作戦術と機動戦 Maneuverist #14

0

米海兵隊機関誌(Marine Corps Gazette)の機動戦論者論文(Maneuverist Paper)として紹介してきた14番目の論文「Operational Art and Maneuver Warfare」を紹介する。

これまで、「作戦術(operational art)」という用語は、機動戦論者論文(Maneuverist Paper)でも、幾度か出てきているが本格的に論じられてはいない。MILTERMでは、Strategy Bridgeの2021年6月22日の記事「分散可能なプラットフォームと決然とした海兵隊員:21世紀の海兵隊における作戦術(operational art)の必要性」を紹介したが、そこでは、「作戦術(operational art)は、適応と近代化の反復プロセスで軍種を支援できる一方で、個々の海兵隊員が強大国間の競争(great power competition)の時代に必要な知的な力(intellectual edge)を握り維持するのにも役立つ」と述べられている。しかし、米海兵隊への作戦術(operational art)への普及について、「軍団の基本的なドクトリンに含まれていないため、作戦術(operational art)は軍種全体への普及を制限している」とも述べられている。

また、米陸軍のMilitary Reviewの論文として、「作戦術の起源-Operational Art’s Origins-」(2019年3月11日掲載)、「作戦術の歴史 – A History of Operational Art –」(2019年2月25日掲載)と紹介してきているところである。

14番目の論文「Operational Art and Maneuver Warfare」では、これまで紹介してきた内容とほぼ同じものであるが、作戦術(operational art)にまつわる内容でいくつかの間違いや誤った解釈等があることも指摘しており、既に取り上げた論稿との差異を発見したり、新たな視点を見いだせれば幸いである。

ちなみに、これまで紹介してきた米海兵隊が戦いのコンセプトとして受容している機動戦(maneuver warfare)についての論文は、次のとおりである。

機動戦の特徴を論じたものとして

1番目の論文「米海兵隊の機動戦―その歴史的文脈-」、

2番目の論文「動的な決闘・・・問題の枠組み:戦争の本質の理解」、

3番目の論文「機動戦の背景にある動的な非線形科学

米海兵隊の機動戦に大きく影響を与えたといわれるドイツ軍に関する文献として

4番目の論文「ドイツからの学び

5番目の論文「ドイツ人からの学び その2:将来

戦争の本質や機動戦に関わる重要な論理として

6番目の論文「三つ巴の闘い(Dreikampf)の紹介

7番目の論文「重要度と脆弱性について

8番目の論文「機動戦と戦争の原則

新たな戦いのドメイン(domains of warfare)への機動戦の適用の例として

9番目の論文「サイバー空間での機動戦

機動戦を論じる上で話題となる代表的な用語の解釈の例として

10番目の論文「撃破(敗北)メカニズムについて

11番目の論文「殲滅 対 消耗

機動戦で推奨される分権化した指揮についての

12番目の論文「分権化について

情報環境における作戦(Operations in the Information Environment)を念頭に置いた

13番目の論文「情報作戦と機動戦

時間が許せばご一読いただきたい(軍治)

 作戦術と機動戦 – Operational Art and Maneuver Warfare –

1905年から1914年の間に開発された「シュリーフェンプラン」の研究は、ドイツの戦術的および運用上の成功とその戦略的失敗の両方を示している。(写真提供者:米陸軍戦史センター)

Maneuverist Paper No. 14

by Marinus

米海兵隊で機動戦のドクトリンが成文化されるまでの10年間、米陸軍では思慮深い将校たちが作戦術(operational art)と呼ばれる現象に大きな関心を寄せていた。米海兵隊の将校もこの話に加わり、1990年に米海兵隊はFMFM1-1「Campaigning(戦役遂行)」を発表し、1997年にはMCDP1-2「Campaigning(戦役遂行)」として改訂された。この取り組みは、米海兵隊にとって非常に重要であった。というのも、米海兵隊が本質的に戦術的なものと考えられていた時代から、真の作戦上の形態(operational formations)として認識されるようになった時期であったからである。

確かに、作戦術(operational art)の理論は機動戦の理論の中心ではない。この2つの理論は、ベトナム戦争後の軍事改革の中で、ほぼ並行して発展してきたものである。しかし、作戦戦には、すべての指導者が、自分の決定や行動が、単に自分の目の前の状況だけでなく、より広い状況にどのような影響を与えるかを考慮しなければならないという考えが含まれており、これが作戦術(operational art)の論理の中心であるという点で、両者は間接的に関連している。本稿では、ドイツ、ロシア、ソビエト、米国の作戦術(operational art)理論構築の取り組みについて詳しく紹介する。

ドイツの取組み:German Efforts

ナポレオン戦争の後期から第二次世界大戦の初期にかけて、プロイセンとドイツは優れた学習組織の特性を発揮した。彼らの戦術的革新および作戦的革新に関連する名前はよく知られている。ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト、ヘルムート・フォン・モルトケ長老(Helmuth von Moltke the Elder通称:大モルトケ)、アルフレッド・フォン・シュリーフェン伯爵(Alfred Count von Schlieffen)、ハンス・フォン・ゼークト(Hans von Seeckt)などである。しかし、戦略的創造性というと、カール・フォン・クラウゼヴィッツ(Carl von Clausewitz)しか思い浮かばない。ここに問題がある。ドイツは、戦術的にも作戦的にも強かったのだが、戦略的には弱かったのである。なぜなら、観察者が作戦術(operational art)だと主張するものが、戦術的な成功を戦略的な目標に結びつけ、特別にデザインされた部隊や司令部を作り、独自の作戦上の形態(operational formations)を採用していなければ、それは作戦術(operational art)ではないからである。後述するように、電撃戦(Blitzkrieg)が作戦術(operational art)を体現していないのはこのためである。

アルフレッド・フォン・シュリーフェン伯爵は、歴史を研究した結果、ドイツ軍が近代戦争(modern war)で有効な機動力(maneuver)を取り戻すためには、軍隊が置きかえられなければならないと結論づけた。

会戦(battles)を積み重ねて戦役(campaign)を遂行する算術的な作戦コンセプトから、展開から発展してヨーロッパ戦域全体を包括する壮大な包囲行動の中で自立して速度を増しながら転がっていく動的な作戦コンセプトへ[1]

彼の有名な「シュリーフェン計画」は、一度の戦争で終わることを狙いとするのではなく、心理的にも物理的にも敵を圧倒するための継続的な動きに重点を置いていた。1914年、ヘルムート・フォン・モルトケ(Helmuth von Moltke the Younger通称:小モルトケ)によって修正されたこの計画は失敗に終わり、幅440マイルのほぼ静止した前線が形成された。その後の4年間の戦争では、西部戦線に機動力(Maneuver)が戻ることはなかった。

第一次世界大戦の講和条約(peace treaties)では、ドイツ軍の規模や保有できる兵器の種類と数が厳しく制限されていた。ハンス・フォン・ゼークトは、戦後の参謀本部、そして陸軍司令部の責任者として、先の大戦を研究し、そこから学び、小さくても高度な専門性を備えた軍隊を作ることを目指した。彼は、戦争を正直に検証することに価値を見出していた。彼はまた、よく訓練され、よく教育された将校と下士官の幹部が、戦争の際に大規模な部隊を動員するための基礎となると信じていた。ゼークトは、陸軍をより大きな政治的・国際的な問題から切り離し、プロイセンの伝統的な価値観を持った将校団を再構築することに努めた。

彼はほとんどの将校から忠誠を誓われていたが、機械化の拡大、大衆軍への回帰、政治指導者との緊密な連携を主張する反対派もいた。正式なグループとはみなされていなかったが、この後者のグループには、国防大臣で後に陸軍大臣となったヴェルナー・フォン・ブロンベルク(Werner von Blomberg)のような著名な支持者がいた。この2つのグループは、ほとんどの場合、戦術、訓練、技術的な問題を中心に活動していた。例外として、ルートヴィヒ・ベック(Ludwig Beck)は1933年と1934年にHD-300「Truppenführung(部隊のリーダーシップ)」の執筆を監督したが、これは当時のドイツ軍将校の中では珍しい作戦思考の例であった。

アドルフ・ヒトラー(Adolph Hitler)が権力を握ると、大規模な機械化された軍隊を提唱する学派の意見が、自分の考えに近いことに気がついた。最終的には、伝統主義者に代わって、戦争の技術的側面を重視する傾向のあるドイツ人将校たちが、国家社会主義運動の中に、国家が必要とする大規模な軍隊を作るための手段を見出した。最初は密かに、そして次第に公然と、ドイツは第一次世界大戦後に連合国が課した制限をはるかに超える軍隊の近代化と拡大を始めた。その軍隊が1939年に戦争に突入して大成功を収めたとき、世界中の観察者がその理由を探った。

ドイツの作戦術(operational art)の発展については、2つの考え方がある。一つ目は、ドイツ軍は20世紀初頭の作戦上の課題そして戦術上の課題を解決するために意図的な試みを行い、その結果、現在我々が知っている「電撃戦(Blitzkrieg)」と呼ばれる作戦理論を構築したというものである。もう一つは、ドイツ軍は単に戦術的なコンセプトを作戦規模に拡大しただけだとするものである。1つ目は意図的に作られた神話であり、現在も残っている。2つ目は歴史的に正確な記述であるが、米軍将校の中にはそれを知っている者が少ない。

この神話は、第二次世界大戦の初期に登場した、ドイツ国防軍が急速に成功したのは斬新な戦争の結果であるとする文献に端を発している。戦後、この神話が広まったのは、イギリスの軍事理論家バジル・H・リデル・ハート(Basil H. Liddell Hart)が、ドイツ軍が自分の考えに基づいて電撃戦(Blitzkrieg)を行ったという説を唱えたことが大きい。彼はハインツ・グデーリアン元帥(Gen Heinz Guderian)をこの歪曲された歴史に引き込もうとしたが、グデーリアンは戦後の自分の名声を高めようとしていたので、難しいことではなかった。イスラエル国防軍を退役したシモン・ナベ准将は、リデル・ハートとグデーリアンの間で交わされた手紙について、「リデル・ハートが自分の捏造した電撃戦のバージョンを(グデーリアンに)押し付け、それを自分のものとして宣言するように強要したという事実を明らかにしている」と述べている[2]

電撃戦(Blitzkrieg)は意図的に行われたものであるというインチキな説を唱えた本は、その後も数多く出版されているが、その一例がチャールズ・メッセンジャー(Charles Messenger)の1976年の著作「The Blitzkrieg Story」(邦訳「電撃戦物語」)[3]である。この話は2015年になっても健在で、タル・トヴィ(Tal Tovy)の「1930’s German Doctrine: A Manifestation of Operational Art」(邦訳「1930年のドイツのドクトリン:作戦術の兆候1930’s)などの記事で明らかになった。この記事では、電撃戦(Blitzkrieg)はドイツ軍の意図的なデザインの結果であるという主張を、リデル・ハートの裏付けのない主張に基づいて弁護しているが、これはアザール・ガット(Azar Gat)が「British Armour Theory and the Rise of the Panzer Arm」(邦訳「英国の機甲理論とパンツァー兵器の台頭」)で繰り返し述べているものであり、問題となっている出来事が起こってから8~9年後に書かれたグデーリアンの自分勝手な回顧録に基づいているものである[4]。ガットは明らかにこの見解を変えており、後に「The History of Military Thought」(邦訳「軍事思想史」)の中でこう書いている。有名な「電撃戦(Blitzkrieg)」は、戦前に正式な、あるいは秩序だった方法で開発されたものではなく、実際にはドイツ語ですらなく、外国のメディアによって作られたものであることを、学者たちが理解し始めたのはごく最近のことである[5]」。

マシュー・クーパー(Matthew Cooper)は1978年に「The German Army 1933-1945」(邦訳「ドイツ軍1933-1945年」)の中で、「電撃戦(Blitzkrieg)は神話だ。意味を持たない言葉であり、事実ではなくフィクションの中に実体があり、誤解と欺瞞を与えるだけの役割を果たしている[6]」ときっぱり書いている。ドイツの歴史家ミヒャエル・ガイヤーは、電撃戦(Blitzkrieg)は新しいコンセプトではなかったと主張し、次のように宣言している。

これらの作戦の核心は、新しい戦争手段の特定の使用ではなく、事前に設定された標準化された方法を知らない、ある種の作戦上の日和見主義であり、敵の指導者の意志をくじくことによって敵を打倒するという究極の目標を追求するために、利用可能なすべての手段を使って成功を最大限に利用することにあった。… それは、ドクトリンとは正反対のものだっ[7]

この一連の議論は、多くの軍事理論家がドイツの作戦術(operational art)への貢献を重視しており、現在も重視されていることへの反論として注目されている。

要約すると、ドイツ軍は、第一次世界大戦の教訓を生かし、西部戦線の膠着状態を打破するために、浸透戦術(infiltration tactics)を採用した。これらの新しい戦術的コンセプトを、戦車、飛行機、そして内燃機関と真空管が可能にした無線機などの新しい武器や装備に結びつけた。しかし、ドイツ軍は、戦略的目標から、時間、空間、目的に応じて適切に組み合わせ、それらの到達目標の達成を促進する戦術的行動へと橋渡しするという本質的な論理を見逃していた。また、包括的な作戦コンセプトを作成しなかったために、ドイツ軍はインテリジェンスと兵站の重要性を見失ってしまったが、これは第二次世界大戦でドイツ軍の破滅をもたらした能力の不足である。最後に、敵の戦略的後方から相手の前線まで、戦場を一体化する必要性を認識していなかったため、彼らの作戦は一貫性を欠いていた。

1970年代後半から1980年代にかけて、米国人はドイツの軍事的成功を詳細に研究していたが、それは冷戦時代のライバルであるソビエトが提示した、高度に明確化され、理論的に発展したモデルの中でのことだった。

ロシアとソビエトの取組み[8]:Russian and Soviet Efforts

露土戦争が終わってから第一次世界大戦が始まるまで、ロシアの軍事思想家たちは、ますます大規模化し、装備も充実した軍隊で、いかにしてより遠くまで軍事作戦を展開するかという問題に取り組んできた。ある権威者は、この時期についてこう書いている。

1878年から1914年の間に、ロシア人は作戦とその準備と実施についての理解を再定義し、戦略や戦術と連動しながらも、理論的にも実践的にも異なるコンセプトを生み出した。… ソビエトの作戦術という現代的なコンセプトは、このような発展とその結果に由来している[9]

この時代の最も著名な知識人は、1904年から1905年の日露戦争後まで、ロシアの軍事思想に大きな影響力を持っていたゲンリク・A・レーヤー(Genrikh A. Leyer)である。彼の方向性は、ナポレオン的なパラダイムと科学的な法則への信仰から来ており、それが作戦に関する新しい考え方の障害となっていた。彼の考えに対抗したのが、ポーランドの銀行家ヤン・ゴトリブ・ブロッホ(Jan Gotlib Bloch)であり、彼は軍の前線と民間の後方とのつながりを最初に認識し、ハンス・デルブリュック(Hans Delbrück)は殲滅と消耗の戦略という考えを導入したのである[10]。(デルブリュックの解釈の誤りについては、2021年8月21日付の米海兵隊ガゼット「Maneuverist No. 11~ Annihilation vs. Attrition ~Origin and misuse of these terms in a military context~」を参照)。)

日露戦争の崩壊は、「若きトルコ人」と呼ばれる「現実主義者」たちが生みだした。彼らは、支配権を維持しながら、近代的な軍隊で量(mass)と移動性(mobility)を実現する方法を模索した。その中には

  • 芸術形式としての戦争(war as an art form)に理解を示したニコライ・P・ミクネヴィッチ(Nikolay P. Mikhnevich)。
  • アレクサンドル・A・ネズナモフ(Aleksandr A. Neznamov)は、火力を集中させた機動(maneuver)、決定的な初期作戦、援護部隊の使用を好んだ。
  • アレクサンドル・A・スヴェチン(Aleksandr A. Svechin)は、攻撃と防御を冷静に計算し、「待機作戦(waiting operation)」を導入し、遭遇戦(meeting engagements)の重要性を認識し、そして最も重要なことは、作戦術(operational art)という言葉と初期のコンセプトを導入したことである。

しかし、これらの先進的なコンセプトは、第一次世界大戦におけるロシア軍の戦い方にはほとんど影響を与えなかった[11]。第一次世界大戦とロシア内戦の後、2つの対立する考え方が生まれた。一方の陣営には、レオン・トロツキー(Leon Trotsky)とアレクサンドル・スヴェチンがいた。彼らは、長期化するが強度と地理的範囲が限定された戦争になると予想し、民兵制度、防衛の優先、消耗(attrition)への依存を基本としたコンセプトを主張した。トロツキーは、ソビエト軍が過去2回の戦争の教訓を完全に理解する前に、ドクトリンがドグマ(教条的)になってしまうことを恐れていた。スヴェチンは、正面と後方の連携という考え方を導入し、縦深会戦(deep battle)という考え方に反対した。

一方の陣営には、内戦時の赤軍司令官ミハイル・V・フルンゼ(Mikhail V. Frunze)、ミハイル・N・トゥハチェフスキー(Mikhail N. Tukhachevskii)、ウラジーミル・K・トリアンダフィロフ(Vladimir K. Triandafillov)、ゲオルギー・S・イッサーソン(Georgii S. Isserson)らがいた。フルンゼは、政治思想と軍事思想を融合させた「統一された軍事ドクトリン(unified military doctrine)」を提唱した。ツカチェフスキーは、縦深作戦(deep operations)と諸兵科連合による機械化(combined arms mechanization)を提唱した。トリアンダフィロフは深層作戦と前後の統一について書いた。最近の研究では、イッセルソンがソビエトの作戦理論の第一人者とされている。特に、「深層作戦の基礎(Fundamentals of Deep Operations)」(1933年)を執筆したことが評価されているが、これはスヴェインの「戦略(Strategy)」(1926年)とともに作戦術(operational art)のコンセプトを体系化したものである[12]。というのも、この2つの思想は、歴史的・分析的な根拠なしに自分の考えを主張するのではなく、深く研究することを提唱者に強いるものであり、現代の米国の軍事思想の多くが持つ不幸な特徴でもある。

1937年と1938年に行われたスターリンの粛清により、作戦術(operational art)のさらなる発展は停止した。1939年と1940年にソビエトが直面した悲惨な状況は、2年前に愚かにも捨ててしまったものを復活させるために熱心に取り組んだが、ソビエトの野戦部隊がコンセプトを初歩的な形で実行できるようになるまで、1943年までかかった[13]。第二次世界大戦後、ソビエトは包括的で一貫した作戦ドクトリンを持っていた。それにもかかわらず、彼らは戦時中の軍隊のパフォーマンスを検証し、そのドクトリンを戦後の政治的・軍事的状況に照らし合わせて評価し始めた。そして、陸軍の戦力構造を変更し、新たな諸兵科連合軍を創設する必要があると結論付けた。

ソビエトはこの時期に、今日では機動部隊によって可能となった「縦深会戦(deep battle)」と「縦深作戦(deep operations)」を生み出した。ソビエトの思想家たちはすぐに原子爆弾の戦場での課題に目を向け、作戦的機動のコンセプト(concept of operational maneuver)を維持しつつ、機械化された軍隊をより機敏な編成に再編成した。1960年、ソビエトは、核兵器の脅威のためには、陸軍の兵力構成の変更と新しいドクトリンが必要だと考えた。戦略核戦力を創設し、その重要性を強調する一方で、地上部隊の規模を縮小し、機動部隊の兵士と兵器の数を減らした。作戦術(operational art)は戦略的な懸念に後れを取った。核兵器の保有数が米国と同等に近づき、米国が柔軟な対応戦略を採用するのを見て、ソビエトは作戦的機動のコンセプトに戻り、作戦機動グループ(operational maneuver groups)を導入してこれを強化した。

米海兵隊員は、引退した米陸軍大佐デビッド M. グランツ(David M. Glantz)が執筆したソビエトの作戦術に関する数多くの書籍やパンフレットを読むことで、この重要な時期についての洞察を得ることができる。最初に読むのに適しているのは、彼の「Historical Perspectives of the Operational Art」(邦訳「作戦術の歴史的視点」)の中の「Soviet Operational Art Since 1936: Historical Perspectives of the Operational Art」(邦訳「1936年以降のソビエトの作戦術:機動戦の凱旋」)から始めるのがいいだろう[14]。コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)の「Makers of Modern Strategy」(邦訳「現代戦略の創成者」) 内の「The Making of Soviet Strategy」(邦訳「ソビエト戦略の作成」)も良い概観を提供している[15]

最終的にソビエトの作戦術(operational art)は、いくつかの特徴的な解決策を一体化したコンセプトで作戦上の課題に答えた。まず、新しいタイプの作戦として、部隊が敵の戦闘地域の後方で戦う「縦深会戦(deep battle)」、作戦機動グループ(operational maneuver groups)を敵の戦略的後方に投入する「縦深作戦(deep operations)」、敵に連続的な会戦(continuous battle)を強いる「連続作戦(successive operations)」が挙げられる。これらの作戦を可能にしたのは、大規模な隊列編成と編成の階層化であった。

このような大規模な編成を制御するために、ソビエトは指揮・統制(C2)を行うための新しい組織、スタフカ(統一最高司令部)と戦線(軍団)を開発した。指揮・統制(C2)は詳細かつ集中的に行われる。演習を行うために、ソビエトは線形保持群、柱状衝撃群、前方分遣隊、機動群、作戦行動群を編成した。広大な地域の部隊を管理するために、ソビエトは戦争の戦域を作り、戦略的な後方と戦術的な前線を結びつけた。マクロ・レベルでは、作戦術(operational art)は戦略から戦術的行動への橋渡しとなり、敵の線状防御を突破することで戦術的衝撃(tactical shock)を生み出し、敵の重要な後方地域に侵入することで作戦上の衝撃(operational shock)(組織的破壊の一種)と副次的な消耗を求めた。

米国の取組み:American Efforts

第二次世界大戦で枢軸国との闘いを計画し、国を率いた米国人は、それまで目立った経験がないにもかかわらず、優れた戦略家であることを証明した。彼らは世界規模の戦略を立て、それを支える戦役を展開し、米軍とその同盟国がヨーロッパと太平洋の2つの主要な戦域と、地中海、北アフリカ、東南アジアなどのいくつかの戦域で行った数々の作戦を実行した。

大規模な戦域では、太平洋地域や南西太平洋地域のように、下位の戦線や地域を組織した。米国の「最も偉大な世代」の文民と軍人のリーダーたちは、戦略的ビジョンを想像し、そのビジョンを実現するための戦役、作戦、会戦、交戦に至るまでの計画を作成した[16]。米国人は、特に兵站とインテリジェンスに長けていた。彼らが、戦略を戦術に移す手段として、ソビエトが発明した作戦術(operational art)という言葉を意識したり使ったりしたとは思えないが、この言葉は、3年半あまりの戦争で彼らが行ったことの多くをカバーしている。

驚いたことに、その5年後の1950年、米国は国連の活動の一環として、北の金である朝鮮民主主義人民共和国の侵略から大韓民国を救うために戦ったときには、この戦争の習得は消えていた。その10年半後、米国が苦境に立たされているベトナム共和国を支援したときには、習得の名残は消えていた。ベトナム戦争では、米国政府はそれらしい戦略を持たず、17回の「戦役(campaigns)」は重要な出来事の間の日付を示すだけのものだった。その結果、米軍は意味のある戦略と作戦の枠組みを持たずに、敵との交戦を拒むことなく、会戦(battle)に次ぐ会戦(battle)を繰り返したのである。しばしば指摘されるように、米軍はすべての会戦(battle)に勝利し、時には多大な犠牲を払ったが、戦争には勝利しなかった。

ベトナム戦争に従軍し、現役であった多くの米軍将校たちは、米国の明白な欠点から学び、将来の戦争で過ちを繰り返さないための行動をとることを誓った。彼らは、専門的な軍事教育で教えられたドクトリンに大きな幻滅を覚えていた。特に、中尉、大尉、少佐といった下級将校たちがそうであった。同じように幻滅した一握りの上級士官の指導のもと、これらの士官たちの小さなグループが、1975年から1990年にかけて、ドクトリンと専門的軍事教育の両方を改革することに取り組んだ。最初はバラバラだったが、彼らが生み出したものは、最終的にエアランド・バトル(AirLand Battle)と機動戦(maneuver warfare)という2つの強力で重なり合う用兵コンセプト(warfighting concepts)に溶け込ませた。真のクニアン流[17]に言えば、新しいパラダイムが古いパラダイムに取って代わったのである。

スタンスフィールド・ターナー海軍大将(ADM Stansfield Turner)が米海軍戦争大学に在籍していた頃は、戦略、政策、統合作戦に関する初期の思考や執筆が行われていた。(写真提供:米海軍公式写真)

その中でも、スタンスフィールド・ターナー大将(ADM Stansfield Turner)、ドン・スターリー元帥(GEN Donn Starry)、アルフレッド・M・グレイ元帥(Alfred M. Gray)などの指導者は、戦争や作戦に関する理論的な理解が弟子の仕事を支えるようにしていた。米軍の将校たちは、歴史や古典的な理論家の研究に戻ったのである。その結果、クラウゼヴィッツ理論と孫子思想の重要な要素が、15年に及ぶ知的ルネッサンスを支えたのである。将校たちは早くから、各会戦と戦略を結びつける手段がないことがベトナムでの決定的な失敗であると認識し、戦役遂行(campaigning)を米国のドクトリンに戻すことに努めた。

1972年にニューポートで学長に就任したターナー海軍大将の在任中、米海軍戦争大学は、特に政策、戦略、統合作戦に関する初期の研究を行っていた。米海軍戦争大学にはジュニア・コースとシニア・コースがあり、前者は少佐と中佐、後者は中佐と指揮官を対象としていた。どちらのコースも、ペロポネソス戦争に始まり、現代の戦争に至るまで、古典的な戦略家の目を通して軍事史を学ぼうとするものである。また、このコースでは、海軍の作戦遂行にも焦点が当てられていた[18]

米国がベトナム戦争に参加している間にソビエトが進歩したと感じたことや、1973年のアラブ・イスラエル戦争の驚くべき結果を受けて、米陸軍の将校たちは作戦術(operational art)という新しい考え方に注目した。1976年に改訂された野戦マニュアル(FM)100-5「作戦(Operations)」では、「アクティブ・ディフェンス(Active Defense)」というドクトリンが導入された。これは、防衛と消耗(attrition)に重きを置きすぎていると批判されたため、ドクトリンに関する議論が始まった。この議論は組織にとって健全なものであり、1982年にFM100-5の改訂版でエアランド・バトル(AirLand Battle)のドクトリンが導入されるまで続いた。

そのマニュアルには、戦争の戦略的レベル、作戦的レベル、戦術的レベルという新しい用語が導入されていた[19]。この新しいコンセプトは、ドイツ軍がこの用語を使用していたことと、有力な防衛アナリストであるエドワード・N・ルトワック(Edward N. Luttwak)の雑誌記事がきっかけとなっている[20]。やがて、この命名法と、それを表現するためにブリーフィング担当者が作成したグラフィックによって、このレベルは指揮の階層に対応するものだという考えが広まっていった。各レベルではどのような部隊が活動しているのかという疑問が生じた。軍団は戦術的な組織なのか、作戦的な組織なのか、はたまた低レベルの戦略的な組織なのか。また、各レベルでどのような活動が行われているのかという疑問もあった。このような問題についての議論は、ほとんど生産的ではなかった。

1982年版FM100-5の共著者であるフバ・ワス・デ・チェガ(Huba Wass de Czege)米陸軍中佐はこの問題を認識しており、1986年版FM100-5の概要を説明した際に、「現代戦争の構造(structure of modern war)」を戦略、作戦術、戦術と紹介した[21]。このマニュアルでは、次のように定義している。「作戦術とは、戦場や作戦地域で戦略目標を達成するために、作戦や主要な活動をデザイン、組織、実施するための軍事力の運用である」[22]。この定義は、1922年に作戦術(operational art)という言葉を考案したA.A.スヴェインの定義と一致する[23]。2011年、ワス・デ・チェガはオンラインのSmall Wars Journalでこの問題についての確信を深めた。

作戦術(operational art)は、戦争のレベルでもなければ、将軍職の術でもない。指揮官の心(mind)の中で行われていることであり、戦略的な推論と戦術的な推論の間の相互作用を仲介し、バランスを取るためのものである。

ワス・デ・チェガは、そもそも戦争のレベルとしての作戦術(operational art)に混乱が生じた経緯を説明した。

1980 年代の我々ドクトリン起草者は、作戦術(operational art)を戦術と戦略の中間に位置するものとし、作戦術(operational art)とは、支配する戦略を「戦術階層(tactical echelons)」の実行する戦術に変換する術であるとした。つまり、作戦術(operational art)は「戦役遂行(campaigning)」の将軍の領分となったのである。戦略は上位階層の仕事であり、戦術は下位階層の仕事であるという当時の私の考え方のせいで、戦略と戦術の間を仲介するというソビエトのドクトリンから借りてきたアイデアを誤って翻訳してしまったのである。私は当時、米陸軍の戦争大学と指揮参謀大学で教化された産物である。

これらの機関や当時の米陸軍の各学校では、頭(戦略的意思決定を行う場所)と残りの体(戦略を実行するための戦術的意思決定を行う場所)という産業時代の組織モデルに基づいて教育が行われていた。私は今、戦略と戦術という言葉の歴史的な意味に反することなく、戦術、戦略と作戦術(operational art)の関係を考えるには、この方法のほうがはるかに便利で自然だと考えている。実際、この方法は、国民国家間の戦争と、国家とあらゆる種類の武装運動との間の戦争を二分して考える方法との間のコンセプト的なギャップを埋めることができる[24]

フバ・ワス・デ・チェガ米陸軍准将は、米陸軍のエアランド・バトル(AirLand Battle)のドクトリンの開発に尽力した。(写真提供:フォート・レヴェンワース殿堂入り)

戦争のレベルの精霊を瓶に戻す可能性は低いが、試す価値はある。理由はいくつかあるが、3つのレベルの構造は、軍人が作戦や会戦(battles)に集中するあまり、戦略の研究や参加を避けてきた原因の1つとなっている事実がある。著名な歴史家であり、米陸軍退役将校でもあるアントゥリオ・J・エチェバリア(Antulio J. Echevarria)は、このことを次のように指摘している。

米国の戦争の方法(way of war)は、大規模な戦役(campaigns)や小規模な部隊の活動など、軍事的な勝利を戦略的な成功に結びつける複雑なプロセスについて考えることを避けがちである。このような傾向は、米国の戦略的思考における持続的な二分化の象徴であるが、決して米国人に限ったことではない。つまり、軍事専門家は会戦(battles)や戦役(campaigns)に勝つことに集中し、政策立案者(policymakers)は実際の闘い(actual fighting)に先行し、それに影響を与える、あるいは影響される外交的な闘争に集中するのである。この二分化は、好みの問題もあるし、軍事コマンドを文官の指導者に従わせるという米国の伝統の副産物でもある。それによって、外交と戦闘という2つの別々の責任領域(spheres of responsibility)が生まれる……米国の戦争スタイルは、戦争の方法(way of war)というよりも、会戦の方法(way of battle)のようなものだ[25]

もう一人の高名な歴史家であるヒュー・ストラチャンは、クラウゼヴィッツの「戦争論(On War)」の中で、「戦争は他の手段の混合による継続である」という格言に焦点を当てたことで、読者はこれが戦争の本質(nature of war)についての記述であると誤って信じてしまったと断言している。実際には、戦争の本質(war’s nature)は「敵を我々の意志を強要する武力の行使」である。この誤りが、現在の多くの文民・軍人の指導者の心(minds)の中で、政策(policy)と戦略(strategy)を混同させる原因になっていると彼は主張する。ストラチャンによれば、この混同は、軍の上級士官が戦略を考えることから事実上遠ざけ、戦略と作戦を切り離し、小さな紛争についてのコンセプト的な思考を妨げているという[26]

米海兵隊員にとって、1986年版のFM100-5ほど、作戦術(operational art)を政策(policy)、戦略(strategy)、戦争(war)、戦い(warfare)の文脈の中で適切に位置づけている資料はないだろう。指揮官や計画作成者は、FM100-5の簡潔な言葉に比べて、現在の統合用語(joint terminology)が冗長で混乱していることに気づくだろう。例えば、米陸軍のマニュアルにある作戦術(operational art)の定義「作戦術(operational art)とは、戦役(campaigns)や主要な作戦のデザイン、組織、実施を通じて、戦争の戦域や作戦戦域における戦略的目標を達成するための軍事力の活用である」と、次の統合出版物(Joint Publication)JP 1-02の定義を比較してみる。「目的(ends)、方法(ways)、手段(means)を一体化して軍事力を組織し、使用するための戦略、戦役(campaigns)、作戦を開発するために、指揮官と参謀がスキル、知識、経験、創造性、判断力に支えられて行う認知的なアプローチ」[27]。この定義では、戦略と戦術を結びつけることについては何も述べられておらず、目的(ends)、方法(ways)、手段(means)の構成要素の後ろに作戦を遂行するというアイデアが隠されている。さらに、この定義では、実用性の低い言葉が追加されている。「スキル、知識、経験、創造性、判断力によって支えられている」という言葉は、将校が作戦術(operational art)を理解する上で何の役に立つのだろうか。

さらに言えば、1986年のFM100-5の戦略の定義と、統合出版物(Joint Publication)JP 1-02の定義を比較してみるといい。前者は 「軍事戦略とは、武力の行使または威嚇によって政策目標を確保するために、国家または同盟国の武力を採用する術と学である」[28]。後者は「戦域、国家、および/または多国籍の目標を達成するために、国力の手段を同期して一体化された方法で使用するための賢明なアイデアまたは一連のアイデアである」[29]。国家やその軍部が意図的に軽率なアイデアやアイデアを提供することを期待するだろうか。たとえ不謹慎なアイデアであっても、それは稚拙ではあるが戦略ではないのだろうか。「同期して一体化された方法」という言葉で、指導者の戦略に対する理解が深まるだろうか。私たちは、米海兵隊員が作戦術(operational art)を大きな文脈の中に置き、平易な英語で会話できるようになれば、より良い結果が得られると確信している。

結論:Conclusion

米国における作戦理論の発展は、ベトナム戦争後の軍事改革の重要な成果であった。米海兵隊では、機動戦理論の発展のために重要な役割を果たした。軍隊内外の多くの人々は、米陸軍と米海兵隊、そして後にはより大きな統合コミュニティが、作戦術(operational art)に関するアイデアのすべてとは言わないまでも、そのほとんどを第二次世界大戦までの数年間に行われたドイツのアイデアから引き出したと誤解している。米陸軍や米海兵隊の指導者たちがドイツの戦間期の軍事思想に大きな関心を示していたことは確かであるが、1980年代に作戦術(operational art)に関して提示された主要な作戦上のアイデアの多くは、ロシアやソビエトの文献に由来している。長い間、作戦術(operational art)と結びついていた理論的な厳密さは、ほとんどが第一次世界大戦後にソビエトが行った画期的な研究に由来するものだった。

ベトナム戦争後の米軍の知的ルネッサンスをより深く知りたいと思う米海兵隊員には、米陸軍と米海兵隊に関してはいくつかの優れた資料があるが、他の軍に関してはほとんどない。米海兵隊に関しては、イアンT・ブラウン(Ian T. Brown)の「A New Concept of War: John Boyd, The U.S. Marines, and Maneuver Warfare」(邦訳「戦争の新しいコンセプト:ジョン・ボイド、米海兵隊、機動戦」)[30]が最も包括的な見解を提供している。米陸軍については、リチャード・M・スウェイン(Richard M. Swain)の「Filling the Void:The Operational Art and the U.S. Army」(邦訳「空白を埋める:作戦術と米陸軍」)[31]が最もよくまとまっている。役に立つ公式文書としては、ジョン・L・ロムジュ(John L. Romjue)の「From Active Defense to Airland Battle: The Development of Army Doctrine 1973-1982」(邦訳「アクティブ・ディフェンスからエアランド・バトル:米陸軍のドクトリンの開発1973-1982年」)[32]である。

ノート

[1] Michael Geyer, “German Strategy in the Age of Machine Warfare, 1914–1945,” Makers of Modern Strategy: from Machiavelli to the Nuclear Age, Peter Paret, ed., (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1986).

[2] Shimon Naveh, In Pursuit of Military Excellence: The Evolution of Operational Theory, (London: Frank Cass, 1997).

[3] Charles Messenger, The Blitzkrieg Story, (New York, NY: Charles Scribner’s Sons, 1976).

[4] Tal Tovy, “1930’s German Doctrine: A Manifestation of Operational Art,” Military Review, (Fort Leavenworth, KS: Army University Press, May–June 2015. See also Heinz Guderian, Panzer Leader, (New York: Ballentine Books, 1957). (Originally published in German in 1950.) See also Azar Gat, British Armour Theory and the Rise of the Panzer Arm, (London: Palgrave Macmillan, 2017).

[5] Azar Gat, A History of Military Thought: From the Enlightenment to the Cold War, (Oxford: Oxford University Press, 2001).

[6] Matthew Cooper, The German Army 1933–1945, (New York, NY: Stein and Day Publishers, 1978).

[7] “German Strategy in the Age of Machine Warfare, 1914–1945.”

[8] The spelling of the names of Soviet officers differs among various publications. We have chosen to use those of Richard Harrison in his several books on the Russian and Soviet military.

[9] Bruce W. Menning, “The Imperial Russian Legacy of Operational Art, 1878-1914,” in Historical Perspectives of the Operational Art, Michael D. Krause and R. Cody Phillips, eds., (Washington, DC: U.S. Army Center of Military History, 2005).

[10] Delbrü ck’s notion of two types of strategies led to much confusion later including within the U.S. military. For a discussion of this issue see MCG, Aug 2021.

[11] For details on this period, we refer readers to Richard W. Harrison’s “Twilight of Empire, 1904–1917,” chapter 1, The Russian Way of War: Operational Art, 1904–1940, (Lawrence, KS: University of Kansas, 2001).

[12] See Richard Harrison’s translation of Isserson’s major works, G.S. Isserson and War of the Future: Key Writings of a Soviet Military Theorist, (Jefferson, NC: McFarland and Company, 2016); and Kent D. Lee’s translation of Svechin’s Strategy, (Minneapolis, MN: East View Information Services, 1992).

[13] Richard W. Harrison’s “Twilight of Empire, 1904–1917” from The Russian Way of War: Operational Art, 1904–1940 and Jacob W. Kipp’s “The Origins of Soviet Operational Art, 1917–1936” from Historical Perspectives of the Operational Art are excellent references for this period.

[14] David M. Glantz, “Soviet Operational Art Since 1936: The Triumph of Maneuver Warfare,” Historical Perspectives of the Operational Art, Michael D. Krause and R. Cody Phillips, eds., (Washington, DC: U.S. Army Center of Military History, 2005).

[15] Condoleezza Rice, “The Making of Soviet Strategy” in Makers of Modern Strategy: From Machiavelli to the Nuclear Age, Peter Paret, ed., (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1986).

[16] マイケル・R・マセニー(Michael R. Matheny)は、『Carrying the War to the Enemy: American Operational Art to 1945』(Norman, OK: University of Oklahoma Press, 2011)において、第二次世界大戦中、米軍は高いレベルで作戦術を実践していたという説得力のある主張を展開している。同氏は、米国の将校が示した能力は、戦間期に陸軍の学校や大学で受けた専門的な軍事教育に由来すると主張している。私は、米海軍と米海兵隊の将校と、この同じ時期に海軍兵学校の教官が教えたことについても、同様のケースがあると考えている。

[17] 【訳者註:参考】パラダイムシフト:パラダイムシフト(paradigm shift)とは、それまで当然のこととして考えられていた思想や価値観、概念などが、劇的に変化あるいは根本から転換すること。パラダイムチェンジ。もともと「パラダイムシフト」は、アメリカの哲学者で科学者のトーマス・クーン(Thomas Samuel Kuhn)が1962年の著書『科学革命の構造』にて提唱した「パラダイム概念」の中で用いたものである。一般用語としての「パラダイム (paradigm)」は「判例」「実例」「模範」の意味だが、「パラダイム概念」でトーマス・クーンは「一定の期間、広く支持された特徴ある科学的業績のことで、多くの科学者による研究の根底となったもの」という特別な意味で用いた。その後、トーマス・クーンの意図に反して「パラダイム」は拡大解釈され、「その一定時期に普及した思想、価値観、概念、常識」という意味に転じ、一般的に用いられるようになった。そのため現在では「パラダイムシフト」は、一般的に「常識や固定観念を覆す」「従来の定説とは逆の」「革新的な発想」のような広い意味で用いられる。(引用:https://makitani.net/shimauma/paradigm-shift)

[18] 残りの3分の1は、作戦上の要求を当時の5カ年防衛計画に結びつける「計画策定、事業化、予算編成システム」を取り上げている。計画策定・事業化・予算編成システム」は、現在では「計画策定・事業化・予算編成・実行プロセス」に、「5カ年防衛計画」は「6カ年将来防衛計画」になっている。

[19] Headquarters Department of the Army, U.S. Army Field Manual (FM) 100-5, Operations, (Washington, DC: August 1982). The co-authors of this manual were Lieutenant Colonels Huba Wass de Czege and Leonard Donald Holder, Jr.

[20] John L. Romjue, From Active Defense to AirLand Battle: The Development of Army Doctrine 1972–1982, (Fort Monroe, VA: U.S. Army Training and Doctrine Command, June 1984); and Edward N. Luttwak, “The Operational Level of War,” International Security, Winter 1980/82, 6179.

[21] FM 100-5, Operations. LTC Richard H. Sinnreich joined the coauthors of the 1982 edition of this manual in writing the 1986 edition.

[22] FM 100-5.

[23] Jacob W. Kipp, “General Major A.A. Svechin and Modern Warfare: Military History and Military Theory” in Aleksandr A. Svechin’s Strategy, (Minneapolis, MN: East View Information Services, 1991, a translation of Strategiia, Moscow: Voennyivestnik, 1927).

[24] Huba Wass de Czege, “Thinking and Acting Like an Early Explorer: Operational Art is Not a Level of War,” Small Wars Journal, (March 2011), available at http://smallwarsjournal.com.

[25] Antulio J. Echevarria II, Toward an American Way of War, (Carlisle, PA: U.S. Army War College Strategic Studies Institute, March 2004).

[26] Hew Strachan, The Direction of War: Contemporary Strategy in Historical Perspective, (Cambridge: Cambridge University Press, 2013). For additional discussion on this issue see, Paul K. Van Riper, “From Grand Strategy to Operational Design: Getting it Right,” Infinity Journal, (Fall 2014), available at https://www.infi nityjournal.com.

[27] Office of the Joint Chiefs of Staff, Joint Publication 1-02, Department of Defense Dictionary of Military and Associated Terms, (Washington, DC: November 2010).

[28] FM 100-5.

[29] Joint Publication 1-02, Department of Defense Dictionary of Military and Associated Terms.

[30] Ian T. Brown’s A New Concept of War: John Boyd, The U.S. Marines, and Maneuver Warfare, (Quantico, VA: Marine Corps University Press, 2018).

[31] Richard M. Swain, “Filling the Void: The Operational Art and the U.S. Army,” The Operational Art: Developments in the Theories of War, B.J.C. McKercher and Michael A. Hennessy, eds., (Westport, CT: Praeger, 1996).

[32] John L. Romjue, From Active Defense to Airland Battle: The Development of Army Doctrine 1973–1982, (Fort Monroe, VA: U.S. Army Training and Doctrine Command, June 1984).