これは、共通のビジョンを失ったアルメニアの宣伝者から送信されたメッセージによってさらに悪化した。

これは、アゼルバイジャンによって達成された諸兵科連合の効果が、情報空間での機動戦(maneuver warfare)の実施のためのテンプレートを提供するということではない。結局のところ、限定的なロケット打撃とメッセージング戦役(messaging campaign)の組み合わせによって達成された効果は、30年前に起こった砲撃の記憶にその効果の多くを負っていた。しかし、アゼルバイジャンの勝利が我々に伝えていることは、機動戦の哲学(philosophy of maneuver warfare)は、アイデアやイメージの領域(realm)での行為が他の種類の意図的な行動と組み合わされる可能性がある方法の研究のための確固たる基盤を提供するということである。

ノート

[1] 【訳者註】ミーム(meme)とは、脳内に保存され、他の脳へ複製可能な情報である[2]。例えば習慣や技能、物語といった社会的、文化的な情報である。文化的な情報は会話、人々の振る舞い、本、儀式、教育、マスメディア等によって脳から脳へとコピーされていくが、そのプロセスを進化のアルゴリズムという観点で分析するための概念である(ただしミームとは何かという定義は論者によって幅がある)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A0

[2] 第二次ナゴルノ・カラバフ戦争の簡潔で信頼できる概要については、コーリー・ウェルトとアンドリュー・S・ボウエン、アゼルバイジャンとアルメニア:ナゴルノ・カラバフ紛争(ワシントンDC:議会調査局、2021年)を参照されたい。

[3] しばしば最初のナゴルノ・カラバフ戦争と呼ばれる以前の紛争のアクセス可能な説明については、トーマス・デ・ワール、ブラックガーデン:平和と戦争によるアルメニアとアゼルバイジャン(ニューヨーク、ニューヨーク:NYU Press、2013年)を参照されたい。

[4] 最近の領土に住む人々の数、および難民になった数についての簡潔で包括的な議論については、ブラックガーデンを参照されたい。

[5] 破壊、損傷、または捕獲された軍装備品のアイテムを説明する体系的な試みについては、Stijn MitzerおよびJoost Oliemans、「ナゴルノ・カラバフの闘い:アルメニアとアゼルバイジャンの側面の損失を記録する」、Oryx、(2020年9月)を参照されたい。https://www.oryxspioenkop.comで入手可能。(この記事の日付は誤解を招く恐れがある。戦争初日の損失のみを扱った最初のレポートは、その後何度も更新されている。したがって、説明されている損失は、戦争の44日間すべてに関係するものである)

[6] 2020年10月4日にガンジャに着弾した戦術弾道ミサイルは、NATOによって「スカッドB」として指定されたタイプであったようである。これらの最大航続距離は300キロメートル(180マイル)で、ペイロードは985キログラム(2,167ポンド)である。

[7] Republic of Artsakh, “Ganja Airport was Destroyed,” Telegram, (October 2020), available at https://www.telegram.com.

[8] Arayik Harutyunyan|Artsakh President, “As act of self-protection …”

Twitter, (October 2020), available at https://twitter.com.

[9] Ваграм Погосян,Боюсь, археологи не смогут даже найти место Гянджи» [Vahram Poghosyan: “I’m afraid archaeologists won’t even be able to find the place of Ganja”], U1+, (October 2020).

[10] Shushan Stepanyan, “Civilian Losses Caused by Azerbaijani Aggression,” Twitter, (October 2020), available at https://twitter.com.

[11] Staff, “Armenia: Unlawful Rocket, Missile Strikes on Azerbaijan,” Human Rights Watch, (December 2020), available at https://www.hrw.org.

[12] 限定した目標での成功した攻撃のアゼルバイジャンの戦役のアクセス可能で信頼できる説明については、ジョンスペンサーとハルシャナグールフー、「シュシャの戦いと2020年ナゴルノ・カラバフ戦争の失敗した教訓」、現代戦争研究所(2021年7月)を参照されたい。https://mwi.usma.eduで入手可能

[13] Staff, “Azerbaijan: Attack on Church Possible War Crime,” Human Rights Watch, (December 2020), available at https://www.hrw.org.

[14] See, among others, Lillian Avedian, “Displaced Armenians of Artsakh Receive Aid, but No Status,” Armenian Weekly, (January 2021), available at https://armenianweekly.com.

[15] Rachel Denber, Alexander Petrov, and Christina Derry, “Bloodshed in the Caucasus: Indiscriminate Bombing and Shelling in Nagorno Karabakh,” Helsinki Watch Newsletter, ( July 1995).

[16] 15. Staff, “Azerbaijan: Unlawful Strikes in Nagorno-Karabakh,” Human Rights Watch, (December 2020), available at https://www.hrw.org.

[17] Republic of Artsakh, Human Rights Ombudsman, Interim Report on the Cases of the Killing of Civilians in Artsakh by the Armed Forces of the Republic of Azerbaijan, (Stepanakert: January 2021).