我々が影響力のための競争に勝つ方法-How We Win the Competition for Influence-

0

6月3日掲載の「マルチドメイン・オペレーションでのターゲティング:Targeting in Multi-Domain Operations」で、キネティックとノンキネティックのターゲッティングに関連した記事について紹介した。

米軍は2018年に統合ドクトリンとして「Joint Concept for Operating in the Information Environment」を定めているように、これまでの情報作戦を超えた概念での戦いが繰り広げられる情報環境(Information Environment)を作戦環境として捉えることが必然と考えている。そこでの戦いはお互いが競争下で如何に物理的手段だけではなくて、影響力を持ってその競争を勝ち抜くかが重要となる。

ここで紹介するのが、Military reviewの2019年5月6月号の記事で、情報環境での作戦とはどういうものかを理解しようとするときに、生来の決意作戦の統連合任務部隊(CJTF – OIR)でのわかりやすい事例を用いたものである。

我々が影響力のための競争に勝つ方法

May-June 2019, Military review

Lt. Col. Wilson C. Blythe Jr., U.S. Army

Lt. Col. Luke T. Calhoun, U.S. Army

イラク大統領(当時)のFuad Masum(右)とKirkuk知事のRakan Said al-Juburiは、イラク北部の他民族都市であるKirkukへの突然の訪問の間の会議の後、2017年11月27日に記者会見で語った。メディアの数はますます多く、多様になっており、インフルエンサー(世間への影響力のある人を指す)はメディアを利用してターゲットとする聴衆を巻き込み、国内外の意見を形成する。(写真:Marwan Ibrahim、フランス通信社)

伝統的な戦闘作戦だけで戦役の成功を確実にする時代は終わった。一体化された情報作戦戦役(Integrated Information Operations Campaign)に縛られない限り、21世紀の物理的な戦場での勝利は一瞬のうちに終わることになる[1]。戦役および戦略的目標の達成には、結果に影響を与える能力において、他の行為主体(actor)よりも持続的な競争上の優位性が必要である。さもなければ、勝ちとった勝利は否定されるか、あるいは逆転さえされることになり、そして、我々の政策立案者には誤った情報または虚偽の情報によって制限された選択肢が残される。結果としての違法性の知覚(perception of illegitimacy)が、戦略的優位性を獲得するために争われる環境内で情報・心理戦を適用する敵対者や競争者によって植え付けられる。

情報ドメインの突出した進歩と急速に進歩する技術は、他の人々の意思決定や行動に影響を与えるためのメディアと競争することを選択したあらゆる行為主体に提供される。そのように、戦闘作戦(combat operations)の成功ある遂行は戦役(campaign)の成功を保証するものではない。代わりに、生来の決意作戦(Operation Inherent Resolve)の間に示されたように、永続的な成功には収束(convergence)を必要とし、これは米陸軍のマルチドメインバトルコンセプトで「目的を達成するための時間と物理空間における各ドメインと環境と各機能全体の能力の一体化」と定義されている[2]。我々の経験では中核的な影響目標(influence objectives)を取り巻く作戦の計画策定は、すべての機動、火力、および情報関連能力を協調して使用できるようになることを示している。逆に、機動や火力が達成した後知恵として情報関連能力を使用すると、せいぜい一時的な効果しか得られない。この記事では、今日の戦場の本質的な部分である情報環境(information environment)に見られる落とし穴と機会のいくつかを取り上げる。影響力の競争(competition for influence)で成功するには、考え方を根本的に変える必要がある。

ビネット:A Vignette

2017年9月25日のクルド地域政府による独立国民投票の結果、イラク首相のHaider al-Abadiは、クルド軍が保有するすべての国境通過地点を統制する意向を表明した[3]。これは、イラク政府による国境管理の集約と、その領土全体にわたるイラク政府の主権の主張の一環である。Faysh Khaburの国境通過がイラク政府の優先事項であることを理解して、クルド人治安部隊はイラク陸軍の国境地への移動を先取りする計画を実行した。

2017年10月24日、工兵装備を伴うペシュメルガ車両部隊(convoy)とそれに率いられたクルド人メディアチームが、イラクのクルド地域とその他のイラクの歴史的境界線である「グリーンライン」を通過した。クルド人車両部隊は、境界線の南西14キロメートルを移動して、イラクのNinawa県Asilahの町へ向かった。クルド軍が町を占領し、2日間かけて、イラククルド地域の境界線の外側でFaysh Khaburへのルート沿いにあった明らかな未占拠の防御陣地を入念に強化した。

2017年10月26日の早朝、戦車、機械化車両、および高移動度多目的車輪付き車両(HMMWV)からなるイラク陸軍の車両部隊が、新たに改装されたチェックポイントに近づき、このことは、クルド人メディアによって撮影されていた。この交戦により、イラクの戦車とHMMWVの破壊、そして1人のイラク兵士の死亡につながった(ペシュメルガ軍も損失を被ったが、彼らの死傷者は公式には報告されなかった)。クルド人は、その真実とは無関係に、国家指導者に最初に届けられる情報が、通常、政策決定に最も大きな影響を与えることを認識していた。この「クルド人に対する攻撃」は直ちに世界に放送された。事件の「ニュース」はすぐに西側諸国の首都でクルド人がターゲットとする聴衆(Kurds’ target audiences)に届くことになった。生来の決意作戦の統連合任務部隊(CJTF – OIR)本部は、なぜイラク政府がクルド人勢力に対して非自発的攻撃を行っているのかについて、各政策決定者からの問い合わせを受け始めた。事件の真実は結局明らかになったが、最初の報告は世界中の意思決定者を刺激し、バグダッドとエルビルの間のこの最新の対決でアルアバディが攻撃者であるという知覚を生み出した。これが情報の力である。

この情報環境では、敵対者、競争者、および他の行為主体は、意思決定者、国内外の感情に影響を与えるために情報を使用して、知覚を管理し、政策を形作り、不利な行動を抑止し、好ましい振舞いを強制する。

知覚の戦場:The Battlefield of Perceptions

上に描かれた事件は、単に知覚の戦場での多くの交戦(engagements)のうちの1つである。イラクとシリアの物理的な戦場は、ますます複雑化する情報環境によって覆われている。この情報環境では、敵対者、競争者、および他の行為主体は、意思決定者、国内外の感情に影響を与えるために情報を使用して、知覚を管理し、政策を形作り、不利な行動を抑止し、好ましい行動を強制する。持続可能な勝利を達成するために、指揮官はすべてのドメインにわたる能力の収束を確実にするために、よく知られたミッションコマンドの原則と一体化した計画策定を適用しなければならない。

情報環境は、物理的、仮想的、そして認知的な領域(physical, virtual, and cognitive domains)に同時に存在する。それは、社会的要素、個人的要素、情報的要素、ネットワーク的要素、そして実際の(または「本当の」)要素から構成されている。違いを説明するために、ラジオ局は物理的領域にあり、その周波数は仮想的領域にあり、そしてそのメッセージは認知的領域(すなわち人々の心)をターゲットにしている。情報活動を含む一体化されたターゲティングアプローチは、ラジオ局が破壊される可能性があり、周波数が妨害される可能性があり、そのコンテンツが聴衆に影響を及ぼすように機動される可能性がある、3つのすべての領域でターゲッティングし、効果をもたらす。

我々の敵対者、競争者、および他の行為主体は、ニュースやソーシャルメディアをあからさまに、そしてひそかに使用することによって、メディアのナラティブを形作ろうとする。これらの情報作戦は、常に信頼性を求めない。代わりに、彼らは、「知識の源への信頼」と客観的な真実の概念を損なうことで、不確実性と恐れを生み出すことによって、ターゲットする聴衆を不安定にすることを目指している[4]。イラクとシリアでは、生来の決意作戦の統連合任務部隊(CJTF – OIR)はさまざまな行為主体、敵対者、競争者、そして時には我々のパートナーでさえも、満足のいく戦争をしている。これらのそれぞれには、ある種の優位な立場を得ることを願って(時には冷酷に)追求する彼ら自身の課題と関心がある。多くの場合、彼らは彼らの行動が国際的な行動の規範や弱い立場にある人々に与える影響について心配することなくこれを行う。

グローバルステージ上でのパフォーマンスの発揮:Performing on the Global Stage

生死の闘いは無限に深刻ですが、シリアとイラクの紛争、あるいはその他の重要な国際的出来事のいくつかの側面は、影響力のための競争を説明するために演劇作品と比較することができる。しかし、ほとんどの演劇とは異なり、この実例は世界の舞台で行われ、演者は協力するより競争することが多く、そして各演者は異なる脚本によって演じている。演劇が進むにつれて、演者は彼らの役割の重要性を高めるために、彼らがより大きなあらすじにいる人を定義するために、そして他の演者の役割を低めまたは減少させるために時々単独でそして時々協力して彼らの脚本を修正する。

この劇のパフォーマンスは、聴衆の中の一人一人が自分の観点(perspective)から見たものである。観点は、信念、先入観、目標、および恐れによって形作られている。生来の決意作戦の統連合任務部隊(CJTF – OIR)の統連合作戦地域(CJOA)では、さまざまな宗教や宗派(シーア派、スンニ派、クリスチャン、アラウィット、ヤジディなど)、民族グループ(アラブ人、クルド人、トルクメン人など)、および人口統計学的要因(性別、年齢、経済的地位、および地理)からなるシリアとイラクの人口の全体を聴衆に含めている。聴衆には、政治、軍、または宗教の指導者などの主要なインフルエンサー、ならびに主流のソーシャルメディア活動家も含まれる。さらに、イラクとシリアの情報環境には、CJOAの境界をはるかに超えた、米国、地域の国家、および有志連合の国家指導者、政策立案者、有志連合国および地域の国家(実際には世論自体は聴衆とみなすことができる)、そして展開する有志連合国メンバーの一族のような聴衆も含まれる。

演劇制作の例えに戻ると、イラクとシリアの舞台上の演者の何人かは悪意のある演者と見なされる可能性があり、我々は、イラク政府、イラク治安部隊、シリア民主部隊、シリア市民評議会に敵対し、または弱体させようと行動する個人、組織、国家と定義する。この環境で演ずる個々の悪意のある演者の中で、最も著名なのはVladimir Putinロシア大統領、彼の副首相と宣伝責任者と推定されるVladislav Surkov、イラン革命警備隊クズ軍指揮官、Qasem Soleimani、そしてシリア大統領のBashar al-Assadである。

これらの地域および国際的な演者のそれぞれは、国家運営のメディア代理社や国家の影響を受けたメディア代理社を利用し、彼らの政権を支持し、彼らのアジェンダを推進し、彼らの力を確保し、国内および地域の両方に影響を与えるように設計された宣伝でそれぞれの聴衆に浸透させるのに何十年もの間、実践する。生来の決意作戦(Operation Inherent Resolve)の文脈では、結果は、有志連合の失敗を作り上げ、増幅し、有志連合の貢献と成功を最小化し、イラクのイスラム国家(IS)とal-Shamとの戦いにおける反有志連合軍の積極的役割を誇張するように設計された、あるいは単に紛争に対する国民の理解の不透明な性質を増すために推測を広める不正確な物語の大洪水であった。これらの悪意のある演者の願いは、不一致と混乱の種まきによってあいまいさを作り出し、情報環境を―このCJOAに関連して―すべての情報が広められて事実上聴取によって等しく疑わしいと見なされ、したがって、正確さと真実性という有志連合の利点を否定する事実上の混乱領域に変えることである。

情報破壊ゾーン:The Information Disruption Zone

我々の敵対者や競争者は、情報環境を支配することが勝利のための基礎を築くと信じている。ある意味では、情報環境における彼らの行動は、旧ソビエト連邦のドクトリンに記述されているセキュリティゾーンに似ている[5]。このドクトリンは部分的に不和と混乱の種をまくために主な防御ゾーンの前に部隊を用いた。しかし、敵対者や競争者がサイバースペース、電子戦、および情報兵器を使用して戦場を拡大したため、この情報破壊ゾーンは急激に拡大した。ロシアのドクトリンによると、情報は危険な兵器である。「それは安価で、普遍的な兵器であり、無限の範囲を持ち、容易にアクセスでき、すべての国境を制限なく浸透している[6]」 我々の敵対者や競争者は大衆の感情を操作し、怠慢を正当化しようとしている意思決定者に代わりの物語を提供しお互いに対抗させるために無料の報道機関、ソーシャルメディアを使用する(図1参照)。

図1. 競争のプラットフォーム (図はLuke Calhoun米陸軍中佐とJennifer Bales米陸軍大尉による)

虚偽の消火ホース:The Firehose of Falsehoods

上記の行為は、ロシアのメディアが、有志連合部隊が故意にイスラム国家(IS)の戦闘員にシリアのAlbu Kamalからの脱出を許可していると主張する記事を発表した、最近2017年11月14日に見られたものである。これらの話には、砂漠を横断する車両部隊にISの車両や装備品が動いている様子を示すロシアの国防省を情報源とする衛星画像であるとされていたものが含まれていた。最初の話から24時間以内に、ビデオの「証拠」が、実際には人気のあるビデオゲームのスクリーンをキャプチャしたものであることがすぐに明らかになった。しかし、このロシアの宣伝のタイムリーな詐欺行為は、ロシアがこの特定の証拠が偽造されたと認めざるを得なかったとしても、この特定の証拠が偽造されたことを認めざるを得なかったとしても、この米国と有志連合によるISに対する支援に対する非難が真実であったと主張することを止められなかった[7]

上記の例は、「時には最良の反応は、反応しないことである」ことを示している。悪意のある行為主体は(議論されている悪意のある行為主体によって異なるが)多くの泥を投げ込もうと試み、彼らの利益にかなうように他人を情報の不確実性の混乱に巻き込むことで理解を曖昧にする。彼らは、地域および国際的な聴衆がすべての情報に疑いを抱くような環境を作ろうとする。ほぼ毎日のように、悪意のある行為主体によって情報環境に注入された宣伝の多くは、バックグラウンドノイズに発展し、特に米国がイラクとシリアでの継続的な存在を正当化するためにISを創り、資金を提供したという主張に向けられ、そして、有志連合がイラクとシリアの両国で占領陸軍を結成することを計画していると非難している。例えば、アサド政権に所属する行為主体は、「ISISからのRaqqa市の解放に関する米国の主張といわゆる同盟は、Raqqa県でこの同盟によって犯された犯罪から国際的な世論を転用することを目的としている」と主張した[8]。これらの声明は、シリア政権とロシアのメディアの両方によって強調され、後にソーシャルメディアにも拡大された。

特定の有志連合部隊またはパートナー国の部隊の行動もまた、何らかの利点を獲得しようとする試みを持った彼らのメッセージを支援しようとしている悪意のある行為主体によって奪われる可能性がある。2017年11月下旬、イラクのKirkuk近郊のK-1基地への定期的な有志連合車両の移動が、有志連合が、その所有はイラク政府によって争われているKirkukの所有を主張するクルディスタン地域政府を支援している証拠として、クルディスタン党愛国連合のメンバーによってメディアおよびインターネットサイトで撮影され増幅された。それが最初に閲覧されてから1日以上後に、有志連合の報道官は報告を否定し、車両部隊の意図を明らかにした。有志連合の実際の意図を伝えることの遅れとこの特定の問題に対するスタンスは、代替のナラティブが牽引力を獲得することを可能にした。この場合、行為主体は、穏やかで、日常的でさえある有志連合の活動を彼らの有利になるよう利用し、それが次にイラクでの有志連合の活動の進捗を悪化させた[9]

2017年11月14日付けのTwitterおよびFacebookの投稿で、ロシアの国防省は、携帯電話の軍用シミュレーションゲームAC-130 Gunship Simulatorからの静止画像(上)を引き渡そうとした。米軍とシリアのイスラム国武装勢力との協力の「不可逆的証拠」としての特殊部隊。スクリーンショット(下)は、軍事シミュレーションゲームの実際のプロモーションビデオのものである。この2つの画像は、ロシアが提供した画像の中で車を少しあいまいにする努力を除いて同一である。国防省はまた、「開発の映像。これは進行中の作業である。すべては変更の対象となる」と書かれている元のビデオからテキストのすべてを切り取ることに失敗した。

(ロシア国防省とAC-130 Gunship Simulatorからの画像https://www.theguardian.com/world/2017/nov/14/russia-us-isis-syria-videoを参照)

上記の例のように日常的な作戦であっても作戦を計画する際には、これらの作戦と情報環境におけるその認識が競争者からの反応をどのように引き起こすかの要員を突き詰めなければならない。これらの反応と我々の対抗措置は、我々が重要な任務のためにするのと同じように、積極的にウォーゲームとリハーサルをしなければならない。これは、影響目標が我々の計画の核心であるべきであることを意味する。攻勢作戦、防勢作戦を成功裏に遂行するためには、作戦、火力、情報活動、そしてアウトリーチ活動[10]の配列を通じた影響目標の確保に焦点を当てた計画策定が、軍事的意思決定プロセスと統合作戦計画策定プロセスの両方の部分を積み上げたものとなる(図2参照)。この中核となるのは、我々の行動、態勢、存在、および情報関連能力が一緒にどのように機能するかを表現できるようにするための戦略的コミュニケーションの意図の開発である。我々の計画策定者のスキルにもかかわらず、我々がしていることのほとんどは、予期しない出来事に反応するにつれて動的になる。これには、水平方向と水平方向の調整を達成し、発表の許可を得るための敏捷性が必要である。

非社会的ネットワーク:The Unsocial Network

シリアとイラクに関与する悪意のある行為主体に関連するソーシャルメディアアカウント、Webサイト、またはブログの数を見積もることは-実際に制御されていない場合-不可能ですが、それは数千ではないにしても数百のアカウントにまで達している。他の行為主体が情報環境における作戦に重点を置いていることの強調の指標は、偽のニュースを広めるためにイラク人によって使用された最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームであるFacebookでの彼らの取り組みを調べることから得ることができる。イラクでは有志連合の任務を侮辱する偽のニュースやコメントを投稿し増幅する何万ものFacebookアカウントがある。例えば、親イランのシーア派の人気の動員部隊グループのKataib Hezbollahは、公式ソーシャルメディアページ(および属性付きと属性なしの両方の関連アカウント)で11,245人のFacebookおよびTwitterのフォロワー、および独自のニュース機関、そして衛星テレビチャンネルを持っている。もう1つのイラン国内の人気のある動員部隊グループであるBadr Organizationは、FacebookおよびTwitterのアカウントには189万人のフォロワーがいる、Alghadeer Television(イラクの衛星放送と従来のTVニュースチャンネル)を運営している[11]。競争者は、我々が真実の情報を公表することができるより速く間違った情報や損傷した情報で情報環境を飽和させるために日常的にソーシャルメディアプラットフォームやその他の情報インフラストラクチャを使用している。時々、彼らは単に彼ら自身の失敗や失策をあいまいにするような転換的な戦術としてこれを行う。彼らは部分的に彼ら自身の作戦における透明性の欠如のため、この柔軟性を持っている。

図2.影響の目的に焦点を当てた計画 (図:Lils.col.Wilson C. Blythe、Jr.)

CJOAで作戦している悪意のある行為主体のほとんどすべては戦術的に機敏であり、彼らの聴衆をより緊密に知っているという利点を持っている。彼らの能力は過小評価されるべきではない。しかし、彼らは無敵ではない。情報関連能力のスペクトラム全体で、機動要素や指揮要素と連携し同期して作業を行う十分に準備されたチームは、敵対的な宣伝を未然に防ぎ、または対抗することができる。この例は、2018年2月7日、シリアの親政権部隊がシリアのKhusham近郊のシリア民主軍の陣地を突然砲撃し始め、有志連合に自衛の対応を促したときに起こった。2時間以内に、CJTF – OIRの広報部は、地上の部隊と連携して、「シリアの親政権部隊による挑発的な攻撃が連合の防御的打撃を促す」と題するニュース報道を発表した[12]。このニュース報道で、世界中からあふれるほどのメディアの問い合わせを促し、CJTF – OIRの広報は、戦略的なメッセージで質問に答えるために早朝に活動した。そして打撃は自衛的なものであり、親政権部隊が銃撃戦を開始したこと、また、CJTF – OIRは、紛争解消プロセスの一環として、ずっとシリアのロシア人将校とずっと連絡を取っていたことを強調した。迅速、誠実、そして決定的に対応することで、CJTF – OIRはその後のメディア報道のための議題を設定することに成功した。ロシアの報道機関でさえ、シリアにおける有志連合がテロリストを支援していると主張することによって公式のロシアのメッセージを「回す」ことを試みる前に、出来事の有志連合のナラティブで彼らの語を導くことを余儀なくされた[13]

2017年の秋には、トルコの新聞は、兵器の海上輸送とバグダッドとクルド地方政府との間の紛争地域であるイラクのKirkukへの3000人以上の兵士の配備について、米国を非難している話を報じた。新聞はさらに、軍の増強は、米国による、国民投票を支持し、独立したクルド人国家の創設を確実にするための動きであるとの主張を続けた[14]

有志連合の報道官によるほぼ即時の否定にもかかわらず、この話はイラクと有志連合のメンバー国でありNATOの同盟国であるトルコのソーシャルメディアユーザーによってリツイートされ、再投稿された。これは、情報環境における悪意のある宣伝に対抗するためのもう1つの制限要因を示している。これは、情報環境における悪意のある宣伝に対抗するためのもう1つの制約要因を示している。応答が適時であっても、ターゲットとする聴衆の悪意のあるメッセージに対する感受性に影響を与えない可能性がある。多くの場合、悪意のある行為主体の主張に反応することでさえも、有志連合は彼らの申し立てに信用を貸すというリスクを冒す。これらの嘘を否定することによって、我々は彼らに通貨を与えるリスクがある。実際的には、どんな反応でも元の宣伝に追加の命を与えるかもしれず、例えばそれをユーザーのFacebookニュースフィードのトップに戻すことになるかもしれない。

イラク治安部隊の我々のパートナーは、影響力のための競争の要求に応えて著しい組織の適応性を示した。イラクの治安部隊とは対照的に、ISは当初から周辺に軍事作戦を築き、時には彼らのナラティブや戦略的なコミュニケーションを支援してきた。イスラム国は、多面的な影響戦役を適用することによって、一部モスルを捕らえ、それはイラクの治安部隊の間で恐れと恐怖を広げ、そしてモスルの住民の服従をもたらした[15]

そのほとんどがソーシャルメディアの力に精通していなかったイラク治安部隊の指導者たちは、2014年にISメディアが彼らの最前線の部隊に及ぼした影響を理解することができなかった。ISの斬首と拷問の身の毛もよだつイメージとビデオはイラク治安部隊に恐れと恐怖を植え付け、彼らの立場や装備を放棄するよう促した。有志連合はイラク国防省メディアセンターと協力して、イラク治安部隊の情報関連能力とメディアコンテンツを改善するための訓練と援助を提供した。当初、イラクの上級指導者たちに国防省メディアセンターの取り組みを支援するよう説得するのは奮闘であった。しかし、イラクの指導的指導者たちは最終的に情報の力を認識し、それが2015年半ばに戦争メディア・セル(War Media Cell)の設立につながった。戦争メディア・セルはイラク治安部隊の情報作戦とメディア企業の中心となった。それは収斂を達成するためにイラク治安部隊のすべての構成要素の取り組みを調整した。戦争メディア・セルの作戦はイラクの合同作戦司令部とCJTF – OIRと同期化され、ISに対する致命的で致命的な影響の連合全体への収束を確実にし、IS打倒戦役の成功に尽力した。

勝つ方法:How We Win

我々は我々の集団的思考の考え方を変えなければならない。影響力は、情報作戦の範囲内に限定されない。その代わりに、我々の目的を達成するために影響力を行使するには、すべてのドメインにわたる能力の収束が必要である。我々は、実際情報作戦において機敏性を保持しなければならず、そうすることで展開する出来事や敵対的なナラティブに効果的に対処し、最終的に我々の影響の目的を達成するためには、情報環境と物理的な戦場の両方で機会を利用し、変化に追いつくことができる。そのためには、全てにセキュリティを維持しながら、我々の利益に反する彼らの雇用に対して防御しながら、新たなメディアの能力を利用しなければならない。効果的な情報作戦を行うことで、あらゆるレベルにおいて、我々の選択肢を増やすことができ、一方で我々の敵対者や競争者にとっての選択肢を減らすことができる[16]。指揮官は、広範なターゲットとする一連の聴衆に影響を与えるための柔軟性と、部隊間、政府内および政府間の調整を迅速に行う手段が必要となる。

情報環境において我々の望ましい効果を達成するためには、我々のパートナー組織の取り組みは、国防総省の他の部署や我々の機関間のパートナーたちの取り組みとさらに同期していなければならない。これには、コミュニケーションの意図を定義し、望ましい影響効果を達成するための計画策定のための指針を提供する戦略的コミュニケーションの指針が必要である。言い換えると、これは、指揮官の意図の範囲内での、火力、機動、情報活動および関与のタイムリーで迅速な実行を容易にする。さらに、戦略的コミュニケーションは、ミッションコマンドと努力の統一(unity of effort)を可能にするためのフレームワークを提供する。効果的な戦略的コミュニケーションは、影響活動を水平方向と垂直方向の両方に調整するための不可欠なメカニズムである。情報環境における悪意のある活動に対抗するための米国政府全体の戦略を支えるための米陸軍の役割は、米陸軍のドクトリンと今日の争われた情報環境におけるその役割を適切に説明するコンセプトとが同期したより大きな明快さが求められる。

情報環境全体にわたるすべての情報関連能力の調整および同期は、悪意のある行為主体の宣伝出力の監視、評価、および対抗を成功させ、機能のスペクトル全体にわたってタイムリーな効果を達成するために重要である。また、広報ニュース報道、報道官の声明、主要な指導者の関与、Web作戦、心理作戦、およびサイバー製品に含まれるメッセージの一貫性を確保する必要がある。これは軍隊だけでなく機関間の関係にも当てはまる。最低でも、米国政府のメッセージは互いに強め合わなければならない。一体化された戦略的コミュニケーションがなければ、我々は影響力を発揮することができない。

敵対的な宣伝に直接対抗することを試みるよりも、我々の目的はその影響に対抗することである。我々は、たとえばロシアの宣伝との間でしっぺ返しの競争をすることはできないし、またそうすべきではない。ロシアのシステムによって生み出された膨大な量の宣伝文句 – 適切には「偽りの消火ホース」と呼ばれる – は、彼らのアウトプットを一致させることを不可能ではないにしても困難なタスクにする。代わりに、敵対的な宣伝の影響を減らすための最善の方法は、我々から、あるいは地域内の信頼できる声や連合からの真実を彼らに提供することによって、ターゲットとする聴衆に影響を受けにくくすることである[17]

我々の指揮官は、関連するターゲットとする聴衆を情報関連能力と関係させるためには柔軟性を必要とする。決定的な行動のずっと前に、指揮官はメッセージを伴う知覚の会戦(battle of perceptions with messaging)の形成を可能とするべきである。支援を受けた指揮官は、損益を裁定し、メッセージのリリースを決定するのに最適な立場にあることが多い。そのような致命的でないターゲティングを承認する権限は、現場の指揮官に委ねられるべきである。我々が沈黙するとき、我々は他の行為主体に影響を与えない。

統連合任務部隊 – 生来の決意作戦-の広報は、シリアの親政権軍による2018年2月7日の攻撃後の2時間以内にこのプレスリリースを発行した。彼らの迅速で誠実な対応は、彼らがその後のメディア報道のための議題を設定し、敵対的宣伝の効果を否定することを可能にした。

ターゲティングプロセスはキネティック兵器向けに設計されているため、キネティック兵器を好む傾向がある。ただし、どのシステムを適用するかではなく、望ましい効果に焦点を当てる必要がある。ターゲットを開発する際に最初に質問される質問は、それが弾薬を含むという仮定よりもむしろ「我々がどのような効果を達成したいのか」である必要がある。情報作戦によって発生する影響は、それらが最初はどれほどキネティックに見えても、すべてのターゲットに対して考慮されるべきである。たとえば、敵の戦闘陣地の「破壊」の影響は、リーフレット、ラジオメッセージ、またはソーシャルメディアの投稿で「これはあなたのために蓄えられているものです」と同じ地域内の他の敵の戦闘陣地を士気喪失させるためのガン・カメラの映像の使用した情報作戦によって増幅される可能性がある。

要求される影響効果を達成するためには、ターゲット担当者は、最初からターゲットを絞ったプロセスを通じて、情報作戦計画、戦略的コミュニケーション、将来作戦、および現在の作戦と同様に、広報、軍事情報支援作戦(MISO)、サイバー/ウェブ作戦、サイバー電磁活動、主要な指導者の関与、および対宣伝のすべての情報関連能力を一体化する必要がある。これらの情報関連能力の計画策定は、指揮官の意図を達成するために火力、機動、および情報作戦の効果を同期させるために、ターゲット開発ワーキンググループおよび統合ターゲット調整委員会の有機的部分にならなければならない。

多くの場合、主要な指導者の関与は、パートナーの部隊や政府に影響を及ぼし、有志連合とパートナーの間の情報の流れを促進するための重要な手段となる。統合任務部隊の参謀は、この重要なターゲッティングの役割を適切に果たすために、体系化または増強する必要がある。

CJTF – OIRは、指揮官の意図と重要なメッセージ、つまり我々が伝えたい情報と知覚を定義するために、戦略的コミュニケーションを主導してこのアプローチを作戦化した。その後、情報作戦、機動、火力、およびアウトリーチ活動は、ターゲットとする聴衆に影響を与えるという意図の範囲内で機能する。

我々はフルスペクトラムのアプローチの使用の始まりと利用可能なキネティックアセットとノンキネティックアセットを完全にそろえた使用を達成できる望ましい効果的使用の方法の理解からターゲットを開発するため、統合参謀部CJ-3(作戦)内に単一の統合効果調整者の下で、全ての効果を一緒に同期させることをもたらす統合効果調整委員会を制度化した。利用可能なキネティックおよびノンキネティックのアセットの一式を使用して達成される。CJ-34(火力)とCJ-39(情報作戦)は、計画策定と同期段階では分離できない。配信と実行では、各兵科を分離することができる。しかし、彼らの取り組みは同期していなければならない。影響の目的を達成するためのフルスペクトラムのターゲティングアプローチを達成するためにまだやるべきことがあるが、我々は正しい方向に向かっている。

ずっと先に:Way Ahead

米軍は、影響の目標をその計画策定と作戦の中心に置くために、考え方を変えなければならない。情報環境は今日の戦場の本質的な部分である。そのため、戦闘作戦の実行が成功したからといって、戦役の目的の達成が保証されることはもはやない。情報環境で戦うために他のドメインで戦うのと同様の原則を使用するため、情報作戦を成功させるための要件-ミッションコマンド、同期、敏捷性、テンポ、一体化された計画策定、および定義されたレベルのリスクの受け入れ-はすでによく知られている。この方法で作戦を遂行することの失敗は、物理的戦場での成功を誤った情報や偽りの情報によって取り消し、ひっくり返すことになり、結果生じる違法性の知覚は戦略的優位を獲得するために争われた環境で情報・心理戦を適用する敵対者や競争者によって植え付けられる。競争者よりも行動に影響を与えることで、より効率的に目標を達成し、政策立案者の選択肢を維持することができる。我々が影響力のための競争で我々自身の機動性が上回ると、21世紀の物理的な戦場での勝利は消え去り、我々の政策立案者の選択は制限されることになる。

執筆者注:Authors’ note:

我々はこの記事に多大な支援をしてくれた英国陸軍のMatthew Brocklesby陸軍中佐、カナダ陸軍のJohn Mark Wilson陸軍中佐、Christopher Wattie陸軍少佐、米陸軍のJennifer Bales陸軍大尉、Abdulla Mizead陸軍大尉に感謝する。

米陸軍のWilson C. Blythe Jr.陸軍中佐は、CJTF – OIRの戦略家である。彼の軍歴には、イラクとアフガニスタンへの派遣が含まれている。ミシシッピ大学で歴史学の学士号を取得し、イースタンミシガン大学で歴史の修士号を取得している。現在、ノーステキサス大学で軍事史の博士課程にある。彼は陸軍歴史財団のDistinguished Writing Award(2013)を受賞している。

米陸軍のLuke T. Calhoun陸軍中佐は、CJTF – OIRの戦略アナリストである。彼の任務には、5年間にわたる戦闘中のイラクへの5回の派遣が含まれている。Embry-Riddle Aeronautical Universityで航空保守管理の学士号を、Kansas State Universityでセキュリティ研究の修士号を取得している。彼はまた、ルイジアナ州フォートポークの統合即応訓練センター、およびカンザス州フォートレブンワースのミッションコマンドトレーニングプログラムで、多くのインストラクターの職を歴任している。

[1] 統合刊行物(JP)3-13、 情報作戦(Information Operations) (ワシントンDC:米国政府印刷局、2012年11月27日)、GL-3、2018年11月27日にアクセス[ http://www.jcs.mil/Portals/36/Documents /Doctrine/pubs/jp3_13.pdf ]JP 3-13は、「軍事作戦中、自らを防護しながら、敵対者および潜在的敵対者の意思決定に影響を与え、混乱させ、または奪うために、他の作戦線と協調した情報関連能力の一体化した適用であり、IOとも呼ばれる」と定義している。

[2] 米陸軍訓練ドクトリン司令部(TRADOC)、 マルチドメインバトル:21世紀の諸兵科連合の進化、2025-2040年(バージニア州フォートユースティス、バージニア州:TRADOC、2017年12月)、73ページ、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.tradoc.army.mil/Portals/14/Documents/MDB_Evolutionfor21st%20(1).pdf

[3] 「イラクのクルド人が国民投票の独立を決定的に後退させる」、2017年9月27日のBBCニュース、2018年11月29日アクセス、[ https://www.bbc.com/news/world-middle-east-41419633 ].

[4] Keir Giles、「ロシアの情報戦の次の段階」、NATO戦略通信CoE、2016年5月、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.stratcomcoe.org/next-phase-russian-information-warfare-keir-giles ]。 Peter PomerantsevとMichael Weiss、「非現実の脅威:クレムリンが情報、文化、そしてお金をどう武器にするか」、2014年11月22日の翻訳、2018年11月28日にアクセス[ http://www.interpretermag.com/the-menace-of-unreality-how-the-kremlin-weaponizes-information-culture-and-money/ ].

[5] フィールドマニュアル100-2-1、「ソビエト陸軍:作戦と戦術 (ワシントンDC:1984年7月16日、米国政府印刷局)、6-2、2018年12月20日、[ http://cgsc.cdmhost.com/cdm/ref/collection/p4013coll9/id/508

[6] Jolanta Darczewska、「ロシアの情報戦を解剖する:クリミアの作戦、事例研究」(ワルシャワ、ポーランド:東部研究センター、2014年5月)、13ページ、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.osw.waw.pl/sites/default/files/the_anatomy_of_russian_information_warfare.pdf ].

[7] 「ロシアはビデオゲームのスクリーンショットを米国がISを支援した「証拠」として掲載している」BBCニュース、2017年11月14日、2018年11月28日にアクセス、[ http://www.bbc.com/news/world-europe-41991012

[8] 「外務省:ラッカはまだ占領していたが、シリア軍がそこに入ったときにのみ解放されたと見なすことができる」国営シリア・アラブ通信SANA、2017年10月30日、2018年12月20日にアクセス、[ https://sana.sy/en/?p=116827 ]「米国主導の有志連合、犠牲者の遺体を越しにラッカの「解放」を祝う―ダマスカス」RT(www.rt.com)、2017年10月30日、2018年12月20日にアクセス、[ https://www.rt.com/news/408165-raqqa-coalition-occupied-not-liberated/

[9] 「米軍が平和を永続させるためにトゥズクマツに到着」PUKmedia、2017年2月12日、2018年11月28日にアクセス、[ http://www.pukmedia.com/en/EN_Direje.aspx?Jimare=42257 ] OIRスポークスマン(@OIRSpox)、「イラクでの@CJTFOIR部隊の動き…」、Twitter、2017年11月29日、午前5時04分、2018年11月28日にアクセス、[ https://twitter.com/OIRSpox/status/935857070238298112

[10] 【訳者註】アウトリーチ活動(英:Outreach activities)アウトリーチとは、一般的に言って「コミュニティーにいる人々、特に事務所や病院などに来ることができない、あるいはあまり来ない人々に対して、ある機関がサービスやアドバイスを提供する活動」(オックスフォード現代英英辞典)をいう。国際保健の分野では、医療従事者や職員が病院やヘルスセンターなどの保健医療施設から外に出て、それらの医療施設にたどり着くことが地理的、経済的、社会的、文化的など様々な理由で困難な地域の住民に、直接、診療や予防接種、あるいは健康教育などの保健医療サービス提供を行うことを指す場合が多い。(明石秀親)<参考資料:オックスフォード現代英英辞典>(https://www.weblio.jp/content/アウトリーチ活動)

[11] 2018年11月28日、 kataibhizbollah.comにアクセスしたKata’ib Hezbollah(イスラム抵抗主義)のウェブサイトからのCJTF-OIR広報によって編集された。 Badr OrganizationのFacebookページ、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.facebook.com/g.badr.iq/ ]; James Garrison、「大衆を動員するメッセージ」(調査論文、国際テロ対策センター、ハーグ、2017年4月)、2018年11月28日にアクセス、[ https://icct.nl/wp-content/uploads/2017/04/ICCT-Garrison-Popular-Mobilization-Messaging-April-2017-1.pdf ].

[12] 生来の決意作戦の統連合任務部隊(CJTF – OIR PAO)、「シリアの親政権部隊による不正な攻撃が有志連合の防御的攻撃を促す」、CJTF-OIR PAOニュースリリース、2018年2月7日、2018年11月28日にアクセス、[ http://www.inherentresolve.mil/News/News-Releases/News-Article-View/Article/1435218/unprovoked-attack-by-syrian-pro-regime-forces-prompts-coalition-defensive-strik/

[13] Thomas Gibbons-Neff、「ロシアの傭兵と米軍の4時間の戦いがシリアでどのように展開したか」 、ニューヨークタイムズ (ウェブサイト)、2018年5月24日、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.nytimes.com/2018/05/24/world/middleeast/american-commandos-russian-mercenaries-syria.html?smid=fb-nytimes&smtyp=cur ]; 「米国はISと戦うのではなくシリアの資産を押収-Top Brass」TASSロシア通信社2018年2月8日、2018年11月28日にアクセス、[ http://tass.com/world/989092 ]。 「モスクワはシリアのプロダマスカス軍に対する米国の攻撃について質問を投げかけている」Sputnik、2018年2月8日、2018年11月28日にアクセス、[ https://sputniknews.com/middleeast/201802081061470988-us-safe-zone-syria-daesh/ ].

[14] 「キルクーク占領を目的とした米軍のイラク駐留:これまでに延べ1,700名の米軍が配備されている」Yeni Şafak 2017年9月22日、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.yenisafak.com/en/world/us-deploys-troops-toiraq-aiming-to-occupy-kirkuk-2794145

[15] Faisal Irshaid、「ISISがオンラインでメッセージを広める方法」、2014年6月19日のBBCニュース、2018年11月28日、[ http://www.bbc.com/news/world-middle-east-27912569 ]; Jacob Siegel、「ISISがソーシャルメディアを使用して新しい聴衆に接近」、Daily Beast、2014年8月31日、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.thedailybeast.com/isis-is-using-social-media-to-reach-you-its-new-audience

[16] 米陸軍教訓センター(CALL)のMosul Study Groupの出版物17-24、「Mosulの会戦が部隊に教えること」2017年9月、2018年11月28日にアクセス、[ https://www.armyupress.army.mil/Portals/7/Primer-on-Urban-Operation/Documents/Mosul-Public-Release1.pdf

[17] Christopher PaulとMiriam Matthews、 「ロシアの“偽りの消火ホース”プロパガンダモデル:なぜそれがうまくいくかとそれに対抗する選択肢 (Santa Monica、CA:RAND Corporation、2016)